レゴ クラシック 10696 レシピ。 レゴクラシック10698レシピと作り方。公式&自作オリジナルまとめ!

【楽天市場】レゴ クラシック 黄色のアイデアボックス プラス 10696(1セット)

レゴ クラシック 10696 レシピ

飛行機、ロープウェイ、ショベルカー、戦車、タンクローリー、消防車など!レゴクラシック 10696もしくは10698だけを使った当ブログオリジナルの説明書をまとめたいと思います。 レゴクラシック10696を購入して公式の作り方では物足りなくなった方は是非! だれでも簡単にシンプルに制作出来る説明書となっていますので是非作ってみてください。 小さなお子様でもみながら作れる写真を多用した図解解説です。 子供向けレシピも多数。 LEGO クラッシック10696とは 日本で1番売れているレゴクラシックは10698ですが、 実は現在世界で1番売れているクラシックはこの10696なのです。 入っているブロックは 3 5 色 !タイヤや窓、ドア、回転台、アームやベースなどがパッケージされていて何でも工夫次第で自由に物を作れます。 特にこのシリーズはタイヤが多く色々な車両を作れますね。 色の種類もシリーズ最多クラスだと思います。 レゴ入門にもオススメ、サンタさんにクリスマスプレゼントとしてお願いするのも良し、誕生日プレゼントにも最適です!知育には是非レゴを! では早速、 10696で何が作れるの?(まとめ) 以下、全て当方のオリジナルになります。 ロックダウンや外出自粛がまだまだ続きそうですね。 そんな中、当サイトYouTubeチャンネルへ海外の視聴者さまからも新作を楽しみにして頂ける声が多くなり急いで作ってみました。 発射台は可動式なので完成したらカウントダウンしながら発射ごっこを楽しんで下さいね。 コンクリートミキサー車です。 ローラーはちゃんと回転出来ます。 タンクが回転出来るように組み立てるのがとても大変だったのですが、完成するととても満足した作品になりました。 中型ジェット旅客機です。 10696に入っている薄っぺらの板をほぼ骨組みに使います。 機体の強度を増す為、ブロックを上から下からとがっちり抑え込み簡単に壊れない様に工夫しました。 現在10696で作る自分の作品では一番パーツを多く使っています。 写真では分かり辛いですがエンジン裏にちゃんとランディングギアを作っています。 10698で作った当サイトオリジナルの中型飛行機では(10698に良いタイヤセットが無いため)ランディングギア無しで完成させましたが、こちらではそれが実現出来た形です。 ロープウェイです。 知っていましたか?英語ではロープウェイとは言わないようですね。 このロープウェイの説明書では他の説明書とは違い、基礎板や紐なども一緒に使って作ります。 故に作り方というより、アイデアのご紹介という意味合いが大きい記事となっています。 (もちろん、作れるようにしています) 10696だけじゃなくて多くのパーツを使えば(公園の木と木を結んでとか)もっとすごいロープウェイが出来そうですね。 戦車 EODボッド? です。 こちら現在、当サイトのYOUTUBEチャンネルの10696説明書部門で一番再生数が多い作品になっています。 ある日、10696に入っているタイヤを眺めてたら、1番小さいホイル2個に1番大きいタイヤを巻き付けられる事に気付きました。 これキャタピラーを表現出来るから戦車作れるやん、と思い作った次第です。 Youtubeで10698の家を作り公開した時、海外の方から「10696でも家作ってくれよ~」とリクエストを多くもらっていました。 10696だとパーツ的に厳しいかなと思いましたが意外と可愛い家が作れました。 もちろん、黄色の車もついていますよ。 トラック ウィングボディータイプ です。 10696に連結可動用のパーツが入っているので荷室が開閉出来るタイプのトラックを制作してみました。 もっとパーツが多かったら、ちゃんとした両開きのトレーラーを作りたかったです。 まぁ可愛いトラックの方が遊んでいて壊れにくいので良いですね。 消防車 はしご車タイプ です。 先ほどのトラックと同じ発想で可動パーツを有効活用し、はしごに利用した作品となっています。 前から見るととても薄っぺらい仕上がりになったのですがこれもパーツ限界に攻めた結果です。 レゴクラシック10698の公式説明書では公式のショベルカーが有ります。 当サイトではレゴクラシック10696でもショベルカーを作れる説明書を作ってみました。 こちらのショベルカーの方がタイヤをキャタピラーにし、台座も回転するので、公式よりリアルに再現出来ていませんか?w 戦闘機 F-16とF-5を混ぜたようなの です。 この作品は細かいところに工夫しました。 安定感の無い細いパーツを無理やり使い、それでも強度を高めました。 特に水平尾翼を作る工程が大変でした。 本当の所は双発エンジンにしたかったのですが、単発式です。 ヘリコプターです。 10698でもヘリを作っていますが、こちらはちゃんとテイルローターとギアも付いています。 メインローターを回しながら是非遊んでください。 海外のYOUTUBEチャンネル登録者様に一番制作依頼が多かったのがリムジンです。 10698も10696でも多かったので一気に両方とも説明書を作ってみました。 10698のリムジンはシンプルなタイプ、こちらは豪華な室内プール(露天風呂)を設えた車両になります。 NYPD:ニューヨーク市警察のパトカー(レーシングタイプ)です。 レゴクラシック10698のセットは黒のパーツがかなり少ないという理由も有り、水色のパトカーで有名なNYPD仕様なパトカーにしてみました。 機能性よりデザインを優先させた作品です。 10698では戦艦タイプの船を作りましたが、こちらのセットでは シンプルで小さめの艦艇になります。 入っているブロックは 3 3 色 !タイヤや窓、ドア、回転台、アームやベースなどがパッケージされていて何でも工夫次第で自由に物を作れます。 Amazonはこちら• メディア: おもちゃ&ホビー• 実は基礎板もこの上に組み立て、基礎板ごと片付けるっていう使い方もあるんですよね。 せっかく作ったお家なんか壊したくないですもんね。 最後に 子供に飛行機作ってと言われたは良いけど公式に作り方が無かった為、自分で作ったのが始まりでした。 せっかく良いのが出来たので説明書を探している方に共有したら面白いかなと。 今ではyoutubeもデビューしました。 お友達などにレゴを送りたいと考えれられ、色々作れるレゴクラッシック10696や10698を贈られたなら是非当ブログをご紹介下さい。

