デビ 夫人 本名。 デヴィ夫人 共演NGの芸能人を実名告白…元国会議員で「生意気」/芸能/デイリースポーツ online

デヴィ夫人の娘カリナの年齢とプロフィール!父親と旦那は誰?画像

デビ 夫人 本名

デヴィ夫人が29日、TBS系「ジョブチューン ピザーラのリベンジマッチ&テレビの裏側」(後6・55)に出演し、共演NGとしている芸能人を聞かれ、実名を明かした。 番組の企画で「共演NG」がいるかが質問に上がった。 出演したのは夫人のほかに、梅沢富美男、長嶋一茂、丸山桂里奈、カンニング竹山。 デヴィ夫人だけが「いる」と明確にした。 夫人は「嫌い嫌い大っ嫌い!」として実名告白。 「う、え、に、し、さ、ゆ、り」と一音ずつ区切り、はっきりと元衆院議員でタレントの上西小百合の名前をあげた。 NGとする理由について「とにかく生意気」とした。 共演したことはないそうで、番組側から共演を申し込まれたことがあったという。 「私は断りました。 共演すれば彼女の名前が上がるだけですから」と述べた。

次の

デヴィ夫人が若い頃に入れ歯をしていた理由がヤバイ!?娘の子供(孫)がイケメンすぎる!?

デビ 夫人 本名

デヴィ夫人、いつまでも若々しくてお綺麗ですね。 偉そうで上から目線な物言いがいやだ、という人も多いですが、管理人はデヴィ夫人大好きです。 実際、戦後の日本を救った人です。 デヴィ夫人は、日本で生まれて、インドネシア国籍を持っています。 東京青山の利発な大工の娘が、来日中のインドネシアのスカルノ大統領に見初められ、日本人女性として初めて外国の国家元首の夫人となりました。 『元』がつきますが、間違いなくインドネシアという大国の大統領夫人だったのです。 現在ではテレビタレントとしての認知が多いですが、その素顔は、 ・インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人 ・NPO法人アースエイドソサエティで総裁 ・株式会社デヴィーナ・ソサエティでは代表取締役 など、様々な顔を持っています。 今日は、デヴィ夫人の経歴や資産、家族について調べてみました。 スポンサーリンク デヴィ夫人の前半生は高級クラブから始まった 何はともあれ、まず経歴を。 本名 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ (インドネシア名) 根本 七保子 (旧名・日本名) 別名義 デヴィ夫人 生年月日 1940年2月6日(2018年で78歳) 出生地 東京府東京市麻布区霞町 (現:東京都港区西麻布) 国籍 インドネシア 職業 タレント 配偶者 スカルノ元大統領 敗戦後の東京という時代、大工だった父親は視力を失って仕事ができず、一家の家計は足が悪い母親の内職のみが頼りで、あとは弟一人(のちに自死)の4人家族。 家庭は裕福ではなく多額の借金もあり、太平洋戦争中は福島県に疎開をしていたこともあります。 幼少時の貧困に起因する屈辱や差別から抜け出そうと、当時の倍率150倍という難関を突破して生命保険会社に就職しますが、その合間に他にも、喫茶店でアルバイトをするなど、学生時代は働き詰めの毎日を送ります。 後妻の実母と弟を経済的に養うためにあきらめた高校進学、仕事の合間の昼休みを抜け出して近くの喫茶店での50分間のアルバイト、定時制高校への通学などのハードな生活。 15歳で映画『青ヶ島の子供たち 女教師の記録』にアルバイトでエキストラ出演したこともあります。 若いころはそれはそれは美人で、途方もなく美しい人でした。 今もですけど。 若い頃のデヴィ夫人可愛すぎる…貧しい家の出身だったんだなぁ。 知性を身につけるために相当努力されたようだ。 — 🍣凛乃子 ring6565 あまりに美しすぎて日本人に見えないため「ハーフなのでは?」という声もあがっていますが、デヴィ夫人は 純日本人です。 ここは日本はもちろん海外の政治家など、いわゆるVIPを接待するレベルの高級クラブ。 デヴィ夫人はここで、次のことを決心します。 ・生きた英語を身につけること ・茶道・日舞などを習い、基礎教養を身につけること ・人脈をつくり、お金をしっかりためること もう10代後半から「知識・教養を磨いて成功する!!」決めていたのです。 最初は中小企業の『東日貿易』社長の久保正雄という男性と知り合います。 