子宮 頸管 ポリープ。 子宮頸管(内膜)ポリープの原因、ストレスや冷えとの関係、手術やホルモン療法以外の緩和方法

子宮頚管ポリープとは

子宮 頸管 ポリープ

子宮頸管ポリープって?どうしてできてしまうの? そもそも子宮頸管ポリープとはどういったものなのでしょうか。 子宮頸管とは、子宮と膣をつなぐ細い管のこと。 この内側に いぼ状の突起(=ポリープ)ができている状態を、子宮頸管ポリープといいます。 なお、 ポリープ=腫瘍ということではなく、いぼ状の突起は総称してポリープと呼ばれ、その中に腫瘍とされるものがあり、更に良性・悪性と分けられていきます。 そのため、子宮頸管ポリープ=腫瘍ができた!というわけではないので、まずは安心してくださいね。 子宮頸管ポリープは、 子宮頸管の内側にある粘膜が異常に増殖し、キノコのような形になって膣の方へと垂れ下がってくる状態です。 非常に柔らかく、 小さいものは2~3㎜、大きくなると小指の先くらいまでになります。 子宮頸管は非常に狭いので、膣まで飛び出してくることも多いです。 また、通常は1個だけできるものですが、 複数発生することもあります。 なぜ子宮頸管ポリープができるのか、はっきりした原因は実はわかっていません。 ただ、 細菌による炎症や、卵胞ホルモンの働きによってできるのではないかと言われています。 また、出産を経験した30~50代の女性にできやすい、という傾向があります。 自覚症状はある? 子宮頸管ポリープは非常にやわらかく傷つきやすいため、 不正出血がおこりやすくなります。 激しい運動や性交渉の後、排便時のいきみなどの刺激で出血したり、何もなくてもおりものに茶色い血が混ざることもあります。 ただ、 痛みを伴うことがほとんどなく、少量の出血であれば放っておいてしまう方も多いようです。 子宮頸管ポリープはがんになることがあるの? ポリープは、できる場所によって良性のものが悪性に変化しやすいことがあります。 大腸のポリープなどは、悪性腫瘍になりやすいことで有名です。 しかし、 子宮頸管ポリープの場合はほぼ良性で、悪性に変化してしまうこともほとんどありません。 そのため、放っておいたからがんになってしまった、ということはないと言えます。 ただし、もともと悪性腫瘍であるという可能性もまれにあるので、 基本的には発見したら切除することが多いです。 妊娠に影響はあるの?妊娠中に見つかったらどうなる? 子宮頸管ポリープがあるからといって、特に妊娠しづらくなることは少ないようです。 ただ、性行為後にポリープが原因で出血することが続くと、それが原因で性行為の回数が減り、結果的に妊娠の確率が下がるということはあります。 また、 もし妊娠中にポリープが発見された場合の見解としては、医師によっても意見が分かれます。 というのも、 「切除するという行為が流産や早産のリスクを高めるのではないか」という 「放っておく」意見と、 「放っておいてできる傷や炎症からの感染症によって流産や早産になるかもしれない」という 「切除すべきである」意見の両方があるからです。 そのため、もし妊娠中に発見された場合は、まず 担当の医師の意見をしっかり聞き、その上で切除かとりあえず残しておくか、しっかりと考えましょう。 なお、切除自体は妊娠中でも行うことができます。 もし子宮頸管ポリープが発見されたらどう治療する? 子宮頸管ポリープは、自然治癒することはありません。 そのため、すでに上記で述べているように、 基本的には切除することになります。 ただ、ほとんどが良性であることもあり、 子宮頚管ポリープによる出血や自覚症状がない場合などは 「経過観察」という措置が取られることもあります。 ポリープが小さい場合は、ペアンと呼ばれるはさみ状の器具で切除を行います。 ポリープを根元から切り取りますが、子宮頸管には知覚神経が通っていないので、痛みはほとんどありません。 大きくなると、はさみでは出血が多くなる危険性があるため、 電気メスやレーザーなどを使用することもあります。 また、基本的には日帰りで行い、 入院の必要はないことがほとんどです。 治療費は自己負担となり、数千円~1万円ほどといわれています。 子宮頸管ポリープは再発しやすいので定期的に検診を! 残念ながら、 切除したにもかかわらず子宮頸管ポリープが再発してしまうことはよくあります。 再発の原因もはっきりとはいえませんが、再び子宮頸管で炎症がおきていたり、ポリープの根元の組織が残っていたりなどの可能性があります。 そのため、 年に1回は子宮がん検診や子宮頸がん検診などでチェックをしていくことが大切です。 悪性になることはほとんどなく、特に不調の原因にもならないことが多い子宮頸管ポリープですが、やはり万が一のことも考えて、定期的な検診と必要な治療を受けられるようにしておきましょう。

次の

子宮頸管ポリープは切除が必要?再発や妊娠中の治療について解説!

子宮 頸管 ポリープ

都道府県からクリニック・病院を探す 産婦人科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 婦人科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の

【医療監修】子宮頸管ポリープとは?症状や治療法、妊娠中に見つかった場合は? [ママリ]

子宮 頸管 ポリープ

概要 子宮頸管ポリープとは? 子宮頸管(しきゅうけいかん)ポリープは、子宮頸管(頚管)という膣から子宮をつなぐ細いトンネル部分にできるポリープです。 子宮頸管の粘膜にイボ状の組織ができ、その組織がやわらかいため出血しやすいことが特徴です。 多くは良性で、手術にて切除することができます。 まれに悪性の腫瘍の場合があるため、婦人科や産婦人科を受診します。 病理組織検査を行い、結果を診て判断します。 自然治癒はしないため、状態によって経過観察か切除をします。 切除する場合は日帰りによる手術が多く、入院の必要もありません。 妊娠中は、疾患の場所や状態を鑑みて切除をおこなうか検討する必要があります。 「頸」と「頚」は全く同じ意味を持つ漢字で「頸」は「頚」の正字です。 この記事では「頸」で表記しています。 症状 子宮頸管部に見つかるポリープは、そのほとんどが子宮頸管粘膜ポリープである。 しかし、子宮内膜ポリープ、粘膜下筋腫の下垂、まれにポリープ状に発育する悪性腫瘍のこともある。 また、妊娠中では子宮内膜から連続する脱落膜ポリープの可能性もあり、「子宮頸管ポリープ」と一括りに称されるものではない。 子宮頸管ポリープは子宮頸管(子宮と膣をつなぐ部分)の粘膜が増殖してできる。 大きさは米粒ほどのものから、小指の先ほどまで大きくなる場合もある。 組織が柔らかいため、性交時やスポーツ、いきみなどで出血することがある。 ポリープが大きくなり壊死すると出血しやすい。 出血以外の自覚症状はなく、妊娠・出産への影響はほとんどない。 出血がなく、おりものが増えて気がつくこともある。

次の