業界研究 精密機器業界。 精密機器業界エキスパートエグゼクティブサーチ|サーチファーム・ジャパン株式会社|人材採用・ヘッドハンティング・スカウト

「精密機器業界 他社牽制力ランキング2019」 3位リコー、2位セイコーエプソン、1位は…

業界研究 精密機器業界

こんにちは、ワンキャリ編集部です。 ワンキャリ編集部が総力を挙げて紹介する】。 今回は、精密機器メーカーの中でも、学生の人気を誇るデンソー、キヤノン、富士フイルム、キーエンスの4社について、各社の特徴を比較しながらお伝えします。 ジャンルによって大きく状況が異なります。 まずはデンソーが属する自動車部品メーカー。 世界的な自動車生産は米国や中国を中心に堅調ですが、電動化や先進運転システムの普及に伴って、新技術の研究開発費の増加は避けられません。 開発効率と収益性の向上がカギとなるため、新製品を適切な時期に投入するなど、各社ともに市場の先読みが一層重要になるでしょう。 次に、キヤノンと富士フイルムが属するデジタルカメラや複写機・プリンター業界。 カメラについては、スマートフォンが普及して以降、コンパクト、レンズ交換式(一眼レフ・ミラーレス)ともに前年割れが続く情勢で、需要回復のめどが立たない厳しい状況です。 各社、文書データをクラウド上で管理したり、セキュリティ対策を強化したりするなど、ITによるサービス拡充で乗り切ろうとしていますが、いまだ十分な成果には結びついていない様子です。 市場の縮小に伴い、富士フイルムは主力事業をヘルスケア領域に転換しました。 そしてキーエンスが属する電子部品業界。 この業界は、5Gの本格化を控え、通信機器をはじめ、自動車や工場自動化での電子部品需要の拡大が見込まれます。 その中でも、特に期待されているのが、自動車の電装化や工場自動化の流れです。 特にセンサーなどの計測・制御機器を出しているオムロンやキーエンスの成長余地が大きいといわれています。 しかし、懸念材料としては米中貿易摩擦の激化が挙げられます。 このように、精密機器業界の中でも、時代の流れで厳しい状態に追い込まれている商材も少なくありません。 今後、加速する時代の変化に合わせてどう動くかは、各社にとって重要なポイントでしょう。 以下のグラフは各社の業績です。 それでは、各社の特徴を見ていきましょう。 世界2位の売上規模を誇るグローバルカンパニー デンソーは、自動車部品の研究・開発・生産を行う自動車部品メーカーです。 売上高は9年連続で増え、自動車部品メーカーの中では世界No. デンソーは、6つのコア事業を中心に、自動車分野で培ってきた技術を駆使し、農業などの新事業分野にも力を入れています。 開発の負担が増える中、新会社への投資の集約で効率化を狙っているようです。 このように、変革期を迎える自動車業界においてデンソーは、研究開発費の増加や関連の新会社設立など、積極的に変化に対応していることが分かります。 「カメラだけじゃない」多角化を進める キヤノンは「世界一のカメラメーカー」を目指して創業し、「光学技術」という独自技術を核に多角化を進めてきました。 