真鍋 産婦 人 科。 島根大学医学部附属病院 産科婦人科

岩城産婦人科(北海道苫小牧市)の産婦人科の口コミ・評判|ベビーカレンダー

真鍋 産婦 人 科

2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016.

次の

スタッフ紹介|京都大学医学部 婦人科学産科学教室(京大病院 産科婦人科)

真鍋 産婦 人 科

子連れ入院が出来ると聞き、こちらにしました! 先生は男性で、無愛想な感じがしますが質問したらきちんと答えてくれますし、子供好きなんだなと見受けられました。 看護師さん、助産師さんも優しく丁寧な対応をしてくれます。 パジャマやバスタオル、ドライヤーなどは貸し出してくれましたし、シャンプーも置いてあるので良ければ使えました。 設備的には全く不満がなかったです。 ご飯も美味しかったですが、1日2回のおやつも大変美味しかったです。 おやつはケーキ、アイス、団子など様々なのが出ますので、乳腺炎などにならないか心配な方は、助産師さんに相談するか自己判断で食べた方が良いかと思います。 通院中は、午前中や土曜日は待ち時間は結構ありますが、その分丁寧にエコーで赤ちゃんの様子など説明してくれました。 待合室にはキッズルームもあり、上に子供がいる私にとってはとてもありがたかったです! 基本、予約制ではないので融通が効いたのも、助かりました。 次もこちらでお願いしたいと思ってます! こちらの病院で治療・出産をしました。 先生は正直仏頂面で言葉が足りないと言うかとってもクールな印象で、最初はあまり良いイメージが無かったですが、まぁ1人で1日何人もの色んな患者さんを見ているので仕方ないのかなとも思いますし、長く通院していると時々お茶目で子供が好きなんだなという印象を持ちました。 入院中も食事は良いし先生がチョイスしたという美味しいおやつも出るし、母子同室になっても看護師さんは気軽に赤ちゃんを預かってくれるし、ずっと入院していたいくらいでした。 先生は時々怒ったりもしてるのを見受けますが、看護師さんは何年も同じ人がいる様子を見ると働きやすいのかなと思ったりして利用する者としては安心します。 不妊治療で1年ぐらい通い無事41歳で妊娠する事ができました。 先生と培養土の方のおかげだと思ってます。 先生は無駄な事は話さずハッキリおっしゃるタイプですが、かえって私には合ってました。 とても腕が良いので信頼ができます。 たぶん他の病院では妊娠できなかったと思います。 痛いといわれる卵管造影検査も採卵の処置も全然痛くありませんでした。 切迫早産で10日ほど入院しましたが、食事が美味しくてオシャレなおやつも出ます。 ついつい食べ過ぎてしまいますが、きちんとカロリー計算されてるせいか1キロ痩せました。 看護師さん達も親切でした。 里帰り出産するのであと1、2回の通院になりますが、本当にお世話になり感謝してます。 メリット ・個人病院の為、待ち時間が短い。 市立や王子のように待たされない。 ・パジャマ、タオル、シャンプー類など病院にある為、入院時の持ち物が少ない。 ・助産師さん、掃除の方は感じ良いが、看護師さんは当たりハズレあり。 回診時に付いて歩いてたおばさん看護師苦手でした。 露骨に嫌な顔する人だったので。 ・食事美味しく、15時と夜におやつ提供してくれます。 デメリット ・回診がいつ来るかわからない。 シャワー浴びようとしたら回診来ますと言われてしまう事も ・先生の言葉、説明足らず。 こちらからツッコめば説明しますが、上から目線でバカにされてる気分になる ・先生と看護師さんが、歩きながら患者さんの話し、引き継ぎ確認している。 ちょうど私の話ししてました。 正直良い気はしないです。 病院の設備的な所は良いけど、人とのつながりが取りにくい病院です。 全体的にクール。 もう少しあたたかみのある雰囲気があれば、文句無しな病院なのに…… 友人が行ってた病院では、患者さんみんなで食事を食べて、情報交換したり気ちを共有したりして、楽しい入院生活だったそうです。 病院内の雰囲気を考えてほしいです。 第一印象として院内がキレイです。 受付のスタッフも女性で親切でした。 私は一時期不妊治療で通院しており、初診時は不安でいっぱいでしたが、まず個室でゆっくりと看護師さんからの説明があり、 不安も少し解消されてから診察となります。 そのため、先生に聞きたいことなどもある程度明確にして診察室に入ることができました。 先生は少し変わり者の雰囲気がありますが、質問には答えてくれます。 それでも先生に聞きにくいことは、看護師さんに聞くことができて、看護師さんたちは皆さん親切でした。 結局引越しにより、こちらの病院は途中で通院しなくなりましたが、他の病院を体験してみて、こちらの先生の子宮卵管造影検査は他の先生の検査に比べて痛みが少なかったですし、子宮内視鏡検査も比較的楽でした。 不妊の検査や治療には痛みを伴うものが多いので、技術のしっかりした先生ということがとても安心に感じました。 不妊治療から出産まで一貫してお世話になりした。 妊娠中、切迫流産や夫の転勤といったアクシデント的なものがありましたが、その都度素晴らしい対応をしてくださいました。 入院中、先生は真夜中でも急患対応のために度々病院に駆け付けたり、そんな忙しい合間に看護師さん等に任せたりせず自分で待合室の花を飾りつけているほほえましい姿が、とても印象的でした。 節分には恵方巻きを妊婦さんに買ってきてくれたり、とにかく親身であたたかい先生です。 診察に関しては、患者を甘やかすような中途半端でいい加減な言葉はありません。 そのかわり、ズバリ的確に説明し、方針を導き出してくれます。 甘くて優しい言葉が好きな人には、この点はきつく感じるかもしれません。 真剣に不妊治療に向き合い子供が欲しいと願う患者さんに対しては、必ずや子供の顔を見せてあげたいと先生が後押ししてくれます。 先生の一風かわりもの風な第一印象と、心の優しさとあたたかさ、腕の良さをあとから実感するにつけ、手塚治虫さんのブラックジャックを彷彿させてくれるような先生です。 中途半端な総合病院では得られないものが、この病院にあります。

