ヨコエク。 BRIDGESTONE TENNIS

「ヨコエクの遠藤の写真の後ろにGKグローブしてる謎の練習生おるな オビパウエル君かな?」

ヨコエク

僕は「Excelれんしゅう」としました。 ちなみに、「フォルダ」って、仕事で使う資料を入れるフォルダ、アレを思い起こしてください。 紙を入れる「フォルダ」って、資料を整理するためにありますよね? それと同じで、PCにおける「フォルダ」も、データファイルを整理するのに使います。 あと、「フォルダー」と伸ばすか、伸ばさないで「フォルダ」と呼ぶかは、趣味の問題です(笑)。 話はちがうんだけど、ソクラテスって「ソークラテース」って伸ばすのが正式な発音らしいんだけど、慣用的に長音を伸ばさなかったり。 フォルダを作ったら、ダブルクリックして開いてください。 さて次に。 「悪新聞 阿礼」さんと、「蘭亭座 平次」さん、「羅利図美 素子」さんが増えてますね。 …なんか珍しい名前だなーと思ってらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、まあそれは置いといて。 なので、行を増やしましょうか。 ちょっとやってみましょう。 まず、「悪新聞 阿礼」さんは、「三丸 千乃」さんと「虎飛行機 真」さんのあいだにいますね。 Excelの一番左、5行目の「5」のところにマウスを合わせると右向き矢印のかたちになりますから、その状態で選択すれば行全体選択になりますよ。 混乱しがちな「行」と「列」について解説します。 わたしは、Excelの機能の名称とかリボンの配置とか、あまり一生懸命覚える必要はないと思っています。 それぐらいだったら、Excelに実際に触れて、体験して、経験値を増やす方が良い。 名前なんて後から覚えられますし、使っているうちにいつの間にか覚えてたりするもんです。 もちろん、覚えられるんだったら覚えた方が良いですよ。 でも、そこにエネルギーを使うくらいだったら、Excelを実際に「触る」時間を増やした方が良い。 そう考えています。 なのですが。 「行」と「列」については、コイツらよく混同するんですよ。 なので、とりあえずここで一度解説しときますので、とりあえずご一読くだされば、と。 みなさんも、「何か書いてあったなー」くらいの記憶の残り方で大丈夫です。 忘れても良いんですよ。 また見にくれば。 さてはて。 行は1行目、2行目、3行目…、と数えます。 画像ですと、5行目が悪新聞 阿礼さんの「行」で、悪新聞 阿礼さんはふりがなが「あくしんぶん あれい」、年齢は27、性別は男…って具合になります。 同様に、9行目は木戸 修さんの行になります。 それに対して、タテ方向に伸びてるのが「列」です。 列を数えるにはアルファベットを使い、A列、B列、C列…、となります。 画像では、E列が「性別」の列になります。 「性別」列には、「男」か「女」の値しか入っていません。 同様に、「B列」って言ったときは、「氏名」の列のことを指します。 う~ん、わかったかな? ちょっと混乱しそうだね。

次の

【エルネ】クロスワード

ヨコエク

僕は「Excelれんしゅう」としました。 ちなみに、「フォルダ」って、仕事で使う資料を入れるフォルダ、アレを思い起こしてください。 紙を入れる「フォルダ」って、資料を整理するためにありますよね? それと同じで、PCにおける「フォルダ」も、データファイルを整理するのに使います。 あと、「フォルダー」と伸ばすか、伸ばさないで「フォルダ」と呼ぶかは、趣味の問題です(笑)。 話はちがうんだけど、ソクラテスって「ソークラテース」って伸ばすのが正式な発音らしいんだけど、慣用的に長音を伸ばさなかったり。 フォルダを作ったら、ダブルクリックして開いてください。 さて次に。 「悪新聞 阿礼」さんと、「蘭亭座 平次」さん、「羅利図美 素子」さんが増えてますね。 …なんか珍しい名前だなーと思ってらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、まあそれは置いといて。 なので、行を増やしましょうか。 ちょっとやってみましょう。 まず、「悪新聞 阿礼」さんは、「三丸 千乃」さんと「虎飛行機 真」さんのあいだにいますね。 Excelの一番左、5行目の「5」のところにマウスを合わせると右向き矢印のかたちになりますから、その状態で選択すれば行全体選択になりますよ。 