お布施 お金の入れ方。 【保存版】永代供養料の封筒の書き方とお札や渡すマナー完全ガイド|喪主24時

お布施・御膳料・お車代の封筒の書き方とお坊さんへの渡し方

お布施 お金の入れ方

見出し• お布施の袋1. 奉書紙で包む お布施の包み方は2種類ありますが、奉書紙というものを使って包む包み方が最も正式であり、かつ、最も丁寧な方法であるとされています。 ちなみに奉書紙とは和紙の一種です。 もともとは楮を原料とする和紙の楮紙のうち、白土などを混ぜて漉きあげたものことを指しており、日本では古くから高位者が下位の者に意思や命令を伝えるための奉書などの古文書を書く際の紙として使われていたという歴史があります。 時代が進むと、パルプを原料とするものも含めた白くてしっかりした和紙の総称として言われるようになりました。 奉書紙を使う場合は、半紙でお金を包んでから奉書紙で包むのがマナーです。 半紙でお札を包んだ「中包み」を作るようにしましょう。 その後、その中包みを奉書紙で包みます。 奉書紙はツルツルしている面を表側、ザラザラした面を裏側にします。 なお、お札を入れる中袋があるなら、半紙ではなく、その中袋にお札を入れて奉書紙で包むようにしましょう。 奉書紙は、慶事の時の上包みの折り方と同様に、上側の折り返しに下側をかぶせるような折り方をします。 お布施はお寺の住職の方に渡すものであり、お布施自体は不祝儀ではないので、弔事の時のような上包みの折り方をする必要はありません。 具体的な折り方としては、まず、半紙をダイヤ形にし、お札は表に顔が来るようにした上で、自分に向かって平行にお札を半紙の中央に置きましょう。 その後、下の角からお札の底辺に沿って折り上げます。 お札を右側に2cm程ずらしてから左側から折りたたみ、右側を底辺に沿って折ります。 次にお札の部分を上に向かって折り上げますが、この時にお札の大きさよりも少し余裕を持たせて折る方が良いです。 そして残った部分を折りたたみ、表面の折り重なった方を右下に持っていきます。 この状態で中袋を奉書紙の中央に置き、左、右、下、上の順で折って完成です。 奉書紙は文具店やインターネットで購入することができます。 お布施の袋2. 白い無地の封筒 奉書紙を使って包むお布施の包み方のほかにも、白い無地の封筒を使って包むという方法もあります。 奉書紙を使わない場合にはお布施を包むために白い無地の封筒を使用しても問題ありません。 ただし、市販の白い無地の封筒で包む場合には郵便番号が記載されている封筒は避けるようにして下さい。 郵便番号の記入欄がない真っ白な封筒を用意するのがマナーとなっています。 封筒の種類には、封筒が二重になっているタイプのものもありますが、このような封筒は「不幸ごとが重なる」と連想されやすいので使用しないようにして下さい。 一重のものを用意するようにしましょう。 また、お布施を包む用の封筒としてあらかじめ「御布施」や「お布施」のように文字がプリントされている封筒も売られています。 このような封筒を使って包むのも問題ありません。 また、このような封筒を使用する場合は中袋に入れずに封筒にそのままお札を入れてしまっても良いです。 封筒は、奉書紙と同様、文具店やインターネットで購入することができますが、これらのほかにもスーパーやコンビニでも購入することが可能です。 お布施の袋として不祝儀袋は使用可能? 不祝儀袋は、弔事や仏事の際にお金を入れる袋のことを指して言います。 文具店やコンビニ、インターネットや100均ショップなどで購入することが可能です。 しかし、不祝儀袋はお布施では使用しないのが一般的とされています。 本来、不祝儀袋というものは不幸があった人に対して渡す時に使うものであり、お寺の僧侶に渡すお布施は、僧侶に不幸があったわけではないため不祝儀袋は使用しません。 お布施の目的は、供養や法要をおこなってくれる僧侶へのお礼と感謝を伝えることです。 そのため、形式にこだわった、仰々しく豪華な不祝儀袋である必要はないのです。 