その後、政財界のフィクサー・児玉誉士夫によって見出されたデヴィ夫人は、1959年19歳のときに、インドネシアへの開発援助事業に日本企業が参入するため、もっと言えば 日本国民1億人を食べさせるため、インドネシアに「捧げ物」として「献上」されたのです。 名目上は「東日貿易の秘書」でしたが、デヴィ夫人は日本が国際社会に復帰するための犠牲としてインドネシアに送り込まれた形になります。 終戦後、1950年の朝鮮戦争特需でやっと息を吹き返したもののまだまだ体力がなかった日本とは対照的に、1945年に独立して意気軒昂としたインドネシアは、敗戦国日本よりずっと先進国で、国際的な地位も高かった。 しかしインドネシアもまだ独立したばかり、東西冷戦下にあったインドネシアにおいて、スカルノ大統領は、日本外交を重視していましたし、諸外国からの資金援助の取付けもほしかった。 まだ戦後の賠償問題がケリついてなくて、独立国としての立場も危うかった日本は、 デヴィ夫人をきっかけとして、インドネシアとの戦後賠償問題が片付き、日本が戦後復興するための足掛かりとしました。 実際、1958年1月に調印されたインドネシアに対する戦後賠償事業をきっかけとして、日本は世界への復帰を果たすことができました。 デヴィ夫人は、戦後日本復興の功労者です。 デヴィ夫人は独裁者スカルノ元大統領の数多くいる愛人の一人になり、その聡明さと美貌でなみ居るライバルを蹴落とし、1962年、22歳で第三夫人となりました。 インドネシアはイスラム教なので、男性は4人まで奥さんを持てるのです。 デヴィ夫人の総入れ歯説 20歳そこそこの女性がたった一人で、異国の大統領夫人として独裁者の宮殿に入ることがどういうことか。 日本の今の会社だって、女性同士の揉め事がお局のいじめとかモラハラとかマウンティングとかひどいものですが、当時のスカルノ元大統領の周辺は、こういったゴタゴタに文字通り生死がかかってくる世界です。 デヴィ夫人以前にも、スカルの元大統領に献上された日本人ホステスはいましたが、他の夫人や愛人の嫌がらせなどにあって自死してしまったようです。 デヴィ夫人は頭が良くて気が強かったので、生き残ることができました。 日本復興の捧げ物としてインドネシアに送り込まれた彼女に退路などありません、宮殿内で生き残るために、頼りになるのは権力者スカルノの愛情だけ。 デヴィ夫人が総入れ歯とよくいわれていますが、真偽のほどはわかりませんが、もしそうだとしたら、権力を持つ男性の寵を得るため、 『夜の営み』のために総入れ歯にしたとしか考えられません。 そこまでした権力と愛憎の世界を戦って生き残ってきた、常人には想像もつかない波瀾万丈の人生を送ってきた人です。 デヴィ夫人はこの頃、マスコミの執拗な取材により、もともと病弱だった母親が体調を崩してなくなっています。 その2日後、セールスマンに全財産を騙し取られた実弟が、自宅アパートで自死。 それを伝え聞いたインドネシアのデヴィ夫人は嘆き悲しみ、後年、ジャカルタに建てた宮殿の一つに実弟の名前をつけています。 スポンサーリンク デヴィ夫人の資産はどのくらい? デヴィ夫人は大統領夫人時代、世界の社交界で活躍、「東洋の真珠」「社交界の華」と賞賛されます。 この立場を利用して、当時もさまざまな蓄財に励んでいますし、現在も「元大統領夫人」であった影響力は強いです。 日本企業や役所などを仲介して利益を得る 戦後の高度経済成長期を、インドネシアの独裁者の妻として愛人として過ごしていた元日本人のデヴィ夫人。 もともと、彼女が スカルノ夫人になったのも接待役として近づいたのが縁で、接近させたのはある大手商社だとか。 インドネシアは縁故主義が強く、日本企業がインドネシアに進出したいと考えていても、地縁血縁ないとビジネスになりません。 このため、日本企業のみならず日本政府でさえ、デヴィ夫人をインドネシアにおける窓口として使ってフル活用します。 スカルノ元大統領自身もこれでかなり蓄財しましたし、デヴィ夫人の重要性は、第三夫人ながらかなり高いものでした。 こうった経緯があるため、デヴィ夫人は日本の企業や役所の裏も表も知り尽くしているのです。 戦後復興のドサクサや高度経済成長期にまつわる、様々な会社や政治家や役人の裏の裏まで知り尽くしていると言ってもいい人ですが、決して口外しませんし、その口の堅さがまた恐ろしいのです 笑。 