混乱しがちな「行」と「列」について解説します。 わたしは、Excelの機能の名称とかリボンの配置とか、あまり一生懸命覚える必要はないと思っています。 それぐらいだったら、Excelに実際に触れて、体験して、経験値を増やす方が良い。 名前なんて後から覚えられますし、使っているうちにいつの間にか覚えてたりするもんです。 もちろん、覚えられるんだったら覚えた方が良いですよ。 でも、そこにエネルギーを使うくらいだったら、Excelを実際に「触る」時間を増やした方が良い。 そう考えています。 なのですが。 「行」と「列」については、コイツらよく混同するんですよ。 なので、とりあえずここで一度解説しときますので、とりあえずご一読くだされば、と。 みなさんも、「何か書いてあったなー」くらいの記憶の残り方で大丈夫です。 忘れても良いんですよ。 また見にくれば。 さてはて。 行は1行目、2行目、3行目…、と数えます。 画像ですと、5行目が悪新聞 阿礼さんの「行」で、悪新聞 阿礼さんはふりがなが「あくしんぶん あれい」、年齢は27、性別は男…って具合になります。 同様に、9行目は木戸 修さんの行になります。 それに対して、タテ方向に伸びてるのが「列」です。 列を数えるにはアルファベットを使い、A列、B列、C列…、となります。 画像では、E列が「性別」の列になります。 「性別」列には、「男」か「女」の値しか入っていません。 同様に、「B列」って言ったときは、「氏名」の列のことを指します。 う~ん、わかったかな? ちょっと混乱しそうだね。

次の

藤井雅彦責任編集「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」

ヨコエク

胸部は7節に分かれ、腹部は3節、尾部は種によるが基本は3節存在する 名称に「」とあるが (エビ目)ではない。 体長は種により異なり、数mmから十数cmに及ぶが、多くは数mm程度しかなく、1cmを超える種は限られている。 ヨコエビ科( )など代表的な種において、体は左右に平たく、横から見ると半円形に似ている。 エビ(十脚目)とヨコエビとの主な相違点として、以下の形態的特徴が挙げられる。 エビ類はとをもつが、いずれもヨコエビ類にはない• エビ類のは全体が鞭状に伸長し、脚(歩脚)も全体が細長い• エビ類のは高度に発達し羽毛状の構造をもつが、ヨコエビ類のそれは基本的に単純な袋状である• エビ類では尾節の前半5節が遊泳脚をもった腹節となるが、ヨコエビ類は前半3節が腹節となる• エビ類は腹部に卵を抱える構造をもつが、ヨコエビ類は胸部に抱卵する 咬脚は多様な形態を示し、雄間闘争や採餌に用いられる 2対のを具え、 第1触角には3節, 第2触角には5節の 柄部があり、そこから数節~数十節に及ぶ 主鞭が生じる。 種により第1触角主鞭の根元に 副鞭と呼ばれる短い鞭部を生じる。 主鞭に ヘラ状感覚毛(aesthetasc)や カルセオラス(calceolous),あるいはcallynophoreという器官をもつものが知られるが、種類によりこれを欠く。 は頭部の外骨格に埋没している。 基本的に複眼は1対だが、中央部で癒合するもの(クチバシソコエビ科)、2対具えるもの(スガメソコエビ科)、個眼が分散傾向を示すもの(ナギサヨコエビ科の一部)、全く退化するもの(マミズヨコエビ科など暗居性種)が知られる。 第1,2胸脚(歩脚)は特に 咬脚と呼ばれており、種によって様々な形状を見せる。 左右非対称に発達するもの(メリタヨコエビ科の一部)や、全く消失するもの(マルハサミヨコエビ科の一部)も知られる。 咬脚は多くが何かをつかむ機能を持っており、雄間闘争や捕食などに用いているとされる。 ヨコエビ類の エラは各胸脚の底節板に生じるが、エラをもつ胸脚は種類により異なる。 基本的に単純な袋型をしているが、種により表面に虫垂様の突起を生じる。 また、胸節下側の中央部分に胸節鰓をもつグループも知られる。 メスが卵を抱える器官である覆卵葉も、底節板から生じる。 腹節には遊泳を行う 腹肢を具える。 腹肢には2つの副肢があり、羽毛状の剛毛を密生する。 尾節には、2つの副肢を具えた 尾肢を1対ずつ具えるが、種により副肢は片方または両方が消失する。 は第3尾肢の付け根付近に位置し、その上には 尾節板と呼ばれる器官がある。 尾節板にはしばしば種の特徴が表れ、形態分類を行う上で重要である。 