現在、大きく分けて4つの分野「オフィス」「イメージングシステム」「メディカルシステム」「産業機器その他」で事業を展開し、業績を拡大しています。 それぞれの売上構成は以下の通りです。 このように、キヤノンはカメラだけでなく、あらゆる事業の強化に努めていると言えるでしょう。 また、富士フイルムはここ数年でヘルスケア分野で設備投資を強化しています。 2019年7月には、細胞培養に必要な培地の生産能力を増強するために、FUJIFILM Manufacturing Europe B. 国内外で承認される遺伝子治療薬も増えていることから、臨床試験の需要を取り込む狙いです。 このように、富士フイルムは積極的に投資など行い、事業の拡大を図っています。 それぞれ具体例を紹介します。 今後もこの動きは加速していくでしょう。 キーエンスの強みは、最初の業界比較のグラフでも分かるように、 圧倒的な営業利益率の高さです。 多くのメーカーは自社工場を持っていますが、キーエンスは一貫生産にこだわらず、 自社工場を持たずに、製造は国内と海外の協力会社に外部委託しています。 そして、キーエンスは生産体制だけでなく、技術・開発力にも強みを持っています。 それも、すぐに販売するのではなく、テスト機など用意し、顧客から評価やニーズを生かしてから開発・販売します。 世界初・業界初の商品を「世界標準」「業界標準」にすることで、幅広く商品が利用されています。 海外での売上高が全体の 半分以上を占めています。 通常の企業は、代理店や販社を経由して商品をユーザーに届けます。 そのため、メーカーと顧客の距離が遠くなり、顧客の課題やニーズをくみ取りにくいという欠点がありました。 しかし、キーエンスは、全世界に拠点を置き、代理店を介さない直販体制をとっています。 実際に営業担当者が顧客と顔を合わせ、業界の市場やトレンド、需要を予測することで、生産現場に求められているものを把握します。 その結果、部品待ちによってラインが数時間停止し、生産現場で大きな損出が発生する事態を防げます。 この直販体制も、キーエンスならではの強みだと言えます。 企業名 平均給与 平均年齢 平均勤続年数 デンソー 817万円 43. 3歳 22. 3年 キヤノン 779万円 43. 8歳 19. 2年 富士フイルム 997万円 42. 7歳 17. 8年 キーエンス 2111万円 35. 8歳 12. キーエンスには基本給を基準にした賞与とは別に、連結営業利益の一定割合を社員に支給する制度(業績賞与)があります。 また、時代の流れによって主力事業の転換や変化を求められている企業が多く、企業によっては、今までより挑戦できるフィールドが整っている可能性は十分にあるでしょう。 この記事を読んで、受けてみようかなと思っていただければうれしいです。 詳しい選考ステップや合格の秘訣は、下記の「選考対策ページ」を参考にしてください。 ONE CAREERへの新規会員登録/ログインが必要です。 各企業の選考のクチコミはこちらをご覧ください。 ONE CAREERへの新規会員登録/ログインが必要です。 com).