お通夜や葬儀といったような重要な法要で数十万円以上の高額なお布施を入れる場合にはお布施袋もその金額に合わせてそれなりの形式のものを用意しても良いですが、一般的な法事や法要の際に渡すお布施は簡易なものでも問題ありません。 簡易な袋を使用しても失礼にあたるということはないので安心して下さい。 お布施袋の書き方1. 表面と裏面 お布施袋には表面と裏面にそれぞれ必要事項を記載する必要があります。 まずはお布施袋の表書きについてです。 お布施袋の表面の上段には「御布施」や「お布施」と表書きを書きます。 そのほかにも、交通費の場合は「御車料」、宴席代であるお膳料を渡す場合は「御膳料」と記載します。 市販の封筒を購入した場合にはすでに表書きが印字されていることもありますが、そのような場合はそのまま使用して問題ありません。 裏面には住所と包んだお金の金額を記入しましょう。 基本的には中包みや中袋を外包みや奉書紙で包む時に、中袋に包んだ金額を書いたり、白い封筒の表面に表書きと氏名を書いた場合は裏面には何も書かなくても良いと言われることもあります。 しかし、お寺の記録や経理・税務上は書いてあった方が良いとされています。 金額を記載しておく方がより丁寧になるので、念のため記載しておくことが好ましいのです。 本来はしなくて良いことでも地域独自のルールがある場合があるので、その際はその地域のマナーに従うようにするのが良いです。 お布施袋の書き方2. 数字の書き方 袋に金額を書く場合のマナーもいくつかあります。 まずは、金額の頭に「金」という文字を入れることです。 そして、最後には単位として「圓也」という文字も記入します。 金額を書く際には算用数字ではなく漢数字で書くようにしますが、使う漢数字は旧字体を使用するというのもマナーです。 一は「壱」、二は「弐」、三は「参」といったように、また、十は「拾」や万は「萬」という旧漢字を使うようにします。 ただし、封筒に金額を記入する欄があり、その欄が横書きだった場合には数字で書いても構いません。 お布施袋に書くときは濃墨の筆を使う お布施袋に表書きを書く際には、できるかぎり毛筆を使って書くのが良いとされています。 必ず毛筆で書かなくてはいけないという決まりはありませんが、できるだけ毛筆を使用して濃墨で書くようにしましょう。 市販されている筆ペンでも良いです。 なお、お通夜やお葬式の時に持っていく香典には、香典袋の表書きは薄墨で書くのがマナーであるとされています。 これは、「悲しみのあまり、文字を書く墨も涙で薄くなってしまった」という思いを表現するために使われています。 しかしお布施袋に薄墨を使うのは間違いになります。 香典のように不幸があった親族に渡すときは弔意を表すために薄墨を使いますが、お布施は僧侶への感謝の気持ちとして渡すお金であり、お寺に不幸があったわけではないので、濃墨を使うようにしましょう。 お布施を渡すのがお葬式の場であっても、同様の理由により、薄墨で書く必要はありません。 ちなみに筆ペンの場合は、濃墨用と薄墨用があるので間違えないように注意が必要です。 また、中袋に書く文字に関しても、表書きと同様に必ずこうしなければいけないという決まりはありませんが、できるだけ毛筆で書くのが好ましいです。 毛筆以外では筆ペンや筆風タッチのサインペンを使用するように心がけましょう。 なお、中袋に書く文字の墨色も濃墨にして下さい。 お金の入れ方は?お布施の場合は新札を 冠婚葬祭ではお金を入れる向きにもマナーがあり、一般的にはお祝いごとであればお札の顔を表面に向けて入れ、弔事であれば顔を裏面に向けて入れるというものがあります。 お布施は弔事であるというイメージから、お札を入れる向きも弔事の入れ方をすると思う方もいるでしょう。 しかし、お布施袋にはお祝いごとの時と同様のお札の入れ方をします。 これは、お布施袋に書く文字に濃墨を使う理由と同じで、お寺に不幸があったわけではないためです。 そのため、お札はお布施袋の表面に顔がくるように入れましょう。 また、お札に関しても、香典袋に入れる際には不幸に対してあらかじめ準備をしていたという失礼を避けるために古いお札を入れたり、新札の場合でもあえて折り目をつけてから入れたりします。 