エイペック ス 重い。 【楽天市場】ノースフェイス エイペックス【NN01300】(ランニング用品)キャップ 帽子:ヤノスポーツ

フォートナイトの推奨スペックを解説:低スペでも動く軽いゲームです

エイペック ス 重い

シンガーで作詞も担当するアンディが説明する。 「フルレングスのアルバムをリリースする前に、EPを出した方が賢明だと考えた。 その方がいい形で自己紹介できるような気がしたし、僕らの音楽には、急がず、少しずつ確実に親しんでもらいたい。 そうすることで、本物のファンがついてくれるように思うんだ」 多くの楽曲は、2001年のワープド・ツアーですでにオーディエンス相手に試されている。 「ワープド・ツアーは最高だったよ。 基本的に僕らを見に来てるんじゃないオーディエンスの前で演奏するわけだけど、反応はとてもポジティヴで、とても暖かかった。 正直、嬉しい驚きだったよ。 特にフレスノとかデンヴァーとかモンタナとか、初めて行った場所での手応えはすごく良かった」(アンディ) ワープド・ツアーは、バンド内の結束とバンド同士の絆を深めるにも最高の場だったという。 「まるでサマー・キャンプ! じゃなければ移動サーカス! 町から町へまるで人民大移動さ!」(アンディ) そしてこのワープド・ツアーで、アンディは自分のヴォーカリストとしての可能性を再確認したという。 「ある時7連ちゃんというのがあったんだ。 しかも、僕らの出番は早い時間。 まじに、喉への負担は相当のものだった。 けれどそれをやり遂げたことで自信がついたよ。 7日間連続で歌って、しかもそれなりに安定感があって、オレは正しかったと思った!」(アンディ) もう一つ、彼らが正しかったこと。 それは1999年の結成以来、自らのルーツに敬意を払ってきたことだ。 アンディ、アート、デイヴィッドの3人はアルメニア人である。 サミーは違うが、彼は彼でエイペックス・セオリーの地中海風へヴィ・グルーヴを担っている。 アルメニア人3人はLA育ち。 サミーはワシントン州チマカムの出身である。 彼らは若い頃から、ヘヴィ・メタルにポップにジャズにクラシックにと、ジャンルの隔たりなく音楽を吸収してきた。 しかし、いわゆる地中海風、中東風、東洋風と呼べる音楽の原点はそれぞれの家庭環境にあった。 アンディの父親はギリシャ系アルメニア人で、ギリシャとアルメニア両方の音楽が常に家で流れていた。 デイヴィッドの両親は、彼が幼稚園児の頃アルメニアからアメリカへ移住。 昔結婚式や他の祝い事で聴いた音楽の不思議な変拍子が、今も強い影響を残しているそうだ。 アートもアルメニア人だが、生まれはイラン。 幼い頃アメリカに移民し、まさにマルチ・カルチャーな人生を送ってきた。 「小さい頃から様々な国の音楽を聴いて育ったことが僕たちの耳を肥やしたんだと思う。 それをアルメニア語ではSLOOKHという。 僕ら特有のリズムや変拍子、マイナー・キーなど、不思議に思う向きもあるだろう。 けれど僕らにとっては、とても親しみやすいんだ」(アンディ) 楽曲はすべて、エイペックス・セオリーというバンド単位でクレジットされている。 メンバー一人一人が作曲面においてもアレンジ面においても大事な貢献者であることの表れだ。 「いつも一緒に曲を書いてるよ。 時と場合によってその方法は違うけど、そうすることで新鮮味を忘れないようにしてる。 スポンタネアスの美学だね」(アート) エイペックス・セオリーの歴史は、アンディとデイヴィッドがジュニア・ハイ(中学)で出逢ったところに始まる。 それは今から12年以上前の話しで、学校はハリウッドにあるアルメニア人学校だった。 アンディはもともとアコーディオンとピアノを弾いていて、ある時からドラムスに転向。 デイヴィッドはピアノからギターへ、その後ベースへと持ち替えた。 その後ハイ・スクールに進むと、二人は同じバンドでプレイしたり、違うバンドでプレイしたりしながら経験を積む。 