キリン英語。 「キリン」を英語で言える?キリンにまつわる名言・表現11選

キリンって英語でなんて言うの?

キリン英語

Giraffes eat the leaves at the top of the tree. キリンは木の上の葉っぱを食べて、 Giraffes eat the leaves at the top of the tree. 豚は下の葉っぱを食べる。 Pigs eat the leaves at the bottom. ゾウは鼻が長いので木の上のリンゴも食べられる。 Elephants have long noses so they can even reach the apples at the top of the tree. カッコ内が鼻が長いので、にあたります。 even を抜いてもいいですが、evenがあると木の上のリンゴにさえもという協調がつくのでよりドラマチックに聞こえると思います。 Different animals eat different things. Giraffe's eat leaves from the top of the trees that they can reach with their long necks. Giraffe's have long neck so they can reach the leaves on tops of trees to eat them. The leaves at the top of the trees get eaten by the giraffe's because they have long necks and can reach them. Different animals eat different things. Giraffe's eat leaves from the top of the trees that they can reach with their long necks. Giraffe's have long neck so they can reach the leaves on tops of trees to eat them. The leaves at the top of the trees get eaten by the giraffe's because they have long necks and can reach them. There is a little song that says, "Mares eat oats and does eat oats and little lambs eat ivy. " A doe is a female deer. Different animals eat different things. Giraffe's eat leaves from the top of the trees that they can reach with their long necks. (動物によって食べるものは違います。 キリンは長い首を使って木のてっぺんから葉っぱを食べます) Giraffe's have long neck so they can reach the leaves on tops of trees to eat them. (キリンは首が長いので、木のてっぺんの葉っぱを食べることができます) The leaves at the top of the trees get eaten by the giraffe's because they have long necks and can reach them. (木のてっぺんの葉っぱは長い首を持つキリンが食べます) 次のような歌詞のあるちょっとした歌があります。 "Mares eat oats and does eat oats and little lambs eat ivy. "(雌馬がカラス麦を食べて雌鹿がカラス麦を食べて仔羊がツタを食べる) "doe" は「雌鹿」のことです。 This is saying that the main source off food for giraffes are the leaves at the top of the tree. If someone has not see a giraffe before they would not assume that it would be because of their long necks. So more concentration would have been required in a following sentence to explain why. For example: Giraffes mainly eat the leaves at the top of the trees because of their exceptionaly long necks. "Because of their long necks, Girrafes find it easier to eat the leaves at the top of trees. " In this expression, you are explaining to your young ones the reason why Girrafes eat from the top of the tree. This way they have a better grasp as to why they do it. It is very simple so you will not confuse them giving them a long explanation. This expression is clear, concise and to the point. There is no other animal that eats tree leaves from the top of trees except th e giraffe. This is because the giraffe is the tallest animal on earth. The giraffe is so tall because of it's long legs and it's long neck. The average height of a giraffe is between 5 and 6 meters according to zoologists. That is why giraffes are able to eat leaves from tree tops. They do this with 'ease'. The noun 'ease' used in the second statement means 'without difficulty'. So, you may tell someone who has never seen a giraffe physically at a zoo as follows: Giraffes have the ability to eat leaves on tree tops because they have long legs and long necks. or It's interesting to watch giraffes eat leaves from tree tops with ease because their long legs and long necks enable them to do so. キリン以外に木のてっぺんから葉っぱを食べる動物はいません。 キリンは地球で最も背の高い動物です。 キリンの背が高いのは長い脚と長い首のおかげです。 動物学者によると、キリンの平均的な身長は5メートルから6メートルです。 だから、木のてっぺんから葉っぱを食べられるのです。 彼らはこれを「簡単に」やってのけます。 二つ目の文の 'ease' は「簡単に」という意味です。 動物園で実際にキリンを見たことがない人には、次のように言えます。 Giraffes have the ability to eat leaves on tree tops because they have long legs and long necks. (キリンは長い脚と長い首のおかげで、木のてっぺんの葉っぱを食べることができます) It's interesting to watch giraffes eat leaves from tree tops with ease because their long legs and long necks enable them to do so. (キリンが長い脚と首を使って木のてっぺんの葉っぱを簡単に食べる様子は見ていて面白いです) When explaining to a child, it is probably necessary when explaining what giraffes eat, to point out that giraffes have very long necks and this is why they have to eat the leaves at the top of trees, otherwise this might be confusing for a child. There are many ways to phrase this idea. If you wanted to make it more interesting you could also say: 'When giraffes are hungry, they like to eat the leaves at the top of trees' 'Leaves at the top of trees are giraffe's favourite food' 相手が子どもということなら、木の一番上の葉っぱを食べるのは「キリンは首が長い」からだと説明する必要があるでしょう。 でないと、子どもには分からないかもしれません。 これはいろいろな言い方ができます。 もっと面白くしたいなら、次のように言うこともできます。 'When giraffes are hungry, they like to eat the leaves at the top of trees'(キリンはお腹がすくと、木の一番上の葉っぱを食べます) 'Leaves at the top of trees are giraffe's favourite food'(木の一番上の葉っぱはキリンの大好物です) "Giraffes will eat leaves that are at the top of trees. " the sentence is referring to the 'giraffes' the animal which has a very long neck and is often found in Africa. "Leave at the top of the trees will be eaten by the giraffes.

