フォレスター アウトバック。 レガシィアウトバック(スバル)の中古車

スバルのSUVを新型を比較!【フォレスター・XV・アウトバック】

フォレスター アウトバック

まずは年次改良の内容について簡単にご紹介。 ・オートビークルホールド AVH 追加。 ・新色マグネタイトグレー・メタリック、ストームグレー・メタリック アウトバックのみ 追加。 スバルのSUVラインナップは ・ XV 都会派乗用型SUV、という感じ ・フォレスター 本格派SUV、最もタフギアなイメージ ・アウトバック ステーションワゴン発展型SUV、という感じ と存在しますが、 新型フォレスターが登場し、排気量も2. 5リッターがメインとなり価格帯も接近していることから、 「購入時にアウトバックとフォレスターどっちにしよう?」と思われる方もいるかと思います。 HP担当もBS9型は登場当初からデザインが好きでした! 元々ツーリングワゴンがベースなので、フォレスターに比べると伸びやかな印象があります。 走りの部分ではどう違うのか?と問われると、 改めて乗ってみて、アウトバックの良さを再確認できました。 まずフォレスターは、ステアリングを切った瞬間ノーズが入っていくような、まるでスポーツカーのようなハンドリングです。 まさに冒険心を沸きたてるような、わくわく感のある走りです。 インプレッサの延長線上にあるような感じですね。 一方のアウトバックはこれぞレガシィ!という落ち着きある走りです。 切れば切っただけ反応してくれて、欲しいときに欲しい力を発揮してくれるような感じです。 いい意味で 自然体なのです。 HP担当は岡山ー山口間の往復も、アウトバックならさぞ疲れ知らずで快適だろうな〜と思いましたね。 笑 乗り心地は両車ほとんど変わりません。 気持ちアウトバックのほうが落ち着きがある印象です。 また、ドライビングポジションの違いでは、生粋のSUVであるフォレスターは着座位置が高く、 「背が高い車に乗っているな」と実感しますが、 ワゴンから派生したアウトバックは目線こそ高いですが、背の高い車に乗っている感覚はないです。 このあたりは好みの問題かと思いますが、違いを感じる部分です。 総じて、アウトバックはグランドツーリングカーとして、長距離を快適に移動できるクルマになっています。 その3:スバル60周年特別仕様車X-BREAKが登場! アウトバックをよりアクティブに使いたい人へ。 60周年特別仕様車、 X-BREAKはいかがですか? 撥水加工されたシートや カーゴフロアボードなど、アウトドア派には嬉しい特別装備が奢られていますが、 最大のおすすめポイントは ルーフレール クロスバービルトインタイプ です! 北米仕様車に装備されているものになります。 先代BR型の限定車でも採用されていましたね。 ルーフキャリアとして使う場合はバーを展開してアタッチメントを取り付ければ自転車やスキー板など積むこともでき、 使わない時はバーを格納する事でスマートなルーフレールになります。 ルーフキャリアは使う時だけ欲しい 冬にスキーやスノーボードに行く時に使いたい という方にはピッタリですね! 見た目もスマートでgoodです。 それにしても、新色のマグネタイトグレー・メタリックはカッコ良いですね〜! ということで、レガシィ アウトバックの魅力を紹介してきましたが、 やはりレガシィはスバルのフラッグシップ車種です。 スバルの考えるグランドツーリングカーの理想を追求したSUVになっています。 レガシィ アウトバックで、より豊かな人生を愉しんでみませんか?^^.

次の

フォレスター VS アウトバック 徹底比較!大きさ・燃費・価格・カラーなどの違いは?