そんな中、アンディとアートもバンド活動を通して知り合い、ただちに意気投合。 そこにデイヴィッドも加わって、エイペックス・セオリーの原型が生まれる。 それを機にアンディはドラムスを辞め、ヴォーカリストとして専念することを決断。 さっそく後任のドラマー探しが始まった。 ところが、彼らと同じ感性と目的意識を持ったドラマーはなかなか見つからない。 フラストレーションはたまる一方だ。 「あるヤツなんか、さっそうとキットの後ろに座ったのはいいけれど、僕らが曲をジャムり始めると変拍子について来れなくて、約30秒で挫折した。 すぐにジャム・セッションへ誘った。 サミーはサミーで実にヴァラエティに富んだバックグラウンドを持ち、技術力も高く、しかもいいヤツと来ていた。 白羽の矢はまっすぐに彼に向かって飛んでいった。 「僕はもともとロックンロール好きだった。 けど、ここ数年はほんとにいろんな音楽聴いてるし演奏してる。 ジャズ、インド音楽、ラテン、レゲエ。 これらのジャンルには、腕利きのドラマーがたくさんいるからね。 僕は、ロックの世界にジャズのアプローチを持ち込んでいると思う。 ポリリズムの使い方、ダイナミズム、変速ビート。 確かに、他の3人が慣れ親しんできたリズムの中には、最初とっつけないものもあった。 例えば、デイヴィッドが教えてくれたドラムンベースとかジャングルとか。 でも、僕と彼らは違う国の生まれかもしれないけど、一度楽器を持ってしまったら、そんなこと、どうでもよくなっちまうんだ」(サミー) 1999年1月、エイペックス・セオリーは一般公開された。 初めてのショウケース・ギグは伝統のトゥルバドールで行われ、その後彼らのライヴ・バンドとしての評判はうなぎ登り。 ハリウッド中のクラブを満員にしては、各レコード会社からのスカウトを引きつけてやまなかった。 しばらくして彼らはロキシーでのショウを収録し、自費でCDを制作してコンサート会場でファン向けに販売した。 その反応があまりに良かったため、自信を深めた彼らは2000年に、ヴァン・ナイズにあるスタジオでEPのレコーディングに取りかかった。 『extendemo』と名付けられたこのEPは、やはり自主ルートでリリースされた。 「レコード会社には全然送らなかったんだ。 音楽業界ってヤツに興味がなかったし、とにかく僕らが心で感じた音楽を書き、演奏することが大事って思った」(デイヴィッド) しかし、レコード会社からのアプローチはとどまるところを知らず、やがてドリームワークス・レコードのマイケル・ゴールドストーン氏から提示された素晴らしいオファーに、さすがの彼らも嫌とは言えなかった。 2001年に入ると、LAのNRGスタジオにプロデューサーのドン・ギルモアと共に入り、デビュー・アルバム用のレコーディングに着手。 アンディは、自分がもともとドラマーであったことが、作詞活動においてもプラスに作用していると言う。 つまり、彼の歌詞はその意味もさることながら、言葉のリズムやインパクトが非常に重要なのだ。 歌詞の多くは人間のアイデンティティについて歌っている。 そのほとんどは意識の流れ的手法によって生まれてくるそうだ。 従って、その解釈はリスナー次第で構わない。 それはバンド名にも言えること。 「エイペックス・セオリーという言葉は、自分たちが音楽を通して何を言いたいのか、何を達成したいかという話し合いの最中に出てきたんだ。 僕は、僕ら4人が一緒にいる時こそ、前進してるって実感がある。 そして高揚感も。 それは音楽的にも精神的にも言えること。 何事にもポジティヴでありたい。 その表れがこのバンド名なんだと思う」(アンディ) 「僕らの間でも、バンド名について異なる解釈がある。 けれど何が大事かって、そこに行き着くまでの過程なんだ。 今、僕らはまさにその旅の途中にある。 もし魂をかけることが出来たなら、必ずそこに到達できると僕は信じてる。 それがすべての基本であり、APEX THEORY(頂点の理論)なんだよ」(デイヴィッド).

