ずっと ドコモ 割 コース。 ドコモ 「更新ありがとうポイント」をもらう方法と無駄のない使い方とは?

ずっとドコモ割/フリーコース/更新ありがとうポイントのメリットデメリットまとめ

ずっと ドコモ 割 コース

カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」は、2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了いたします。 現在、ご契約中のお客さまは、2019年6月1日(土曜)以降もカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプラン間の変更、およびキッズケータイプラスからカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプランへの変更が可能です。 通話も通信もおこなう方向けのスタンダードなプランです。 インターネットをご利用いただくためには、spモード(300円/月)などのご契約が必要となります。 お申込み: 必要• ご注意事項• 「カケホーダイプラン」または「データプラン」のみを申込まれる場合は、オンラインお手続きではお申込みできませんので、またはにてお手続きいただきますようお願いいたします。 2年間同一回線の継続利用が条件となり、料金プランの変更、契約変更および解約のお申出がない場合、自動更新となります。 契約期間内での回線解約・定期契約のない料金プランへの変更時などには、9,500円の解約金(フリーコースの場合は不要)がかかります。 ただし、契約満了月の当月、翌月、翌々月はかかりません。 解約金は、お手続き当月のご利用分に対する請求時にあわせて請求させていただきます。 なお、各月1日でのお手続きにより解約金が生じた場合のみ、お手続き前月のご利用分とあわせて解約金を請求させていただきます。 海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)特番、(104)の 番号案内料、衛星電話/衛星船舶電話、当社が指定する電話番号(機械的な発信などにより、長時間又は多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号)などへの発信は定額の対象外となります。 詳細は「」をご確認ください。 通話の発信回数制限や通話時間経過による従量課金はありません。 ただし、ファミ割間無料通話と同様に、通話が連続して長時間におよぶなど、当社設備に影響をおよぼすと当社が判断した場合は、当該通話を切断することがあります。 フリーコースの場合も、月額基本使用料は同額です。 各プランに指定された区分以外のデバイスにドコモUIMカードを挿入してドコモのネットワークを利用した通信を利用した場合は、実際に利用したデバイスに応じて料金が変更となる場合があります。 全プラン無料通信分はありません。 インターネットサービスをご利用の場合は、spモード、mopera U(シンプルプラン、Uスタンダードプラン)などのインターネット接続サービスのご契約が必要となります。 ただし、spモード(iモード契約可)、mopera U(Uライトプラン、Uスーパーライトプラン)はご契約できません。 以下の割引サービスは、基本プランでは契約できません。 契約中の場合は廃止となります。 Xiカケ・ホーダイ、Xiパケット定額サービス、FOMAパケット定額サービス、ファミ割MAX50、ひとりでも割50、(新)いちねん割引、継続利用割引サービス、ゆうゆうコール、WORLD CALLいっかつ割引、ビジネス割50、ドコモへスイッチ学割、ドコモの学割、学生家族いっしょ割、キッズ割、プラスiPhone割、プラスXi割、Xiデータプラン ライト割、ドコモにのりかえ割、ドコモへスイッチ割、ドコモへおかえり割 など• 基本プラン(キッズケータイ除く)では、以下のパケットパックが契約できます。 ベーシックシェアパック、ウルトラシェアパック、シェアパック5/10/15、ベーシックパック、ウルトラデータL/LLパック、データS/M/Lパック、らくらくパック、ビジネスベーシックシェアパック、ビジネスシェアパック5~3000、ウルトラビジネスシェアパック30/50/100• 基本プランは、ファミリー割引もご契約が可能です。 ハーティ割引は、カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、シンプルプラン、データプラン、キッズケータイプラスの定期契約なしプランで契約でき、割引額は一律1,700円となります。 (キッズケータイプラスの場合の割引額は500円となります。 基本プランの基本使用料は、ご利用日数にかかわらず日割り計算しません。 ただし、新規契約(MNP含む)と同時のお申込みの場合に限り、お申込み月の基本使用料は日割されます。 (新規契約と同時のお申込みであっても、同月内に変更・解約・廃止等(月末予約での変更・廃止の場合を除く)された場合には日割りで計算いたしません。 基本プラン(キッズケータイプラスを除く)間の変更の場合、同月内で最も高いプランの料金が適用され、それ以外のプランの料金はかかりません。 ただし、カケホーダイライトプランおよびシンプルプランを含むプラン変更の場合、基本使用料は同月内に最も高いプランの料金が適用され、併せてカケホーダイライトプランおよびシンプルプランで契約中に発生した通話料が課金されます。 Xi同士、FOMA同士のカケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更時の手数料はかかりません。 ただし、プラン変更回数としてカウントし、カケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更においても、同月内3回目からプラン変更手数料が1,000円/回がかかります。 基本プランは、継続利用期間によって契約期間が変更になることはありません。 また、解約金もフリーコースの場合を除き一律9,500円となります。 継続利用期間が10年超の回線が基本プランの定期契約型カケホーダイプランに変更した場合であっても、変更後の契約期間は2年間となり、解約金は9,500円(フリーコースの場合を除く)となります。 また、変更前に定期契約型基本プランや定期契約型割引サービスを契約している場合、契約期間は引継がれます。 「ウルトラパック」「ケータイパック」を除き、テザリングなど、ご利用方法にかかわらず、同一の料金です。 ただし、基本使用料は利用デバイスに応じた料金となります。 「ウルトラパック」では、テザリングをご利用時には、事前のお申込みが必要となります(定額料1,000円/月)が、現在はキャンペーンによりお申込み不要、定額料無料でご利用になれます。 キャンペーン終了につきましては、決定次第お知らせいたします。 詳細情報• カケホーダイプラン(スマホ/タブ)• オンラインでのお申込み 料金プランのお申込みは、My docomo(マイドコモ)で。