フォレスター アウトバック

まずは年次改良の内容について簡単にご紹介。 ・オートビークルホールド AVH 追加。 ・新色マグネタイトグレー・メタリック、ストームグレー・メタリック アウトバックのみ 追加。 スバルのSUVラインナップは ・ XV 都会派乗用型SUV、という感じ ・フォレスター 本格派SUV、最もタフギアなイメージ ・アウトバック ステーションワゴン発展型SUV、という感じ と存在しますが、 新型フォレスターが登場し、排気量も2. 5リッターがメインとなり価格帯も接近していることから、 「購入時にアウトバックとフォレスターどっちにしよう?」と思われる方もいるかと思います。 HP担当もBS9型は登場当初からデザインが好きでした! 元々ツーリングワゴンがベースなので、フォレスターに比べると伸びやかな印象があります。 走りの部分ではどう違うのか?と問われると、 改めて乗ってみて、アウトバックの良さを再確認できました。 まずフォレスターは、ステアリングを切った瞬間ノーズが入っていくような、まるでスポーツカーのようなハンドリングです。 まさに冒険心を沸きたてるような、わくわく感のある走りです。 インプレッサの延長線上にあるような感じですね。 一方のアウトバックはこれぞレガシィ!という落ち着きある走りです。 切れば切っただけ反応してくれて、欲しいときに欲しい力を発揮してくれるような感じです。 いい意味で 自然体なのです。 HP担当は岡山ー山口間の往復も、アウトバックならさぞ疲れ知らずで快適だろうな〜と思いましたね。 笑 乗り心地は両車ほとんど変わりません。 気持ちアウトバックのほうが落ち着きがある印象です。 また、ドライビングポジションの違いでは、生粋のSUVであるフォレスターは着座位置が高く、 「背が高い車に乗っているな」と実感しますが、 ワゴンから派生したアウトバックは目線こそ高いですが、背の高い車に乗っている感覚はないです。 このあたりは好みの問題かと思いますが、違いを感じる部分です。 総じて、アウトバックはグランドツーリングカーとして、長距離を快適に移動できるクルマになっています。 その3:スバル60周年特別仕様車X-BREAKが登場! アウトバックをよりアクティブに使いたい人へ。 60周年特別仕様車、 X-BREAKはいかがですか? 撥水加工されたシートや カーゴフロアボードなど、アウトドア派には嬉しい特別装備が奢られていますが、 最大のおすすめポイントは ルーフレール クロスバービルトインタイプ です! 北米仕様車に装備されているものになります。 先代BR型の限定車でも採用されていましたね。 ルーフキャリアとして使う場合はバーを展開してアタッチメントを取り付ければ自転車やスキー板など積むこともでき、 使わない時はバーを格納する事でスマートなルーフレールになります。 ルーフキャリアは使う時だけ欲しい 冬にスキーやスノーボードに行く時に使いたい という方にはピッタリですね! 見た目もスマートでgoodです。 それにしても、新色のマグネタイトグレー・メタリックはカッコ良いですね〜! ということで、レガシィ アウトバックの魅力を紹介してきましたが、 やはりレガシィはスバルのフラッグシップ車種です。 スバルの考えるグランドツーリングカーの理想を追求したSUVになっています。 レガシィ アウトバックで、より豊かな人生を愉しんでみませんか?^^.