次の

Apex Legends

エイペック ス 重い

スペック 必要動作環境 推奨動作環境 OS• Windows 10 64bit• Windows 8 64bit• Windows 7 64bit• Mac OS X Sierra 10. 4 GHz以上 Core i5 2. 8 GHz以上 メモリ 4 GB 8 GB グラボ Intel HD 4000以上 Intel HDは内蔵GPU GTX 660 — Radeon HD 7870 ストレージ 最低でも20 GBは必要 公式の必要動作スペックは、少なくともCore i3とCPUの内蔵グラフィックスが必要です。 しかし、フォートナイトは内蔵グラフィックスで動かせるほど、軽いゲームではありません。 推奨動作スペックを見てみると、CPUはせめてCore i5が必要で、グラボはGTX 660(またはHD 7870)相当の性能が必要と書いてある。 ただ、これでもフォートナイトを快適に動かすには不足気味。 公式サイトのスペックは基本的に「敷居低め」のスペックを掲載するため、参考としても微妙です。 というわけで、実際にデータを見ていくのが確実に方法です。 どれくらいで推奨スペック? まだまだ多くのユーザーが、ゲーミングモニターではなく普通のモニターを使っています。 だから、実用上は平均60 fps以上を出せるスペックなら十分なので、60 fpsを達成で推奨スペックという扱いに。 そして、ゲーミングモニターを使う場合は、少なくとも平均100 fps以上を出せるスペックを。 可能であれば、平均144 fps以上を安定して出せるスペックが必要なので注意してください。 144 fps以上:ゲーミングモニターを使うなら十分な性能• 100 fps以上: ゲーミングモニターで遊ぶなら最低でも必要• 60 fps以上:普通のモニターには十分、 ほとんどの人はこれでOK• 60 fps以下:慣れていないとキツイ (そして入力遅延が…オワタ) ゲーミングモニターを使っていないなら「 60 fps以上」が推奨スペックです。 ゲーミングモニターを持っている、または購入予定なら、少なくとも「 100 fps以上」が推奨スペックになります。 参照元: テスト環境とデータ• CPU: Core i9 9900K• メモリ:DDR4-3200 8 GB x2( 合計16 GB)• SSD:Samsung 850 Pro• OS:Windows 10 Pro 64bit• ドライバ:NVIDIA 417. 3 データは米PC Gamerより参照します。 計測に使われたテストスペックは以上の通り。 CPUにトップクラスのゲーム性能を持つ 「」を使い、 メモリは16 GB搭載。 フォートナイトをインストールする ストレージはSSDです。 グラフィックボードの足を引っ張る要因はほとんど無いため、 グラボの性能を忠実に計測できるスペックになっています。 ゲーム側の設定は「低」「中」「エピック」の3種類を使い、画面のサイズ(解像度)は定番のフルHDに加え、もっと大きいWQHDと4Kも検証された。 では、以下より性能比較の始まりです。 RTX 2080 Ti 396. RTX 2080 395. RTX 2070 394. RTX 2060 385. GTX 1080 Ti 394. GTX 1080 394. GTX 1070 Ti 382. GTX 1060 6GB 348. GTX 1060 3GB 347. GTX 1050 Ti 241. GTX 1050 222. RX 590 330. RX 580 8GB 294. RX 570 4GB 276. Ryzen 5 2400G 87. Intel HD 630 31. 4 GeForce 20 GeForce 10 Radeon RX Intel もっとも画質の粗い「低設定」なら、どんなグラボを使っても余裕で平均60 fpsを突破します。 内蔵GPUの「Ryzen 5 2400G」でも平均60 fps超えですし、Intelの内蔵GPUでも平均30 fpsでした。 低予算で頑張るなら、1. 3万円から買える 「GTX 1050」でフォートナイトの低画質は問題なく動きます。 