ヴェルファイア口コミ。 【トヨタの新型ヴェルファイア】外装や内装 価格や口コミは?

車内の広さは圧倒的だが・・・(あらた)

ヴェルファイア口コミ

では、どんなポイントがあるのでしょうか。 ヴェルファイアの人気のグレードがわかる まずはヴェルファイアで人気のグレードが分かります。 たとえばヴェルファイア30系後期では、最も高いグレードとしてエグゼクティブラウンジクラスが登場しました。 内装も非常に豪華で、ラグジュアリー感満載のクラスです。 ヴェルファイアの今回のマイナーチェンジで、最も力を入れていると言えるグレードですが、もちろんお値段もかなり張ります。 口コミで人気の高いグレードは、値段と装備のバランスが良いと思われる、Z-AやZ-Gなどのグレードのようですね。 ヴェルファイアの人気のカスタムがわかる またヴェルファイアの人気のカスタムもわかります。 たとえば標準ボディが良いか、エアロボディが良いかをはじめ、気になる点は無数にあるものですよね。 カスタムが楽しみでヴェルファイアを選ぶオーナーも多いので、カスタムの人気は当然気になるポイントです。 ヴェルファイアの実燃費の本当がわかる ヴェルファイアに実際乗っているオーナーたちの本音トークからは、実燃費の実態もわかります。 メーカー公式カタログに記載されている燃費より、実燃費はかなり落ちることはよく知られていますよね。 しかし乗り方や運転の仕方次第で、公式燃費よりも良くなることもあり得るんです。 自分がオーナーになった時を容易に想像できる 多くの人々がすでにオーナーとなり、満足したり後悔したり、カスタムを楽しんだり不満を抱えていたりしながら口コミを投稿しています。 それらを読みながら、自分の予算と欲しいグレードを組み合わせ、「手に入れて、カスタムを施していったらどんな感じかな」とオーナーになった時のことを容易に想像できるようになります。 これは参考にしたいですよね! 維持費が安く交換パーツも豊富で安価である ヴェルファイアの最新型は高級ミニバン・維持費もかかりそうですよね。 でも実際はハイブリッドを選ぶなどすれば維持費も安く済みますし、交換パーツも豊富で手頃な価格で手に入ります。 できるだけ切り詰めながらハイクラスのミニバンに乗りたい!という方にも優しい車種と言えます。 整備をするのに時間がかからない カスタムベースとして考えられており、簡単にカスタムできるパーツも多く、整備に時間がかかりません。 自分で気軽に交換できるパーツもたくさんありますし、本体を傷めることなく交換できるパーツもあるので、リセールの時も純正に戻して高値で売ったり、逆にカスタムを活かして高額で売ったりするなどの工夫が可能です。 車体重量が大きさの割に軽いのが良い ヴェルファイア30系最新型は、車体がかなり大きく迫力があります。 でも車体の大きさの割には車体重量が軽く、燃費にも重量税にも影響してきます。 そういったポイントは、実際に乗っている人でなければ分からない点ですよね。 乗り心地がミニバンの中でも最高クラス ヴェルファイア30系最新型は内装のラグジュアリー感にこだわった造りになっています。 そのため乗り心地はミニバンの中でも最高クラスと高く評価されています。 車は乗り心地で決めたい、という方には大きなポイントですよね。 乗り心地に関しては、エグゼクティブラウンジなどのハイグレードを買うか、カスタムで内装にお金をかけるか、もうひとつホイールとタイヤをカスタムせずにしっかりサスペンションを利かせるなどいろいろな方法があります。 どの方法が一番自分の好みに合うかも、口コミでチェックできますよ。 長く付き合えるミニバンだと感じた 乗り心地が良く、維持費もお得で、しかもモデルチェンジに関係なく自身の好みに応じてカスタムを楽しめるため、「長く付き合えるミニバン」「悩んでも結局ヴェルファイアを選ぶし、しっくりくる」という嬉しい声もたくさん載っています。 初めてヴェルファイアのオーナーになるという方には一度目を通して欲しい口コミです。 手始めにアルミホイールとローダウン ヴェルファイアのカスタムといえば、やはりホイール&タイヤでしょう。 普通ヴェルファイアには16~18インチのホイールが入っていますが、そこを21インチくらいまでカスタムで変えていく方は多いのです。 またローダウンも定番のカスタム。 ホイールとローダウンを両方カスタムするという方は少なくありません。 ホイールの人気ブランドやローダウンに使用する車高調の人気ブランドなど、コストパフォーマンスも合わせてしっかり口コミでチェックしておきたいところです。 また車高調のカラーと車体カラーの組み合わせなども知りたいところですよね。 室内外のLED化 室内外のライト系のLED化も人気がありますね。 今注目されているのは「流れるウィンカー」ことシーケンシャルウインカーです。 標準装備のグレードもありますが、憧れの装備なのでライトごとLEDに交換したり、バルブを埋め込むなどのカスタムを施す方もいます。 圧倒的な存在感を出すエアロ エアロボディは、最初から選べるカスタムのひとつです。 ほかにも自分なりのエアロカスタムパーツを使用して、エアロカスタムをする方もいますね。 エアロボディには圧倒的な迫力と存在感があり、ヴェルファイアに乗るならエアロ!と決めているオーナーも少なくありません。 買ってから「そこはちょっと不満だった」とならないように、口コミをしっかりチェックしておきたいですね。 エクステリア エクステリアは、なんといってもヴェルファイア本来のやんちゃさ、スポーティーさと高級感をあわせ持つ、迫力がポイントです。 ヴェルファイアファンは、その「顔」が好き、という方も多いですよね。 今回は切れ長の目のイケメンに仕上がっています。 さらにバックも美しくなりました。 背中美人で、スッと一直線に入ったガーニッシュや、スラリとしたライト、シーケンシャルウインカーなど、憧れがたっぷり詰まったエクステリアが人気を呼んでいます。 価格 価格は決して安くはありません。 しかし、性能の良さやカスタムの楽しさ、乗り心地の素晴らしさなど、コストパフォーマンスは決して悪くありません。 もともとハイクラス車なので、価格には納得!という方も多いのです。 インテリア インテリアの高級感は他に追随を許しません。 ゴージャス感はもちろん、コンフォータブルな点や、スイッチ系の使い良さのほか、ファンが多いのがドリンクホルダーです。 細かい部分ですが、使いやすいと嬉しいですよね。 走行性能 走行性能は、カスタムによっても違いますがエンジン性能もよく、ハイブリッドの場合かなり音が静かになります。 ミニバンということでコーナーなどに不安がある方もいると思いますが、燃費も良くなる安全運転なら問題ありません。 街乗りでも高速でも満足という声が多い車です。 乗り心地 乗り心地はとても良い、という方が多いようです。 とにかく心地よく乗っていられるので、ドライブの際じは運転者は楽しく、同乗者はリラックスできると好評です。 パパの運転で寝てしまう家族も多いようですよ。 ヴェルファイア30系の口コミのまとめ.