次の

スバルのSUVを新型を比較!【フォレスター・XV・アウトバック】

フォレスター アウトバック

subaru. html SUV車の候補として、フォレスター、XV、レガシィアウトバックなどの購入を考えている場合、どの車種が一番燃費性能が優れているのか、気になりませんか? フォレスターなどは車種によってカタログ燃費性能が違い、実燃費も車種別に差ができています。 subaru. html スバル・フォレスターは2. 5Lガソリン車、2. 0Lハイブリッド車の2タイプが販売されている車種で、エンジンタイプ別に燃費性能が違っています。 最初にスバル・フォレスター現行モデルのカタログ燃費、実燃費の情報を確認してみましょう。 4~14. 6km 13. 2km 10. 83km フォレスター ハイブリッド車 18. 6km 14. 0km 12. 64km フォレスターはガソリン車の場合、JC08モードのカタログ値はリッター14km、WLTCモードは13kmを超えています。 ただ、実燃費は10. 8kmほどで、カタログ値と比べると2km以上劣っています。 実燃費報告の内容を確認すると、 フォレスターのガソリン車は10~11kmの燃費で走行できている方が多めで、ガソリン車は実燃費の平均値に近い記録で走行できると思われます。 次にハイブリッド車はJC08の計測値は18kmを超えていますが、WLTCモードでの計測では14kmまでカタログ値が落ちています。 実燃費の平均もリッター12. 6kmほどなので、ハイブリッド車はJC08モードの記録に追いつくほどの燃費を発揮するのは難しいと思います。 ただ、寄せられた実燃費報告には、 フォレスターのハイブリッド車はリッター13km近い燃費で走行できている方が多数確認できました。 ハイブリッド車はリッター15kmを越える報告もあって、低燃費走行を意識すればWLTCモードのカタログ値に近い燃費記録は狙えるかもしれません。 フォレスターは実燃費とカタログ値に差ができていますが、 ガソリン車でもリッター10km以上の記録は多く報告されていて、それほど燃費は悪くないように感じました。 subaru. html スバル・XVは1. 6Lガソリン車、2. 0Lガソリン車、2. 0Lハイブリッド車の3モデルが販売されている車種です。 各エンジンタイプで燃費性能が違っていて、ガソリン車も1. 6L、2. 0Lで燃費性能は異なります。 最初にXV現行モデルのエンジンタイプ別の燃費性能を確認していきましょう。 6Lガソリン車 15. 8~16. 2km — 12. 21km XV 2. 0Lガソリン車 16. 0~16. 4km — 11. 38km XV ハイブリッド車 19. 2㎞ 15. 0km 10. 56km XVは1. 6Lガソリン車でもカタログ燃費はリッター15kmを超えています。 しかし、実燃費は12. 21kmで、カタログ値と比べると3. 5km以上の差があり、カタログ値に追いつくのは難しいと思います。 ただ、1. 6Lガソリン車の実燃費報告を見ると、 XV 1. 6Lガソリン車は12~13kmで走行できている方が多めで、リッター14kmを超える報告も確認できました。 XVの1. 6Lガソリン車の実燃費はカタログ値には及びませんが、ガソリン車ながら燃費性能は悪くないと思われます。 次に2. 0Lガソリン車はカタログ燃費がリッター16kmを超えていて、1. 6Lガソリン車よりカタログ値は良い結果が出ています。 ただし、実燃費は11. 3kmほどと1. 6Lガソリン車の実燃費に劣る結果が出ていて、カタログ値と比べると4. 5km以上の差があります。 0Lガソリン車に寄せられた実燃費報告を確認すると、 XV 2. 0Lガソリン車は10~12kmの燃費報告が多めで、実燃費平均に近い数値での走行は可能なようです。 XVの2. 0Lガソリン車は実燃費が1. 6Lガソリン車に劣っていて、カタログ値に追いつくほどの燃費で走行するのはほぼ不可能だと思われます。 そして、XVのハイブリッド車はJC08のカタログ値が19kmを超えていて、WLTCモードでも15kmの良い結果が出ています。 しかし、ハイブリッド車はカタログ値を見ると燃費が良いと感じますが、実燃費はリッター10. 5kmほどとガソリン車にも劣っています。 口コミサイトに寄せられた実燃費の報告を確認したところ、 XVハイブリッド車はリッター10~11kmの報告が多めで、ガソリン車より優れた燃費報告は確認できませんでした。 