RTX 2080 Ti 281. RTX 2080 279. RTX 2070 276. RTX 2060 271. GTX 1080 Ti 275. GTX 1080 273. GTX 1070 Ti 270. GTX 1060 6GB 237. GTX 1060 3GB 223. GTX 1050 Ti 151. GTX 1050 137. RX 590 226. RX 580 8GB 205. RX 570 4GB 184. Ryzen 5 2400G 57. Intel HD 630 19. 7 GeForce 20 GeForce 10 Radeon RX Intel 次は「中設定」の場合。 さっきより多少は重たくなったが、ほとんどのグラボが平均60 fpsを突破しています。 この場合も 低予算で行くなら「GTX 1050 Ti」で全く問題ない。 RTX 2080 Ti 198. RTX 2080 184. RTX 2070 178. RTX 2060 141. GTX 1080 Ti 188. GTX 1080 157. GTX 1070 Ti 149. GTX 1060 6GB 99. GTX 1060 3GB 92. GTX 1050 Ti 60. GTX 1050 52. RX 590 93. RX 580 8GB 84. RX 570 4GB 75. Ryzen 5 2400G 22. Intel HD 630 8. 4 GeForce 20 GeForce 10 Radeon RX Intel 次はもっとも高画質な「エピック設定」です。 ようやく重たくなってきた、それでもGTX 1050 Ti以上のグラボなら平均60 fpsを維持できているので、フォートナイトは非常に軽いゲームです。 コスパ良く行くなら平均100 fps近い 「GTX 1060 6GB」を。 ゲーミングモニターを使うつもりなら、平均140 fps超えの 「RTX 2060」がコスパ良好なのでオススメします。 RTX 2080 Ti 169. RTX 2080 136. RTX 2070 117. RTX 2060 88. GTX 1080 Ti 134. GTX 1080 101. GTX 1070 Ti 95. GTX 1060 6GB 61. GTX 1060 3GB 56. GTX 1050 Ti 36. GTX 1050 32. RX 590 58. RX 580 8GB 51. RX 570 4GB 47. 1 GeForce 20 GeForce 10 Radeon RX フルHDより約1. 8倍ほど大画面な「WQHD」も見ておく。 ちなみに、アスペクト比が21:9の横長なモニターを使う予定なら、このデータでどのグラボが必要か確認しておきましょう。 平均60 fpsはだいぶキツくなっていて、少なくとも「GTX 1060 6GB」や 「RTX 2060」が必要です。 WQHDサイズのゲーミングモニターを使うなら、最低でも 「RTX 2080」は必要ですね。 やや敷居が高くなりました。 RTX 2080 Ti 88. RTX 2080 67. RTX 2070 57. RTX 2060 38. GTX 1080 Ti 66. GTX 1080 49. GTX 1070 Ti 46. GTX 1060 6GB 29. GTX 1060 3GB 25. GTX 1050 Ti 16. GTX 1050 7. RX 590 27. RX 580 8GB 23. RX 570 4GB 21. 8 GeForce 20 GeForce 10 Radeon RX 最後はフルHDより4倍も大きい「4K」解像度をチェック。 さすがに重たいですね。 やはり…4Kでゲームを動かすには、単体で 最強性能の「RTX 2080 Ti」がベストです。 フォートナイトの推奨グラボまとめ• などのゲーミングモニター(144 Hz)でフォートナイトをするなら 「」がベストなグラボ。 平均140 fpsくらいで動作するので、ゲーミングモニターを十分に活用できます。 フォートナイトとCPUボトルネック 「CPUも重要なのか?」