次の

【トヨタ・ヴェルファイア】30系に関する口コミ情報を総まとめ

ヴェルファイア口コミ

この記事の内容• 2018年アルファード・ヴェルファイアの年次改良 アルファード・ヴェルファイアの年次改良がおこなわれ、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店を通じて発売されています。 今回の年次改良は外観の変更がない、 小規模な変更にとどまっています。 インテリジェントクリアランスソナーが全車標準装備となったことが最大の変更点です。 インテリジェントクリアランスソナーが装備されたことにより、価格は 全車で2万1,600円アップとなっています。 今回の改良では、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)を全グレードに標準装備しました。 前後方にある壁などの障害物を自動で検知し、駐車場などでのアクセルの踏み間違いや踏みすぎによる危険が迫るとエンジン制御して自動的にブレーキをかけます。 アルファード・ヴェルファイアには8つのセンサーが備えられています。 さらに、安全装備の充実を求めるニーズに応し、ナビゲーションとのセットオプションとしていたブラインドスポットモニター(BSM)を、デジタルインナーミラーとの組み合わせとしました。 特に、ユーザーの目がますます厳しくなってきている国内の自動車市場では、希望の車を買えるのなら、納車に時間が掛かっても構わない。 少しくらい価格が値上げされても、必ず良いものを手に入れたいという意識が強いようで、そうしたチャンスを逃さないメーカーの販売戦略には、周到としか言いようがありません。 市場での売れ筋は ハイブリッドよりも2. 5L 4気筒ガソリン車です。 5Lガソリン車もラインナップが充実しており、圧倒的に価格が安くなっています。 5Lモデルにも、装備の充実したグレードもあるため、コスパの高さで選択するユーザーが多いとみられます。 また、力強い走りが魅力の3. 5L V6エンジン車も、販売台数はそれほど多くありませんが、LクラスミニバンにはV6が良いというユーザーも多く人気が高いです。 ヴェルファイアが、ガソリン車10種、ハイブリッド8種の計18グレードとなっています。 結構複雑なのでまずは、大まかなグレード構成を確認しましょう。 アルファード エンジン グレード 2. 5L直4DOHC VVT-i X G S S Cパッケージ 3. 5L直噴 V6 DOHC VVT-iW GF Executive Lounge SC Executive Lounge S 2. 5L直4 DOHC VVT-iハイブリッド X G G Fパッケージ Executive Lounge S SR SR Cパッケージ Executive Lounge S ヴェルファイア エンジン グレード 2. 5L直4DOHC VVT-i X V Z Z Aエディション Z Gエディション 3. 5L直噴 V6 DOHC VVT-iW VL Executive Lounge ZG Executive Lounge Z 2. アルファード エンジン グレード 乗車 定員 駆動 方式 車両本体価格 2. 5L直4 DOHC X 8人 乗り FF 3,520,000円 4WD 3,774,000円 G 7人 乗り FF 4,539,000円 4WD 4,793,000円 S 7人 乗り FF 3,908,000円 4WD 4,163,000円 8人 乗り FF 3,864,000円 4WD 4,119,000円 S Cパッケージ 7人 乗り FF 4,664,000円 4WD 4,918,000円 3. 5L V6 DOHC GF 7人 乗り FF 5,185,000円 4WD 5,383,000円 Executive Lounge 7人 乗り FF 7,269,000円 4WD 7,466,000円 SC 7人 乗り FF 5,260,000円 4WD 5,457,000円 Executive Lounge S 7人 乗り FF 7,421,000円 4WD 7,619,000円 2. 5L直4 DOHC ハイブリッド X 7人 乗り E-Four 電気式 4WD 4,590,000円 8人 乗り 4,547,000円 G 7人 乗り 5,344,000円 G Fパッケージ 7人 乗り 5,507,000円 Executive Lounge 7人 乗り 7,599,000円 S 7人 乗り 4,799,000円 SR 7人 乗り 5,491,000円 SR Cパッケージ 7人 乗り 5,654,000円 Executive Lounge S 7人 乗り 7,752,000円 ヴェルファイア エンジン グレード 乗車 定員 駆動 方式 車両本体価格 2. 5L直4 DOHC X 8人 乗り FF 3,520,000円 4WD 3,774,000円 V 7人 乗り FF 4,539,000円 4WD 4,793,000円 Z 7人 乗り FF 3,908,000円 4WD 4,163,000円 8人 乗り FF 3,864,000円 4WD 4,119,000円 Z G Edition 7人 乗り FF 4,664,000円 4WD 4,918,000円 3. 