アメックス ゴールド 審査 年収。 アメックスカードの審査基準を解説!必要な年収や審査通過のコツも紹介

アメックスプラチナ審査通過の年収は?年会費や特典内容も解説

アメックス ゴールド 審査 年収

気になる項目をクリック• 1.そもそもゴールドカードとは? ゴールドカードはワンランク上のクレジットカード ゴールドカードとは、 一般的なクレジットカードよりもひとつ上のグレードを持つカードのことです。 黄金のように光り輝くワンランク上のカードだから、という非常にシンプルな理由から、ゴールドカードという名前がつきました。 その名前や見た目に相応しく、取得に必要な年収や年会費が高額なものが多いという特徴が、ゴールドカードにはあります。 ただ、例えば「空港のラウンジ利用無料」などのサービスが受けられます。 そのため、普通のクレジットカードを持つ以上のメリットは得られるのがゴールドカードです。• 格安ゴールドカードといわれる比較的取得が容易なものも ゴールドカードの一般的な年会費は10000円前後ですが、中には 年会費が2000円程度のゴールドカードもあります。 ただ、「格安ゴールドカード」と呼ばれる、年会費や取得に必要な年収も低めに設定されているカードもあるのです。 その為、「私は年収が低いから……」と最初からゴールドカードの取得を諦めてしまう必要はありません。 ゴールドカードが欲しい人は、まずは自分に合ったゴールドカードがないか探してみることをおすすめします。 そこで、次から有名な各種ゴールドカードを、必要年収とともに紹介します。 2.各ゴールドカードが取得できる年収の目安 ゴールドカードが取得できる年収はカードによって大きく違ってきます。 以下は主なゴールドカードの取得に必要な年収の目安と年会費などをまとめたものです。 では、それぞれのカードについて、もう少し詳しくみていきましょう。• 空港ラウンジサービス• 国内・海外旅行傷害保険• ショッピング保険• 国内渡航便遅延保険 (参考:) 年会費は1,905円(税抜) これだけのサービスがついて、 年会費は税抜きで1,905円というのも、このカードの大きな魅力といえるでしょう。 JCB GOLD EXTAGE:200万円~300万円程度 JCB GOLD EXTAGEの取得に必要な年収の目安は 200万円~300万円程度といわれています。 JCB GOLD EXTAGEは20代限定のカードです。 しかし、5年後の更新で審査に通れば、30歳以上でも使えるJCBゴールドカードへ更新できます。 JCBゴールドはブランド価値も高く、将来を見越したカードを取得したい人におすすめです。 JCB GOLD EXTAGEの特典 JCB GOLD EXTAGEには以下のような特典が受けられます。 購入から3年間の携帯補償額が10万円になる• 全国の空港でラウンジサービス• 海外旅行保険(最大1億円)• 国内旅行傷害保険• 国内航空便遅延補償 (参考:dカードGOLD|) 年会費は10,000円(税抜) dカードGOLDの年会費は10,000円(税抜)で、ゴールドカードとしては平均的なものになっています。 独自のポイント還元サービスなどを考慮すれば、充分にリーズナブルな金額設定といえるでしょう。 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:年収300万円~400万円程度 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの取得に必要な年収は 300万円~400万円といわれています。 ハイグレードなカードとして有名なアメリカン・エキスプレス(アメックス)ですが、必要年収だけ見れば決して手の届かないカードではないでしょう。 また条件さえ満たせば、20歳からこのグレードのカードに申請できるという点も、このカードの大きな特徴です。 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特典 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには以下のような特典があります。 国内外200のレストランで2名以上のコース注文で1人分無料• カード会員様専用旅行サイトが利用可• 海外旅行時スーツケース1個配送無料• 国内28、海外2の空港でラウンジサービス• プライオリティパス(空港VIPラウンジ利用権)無料• 海外旅行先からでも24時間対応のサポート窓口が利用可• カードの不正利用などに対するショッピング補償 (参考:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード|) アメックス・ゴールド・カードの年会費は31,900円(税込) アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス・ゴールド・カード)の年会費は31,900円(税込)です。 