と思われるかもしれないが、最近のゲームは驚くほどCPUをしっかりと使う傾向があるので、性能の低いグラボだと「動作がカクカク」するなど。 不安定な原因になります。 そして、グラフィックボードに性能の良いモノを使う場合は、CPUの性能が足を引っ張っても生じる。 だから意外とCPUは重要です。 Core i9 9900K 286. Core i7 8700K 279. Core i5 8400 234. Core i3 8100 214. Ryzen 7 2700X 219. Ryzen 5 2600X 210. Ryzen 5 2400G 152. 7 第9世代インテル 第8世代インテル AMD Ryzen Core i9 9900Kが一番優秀ですが、実用上はCore i7 8700Kでも問題ないですね。 コスパ良く選ぶなら、そこそこフレームレートを叩き出せているCore i5 8400でも十分です。 一方、AMD Ryzenシリーズはスペックの割にはフレームレートがあまり伸びないことが、よく分かります。 特に理由がないなら、インテルCPUを選べば間違いない。 Core i9 9900K 188. Core i7 8700K 184. Core i5 8400 171. Core i3 8100 158. Ryzen 7 2700X 156. Ryzen 5 2600X 151. Ryzen 5 2400G 113. 4 第9世代インテル 第8世代インテル AMD Ryzen エピック設定でも傾向はほとんど同じで、Ryzenシリーズは性能の割にフレームレートが伸びず、インテルCPUは効率よくフレームレートを伸ばすことができます。 フォートナイトに最適なCPUまとめ 用途と目的 最適なCPU 普通のモニターでプレイ• Core i5 8400• Core i5 9400F ゲーミングモニター• Core i7 8700• Core i7 8700K• Core i7 9700K ゲーム実況配信もする• Core i9 9900K 普通のモニターでフォートナイトをするなら、ほとんどの場合は6コア搭載のCore i5シリーズで問題なし。 最新なら を、型落ちなら「Core i5 8400」を選びましょう。 ゲーミングモニターでプレイする場合は、出来る限りフレームレートを無駄にしてはいけないので、高速なCPUが最適。 最新なら を、型落ちは「Core i7 8700K」でOKです。 更に、フォートナイトをしながら同時にゲーム実況配信(例:OBSなど)を行う場合は、8コア16スレッドは必要になるのでをおすすめする。 ちなみにRyzen 7はOBSと相性が悪いので注意。 フォートナイトに必要なメモリ 公式サイトのスペックには、最低でも4 GBが、出来れば8 GB以上のメモリが必要と書いてありました。 実際のところはどれくらいのメモリがフォートナイトに必要なのだろうか? メモリの使用量は少ない Fortniteのメモリ使用量(単位 : GB)• GTX 1080 8GB 5. GTX 1060 6GB 4. GTX 1060 3GB 5. GTX 1080 8GB 5. GTX 1060 6GB 5. GTX 1060 3GB 5. GTX 1080 8GB 5. GTX 1060 6GB 5. GTX 1060 3GB 6. 28 1920 x 1080 2560 x 1440 3840 x 2160 3種類のグラボ、3つの画面サイズ(解像度)でメモリ使用量をまとめた結果です。 フルHDだと、だいたい5 GB前後しか使いません。 4Kになると使用量が増えていますが、それでも最大6. 3 GBしかない。 フォートナイトをプレイするだけなら、メモリは8 GBで足ります。 ただし、 同時にネットで調べ物をしたり、Youtubeを見たいという場合は。 16 GBをおすすめします。 Google Chromeというブラウザは、驚くほどメモリを消費するので、余裕はあった方が良い。 