5L V6 DOHC VL 7人 乗り FF 5,185,000円 4WD 5,383,000円 Executive Lounge 7人 乗り FF 7,269,000円 4WD 7,466,000円 ZG 7人 乗り FF 5,260,000円 4WD 5,457,000円 Executive Lounge Z 7人 乗り FF 7,421,000円 4WD 7,619,000円 2. 5Lガソリン車のベースグレードX(標準ボディ8人乗り・FF車)が、352万円、3. 9万円、ハイブリッドの最上級車Executive Lounge S(Z)が750万2,760円(エアロボディ7人乗り)となっています。 ガソリン車には、全グレードでFFと4WDを選択でき、ハイブリッド車はすべて後輪にモーターを搭載した、電気式4WDのE-Fourとなります。 エントリーグレードの2. 両側パワースライドドア、スマートエントリーやUVカットガラスなどは全車標準のため、パワートレインを除けばインテリアの加飾やセカンドシートの材質や機能がグレードの差となります。 最高級グレードのExecutive Loungeは クラウンを超える高額車で話題を呼びましたが、2列目のエグゼクティブパワーシートの居住性と豪華さはトヨタ車トップといってよいでしょう。 標準のキャプテンシートより100mmシート幅が広く、表皮はホワイト色も選べるようになったナッパレザーに変更、電動オットマン、アームレストに収納された机やエアコンやエンターテインメントシステムを操作できるリモコンなど旅客機のビジネスクラス並みに贅を尽くしたシートです。 マイナーチェンジでExecutive Loungeでもワイルドなエアロ仕様が選べるようになり、ショーファードリブンだけでなくオーナードライバーにも需要が広がるかもしれません。 有償色では他に、アルファード専用色としてラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク、ヴェルファイア専用色のバーニングブラッククリスタルシャインガラスフレークがあり、こちらも3万2,400円となります。 5L 4気筒と3. 5L V6の二種類のパワーユニットがあります。 リアにマルチリンクサスペンションを搭載し、家族で使うミニバンとして、乗り心地に優れているのが、エルグランドの魅力です。 現在も日産の最上級ミニバンとして健在ですが、ハイブリッド車がラインナップされないことなどから、かつての人気は影を潜め、現在の販売台数は年間8,000台程度と低迷しています。 価格は、2. 5Lのベースグレード250XG(FF)が321万3,000円、3. 5L V6エンジンを搭載したエアロスタイルの豪華仕様、350ハイウェイスターSアーバンクローム(4WD)が583万4,160円。 上級グレードのVIPパワーシートパッケージ(4WD)が、806万7,600円となっています。 スポーツハイブリッドi-MMDとは、基本はエンジンが発電してモーターによって走行しますが、高速道路巡行時にはエンジンのみで走行して燃費を稼ぎ、力強い加速が必要な時はモーターとエンジンの両方で走行する3モードハイブリッドを採用。 ハイブリッド特有のモーターによる発進からのスムーズな加速や、峠道などではモーターとエンジン両方の力を使って、軽快な走りを実現し、カタログ値26. 価格は、ガソリン車のベースモデルG AERO・Honda SENSING(FF・7人乗り)が306万6,400円、ハイブリッドの上級モデル、HYBRID ABSOLUTE EX・Honda SENSING(FF・7人乗り)が415万円です。 アルファード・ヴェルファイアの評価、口コミ トヨタの高級ミニバン、アルファードとヴェルファイアが2018年10月にマイナーチェンジされています。 アルファード・ヴェルファイアといえばミニバンの中でも大型で高額なモデルですが、月約7,000台以上を販売する人気モデルです。 今回のマイナーチェンジは、内外装の変更や安全装備の充実、パワートレインの刷新など大規模です。 エクステリアの評価、口コミ 大型のメッキグリルを採用した押し出しの強いフロントフェイスは、 メッキパーツの面積が増えより 一層力強い(アクが強い)デザインへ変更されています。 アルファードのフロントマスクで印象的なのは、格子状のメッキが施されたグリルのデザインで、押し出しの強さとともに、Lクラスミニバンにふさわしい品格を思わせます。 ヴェルファイアは、フロントマスクのメッキ加飾が高級感を演出し、バンパー両サイドの大型インテークが、スポーティーなイメージで若々しさを与えています。 標準仕様とエアロパーツを装着した仕様から選べるようになり、アルファードのエアロ仕様はフロントグリル下部が大きく変わり、最も大きく変化を感じるデザインです。 シーケンシャルウィンカー(流れるウィンカー)の採用、リアバックドアガーニッシュやコンビランプのデザイン変更などのディテールも、高級車らしく向上しています。 Executive Loungeシート 最高級グレードに装備される、専用のExecutive Loungeシートは、電動式のスライドリクライニングとオットマンを搭載した贅沢なもの。 乗車中に足元の疲労を大幅に軽減する、電動パワー式のオットマンは、最大140mmまで伸縮が可能で、幅広い体格の人に対応が可能です。 左右の座席で独立して設置されたアームレストには、シートの機能やエアコン操作などが行える集中コントローラーが装備され、航空機のビジネスクラスのような機能性の高さを誇ります。 シート素材は、最高級のナッパレザーを使用したプレミアムな本革製で、カラーはフラクセンと呼ばれるアイボリーとブラック、ホワイトの三色があります。 