天 竜川 ホワイト ウォーター フェスティバル。 南信州サイバーニュース

天竜川ホワイトウォーターフェスティバルで水難事故、25歳の女性が死亡

天 竜川 ホワイト ウォーター フェスティバル

松川町を流れる天竜川ボート競技中に、悲劇が起こりました! 競技に参加していた愛知県安城市の会社員、中川愛美さん(25)のボートが転覆し、中川さんの死亡が確認されました。 この事故について調べてみたいと思います! スポンサーリンク 中川愛美さん、天竜川ボート競技中に転覆死亡事故概要 28日午後、長野県松川町を流れる天竜川でゴムボートが転覆し、愛知県の女性が死亡しました。 事故があったのは松川町を流れる天竜川で、28日午後1時ごろ、通行人から「ボートが転覆した」と消防に通報がありました。 駆けつけた消防が現場で女性を救出しましたが、搬送時は心肺停止の状態で、病院で死亡が確認されました。 その後、亡くなったのは愛知県安城市の会社員、中川愛美さん(25)と判明しました。 中川さんはゴムボート大会の参加者で、男性と一緒に2人乗りのボート競技に出場していたということです。 男性は自力で脱出し、けがはありませんでした。 大会は28日から2日間の日程で開かれる予定でしたが、事務局は事故を受けて大会を中止しました。 楽しいはずのボート競技での死亡事故! 中川愛美さんは、25歳という若さで亡くなりました!あまりに悲しい事故です。 スポンサーリンク 中川愛美さんプロフィール 名前 中川愛美 年齢 25歳 住所 愛知県安城市 職業 会社員 死因 ボートが転覆し、溺死 中川さんは、男性と一緒に2人乗りのボート競技に出場していたということです。 男性は、自力で脱出し無事でした! 中川愛美さん顔画像は? ファイスブック、SNS等検索しましたが、同姓同名が多く、特定には至りませんでした。 中川愛美さん死亡事故現場 長野県松川町を流れる天竜川です! 天竜川(てんりゅうがわ、天龍川)は、長野県から愛知県、静岡県を経て太平洋へ注ぐ天竜川水系の本流で、一級河川のひとつ。 諏訪湖の唯一の出口である長野県岡谷市の釜口水門を源流とする。 流域は急峻な地形のため古くから「暴れ川」「暴れ天竜」として知られ、多数のダムが存在する。 飯田署によると、2人は「天竜川ホワイトウォーターフェスティバル」に参加しており、ゲートをくぐるなどしながら川を下る「ファンスラローム」と呼ばれるレースの最中でした! スポンサーリンク 中川愛美さん死亡要因はなんだったのか? まず、ライフジャケットをつけていなかったとは、とても考えられません。 中川さんのボートが転覆した場所が、流れが急で、自分の力では這い上がれない状況だったのでは?と予想します。 ネットの反応 ライフジャケットは付けてたのかな? 状況が読めない。 ボートが反転して体はボートに固定されたままとかっだのかな。 それで溺死、はわかる。 競技者が泳げないとも思えないし、ちょっと情報が欲しいと思う。 ボートに同乗していた男性は、自身にも余力が無く、救助する事もできず、後悔のどん底だろうな…。 ボートのレースに出場したのに、泳げないの? 沈してもボートにしがみついていれば良かったのに、それも出来ないの? ライジャケは装着していなかったの? 自然をなめてかかっちゃ駄目でしょ。 ボートに同乗していた男性は、自身にも余力が無く、救助する事もできず、後悔のどん底だろうな…。 ライフジャケットは着ていたのかな? それに、消防が救助って・・・何分掛かると思っているのか。 周囲の人達は誰も助けなかったのか。 競技中なら、誰か助けに行っても良かったと思いますがね。 消防の到着を待っては、助かる者も助かりませんよ。 まずは、事故防止と安全対策が必要。 なんで通行人の通報? 大会運営に問題ありそう。 このレース、 危険は想定内なはず。 何か 事故の対策は されてなかったのか? ご冥福をお祈りします ライフジャケットつけてたの?って言ってる人いるけどさ、ボートの下にハマりこんでたらライフジャケット付けてたほうが脱出困難なんじゃなかろーかと あと、すぐに救助できる体制を取ってなかった運営もどうかと。 どちらにせよ、運が悪かった ライジャケ着けててもボートの下に入り込む水流に負けて呼吸出来なくなる スポンサーリンク 中川愛美さん天竜川死亡事故まとめ 中川愛美さん25歳、あまりに若い死!心よりご冥福をお祈りいたします。 大好きな川!大好きな競技中での事故死だったのが、せめてもの救いですね! 自然界には、事故はつきものです。 緩やかな川でも、人は亡くなることはあります。 一つではない様々な要因が潜んでいると思います。 中川さんの当日のコンディションも、死亡要因にある可能性も考えられます。 「天竜川ホワイトウォーターフェスティバル」が、今後も続いていくことを祈ります。 スポンサーリンク.