クーデターで全てを失うものの、莫大な遺産を得る しかしスカルノ元大統領の妻になってたった3年後の1965年、25歳の時に、スカルノ大統領は軍事クーデターにより失脚、デヴィ夫人は政権交代の大混乱の中、大統領のもとを離れて逃げ切りました。 いろいろありましたがその後、インドネシア政府から正式に前大統領の第3夫人として遺産分与を受け、少なくとも20億円といわれる資産を受け取ってます。 また、頭脳明晰なデヴィ夫人は、政権崩壊前にスカルノの隠し資産を個人名義の口座に移したり、大統領から贈られた財産の名義を個人名義にすぐさま切り変えて守り通し、スカルノの信頼を勝ち取ることができました。 この功績を評価されて、スカルノ死去時に遺産が与えられたとも言われており、実際は不明ですが、さらに数十億の資産があるとかいわれています。 インドネシア帰国、元大統領夫人力で仲介ビジネス 1980年、40歳の時にいちどインドネシアに戻り、石油関連ビジネスを始めています。 インドネシアの旧宗主国オランダの金融機関 後に娘の夫がオランダの銀行家 、日本企業、欧米企業を 東南アジアのサロンに招き、要人に紹介して繋げることで仲介料をとりました。 フィリピンの大統領マルコス夫人イメルダ、インド要人、タイ王家、カンボジアのシアヌーク殿下……などなど、幅広い交友をフル活用し、ビジネスを成功させています。 インドネシア政府に没収された不動産の一部は、この時に取り戻したとか。 今、デヴィ夫人の持つ資産の大半はこのときに稼いだものです。 このように、昔の人脈を利用したヨーロッパにおける事業や株の収入があり、本人ははっきりとした金額は公表しませんが、 ・東京都内の豪邸に住み ・世界中に別荘を所有し(NY、パリ、バリなど)、 ・お抱えシェフを雇える という暮らしを維持できているので、何一つ不自由しておりません。 芸能界復帰後もテレビのスポンサー企業に貢献 こういった過去を持っている人ですので、インドネシアはもちろん世界中に人脈があります。 デヴィ夫人は1990年代から日本の芸能界に登場していますが、半分は番組スポンサー関連のビジネス広告でしょう。 お金目当てではないのでギャラは安く、依頼すればどんなことでもやってくれるので、重宝されているそうです。 実際は、スポンサー企業の仲介ビジネスなどをしてるのでしょうね。 デヴィ夫人の家族は?孫がかわいい デヴィ夫人は、スカルノ元大統領存命中にも関わらず数回の婚約発表が取りざたされたのですが、最終的に再婚はしていません。 1967年に、東京都内の病院で1人のカリナさんを出産後、デヴィ夫人はフランスへと亡命しています。 その後インドネシアに戻りますが、ニューヨークへ移住。 娘のカリナさんはニューヨークで育ち、ヴィヴィアン・ウェストウッド勤務後、2005年にアメリカの大手金融機関シティバンクのCEOの最高責任者、フレデリック・F・シーガス氏と結婚。 カリナさんにはもう何人かお子さんがいますが、その長男である「キランくん」がハンサムで頭脳明晰だと話題になっています。 キランはサンスクリット語で『光の輝き』と言う意味で、まだ幼いのに英語、インドネシア語、オランダ語、フランス語の4ヶ国語を話せるとか。 さすが、スカルノの孫、ということでしょうか。 ホント東洋の真珠ですね。 今でも十分お美しいですがビックリ! — 株猿チンパン 猿-513 kabusaru デヴィ夫人の若い頃は、確かに水商売を経験していますし、コールガールっぽいこともやっていたかもしれませんが、ただのコールガールではありませんでした。 デヴィ夫人の本職は「スカルノ元大統領の第3夫人」「スカルノ家の一員」で、ビジネスのために半分趣味で芸能人やってる人です。 もともと、幼い時からものおじしせずに物を言う性格、美貌や絵の才能、勉学にも秀でていたらしく、やはり日本で平凡な人生を送る女性ではなかったような気がします。 若い頃からハングリー精神と上昇志向が強く、負けず嫌いで猪突猛進的な性格、いまだ変わらぬ強靭な意志と、怖いもの知らずの行動力。 前半生を犠牲にして日本のために貢献したのに、恨みがましいことや恩着せがましいことなど何一つ発言していません。 デヴィ夫人を知るたびに、応援したくなります。 時代の生き証人として、長生きしていただきたいです。 【参考】 スポンサーリンク.