これはゴールドカードの中でも平均以上ですが、 上に述べた充実のサービスを考慮すれば決して高くはないでしょう。• 所定のレストランのコース料理2名以上で1名無料• 国内外の空港ラウンジサービス• 海外帰国時、手荷物1個まで配送無料• 無料保険コンサルティングサービス• 海外旅行保険• 国内旅行傷害保険• ショッピング補償 (参考:) ダイナースクラブカードの年会費は22,000円(税抜) ダイナースクラブカードの年会費は22,000円(税抜)です。 ダイナースクラブカードには、一律の利用上限がないため、スタンダードなカードとしてはやや高めの設定になっています。 とはいえ、利用状況次第で、 他社のゴールドやプラチナに相当する金額の決済も可能です。 同じカードを長く使っていたいという人には、最適なカードといえますよ。 3.おすすめ格安ゴールドカードBEST3 ここからは、比較的取得しやすい おすすめの格安ゴールドカードをBEST3形式で紹介していきます。 おすすめの格安ゴールドカードBEST3は以下のとおりです。 では、それぞれのカードを見ていきましょう。 1位:MUFGカード ゴールド おすすめの格安ゴールドカードBEST第1位は、 三菱UFJニコスが発行するMUFGカード ゴールドです。 税抜1,905円という破格の安さの年会費もさることながら、18歳以上(高校生は除く)でも取得が可能なのも大きな魅力といえます。 また 国内外の旅行保険や、ショッピングなどの押さえるべき付帯サービスはしっかり付属しているのも安心です。 三菱UFJニコスが発行するカードということで、年会費の割に安っぽく見えないところも大きなメリットといえます。 年会費を安く抑えたゴールドカードが欲しいという人には最適な一枚といえるでしょう。 2位:三井住友VISAプライムゴールドカード おすすめの格安ゴールドカードBEST第2位は、三井住友VISAプライムゴールドカードです。 三井住友VISAゴールドカードの20代専用版ということで、年会費も年代に合わせて5,000円(税抜)と非常に安くなっています。 年会費こそ半額ですが、サービスや機能は通常のゴールドカードとあまり変わりがありません。 たとえば、 ゴールドカード会員専用のサポートデスクや、空港のラウンジ無料といったサービスもしっかりと利用できます。 20代でも、サポートが充実したゴールドカードが欲しいという人は、是非取得を考えてみてください。 3位:楽天プレミアムカード おすすめの格安ゴールドカードBEST第3位は、楽天プレミアムカードです。 年会費は11,000円(税込)とゴールドカードとしては平均的な金額に設定されています。 世界900箇所の海外空港ラウンジが無料になるプライオリティパスに申し込めるので、海外旅行が好きな人におすすめのカードです。 また楽天で買い物をするときに使うと、最大でポイントが5倍になるなど楽天をよく使う人にもかなりおすすめできます。 ちなみに、楽天カードには、これとは別に「楽天ゴールドカード」というカードが存在します。 そして、プライオリティパスはゴールドカードではかなりハイグレードなものにしかついていません。 プライオリティパスを安く入手できるという点において、楽天プレミアムカードは非常にお得なカードといえるでしょう。 補足:ハイグレードカードとの違い 格安ゴールドカードとハイグレードなカードとの違いは 主に付帯サービスの内容です。 たとえば、空港ラウンジの無料利用はどのゴールドカードにも付属していますが、それらは普通のラウンジしか使えません。 格安ゴールドカードでは、那覇空港のラウンジ華を無料で利用させてもらえなかった。 orz — けっぱ keppa05 いわゆるVIPラウンジに入るにはプライオリティパス無料という別のサービスがついている必要があります。 このプライオリティパスがついているゴールドカードは、この記事ではアメックスと楽天プレミアムのみです。 またプライオリティパスにも細かいグレードがあり、ラウンジを利用できる回数に制限がある場合もあります。 ゴールドカードの取得を目指すときは、事前にどんなサービスがついているのかを、あらかじめ確認しておいてくださいね。 4.ゴールドカードの審査基準 ゴールドカードの審査における重要な基準のひとつが申請した人の年収です。 特にグレードの高いゴールドカードともなると、それなりの年収を得ていないと門前払いをうける可能性もあります。 しかし、 年収の要件さえ満たせば、ゴールドカードの審査には必ず通るというわけではありません。 年収が絶対的な基準ではない ゴールドカードは、 年収500万円以上でも審査に落ちることもあります。 そのため、年収が絶対的な基準ではありません。 年収以外にも 下記のようなポイントで総合的に判断されます• それぞれ詳しく説明していきますね。 