ただし、XVハイブリッド車は2018年10月に登場したばかりのモデルで、現在は燃費報告数が少なく、今後実燃費の報告が増えると実燃費平均値は大きく上がる可能性もあります。 スバル・XVはガソリン車の実燃費平均値はリッター11kmと良く、ハイブリッド車も今後の燃費報告が増えることで実燃費が伸びていくかもしれません。 subaru. html スバル・レガシィアウトバックは2. 5Lガソリンエンジンを搭載したSUV車種です。 フォレスター、XVと違ってハイブリッドエンジン搭載モデルはなく、各グレードで搭載されているガソリンエンジンも同一のものになっています。 最初にレガシィアウトバックの燃費情報を確認していきましょう。 8km 10. 92km レガシィアウトバックはカタログ燃費がJC08モード計測で14. 8kmの結果を出しています。 e燃費に寄せられていた実燃費は10. 9kmほどで、カタログ値と実燃費を比べると、約4kmほどの差があります。 寄せられた実燃費の数値を確認すると、 アウトバックはリッター11~12kmで走行できている方が多めで、11km以上の報告数は900件を超えていました。 一部の方からはリッター14kmを超える報告もあるので、アウトバックは走行環境や運転方法次第で実燃費平均を大きく上回る記録を狙える可能性もあるかもしれません。 レガシィアウトバックは実燃費の平均以上の記録を出している方は多いので、カタログ値には及ばないもののガソリン車ながら燃費良く走れる可能性を感じられますね。 フォレスター、XV、アウトバックの燃費比較 上記ではフォレスター、XV、アウトバックの燃費性能を紹介しましたが、比べるとどの車種が燃費が一番良いのか、気になりますよね。 結論から言うと、 ガソリン車で燃費が良いのはXV、ハイブリッド車で燃費が良いのはフォレスターになると思います。 まず、ガソリン車ですが、各車種の実燃費を見ると、フォレスターは10. 8km、アウトバックは10. 9kmで、平均値が11kmを超えているXVより劣っています。 さらにXVは1. 6Lガソリン車の実燃費平均が12km以上と他のガソリン車より燃費が良く、 燃費重視でスバルSUVのガソリン車を選ぶなら1. 6Lエンジンを搭載したXVが有利に感じられます。 そして、ハイブリッド車で燃費を比べた場合ですが、フォレスターハイブリッドは実燃費が12. 6kmほど、XVハイブリッドは10. 5kmほどで、約2kmの差ができています。 XVハイブリッドは現状燃費報告数が少ないので、今後実燃費平均が伸びる可能性もあります。 しかし、フォレスターハイブリッドは実燃費平均に近い燃費報告も多く、 ハイブリッド車の燃費はフォレスターの方が良いと感じられました。 燃費性能でスバルSUV車を選ぶ場合には、ガソリン車ならスバル・XV、ハイブリッド車ならスバル・フォレスターを候補に入れてみるのも良いと思います。 フォレスター、XV、レガシィアウトバックのサイズを確認すると、 サイズが一番小さいのはXV、大きいのはアウトバックという結果になります。 特にアウトバックと比べた場合、XVとアウトバックは全長が355mmも違うので、サイドから見ると大きな差が確認できると思います。 さらにXVとアウトバックは幅も40mm違うので、 走行中の車線の維持、取り回しの良さは車体サイズが一番小さいXVが有利に感じます。 XVは高さも他車種と比べて50mm以上低く、高さを考慮する必要がある場合などはXVのような全高が低いモデルが優先されるかもしれませんね。 ただ、高さに関してはフォレスターが一番大きく、フォレスターの全高はアウトバックと比べて110m、XVと比べれば165mmも違っています。 車体サイズが巨大なアウトバックは、迫力がある車を演出できると思いますが、狭い道や駐車場などでは、少し取り回しが悪いかもしれません。 スバルSUV車を車体サイズで選ぶなら、 取り回しの良さで考えるならXV、大きくて迫力のあるモデルを求めるならアウトバックを選択し、候補に入れてみるのも良いと思います。 subaru. html フォレスター、XV、アウトバックの性能を比べる場合、どの車種が一番乗り心地が優れているのか、気になりませんか? 各車種は室内空間のサイズが違っていて、口コミでの乗り心地評価にも様々な意見があります。 最初にフォレスター、XV、アウトバックの室内空間のサイズを比べてみましょう。 スバルSUV車種の室内サイズを確認すると、 室内が一番広く確保されているのはフォレスターで、室内長、室内幅、室内高の全てで他車種より勝っています。 