エグゼクティブパワーシート アルファードのG Fパッケージ・SR Cパッケージ・GF・SC・S Cパッケージ、ヴェルファイアのV Lエディション・ZR Gエディション・VL・ZG・Z Gエディションに装備される、エグゼクティブパワーシートも贅沢です。 このシートは、前後500mmまでのスライドが可能で、センター部には格納式のサイドテーブルが装備されています。 こちらも、カラーはフラクセン・ブラック・ホワイトの3種類が選択できます。 リラックスキャプテンシート 新型アルファードのG・X(7人乗り)・SR・HYBRID S・G・S Aパッケージ・S(7人乗り)、新型ヴェルファイアのV・X(7人乗り)・ZR・HYBRID Z・VL・Z Aエディション・Z(7人乗り には、リラックスキャプテンシートを装備。 このシートは、前後最大830mmのロングスライドが可能となっており、まるでリビングルームみたいな、広々とした足元空間でくつろげます。 スライドやリクライニングは手動式ですが、オットマン(手動式)やアームレストも装備されています。 シート素材は、アルファードのSR・G、ヴェルファイアのV・ZRがが合成皮革で、他はすべてファブリック(布製)となります。 素材はすべてファブリックで、スライド・リクライニングともに手動で、オットマンは装備されませんが、センター部に格納式のアームレストがついています。 機能性の高い三列目シートで広々した荷室 機能性の高い三列目シートで広々した荷室 写真はヴェルファイア 三列目シートにも、スライド・リクライニング機能が装備される他、シートに薄型構造を採用したことで、左右にはね上げして格納した際の荷室空間を拡大。 荷室床下には148Lという大容量の収納スペースを備え、分割脱着式のデッキボードを外せば、観葉植物といった高さのある荷物も、十分に積み込みが可能です。 何と16色ものカラーバリエーションが選択可能で、運転席のマルチインフォメーションディスプレイと、後部座席のスイッチで、明るさも4段階に調節でき、家族旅行やアウトドアレジャーといった楽しみを一層盛り上げてくれるでしょう。 「インテリアの豪華さはクラウンを超える。 ゆったりした室内も満足」 「LLミニバンのサイズならではの大空間で、ゆったりとした移動ができる」 とインテリアに関する不満はほとんどありません。 1,160mm助手席を移動できるスーパーロングスライドシートや、サードシート下の大容量床下ラゲッジ収納などユーティリティー面も工夫されています。 また後方や側方から接近するクルマなどを検知し警告するリアクロストラフィックアラートやブラインドスポットモニター、デジタルインナーミラーなど大柄なボディによる運転のしにくさを軽減する装備も充実させました。 4気筒の2. 5Lガソリンエンジンは変更ありませんが、3. 5LのV6エンジンは新設計の直噴アトキンソンサイクルエンジンへ変更し、ATも6速から8速のDirect Shift-8ATに換装しています。 ハリアーに搭載された2. 0Lのダウンサイジングターボは見送られましたが、総じてパワーに関する不満は小さいようです。 パワーユニット パワー 燃費 ハイブリッド (システム出力192ps) 直列4気筒2. 2kgf・m ガソリン V型6気筒3. 8kgf・mへパワーアップしつつ燃費も向上した最新ユニットです。 ガソリン車はFFと4WDの選択ができ、2. 5LはCVT、3. 5Lは6速ATから8速ATへ変更されています。 ハイブリッドはフロントのモーターに加えて、リアもモーターで駆動するE-Four 電気式4WD の設定となっています。 ミラーサイクルとは、吸気バルブの遅閉じを行って実質的な圧縮比を低く抑えることで、燃焼室内が高温になりすぎて発生する、ノッキングといった異常燃焼によるトラブルを防ぎます。 圧縮行程の際に、バルブを閉じるタイミングを遅くして圧縮力を抑えた分、膨張比を高くすることで、熱効率を向上させた新世代のパワーユニットです。 クラッチもギアボックスもトルクコンバータもないこのシステムは、この動力分割機構一つでエンジンとモーターのパワーを分割し、走行しながら発電を行うことができる画期的なハイブリッドで、EVのようなスムーズな走りが可能です。 通常は前輪のみで走行し、前輪(駆動輪)が滑り出した際には、リアのモーターが作動して後輪を駆動させて車の姿勢を制御し、安心したドライブが可能です。 遊星歯車機構(動力伝達機構)とは 遊星歯車機構(Planetary gear mechanism)とは、太陽の周りを周回する天体にヒントを得た動力伝達装置で、1781年にイギリスの発明家、ジェームズ ワットが開発したものです。 遊星歯車は、中央に太陽に見立てたサンギア、その周りを周回する3つの遊星ギア(プラネタリーギア)、さらにその周囲をぐるりと取り囲む内歯車(アウターギア)で構成されています。 トヨタのハイブリッドシステムは、中央のサンギアにジェネレーター(発電機)、その周りの遊星ギアにエンジン、さらに外側の内歯車にはモーターを接続。 5kgm) リア モーター最高出力・最大トルク50kw(68ps)139N・m(14. 2kgm) システム最高出力145Kw(197ps) 3. 5L V6エンジンは、直噴とポート噴射式という両方の燃料供給システムを搭載した、D-4Sシステムを搭載した新しいパワーユニットです。 