次の

2歳娘のレゴ遊び。レゴ クラシック 10698 の組みかえレシピでスイカやメロン、おにぎり、お寿司、お弁当、アイスクリームを作ってみたよ。

レゴ クラシック 10696 レシピ

乗り物・働く車 男の子・女の子、どちらも乗り物が大好き。 レゴだとタイヤがついていますので、床を走らせることができますよ。 いくつか代表的なレシピを紹介します。 消防車 働く乗り物代表「消防車」です。 男の子って消防車が好きですよね。 人(フィグ)が乗り降りする「梯子」などもついているので、楽しく遊ぶことができますよ。 ヘリコプター プロペラが回転するヘリコプターです。 自衛隊の救難ヘリみたいですよね。 割と頑丈な作りになっているので、子供が手に持って遊ぶことができます。 ショベルカー(公式レシピ) レゴ公式レシピです。 こちらは「10715」で作った作品になります。 10715のみなのでカラフルですが、他のシリーズと合わせて基礎ブロックがたくさんあるなら、色を統一するとさらにかっこよくなるはず! 戦艦・船 大きな戦艦です。 銃なども搭載しているのでけっこうカッコいいです。 とても単純なので「レゴを買ったばかりの幼児ちゃん(3~4歳)でも簡単に作ることができます。 さらに車の中にはフィグを乗せることができますよ。 トラック(ダンプカー) 大型トラック(ダンプカー)です。 運転席に1人、荷台に2人のフィグを乗せることができますよ。 何気に警察の輸送車に見えないこともないです。 宇宙船・飛行船 宇宙戦艦ヤマト的な宇宙船(飛行船)です。 実は半分はうちの娘(4歳児)が作っていて、そちらを改造したもの。 4歳児でもレゴでけっこうスゴイものを作ってくれますよ。 飛行機(超簡単・初心者向け) 初心者向けの飛行機です。 とても簡単に作ることができます。 10986縛りで作ったので翼の色が途中から緑になっています。 他のパーツも合わせると白だけで作れそうですね! 新幹線(超簡単・初心者向け) こちらも簡単な新幹線。 すぐに作ることができますよ。 建物・家・お店屋さん 家(公式レシピ) 公式レシピの家です。 ピンクの屋根がかわいらしいですよね。 娘はやっぱりこういった家を作るのが好きですね~。 女子向けです(笑) お店屋さん こちらは娘(4歳児)が作ったお店屋さんです。 窓口からフィグが見えます。 コーヒーショップ、お花屋さん、アイスクリーム屋さん、宝くじ売り場(笑) 色々なお店に見立てて「ごっこ遊び」ができますよ。 なかなか上手だったので、作り方をまとめてみました! 武器 銃 旦那が作ったけん銃(リボルバー)です。 実は銃の先に輪ゴムを付けて、実際に飛ばすことができますよ。 女の子でしたらかなりハイテンションで喜んでくれますよ。 その他 カメラ(公式レシピ) 10698の公式レシピです。 レンズがくるくる回転する本格仕様。 思えば私&旦那がレゴにハマったのはこのカメラからでした(笑) ケーキ(超簡単・初心者向け) 超簡単に作れるケーキです。 レゴといえば男の子が好きなレシピが多いですが、工夫しだいで女の子が喜ぶかわいいスイーツも作れますよ。

