セカオワ プレゼント 歌詞。 セカオワ Saori「プレゼントの歌詞はFukaseの中学生のときの言葉が元」

「MAGIC(マジック)」はセカオワオリジナルではなく、Hawaiian6(ハワイアンシックス)のカバー曲。作詞は深瀬(Fukase)で初恋の曲?歌詞に込められた思いとは?

セカオワ プレゼント 歌詞

セカオワ「プレゼント」はSaori(彩織)の実体験が歌詞に反映されている。 Saoriは今の姿からは想像することができないが、小学校と中学校時代にいじめられた経験を持ち、友達がいないという辛い過去があった。 学年は1つ違うものの、幼稚園時代から幼馴染だった深瀬は唯一とも呼べる友達で、Saoriがいじめについて話したそうだ。 深瀬から言われたのは、「それはいじめられてるし、いじめられる側にも原因がある」という言葉だった。 絶望的な現実を突きつけた深瀬だが、同時に「居場所は作ってやるから、もう泣くな」という言葉。 この言葉を聞いた時、Saoriは救われたようだ。 そして「プレゼント」では以下のように綴られている。 ひとりぼっちにさせないから 大丈夫だよ その言葉返せるように 強くなりたい 歌 :SEKAI NO OWARI 歌詞:Saori 作曲:Nakajin 前半は深瀬から言われた言葉を、そして後半はSaoriの想いが込められているように思う。 それが今、セカオワのメンバーとなってFukaseの夢を実現したいという想いなのだろう。 このようなエピソードを聞くと、2人は恋人関係にあったのかと思ってしまいがちだが、噂である可能性が高い。 ちなみに深瀬本人は言った言葉を覚えていないそうだ。 それは当時のSaoriにはわからなかったことだが、今大人になってはじめてわかること。 そして当時の自分に送りたい言葉として、以下の歌詞に想いが込められている。 いま君のいる世界が 辛くて泣きそうでも それさえも「プレゼント」 だったと笑える日が必ず来る 歌 :SEKAI NO OWARI 歌詞:Saori 作曲:Nakajin おそらく日本全国にはいじめなどが原因で、学校に行きたくない人や人間関係に悩んでいる中学生は多いと思う。 セカオワは「プレゼント」という曲を通じて、そのように悩んでいる中学生に人生のすばらしさを伝えたかったのだろう。

次の

セカオワ「プレゼント」はSaoriの中学時代の実体験と深瀬(Fukase)の言葉が込められた歌。ミュージックビデオは鉄拳が作成。2015年Nコン中学校の部課題曲。

セカオワ プレゼント 歌詞

youtube. 同年2月22日に放送された「発表!Nコン2015課題曲」の中でこの合唱曲が初披露されました。 その年のNHK紅白歌合戦でも、中学生の合唱をバックに、この曲が演奏されました。 「プレゼント」歌詞の意味 作詞を担当した、キーボードのSaoriさんは「中学生の自分にあげたい曲を作ろうと思って、作詞しました。 」とおっしゃっています。 (本人ツイッターより) Saoriさんは、少女時代にいじめを受けた経験があり、人間関係について悩まれていたそうです。 そんなかつての自分に、今だから語れるメッセージを綴られたのです。 歌詞に「ひとりぼっちにさせないから,大丈夫だよ」というくだりが登場しますが、これは中学生時代のSaoriさんがボーカルのFukaseさんに、号泣しながら友達とのことで悩みを打ち明けた時、Fukaseさんがかけてくれた言葉だそうです。 「プレゼント」作曲者の思い この曲は、上記のコンクールのために、SEKAI NO OWARIのメンバーが書き下ろしたものです。 作曲を手掛けた、ギターのNakajinさんは「僕は作曲を担当しました!学校教材になるという事であえて玄人っぽく複雑な響きを多用しました。 その分、音楽の深い所にある気持ち良さを実感して貰える様なメロディになったと思います。 学生の皆さんはじっくり練習して、ぜひ味わって下さい。 」と述べておられます。 (本人ツイッターより).

次の

プレゼント (Nコン2015課題曲 中学校の部) 歌詞「SEKAI NO OWARI」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

セカオワ プレゼント 歌詞

セカオワ「プレゼント」はSaori(彩織)の実体験が歌詞に反映されている。 Saoriは今の姿からは想像することができないが、小学校と中学校時代にいじめられた経験を持ち、友達がいないという辛い過去があった。 学年は1つ違うものの、幼稚園時代から幼馴染だった深瀬は唯一とも呼べる友達で、Saoriがいじめについて話したそうだ。 深瀬から言われたのは、「それはいじめられてるし、いじめられる側にも原因がある」という言葉だった。 絶望的な現実を突きつけた深瀬だが、同時に「居場所は作ってやるから、もう泣くな」という言葉。 この言葉を聞いた時、Saoriは救われたようだ。 そして「プレゼント」では以下のように綴られている。 ひとりぼっちにさせないから 大丈夫だよ その言葉返せるように 強くなりたい 歌 :SEKAI NO OWARI 歌詞:Saori 作曲:Nakajin 前半は深瀬から言われた言葉を、そして後半はSaoriの想いが込められているように思う。 それが今、セカオワのメンバーとなってFukaseの夢を実現したいという想いなのだろう。 このようなエピソードを聞くと、2人は恋人関係にあったのかと思ってしまいがちだが、噂である可能性が高い。 ちなみに深瀬本人は言った言葉を覚えていないそうだ。 それは当時のSaoriにはわからなかったことだが、今大人になってはじめてわかること。 そして当時の自分に送りたい言葉として、以下の歌詞に想いが込められている。 いま君のいる世界が 辛くて泣きそうでも それさえも「プレゼント」 だったと笑える日が必ず来る 歌 :SEKAI NO OWARI 歌詞:Saori 作曲:Nakajin おそらく日本全国にはいじめなどが原因で、学校に行きたくない人や人間関係に悩んでいる中学生は多いと思う。 セカオワは「プレゼント」という曲を通じて、そのように悩んでいる中学生に人生のすばらしさを伝えたかったのだろう。

次の