ようとん場。 ぶた図鑑

場(ば)とは

ようとん場

ブタさんを育てて出荷するゲームアプリ「ようとん場」を運営している、ジェーオーイーさんのインタビューをお送りします。 台湾でも人気がでていると噂を聞き、その裏側をお話いただきました。 「ようとん場」について。 ジェーオーイーさんについて教えてください。 石川: 元々ガラケーのコンテンツをつくっている会社です。 スマホが普及してきて「このままではまずいな」ということで、スマホゲームの事業をスタートしました。 去年にだした「ようとん場」がはじめてのゲームアプリです。 6名体制(開発4人、デザイン2人)のチームで、すべて内製でつくっています。 「ようとん場」はどのくらいのダウンロードがありますか? 石川: ダウンロード数は 日本版は180万ダウンロード(iOS130万、Andoroid50万弱)です。 2013年の7月にiOS版、11月にAndroid版を出しました。 いまや180万ダウンロードですが、リリース時の手応えはどうでしたか? 石川: 「ようとん場」は課金しなくても遊べるようにしているのですが、意外に課金してくれる人が多かったのには驚きましたね。 広告と課金のバランスは7:3くらいなのですが。 「課金してくれる」ってことは「やり込んでいる」ってことじゃないですか。 そういう意味では手応えを感じました。 元々「ようとん場」はどのように誕生したのでしょう? 石川: 「スマホでゲームつくるぞ」ってなってから、女性社員が「ようとん場」の企画をつくってくれたんです。 そこから4ヶ月くらいで開発をしました。 「女性が集まれば、男性も集まってくる」と思ったので、「女性をターゲットにしよう」というのは最初から決めていました。 広告はフッターについているものがメインでしょうか? 石川: フッターのバナー広告がメインですね、あとウォール広告(エイトクロップス)が少し入ってるくらい。 フッター広告はSSPをつかって、nendなどいくつかのアドネットワークから収益性の高いものを表示しています。 今振り返ってみて、「ようとん場」がロングヒットしたのは、何がうまくいったからだと感じますか? 石川: 「育成ゲーム」って閉じられた世界になっているじゃないですか、黙々と一人であそぶようなゲームが多い。 その部分は「つながりを持たせてあげる」ことで、継続して遊んでもらえるよう意識しました。 ソーシャルゲームをかなり参考にしたんですよ。 例えば、どんな工夫をしたのでしょうか? 石川: 例えば、「日刊ようとん場」という新聞を毎日アプリ内で送っていて、ランキングや出荷されたブタの総数を発表したりしています。 ちなみに今まで 出荷されたブタの総数は1億2千万匹以上です。 すると、 「なんでこんなに高い豚が出荷できるんだ?」とか「もうちょっとでランキング入りする」と自然に他のユーザーを意識しますよね。 あと日々の「出荷額の高いブタ」を育てたトップ3の人にはチケット 有料アイテム をプレゼントしたり、インセンティブも与えています。 そうすることで、ユーザーがモチベーションを保ちやすくなっているかなとは思います。 他に、うまくいった施策はありますか? 石川: 100万ダウンロードを記念してやった「豚肉プレゼント企画」はインパクトは出せたと思います。 上位100名の人に、本物の豚肉4キロとか、ソーセージをプレゼントしたんです。 ゲーム内に登場するブタと同じ品種のブタ肉をプレゼントしたので、 「ゲームで豚を出荷したら、ほんとに豚肉が返ってくる」とメディアやソーシャルで話題にしていただけました。 石川: 「ぶたポン」は約25万ダウンロード(iOS19万、Android5万)、「かいたい場」は約40万ダウンロード(Android16万、iOSで22万)です。 ようとん場シリーズで、キャラクターや世界観を統一しているので、アプリ内で「新作がでました」と告知するだけでかなりの人が反応してくれますね。 他の関係ないアプリと比べて、シリーズのアプリは10倍くらいダウンロードされやすいと感じます。 今6名で「スマホ事業」としては黒字になっていますか? 石川: はい、おかげさまで。 やってみて感じたのは「すべて内製でつくる」というのが重要ですね。 外注にしてしまうとコストはもちろん、開発のコントロールも必要だし、スピード感がでないんです。 極論、内製できないのならアプリ事業には参入しないほうが良いかもしれない。 台湾版について。 台湾では80%以上の端末がAndroidで、iOSは16%くらいのシェアしかないんです。 実際やってみても、台湾はAndroid市場を狙うべきだと実感しましたね。 「ようとん場」は海外版と日本版で何を変えているんでしょうか? 石川: 基本は言語しか変えていないですね。 あと、海外版の広告は「AdMob」にしているくらいです。 AdMobを入れておけば、どの国にだしても広告が表示されるので助かりますね。 台湾ではどんな感じでダウンロードが増えていったのでしょうか? 石川: 最初にiOS版をだしたところ、自然に火がついてランキングが伸びたんです。 リリースから3ヶ月ほどたっていますが、未だに「ゲーム」のカテゴリでも10位くらいにいます。 プロモーションはまったくしていないということですか? 石川: いえ、Android版に関しては、広告費は結構かけましたね。 結果的にGooglePlayの「新着1位」と「総合1位」を獲得できたのですが、 「こんなにお金かけないと、台湾で1位とれないんだ」と言うのが感想です。 iOSが好調だったので、Androidも続けて出したところ「新着ランキング」の良いところまで入れたんです。 「もう、ここまで来たらトップを狙おう」と、LINEフリーコインに出稿したりして、大きく広告費をかけた感じです。 (データはより) 「台湾での広告の収益性」って日本と比べてどうですか。 石川: おそらく、 eCPMでいうと台湾は日本の半分ぐらいなのかなと思います。 もしかしたらAndroidだと半分以下かもしれないですね。 「ようとん場」の場合は、たくさんのユーザーに遊んでもらえているので、収益が十分にでているという形です。 ローカライズって、言語翻訳ぐらいなら大したコストがかからないじゃないですか。 それでもローカライズするアプリが少ないのはなぜなんでしょう? 石川: なんでなんですかね、やった方が良いとは思いますよ。 やっぱりガラケーのiモード時代からの名残なのか、皆さん国内意識がどうしても高いですよね。 ある意味、国内の市場が恵まれているからこそですが。 当社もガラケーでビジネスをやっていて、日本市場しか見えてなかったのですが、海外にもでてみて世界が広がりましたし、楽しいですね。 実際、ほぼゼロからスマホゲームの事業をやってみて、感想はどうですか? 石川: 今のところ、ほんとに良いことしかないんですよ。 楽しいゲームをつくれば、お客さんの満足度が上がって、広告と課金で売上に跳ね返ってくる。 アンハッピーな人が生まれにくいところが、気に入っています。 営業ノルマがあって、お客さんが損するような売り方をして、アンハッピーな人が生まれる商売もあるじゃないですか。 僕も事業10年ぐらいやってるんですけど「こんな最高の事業は他にないな」というのが正直な感想です。 最後に、告知などがあればお願いします。 石川: ジェーオーイーでは、エンジニアやデザイナーを募集していますので、ご興味ある方は是非()。 「ようとん場シリーズ」 とのコラボなどもお声がけいただければ嬉しいです。 たしかに育成ゲームって1人で遊ぶものがほとんど(ツイッターで「進化したキャラをシェアする」とかくらい)なので、そこはもっと改善の余地があるのかも。