しかし、お布施はあらかじめ用意しておくものなので、入れるお札は古札を用意する必要はありません。 新札を入れるようにして下さい。 香典と比べると、入れるお札の状態や向きが異なっています。 間違えないように気をつけて包むようにしましょう。 お布施の場合は水引はないほうがいい そもそも水引とは、慶事から弔事に至るまで広く用いられるもので、物事を浄化し邪気を払う力があるとされています。 お布施袋の水引も筆やお札同様、お寺に不幸があったわけではないのでつけません。 市販の袋に水引がついていれば使用しても良いですが、基本的には使わないのがマナーとなっています。 しかし、地方によってはお布施に水引が必要な場合や、不祝儀袋をお布施袋として使用する場合には水引をつけるのが一般的なので注意しなくてはいけません。 水引を使用する際には水引の結び方や色に注目して選ぶ必要があるでしょう。 水引の種類としては「あわじ結び」と「蝶結び」がよく用いられます。 あわじ結びは、結び切りと言われる結び方になっていて、結び目をほどくのが難しいことから結婚式や快気祝いなどの一度きりの祝い事や法事などの弔事の際に用いられています。 一方の蝶結びは結び目を簡単にほどくことができることから、何度繰り返しても良い出産や入学のお祝いの際に用いられます。 このため、お布施袋に使う場合はあわじ結びの水引を選ぶ必要があります。 色に関しては一般的には双銀や白黒の水引が用いられることが多いです。 しかし、地方によっても差があり、関西地方の場合では、お布施袋に用いる水引に黄色と白のものを使用しています。 これは、かつて皇室献上用の水引として用いられていたのが紅白の水引でしたが、この紅白の水引を染めた直後が黒白の水引に似ていたため、その区別ができなかったことに由来しているようです。 そして、紅白の水引を黒白の水引と間違えないようにするためにそのようになったと言われています。 また、御本山から本尊様を新仏壇に迎え入れる入仏法要やお墓を新設する建碑法要の際のお布施には紅白の水引を使うとされています。 これは、入仏法要や建碑法要が御本尊を迎え入れる祝い事であると考えられているためです。 本来、お布施には水引はつけないのがマナーですが、場合によってはこのようなルールもあるので地域や宗派のルールに応じた判断をおこないましょう。 マナーに添ったお布施袋の渡し方 お布施を渡す際は直接手渡しするのではなく、切手盆もしくは小さなお盆にのせて渡すか、袱紗に包んで渡すのがマナーです。 切手盆もしくは小さなお盆にのせて渡す場合は、僧侶の方の手が届く範囲にお盆をおき、表向きの文字が読めるような向きで渡すようにします。 なお、お盆をスライドさせて床を引きずるようにして差し出すのは見た目も悪いのでやめましょう。 なお、本来はこのようにお盆にのせてお布施を渡すのが良いものの、自宅以外の場所で法要をおこなう場合はお盆にのせて渡すのが困難になります。 そのような場合は袱紗を使用して渡すようにして下さい。 袱紗を使って渡す場合もお盆を使う時と同様に袱紗を床に置いてはいけません。 袱紗から封筒を取り出し、袱紗の上に封筒を置いて渡します。 ちなみに袱紗とは、ご祝儀袋やお布施や香典といった不祝儀袋を包む風呂敷のようなもののことを指します。 用途によって色を使い分けますが、法事などで僧侶の方に渡す場合は紫色の袱紗を用いるのが一般的です。 お布施を包む時は袱紗をダイヤの形になるように広げ、中央より少し右側にお布施を置きましょう。 右、下、上、左の順で折りたたんで包むのが正しい方法になります。 左から折りたたむと慶事の際のたたみ方になるので気を付けて下さい。 お布施袋にもマナーがある!しっかり把握しておこう お布施袋にも包み方や文字を書くのに使う墨の種類など、さまざまなマナーが存在します。 一見すると弔事の際のマナーに従いそうになるかもしれませんが、お布施は弔事とは異なり、僧侶の方に感謝を伝えるものになるので取り扱い方に気を付けないといけません。 お布施袋に関するマナーを理解し、必要な時には正しい方法で扱うようにしましょう。

次の

お布施の包み方や表書き、お札の入れ方は?