次の

【業界研究:精密機器メーカー】デンソー、キヤノン、富士フイルム、キーエンス:「安定」とはもう言えない!?時代に合わせて変化が求められる精密機器メーカーの傾向と仕事内容|就活サイト【ONE CAREER】

業界研究 精密機器業界

カメラや電子機器、医療機器や通信機といった精密機器を製造している精密メーカー。 日本の優れた研究開発、高い技術力によって作られている精密機器は世界にも注目されている製品です。 そこで今回は、精密機器業界について詳しく解説していきます。 就職を希望している就活生は、ぜひ参考にしてください。 精密機器業界の動向とは? 精密機器業界とは、医療機器・光学機器・計測機器などの精密機器を製造している業界のことです。 そして、このような電気・ソフトウェア制御によって動作に高度な精密さを要求されるさまざまな機器を製造しているのが、精密機器メーカーです。 精密機器メーカーの業態は大きく分けて、メーカーから一般消費者への販売(B to C)と各研究機関・企業などへの販売(B to B)の2種類あります。 B to CとB to Bのどちらにも関連する製品を製造している企業も多く存在しています。 主な企業としては、B to Cではニコンやシチズンなど、B to Bでは島津製作所などがあります。 近年、カメラや時計などを主軸としていたメーカーは、景気の低迷やスマートフォンの普及とカメラ機能の向上などが大きく影響し、業績が下降気味でした。 対して計測・医療機器メーカーは、高齢化の進行や医療技術の発展・ニーズの増加などを背景に業績を伸ばしています。 実際、日本の医療機器市場の規模は2016年には約2. 9兆円にのぼり、過去最大の市場規模となっています。 このため、今まで培った独自の技術を活かして医療・ヘルスケア分野に参入する精密機器メーカーが増加傾向にあります。 今後の課題 時代の流れや消費の低迷、国内の少子高齢化などの要因で業界の中でも分野によって明暗が分かれた感のある精密機器業界。 現在好調な医療機器分野においても、国内外の需要が増加する中、日本企業の国際競争力はまだまだ低い状況にあります。 製造業は今後、「モノを提供」することからモノを中心とした「サービス・機能を提供」する形態に変化していくことが予想されます。 独自の技術を活かすだけではなく、新たな分野へいかに参入し付加価値の高い商品パッケージを開発・製造するのか、そして国際競争力をつけていくのかが、今後の課題といえるでしょう。 成長戦略 既存の自社製品の延長ではない新機器開発には高いリスクが伴うため、大企業が自社内で迅速な開発を行うことが困難なケースが増えています。 そうした中、ベンチャー企業を買収するなど自社開発に頼らないイノベーションエコシステムが構築されつつあります。 精密機器業界の主な企業 株式会社ニコン 1917年の設立以降、カメラなどの光学機械器具の製造と販売に特化してきた精密機器メーカーです。 現在は一眼レフやデジタルカメラなどの映像機器の他に、映像機器の技術を活かして顕微鏡・医療機械・半導体・計測機器などの製造も行い、2017年度の連結売上高は約7,170億円となっています。 強みである光学技術を活かして、ソリューション提供型のビジネスを行う取り組みを始めており、企業理念である「信頼と創造」を軸に、さまざまな製品・サービス・ソリューションの提供をしています。 オリンパス株式会社 顕微鏡製造から始まったオリンパスは、1919年創業で1930年代にカメラ事業を起こしました。 カメラなどの映像機器が主流だったオリンパスですが、現在は独自の技術を活かして内視鏡などの医療機器の製造に乗り出し、好調な業績をあげています。 2017年度の売上高は約7,865億円、その70%以上が医療事業であり、約57%が欧米での売上となっています。 映像機器・医療機器など多様な精密機器製造に携われることからも就活生に人気の精密機器メーカーです。 株式会社島津製作所 1917年に設立された島津製作所は、医療機器・分析機器・計測機器・航空機器・産業機器の精密機器を製造しているメーカーです。 2017年度の連結売上高は3,765億円、海外売上比率が焼く49%となっています。 主な取引先は企業となるためB to Bに特化したメーカーでもあります。 B to B業態で医療機器や航空機器などの精密機器製造・販売に携わりたい就活生にはおすすめのメーカーとなっています。 変化を楽しみ、これまでにない価値創造の主役となれる人材を求めています。 精密機器業界で働く人の仕事内容 研究・開発 主な仕事内容は、新製品や既存の精密機器の研究・開発・改良を行うことです。 精密機器を開発するにあたっては、発想力に加えてハードウェアやソフトウェアなどの知識が必要となるでしょう。 また、システム設計を行うことも仕事となります。 生産管理 研究・開発部門で仕上がった製品を生産するにあたり、どのような製造工程を構築するのかを検討・設計したり、工程や製造量などを管理することが仕事となります。 サービスエンジニア サービスエンジニアの主な仕事内容は、製品のメンテナンス業務や点検などの保守をすることです。 時には顧客に対して、古くなった製品を新しいものに変える提案や、ニーズに合った製品・サービスを提示したりします。 先輩の声 家電製品や産業用機械などの様々な精密機器は私たちの生活に必要不可欠なので、人々の生活を支えるやりがいの大きい業界です。 同じ業界でも分野によってその後の企業の成長率が異なってくるので、業界研究は徹底的に行った方が良いと思います。 おわりに 高齢化や医療制度の充実などで、医療機器が好調な推移をみせている精密機器業界。 スマートフォン需要でデジタルカメラなどの映像機器は低迷が続いているものの、各精密機器メーカーは医療機器やヘルスケア機器など、好調な分野の精密機器製造に乗り出し業績を伸ばしています。 精密機器業界に就職を希望している就活生は、企業研究や精密機器業界の今後の動向に注目しておきましょう。