次の

「1億2000万匹のブタが出荷され、アプリ事業は黒字」ブタ育成アプリ「ようとん場」台湾でプロモーションをかけ160万ダウンロードに到達。

ようとん場

・右上の「メニュー」のボタンを選択するとwiki内の各ページへのリンクが出てきます。 「ぶた図鑑」などがおススメです。 ・メニューの右の「その他」>「掲示板」から掲示板に行けます。 新しいぶたは掲示板に情報が寄せられてるかも。 ・wikiを 一通り調べたけどわからないという方は で聞いてみましょう。 ヒマな人が答えてくれるかも。 普通の図鑑のぶたは に、 イベントぶたの情報は にあります。 そこにも情報が無い、という場合は で情報交換がされているかもしれません。 色よりも偏食の度合いが優先されるので注意。 (色は区別しにくいので) ページ内リンク: ----- 逆引き後リンク:---- ----• 偏食:好物以外食べない。 2種類の場合は両方を食べさせないと育成に失敗する。 放牧:放牧が必要な豚は放牧場で放牧しないと雑種になる。 エサ回数:一定数のエサを食べさせないと育成に失敗する。 ハント:子ぶたハントでのみ出現するかどうか。 「豚セ」はぶたセンターで入荷可能という意味。 売価目安:出荷ptの目安。 (適当です)• 交配:ブリーディングの系統の種類。 逆引:ソートすることで逆引きっぽく並び替えられます。 色よりも偏食の度合いが優先されるので注意。 図鑑にヒントが。 育成失敗を恐れずチャレンジ。