お布施 お金の入れ方

お布施とは、お寺に渡すお金のことを言います。 布施や寄進と呼ぶこともあります。 お坊さん(僧侶)に読経していただいた謝礼としての意味や、戒名をつけていただいたお礼にお金をお渡ししますが、基本的にはお寺やお寺のご本尊へお供えをするという考え方をします。 そもそも布施とは施しをするという意味の言葉ですが、最近ではお坊さんへのお礼というイメージが強いかもしれません。 お布施には相場がありますが、一般的には上に書いたように読経や戒名をつけることへのお礼という意味合いから、たくさん長く読経してもらったり、格の高い戒名をつけていただくと、価格も高くなります。 もともとは、施しという意味で、お礼の気持ちを表すものですから、よくわからない場合には、お寺の方に直接相談しても全くかまいません。 直接の相談に抵抗がある場合には、葬儀社に一般的なこととして相談するという方法もあります。 お布施の包み方は? 金額が決まったらお金を包みますが、お布施の包み方にも作法があります。 お金をまずは半紙に包みます。 その後、奉書紙で包みます。 紙には裏表がありますので注意が必要です。 表面がつるつるしている方が表にあたります。 奉書紙がなければ、お金を市販の白い封筒にそのまま入れても構いません。 この時、郵便番号などの印字がある封筒は控えます。 多くの場合は水引は掛けませんが、地域によってはかける場合があり、またかける水引の種類も異なります。 関東では白黒や双銀、関西では白黄を用います。 判断に迷う場合にはかけないのが無難です。 水引は掛けないほうが丁寧出るといわれていますので、特にその地方の風習がないようならば、かけなくても全く問題はありません。 なお、お布施自体は弔事ではありませんから、不祝儀袋は使いません。 お布施を包む際にの奉書紙も慶事と同じ包み方をするのは、こういった考えからです。 お布施の表書 お布施自体は弔事ではありません。 お葬式やお悔やみといった意味合いはないわけですから、薄墨ではなく黒墨を用います。 そもそも薄墨とは、悲しみの涙で墨が薄くなってしまった、という哀悼の意を表すために用いるものですから、お布施の表書きには用いません。 表書きは、お布施もしは御布施と書くのが一般的ですが、何も書かなくても構いません。 神道の場合には、御礼や御祈祷料と書きます。 キリスト教の場合は、献金やミサ御礼と書きます。 中袋の裏面には、住所・氏名、そして中に入っている金額を必ず書きます。 この時は、必ずしも墨でなく、サインペンで書いても構いませんが、ボールペンは簡易筆記具とされるので避けるのが無難です。 金額の前には「金」と書きます。 金額は、アラビア数字ではなく漢数字で書き、また旧字体を使用することが丁寧です。 例えば5万円を入れるのであれば、金50,000円とは書かず、金伍萬圓と縦に書きます。 お布施のお札の入れ方は? お札の方向を、1万円の例で説明しますと、表書きのほうにお札の表を合わせて入れます。 つまり肖像画が見えるようにしてお札を重ねます。 そして、表書きに「お布施」と書いてあるとすれば、「施」の側にお札の左辺が来るように入れます。 奉書紙やのし袋はたて長で、お札はよこ長なので、どちらに合わせ良いか迷うことがあるかもしれませんが、日本人は右利きが多いので、右手でお札を持ち、そのまま封筒に入れるというイメージで入れると自然と正しい包み方になります。 これはお布施だけでなく、そのほかの祝儀・不祝儀でも使う共通のしきたり・ルールです。 一度覚えて置けば、様々な場面で応用できます。 お札は新札でも構いません。 不祝儀の場合には避けるのが一般的ですが、最近ではあまりこだわりもなくなっています。 抵抗がある場合には、一度折り、折り目をつけてお渡しするという折衷案もあります。 こちらもどうぞ:•

次の

【詳細】お布施のお金の入れ方を5ステップに分けて解説!注意点・マナーも

お布施 お金の入れ方

