低用量ピル デメリット。 PMSの症状で処方される低用量ピルとは

病院の低用量ピルを飲み続ける5つのデメリット|ピルの通販なび

低用量ピル デメリット

低用量ピルとは 避妊薬や生理前症候群(PMS)や生理不順等を改善させる為に使うホルモン剤で、毎日飲むことで効果を発揮します。 私はかれこれ8年ほど使っていますが、生理不順がなくなり昔と比べて苦しまなくなりましたし、 生理を管理できるという意味で本当に助かっています。 恋人がいたらピルを飲むことがまるで常識のようにささやかれています(それもどうなのか…)。 とはいえですね、 これはホルモン剤なので医者の説明を受けての正しい服用が必要ですし、デメリットも理解しておかなければなりません。 以下に低用量ピルのメリットとデメリットを記載します。 低用量ピルのメリット 低用量ピルのメリットは以下になります。 シマウマ 子宮頸がんのほとんどの原因であるHPVは性交渉によって感染するそうです。 ピルを飲み始めることによって避妊具を使わない可能性が上がり、子宮頸がんになりやすいということもあるようです。 とにかく結論として、絶対お医者さんに相談したうえで自分に合ったピルを探す必要があるということですね。 ピルによっては保険適用できたりできなかったりするようです。 こんな料金表も見つけました。 シンガポールだと年に一回の定期健診+6か月分のピルを処方してもらうと5万円ほど行ってしまうのですごく高いのですが、それでも私にとってはメリットが多いので続けて飲んでいます。 まとめ 以上低用量ピルについての説明でした。 生理関連の体調を改善したいという方はとりあえずお医者さんに相談して低用量ピルやそれに近いもの(中用量ピル、体調そのものの改善に漢方等)を試すのが良いと思います。 私は漢方で改善しなかったので、8年前にピルを使い始め現在に至りますが、自分には本当に合っていると思います。

次の

ピルの種類と特徴をアスリート目線で紹介!メリットやデメリットとは?

低用量ピル デメリット

「太る」「副作用が怖い」などの先入観から敬遠されがちですが、欧米では女性の意思で避妊をコントロールできる避妊法として広く認知されています。 しかし保険適用外なので、月々の薬代がかかります。 また、体が慣れるまではめまい、むくみ、吐き気などの症状が出る場合があり、また、血栓症のリスクが高まります。 そのため、当院では定期的に血液検査を行い、安心して服用できるようサポートしています。 開発当時(約40年前)はピルに含まれるホルモン量が多く、副作用を引き起こす例もあったため、「副作用が怖い」というイメージがつくられる原因となりましたが、平成11年に日本で認可された低用量のピルは、ホルモン量が低めに抑えられているため副作用の発生率もかなり低くなっています。 服用開始1~2ヶ月は、下記のような副作用がでる場合があります。 吐き気• 倦怠感• 不正出血• 乳房の張りなど 副作用を訴える人もいますが、 症状の多くは1~2ヶ月で軽減します。 太ることを心配される方が多いですが、ほとんどの女性は変化が見られません。 むしろ、ピルを服用することにより体調がよくなり、その結果、食欲が増すという傾向にあるようです。 ピルについて•

次の

病院の低用量ピルを飲み続ける5つのデメリット|ピルの通販なび

低用量ピル デメリット

なぜか あごに集中して、芯のある ニキビが数えきれないほどできました。 「肌表面じゃなくて、 体の中身が問題かも」と、やっとの思いでたどり着いたのが、 低用量ピルの服用です。 産婦人科で肌を診てもらうと、「あごにばっかりだね。 ホルモンの乱れだと思うよ」と。 その日から、 【ヤーズ】っていうピルの服用を開始しました。 すると約半年で、あごのニキビは 完全消滅。 完全です、ひとつも残りませんでした。 正直、この ニキビ地獄で 精神崩壊したんですよ。 必死になって、化粧品や肌の治療に50万かけました。 でも 効果なし。 「原因は肌の表面じゃないかも?」そう思って、次は保健所まで HIVの検査に行きました(なんでやねん) 「 突然の肌荒れ」を検索していたら、HIV検査にたどり着いちゃって。 でも結果は陰性で、やっぱりニキビの原因はわからず。 原因はきっと体のなかにあるはずやぞ そう信じて次にたどり着いたのが、 「あごのニキビは ホルモンの乱れ、低用量ピルの服用で改善するかも」というお医者さんの意見が書かれたサイト。 もともと 生理痛は重い方で、学生時代にはあまりの痛さで 失神し、救急車で病院に運ばれたこともありました。 PMS(月経前症候群)もひどく、イライラしたり、不安になったり。 なので当然 「 低用量ピル」の存在は知ってたんです。 けど、なんとなく怖かった。 それでも「 ニキビを治したい」という一心で、ピルを服用することに。 結果的に、ピルとの出合いが 私を地獄から救って、さらに生理痛・PMSからも引き離してくれました。 この記事では、ニキビが出始めてからピルを服用し、 肌荒れが完全に治るまでに心や体にあった変化を書いていきます。 あくまで私 個人の体験であって、すべての人に同じ効果があるとはかぎりません。 副作用も超ありました。 理解したうえで、選択肢に入れてほしいと思います。 特に、生理痛やニキビに悩んでいて 「ピルは怖い」と思う方はぜひ読んでください。 これは笑ってください キズパワーパッドを顔に貼るヤツ見たことあります?しかも自分でカットして…。 この頃は、ピルを服用し始めて 3ヵ月くらい。 体も慣れ始めて、副作用もなくなりつつありましたが、ニキビへの効果は イマイチ。 「自分にはきかないのかもしれない」って、相当悩んでました。 どれくらい悩んだかというと、このピカチュウのドーナツ、流行ったじゃないですか。 家族が買ってきてくれたんですけど、私に当たったピカチュウ、 ブッツブツなんですよ。 なんで。 なんでピカチュウまでブツブツなの?って。 泣きました。 いや、ほんとに泣きました。 今思うとかわいそうですね。 かわいそうだけど、切実すぎてちょっとおもろい…。 家族よく笑わないで励ましてくれたなって。 感謝です。

次の