次の

精密機器業界とは?就職人気の高いメーカーと特徴

業界研究 精密機器業界

精密機器とは、高度な精密さを要求され、電子制御やソフトウェア制御によって精密に動作させることが求められる機器のことを指します。 もともと精密機器という言葉の定義が曖昧だったこともあって、何が精密機器であるかについての明確な分類は現代においても存在していません。 古くは時計・カメラ・オルゴールのことを精密機器と呼んだ時代もあったようです。 ただし、通商産業省の「機械統計年報」によると、計測機器、光学機械器具(カメラ)、時計の製造業をまとめて精密機器業界と総称しているようです。 業態 ビジネスモデル によって大きく2つに分かれます。 カメラ、時計など 一般の消費者が利用する商品を取り扱う 「B to C」と医療用機器、計測機器、検査機器など 企業や研究所が利用する商品を取り扱う 「B to B」です。 精密機器メーカーの主な業務• 精密機器とは• 精密機器とは、一般に、微細な部品で構成された機械装置のことをいいます。 古くは時計、カメラ、オルゴールなど、複雑精妙な機械装置全般を指していましたが、現代では電子機器などのハイテクな製品も、精密機器の一種として考えられています。 高度な精密さに加え、電子制御やソフトウェア制御によって動作させる機器を精密機器と呼ぶことが一般的とされています。 精密機器のおもな種類としては、以下のようなものが挙げられます。 半導体/医療機械、医療検査機器/精密測定機器/ロボット/サーバー/電気機器/大型工作機/福祉機器/分析機器/工学機器/電子機器/レーザー加工機/IT機器/印刷機器/理化学機器/メディカル治療器 これらの精密機器は、医療や福祉の現場、官庁、大学、オフィス、あるいは家庭など、さまざまな業界や場所で日常的に使われています。 精密機器メーカーの業態 カメラや時計などは一般の消費者も利用するBtoCのビジネス。 医療用機器や検査機器などは企業・研究所などで利用されるBtoBのビジネスとなります。 精密機器メーカーの業務 市場で求められている製品を企画し、技術を駆使して精密機器を製造し、顧客に対して販売することが、精密機器メーカーの大まかな仕事となります。 そこでは、技術を研究する人、設計を行う人、製造に必要な設備を整える人、実際に手を動かして製造を行っていく人、完成した製品の検査や品質を管理する人、自社製品をPRして顧客を増やすために営業活動をする人など、さまざまな役割を持つ社員が活躍しています。 技術の専門的な知識を持つエンジニアから、顧客との交渉を行うコミュニケーション能力に長けた営業まで、それぞれが協力・連携をして、顧客のニーズに応え、事業の成長に向けて働いています。 精密機器業界に特有の職種• 精密機器メーカーにおける職種を大きく分けると、「技術系」と「事務系」の2種類が挙げられます。 技術系職種• 術系の代表的な職種が、研究開発やエンジニアの仕事です。 具体的には、研究・開発、設計、生産・製造技術、品質管理、生産管理、技術サービスといった種類の職種があります。 独自のものづくりの原点となる技術開発の仕事や、製品の性能や仕様などを決めて形にしていくうえで必要となる設計の仕事、また生産工程や生産設備などの製造のしくみを考える仕事、製品の品質を守る仕事など、専門性を生かせる仕事がたくさんあります。 これらは、いずれも精密機器メーカーの「ものづくり」の根幹を担う重要な職種です。 工場や研究所など、本社以外の場所で働くことも多くなります。 事務系職種• 事務系の代表的な職種としては、まず自社製品を世の中に販売していく営業が挙げられます。 お客さまから製品に関するニーズを聞き出し、最適な提案を行っていきます。 規模の大きな企業ほど顧客の数も大きくなるため、営業として働く人は多くなります。 そのほか、新製品を企画する仕事、マーケティングをして世の中のニーズを捉える仕事、製造に必要な部品を調達する仕事などがあります。 さらに、会社を支え、全社的な業務に関わっていく仕事もあります。 たとえば人事・総務のような社員にとって働きやすいしくみや制度を整える仕事、社員の給与計算や会計業務を行う経理・財務・会計の仕事、企業運営を法的な側面からサポートする法務の仕事、また特許の出願や管理などを行う知的財産の仕事などが挙げられます。 これらの職種の人たちは、おもに本社あるいは各営業所などで活躍しています。 新卒採用もこの2つの区分で行われることが一般的ですが、ものづくりを行う企業というだけあって、技術系職種に携わる社員の数が大きくなることが特徴です。 精密機器メーカーの種類• 大手の精密機器メーカー• 大手の精密機器メーカーは日本に何社かありますが、各社の特徴として、いくつもの事業の柱を持ち、幅広い事業展開を行っていることが挙げられます。 大手精密機器メーカーは、デジタルカメラをはじめとする映像機器の製造・販売などBtoCの事業を手掛けているところが多く、一般の人からの知名度も高くなっています。 