沖 ドキ 撤去 日。 【スロット設置期限延長決定】旧基準機はいつまで打てる?主な機種の撤去日まとめ

パチスロ【沖ドキ】はいつまで打てるのか??撤去日はいつ??

沖 ドキ 撤去 日

すでにネットなどで報じられている通り、パチンコ・パチスロの旧基準機、いわゆる パチンコのCR機と パチスロの5号機の 設置期間延長が決まりました。 これは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によるもので、現状での新基準機(P機、6号機)への入れ替えが困難であることや、台の入れ替え作業による感染拡大を防止するための措置となっています。 このコロナ禍で、ホールの休業やパチンコへのバッシングなど、いろいろとあっただけに素直に喜べるものではないですが…、ホっとしている人も多いのではないでしょうか。 我々、珍めりもさよなら予定日が伸びたことに関しては安堵しています。 さて、細かい経緯などは後半で説明するとして、まずは 暫定版のパチスロさよなら予定日カレンダーをご覧ください(パチンコは後日掲載)。 なお、暫定版となっているのは、現状わかっている情報を元に作成したからであり、今後の情報次第で日付などは変更される場合があります。 あと、 約5年分の機種のさよなら予定日を列挙しているのでカレンダーが長いです…(汗)。 タイプ別やさよなら予定日による 絞り込み機能をご活用下さい。 ちなみに、パチンコ・パチスロ産業21世紀会とは、遊技業界の健全な発展を目指して、業界各団体の相互の連携と意志の疎通を図るために結成された、業界14団体からなる組織。 今までにものめり込み(依存)問題への対応や、不正撲滅、遊パチの促進などに取り組んでいます。 具体的に決議されたのは下記の通り。 元々のさよなら予定日が2020年年内だったか、2021年以降だったかによって延長期間は異なりますが、いずれにせよ 高射幸機(高射幸性遊技機)に関しては手加減ナシといったところでしょうか。 イメージがしにくい方のために図解でもどうぞ。 21世紀会の決議を受けて、さよなら予定日カレンダーを組んだわけですが、現状ではいくつか気になるところも……。 疑問点やポイントをまとめてみました。 メーカー団体が特に高い射幸性を有すると区分した遊技機で、先に出た業界6団体によりリストが作成されています。 パチンコは大当り確率399分の1など、現在ホールに置いてない機種のみなので今回のさよなら予定日延長にさほど影響はありませんが、パチスロは人気どころの 「サラリーマン番長」や 「ゴッド凱旋」などが含まれています。 具体的なパチスロの高射幸機はさよなら予定日カレンダーから抜粋したので、下記の表をご参照下さい。 ちなみに、ネットなどでも話題となっていた 「沖ドキ」は高射幸機には該当しませんが、 2020年5月19日までに認定が切れていた地域では(規則改正は5月20日施行のため)、延長措置は認められない模様……。 ただ、ハナビに関しては検定通過日の異なる 「マットブラックver. 」や 「白夜ver. そのため、当初2020年12月1日~12月31日にさよなら予定日を迎えるはずだったパチスロのノーマルタイプや、パチンコの羽根モノ・甘デジ・ちょいパチは、2021年10月31日まで設置が可能に!? パチスロでは 「ゴーゴージャグラー」と 「スーパーラクラクビスカス」のさよなら予定日が10月31日まで伸びるんではないかと!? どの機種を残していくかはホール次第なので、ほとんどが人気機種を残すと思われますが、 「今あの機種はあそこでしか打てない!」というマイナー機種を残すホールが現れて、これまで以上にホールの特色が出てくる可能性も。 理由としては、延長された1年はメーカーからの部品などの供給が困難になることが想定され、保証書の作成・発行に必要な確認や点検において正確性を欠く疑いがあり、適切で安全な中古機の流通が行われない可能性があるためとのこと。 打つ側には大きな影響はなさそうですが、延長期間中に台が故障してしまった場合はどうなるんでしょ? 旧基準機の設置期間延長についてはまだ詳細がわかりきっていないので何ともいえないところですが、パチンコ・パチスロに関してはひさびさに明るい話題を聞いた気がします。 ユーザーサイドはともかく、このコロナ禍の影響で金銭的にも精神的にもダメージを受けたホールさんはとても多いと思うので、少しでもいろいろな負担が減っていればいいなぁと。 あとは、前回でも一部を取り上げましたが、規制改正直前の4月~5月19日までにさよならした機種は不憫でしたね。 個人的には最後にホールで「B-MAX」を打てなかったのがちょっと残念です。 そして、さよなら予定日が延びることはとてもうれしいことなのですが、パチンコ版の対象機種(2014年6月以降に検定を通過したCR機)はパチスロよりもさらに膨大な数あるそうで……。 いや~うれしいなぁ~。 というわけで、パチンコ版はしばしお待ち下さい。

次の

【スロット設置期限延長決定】旧基準機はいつまで打てる?主な機種の撤去日まとめ

沖 ドキ 撤去 日

人気パチスロ、初代「沖ドキ!」の撤去期限延期が決定しました。 なお5月19日以前に認定有効期限となった地域はそのまま撤去、5月20日以降に有効期限予定だった地域は2020年いっぱいまで延長される模様です。 25パイと30パイで認定期限に違いがあるようで、• 沖ドキ25・30パイ両方撤去が5月19日以前の地域:福井、和歌山、岡山、香川• 沖ドキ25パイのみ撤去が5月19日以前の地域:青森、秋田、神奈川、長野、石川、高知• 沖ドキ30パイのみ撤去が5月19日以前の地域:山形、滋賀、島根、愛媛 となる模様。 上記以外の地域では25パイ・30パイ共に撤去は2020年末まで延長と。 詳しい都道府県別沖ドキ撤去期限(以前の)と期限延長の内容とはこちらを参照。 いよいよ明日ドキドキ… いやっ 沖ドキ… 使用期限延長の是非が。 沖ドキってすごく射幸性あると思うけど、高射幸性機のリストには入ってなかったのか・・.

次の

沖ドキの設置期限が延長?GOD凱旋は予定通り撤去されるが…星矢はやっぱり最強戦士

沖 ドキ 撤去 日

blog. jp 認定申請が行えない機種 「パチスロ北斗の拳 強敵」や「パチスロガールズ&パンツァー」の遊技台導入はまだ記憶に新しいかと思います。 この時期導入された台は、自主規制により2015年4月1日以降に検定を取得した「新基準に該当しない」機種のため認定申請が行えません。 いずれも2018年に撤去されています。 blog. jp 5. 5号機について 前倒し認定により検定満了日が2018年2月1日の規則改正以降の場合、一律で2月1日が認定日となります。 認定の有効期間は3年間のため、認定申請すれば2021年1月31日まで設置可能です。 blog. jp いずれも規則改正によりギャンブル性が高い機種がどんどん撤去されていきます。 有利区間の設置、出玉規制が今後主流になり、一撃万枚などが実質不可能なっていく、、これを機に引退される方も多いのではないでしょうか。 規制の緩和などあちらこちらで騒がれていますが、恐らく5号機のような一撃性に富んだ機種を触れるのはあと数年です。。 思い入れのある台などはお早めに遊技することをお勧めします!!.

次の