愛し てる っ て 最近 言わ なくなっ た の は。 エッチの時しかキスしないし「愛してる」と言わない既婚男性の気持ちとは?

僕はこれで浮気をやめました!浮気男が妻に言われて目が覚めた一言3選

愛し てる っ て 最近 言わ なくなっ た の は

おばんです! イヌサーンを迎えた結果、規則だだしい生活をしすぎて久しぶりの夜更かしです。 いうてまだ0時代ですけども。 ココ最近22時には寝てたのでマジで夜更かしなんだが? 最後に行ったライブから2ヶ月たとうとしています。 になって7年ですか。 7年も続けてると思いませんでした!その間で1番ライブに行ってないですね。 正直、職場の状況から言って緊急事態宣言が解除になっても元のとおりになるかと言われたら難しいです。 ほら、いつ会えなくなるか分からないじゃない笑。 もしかしたらあの時が最後だったかもと思って生きるのって本当に嫌だなと思う。 そんなことあるわけないと何となく思っている、うすら平和な精神も気持ち悪いけど。 でも実際のところ人間はそういうことが起きないと実感しないもんである。 好きな人への後悔も、ほんとうに何かが起きないと生まれないのだ。 ライブがあった時は沢山言いたいことがあっていっぱい伝えようと思ってたんだけど、ライブとか諸々なくなってそういうの全部消えたみたいな感覚が絶妙に怖くてなんとも言えなくなる。 何が理由であれ、何かが無くなったり失せたりするのは自然の摂理だと思いつつ、無くなってから悲しくなったりしたことも多々あって、毎度これは摂理として受け入れるべきなのか、何としてでも離さないでおくべきなのか迷ったりする。 わたしはお金が無くなることよりもその人に対する感情が無くなることの方が怖いかもしれない。 あれ、昨日はあんなに好きだったのに?ということなんてざらにあるし。 なんでこんなに今日は好きじゃないんだろう、この前はあんなに好きって誓ったのに?なんて私は薄情なんだ、それでもこれが私だし、あー次産まれたらもっと何も考えないで死ぬまで好きって言えるような子になるね。 みたいな。 そうやって精神を病んだりめちゃくちゃになったりすることも無く2ヶ月たとうとして、たまにそうやって気持ちが消えかけてることに対して焦ったりするも暴れる気力は何故かなくて、ああこうして人は慣れて行くのだなとなんとなく悟った気でいたけど世界一かっこいい音楽を聴いたらちゃんと精神がザクザクしたのでやったぁ!みたいな気持ちになりました!すごい! をして出た血が生きてる証拠に思えるように、私は精神がグチャグチャになることでしか生きてることを実感できねぇなと最近心底思う。 そのグチャグチャはどんな薬を飲んでも治らなくて、泣きたい時はなくし怒りたい時は怒るし、強いていえば君の過剰摂取で麻痺するくらいしか鎮静剤はない。 あーーもーーーめちゃくちゃになりたいしめちゃくちゃにしたい。 そんなことを考えてる。 わたしは、来世もきっと悪い子だ。 BAKUBAKUtbrz.

次の

好きだ。愛してると言われましたが…。閲覧有難うございます。ネットで知り合った男性が居ます。...(新着順)

