あつ森 和風と洋風。 【あつ森】和風エリア(日本庭園・温泉等)の紹介と作り方・おすすめ和風家具一覧

【あつ森】和風エリア一覧とマイデザイン|和風島のレイアウト【あつまれどうぶつの森】

あつ森 和風と洋風

過去作ではがんがん時間を飛ばしてプレイしていた私ですが、こうして実時間と同じように生活してみると、今まで以上にどうぶつたちとじっくりと向き合えたり、天候の移り変わりをしみじみと体感できたり、新しい発見が沢山あります。 あつ森を通して、効率だけが暮らしの全てじゃないんだなぁということを再確認している今日この頃です。 とはいえ、「これだけ時間を費やしたのにまだ島開発の1/3も終わってないのか」なんてがっかりしたりもしますけどね。 笑 今回はそんなこんなで整備した島の様子を詳しくご紹介していきたいと思います!!• 島の全体図 現段階の島の開発進捗はこんな感じです! 地図だけをみるとそこそこ立派になってきました。 ひとまず全ての建物を、構想段階で予定していた場所へ移設してあります。 本格的に手を付けているのは洋風エリアの エントランスと 住宅街、あとは 公園くらいです。 グレーで塗りつぶしている部分は、まだどのようなレイアウトにするか迷走中です。 右上の広いグレーエリアに遊園地を作る予定でしたが、思った以上に同じ発想をしている人が多いようで、動画サイトで沢山見かけたので別の施設にすることにしました。 あつ森CMでも遊園地作っていましたしね。 仕方ないです。 いまのところ、 リゾート地とフェス会場を融合したような、ウェイウェイ感(?)溢れる場所にしていこうかなと考えています。 笑 仕立て屋さんがあるグレーエリアについては、今後マスターのカフェやのよ要施設が追加されるかもしれませんし、柔軟に対応できるようにしておきたいと思っています。 完成エリアのご紹介 島のエントランス それでは、次に完成した島のエントランスと、洋風住宅街をご紹介します。 まずは飛行場から案内所までのエントランスゾーンです。 タランチュラくんもいますが(笑)上空から見てもライトが目立っていいかんじです。 島特産のオレンジとコスモスで、 暖色系を基調とした明るい雰囲気のエントランスにできたんじゃないかなと満足しています。 洋風住宅街 次に住宅街にある住民さんのお家とお庭をご紹介します。 和風エリアにも3名の住民さんが住んでいるのですが、そこはまた整備が進んでからのお披露目にしたいと思います。 あ、当然ですがアクリルちゃんはといまるの自宅横にお住まいですのであしからず。 笑 ゆきみ ハムスターの ゆきみちゃんのお庭は、おうちの外装にあわせてル&メルヘンにまとめてみました。 ポイントはアリの木馬と白いアイアンベンチです。 ふつう系のゆきみちゃんらしい素朴さと柔らかさが出せたんじゃないでしょうか。 トムソン キザ系でおしゃれな トムソンくんは、意外とお料理上手でいい匂いのチップを使って燻製とかしそうだなと思ったので、アウトドアな雰囲気のお庭にしています。 ソーセージが完成するまでは優雅に読書してるかなと想像したりして、リメイクした雑誌も置いてみました。 ちなみに以前投稿した記事で雑誌のデザインについて言及したのですが、のコメントで 雑誌もリメイクでいろんなパターンがあると教えて頂きました! ありがとうございます! 今回リメイクしたアウトドア雑誌の他にもたくさんデザインがあるので、皆さまもぜひ雑誌リメイクを試してみてくださいね。 運動をすると汗もいっぱいかくので、頻繁にTシャツをお洗濯していそうということで、物干しざおも置いておきました。 写真では見えづらいですが、自作マイデザのTシャツを干してくれています。 元気いっぱいのエックスエルくんらしいカラフルなお庭になりました。 ちゃちゃまる 今作のハキハキ系新キャラ、 ちゃちゃまるくんのおうちです。 島のちゃちゃまるくんのお家には、しょっちゅう他の島民が遊びに来ているので、お庭でもお友達と食事が楽しめるスペースを作りました。 お庭のアクセントとして、赤い三輪車をちょっとだけ道にはみ出すように設置してあります。 三輪車に乗っている途中で何か面白いものを見つけて、そのままほっぽり出して行っちゃったような雰囲気にして、無邪気なちゃちゃまるくんの性格を演出してみました。 ちえり アイドル志望の ちえりちゃんはほぼ毎日家の前でストレッチやヨガをしているので、広めのウッドデッキを作りました。 アロマを炊きながらのびのびと運動してもらいたいですね! ちなみにミニテーブルのクロスは、ちえりちゃんが愛用している傘と同じ赤りんご柄にしています。 ちょい おうたが大好きなアネキ系の ちょいちゃんのお家はなピンクを基調としたシンプルめのお庭にまとめてみました。 さっぱりした性格のちょいちゃんは、必要最低限の物しか置かないけれど、毎日お花のお手入れをしたりお庭の掃除は欠かさなそうですよね。 アクリル&自宅 最後に、住宅街の北側にある アクリルちゃんと私のお家の様子です。 お庭を共有していて、真ん中のテーブルで一緒にお茶を飲んだりするという設定です。 アクリル宅側が暖色、といまる宅側が寒色になるよう意識してレイアウトしました。 正直まだ迷走しているので、今後大幅に変わるかもしれません。 笑 じぶん家がいちばん適当笑 おわりに この記事を執筆中に無料アップデートの情報がきました! 前回の記事で美術品のことについて言及しましたが、 博物館に美術品エリアも追加されることになりましたね! 過去作になかった日本の美術品もあるようなので、楽しみです! 早急にコンプリートしたいですね。