次の

デヴィ・スカルノ

デビ 夫人 本名

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2015年8月) デヴィ・スカルノ Dewi Sukarno 本名 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ Ratna Sari Dewi Sukarno (インドネシア名) 根本 七保子 (旧名・日本名) 別名義 デヴィ夫人 生年月日 1940-02-06 (80歳) 出生地 (現:) 国籍 身長 159 cm 血液型 A型 職業 配偶者 公式サイト 備考 アースエイドソサエティ総裁 株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役 デヴィ・スカルノ YouTube チャンネル• 活動期間 - 登録者数 約10. 8万人 総再生回数 約327. 9万回 チャンネル登録者数、総再生回数は 000000002020-02-28-0000 2020年2月28日時点。 デヴィ・スカルノ( Dewi Sukarno、(15年) - )は、生まれで国籍の、。 の元大統領第3夫人。 アースエイドソサエティ総裁。 株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役。 本名・インドネシア名: ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ( Ratna Sari Dewi Sukarno)、旧名・日本名: 根本 七保子(ねもと なおこ) 、通称は デヴィ夫人。 スカルノ大統領との間に生まれた一人娘のカリナは、(平成17年)にオランダで米系大手金融機関の欧州・中近東・アフリカ地区と結婚している。 来歴 生い立ち (現在の)に父・兵七郎と母・政子(出身)の間に生まれる。 父は麻布区霞町界隈ののであり、弟が1人いた(八曾男)。 中は、母・弟の3人でにしていた。 家庭は裕福ではなかった。 無名エキストラ女優~高級クラブ (30年)、15歳の時、制作の映画『』(白黒映画)に出演 [ ]。 中学卒業後は、定時制部に進学すると同時に、150倍の難関を突破して(現・)に入社したが、昼休みや休日にも貧しい家計を維持するため、喫茶店などでのアルバイトを掛け持ちする日々を送った。 1956年に父が亡くなった事に伴い高校を中退した後、の有名「コパカバーナ」で働く。 (昭和34年)、19歳のときに、インドネシアへの開発援助に伴い「東日貿易の秘書」という名目で、スカルノ大統領のもとに送り込まれた。 この一件に当時「の」と呼ばれた暴力団関係者のが関わっていたとされる。 スカルノ大統領夫人 スカルノ 独立後間もない上に、東西下にあったインドネシアにおいて、当時スカルノ大統領は日本外交や資金援助の取り付け等を非常に重要視していた。 インドネシアに渡って数年は愛人の1人であったが、(37年)にスカルノと正式に結婚、4人の夫人のうちの第3夫人になる。 しかし、同時期にマスコミの執拗な取材により体調を崩していた母が亡くなった。 更にその2日後、セールスマンに全財産を騙し取られたうえ、母の死に目に逢えなかった実弟の八曾男が、自宅アパートでガス自殺し 、それを伝え聞いた彼女は「何時までも心を離れない悲しいになっている」と告白し、後にジャカルタの宮殿の一つに実弟の名をつけた。 この宮殿はのちに接収され、軍事博物館になっている [ ]。 スカルノ大統領失脚 3年後の(40年)に起きた軍事、いわゆるでスカルノが失脚、代わってが大統領となった。 スカルノは軟禁状態におかれ 、デヴィはインドネシアの日本にを希望したが、国際的立場上の理由で断念。 スカルノの第2夫人を除く夫人は皆、大統領のもとを離れ逃げ切った [ ]。 (昭和42年)3月11日、都内病院にて娘のカリナを出産する。 正式名は「Kartika Sari Dewi Soekarno. Kartika Sari」。 スカルノ大統領の8番目の子供であった。 デヴィは政治的に者に寛容なフランスを亡命先に選ぶ。 