「属性」などの発行条件を満たしていなかった まず「属性」などの発行条件を満たしていなかった事例が挙げられます。 ゴールドカードの審査で、年収と同じぐらい重視されるのが、年齢や職業、勤続年数などの属性です。 たとえば、年収500万円以上ある30代の男性が、20代限定のJCB GOLD EXTAGEに申し込んでも審査には通りません。 反対に、きちんと定職に就いていれば、年収200万円未満でもMUFGカード ゴールドの審査に通ったという例もあります。 ゴールドカードを申請するときは、年収も大事ですが、年齢や職業などの条件もよく確認しておくようにしてください。 クレジットヒストリーに問題があった そして年収が充分にあっても、クレジットヒストリーに問題があると審査に落とされる可能性があります。 クレジットカード(クレヒス)とは、クレジットカードの過去の支払い状況や、ローンの返済状況などの履歴のことです。 クレヒスに問題があると、 年収が600万円以上で定職に就いている人でも、審査に通らなかったというケースもあります。 他社での借り入れが多かった カードを申請した時点で、 他社からの借り入れなどが多い場合も審査に落ちてしまう可能性が高いです。 これはカード会社に、お金の工面のためにカードを申請しているのではないかと疑われてしまうのが原因です。 年収が500万円あっても、投資で失敗し、当面の生活費をカードローンで工面している人は審査に通らなかった事例もあります。 ゴールドカードを作りたい時は、借り入れを整理してから申請しておいた方が良いですね。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 \ スマホで簡単! 3分以内で無料登録!/ 【転職エージェント「doda」とは】 「」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ ゴールドカードは 年収200万円~500万円以上あれば取得できるとされています。 ゴールドカードの審査は、年収だけで判断されるものではありません。 申請者の属性などから総合的に判断されるため、年収200万でも審査に通ったり、反対に600万円でも審査に落ちることもあります。 ゴールドカードを取得するなら、自分がその条件を満たしているかどうか、様々な要素から客観的に判断できるようにしましょう。

次の

アメックスゴールドは年収いくらで審査に通過できるのか?

アメックス ゴールド 審査 年収

アメックスゴールドは年収いくらで審査に通過できるのか? アメックスゴールドは年収いくらで審査に通過できるのか? トラベルサービスや優待特典、旅行保険など、特典や保険が充実しているため、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称アメックスゴールド)の発行を検討している人もいますよね。 その際、「審査通過に必要な年収はいくらなのか?」と気になる人もいるでしょう。 会社員や公務員として安定した収入があれば、アメックスゴールドは年収250万円~年収300万円程度の人でも審査に通過した実績があります。 当サイトが独自調査したアメックスゴールドの申込者の属性と審査合否位一覧は、以下の通りです。 それでは、アメックスゴールドの審査通過に必要となる年収を推測していきましょう。 年収いくらで審査通過できるのか? アメックスゴールドの審査通過には、最低でも 年収250万円程度が必要であると推測できます。 アメリカン・エキスプレス社は、審査通過に必要な年収を公表していません。 しかし、インターネット上にある口コミや評判を見る限り、 平均年収300万円~350万円前後は必要となる可能性があります。 アメックスゴールドの審査では、年収額に加え、勤務形態や勤続年数などの情報も調査対象になります。 会社員や公務員は月々の収入が安定していることにより、審査の際に返済能力があると判断されやすい傾向があります。 一方、個人事業主や自営業者は月々の収入が不安定である関係上、会社員や公務員よりも審査通過に必要な年収が高くなる可能性があります。 ただし、専業主婦が審査に通るには、配偶者に安定した収入があることが条件です。 「アメックスゴールドは審査通過に必要な年収が甘くなった」という噂は間違い 「アメックスゴールドは審査通過に必要な年収が甘くなった」という噂がありますが、その噂は間違いです。 バブルの頃は、アメックスゴールドの審査通過に必要な年収は500万円以上、勤続年数は5年以上と言われていました。 しかし、必要年収が変わったのは、審査を甘くするためではなく、景気の低迷や入会希望者の減少により、審査基準を見直す必要が出てきたからです。 つまり、アメックスゴールドの審査基準は甘くなったというよりも見直されただけです。 「審査が甘くなった」という噂に根拠はないため、アメックスゴールドを検討中の人は覚えておきましょう。 