次の

スタッフ紹介|京都大学医学部 婦人科学産科学教室(京大病院 産科婦人科)

真鍋 産婦 人 科

Profile 専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本周産期・新生児医学会 母体・胎児専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医、がん治療認定医、母体保護法指定医 専門分野:周産期医学 卒業大学:京都大学 平成10年卒業 これまでの赴任先病院:静岡県立総合病院、長浜赤十字病院、Duke University Medical Center 主な所属学会: 日本産科婦人科学会(幹事、周産期委員会委員)、日本周産期・新生児学会(評議員)、日本妊娠高血圧学会(幹事、評議員)、日本胎盤学会(理事)、ガイドライン作成委員(産婦人科診療ガイドライン-産科編2020)、近畿産婦人科学会(周産期研究部会委員)、京都産婦人科救急診療研究会(幹事)、日本母体救命システム普及協会(プログラム開発・改定委員会委員)、日本産婦人科手術学会(幹事)、日本糖尿病・妊娠学会、日本婦人科腫瘍学会、日本産科婦人科内視鏡学会、日本ロボット外科学会 Message 桃李不言 下自成蹊 皆(医師、コメディカル、学生、患者さん)が自然と集いたくなる、言葉や数値では表すことのできない大事なものがここにはあります。 質の高い医療、人材育成、臨床に役立つ夢のある研究をチーム一丸となって目指しています。 私自身の専門は周産期領域であり、2012年から京大病院周産期部門のリーダーとして院内体制を整備し、ハイリスク妊娠の患者さんに安心・安全な医療を提供できるよう努めてきました。 また2014年には婦人科病棟医長を務めるなど婦人科診療も行なっており数多くの婦人科悪性腫瘍手術を担当してきました。 産婦人科診療は幅広く、忘れ得ぬ出会いと別れの連続です。 関わる全ての人がいつの日か笑顔になれるよう寄り添っていきたいと思います。 講師 Profile 専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医、日本がん治療認定医、母体保護法指定医、FIGO(国際産婦人科連合) Cervical Cancer Prevent Tutor 専門分野:婦人科腫瘍学、腫瘍免疫学、臨床試験学 卒業大学:大阪医科大学 平成11年卒業 これまでの赴任先病院:三菱京都病院、兵庫県立尼崎病院 主な所属学会: 日本産科婦人科学会 代議員 、日本婦人科腫瘍学会 理事会 幹事、総務委員会 主幹事、代議員 、日本産科婦人科遺伝診療学会(代議員)、日本周産期・新生児学会、日本癌学会、日本がん治療学会、日本免疫学会、日本がん免疫学、日本産科婦人科内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、近畿産科婦人科学会(腫瘍研究部会委員、医療保険部会委員) Message 妊娠、出産と女性にとって最も大変なとき、また婦人科がんで心身ともに辛いときに、より良い医療が何かを考えながら、最善の方法をご提供できるように心掛けています。 現在、当科の医局長として、医局内の調整や地域連携室を介した病診・病病連携などの外来業務全般の統括を通じて、当科に来院される患者さんに対してより良いサポートができるように努めています。 なぜがんができるのか? なぜヒトはがんを排除できないのか?・・・謎を解く鍵を探しています。 Message 日本の不妊治療はこの5年10年でめざましく進歩しています。 体外受精を行われる方も年々増加している一方で、その適応の拡大、倫理面での判断に難渋するようになってきました。 不妊治療は個々の患者によって治療方法を変化させる要素が強いと考えており、だからこそ患者一人一人と相談しながら、その患者さんに寄り添った治療を行っています。 一方、体外受精における妊娠・出産率も限界があり、その一つの理由として受け手である子宮についても考慮する必要があります。 われわれは形態良好胚を移植してもなかなか妊娠しない方に先進的な不妊治療(難治性着床障害における治療 クリックして移動する)を積極的に行っておりますので、お気軽にご質問下さい。 また、不妊治療の技術を利用した未受精卵子凍結・卵巣組織凍結・精子凍結を小児・若年がん患者の治療開始前もしくは寛解期に行うがん・生殖医療にも積極的に取り組んでいます。 Profile 専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、臨床研修指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医、日本肉腫学会認定指導医・肉腫専門医(婦人科医・薬物治療)、母体保護法指定医、京都大学 医学博士 専門分野:婦人科腫瘍、産婦人科手術 卒業大学:大阪市立大学、平成11年卒業 これまでの赴任先病院:大津赤十字病院、市立長浜病院、Duke University Medical Center、日本バプテスト病院、独立行政法人 国立病院機構 京都医療センター 主な所属学会: 日本産科婦人科学会、日本がん治療学会、日本癌学会、日本婦人科腫瘍学会(代議員)、日本産科婦人科内視鏡学会、日本周産期・新生児医学会、日本肉腫学会、日本臨床肉腫学会、日本臨床分子形態学会(評議員)、日本エンドメトリオーシス学会(幹事) 、 京都産婦人科医会(幹事) Message 「婦人科腫瘍を専門としています。 