特に室内長が2,110mmと大きく確保されていて、XVと比べると25mm、アウトバックと比べると80mmの差があります。 また、フォレスターは室内高のサイズも広く、天井までに広いスペースがあるフォレスターなら高身長の方が乗っても狭さを感じにくく、走行中も快適に過ごせると思います。 各車種の乗り心地を室内サイズから考えた場合、 フォレスターは室内が長く、天井も高いので、快適に過ごせるのではないかと思われます。 次に口コミサイトで寄せられている各車種の乗り心地評価も確認してみましょう。 フォレスター ・足回りはやや固め。 フォレスターPremium ・室内が広い。 フォレスターX-BREAK ・本革シートの質感が良い フォレスターAdvance ・セカンドシートも快適。 フォレスターPremium まず、フォレスターの乗り心地の口コミ評価ですが、 フォレスターは足回りは少し硬いと感じている方が複数確認できました。 フォレスターは振動、揺れを感じやすいと評価している方がいて、足回りは硬く、もう少し柔らかい方が好みと評価している方もいました。 ただ、フォレスターは足回り以外は乗り心地に満足していると評価している方が多めで、セカンドシートの乗り心地も評価されているようです。 フォレスターは室内サイズ、本革シートなどの評価は高く、特に室内が広くて良いという意見は複数ありました。 XV ・足回りが硬く、段差の揺れは拾いやすい。 XV2. 0i-L ・車内は静か。 XV2. 0i-S ・長時間運転でも疲れにくい。 XV1. 6i-L ・セカンドシートのシート間隔が狭い。 XV1. 6i 続いて、XVの乗り心地評価ですが、 XVはフォレスターと同じく、足回りは硬いという評価が複数寄せられていました。 特に段差を通った時は揺れを感じやすいと評価している方が多く、XVは他車種に比べると揺れを拾いやすい印象を受けました。 また、XVはセカンドシートのシート間隔が狭いと評価されている方もいて、セカンドシートに座る際は少し窮屈に感じる可能性があります。 しかし、 XVは車内の静粛性、シートの座り心地は評価されているようで、長時間運転も疲れにくいと感想を寄せている方も確認できました。 アウトバック ・足回りがちょうど良く、快適 アウトバックLimited ・本革シートの肌触りが良い。 アウトバック ・車内が静か。 アウトバックLimited ・室内が広く、シートも大きめ。 アウトバックLimited そして、レガシィアウトバックの乗り心地に関する口コミですが、 アウトバックは乗り心地の不満は少なめで、多くの方が高評価を寄せていました。 アウトバックの足回りは硬すぎず、柔らかすぎないと評価を寄せている方がいて、多数の方がちょうど良い足回り設定に感じているようです。 さらにシートも本革シートの座り心地が良いと評価されていて、シートが大きさや車内の静粛性も良い評価が多くみられました。 室内サイズに関しても満足している方が多く、 アウトバック乗り心地の評価はかなり高い印象を受けました。 フォレスター、XV、アウトバックは室内サイズを比べるとフォレスターが一番広く、快適に感じられます。 ただ、口コミを見るとアウトバックの乗り心地評価も高めなので、 乗り心地を重視するなら室内が広いフォレスター、口コミ評価が高いアウトバックを候補に入れてみるのもいいかもしれませんね。 subaru. html フォレスター、XV、アウトバックは燃費やサイズなどでも大きな差がありますが、各車種の価格を比べた場合、どの車が一番安く購入が狙えるのか、気になりませんか? スバルSUV車は車種別に価格設定が大きく違っていて、比べると大きな差が発生しています。 まず、スバル・フォレスターのグレード別の価格設定を確認してみましょう。 ベースグレード車は約280万円ほどから販売されていて、各グレード別の価格差は大体10万円ほどとなっています。 最上位グレードは約310万から購入可能で、グレード別の価格差がそれほど大きくないので、フォレスターは上位グレードを買い求めている方も多いようです。 また、最上位グレードは燃費が良いハイブリッド車なので、 長期間乗るならフォレスターはベースグレードと最上位グレードの価格差をガソリン代で吸収が狙えるかもしれません。 次にスバル・XVのグレード別の価格設定を確認していきましょう。 6i Eyesight 2,138,400円~ 1. 6i-L Eyesight 2,268,000円~ 2. 