スカルノ元大統領存命中にも関わらず数回の婚約発表が取りざたされたが、結局再婚はしなかった [ ]。 スカルノ死後 スカルノ大統領はクーデターを予期し、以前よりインドネシアからへ巨額の資金を確保していたとささやかれるものの、(昭和45年)のスカルノ死去時にスカルノ家、ならびにインドネシア政府から財産の相続の権利や子供のスカルノ一族としての地位などを喪失し、第3夫人としての資産は与えられなかったとも、実際には死去時に遺産が与えられたとも言われている。 いずれにしてもその後のインドネシア政府の方針により、第3夫人としての遺産分与が行われた [ ]。 スペイン人の ()とつきあうが別れる。 そしてフランスの貴族、エルゼアル・ド・サブラン=ポントヴェス( ()) と婚約したが破局した。 「社交界の華 [ ]」とも呼ばれたその容姿で多くの要人らと関係をもった。 (昭和55年)にはインドネシアへ戻り、関連事業を興した [ ]。 しかし、実際にはスカルノ体制崩壊とその後のスハルト政権成立により、元大統領夫人としての外交的立場を失っていたとのこと。 また、日本政府や日本の企業財閥側も、クーデターで失脚したスカルノ夫人を擁護することはなかったとされる [ ]。 (平成3年)にアメリカのへと移住する。 ここからインドネシアの第一線から退き、その後の政変や第1夫人・第2夫人を中心とした政治の動乱には巻き込まれることもなく、日本に帰国し、現在に至っている。 傷害罪で逮捕 (平成4年)にアメリカ合衆国のスキー・リゾート地、で、第4代フィリピン大統領の孫娘の(Minnie Osmena)の顔をシャンパングラスで殴打し、37針縫う大けがを負わせてでされ、禁固60日・罰金700ドルの実刑判決が出て、34日間収監される。 動機は、数ヶ月前スペインのでのパーティに於いて、ミニーが「フィリピン副大統領になる意志がある」と発表し、デヴィが吹き出したことから2人の関係が悪化したこと。 後に「刑務所での生活は学生寮のようで楽しかった」と語った。 芸能活動 その後は日本でタレントとして活躍する。 タレント的活動はより行っており、にの総合男性誌創刊号に撮影のヌード写真が掲載されている。 思想 に立候補したの応援演説をするデヴィ・スカルノ 自身の思想については、その多くが自身のウェブサイト内「デヴィ スカルノの独り言」に記されている。 大東亜戦争(太平洋戦争)と戦後 ()を肯定する立場ではないが、当時の世情として資源の乏しい日本が対外進出を行うのは当然であり、についても私利私欲で戦争を行ったのではない、としている [ ]。 日本人は一度の敗戦で精神が打ちのめされ、戦争の罪悪感から抜けきれず、日本人としての尊厳を失っていることが残念であるとしている [ ]。 戦争そのものは以前から(平成21年)を迎えようとしている現在においても繰り返され、人類の歴史そのものであるから、たった一度の敗戦で精神を失うことはない、としている [ ]。 靖国神社 における戦死者・戦没者慰霊の問題については、夫のスカルノ大統領もに参拝しており、祖国と家族のために亡くなった人を慰霊するのは当然であるとしている [ ]。 A級戦犯の問題についても、A級戦犯はで処刑され、罪があるとしてもそれを既に償っているとして、慰霊に賛成の立場を取っている [ ]。 日本の全学生は、一度はに訪れ、自身が日本人であることを自覚し、世界の中で日本がどうあるべきか認識してほしい、と述べている [ ]。 また、については、不戦の誓いのもとに靖国神社参拝を行っており、戦後最も傑出した政治家であるとしている [ ]。 憲法9条と本土防衛 については、は時代ごとの必要性で改正すべきであるとしている [ ]。 毎年4兆円をの軍事基地維持費として支払うよりも、からノウハウを受け継ぎ、日本も防衛軍を作って自国を守るべきであるとしている [ ]。 皇室 をし、皇太子位をへ移譲するよう署名運動を行った。 人物 インドネシアの大統領だったスカルノの第3夫人にあたる。 ()・・に堪能である。 「デヴィ夫人」ので、日本のワイドショーやバラエティ番組に出演している。 社会活動 日本国外においても自身が会長を務めるイブラ音楽財団などを通じて社交活動を行う。 