次の

‎「ようとん場3D」をApp Storeで

ようとん場

今年は、自粛期間が長かったせいか、夏が突然やってきた!という感じですね。 夏といえば、海や川のイメージが強いですが、湖でのレジャーも人気となってきているんです。 関東だと「富士五湖」、そして関西だと「琵琶湖」が真っ先に頭に浮かぶでしょうか?琵琶湖といえば、日本一大きな湖としても有名ですよね。 ただ大きいだけじゃありません。 水質も良く、釣りや湖水浴などのマリンレジャーが楽しめる場所が多くあります。 そこで今回は、そんな琵琶湖にスポットを当て、おすすめのキャンプ場10選をご紹介してまいります! 琵琶湖 出典:illustAC 琵琶湖といえば、日本一大きな湖で水平線が見えるほど。 琵琶湖の歴史は意外と知られていませんが、約400万年~600万年前の地殻変動でできた湖が次第に北へ移動し約100~40万年前に現在の琵琶湖となったそうです。 出典:PhotoAC 琵琶湖は、近畿地方の水源としても重要な資源であり、人々の生活を支えています。 琵琶湖のおすすめのキャンプ場 奥琵琶湖キャンプ場 出典:奥琵琶湖キャンプ場 奥琵琶湖キャンプ場は、琵琶湖まで徒歩数分のところに位置し、緑の自然に囲まれたキャンプ場です。 場内のサイトは広く、隣のサイトとの距離が十分空いているため、周りを気にせずゆったりと過ごすことができます。 キャンプサイト以外にもバンガローやコテージ、貸別荘などの施設があり、さまざまなタイプの過ごし方ができます。 adsbygoogle []. 広大な敷地内にはキャンプサイト、キャンピングカーサイト、キャビンなどキャンパーのニーズに合わせた施設が用意されています。 レンタルも充実しているので、手ぶらキャンプも可能です。 また、ミニ動物園などもあるので、お子様も楽しく過ごせそうですね。 浜には松林が広がり、夏場でも木陰で涼むことができます。 施設には、キャンプサイトとコテージサイトがあり、コテージは家族から団体まで幅広い方が使用できるタイプのコテージが用意されています。 new-shirahama. 施設内には温泉やテニスコートなどがあり、バカンスに来たかのような楽しみ方もできます。 真っ赤な夕日や目の前の朝日、湖面に写る満月など、自然を楽しみながらキャンプができるのが贅沢ですね。 mjnet. htm マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 出典:マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場は、目の前が綺麗なビーチなので「湖水浴をとことん楽しみたい!」という方に特におすすめなキャンプ場です。 キャンプ場はきれいに整備され、サイトも広く、ゆったりと過ごすことができ、琵琶湖八景に数えられる竹生島と海津大崎の二大景勝地を望むロケーションは圧巻です。 テントサイトは木の下に設営できるため、夏場でも日影が十分確保できます。 また、SUPやカヤックなどのマリンアクティビティが楽しめるのも魅力的ですね。 adsbygoogle []. 芝生サイト中心なので、ごろっと寝転がるのも良いでしょう。 また、コストパフォーマンスが高く、大人一人1,000円、車1台1,000円と嬉しい価格です。 html(びわ湖高島観光ガイド) アクセス:湖西道路 比良ICより22km、車で約45分 青柳浜キャンプ場 出典:青柳浜キャンプ場 青柳浜キャンプ場は、キャンプ場から遊泳区域へそのまま行けるので、ウォータースポーツや釣りをするのに適したキャンプ場です。 京都・大阪・神戸からのアクセスもよく、家族連れで、のんびりと楽しむのに良いキャンプ場です。 aoyagihama. html アクセス:湖西道路 志賀ICより3分 二本松キャンプ水泳場 出典:二本松キャンプ水泳場 二本松キャンプ水泳場は、琵琶湖の中でも水がきれいなエリアにあるキャンプ場です。 施設内はキャンプサイトとコテージがあり、バナナボートなどの琵琶湖でのレジャーを満喫できます。 竹生島を眺めながら遊泳を楽しむには最適な場所でしょう。 hi-ho. html まとめ 出典:PhotoAC キャンプは、季節やロケーションによって違った楽しみ方がありますが、夏場は、やはり水辺で楽しみたいとついつい考えてしまいますね。 レジャーだけでなく、琵琶湖周辺には多くの観光名所もあります。 この季節、琵琶湖湖畔でキャンプをした帰りに観光を楽しんでみるのも良いのではないかと思います。 今年の夏は暑くなりそうなので、水分補給など熱中症対策をしっかりしながら楽しみたいですね! 関連記事リンク(外部サイト).

次の