全国の 葬儀場• 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 全国の 火葬場• 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 葬儀の 知識• 02 03 04• 10 11 12• 13 14 15 16 17 法事に支払うお金の種類 香典・お布施 法事の際に払うお金の種類はいくつかありますので、まとめて簡単に紹介します。 ・御膳料 法事においては、僧侶を招きお経をあげていただいた後に、「お斎(とき)」という食事の席を設けることが一般的ですが、僧侶がそのお斎をどうしても辞退せざるを得ないことがあります。 その際には、御膳料としてお金を包んで僧侶に渡す、という慣習が一般的になりました。 お斎を省略する場合にも、僧侶に御膳料をお渡しします。 ・御車代 自宅や斎場などで法事を行う際には、僧侶に出向いていただくことになり、それに対する交通費としてお渡しするものになります。 したがって、法事を行うのが寺院で、こちらが出向く場合には必要ないものになります。 列席者側から渡すもの ・香典 法事に際して持参するお金です。 詳しい解説は後述します。 法事のお金 香典 とは? 香典は、「香奠」という普段は見慣れない漢字を本来は書きます。 「香奠」の「香」はそのまま「香(線香)」の意味で、「奠」は「供える」「まつる」という意味があります。 元々、香典とは、仏前に香を供えるという意味でした。 しかし、昔は香料も高級品で、なかなか一般庶民には手が出ないものでもあったため、いつからか香の代替物として米や野菜を持ち寄り仏前に供える、という文化が定着しました。 そこから徐々に貨幣経済へと変遷する中で、故人に供えるという意味に加え、急な不幸になにかと要り用になる喪家の負担を親族や近所の人たちで相互に負担しよう、という意味合いも持たれるようになり、お金を入れることが一般的になりました。 法事のお金 お布施 とは? お布施は、法要の場で僧侶から読経や戒名の授与を頂いたりした際に、謝礼として金銭を渡すことですが、その由来や本来の意味を紹介します。 お布施とは、六波羅蜜という修行法の中にある修行の一つのことです。 そして、このお布施には、「財施」・「法施」・「無畏施」の3つの考えが存在します。 「財施」とは、金銭・食料・衣服などの財を施す行為、「法施」は、法話などで釈迦の教えを説いたり読経をする行為、そして、「無畏施」は畏怖を取り除く行為の意味です。 僧侶が行っていることは「法施」にあたり、檀家が行っていることは「財施」にあたります。 つまり、本来の仏教の教えに当てはめると、僧侶も檀家も互いにお布施をしている、ということになります。 法事にお金 香典・お布施 は必要? ・お布施について 結論から言うと、必要なものです。 決して安い金額ではないため、渡すことへの疑問を持つ方も増えています。 本来、お布施とは僧侶への報酬や対価ではなく、御本尊のある寺院への寄付のために存在していました。 日頃からお墓を守っていただいているお寺に対して、感謝の気持ちを示す意味がありました。 どうしても金額ばかり気にしてしまって、お布施の本来の意味を忘れてしまうケースがありますが、お寺と僧侶に対して感謝の気持ちを示すものだと理解し、心を込めて渡しましょう。 ・香典について 最近では、小規模な家族葬の増加や故人の遺言によって、香典辞退をされるケースも増えてきています。 「香典は辞退します」と言われると慣れていないので戸惑ってしまい、結果的に用意してしまうということもありますが、その場合は香典を用意する必要はありません。 それでも無理に用意してしまうと、遺族にとっても予定外の香典返しが必要になってしまいますので、気をつけましょう。 それでも、「何か弔意を示したい」という人は香典以外の供物や供花を送るという方法もあります。 供物や供花については葬儀社にお願いすれば用意してもらえます。 供物や供花も辞退されている時には、何もしないことが一番です。 葬儀に参列し、心を込めて手を合わせ、焼香し、故人を送り出すことをすれば十分に弔意を示すことは可能です。 逆に言うと、香典辞退をされない限りは、自分の意思で出さない、ということはしないようにしましょう。 法事の香典相場 年齢・故人との関係性別 香典の金額が特に気になるのは、通夜・告別式(葬儀)の時です。 基本的な考えは、親等が近く、日常生活でも近しい親族ほど金額が高くなる、というものです。 