生態の多様性 [ ] 生活様式 [ ] ヨコエビ類の多くは水生のだが、なかには遊泳するもの、さらには陸生のものもいる。 陸上生活をするハマトビムシ科の種は跳躍力に優れ、それぞれの和名も 「~トビムシ」と名付けられている((粘管目)の動物も「トビムシ」と呼ばれるが、同じ節足動物門ではあるもののレベルで異なる別物である)。 ハマトビムシ科のジャンプは脚ではなく、腹部を下に曲げてバネとする。 高さは体の数十倍から100倍に達し、捕食者の眼をくらませるのに役立つ。 底質内に潜り込む習性をもつものや近底遊泳性の種には、 「ソコエビ」との和名がつけられている。 深海産は大型化する傾向があり、中には20数cmにも達する大型種もいる。 で撮影された高密度に生息する淡水性ヨコエビ類 石の下などの隙間に棲むものは体を横に倒して生活することが多く、和名が「ヨコエビ」とつけられている。 石をひっくり返すと腹部を激しく振って泳ぎだすが、深い水中ではふつうに体を立てて泳ぎ、再び石などの下に入り込む。 これらの種は第5~7胸脚を三脚のように展開して平面上を歩き回ることができ、岩やの表面も横向きのまま移動することがある。 被食 [ ] 鳥類 [ ]• にとって、の底質中に生息するヨコエビ類が重要な餌資源となっている。 例えば、の主な餌としてドロクダムシ科の一種 が挙げられる。 鯨類 [ ]• 海底に潜むスガメソコエビ科がの主要な餌となっている。 魚類 [ ]• 海水域および淡水域において、ヨコエビ類に高い選好性をもつ魚類が知られている。 例えば、幼魚においてヨコエビ類(アゴナガヨコエビ科)に対して正の選択性が確認されている。 の餌としてが圧倒的な割合を占めている。 軟体動物 [ ]• 深海生物のは小型甲殻類や多毛類を餌としているが、飼育餌料としてヨコエビ類が特に優れているとされる。 紐形動物 [ ]• より知られるの が、ヨコエビ類(オカトビムシ類)やワラジムシ類などを捕食し、深刻な被害を与えていることが明らかになった。 これら陸棲甲殻類は、海洋島たる小笠原諸島においてその成立過程で定着しえなかったに代わって形成を担っていたため、外来ヒモムシが侵入した地域では植物由来遺物の分解が阻害されることによる物質循環の破綻が危惧されている。 その他 [ ]• に捕食されていることが明らかになっている。 に生息するヒトデの一種 は、体の下側に入り込んだヨコエビを四方から腕を伸ばして口の周りまで追い詰めて捕食することが知られている。 では上部に生息するヨコエビ類が の餌となっているとの報告がある。 に捕食されるハマトビムシ類 寄生 [ ]• の一種 Zeder, 1800 は、淡水性の , (いずれもヨコエビ科)を操作して水面近くまで遊泳させ、次の宿主に発見されやすくする。 鉤頭動物の寄生は海産ヨコエビにおいてもよく知られている。 の仲間 には、ヨコエビ類に寄生するものが報告されている。 の一種 は、 (マミズヨコエビ科)に寄生する。 の一種 は、と近縁の深海性ヨコエビ に寄生する。 の仲間 , が、 (ヨコエビ科)に寄生する。 の寄生は陸生ヨコエビにおいても報告されている。 には、大型ヨコエビ類の覆卵葉内に寄生するヨコエビ類が知られている。 行動様式および生理的特性 [ ] ハマトビムシ科の一種 が覆卵葉内に卵を抱いている様子 繁殖 [ ] ヨコエビ類はメスの産卵直後にを行い、および直後のはメスの覆卵葉内で一定期間保護される。 トンガリドロクダムシにおいてと思われる雌雄のを具えたが発見されることがある ものの、普通はである。 他の小型と同様、メスは直後のが柔らかいうちにしか産卵しないため、オスがメスを獲得する戦略は多様に発達している。 典型的な様式は以下の通りである。 探索 [ ] 主にを用い、によって適期のメスを察知する。 交尾前ガード [ ] に特有の方法によってメスを捕捉することで、可能なわずかな時間を逃さないようにする。 ハマトビムシ上科,ヨコエビ上科,ハッジヨコエビ上科のように同じ向きで背面から抱え込むスタイルが一般的だが、マミズヨコエビ科やヨロイヨコエビ科は背面から交差するように捕捉する。 ハレム形成 [ ] によりオスが複数のメスを獲得し、支配下に置く。 カマキリヨコエビ科では巣穴が密集した上で闘争が行われる。 砂粒や貝殻片でできた筒に入って移動する習性のあるヤドカリモドキ類においては、オスが自分の巣にメスの巣を合体させ、オスが複数のメスを持ち歩くようなかたちで独占する(ポータブル・ハレム)という、珍しいが知られている。 