「アメックスグリーンは審査通過に必要な年収が甘くなった」という噂も間違い アメックスゴールドと同様、「アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)の審査通過に必要な年収も甘くなった」という噂がありますが、その噂も間違いです。 以前のアメックスグリーンの審査基準は、年収400万以上かつ勤続年数3年以上と言われていました。 しかし、 現在は年収300万円以上かつ勤続年数3年未満と言われています。 アメックスグリーンの審査基準も、甘くなったのではなく見直されただけです。 アメックスグリーンを検討中の人は、審査が甘くなったという噂を真に受けないようにしてください。 アメックスゴールドの審査で重視される点 アメックスゴールドの審査では、以下の点に注意する必要があります。 申込資格 アメックスゴールドの申込資格は「20歳以上、安定した収入のある方」です。 一般的な他社ゴールドカード(三井住友VISAゴールドカード、シティゴールドカード)は25~30歳の安定した収入のある方のみ申込可能なので、 アメックスゴールドは他社ゴールドカードより申し込みやすいカードであるといえます。 個人信用情報 アメックスゴールドの審査では、個人信用情報が参照されます。 個人信用情報とは、申込者の氏名や収入などの属性情報とクレヒスをまとめたものです。 それぞれについて詳しく説明します。 属性情報 アメックスゴールドの審査では、属性情報における勤続年数が重視されます。 勤続年数3年以上の方は、安定した収入があると判断され、審査の際に返済能力を認められやすい傾向がありますこれは、勤続年数3年以上の方は、今後の離職の可能性が低いと考えられるからです。 属性情報とは、カード申込者の年齢や家族構成、職種(公務員、会社員、自営業など)などをまとめたものです。 クレジットカードの審査では、安定した収入に繋がる属性情報が評価されるため、 公務員や会社員は高く評価されます。 クレヒス アメックスゴールドの審査では、クレヒスの内容が重視されます。 クレヒスとは、消費者の属性情報と、クレジットカードやショッピングローンなどの利用履歴をまとめたものです。 クレジットカードを定期的に利用し、遅延なく支払いを繰り返した方は、優良なクレヒス保有者としてアメックスゴールドの審査で高く評価されます。 アメックスゴールドは学生や個人事業主でも審査に通る可能性がある アメックスゴールドは、学生や個人事業主の方でも審査に通る可能性があります。 なお、個人事業主がアメックスゴールドに申込んだ場合は、勤続年数ではなく 起業年数と年収が重要視されます。 これは、個人事業主はサラリーマンと異なり、安定した収入の有無を勤続年数で判断できないためです。 また、 学生がアメックスゴールドに申し込んだ場合は、申し込み時点の返済能力よりも将来性の返済能力が重視され、翌年度入社予定企業の内定を得ていることが条件となる可能性が高いです。 学生は、アメックスゴールドの申し込み後、学生証と内定通知書のコピー提出を求められます。 FAXもしくは郵送で提出して下さい。 なお、内定先企業や学校への在籍確認は行われません。 アメックスゴールドの審査通過率を上げる方法 アメックスゴールドの審査通過率を上げる方法について紹介します。 多重申込を避ける 多重申込を避けることで、アメックスゴールドの審査通過率を上げることが可能です。 多重申込とは、短期間に複数のクレジットカードに申し込むことです。 クレジットカード会社は、短期間に複数のクレジットカードに申し込む方のことを、お金に困っている不審な申し込み者と判断します。 クレジットカードの申込情報は個人信用情報機関に記録されるため、多重申込の状態は全てのカード会社に把握されます。 この状態は申し込みブラックと呼ばれ、今後のクレジットカード審査通過が困難になります。 アメックスゴールドの審査を通過したい場合は、他社クレジットカードの申し込みを控えましょう。 また、申し込みブラックになった方は、クレジットカードの申し込みを半年間控えましょう。 これは、クレジットカードの申し込み情報は半年間で個人信用情報機関から消去されるためです。 半年後は申し込みブラックの状態が解除され、通常通りのクレジットカード審査が行われます。 申し込み項目をできるだけ埋める アメックスゴールドに申し込む際、任意の項目を含めて申込書をできるだけ埋めると審査通過の可能性が上がります。 例えば、インターネットのアメックスゴールド申し込みフォームには、連絡先として自宅電話番号もしくは携帯電話番号の入力が必要です。 いずれか一方の入力でも申し込みは可能ですが、 両方を入力すると審査通過の可能性が上がります。 カード会社は、複数の連絡先を申告した申込者のことを、カード料金延滞時やカード更新時の連絡がつきやすいと判断して高く評価するためです。 空港から申し込んでも審査基準は変わらない アメックスゴールドは空港で申し込むと審査に通過しやすいという噂がありますが、これは誤りです。 