患者さんは不安でいっぱいだと思います。 少しでも不安を取り除くことができるように、最も良いと思われる治療を患者さんの気持ちに沿いながら一緒に考えていきたいと思います。 目標は、病気を治すことだけてなく、患者さんを笑顔にすることです。 研究は、卵巣明細胞癌の研究をしています。 明細胞癌は日本人に多い悪性疾患ですが、子宮内膜症と関係して若くして発症することや、治療抵抗性などが問題となっています。 明細胞癌はなぜ発症するのか?なぜ治療抵抗性になるのか?など、遺伝子(ゲノム、エピゲノム)異常や代謝などの側面から研究しています。 病気の本質を明らかにすることで、大きく医療が発展すると考えています。 助教 Message ヘルスケア外来において月経のトラブル、月経前症候群(PMS)、更年期障害、骨粗鬆症、心身症、婦人科がん治療後の体調不良などに対応しています。 患者さんのお話をじっくりお聞きし、予防医学的観点にも立ってホルモン療法や漢方療法などの最適な治療を提供します。 病名やそれが婦人科疾患であるかどうかのみにとらわれず、女性特有の身体機能やライフステージの変化への理解に基づいて、こころとからだをトータルで診る女性診療を心がけています。 婦人科と精神科の境界領域ともいえるPMSについては、メンタル症状がコントロールできない、あるいは試みた薬が合わないという重症の方にも対応しています。 また、産学連携事業にての開発にも取り組んでまいりました。 なお、産婦人科診療とは別枠で、院内の「女性のこころとからだの相談室」では自由診療によるカウンセリングも行っています。 女性の心身の健康にかかわるお困りごとや心配について「どこに相談に行けばいいかわからない」という方に完全予約制で対応しています。 Message 私は、医学部の学生実習で伊東宏晃先生が担当されていた分娩を見学し、お産の不思議、すばらしさ、それから新しい命が生まれる喜びに魅了され、産婦人科に入局しました。 京都大学での初期研修を終えて、最初の赴任先の大津市民病院では、高橋良樹先生に手術から産科の手技など、臨床の全てを教わりました。 その後大学院では由良茂夫先生の指導の下、妊娠中の栄養と胎児発育につき研究を行いました。 その後、佐川典正先生のご紹介でUniversity of Texas, Southwestern Medical Center, Department of Obstetrics and Gynecologyに留学し、前期破水の生じるメカニズムにつき研究をしてきました。 このように諸先輩方の導きにより、今日の私があります。 留学先では、妊娠中の子宮内出血は前期破水のリスクファクターであり、特に血液凝固因子のトロンビンが羊膜を脆弱化させること、また早産の臨床マーカーとしても利用されている胎児フィブロネクチンが、単なるマーカーだけではなく、羊膜で炎症を生じたりコラーゲンを分解する作用を有することを見出しました。 さらに妊娠中期の前期破水はごく稀に自然治癒することがあることから、そのメカニズムを探りました。 羊水中のマクロファージが羊膜の破綻部に遊走し、サイトカインを放出して羊膜の治癒を助けていること、また破膜部位にI型コラーゲンを投与すると、マクロファージの足場となり、また羊膜細胞自体の遊走も促進して、創傷治癒が促進されることを報告しました。 現在は京都大学の周産期研究室で、若い大学院生の先生たちと一緒に、前期破水・早産の予防・治療法の開発を目指して研究を続けています。 医師になってもう18年たちますが、今でも分娩に立ち会うたびによかったなー、と喜びを感じます。 産科では大変な症例、苦しいことも数多くありますが、それでも産婦人科の修練医の皆さん、若い先生方にはお産のすばらしさを伝えていきたいです。 研究室で日々実験している大学院の先生には、基礎研究の楽しさ、今まで誰も知らなかった新しいことを発見する喜びを伝えたいです。 また我々が現在研究していることは、将来の医療の発展への礎(いしずえ)となることを信じています。 そして妊婦さんには安全・安心できる医療を提供して、次の世代へ命をつないでいきたいと思っています。 Message 薬物療法や放射線療法と比較して手術療法は人の手に委ねられる部分が大きいため、病院(手術チーム)による差、執刀する医師による差が大きい治療です。 しかしながら、どの病院のどのチーム、どの先生の手術が本当に優れているのか判断することは極めて困難です。 そのような状況下でも、手術療法が必要な患者さんは病院を選んで手術を決心しなければなりません。 特に悪性腫瘍の患者さんは手術までの期間が比較的短いため、たった数回の外来受診や医師との面談を経て、自分の体を委ねる決心をしなければなりません。 術前の患者さんから「私はまな板の上の鯉ですから、よろしくお願いします。 」と言われることがありますが、我々外科医は患者さんから向けられた無条件の信頼に対して全力で応える義務があります。 そのために、事前の準備を怠らず、最大限に丁寧に行うことを常に念頭に置いて自分に任された一つ一つの手術に取り組みます。

次の