しかし、それらの多くはカメラだけではなく、半導体や医療・ヘルスケアなど多様な分野に事業展開を行っており、産業機器や航空機器、計測機器といったBtoCのビジネスも手掛けています。 また、日本国内だけではなく世界各国に販売網やサービスの拠点を持ち、グローバル規模で事業展開を行っていることも特徴のひとつといえるでしょう。 中小の精密機器メーカー• 全国展開している大手精密機器メーカー以外にも、各地域に本社を置く中小規模の精密機器メーカーがあります。 中小の精密機器メーカーでは、売上高や従業員数は大手に比べるとだいぶ小さくなってきますが、高い技術力や製品の独自性などを強みに堅調な経営を続け、確実に成長している企業は存在します。 中小の精密機器メーカーになると、大手のように多方面に事業展開をするよりも、特定の分野に集中した開発を行い、そこでシェアをとっているところが多いようです。 大手との競争もありますが、ニッチな領域で安定した顧客基盤をつくって生き残りをかけているような企業が目立つようです。 こうしたメーカーでは、医療機器、光学機器、計測器など各社で扱う精密機器のジャンルが異なり、またそのなかでも特定の製品に強みを持つようなところがあるため、企業ごとの特色がより出やすいといえるでしょう。 最先端の技術に触れながら、ものづくりを通じて社会に大きな影響を与えられる仕事に携われることは、精密機器メーカー社員としてのやりがいになるでしょう。 また、日本国外にも目を向けて、広い視野をもって働くことができるのは、この業界で働くことの魅力だといえるでしょう。 精密機器メーカーの仕事内容はさまざまで、研究や開発、生産技術、品質管理、購買、そして総務、人事、経理といった会社を支えていく事務系のスタッフまで、多岐にわたるポジションで活躍するチャンスが得られます。 精密機器業界に関連する資格• 精密機器メーカーでは、高度な技術を駆使して製品の開発・製造を行っていますが、社員として働くうえで、何か特別な資格が必要とされることはそう多くないようです。 しかし、研究開発や設計、品質管理といった技術系の職種に就く場合には、理系の知識が求められてくることがあります。 採用時点で機械系や電気・電子系などの学部・学科で学んでいることが条件になることもあります。 大手精密機器メーカーに就職した場合、一般には、業務で必要とされる知識やスキルは入社後の教育・研修で身につけていくことができるようです。 国家資格は、必ず必要な資格ではないですが、技能検定という国家検定制度があります。 技能検定制度の一種である機械検査技能士/光学機器製造技能士/電子機器組み立て技能士/機械プラント製図技能士 などの資格があります。 技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。 一言で、精密機械技術者と言っても様々な方面の職種があります。 機械設計者、エンジニア、CAD技術者などそれぞれ分野はバラバラですが精密機器技術者と言われる方が働いています。 それぞれの分野で、それぞれの高度な専門知識や専門技術が必要とされています。 企業名 売上高 億円 1 オリンパス 7,938 2 ニコン 7,086 3 テルモ 5,994 4 HOYA 5,658 5 ニプロ 4,263 6 島津製作所 3,912 7 シチズン時計 3,216 8 セイコーHD 2,472 9 日機装 1,653 10 トプコン 1,486 11 東京精密 1,015 12 メニコン 808 13 ブイ・テクノロジー 721 14 ノーリツ鋼機 639 15 タムロン 618 16 ジェイ・エム・エス 580 17 朝日インテック 572 18 長野計器 520 19 エー・アンド・デイ 483 20 愛知時計電機 467 21 東京計器 466 22 ナカニシ 365 23 リズム時計工業 310 24 理研計器 306 25 シード 294 26 ジェコー 274 27 松風 249 28 ジーエルサイエンス 248 29 川澄化学工業 241 30 平山HD 208 31 マニー 201 32 テクノホライゾン・HD 196 33 メディキット 185 34 SEMITEC 152 35 ツバキ・ナカシマ 137 36 オーバル 117 37 IMV 110 38 クリエートメディック 107 39 国際計測器 105 40 シグマ光機 90 41 大研医器 84 42 インターアクション 79 43 日本精密 74 44 岡本硝子 60 45 東京衡機 53 46 助川電気工業 46 47 プレシジョン・システム・S 43 48 シンシア 41 49 ホロン 29 50 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 23.

次の