次の

ずっとドコモ割コースの更新ありがとうポイントを受け取りにいく

ずっと ドコモ 割 コース

Mydocomoのを開きます。 「料金プランを変更する」を選択 現在ご契約中の料金プランは、「変更しない」を選択 今まで通りのプラン名に、 フリーコース と付いているものを選びます。 メールアドレスを2回入力して「次へ進む」 あとは内容確認のうえ同意をして進んでいけば完了します。 ずっとドコモ割とフリーコースの違い 2年更新月が近づくとドコモからはがきが届きます。 違いがわかりやすく記載されています。 「ずっとドコモ割」をMydocomo等で継続手続きすると、更新ありがとうポイントとしてdポイント3,000Pが付与されます。 今回のように「フリーコース」で手続きすると、解約金が今後免除されます。 単純な選択としては• 月々サポートが切れる日が近く、解約を考えているのなら「フリーコース」へ• あと2年継続する予定なら「ずっとドコモ割コース」 というところです。

次の

ずっとドコモ割プラス・更新ありがとうポイント

ずっと ドコモ 割 コース

新料金プランの ギガホ/ギガライトに変更すると、旧プランを対象としていた「ずっとドコモ割プラス」が適用しなくなってしまいます。 割引ではなく ポイント進呈を選んでいた場合、当然今までもらえていたdポイント(期間・用途限定)ももらえなくなります。 人間、何にでも慣れてしまうと言いますか、当初、「 ポイント付与より割引を増やしてくれ!」と思っていた人も多いと思われる「ずっとドコモ割プラス」のポイント進呈ですが、今までもらえていたものがもらえなくなってしまうと、途端に非常に損した気分になってしまいます。 ギガホ/ギガライトに変更した後、ずっとドコモ割プラス分の進呈ポイントはどこに行ってしまうのか、やはりギガホ/ギガライトに変更した方が損なのか、考えてみました。 ずっとドコモ割プラスの進呈ポイントはステージによる割引特典 ずっとドコモ割プラスの ポイント進呈とは、旧プラン「カケホーダイ&パケあえる」専用の割引特典で、 dポイントクラブのステージによって割引される分を dポイント(期間・用途限定)という形で受けることができる仕組みです。 そのため、「ずっとドコモ割プラスの進呈ポイント=dポイントクラブのステージ割引」、と考えればいいと思います。 では、 新プラン「ギガホ/ギガライト」における「dポイントクラブのステージ割引」はどこにあるのか、というと、 どこにも見当たらないんですね。 新プランにおいて、dポイントクラブのステージが絡んでくる部分としては、 ずっとドコモ特典と dポイントスーパー還元プログラムがありますが、ずっとドコモ特典はステージによって今まで以上にお得ですが、基本は 更新ありがとうポイントの同等サービスと考えられ、ずっとドコモ割プラスによるポイント付与を補うほどのパワーはありません。 dポイントスーパー還元プログラムは新プランだけでなく 旧プランのままでも適用するので、新プラン用の上位ステージ優遇施策、とはいいにくいわけです。 つまり、新プランの周りを見渡してみても、 ずっとドコモ割プラスの代わりになっている特典がないんですね。 結果、もらえていたはずの割引またはポイントがもらえなくなってしまったことで、特に上位ステージの人にとっては不満が残りやすい構造になってしまっています。 進呈ポイント分の行き先は、ギガホ/ギガライトでの割引分と考えられる プラチナステージなど、上位ステージの人にとっては、今まで毎月確実にもらえていたそこそこ大きなdポイント(期間・用途限定)が一切もらえなくなってしまうのですから不満を覚えるのも無理もありません。 ただ、一応前向きに解釈するなら、 もらえていた割引/dポイント分の行き先としては、ギガホ/ギガライトの料金が値下げされている分に含まれている、と考えることができます。 特定のケースでは、話題になった通り「4割下がった」と考えられる部分も間違いなくあるので、この辺りの割引原資としてずっとドコモ割プラスでもらえていた割引/ポイント進呈は充てられている、と考えるのが妥当なところかと思います。 