摂餌 [ ] ヨコエビ類の食性は植食,肉食,懸濁物食など多様である。 ただし、特化した食性をもつグループは限定的であり、大部分のヨコエビ類は、水中に浸漬した動植物組織や有機砕屑物であれば何でも食べるいわば「掃除屋」の役割を果たしていると考えられている。 以下に代表的な摂餌様式を示す。 植食者 [ ]• ヒゲナガヨコエビ科やハマトビムシ上科などは、を齧り取って食べるか、表面の微小藻類を食べる。 ヨコエビ類は沈木に生息する生物群集に含まれることもある 腐肉食者 [ ]• に生息するアカントガンマルス科のヨコエビ類は湖底を徘徊しての死骸を漁ると考えられている。 フトヒゲソコエビ上科は普段は底質中に潜んでおり、餌となる動物の死骸などが沈んでいると水中を遊泳して群がる。 人のも、しばしばヨコエビによって損壊される。 懸濁物食者 [ ] 潜砂性ヨコエビの一部と造管性ヨコエビのほとんどが有機懸濁物を食べていると考えられる。 ヨコエビ類は、底質の表面に堆積したり水の流れに乗って漂っている懸濁物を、や咬脚を用いて集める。 また、腹肢を使って水流を起こし、棲管内部や底節板の隙間を通過させることによって、効率よくを捕集しているとされている。 この行動は摂餌のみならず、自身のやに新鮮な水を供給することにも役立っていると考えられている。 共生および寄生 [ ]• ,,,などの体表において、タテソコエビ科,テングヨコエビ科,ドロノミ科,ホテイヨコエビ科,ハッジヨコエビ上科などが発見されることが多い。 また、内部への棲み込みも報告されており、に対してホヤノカンノン属(エンマヨコエビ科)やマルハサミヨコエビ科が棲み込みを行うことが知られている。 (モクズヨコエビ科)や (ドロノミ科)は、の体表から得られており、生活の場としていることが知られている。 ドロノミ科のジンベエドロノミ は、の口腔内()に付着するという極めて特異的な習性をもつ。 剛毛を密生した触角を使って懸濁物を捕集して摂食するタイプのヨコエビであり、魚の口の中という外敵のいない環境を巧みに利用している。 フトヒゲソコエビ上科サカテヨコエビ科のサカテヨコエビ属 は、深海魚に体表寄生することが知られている。 二ホンオカトビムシ はの送粉者となっていると考えられていたが 、後の研究ではキノコバエ類が主にその役を担っているとの見解が示されている。 ドイツで撮影されたドロクダムシ科の一種。 ドロクダムシ科は泥の中に巣を掘って生活するものが多い。 アンフィポッド・シルク [ ] ヒゲナガヨコエビ科は、主に保育のためをつづりあわせて巣を作る。 ドロクダムシ科やカマキリヨコエビ科は、やの管を作り、その中に棲む。 ホソツツムシ属 や は、緻密に作られた筒状の巣に入ったまま水中を泳いで移動する。 ヤドカリモドキ類はの殻に小石や貝殻片をつなげてその中に棲み、巣をひきずるように移動する。 シャクトリドロノミ科 や Dulichiaは状の構造物を形成し、子供を止まらせてしばらく同居する。 これらを作成するために用いられる分泌物は第3,4胸脚にある分泌腺でつくられ、指節先端からセメント状ないし糸状になって排出されるため、アンフィポッド・シルクと呼ばれている。 発光 [ ] (ハマトビムシ科)でが報告されている。 ただし、独自の発光器官は持たず、等と同様にに由来すると推測されている。 なお、ではの記した『千虫譜』において、ヨコエビの一種と思われる生物が発光するとの記述が見られる。 おもな種類 [ ] で展示されているカイコウオオソコエビ(の水深10900mで採集) 世界でもっとも深い場所から見つかった動物の1つで、水深6000メートル以深の超深海底にのみ生息する。 ( )( )。 体長は1cmほどで、体色は青灰色や赤灰色をしている。 の満潮線付近に多数生息し、ふだんは砂の中や石の下にもぐっている。 流れ着いたや動物の死骸などを餌としており、それらを持ち上げるとたくさんの個体がピョンピョンと飛び跳ねる。 他のヨコエビ類と比較してかなり発達が弱いものの遊泳脚(腹肢)をもち、水中を泳ぐこともできる。 従来ヒメハマトビムシと呼ばれてきた種には複数の種が内包されていた可能性が高いものの、識別するためには非常に微細な形質を検討する必要がある。 オカトビムシ ( )( )。 体長7-8mm。 沼地や休耕田の周辺などに生息する陸生のヨコエビ。 ニッポンヨコエビ ( )( )。 