愛し てる っ て 最近 言わ なくなっ た の は

「『好き』とか『愛してる』とか、そんな過剰一般化された薄っぺらい愛のささやきはいらないんだよ」 そんなこと言われましても、先生。 他になんて言えばいいか、俺にはわからないんすけど。 だって露伴のこと、好きで好きで、好きっていうか大好きで、もっと言えば愛してる。 大好きの最上級は、愛してる、っすよ。 「じゃあ、その、『愛してる』って言葉の最上級は?」 え〜、なんすかね。 なんだろう。 マジに思い浮かばねえ。 つか、なんでそんなこと聞くんすか? 「君が、馬鹿の一つ覚えみたいにそんな言葉しか使わないから、ボキャブラリーを増やしてあげようかと思ってね」 はは、そりゃあご丁寧にどうも。 でも、わかんないもんはわかんないっすよ。 先生は何だと思います?「愛してる」の最上級って。 「僕に聞くな。 君のためを思って僕が質問してやったのに」 ああ、すんません。 ……(結局、絶対自分もわかってないんすよね!露伴、全然そんなこと言ってくんねーし、考えたこともねーんだろうな。 なんか、むなしくなってきた。 *** 「気味が悪いな。 どうした、黙りこくって」 「露伴から言われたことないと思ってつらくなってたんすよ」 「何を」 「愛の言葉」 その夜、俺は露伴と二人でベッドの上にいた。 最近は学校を終えると直接ここに来て、露伴の家に泊まることがすごく増えた。 明日はちゃんと家に帰ろうと思う。 俺がすっかり黙ってしまった理由はというと、先ほど露伴に問われた愛の最上級についての答えがまだ見つからない、ということよりも、露伴が俺に愛の言葉をくれた試しがないという事実に気づいてしまったためである。 思ったより、俺は結構がっくりきていたのだ。 「俺ばっかり、馬鹿みたいじゃないっすか」 「?君は、馬鹿だろう」 「そういう問題じゃないっすよ…。 もういいっす。 寝ます。 おやすみなさい」 こんなことでふて寝する自分はやっぱりガキで、馬鹿なんだろうなと思いながら、俺は露伴に背を向けて瞼を閉じる。 いや、何が「こんなこと」だろう。 実際、恋人の間では大事な問題だと思うのだ。 恋人から好きだ、とか、愛してる、といった類の言葉を聞くことができないのは、少しばかり相手の愛を疑ってしまうことにはならないだろうか。 露伴は薄っぺらいと言ったけれど、そういった言葉一つで安心もできるし、不安にもなるのだ。 露伴は、俺からたくさんの愛の保証を言葉で受けてきたわけだが、一方俺は露伴から何をもらえただろうか。 露伴は俺のこと、本当に好きなのだろうか。 * * * 「仗助」 呼んでも、仗助は目を覚まさない。 こいつ本当に寝やがったのか。 おやすみなさい、と、不機嫌な声色で言われてからも僕は無視してしばらく本を読み続けていた。 いつもなら、結局寝れずに僕の愛読書を取り上げて、抱きつくなりなんなりするくせに、今夜は完璧にふて寝を決め込んだようだ。 何をそんなに不機嫌になる必要があるのだろうか。 僕が毎日のように自宅にやってくる仗助を家にあがらせて、泊まらせて、あげくそのでかい体をこの体で受け入れてやっているのに、一体何が不満なのだろう。 それだけじゃ、足りないというのか? 僕は確かに、彼に愛の言葉を伝えたことはなかったかもしれないが、それ以外に愛を感じるところはいくらでもあるだろう。 見落としているのは君の方だぞ、仗助。 「おい」 体を揺すっても仗助は起きない。 さて、どうしたものかと僕は悩んだ。 このまま寝ても、いかんせん目覚めが悪い。 明日は朝から天気がいいのに、目覚めが悪ければせっかくの快晴の1日が台無しになる気がする。 ため息をつきながら、僕は寝返りを打ってこちらに向いた仗助の顔を撫でる。 本当に、端正な顔立ち。 あのリーゼント頭をやめて黙っていれば、世の中の大半、そのへんの男だって惚れてしまいそうだ。 しかしこの僕は、奇妙なヘアスタイルかつ生意気で卑怯でやたらうるさいこの青年とうっかり恋に落ちてしまったわけだが。 なぜ自分が彼の手中に収まってしまったのかは正直よく覚えていない。 ただ、事あるごとに彼が僕に会いに来たり、僕と町中で出くわしたりした時に見せる笑顔が、僕は今でも忘れられないでいる。 会うたび心底嬉しそうな顔をしたものだ、あの頃のこいつは。 では、今はどうだろう、と思って、僕は隣で眉間にしわを寄せながら眠る恋人の顔を見る。 あの頃みたいに輝くほどの笑顔を見せたことが最近、あっただろうか。 そこまで考えて、僕は彼に対する態度を少し反省した。 恋人になった今、会うことが当たり前になりすぎて、それくらいで仗助はあの時ほどの笑顔を見せることがなくなってしまったということだろうか。 そうであるなら、僕は努力不足なのだろう。 「仗助、起きろ」 何度か体を揺すると、んん、と低い声を出して仗助は目を開けた。 「僕は、君を愛しているんだぞ」 仗助は眠さで、始め僕が何の事を言っているのかわからなかったらしかったが、やがて理解すると、クスッと笑って上体を起こした。 「『そんな過剰一般化された愛のささやきはいらない』んすけど」 僕をからかうように、仗助は言う。 「教えてくださいよ。 『愛してる』の最上級って何なんすか、先生?」 僕は返す言葉が見つからなくて、ごまかすように仗助の唇に口づけた。

次の

エッチの時しかキスしないし「愛してる」と言わない既婚男性の気持ちとは?

愛し てる っ て 最近 言わ なくなっ た の は

愛してると言われましたが…。 閲覧有難うございます。 ネットで知り合った男性が居ます。 10歳ほど年上で出会いを求めてる意味ではなく、知り合い、あるいは友人を作りたくて出会いました。 向こうから良く好きだ愛してると言われました。 が、久びさに出会ったSNSを見たら最近、良くアクセスしていて、プロフも詳細に書き直ししていました。 最近はLINEが一日一回来るか来ないかです。 転職したから忙しさもあるかなとは思います。 久びさに人を好きになりましたが、信用して好きで居続けても大丈夫でしょうか?少し自信がなくなっています。 見切りをつけた方がいいでしょうか アドバイスお願いします• よく見抜いていくしかないよね。 自己責任だし。 プロフ更新は、他の人も探してるってことだね。 普通に考えて。 その時点で彼の言う「愛してる」の安さが分かるじゃん。 ネットで簡単に知り合えるような男は、高が知れてる。 建前だけのデートやヤリ捨てを繰り返す人は多いよ。 遊び目的ってそういうことだよね。 遊びなら同時進行だって普通にするだろうし。 ただの気休めで会うつもりだったけど、案外良かったから付き合ってみたりとか。 中にはそういうこともない訳ではないだろうけど。 そもそも男って、本命と遊びのくくりは端から腹の中でしっかり区別付けてるものだから。 興味ないけど、ヤレればラッキーってノリは普通にあるし。 女とは根本的に違うんだよ。 最終手段としては、真面目に付き合うことにするかどうか聞いちゃえばいい。 それがプレッシャーになるなら、勝手に向こうからいなくなる。 何もかも嘘付いて付き合うような男は、いよいよクズだけどね。 状況よく見ずにこっちからしがみ付けば、いつの間にかセフレ落ちにされる可能性もあるから。 慣れてないならよく気を付けた方がいいよ。 でも、このあやふやな状態、自分でも「何なんだろう」と思わないか?主も書いてるように転職でそこまで余裕が無いのかも知れない。 ならば、余裕が出たら普通に付き合えて幸せを感じられるのか、そこをハッキリしないと動きようがない、と言うのが現状じゃないか? 主が一人で考えても相手のあることだから、結論は出ない。 会えなければラインでも電話でもメールでも何でもいいから、相手の考えを聞け。 そこで相手の「言ってること」が本気なのか建て前なのか、そこを判断して今後の判断にしたほうがいい。

次の