フォートナイトの推奨スペックまとめ グラボは「GTX 1060」「RTX 2060」でOK 解像度 モニター 推奨グラボ 1920 x 1080 普通(60 Hz)• GTX 1060 6GB 2560 x 1440• RTX 2060 3840 x 2160• RTX 2080 1920 x 1080 ゲーミング(144 Hz)• RTX 2060 2560 x 1440• RTX 2080 3840 x 2160• RTX 2080 Ti 普通にフルHDモニターでプレイするなら 「GTX 1060 6GB」を。 ゲーミングモニターを使うなら 「RTX 2060」が性能的にもコスパ的にも最高です。 それよりも大きい画面のWQHDや4Kは、表にまとめてある通り 「RTX 2080」や「RTX 2080 Ti」といった、ハイエンドグラボを検討してください。 CPUはCore i5(6コア)以上 用途と目的 最適なCPU 普通のモニターでプレイ• Core i5 8400• Core i5 9400F ゲーミングモニター• Core i7 8700• Core i7 8700K• Core i7 9700K ゲーム実況配信もする• Core i9 9900K 普通のモニターで平均60 fpsのキープなら 「Core i5 9400F」で余裕です。 ゲーミングモニターを使う場合は、常に高いフレームレートを維持する必要があるので 「Core i7 9700K」がおすすめ。 配信など、 重たい処理を同時に行う場合は「Core i9 9900K」を使おう。 AMD Ryzenは配信ソフトとの相性に難ありで、ボトルネックもCore i9と比較すると大きいので、特別な理由が無いならオススメしない。 メモリはとりあえず8 GBで足りる 用途と目的 メモリ容量 フォートナイトをプレイ 最低 8 GB 同時にネット見る 16 GB欲しい リアルタイム配信 余裕持って 16 GB フォートナイトだけなら、メモリは多くても6 GBしか消費しないため、 少なくとも8 GBのメモリがあれば問題なし。 ただ、同時に他のアプリと使うのであれば、余裕を持って16 GBのメモリを搭載すること。

次の

Apex Legends

エイペック ス 重い

韻を踏んだような響きが面白い作品名のカードマジック、エイペックス・エーセス。 エイベックスではありません、エイペックスです。 このマジックそのものはかなりポピュラーで、演じている人も多いと思うのですが、意外とこの名前が知られていない手品でもあります。 バリエーションが多いからという理由もありそうです。 原典の手順ではこの言葉も演出として出てきます。 「」掲載手順です。 なお、便宜上、この作品のクレジットをフランク・ガルシアとして表題を書きましたが、実際にはこれははっきりしないという見方もあります。 フランク・ガルシアは20世紀の奇術に大きな足跡を残した人物ですが、作品のクレジットをはっきりせず、他人の作品を自分名義で発表したりといったこともあった人です。 この作品が発表された「Close-Up Card Magic」はハリー・ロレインの著ですが、そこでは「フランク・ガルシアが彼の手順の発表を許可してくれた」と書かれています。 「カードマジック事典」でも同じく、フランク・ガルシア名義で紹介されています。 本記事でも、上記に倣ってフランク・ガルシア名義として紹介することとします。 エイペックス・エーセス では、動画をアップしてありますので、よろしければご覧ください。 4枚のエースが1枚ずつ消えてゆく方法論は、単純にして効果的、さらに手法的な自由度も高いといった具合で、理想的な古典の風格を備えています。 この動画ではあまり変わったことはせず、出来るだけ原典の解説通りの再現を試みてみました。 ただ、3枚目のAが消えた後にデックをファンにして改めるよう指示があるのですが、その部分だけうっかり忘れています^^; それから、本記事は「」のカテゴリにも入れているわけですが、その点でひとつお断りしておくことがあります。 それは、この動画の手順は「カードマジック事典」掲載の手順どおりではないということです。 正確に言えば、「カードマジック事典」掲載の手順は、元々発表された原典手順の前半部分のみで構成したものです。 それに対して、私の動画では元々の後半も含めたフル手順の形で演じています。 