このD-4Sにより、直噴のデメリットである、エンジン内でのスス(カーボン)の発生によるトラブルを防ぎ、直噴ならではのハイパワーと低燃費を実現。 さらに、吸気側・排気側ともにバルブタイミングを幅広い回転域で可変させる、デュアルVVT-iWを採用し、低回転から高回転までレスポンスに優れた軽快な走りを楽しめます。 5L 直列4気筒DOHCの2AR-FE型で、こちらはハイブリッドの2. 5Lとは異なる、一般的なオットーサイクルを使用したエンジンです。 吸気・排気と両方のバルブを可変させる、デュアルVVT-iを搭載し、最高出力182ps・最大トルク235N. アイドリングストップ搭載車は、12. エンジン カタログ燃費 (JC08モード) 実燃費 2. 5L直4 DOHC VVT-i ハイブリッド 18. 5L直噴V6 DOHC VVT-iW 10. 5L直4 DOHC VVT-i 12. ライバルのホンダ オデッセイハイブリッドは、カタログ値26. 5L直噴V6がカタログ値が10. 5L直4が12. 5 V6が実燃費で2. 5直4をやや上回っています。 これは、直噴とポート噴射を組み合わせたD-4Sや最新の可変バルブタイミング機構デュアルVVT-iW、高性能8速ATといった先進技術によるもので、走りの良さを考えれば十分納得できる燃費性能です。 ハイブリッド車の価格は、440万円~750万円と、2. 5Lガソリン車に比べてかなり高く設定されていますが、販売数は全体の20%とそれほど人気がありません。 ハイブリッドは、2,240kg(Executive Lounge)という車両重量の重さから、実燃費は11. 走行性能についても、たとえ143ps・270N. mという強力なモーターを持ってしても、この重すぎるボディでは、高速道路への進入時や追い越し時の加速にはやや不満が残ります。 5L直噴V6 DOHCエンジンを搭載したモデルです。 このエンジンの魅力は、従来型の3. 5 V6から最高出力で21ps・最大トルクで17N. m向上したスペックにより、あらゆる状況で重いボディを物ともしない、スムーズでパワフルな走りを実現しているところ。 特に実用域でのトルクが非常に強力で、デュアルVVT-iWによる優れたレスポンスと、最新の8速多段式オートマチックトランスミッションによる緻密なパワー制御が絶大な効果を発揮し、気持ちよくドライビングすることができます。 5L V6モデルは、スムーズで力強い走行性能や優れた静粛性、ゆったりとしたゴージャスな室内に快適な乗り心地など、ミニバンの形をした一種のドリームカーと言えるでしょう。 そのため、市場で販売の中心となるのは、335万円~415万円とリーズナブルな2. 5Lモデルで、販売数の50%以上を占めています。 トヨタのコンパクトカークラスに採用されている、トルクコンバーター付きのCVTと組み合わせられる2. 5Lエンジンは、決してパワフルではないものの、通常の走行でそれほど不満を感じることはありません。 ハイブリッドやV6と比べて車両重量が軽く、それが乗り心地にも貢献しており、静粛性も高く快適なため、購入して十分に満足のできる車となっています。 ダブルウィッシュボーン式は、1930年代にアメリカのGMが開発したサスペンション形式で、走行安定性と乗り心地を高度にバランスさせることが可能な、セッティングの自由度が高いことで当時は主流となっていました。 安全装備の目玉は トヨタセーフティセンス(第2世代) 2017年末に行われたマイナーチェンジの目玉が、次世代型トヨタセーフティセンス (第2世代)の 全車標準装備化です。 従来のトヨタセーフティセンス Pと同じく単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせた方式ですが、性能や機能は大幅にアップしアルファード・ヴェルファイアが初の搭載となります。 障害物を検知し自動ブレーキを行うプリクラッシュセーフティーは、対応速度域が拡がり、自動車や歩行者だけでなく複雑な動きをする自転車も検知し、これまで苦手だった 夜間の歩行者検知能力も向上しています。 全車速対応のレーダークルーズコントロールやアダプティブハイビーム(グレードによってはオートマチックハイビーム)の他、ステアリング操作支援付きの車線維持支援を行うレーントレーシングアシスト、 道路標識を認識するロードサインアシストはトヨタ初の機能です。 道路標識を認識するロードサインアシスト トヨタ セーフティセンス衝突回避支援パッケージの内容 ・LTA(レーントレーシングアシスト) 走行中に車線から逸脱する可能性を車が自動的に察知し、警報ブザーや、マルチインフォメーションディスプレイの警告表示によってドライバーに知らせ、ステアリング操作の一部を支援して走行車線を維持する(トヨタブランドでは初採用)。 走行中に車のふらつきを察知した場合も、メーターパネル内の、マルチインフォメーションディスプレイに警告灯を表示させ、注意を促す。 ・プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ) 前方の車両や歩行者(昼・夜)、自転車(昼)をミリ波レーダーと単眼カメラが自動的に察知し、警告アラームと警告表示によりドライバーに知らせ、必要な場合はプリクラッシュブレーキアシストを作動させてブレーキを踏む力をアシスト。 ブレーキ操作がされない場合は、プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)を作動させて、衝突を回避もしくは被害を軽減させる(トヨタブランドでは初採用)。 ・レーダークルーズコントロール 高速道路走行時に、ミリ波レーダーと単眼カメラにより前走車との距離を自動で把握し、アクセル操作をしなくても、車が自動的に適切な車間を保ちながら走行を維持(高速道路走行時のみ使用可能)。 高速クルージングや渋滞時に、ドライバーの疲労を軽減する。 ・自動ハイビーム 夜間走行時に、車がLEDヘッドライトの点灯・消灯を細かく制御し、前走車や対向車のドライバーがまぶしさを感じないよう、自動的に遮光を行う。 ドライバーが、ヘッドライトの操作をしなくても、安全な夜間走行が可能。 ・ロードサインアシスト 単眼カメラが、走行中に認識した道路標識を、ドライバーが見落とさないよう、ヘッドアップディスプレーに表示させる(トヨタブランドでは初採用)。 ・先行車発進アラーム 信号待ちや渋滞時に、先行車が発進したことをアラームによって知らせる。 インテリジェントクリアランスソナーとは、車体の前後合わせて8か所に搭載された超音波ソナーによって、駐車場などでの低速取り回し時に、アクセル・ブレーキペダル操作に関係なく衝突の回避と被害の軽減をする装置です。 超音波ソナーが、前後進行方向にある壁などの障害物を検知し、衝突の危険性がある場合は、エンジンならびにハイブリッドシステムの出力を抑制。 さらに、障害物との距離が縮まり危険が高まった時には、自動ブレーキによって衝突の回避、もしくは衝突被害の軽減を行います。 前後に4つずつ、計8個のソナーを装備しているため、障害物を検知する範囲を拡大し、安全性を高めています。 インテリジェントクリアランスソナーの注意点 1. インテリジェントクリアランスソナーは、衝突の危険がある場合に、自動ブレーキが機能しますが、必ずしも停止できるわけではありません。 道路状況や車両の状態、悪天候時には作動しないことも。 衝突の可能性がない場合でも、システムが作動する可能性があります。 超音波ソナーが障害物を検知する範囲や、作動する速度には目標がある。 走行中にドライバーが車線変更などを行う際に、後側方(ドアミラーの死角)の安全確認を支援するために、レーダーセンサーで車両を検知し、ドアミラー上のLEDインジケーターを点灯させて警告します。 ブラインドスポットモニターの注意点• レーダーセンサーが検知できる車両の大きさは、小型二輪車以上です。 一部、特殊な道路状況では、静止している物体に反応することも。 悪天候や道路状況、車両の状態によっては、使用が不可能な場合があります。 ブラインドスポットモニターは、あくまで車線変更時などの安全確認をアシストするもので、安全なドライブのために、ドライバーがきっちりと安全確認を行う必要があります。 「大空間高級サルーン」を目標とした乗り心地や静粛性も、大きな魅力です。 先代モデルよりも車高を下げた低重心設計とし、リアサスペンションも路面追従性の良いダブルウィッシュボーンを採用しています。 マイナーチェンジで、高剛性ガラス接着剤などの使用や構造用接着剤の適用範囲を拡大し車体剛性を高め、走行安定性の確保と上質な乗り心地に磨きをかけています。 グレードやカラーにより下取り価格は変わりますが、アジアを中心に輸出人気も高くトヨタ車の中でもトップクラスのリセールバリューがあります。 高い残価率を背景とした残価設定ローンが準備されているのも、ユーザーのメリットになるでしょう。 弱みは強すぎる車の存在感? これまで弱みだった先進安全装備も、次世代セーフティセンスの搭載で弱点ではなくなりました。 それでもアイサイトやホンダセンシングなどの他社に追いついたレベルで、トヨタの実質的な最高額モデルであれば、さらに 進んだ自動運転支援機能も欲しかったところです。 大きなボディでイカついフロントフェイスは存在感バツグンですが、一方でアンチも多いクルマです。 「駐車場や高速の流入でモタモタして邪魔。 運転がヘタなら大きいクルマに乗らないでほしい」 「ドライバーの運転マナーが悪い。 1車線の渋滞した道路で煽ってくるのは大抵アル・ヴェル」 と高額車に対するやっかみ半分の辛らつな意見もあります。 アルファード・ヴェルファイアに限らす威圧感のあるデザインの車に乗り「他のクルマになめられたくない」と思うドライバーが一定数いることは確かで、追加されたエアロ仕様などはこうしたニーズに応えたものという点は否めません。 こうしたユーザーの全てがマナーの悪い運転をしているわけではありませんが、目立つクルマだけに他からよく見られています。 アルファード・ヴェルファイアが高額なミニバンから高級車として認められるためには、オーナーの品格とスマートな運転が欠かせないのは言うまでもありません。 トヨタ・アルファードの評価、口コミまとめ アルファード・ヴェルファイアのように、大型のミニバンを高級リムジンのようにしつらえたクルマは輸入車にはありません。 大空間を持つ高級サルーンは、日本独自の発想で作られたオリジナリティの高いクルマです。 航空機や新幹線のように、ゆったりとした快適な空間で移動するツールとしては、アルファード・ヴェルファイアは最高の選択肢になるでしょう。 マイナーチェンジでパワフルかつ燃費の良いV6エンジンの変更や安全装備も進化し、ほとんど弱点は無くなりました。 存在感のある派手なフロントフェイスは好みが分かれるかもしれませんが、家族のためのファミリーカーとして最高級のクルマになるでしょう。 トヨタアルファード&ヴェルファイアの商談に行く前に… 人気の新型アルファード&ヴェルファイアを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方はディーラーの価格交渉で、 百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、 どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます! 値引きテクニック 【新車値引き裏ワザ】面倒でもディーラーに行く前に車の査定額を出しておく ディーラーへ商談に行く前に面倒でも下取り価格の調査をして行きましょう! ネットで手軽に査定できるので商談前に査定して、 ディーラーの下取り価格が適正なのかどうか判断ができるようにします。