申し込む場所によってアメックスゴールドの審査基準が変わることはありません。 インターネット上の口コミやQ&Aサイトでは、「空港からアメックスゴールドに申し込む人は、旅行に飛行機を使ったり出張に行く機会があったりするから経済的な余裕がある人だ」と言われ、そのことから前途のような噂が発生したと考えられます。 審査通過の自信がない方はアメックスグリーンを検討する アメックスゴールドが欲しいけれど審査通過の自信がない方は、アメックスグリーンを検討しましょう。 アメックスグリーンで利用履歴を積めば、アメックスゴールドのインビテーションを獲得できます。 インビテーションが届く人のは利用実績が認められた人のみとなるため、アメックスゴールドの審査に通りやすくなる可能性があります。 アメックスゴールドのインビテーションが送られてくるタイミングは個人差がありますが、アメックスグリーンで月間10~20万円の利用を半年から1年続けると送られると言われています。 アメックスゴールドの審査期間 アメックスゴールドは、インターネットから申込んだ場合、最短1週間でカード発行が可能です。 アメックスゴールドをインターネットから申込んだ場合は、 最短3営業日で審査が完了します。 審査期間を含め1週間~10日程度でカードが手元に到着するため、急にアメックスゴールドが必要になった場合も間に合います。 対して、 アメックスゴールドを郵送で申込んだ場合は、申込日からカード到着日まで最長1か月程度の発行期間が必要です。 急なカード発行に向いていないため、郵送申し込みはおすすめできません。 在籍確認が取れないと審査期間が長くなる アメックスゴールドの審査では在籍確認作業が行われる場合があります。 在籍確認とは、カード申込者が本当に申告通り勤務しているか調査するため、カード会社の審査担当者が職場に直接電話をかけて確認する作業のことです。 年収額が審査通過基準以下の方や、クレヒスが無い方などは、信用力に不安があると判断され高確率で在籍確認が行われます。 在籍確認を対応できないと審査期間が長引きます。 審査通過に必要な年収の比較 アメリカン・エキスプレスの国際ブランドをもつ提携カードの審査通過に必要な年収は、アメリカン・エキスプレスのプロパーカードと異なることが推測できます。

次の

アメックスカードの審査を通すための条件と落ちてしまう原因

アメックス ゴールド 審査 年収

平均年収ってどのくらい?日本の年代別平均年収は以下の通り。 年齢 平均年収 (小数点以下切り捨て) 20〜24 262万円 25〜29 361万円 30〜34 406万円 35〜40 442万円 40〜44 467万円 45〜49 496万円 50〜54 518万円 55〜59 515万円 これはあくまで民間企業の平均年収で、公務員などは含まれません。 (後述しますが公務員は年収が少なくてもクレジットカードの審査には有利です。 ) 参照: 職業や年収が審査に大きく影響する ゴールドカードの審査において特に重要視されるのが職業と年収。 「この職業なら大丈夫」というような表現はできないですが、ある程度の信用度は以下を参考にするといいでしょう。 クレジットカードの審査は「スコアリング」と言って加点方式で行われるので、 年収や職業の総合値が高いほど、ゴールドカードを取得しやすくなるんですね。 カードによって審査の基準・必要年収はバラバラ 端的にゴールドカードと言っても、その種類はさまざま。 そのため「ゴールドカードの審査基準」を一概に述べることはできません。 そこで、 年会費や受けられるサービス、申し込み条件などで大きく4種類に分類してみるとわかりやすいです。 年会費 特徴 年会費格安ゴールドカード 無料〜2,000円 保険内容やサービスは一般カードよりも少しいいくらい ヤングゴールドカード 3,000〜5,000円 20代だけが発行でき、年会費こそ安めだが、サービス内容は標準的なゴールドカードに遜色なし 標準的なゴールドカード 10,000円〜 空港ラウンジ・旅行傷害保険が充実 ハイステータスなゴールドカード 20,000円〜 ステータス性が高く、カード会社ごとにオリジナルのサービスも付帯 年会費やサービス、旅行保険の充実度に比例して、審査基準も上がっていきます。 ゴールドカードの審査基準・必要年収目安一覧 年会費(税抜) 申し込み条件 必要年収目安 2,000円 20歳以上 100万円 1,905円 18歳以上 100万円 5,000円 (招待で無料) 20歳以上 100万円 3,000円 20代限定 200万円 5,000円 20代限定 200万円 10,000円 20歳以上 250万円 10,000円 20歳以上 250万円 10,000円 20歳以上 300万円 10,000円 30歳以上 300万円 10,000円 20歳以上 300万円 31,000円 20歳以上 400万円 22,000円 30歳以上 400万円 ゴールドカードの審査に通過するコツ 基本的には申し込み条件と必要年収目安を参考にすればいいと思います。 