芸能活動以外では、ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ名義でNPO法人アース エイド ソサエティ(EARTH AID SOCIETY)を2005年に設立し、毎年秋に「ザ グランド インペリアル チャリティ バンケット」を開催、その収益金で寄付や寄贈を行っている。 NPO設立以前からパーティを催すことがライフワークで、「ビザンチン皇室慈善舞踏晩餐会」には芸能人や在京の各国大使などが出席する。 (平成17年)には環境大臣が主賓として招かれた。 NPO公式サイト によると、自身の手で現地に運んで寄贈したものは• 北朝鮮の赤十字社を通じて朝鮮民主主義人民共和国に120トンの精米(後述)• パキスタンの赤新月社を通じて、2556枚の毛布と3500枚の防寒着を、カシミール地方の大地震の被災者に 寄付は• 日本赤十字社 2,075万円• NPO法人/NGO難民を助ける会 3,125万円• 国連傘下・マルタ勲爵士団 11万ドル(1,196万円)• エジプト・スザン・ムバラック児童博物館 100万円• 南アフリカ・ネルソン・マンデラ基金 1万ドル• 一般社団法人 日本動物虐待防止協会 150万円• 一般財団法人 動物環境・福祉協会 Eva 121万2121円• 愛知県・心身障害者コロニー 車椅子 5台• 熊本県慈恵病院赤ちゃんポスト『こうのとりのゆりかご』 30万円• NPO法人あいアイ 50万円 が列挙されている。 北朝鮮との関係 とは夫のスカルノを通して親交があり、の命名式にはスカルノと共に北朝鮮で行われた式典に同席している。 この事もあり [ ]北朝鮮擁護の立場を取っている。 主催の式典にも出席を重ねている。 や 人工衛星のテスト問題 [ ]で北朝鮮を擁護する立場からの発言をおこなっているほか、日本と北朝鮮の国交正常化実現を訴えており 、 朝鮮総連の中央機関紙である「」から、同国に対するその姿勢を高く評価されている [ ]。 2005年10月31日には、民間の海外支援団体「グローバルレインボーシップ GRS 」が北朝鮮に対して支援した120トンの米のうち60トンを提供した。 2013年3月31日に開催された、朝鮮学校へのの適用と自治体による補助金支給を要求する集会「朝鮮学校はずしにNO! すべての子どもたちに学ぶ権利を! 自身のブログでは、「拉致」は許されないことであり、肯定したことは無いと述べている。 またブログには北朝鮮とデヴィに関する悪口雑言なコメントが寄せられているが、そういったコメントをする人達はブログをきちんと読んでおらず、心外だとも述べた。 一方、その後2012年には、日本は過去に罪を犯したのだから拉致事件に何か言える立場ではないと主張している。 また、「」という雑誌によく寄稿している。 不祥事 インターネットによる中傷 2012年7月10日、に関連して、加害者及びその関係者と思わしき人物らの実名や顔写真とともに女性の写真を公開した上で自身のブログで強く批判した。 しかし後に人違いと判明。 翌日この写真などは削除されたが、デヴィが謝罪の態度を示さなかったことから、女性はデヴィを相手に1100万円の損害賠償などを求める訴訟を神戸地方裁判所に起こした。 2014年2月17日、神戸地方裁判所はデヴィの行為を「非常に軽率な行為」とし、165万円の支払いを命じた。 デヴィは判決に対して、不当判決であり最高裁まで争うとしていた が、その後大阪高裁で和解が成立した。 和解内容は非公表。 番組内での暴行 2014年1月、のバラエティー番組の収録中に一般の女性出演者を平手打ちしたとしてトラブルとなった。 この女性は事前に番組スタッフから番組を盛り上げるように言われたためデヴィを挑発したところ、デヴィに顔を3回平手打ちされた。 その後女性の被害届提出を受けて、警視庁は暴行容疑で捜査を開始した。 公職選挙法違反の警告 では、元航空幕僚長のを応援して、共に街頭で演説するなどの活動を行った。 選挙期間中には、同年2月7日付の自身ので、登録者に向けて「『田母神 俊雄』と書いて、必ず投票所に行ってください」と投票を呼びかけたため、から違反の疑いでを受けた。 