0i-L Eyesight 2,505,600円~ 2. 0i-S Eyesight 2,700,000円~ Advance 2,829,600円~ XVは1. 6i、1. 6i-S、2. 0i-L、2. 0i-S、Advanceの5つのグレード体系で販売されています。 6i、1. 6i-Lは1. 6Lガソリンエンジンを搭載したモデルで、XVの中では一番安く、213万8,400円から購入が狙えます。 0i-L、2. 0i-Sは2. 0Lガソリンエンジンを搭載したモデルで、価格は250万5,600円からと1. 6Lガソリン車と比べて45万円以上価格がアップしています。 Advanceは2. 0Lハイブリッドエンジンを搭載したモデルで、282万9,600円から購入が狙えますが、ベースグレード車と比べれば70万円近く高額なモデルとなります。 XVは搭載エンジン別に価格が大きく違っていて、 1. 6Lガソリン車なら価格を抑えて購入できますが、XVハイブリッド車は280万以上と他グレードに比べて高額になっています。 続いて、スバル・レガシィアウトバックの価格も確認していきましょう。 ベースグレード車のアウトバックでも価格は330万円ほどと高めで、Limitedを選べば価格は350万円以上にアップします。 ただ、Limietdは各種装備がアップグレードされているモデルで、アウトバックは装備が充実しているLimitedモデルを買い求めている方も多いようです。 レガシィアウトバックはガソリン代での価格差吸収は狙えませんが、Limitedは各種装備が整っているモデルなので、 満足感を高めたいならLimitedを選ぶのが良いと思います。 そして、フォレスター、XV、アウトバックの価格を比べると、 一番低価格で購入が狙えるのはXVで、価格が高いのはアウトバックとなります。 スバル・XVは1. 6Lガソリン車なら213万円ほどから購入が可能で、XVとアウトバックのベースグレード価格を比べると110万円以上の差があります。 さらにXVとフォレスターのベースグレード車を比べてもXVの方が65万円以上安くなっています。 XVのガソリン車は最上位グレードを選んでもフォレスターのベースグレード車に近い価格で購入が狙えるので、 価格面で選ぶならXVが有利と言えるでしょう。 subaru. html 今回はスバルのSUV車フォレスター、XV、アウトバックの比較情報を紹介してきました。 フォレスターは他車種と比べると、室内サイズが広く、乗り心地に関しても良い評価を受けています。 XVは価格面、ガソリン車の燃費性能が他より優れている車種で、特に1. 6Lガソリン車は他車種より60万以上安く購入が狙えます。 レガシィアウトバックは価格は高いですが、車体サイズが大きく、迫力がある車種で、乗り心地に口コミにも高い評価が寄せられていました。 スバルの各SUV車は車種別に優れている点が多数あるので、室内を重視するならフォレスター、価格や燃費を重視するならXV、迫力や乗り心地の評価を重視するならアウトバックなど、目的別に車種を選ぶのもいいかもしれませんね。 愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれるのは楽天査定! 「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」 「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」 「下取りで値引きを大きくしたい…」 「新車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 などあなたにも 悩みがあるのではないでしょうか。 1,値引きを大きくして 新車を安く買いたい! 2,愛車を高く売りたい! こんなあなたの望みを叶える オススメの裏ワザを ご紹介します! 下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る! ディーラーで20万円の下取りが 一括査定を使い80万円になることも 多々あります。 一括査定ではあなたの 愛車をガリバーなど 大手下取り会社の 複数業者が 無料査定をしてくれるのです。 ここで出た 最高値で 車を売却することができます。 またその最高値を ディーラーに伝え 値引き交渉に使うことで 値引きの限界を引き出す ことも可能です。 一括査定を使うことで 愛車を最も高く 売却することが出来るのです。

次の