体長は1 cmほどで、体色は黄褐色をしている。 水のきれいな川の、落ち葉や石の下に生息する。 キラーシュリンプ ( )・ 属。 ・原産のヨコエビの仲間。 アカントガンマルス ビクトリィ 科。 に固有のヨコエビで、淡水性ヨコエビの中では桁違いに大きく、背面に長く鋭いトゲをもっている。 ではから譲り受けた個体を生体展示しており、世界で初めて幼体の養育に成功したことで話題となった。 キョウトメクラヨコエビ メクラヨコエビ属( )。 ,などのやなどで発見されている。 体長は数mmほどで、体は半透明の白色をしていて、名のとおり目がしている。 メクラヨコエビ属は四国や北海道などに複数種が生息しているほか、ユーラシア極東部にも分布する。 マミズヨコエビ属( )。 1989年にで確認されて以降、日本各地で発見が相次いでいる外来種。 日本在来の淡水ヨコエビとは異なり、比較的水質の悪い場所でも生息できる。 分類 [ ] 分類体系は、Lowry and Myers 2013, 2017, 2019, 2020 , Ariyama and Hoshino 2020 に基づく。 和名は、Ishimaru 1994 ,平山 1995 ,JODC に拠った。 に生息する淡水ヨコエビ は、試験用生物として日本国内外において幅広く用いられている。 その他の種についても、やへの応答について研究が行われている。 産業への影響 [ ]• 製作の『不可解な事実 ~黒部川ダム排砂問題~』では、2008年ににおいて網にかかったをヨコエビが食い荒らしているというが紹介され、からのに含まれるによるのが原因の一端とされるがなされた。 腐肉食性のヨコエビは魚の死骸をいちはやく分解する特性をもつ故に、えびかご漁業において生餌として仕掛けられているやを完食し、やの漁獲効率を低下させるとされている。 に生息する淡水ヨコエビは、しばしばを食害することが指摘されている。 2009年にはで被害があり、 によるものと考えられている。 また、では による食害が指摘されているほか、でもヨコエビによる食害が報告されている。 外来種である もワサビに対する嗜好性が実験的に確かめられており 、警戒の対象となっている。 人体への被害 [ ]• 1965年、の沖にて、大きく損傷を受けた小型木造漁船が漂流しているのが発見され、衝突事故によるものと思われた。 しかし、船内に人影はなく、直ちに周辺海域で乗員の捜索が行われた。 翌日、近くの水深十数mから1体の遺体が発見されたが、着衣から露出した顔面や頸部を中心に激しく損傷しており、部分的に白骨化がみられるなど、死後かなりの日数が経過している様子であった。 を行ったところ、着衣の下には新鮮な組織が残存しており、行方不明となっていた乗員であると確認された。 遺体の各所にはナイカイツノフトソコエビ (フトヒゲソコエビ類)やなどが付着・侵入していた。 内部に多種のが見出されたことから死因は溺死であり、骨折痕がないことからでの創傷はなく、生物による摂食が行われて遺体が損壊したものと結論付けられた。 また、後日加害船の航海日誌などから事故の詳細が調査され、これら小型生物が遺体頭部の白骨化に要した時間は、十数時間と見積もられた。 その他、類似した事例として、タダノツノアゲソコエビ ,ヒメアナンデールヨコエビ ,トンガリキタヨコエビ が関与したケースも報告されているが、白骨化には至っていない。 ヨコエビやその他小型甲殻類による食害の初期には、粟粒大~小豆大の円形の食痕を生じ、それが進行するとあたかも切り取られたかのように部位の欠損がみられるようになるという。 2017年、の砂浜で冷たい海水に30分浸かっていた少年が、気づかない間に足首に無数の細かな傷を負い出血が止まらなくなるという事態に見舞われた。 医療機関では原因を突き止めることができなかったため、後日父親は現場で生肉を使用して容疑者となる生物を捕獲した。 捕獲された生物は、専門家が フトヒゲソコエビ類と同定した。 このグループは腐肉食性を示すため、集団で餌を食べていた近くに長時間留まっていたことなどが被害の一因とも推測されているが、極めて珍しいケースと考えられている。 なお、一部報道にて ウミノミという名称が用いられているが、これはヨコエビ類ではなくを指す語であり、誤用である。 デザイン [ ]• ジャン・リュルサ の「世界の歌 Le chant du Monde」に、ハマトビムシ科と思われるヨコエビ類が描かれている。 [ ]• とによる絵本シリーズで、における2作目にあたる『バーバパパたびにでる』の中に、ヨコエビ類のが登場する。 [ ] 付属肢など各部の特徴は正確に描写されており、そこに書き込まれた物体の形状や配置は、によるの様子を解説した図 に酷似している。 [ ]• ,,,,などでヨコエビ類があしらわれた切手が発行されている。 その他 [ ] 咬脚がブーツのような形状をしている のオス• 非常に長いをもつ動物として、が命名した Dybowski, 1926や Dybowski, 1926が挙げられることもあるが、これらの学名は現在無効名とされている。 のであったJames Thomasは、マルハサミヨコエビ属のがもつ咬脚の特徴を、のでエルトンが履いていたに見立て、 Thomas, 2015と命名した。 2012年に放送されたドラマでは、海で発見された遺体の胃の中からの成分が検出され、ヨコエビと一致したという描写がある。 劇中では「スイーパー」というキーワードから、海の掃除屋と呼ばれていることが明かされ、"漁港で大量発生しているヨコエビ"の生体も登場する。 ドラマ内では、ヨコエビが死肉の分解に携わったことで段階での死亡推定時刻が1日程度長く見積もられたとされている。 しかし実際は、ヨコエビの蚕食によって数日で白骨化が進み、死後数か月以上経過したような状態となることで死亡時期の判定が難しくなる、といった類のものである。 脚注 [ ] []• NHKスペシャル ディープ オーシャン超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦 2017年8月27日(日)午後9時00分~9時49分放送• 「」知床財団・知床博物館 平成26年(2014年)8月• を参照• 2019年10月28日閲覧。 2016年1月10日閲覧。 2015年11月28日閲覧• 2017年3月31日閲覧• 2017年3月31日閲覧• 2018年8月19日閲覧。 2017年8月11日アーカイブ• フトヒゲソコエビ類は、伝統的にフトヒゲソコエビ科とされていた一群で、現在はいくつもの科に分けられている。 から発見されたナイカイツノフトソコエビ やタダノツノアゲソコエビ 、そして刺し網漁業のヒラメを食い散らかしたとされる も、同じフトヒゲソコエビ類に含まれる。 を参照• (全体画像)。 (該当部分の拡大)。 Dybowski 1926 Bull. internat. Acad. Cracovie, B 1926:61. , Opinions Rendered by the International Commission on Zoological Nomenclature: Opinions 105 to 114, Smithsonian Miscellaneous Collections, 73, 1929 , pp. 1—3 ,• SCI NEWS 2017年3月31日閲覧• 『日曜劇場 ATARU』 CASE3 身勝手な男心vs奇妙な女心. 2012年4月29日放送. 参考文献 [ ]• 有山啓之 『Cancer』 25巻、121—126頁、2016年。 Ariyama, H. ; Hoshino, O. 2020 , , Journal of Natural History 53 39-40 : 2467—2477 ,• 朝倉彰 「甲殻類とは」、朝倉彰編 『甲殻類学』 、2003年、27—28頁。 Baeta, A. ; Cabral, H; Marques, J. ; Pardal, M. Beermann, J. ; Dick, J. ; Thiel, M. 2015 , , in L. Aquiloni; E. Tricarico, Social Recognition in Invertebrates ,• Bellan-Santini, D. Klein, Treatise on Zoology - Anatomy, Taxonomy, Biology. The Crustacea, Volume 5, , pp. 93-248• Bousfield, E. ; Klawe, W. Bousfield, E. ; Shih, C. 1994 , , Amphipacifica 1 3 : 76—134 ,• Chapman, John 2007 , , in J. Carlton, The Light and Smith Manual Intertidal Invertibrates from Central California to Oregon. 