「カードマジック事典」掲載手順のみならず、この作品を演じているほとんどの人が、この後半部分を切り捨て、あるいは変更して演じている印象です。 実際、今回の動画を作るために原典の手順を読んで再現してみたわけですが、これはエイペックス・エーセスとしては今まで全く見たことのない手順でした。 読んで、実演してみた感想ですが、確かにこの後半部分は結構複雑でマニアックで、省きたくなるのも無理からぬことかな、という印象です。 前半部分がすっきりと単純で、マジシャンの仕事も少ないのに対して、後半では色々と細かく気を遣う部分が出てきます。 「カードマジック事典」の解説では、4枚目のAを客の手でデックに置いてもらい、それを真ん中に入れた後スプレッドすると、再び4枚のAが出現する、という流れです。 一番シンプルなパターンですね。 それ以外にエイペックス・エーセスのバリエーションとしてよく見かけるのは、現象として演じるパターンです。 それらの手順では、客の選んだ3枚のカードとか、同数の3枚のカードが出現する、というエンディングとなります。 この種の、エイペックス・エーセスに続けてのコレクター現象というのは、後年考案されたパターンというわけではなく、すでに原典の「Close-Up Card Magic」の中で、Jay Oseによるバリエーションとして紹介されています。 コレクターとしての手順があまりに一般化しているので、エイペックス・エーセスではなくコレクターという名称で、この手順を紹介しているDVD等もあるぐらいです。 しかし個人的には、ちゃんとエイペックス・エーセスという作品名で発表されており、原典においてすでにコレクターのバリエーションが紹介されているのですから、この作品はコレクターではなくエイペックス・エーセスと呼ぶのがふさわしいのではないかと思います。 何より、現象のポイントとしては、他のカードを集めてくる要素よりも、Aの消失と出現のほうが主題なわけですから。 (もちろん、見せ方によって異なってくるのは言うまでもありません。 ) 話が逸れましたが、再び今回の動画で紹介した、原典手順の後半部分への考察に戻ります。 上で、複雑でマニアックとは書きましたが、その反面、この手順の狙いも理解は出来る気がします。 「カードマジック事典」掲載の手順では、消えたAが再度そのまま出現するわけですが、このとき裏向きデックの中央あたりに、1枚置きに表向きに並んだ状態で出て来ます。 この部分を、4枚のエースの出現現象として、手順構成とかマジシャン的都合などの色眼鏡抜きで純粋に見るならば、1枚置きに並んで出てくるというのは何となくおかしい気がするのです。 4枚固まって出てくるか、さもなくばデック全体に離れた状態、どちらかにしたい。 中央あたりに固まっているが、1枚置きに並んでいるというのはどうも気持ちが悪い。 おそらく、原案手順の後半部分は、そのような感覚で構成されたものなのではないでしょうか。 コレクター現象にすれば1枚置きに出てくる理由は付くが、その場合消失現象としての純粋さを損ないかねない。 Jay Oseによるコレクター的手順が、メイン手順ではなくバリエーションとして紹介されているのも、そういう判断でしょうか。 勝手な想像ですが。 それから、作品の「エイペックス・エーセス」という題名です。 これはただの作品名というだけではなく、手順の冒頭で、「スペードのAはエイペックス(てっぺんの)・エース」である、と言うように指示されています。 そしてこの前振りが、後半のスペードのAによる現象につながってくるわけです。 このように考えてくると、フランク・ガルシアがこの手順でやりたかった事というのは、むしろ後半部分の方なのかも知れません。 「エイペックス・エーセス」という名前をガルシアが付けたのだとすれば、ですが。 エースが消えてまた出てくる、という現象だけでは、「てっぺんのエース」という名前はそぐわないような気もします。 以上はもちろん、私の想像に過ぎません。 エイペックス・エーセスを解説した文献等 エイペックス・エーセスは東京堂出版の「カードマジック事典」に掲載されています。 325ページの「消えていくA」という作品がそうです。 また、英語での原典はハリー・ロレイン著「Close-Up Card Magic」に掲載されています。

次の