ただし、審査をより通りやすくするコツには、 細かいテクニック的な部分もあるので確認しておきましょう。 例えば三井住友ゴールドカードの必要年収は300万円ほど。 その条件を満たせていない場合は、まずは一般カードの三井住友クラシックカードで利用実績を積むのがベストな選択です。 最低限度額が小さいカードに申し込む 限度額はカードによってバラバラ。 その中でも 最低限度額が小さいゴールドカードは、返済能力が低い人でも審査に通る可能性が高いです。 (カード会社からすると踏み倒しされても損害が少ないから) 例えばdカードゴールドとJCBゴールドを比較してみましょう。 年会費(税別) 限度額 10,000円 10万〜300万円 10,000円 50万〜300万円 年会費こそ同じですが、最低限度額は圧倒的にdカードゴールドのほうが小さいですよね。 そのため、審査の難易度で言えばdカードゴールドよりもJCBゴールドのほうが高くなります。 楽天市場などで5. 国内の主要空港、ハワイ&韓国の空港ラウンジを無料で利用できる• ETCカードの年会費が無料になる• 年会費の割に海外旅行保険の補償額が大きい• ANAマイルを貯めるのにも適している• ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大• 年会費が税別2,000円かかる• ゴールドカードの中では比較的ステータスは低め• 券面がややピンクゴールド寄りなので人を選ぶデザイン• 家族カードの年会費が楽天プレミアムカードと同じ• Edyより絶対にnanaco!という人には向かない 審査基準:20歳以上で年収100万円前後 楽天ゴールドカードの申し込み条件は「20歳以上で安定した収入があること」のみ。 成人していれば、主婦や学生、アルバイトの方でも難なく発行できることでしょう。 他のカードよりも審査基準は低め 楽天ゴールドカードの限度額は5万〜200万円と、ゴールドカードの中ではかなり低めです。 とにかくゴールドの券面のクレカが欲しいなら、 審査に自信がない人は、楽天ゴールドを第一候補にするべきでしょう。 また、を所持済みで滞りなく支払してる人は、社内クレヒスが積み上がっているため審査に通りやすいはずですよ。 年会費が安いゴールドカード しかも初年度無料• 国内数カ所の空港ラウンジを無料で利用可• 海外旅行保険が自動付帯、国内旅行保険は利用付帯• 三菱東京UFJ銀行のATM手数料が優遇• 年間利用額に応じてボーナスポイントも• 中国ではマストな銀聯カード発行可• 国際ブランドを3種類から選べる• Apple Pay等も利用可• 基本ポイント還元率は約0. ポイントの交換先は豊富だがレートは低め• 家族カードは年会費あり 一枚目&初年度無料• ステータスはあまり高くない 審査基準:18歳以上ならOK(学生を除く) MUFGカードゴールドの申し込み条件は18歳以上で安定した収入があること。 ただ、安定した収入といっても実際は正社員である必要はなく、 アルバイトやパートの方でも問題なく審査に通っているようです。 ポイントの有効期限がなくなる 通常2年• 豊富な種類からポイント3倍の店舗を3つ決められる• 年間利用額に応じてボーナスポイント 実質還元率は最大1. 全国10,000店舗以上でポイントアップや割引• 海外旅行保険が自動付帯• 国内主要空港ラウンジが無料• Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可• 通常ポイント還元率は0. 年会費5,000円 年50万以上使えば以降ずっと無料/またはエポスカードからの招待なら無料• 家族カードは発行不可 家族に紹介して年会費無料でゴールド発行は可• 国内旅行保険は付帯されない• 首都圏を中心にファッションビルを展開する丸井が、 リピート促進&囲い込みの意図で若年層に向けて発行しているカードなので、審査基準が低めになっていると思われます。 インビテーションを待つのが確実 エポスゴールドは直接申し込みもできますが、一般カード利用者にインビテーションが届くことも。 その場合、 信用度はエポスのお墨付きで、審査に落ちる心配なしにゴールドカードを取得できます。 (1年以内に50万円ほど利用すればOK) 例外:年会費無料のゴールドカードはインビテーションが必要 以下の2枚は年会費無料のゴールドカード• 20代限定の年会費3,000円(税別)のヤングゴールドカード• 初回更新時(5年後)にJCBゴールドに自動アップグレード• 海外旅行保険の補償額が充実(利用付帯)• 国内主要31空港、ホノルルの空港ラウンジが無料で使い放題• ETCカードや家族カードの年会費が無料• Amazonやセブンイレブンでポイントが貯まりやすい• ポイント還元率は0. 