次の

【あつ森】和風家具一覧【あつまれどうぶつの森】

あつ森 和風と洋風

整地と土台作り• 自宅の移設場所を決める• その上に1段目の崖を作り、さらに自宅を囲むように2段目の高台を作ります。 土台となる高台を作ったら、完成形がイメージしやすいよう、使用する家具を置いて確認します。 玄関部分の1マスが、2段目の高台より飛び出している位置に、自宅を設置するのがおすすめです。 一度テントを建ててしまうと、やり直しに時間を要するので、「ここ以外にあり得ない」と確信を持てるまで、何度でも考え直しましょう。 自宅の移設場所が決まったら、1日目の、島クリエイターを使う作業はおしまいです。 素材集めがちょっと大変です。 島内で集まらない時は離島ツアーを利用しましょう。 シンプルなパネルは、カタログ登録されていれば、たぬきショッピングからお取り寄せ可能です。 注文は1日に1人5点まで。 パネルの柄は、マイデザインで描いたお城風の石壁を使用しています。 こもれびひろばのかざりの入手方法はこちらをどうぞ。 島クリエイターで道を敷く• 柵や家具を設置する• たぬきちに家のリフォームを依頼する 2段目の高台から、島クリエイターの 石だたみを敷き詰め、柵とサイロを設置します。 サイロはわざと裏向きになるよう置きました。 2段目が完成したら、梯子で降りて、1段目を作りこんでいきます。 まず道、次に柵、アイテムの順番に置いていきます。 お城らしくなってきましたね。 画像のように階段・坂をかけるためのスペースまで確保したら、2日目の、島クリエイターを使った作業はおしまいです。 リフォームは3回目の増築後に解放されます。 外観パーツは、マイホームの増築回数で増えていき、地下室まで全ての増設費用を払い終わると、1日1回無料でリフォームを依頼できるようになります。 マイホームの詳細はこちらで確認できます。 リフォームが必要ない場合は、坂または階段の設置を依頼しましょう。 工事3日目 朝起きてリフォームされた自宅を確認。 サイロやシンプルなパネルのマイデザインと調和する外観になったと思います。 ポストは一時的に別の場所に移動しました。 3日目は階段の位置を決めて、工事費用をはにわくんに募金します。 反対側にもう1つ階段を作るのもおすすめです。 画像は拡大できます。 以上、 自宅の外観を洋風のお城にする方法でした。 サイロのリメイクに合わせて、柵やマイデザインを用意し、リフォームしていくとイイ感じに仕上がります。 ではでは。 その他、島クリエイターでできることは、こちらの記事で紹介しています。

次の

【あつ森】外観が和風の家の住民、キャラを教えてくれ!|あつ森情報まとめアンテナ

あつ森 和風と洋風

整地と土台作り• 自宅の移設場所を決める• その上に1段目の崖を作り、さらに自宅を囲むように2段目の高台を作ります。 土台となる高台を作ったら、完成形がイメージしやすいよう、使用する家具を置いて確認します。 玄関部分の1マスが、2段目の高台より飛び出している位置に、自宅を設置するのがおすすめです。 一度テントを建ててしまうと、やり直しに時間を要するので、「ここ以外にあり得ない」と確信を持てるまで、何度でも考え直しましょう。 自宅の移設場所が決まったら、1日目の、島クリエイターを使う作業はおしまいです。 素材集めがちょっと大変です。 島内で集まらない時は離島ツアーを利用しましょう。 シンプルなパネルは、カタログ登録されていれば、たぬきショッピングからお取り寄せ可能です。 注文は1日に1人5点まで。 パネルの柄は、マイデザインで描いたお城風の石壁を使用しています。 こもれびひろばのかざりの入手方法はこちらをどうぞ。 島クリエイターで道を敷く• 柵や家具を設置する• たぬきちに家のリフォームを依頼する 2段目の高台から、島クリエイターの 石だたみを敷き詰め、柵とサイロを設置します。 サイロはわざと裏向きになるよう置きました。 2段目が完成したら、梯子で降りて、1段目を作りこんでいきます。 まず道、次に柵、アイテムの順番に置いていきます。 お城らしくなってきましたね。 画像のように階段・坂をかけるためのスペースまで確保したら、2日目の、島クリエイターを使った作業はおしまいです。 リフォームは3回目の増築後に解放されます。 外観パーツは、マイホームの増築回数で増えていき、地下室まで全ての増設費用を払い終わると、1日1回無料でリフォームを依頼できるようになります。 マイホームの詳細はこちらで確認できます。 リフォームが必要ない場合は、坂または階段の設置を依頼しましょう。 工事3日目 朝起きてリフォームされた自宅を確認。 サイロやシンプルなパネルのマイデザインと調和する外観になったと思います。 ポストは一時的に別の場所に移動しました。 3日目は階段の位置を決めて、工事費用をはにわくんに募金します。 反対側にもう1つ階段を作るのもおすすめです。 画像は拡大できます。 以上、 自宅の外観を洋風のお城にする方法でした。 サイロのリメイクに合わせて、柵やマイデザインを用意し、リフォームしていくとイイ感じに仕上がります。 ではでは。 その他、島クリエイターでできることは、こちらの記事で紹介しています。

次の