次の

はじめてのレゴクラシックは黄色のアイデアボックス!【違いは?】

レゴ クラシック 10696 レシピ

世界中の子供達をとりこにするLEGO レゴ。 その種類とお安く手に入れる方法を紹介します。 世界中で愛されるベストセラー玩具 LEGO レゴ LEGOはデンマークに本社がある 「レゴ社」が製造販売を行っているブロックタイプのおもちゃです。 いろんな形のブロックを組み合わせる単純なおもちゃですが、その組み合わせは無限大にあり、 子供の想像力を育てます。 さらに、細かいブロックをはめ込んでいくため、指先も器用になります。 50年以上前から世界中の子供達に楽しまれているベストセラー知育玩具のひとつです。 LEGOはバリエーションがわかりにくい レゴはバリエーションが多すぎてどれを買えばいいのかわからないという声をよく聞きます。 現在販売されているレゴの種類と特徴を紹介します。 LEGO レゴ のバリエーション LEGOの公式サイトをみてもわかりにくいのが LEGOのバリエーションです。 簡単に紹介します。 <過去にあったもの> LEGOといえばこれ!というほど人気があったのが、 「青いバケツ」と 「赤いバケツ」です。 その名のとおり、色のついたバケツに入って販売されていました。 現在は廃盤(~2014年)となってしまいましたが、時々在庫が売られています。 赤いバケツは 3歳~、 青いバケツは 5歳~という設定でした。 赤いバケツの方は小さい子でも扱いやすいように大きいピースが中心の構成となっていました。 現在のレゴのバリエーション 3歳未満向け:レゴデュプロシリーズ レゴデュプロシリーズは 小さい子向けのレゴです。 口に入れたり、誤って飲んでしまわないように 通常のレゴの4倍の大きさがあります。 3歳未満の場合はこちらの方が安全です。 サイズは大きいですが、 通常サイズのレゴにも組み合わせられますので、 将来通常サイズのレゴと一緒に遊ぶことができます。 お孫さんへのプレゼントにも最適です。 黄色のアイデアボックス(スペシャル):790ピース• 黄色のアイデアボックス(プラス):484ピース• 黄色のアイデアボックス(ベーシック):221ピース• アイデアパーツ(スペシャルセット):580ピース• アイデアパーツ(ベーシック):303ピース• アイデアパーツ(明るい色セット):303ピース 「ボックス」と「パーツ」の違いは入れ物 レゴクラッシックは、語尾に「 ~ボックス」、「 ~パーツ」が付きます。 中身も多少違いますが、 大きな違いは 入れ物です。 アイデアボックスシリーズは、収納箱が プラスチック製で、アイデアパーツシリーズは 紙製です。 プラステック製の箱は丈夫で便利です。 2~3セットが余裕で入ります。 どちらを買えば良い? ボックスシリーズの方が少し高いですが、耐久性を考えると 最低1つはプラスチック製の入れ物があった方が良いと思います。 まずはボックスシリーズを買って、その後パーツシリーズで買い足すという方法がおすすめです。 バリエーションと中身の違い 黄色のアイデアボックス(スペシャル):790ピース リンク どちらのセットも色が違うだけで入っている ピース数や種類は同じです。 「ベーシック」は落ち着いた色、「明るい色」は鮮やかな色が多く入っています。 タイヤは入っていませんが、 怪獣やロボット、ロケットなどが作れます。 レゴはアマゾンで買うのが一番安い! LEGO レゴ は、店舗やネットで購入できますが、買うなら断然ネットがおすすめです。 しかも工夫次第で、かなりお得に買い足せます。 買うなら楽天ではなく アマゾンにしましょう! 同じものでもアマゾンの方が断然安いです。 それには、からくりがあります。 レゴを安く買うときのポイント アマゾンでレゴを検索すると、通常の価格(青矢印)の他に、さらに安い価格(赤矢印)が載っている商品があります。 この例では 25%OFFですが、商品によってはもっと大きな割引となっています。 この二つの価格の差は、「納期」です。 高い方はすぐに購入可能ですが、 値下げしてある方は 入荷まで約3週間待ちです。 これが狙い目です。 届くまでに 少し時間がかかりますが、かなりお得に買うことができます。

次の