ステージに関係なく現在プラチナステージで受けられているのと同程度の割引メリットを受けられるのであれば、これは多くのユーザーにとってはプラスだと思います。 ただこの解釈では、上 位ステージの人への優遇は結局なくなっているわけですから、 ギガホ/ギガライトに変更することで、下位ステージの人が受けられるメリットが上位ステージの人にはないということで、事実上プラチナステージの人が最も損をしている感覚になる 、ということになります。 ギガホ/ギガライトにおけるプラチナステージの優位性・ずっとドコモ特典 となるとやはり、考えておく必要があるのが、改めてギガホ/ギガライト変更後のプラチナステージ最大の優位点「 ずっとドコモ特典」です。 「ずっとドコモ特典」は「更新ありがとうポイント」よりも 最大で倍のdポイント(期間・用途限定)をもらえるようになりました。 2年で3,000ポイントが、プラチナステージであれば 毎年3,000ポイントになります。 つまり、 今までよりも1年あたり1,500ポイントお得な計算です。 まぁ一応その他に、今までのシェアグループの構成回線すべてがもしプラチナステージであれば、全回線がずっとドコモ特典の恩恵にあずかれるので、全体としてはお得さはやや増すものの、グループ全回線がプラチナステージ、という条件はかなり厳しいと考えられるので、その条件を満たせる方はごくわずかと思われます。 しかもそれでもまだ、全然足りません。 dポイントスーパー還元プログラムはプラチナステージ優位だが、旧プランでも適用可 その他、何かないのか、と探したところで思い浮かぶのが、2019年6月10日から開始された dポイントスーパー還元プログラムです。 プラチナステージの場合、「iD」/「d払い」利用時のポイント還元が1%増になります。 ただ、dポイントスーパー還元プログラムはギガホ/ギガライトのみを対象としているわけではないので、ずっとドコモ割プラスの代替、として考えるのは無理があります。 旧プランでずっとドコモ割プラスの割引やポイント進呈を適用させつつ、dポイントスーパー還元プログラムを利用している人はまさに最強、という話になります。 つまり現状の私の状態です。 ずっとドコモ割プラスの割引分を含めてギガライトとギガホは検証してみた 一応、ずっとドコモ割プラスの割引分は、既にギガホ/ギガライトの記事の中で、プラチナステージとしての割引きを含めた上で比較してみています。 ・「」 ・「」 その結果、それでも旧プランがお得になるケースもあるものの、概ねギガホ/ギガライトでも大きな損をすることはない、という結論に至りました。 もちろん個人差がかなりありますので、それぞれしっかり計算してみないとわかりませんが、ざっと考えた印象です。 ということは、最初に述べた通り、「今までもらえていたものがもらえなくなってしまうと、非常に損した気分になって」しまうものの、あくまで気分的な問題、として割り切れる層もいれば、プラチナステージの人のように、割り切れな い気分を抱えてしまう人も出てくる、ということになります。 割り切れない気分はキャッシュレス系のキャンペーンで取り戻す意識 新プランにすると、今までもらえていたポイント進呈がなくなる、という割り切れない感覚は、いずれにしてもなくなりようがないので、とりあえず気分を変えて、その消えたポイント進呈分の幾分かの原資になっている可能性もある、 キャッシュレス系のキャンペーンをとにかくしっかり拾っていく、ということが非常に大事になってきます。 「 iD」、「 d払い」、「 dカード/dカード GOLD」、「 dポイント」と、各キャッシュレス決済やポイントサービスにおいて、大きなキャンペーンがドコモでは立て続けに実施されています。 当然ドコモには競争の激しいバーコード/QRコード決済市場で有利に立ちたい、という思惑もあるでしょうし、キャッシュレス全般を強化して、消費税増税前にdカード GOLDをもっともっと普及させたいという思いもあると思います。 出血大サービスは、もれなく拾っていく意識を持ち、その都度キャンペーン内容を正しく理解して、お得に賢く買い物を実施していきましょう。 関連記事:「」.

次の