それに加えて、年齢と社会的立場で金額の目安は変わります。 次にまとめたので参考にしてみてください。 法事の香典相場 状況ごと 年齢や故人との関係での金額の相場について解説しましたが、こちらでは法要ごとに改めてまとめています。 ・通夜・告別式(葬儀) 先ほど解説したように、故人との関係性でも変わりますが、 3千円から5万円が一般的に相場となります。 通夜と告別式(葬儀)の両方に参列する場合、香典は通夜のときに出し、告別式(葬儀)では記帳のみを行います。 「不幸が重なる」という意味になるため、二度渡すことはしません。 ・初七日法要 初七日とは、故人が亡くなってから7日目に営む法要のことです。 初七日法要の香典は故人との関係で変わりますが、通夜・葬儀と同様に 3千円から5万円程度が相場と言われています。 ・四十九日法要 四十九日とは、故人が亡くなってから49日後に行われる法要のことです。 四十九日法要での香典額の相場は、 1万円から10万円程度とされており、故人に近い関係の人ほど金額が大きくなります。 ・一周忌 一周忌とは、故人が亡くなって1年に当たる命日に行われる法要のことです。 香典額の相場は、近い親族で1万円から10万円、遠い親戚や知人は3千円から1万円程度とされています。 四十九日法要に参列できなかった人が、 相場の5割増し程度で包むこともあります。 以下では、親族以外が参列することがほぼなく、省略されることも多くなっている三回忌以降の法事での香典についても解説します。 ・ 三回忌 三回忌とは、故人が亡くなって2年目の命日に行われる法要です。 3年目ではなく2年目なので注意してください。 必要な香典額の相場は、故人が親族の場合は5千円から5万円、親族以外の場合、3千円から1万円程度となっています。 ・ 七回忌 七回忌法要とは、故人が亡くなって6年目の命日に行われる法要のことです。 年忌法要が「三」と「七」のつく年に行われるのは、仏教において大切にしている数字に沿っているためです。 七回忌以降は、香典額の相場も下がるのが一般的です。 故人が親族の場合は5千円から3万円、親族以外の場合、3千円から1万円程度となります。 ・十三回忌 十三回忌法要は、故人が亡くなって12年目の命日に行われる法要となります。 故人が親族の場合は5千円から3万円、親族以外の場合は3千円から1万円程度となります。 以後、十七回忌、二十三回忌というように続いていきますが、直接故人を知る人も少なくなってくるため、弔い上げをして年忌法要を終えることになります。 法事の香典袋の書き方・例文 香典袋に書く基本的な内容は、とてもシンプルです。 外袋・・・表書き、名前 中袋表面・・・金額 中袋裏面・・・郵便番号、住所、名前 会社が学校での連名で包む人数が多くなる場合には、別で郵便番号、住所、氏名、金額の明細を用意することもあります。 それでは、順番に書き方を解説します。 ・中袋 表面に金額、裏面に郵便番号・住所・名前を書くことになりますが、これは遺族が香典返しをするときに参考にできるように、という意味があります。 記入がない場合、遺族が調べさせてしまうことになり手間を増やすことになりますので、必須のマナーとして書くようにしましょう。 ・中袋表面の金額の書き方(縦書きの場合) 一般的に、香典の金額を書く際には第三者が簡単に改ざんしたりできないよう、旧漢字(または大字)で書きます。 「円」は大字で「圓」と書き、数字の前に「金」を書きます。 例えば、10,000円の場合、「金壱萬圓」という表記になります。 「金壱萬円」でも可能です。 「金壱萬圓也」のように「也」を書くか迷う人も多いですが、必ず付けなければいけないという決まりはないので、どちらでも大丈夫です。 漢数字と大字の書き方をまとめたので参考にしてみてください。 三千円:参仟圓・参阡圓 五千円:伍仟圓・伍阡圓 七千円:七仟圓・七阡圓 一万円:壱萬圓 三万円:参萬圓 五万円:伍萬圓 七万円:七萬圓 十万円:拾萬圓・什萬圓 ・中袋表面の金額の書き方(横書きの場合) 香典の金額を書く際は、縦書きが一般的なものですが、最近市販されている香典袋では、金額を書く欄が中袋に横書き用で印刷をされているものもあります。 その場合は、漢数字や大字ではなく算用数字で金額を書くことになります。 ・中袋裏面の書き方 こちらも基本的には縦書きでの記入になります。 裏面の左側半分の箇所に、右から郵便番号、住所、氏名の順に書きましょう。 ・中袋がない場合 場合によっては、水引が印刷された状態の封筒タイプの香典袋を使用したり、「袋が二重になっていることは不幸が重なることであるのでよくない」と考える風習のある地域では、中袋を使用しないケースがあります。 その際は、香典袋の裏側に、郵便番号、住所、氏名、金額を記入しましょう。 ・外袋(表書き)の書き方 表書きは、贈り物をする際の内容を示すための目録が簡略化されたものだと言われています。 市販されている香典袋には、表書きが印刷されているものが多くなっています。 法事の水引の選び方 ここでは、水引の選び方と外袋(表書き)の書き方、それに類する注意点について解説します。 表書きは、故人の宗教によってタブーになることもありますので参考にしてください。 ・仏教の場合 「御霊前」や「御仏前」とすることが多いです。 仏教においては、四十九日の忌明け法要までは、故人は御霊(みたま)となり、この世にいると考えられています。 そのため、通夜・告別式(葬儀)では「御霊前」とすることが多いです。 「御霊前」や「御仏前」の他に、「御香典」や「御香料」でも可能です。 また、水引は黒白または銀一色の物を選ぶようにしましょう。 結びきりの水引を使うのは、「二度と不幸が起こらないように」という意味が込められているからです。 ・仏教(浄土真宗)の場合 浄土真宗においては、人が亡くなるとすぐに浄土に召されて仏になると考えられています。 御霊という考え方はないので、「御霊前」と書くことは失礼になります。 故人が浄土真宗だった時には、「御仏前」と書きましょう。 結びきりの水引で黒白または銀一色の物を選ぶようにしましょう。 ・神式(神道)の場合 神式(神道)では、「御榊料」、「御玉串料」、「神饌料」と書きます。 ご神前に捧げるものなので、「御仏前」はNGで、「御霊前」は可能です。 そして、黒白、銀または白一色の結びきりの水引を選びましょう。 香典袋に蓮の花の絵が書かれている場合、それは仏教用になりますので選ばないように注意しましょう。 ・キリスト教(カトリック)の場合 「御花料」や「御ミサ料」がスタンダードですが、「御霊前」を使用することも可能です。 キリスト教では、お香を焚くことはありませんので、「御香典」はNGです。 また、「御仏前」もNGとなるので注意しましょう。 ・キリスト教(プロテスタント)の場合 「御花料」や「献花料」、「忌慰料」とします。 プロテスタントにおいては、「御霊前」は異教の偶像崇拝として不適切となり失礼に当たるので注意しましょう。 キリスト教の宗派は教会名から調べられますが、分からない場合は、どちらでも対応可能な「御花料」にするのが無難です。 一般的に、キリスト教用の香典袋を使いますが、仏式の香典袋を使用する際は、黒白か銀一色の結びきりの水引、白無地のものにしましょう。 法事での香典の包み方 香典袋の用意をし、お金を包む際にもいくつか注意点がありますので、解説します。 ・中袋にお金を入れる 中袋の表側から開き、人物が描いてある面を反対に向け、かつ人物の描かれている側が下になるようにしましょう。 (つまり、中袋の裏側から見ると、人物の描かれている面が見えるように、ということになります) これは、悲しみで顔を伏せている様子を表すという意味があります。 いつも迷ってしまいますが、意味を理解することで迷いをなくせます。 ・中袋を外袋に入れる 中袋を外袋(香典袋)に入れる際の注意点は、水引を外さないようにすること、です。 袱紗は、現金、のし袋、進物や大切な品物などを、包んだり覆ったりするための四角い布を指し、最近では様々な色やデザインのもの、使いやすく金封タイプのものも市販されています。 弔辞や仏事の際は、紺や紫や深緑などの寒色系かつ無地のものを用いるようにしましょう。 金封タイプのものを利用するのが楽でおすすめですが、四角い布タイプのものしか手元にない、ということもあるかと思います。 それぞれ簡単に解説します。 お悔やみの言葉を言う時には、必ず深く頭を下げ、相手を悼む気持ちを表わすようにしましょう。 