3月13日の映画『』の公開直前イベントで「SNSが解禁になったということで、ブログに書いていいのかなあと思ったら、メルマガは違うということで(警視庁が)ちょっと教えてくださったので、あっそうですかって。 私、外国人なので全然知らなかったの」と語った。 出演 テレビ レギュラー• (TBS)特番• (フジテレビ)• (関西テレビ)• (TBS) 準レギュラー、及び不定期出演• (テレビ朝日)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (TBS)• (TBS)• (TBS)• (2015年4月1日 - 2016年3月30日、フジテレビ) - 水曜日準レギュラー• (日本テレビ) ドラマ• (フジテレビ) - 星野亜希子 役• (日本テレビ) - 夫人 役• (テレビ東京) テレビアニメ• (テレビ東京) - 大神田プロリア 役 インターネットテレビ レギュラー• 夫人のお部屋()• 帰ってきた夫人のお部屋(OPENREC. tv) ドラマ• () - デヴィ夫人 役 CM• ゲットリッチ• 『』「たった1000万円」篇• 劇場アニメ• (2016年3月12日公開、) - 大神田プロリア 役 著書• デヴィ・スカルノ自伝( 1978)• 愛をつなぐ(冬青社 1999)• デヴィの「ちょっと一言よろしいかしら?」(冬青社 2000)• デヴィの「ここまで言ってよろしいかしら」(あ・うん 2000)• デヴィ夫人のスラスラ英会話( 2002)• 言い過ぎて、ごめんあそばせ( 2014)• 選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論(講談社 2019) 脚注 [] 注釈• ニューヨークタイムス. 2010年12月21日閲覧。 2008年8月14日, at the. 日刊スポーツ 2005年12月01日• , p. 13-15. , p. , p. 25-30. , p. 35-37. , p. 45-49. ナターシャ 2017年3月21日. 2017年10月27日閲覧。 , p. 82-83. 2018年9月17日放送回 55分ごろ• , p. 176. , p. 185. , p. 228-229. , p. 231-234. デヴィ・スカルノ「」、。 NPO法人アースエイドソサエティ• 2007年6月27日. の2013年6月21日時点におけるアーカイブ。 2014年2月21日閲覧。 2005年11月1日. の2013年5月14日時点におけるアーカイブ。 2014年2月20日閲覧。 2013年4月1日. 2014年2月20日閲覧。 - デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」• - デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」• J-CASTニュース2014年2月18日• Daily News Billboard JAPAN2014年2月18日• 朝日新聞デジタル2014年7月23日• 朝日新聞デジタル2014年1月20日• 2014年2月10日放送. 2014年2月10日時点のよりアーカイブ。 2014年2月10日閲覧。 Billboard JAPAN 2014年2月13日• 2016年1月21日閲覧。 参考文献• Yuanda Zara. Sakura Di Tengah Prahara: Biografi Ratna Sari Dewi Sukarno. Ombak. Yogyakarta. 2008. ラトナ サリ デヴィ・スカルノ『デヴィ・スカルノ回想記 栄光、無念、悔恨』倉沢愛子 編集協力 、草思社、第1刷、2010年10月12日。 288頁。。 関連項目• (スカルノ初代大統領と第一夫人との長女で、第5代インドネシア大統領)• (歌手)• (タレント)• (タレント)• (タレント)• (元大統領夫人)• (元王妃)• - 創刊号にヌードが掲載された。 外部リンク• - 2002年12月21日 - )• - ニコニコ公式ブロマガ• dewisukarno -• dewisukarnoofficial -• - チャンネル.

次の