学生は原則取得できない…(裏技アリ)• JCB ゴールドザプレミアへのランクアップはなし• 20〜29歳で大卒初任給くらいの年収があればOK 審査基準:20代で定職に就いていればOK JCB GOLD EXTAGEは20代限定のクレジットカード。 20〜29歳で年収が200万円程度あれば問題なく審査に通ることでしょう。 JCBゴールドも20代で申し込み可能ですが、 審査基準の高さと年会費を考慮すると、JCB GOLD EXTAGEが安パイな気がします。 年会費が5,000円と格安• ステータス性抜群• 審査基準も優しめ• 国内の主要空港のラウンジが無料• 海外旅行保険が充実し、家族も対象• 家族カードやETCカードは無料• Amazonや楽天など大手ECサイトで高還元率に• 学生は収入がないと審査に落ちるかも…• ポイント還元率は0. マイルを貯めるのには向かない 審査基準:20代で定職に就いていればOK JCB GOLD EXTAGEと同じく、三井住友VISAプライムゴールドも20代限定のクレジットカード。 利用者なら、25歳になるタイミングで、審査なしで自動で取得できますよ。 正社員で平均年収程度ないと発行が難しいですが、空港ラウンジや海外旅行保険が充実しており、人気のあるカードばかりです。 年会費(税抜) 申し込み条件 必要年収目安 dカードゴールド 10,000円 20歳以上 250万円 楽天プレミアムカード 10,000円 20歳以上 250万円 JCBゴールドカード 10,000円 20歳以上 300万円 三井住友VISAゴールドカード 10,000円 30歳以上 300万円 AmazonMastercardゴールド 10,000円 20歳以上 300万円 JCBゴールドや三井住友ゴールドの方が審査難易度が高く、これらを発行できなかったとしてもdカードゴールド・楽天プレミアムカードなら所有できる可能性はあります。 dカードゴールド• 通常1. dポイントが貯まるので交換先に困らない• 年間利用額に応じてクーポン獲得• 国内主要空港ラウンジを無料で利用可• 海外旅行保険が自動付帯、国内旅行保険は利用付帯• カードにiD搭載、Apple Pay等も利用可• 年会費は一般的なゴールドカード水準• 人気が高いためステータス性は低め• ドコモユーザーしか受けられない恩恵も多い• 家族カードは年会費あり 初年度無料 審査基準:20歳以上で年収250万円前後 dカードゴールドの申し込み条件は20歳以上で安定した収入があること。 300万円以上の年収があることが好ましいですが、 20代であれば200万円代でも多くの人が発行できているみたいです。 では、 dカードゴールドは人気のゴールドカード部門で見事1位に。 2019年1月には所有者数が500万人突破したとのことで、審査難易度を下げて多くの人が発行できるようにしていると考えられます。 楽天市場等で5. プライオリティパスが付帯するカードでは年会費最安• 国内の主要空港ラウンジももちろん無料• 家族カードの年会費が格安で非常にオトク• ANAマイルを貯めるのにも適している• 国際ブランドを4種類から選べる• 楽天ブラックカードのインビテーションが届く• 年会費が税別10,000円かかる• 特典が豪華な割にステータスはそれほど高くない• Edyより絶対にnanaco!という人には向かない• 楽天ブラックカードはかなりハードルが高い 審査基準:20歳以上で年収250万円前後 楽天プレミアムカードは 20歳ちょうどで審査に通ったという口コミもちらほら見かけるくらいで、審査難易度は低めだと予測できます。 (ちなみに楽天ゴールドカードと同じ審査基準) ついに念願のプライオリティパスゲットした! 一年以上前から欲しくて欲しくて 20歳の誕生日になった瞬間に楽天プレミアムカードを申し込み。 奇跡の審査通過でプライオリティパスと楽天プレミアムカードゲット — Yusyan Yusyan130 審査時間の早さにも定評があり、一週間も経たないうちに手元に届くこともあるので、急ぎの人にもおすすめしたい一枚です。 JCBプロパーゴールドのステータスと信頼性• 自動付帯の手厚い国内&海外旅行保険• 国内の主要空港ラウンジを利用可• 海外利用はポイント2倍に 1. 飛行機の遅延などの補償もあり• ETCカードは無料、家族カードも一枚目は年会費無料で発行可• QUICPay一体型カードも選べる• 年100万円以上の利用でプライオリティパス等がつく「JCBゴールドザプレミア」にランクアップ可• 通常ポイント還元率は0. ゴールドカードらしい年会費 初年度は無料• 海外では使えない地域もある 審査基準:20歳以上で年収300万円前後 日本初の唯一の国際ブランド、「JCB」が直接手がけるゴールドカード。 そのため、 審査基準も楽天プレミアムやdカードゴールドよりは少し高めに設定されている印象です。 