よく使われる言葉としては、「このたびはまことに突然のことで。 (心よりお悔やみ申し上げます。 )」「(このたびは)まことにご愁傷様でございます(ました)。 」があります。 ただし、キリスト教式葬儀の場合には、「故人が天国に召されたことを喜ぶ」場になるため、お悔やみの言葉でなく、故人の安息を祈る言葉に変えて添えることになります。 法事のお布施の相場 香典などと同様に、やはり、お布施についても一般的な金額相場が気になるものです。 お布施は、僧侶に対する感謝の気持ちだとされてはいるものの、失礼にならない金額感については知っておきましょう。 注意点として、お布施は地域により金額にかなり幅があります。 また、法要を菩提寺の僧侶にお願いするしない、寺院との親しさの度合い、などによってもお布施の金額は変わります。 そういった条件があることを踏まえた上で、一般的な金額相場を紹介します。 ・通夜・葬儀(戒名と読経まで): 15万円から35万円 ・四十九日法要での読経: 3万円から5万円 ・お盆での読経: 5千円から2万円 ・新盆での読経: 3万円から5万円 ・一周忌法要での読経: 3万円から5万円 ・三回忌以降の法要での読経: 1万円から5万円 ・祥月命日法要での読経: 5千円から1万円 上記はあくまでも一般的なお布施の金額相場なので、実際には親族や地域の詳しい方に事前に確認しておくのがよいでしょう。 法事のお布施の包み方 お布施を包む際には、白の封筒もしくは『お布施』と印刷されている封筒を用いるのが簡単です。 白の封筒は二重袋になっていないか、だけ注意してください。 水引は必要ないですが、あえて選ぶ際には、黒白、または双銀の鮑結びのものを選びます。 奉書紙で包むのが正式なマナーですが、最近では封筒を使う人も増えているので問題はありません。 ・お札の入れ方 これも毎回悩んでしまいますが、お布施の際には、封筒の表面とお札の表面(肖像画のある方)を揃え、かつ肖像画が封筒の口側になるように入れましょう。 香典とは異なり、悲しみの気持ちを表現するものではないからです。 また、使うお札もなるべく新しいものを選ぶようにしましょう。 ・お布施の書き方 香典とは異なり、濃墨の筆で書きます。 お布施は感謝の気持ちを込めたもので、悲しみを表現するものではないからです。 裏面には金額も含めて何も書かなくて大丈夫です。 これは、あくまでも感謝の気持ちであることが理由です。 購入した封筒に中袋がついていて、金額や住所氏名を書く欄がある時には書いても構いません。 ・神式(神道)の場合 神式の場合には、御布施という言葉を使いません。 「御礼」、「御祭祀料」、「御祈祷料」のいずれかを使うようにしましょう。 法事のお布施を渡すタイミング・渡し方 基本的には法事が終わり、僧侶が帰られる際にお渡しします。 「本日は手厚い供養をありがとうございました。 どうぞお納めください」と一言添えながら渡しましょう。 御布施、御膳料、御車料をまとめてお渡しすることもありますが、一番上に御布施を重ねるようにしましょう。 切手盆に乗せてお渡しすることが基本ですが、その際、切手盆を畳や床において滑らせるように渡すことは行儀の悪い行為になりますので注意しましょう。 切手盆がない場合には袱紗で代用することができます。 僧侶の前で袱紗を開き、字の向きを僧侶側に向け、袱紗をたたんで金封を乗せて渡すようにしましょう。 その他の法事のお金についての注意点 その他に覚えておきたいマナーとしては、金額があります。 2万円などの偶数は「割り切れる」ことから、4(死)や9(苦)とともに、不吉な数字とされています。 そのため、もし2万円を準備するのであれば、1万円1枚と5千円2枚にして、お札が3枚になるように準備するとよいでしょう。 法事のお金に関する知識のまとめ いかがでしたか?香典やお布施については、それぞれ意味があり、その意味を理解することが正しいマナーにもつながります。 形式的なことだけ覚えようとせず、その由来や背景も含めて理解し、法事に臨むようにしましょう。 法事に関する関連記事 ・ ・ ・ 香典に関する記事の一覧 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・•

次の