次の

キリンは英語で?

キリン英語

This is the unmistakeable sight of a giraffe. They are extremely tall animals and can also run quite fast. people who go to take photos of these and other wild animals as a holiday or to enjoy getting close to them on a tour, are said to be: 'on safari. ' "Paul is in South Africa on safari with his wife. " "Oh, really? " "Yes, they are both keen photographers. " The animal you are thinking of is a giraffe. A giraffe is a very distinctive looking mammal; with it's long neck and the brown patch pattern on its body. A giraffe's spots are much like human fingerprints. No two individual giraffes have exactly the same pattern. Both male and female giraffes have two distinct, hair-covered horns called 'ossicones'. Male giraffes use their horns to sometimes fight with other males. 「キリン」は英語で「giraffe」と言います。 上記の言葉を使った例文を見てみましょう。 My favorite animal at the zoo is the giraffe. 動物園で一番好きな動物はキリンです。 I wonder if it's possible to keep a giraffe as a pet. キリンをペットとして飼うことはできるかな。 I heard that the reason giraffes have long necks is so they can eat leaves from tall trees. キリンの首が長いのは高い木から葉っぱを食べるためだと聞きました。 ぜひご参考にしてみてください。

次の

キリンの発音&スペルは?動物・ビール・お笑いコンビのキリンを英語で

キリン英語

国旗や特産品を話題に……英語なのにまるで社会科 付属昭和小学校の6年生の授業。 小泉先生はさまざまな国旗について、次々とクイズを出していきます。 葉っぱの形をした赤い紙を取り出して赤白の色紙の中心に貼りました。 でも、上下が逆。 教室のあちこちから「Upside down! (逆さまだよ)」と笑い声が上がります。 「これはなに? うちわ?」「カナダの特産品は?」。 先生が英語で問いかけると、「メープルリーフ」「メープルシロップ」と子どもたち。 そこで、先生がかばんからメープルシロップの瓶を取り出すと「わぁ」と声が上がりました。 先生の説明を子どもたちは興味深そうに聞いています。 やり取りこそ全て英語ですが、内容はまるで社会科の授業のようです。 どんな狙いが あるのでしょうか。 小泉先生に聞きました。 「伝えたい」から話したくなる 反復より中身が大切 小学校で英語を教え始めた二十数年前、中学校で学ぶ文章を覚えさせようとしたところ、最初は興味を示していた子どもたちが次第に離れていきました。 「How old are you? 」という表現を繰り返し覚えさせても、子どもたちは楽しくありませんし、使いたいと思いません。 なぜなら、同級生の年齢を知りたいなんて思っていないから。 これではコミュニケーション能力は育ちません。 私はこれまでの英語指導のノウハウを捨て、小学校の全教科書を読み直しました。 子どもたちは興味のある内容であれば耳を傾けます。 ただ、授業は多くの子を同時に教えるので「みんなが知っている話題」という点も重要です。 そこで、他の教科や学びと連動して学ぶメリットに気づいたのです。 キリンの色は? 例えば、小学生は学校の遠足で動物園に行きますよね。 私が授業で「What color is a giraff e? (キリンって何色?)」と聞くと、子どもたちは「Yellow and brown. 」と答えます。 「でも、キリンに黄色の部分ってないよ」というと、「えー!」とびっくりします。 絵本のキリンは全部、黄色に塗られていますが、写真で答え合わせをすると実物は白地に茶色の模様ですね。 子どもたちは「へーっ」と目を輝かせます。 思わず人に伝えたくなります。 小学校の学びを活用して感性と知性に訴えると、子どもに深い印象を与え、同時に英語も身につきます。 3年生で学ぶ地図記号を使うこともあります。 郵便局のマークを見せて「What is this mark? 」と聞くと、子どもたちは「Post office. 」と答えます。 消防署はfire stationだと知ると、「だから消防士をfire fighterというんだね!」と気づく子が現れます。 自分の生活とつながっていきますし、教える先生も英語で表現しやすい。 まずはたくさん「聞くこと」が重要 これからの小学校の英語教育は、踊ったり歌ったりして「英語を楽しく教える」ことよりも、いかに英語で話す内容を面白く、子どもの身近なものにするかが重要です。 「聞く」「話す」「読む」「書く」という英語の4技能の中で、小学生にとって最も重要なのが「聞くこと」です。 赤ちゃんは文字を読めませんが、突然、言葉を発するようになります。 コップに水を注いでいき、いずれあふれ出るのと同様に、言葉を聞いているうちに自然に話すようになります。 逆に、聞いたことがない言葉は話せません。 心に届く言葉をたくさん聞くこと。 それが自発的に「話す」ことにつながっていきます。 話す言葉は別に文章形式でなくてもいいんです。 尋ねられたことに、単純な形で答えることが原点です。 「Which do you like better, cake or ice cream? (ケーキとアイス、どっちが好き?)」と聞かれて、普通の人は「I like cake rather than ice cream. (私はアイスよりもケーキが好きです)」とは答えませんよね。 単に「Cake. 」というはずです。 わざわざ回りくどい表現で答える必要はありません。 質問に対して最初は簡単な単語で答える。 これも、赤ちゃんが言葉を覚えるのと同じプロセスですし、言葉として自然な形です。

次の