次の

車内の広さは圧倒的だが・・・(あらた)

ヴェルファイア口コミ

ガソリン車やハイブリッドの設定もあり、口コミや雑誌では評価がかなり高いようです。 調査対象は2chや価格. comなどの口コミサイトは当然として、情報の精度を上げる為に、 実際に購入した人にも聞いています。 ちなみに、ヴェルファイアとアルファードの違いはエクステリアのみです。 なので、エクステリア以外は共通の情報として紹介します。 多くの人がエクステリアは「良い」と評価。 ヴェルファイアの欠点はヤンキーぽいデザイン ヴェルファイア、アルファードどちらも約8割の人がエクステリアを良いと言っています。 しかし、1割~2割に人は満足に至っていないようです。 エクステリアに対する意見を整理すると4つの良いところや欠点が見つかりました。 良い) ヴェルファイアは厳ついフロントが人気 ヴェルファイアのエクステリアに満足した人は• 厳つい見た目• だんだんカッコよく見える• 先代の20系より迫力が増したフロントデザイン• 色がフォルムに合っている 主にこの3点に評価が集中しています。 フロントマスクが厳つく、存在感が抜群に良いデザインだと高く評価されています。 口コミ掲示板を見ると、アルファードよりも迫力があると感じている人が多いようです。 良い) アルファードは落ち着いたフロントが好評 また、アルファードの方は約9割の人が「良い」と評価しており、• フロントマスクの迫力がある• 重厚感がある• 高級感のあるフロントグリル 特にこの3点を評価しています。 新型の30系はフロントマスクがやり過ぎだと抵抗があったものの、 慣れると落ち着きがありカッコいいと感じる人が多いようです。 しかし、アルファードもヴェルファイアも「悪い」評価している人がいます。 具体的に、どのようなところが「悪い」のかチェックしてみました。 欠点)ヴェルファイアのヤンキーぽいデザインが受け入れられない 出典: ヴェルファイアのエクステリアの「悪い」評価では 「美しさを感じない」 「ヤンキーが好みそう」 「グリルが目立ち過ぎて下品」 このような声が多いです。 フロントやリアを含め 全体的にヤンキーぽいデザインだと受け入れられないようです。 特にフロントグリルがデカく、ヘッドライトとのバランスが悪いと評価されています。 欠点)アルファードはフロントマスクのインパクトが強すぎる 出典: 「悪い」評価した人たちの口コミを見ると、 「この顔のクルマには乗りたくない」 「先代のデザインの方が高級感があったと思う」 「インパクトが強過ぎる」 このような意見が多いです。 「悪い」評価した人は フロントマスクのインパクトが強すぎるところに抵抗があるようです。 インテリアは約9割の人が良いと評価。 欠点は古臭さ? インテリアは約9割の人が満足しています。 旧型に比べ高級感が増した• 心地良さと優越感を感じる• 革と木目調の使い方が良い 主にこの3点に満足しているようです。 「良い」評価の人の多くが 「高級感がある」と高く評価しているのが目立ちます。 特に、革張りのダッシュボードやコンソールボックス等のパーツ類の質感が高いようです。 しかし、残り 1割の人は満足していません。 具体的にどのようなところに満足していないのでしょうか。 欠点)古臭いと口コミでは多くの人が感じている 出典: 上の画像はヴェルファイアの内装ですが、アルファードも同じです。 シートクッション部の形状や所々にある木目調のセンスが 「バブル時代みたい」と古臭く感じており、「悪い」評価の人の好みに合わないようです。 価格は約6割の人が満足。 欠点はオプション込みで高くなる総額 価格は約6割の人が満足しています。 少し高めだが高級ミニバンなので妥当• 旧型から数十万円アップで内外装から足回りまで進化• 安いグレードでも十分な装備 主にこの2点に満足しているようです。 しかし、 残り 4割の人は満足していません。 具体的にどこに満足していないのかチェックしてみました。 売れ筋の2. 「悪い」評価の人は 大きな画面のナビを選んでおり、総額が高くなってしまうことに納得していないようです。 ちなみにオプションのナビの価格帯は7万〜74万円ですが、「悪い」評価の人は10. 5インチT-Connectナビを選んでいる為、 ナビだけでも70万円かかることが原因だと思われます。 ヴェルファイアとアルファードはグレード名に違いがあるだけで価格は同じです。 ガソリン車 ガソリン車 グレード 2WD 価格 2. 5X 352万円 2. 5Z[エアロボディ] 7人乗:386万円 8人乗:391万円 2. 5V 454万円 2. 5VL 519万円 3. 5ZG [エアロボディ] 526万円 3. 5エグゼクティブラウンジ 727万円 3. 