とはいえ口コミを見ると、年収が300万円前後あれば取得できているようなので、 30代の会社員であればほとんどの人が取得できると思います。 (20代はJCB GOLD EXTAGEがおすすめ)• ゴールドカードの中でも社会的信用、ステータスが高い• 国内の主要空港ラウンジを利用可 同伴者も1名まで無料• 海外、国内の旅行保険が自動付帯• 医師にいつでも無料で健康相談ができる• ネット申込なら初年度の年会費が無料になる• ANAマイルや各種共通ポイントなどポイント交換先も豊富• iDやWAON、Apple Pay、VISA payWaveなどキャッシュレス決済も充実• 30歳以上限定で申し込める 20代はプライムゴールド• 審査はそれなりに厳しめと言われている• 通常ポイント還元率は0. (JCBゴールドと似ている気がします。 ) そもそも 30歳以上しか申し込めないカードなので、年相応な審査難易度の気もしますが…。 20代は、まずはやから。 Amazonで2. Amazonプライム会員権付き• Amazonポイントが直接貯まる• マスターカードなので世界中で使いやすい• 即時審査サービスもあり• Amazonで3万円まで使えるテンポラリーカードは即時発行可• 年会費を最大約6,000円割引可• Amazon以外での使い道が乏しい• 入会特典は特にない• 年会費を大きく割引するならリボ登録が必要• 電子マネーチャージでポイントが付かない• サポートの評判はあまりよくない• ゴールドカードだが空港ラウンジ特典は付帯なし Amazon Mastercard ゴールドの発行会社は三井住友。 三井住友では、 審査時に収入のみならず資産状況を記入する欄もあるので、貯金が多い人は有利になる傾向があります。 15秒ほどで終わる即時審査サービスがあり、 Amazon限定で使える「テンポラリーカード」をすぐに使えるようになるので、急ぎで必要なものがあっても大丈夫です。 格式高いステータスカード• メンバーシップリワードプラス加入でANAマイル還元率が1. プライオリティパス付帯 制限あり• 海外でも24時間日本語サポート• 最大1億円の旅行保険 国内5,000万• 高級レストランでの優待 1名分が無料になる等も• 家族カードが一枚目無料で超お得• Apple Payも利用可• 年会費が高め 使いこなせば安い• 届くまでそれなりに時間がかかる• 通常ポイント還元率は0. 33~0. 有名なので良くも悪くも目立つ• 番号が15桁なので慣れないと通販等で少し使いにくい 審査基準:20歳以上で年収400万円前後 バブル期には富豪の象徴ともされたアメックスゴールドカード。 しかし、審査基準が大幅に見直された現在、 年収が400万円もあれば審査に通る印象です。 一定の社会的信用がないと持てない由緒あるカード• グルメや宿泊、ツアーの優待が充実• 海外、国内共に手厚い旅行保険が自動付帯• 世界中の1,000以上の空港ラウンジを無料で利用可• ポイントの有効期限がない• 入会特典を初年度年会費無料orポイントから選べる• 限度額は一人ひとりに合わせて設定• ETCカードを無料で発行可• 27歳以上限定、審査の敷居も高め• 年会費が一般的なゴールドカード以上かかる• 分割払い不可 一括、ボーナス一括、リボ• 家族カードの年会費はやや高め• 通常ポイント還元率は0. しかし現在では、ダイナースクラブカードも審査基準が見直され、 個人事業主や中小企業の社員でも審査に通ったという口コミも多く見受けられます。 ただ、 どれも年会費格安や無料のもの。 ゴールドカードならではのサービス(空港ラウンジや海外旅行保険)をきちんと受けたいなら、卒業まで我慢して若者向けのゴールドカードを申し込むといいでしょう。 楽天プレミアムカード、学生だし審査不安だったけど、申込後2分で完了メール届いてうれしい拍子抜けした きたれプライオリティパス! — くじら kujira0421 虚偽の申告にならない?「アルバイトってかくと虚偽の申告とみなされて審査に悪影響が及びそうだけど…」と懸念する人もいるかと思いますが、全く問題ないです。 例えば30代の経営者が学び直しで大学に入学したとしても、職業欄は学生とは書きませんよね? 同様のロジックで、 バイトをしている事実があるなら、たとえ学生でも職業をアルバイトと記入してもいいんです。 借り入れしててもゴールドカードは作れる? クレジットカードの審査に影響するのは個人信用情報機関に保存されている借入情報のみ。 つまり、 カードローンやキャッシングリボの残高ですね。 (銀行カードローンや住宅ローン・自動車ローンなどは全く関係ありません) 当然借り入れが多い場合は、「お金に困っている」という悪印象を与えてしまうため、ゴールドカードの審査に通りにくくなります。 ただ、 年収(額面)の3分の1よりもはるかに小さい額の借り入れなら、ほとんど審査に影響を与えないでしょう。

次の