4th edition, Universary California Press, pp. 545—618 ,• Freire, P. ; Serejo, C. 2004 , The genus Trischizostoma Crustacea: Amphipoda: Trischizostomidae from the Southwest Atlantic, collected by the REVIZEE Program, 645, p. 1—15• 藤岡康弘 『SALMON情報』 10巻、49—52頁、2016年。。 古屋, 洋一; 今津, 佳子; 久米, 一成; 金子, 亜由美 2011 , , 静岡県環境衛生科学研究所報告 54: 13—19 ,• Goss-Custard, J. 1977 , , Journal of Animal Ecology 46: 21—35, : ,• Grace, R. 1974 , , Tane 20: 162-165 ,• Grunberg, R. ; Sukhdeo, M. 2017 , , Journal of Parasitology 103 1 : 6—13 ,• Hart, C. 2013 , , Notulae Naturae 442: 1—11 ,• 172—193,• 飯田, 憲一 2011 , ,• Ishimaru, S. Johanna, G. ; Galbreath, S. ; Smith, J. ; Terry, R. ; Becne, J. ; Dunn, A. 2004 , , International Journal for Parasitology 34: 235—244 ,• Revision of the genus Pachyschesis Bazik. 1945 from Baikal Lake Fam. 片山知史; 一色竜也; 張成年; 渡部諭史 「相模湾におけるヒラメ種苗の摂食生態および摂食日周期性」 『神水セ研報』 2巻、37—41頁、2007年。 Kato, M. Leduc, D. ; Wilson, J. Lowry, James; Myers, Allan 2013 , , Zootaxa 3610 1 : 1—80, :, ,• Lowry, James; Myers, Allan 2017 , , Zootaxa 4265 1 : 1—89, : ,• Lowry, James; Myers, Allan 2019 , , Zootaxa 4553 1 : 1—100 ,• Lowry, James; Myers, Allan 2020 , , Zootaxa 4778 2 : 281—310 ,• ; Bollache, L. ; Beisel, J. 2006 , , International Journal for Parasitology 36 13 : 1351—1358 ,• 大塚攻; 駒井智幸 「端脚目 Order Amphipoda 」、編集編 『節足動物の多様性と系統』、岩槻邦男・馬渡峻輔監修 〈バイオディバーシティ・シリーズ6〉、2008年、257—258頁。 櫻井泉 PDF 『北水試だより』 65巻、19—26頁、2004年。。 Shinobe, S. ; Uchida, S. ; Mori, H. ; Okochi, I. ; Chiba, S. 2017 , , Scientific Reports 7 ,• Suetsugu, Kenji; Sueyoshi, M. Tison, Annette; Taylor, Talus 1971 French , Le voyage de Barbapapa, Paris: Les Livres di Dragon d'Or,• Tomikawa, K. ; Yanagisawa, M. ; Higashiji, T. ; Yano, N. ; Vader, W. 2019 , , Species Diversity 24: 209—216, : ,• 土田真二 「カイコウオオソコエビ」、藤倉克則・奥谷喬司・丸山正編著編 『潜水調査船が観た深海生物』 東海大学出版会、2008年、253頁。

次の