5エグゼクティブラウンジZ [エアロボディ] 742万円• ザックリ計算してこの価格なので、やはり少し良いナビや欲しいオプションをつけていくと「悪い」評価の人のように 総額があっという間に高くなってしまうのでしょう。 実際に上手く交渉して購入した人の体験談を紹介しているので、参考にしてみてください。 欠点は2tを超える重い車体 燃費は約6割の人が「良い」と評価しています。 ちなみにこのデータは2. 5L、3. 5L、ハイブリッドの合計した平均値なので、3. 5Lなら少し低く出やすいでしょうし、ハイブリッドなら少し高い数値が出やすいでしょう。 ただ、こういう良い口コミって正直 ちょっと胡散臭い。。。 と思うんですよね。 そこで、 e燃費の各月の情報を参考に実燃費を調べてみました。 その結果がこれです。 5Lガソリン] 時期 カタログ燃費[WLTC] 実燃費 燃費達成率 春・秋 10. 5Lガソリン] 時期 カタログ燃費[WLTC] 実燃費 燃費達成率 春・秋 10. そこでどんなところが不満なのかチェックしてみました。 燃費には期待していないので大きな不満はない ガソリン車の「悪い」評価の口コミを見てみると• 「悪い」評価を付けている人は「悪い」評価を付けているものの、2tを超える車重なので 燃費はそんなに伸びないと考えており、 そこまで大きい不満はありません。 このクラスのミニバンには燃費を期待していないようです。 また、ハイブリッド車には特に悪い口コミは見当たりませんでした。 エンジン性能は約8割の人が「良い」と評価。 欠点は2. 5Lのパワー不足 エンジン性能は約8割の人が「良い」と評価しています。 特に、• 高速や坂道でも十分なパワー• フル乗車でも力不足はない• 滑らかな加速 主にこの3点に満足しているようです。 特に旧型より100ccアップした2. 5Lエンジンがパワー、トルク共に進化しており、 フル乗車でもシーンを問わず必要十分なパワーが出ていると高く評価されています。 しかし、 残り 2割の人は満足していません。 どこに満足していないのかチェックしてみました。 欠点)2. 5Lガソリンエンジンはパワー不足 出典: ガソリンエンジンの「悪い」評価では 「走り出しがもっさり」 「重い車体を2. 5Lで動かすにはパワー不足」 「余裕を持って走るなら2. 5Lは厳しい」 このような意見が多いです。 100cc増えた2. 5Lエンジンといえど、2tある車体を スムーズに動かすには2. 5Lだとパワーが足りないと不満なようです。 特に走り出しに不満が多く見られました。 欠点)ハイブリッドはエコモードの加速がかったるい 出典: ハイブリッドのエンジン性能に不満がある人は 「発進加速が鈍い」 「エコモード時の発進がかったるい」 このように言っている人が多いです。 ハイブリッド車は エコモードだと発進時の加速が遅いと低く評価されています。 約8割の人が走行性能を「良い」と評価。 欠点はワンテンポ遅れる足回り 走行性能は約8割の人が「良い」評価しています。 走行性能に満足した人は• 周囲の見切りが良くサイズ感が掴みやすい• ハンドリングが軽い• 重心が高い車にしては安定感がある 特にこの3点に満足しています。 アイポイントが高いので周囲の見切りがよく、運転しやすいようです。 また、 重心が高い車ながら横揺れや縦揺れがあまりなく、安定感があると高く評価されています。 しかし、 残り 2割の人は「悪い」評価を付けています。 どのような点が「悪い」と言われているのかチェックしてみました。 欠点)動きがワンテンポ遅れる 出典: 走行性能の「悪い」評価では 「ワンテンポ遅れて反応するのが不快」 「かなりロールするから慣れるまで怖い」 「車高が高いせいでカーブが曲がりにくい」 このような意見が目立ちます。 「悪い」評価の人はミニバンの運転に慣れていない人が多く、さらに重い車体と高い車高の影響で ワンテンポ遅れるコーナリングや大きいロールに不快感があるようです。 乗り心地は約9割の人が「良い」と評価。 口コミでは• 先代に比べ乗り心地が格段に良い• 高級車っぽい落ち着いた乗り心地• ミニバンなのに高い静粛性 特にこの3点に満足しているようです。 ミニバンながら高級車のような静粛性だと多くの人が高く評価しています。 路面の凸凹も十分に吸収するので、2列目に座った方が心地よすぎて眠ってしまうほどという声もありました。 しかし、 1割の人は満足していません。 どんなところに満足していないのかチェックしてみました。 欠点)エンジン音がうるさい 乗り心地の「悪い」評価した人は、 「エンジン音がうるさい」 「大きな段差では突き上げを感じる」 このような声が多いです。 最初は静かだと感じていたエンジン音が、2年程経つと耳につくように感じるようです。 しかし、「悪い」評価は1割の人しかいない為、回転数を上げた時などに気になる程度だといえるでしょう。 また、大きな段差では突き上げを感じるという人もいました。 総合評価は約9割の人が「良い」と評価。 大きな弱点はない 総合評価はかなり高く、約9割の人は「良い」と評価しています。 「悪い」評価している人は1割しかいません。 細かい欠点はありますが、大きな弱点がないので総合評価でも高い結果になりました。 それは… 値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い ということです。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

次の