次の

ボランティア募集!!【天竜川ホワイトウォーターフェスティバル】

天 竜川 ホワイト ウォーター フェスティバル

念のためと思って、「天竜川ホワイトウォーターフェスティバル」と検索しましたら、ありました。 しかしこの検索エンジン対策だけでは、このお祭を知っている人のためには良いのですが、知らない人で天竜川とかラフティングなどで検索した人にはヒットしません。 関連する多くのキーワードでヒットさせるのには、ブログ検索機能でヒットさせることを考えた方がベターだと思いますので、来年の事と私の備忘録として、たくさんのキーワードにヒットさせて、来年まで残っているか判らないのですが(来年のHPのURLが変わってしまう可能性がありますので)変わるまではこのHPに誘導できるわけです。 このページを作られた方、関係者の方がもしこのブログを見られましたら、来年のURLも今年と同じURLをご使用になられると効果は大きくなると思います。 文章は、事務局文章をコピー&ペーストして一部説明文を入れています。 天竜川ホワイトウォーター・フェスティバルは、主催、天竜川ホワイトウォーター・フェスティバル実行委員会(TWWF実行委員会)で、開催の目的は、川下りスポーツの普及とインフレータブルボートの操作技術の向上を図るとともに、川を愛し自然への親しみを深めることを目的とし、リバベン(日本リバーベンチャー選手権大会)発祥の地飯田市天竜川で開催します。 暴れ天竜をリバースポーツのメッカにしていきたいと関係者一同張り切っています。 イベントの内容としては、 1、ファンスラロームレース、約11kmを、(上智大学探検部の説明では、ファンスラロームとはスローロープ投げから始まり、橋から吊るされたロープを登ったり、缶叩き、ゲートくぐり、フリップ競技、岩から飛び込み、的当て等、完全に楽しむためのものとのこと) 2、ダウンリバータイムレース20kmを時間を競争して下る競技。 3、その他、今年はミスター&ミス天竜川選考大会、太鼓やトランペットの演奏、野外料理コンテスト 、全員参加の『じゃんけん大会』豪華(?)賞品準備、写真コンクール等々 4、運営 主 催:天竜川ホワイトウォーター・フェスティバル実行委員会 〔TWWF実行委員会〕 協 力:飯田市/飯田観光協会/国土交通省天竜川上流河川事務所/天竜舟下り 株 /下伊那漁業協同組合/アルプスぼうけん組楽部/天竜川アドベンチャー倶楽部 後 援:中日新聞社 特別協賛:アルプスぼうけん組楽部 事務局:〒395-0044 飯田市本町1丁目2番地 飯田市観光課エコツーリズム係内TWWF実行委員会事務局 TEL 0265-22-4851 FAX 0265-22-4567 5、今回参加チーム(合同チームの場合分けてあります) 長良川カヤッククラブ、高森カヌークラブ、東京農工大学探検部、鳥取大学探検部、甲南大学探検部、新潟大学、立正大学探検部、神戸大学探検部OB、亜細亜大学、あけぼの塾(仮)、新潟大学探検部、長野カヌークラブあどむ、D&C、拓殖大学、京都外大探検部OB、秩父ダッキー愛好会、一橋大学ストローム会、金子乳業有限会社、大阪国際大学、第30回リバベンオフィシャル、Theダンディーズ、岡山大学探検部、チーム ランホリンクス、愛知大学OB、早稲田大学ワンダーフォーゲル部、鳥取大学探検部OB、岡山大学探検部OB、鳥取大学、拓殖大学探検部、テイケイ株式会社、アコンカグア、愛知大学、カヌー&ラフティングクラブ ノア、チーム ランホリンクス、亜細亜大学、神奈川大学OB、関東大学探検部OB、上智大学、あぶさんと ほんとにたくさんのチームがあるのですね。 天竜川では、アルプスぼうけん組楽部と言う会社が中学、高校生などの修学旅行の一環としてラフティングを行っていて、私の見た時は10艇位のラフトの長蛇を見たことがありますがそれは勇壮でした。 こうした学生さん達が上記の大学に行って、大学チームとしてまた社会人チームとして繰り返し飯田に来ていただければ大変心強いものがあります。 コースによって参加2名以上で受け付けていますので、乗って見たいと言う方はぜひ申し込まれると少しスリルのある経験が楽しめれます。 私が見に行った時には、乗る前に安全に対する説明と疑似体験の練習がありますので、ベテランのインストラクターの指示に従って乗れば安心して楽しむことができます。 今日の写真は、昨日の写真でこれではとても怖くて自分にはできないという方のために載せたものですが、天竜川は広くて、とても無理な流れと見える所でも、流れの端のほうでは写真のように緩やかな所があり、川を知り尽くした指導者がいれば、お客様のレベルを判断して無理の無いところを案内してくれますから指示に従って乗っていればまず心配ないと思います。 なお、高森町のカヌークラブでは、カヤックが中心ですが、インフレータブルカヌー(ダッキー、ラフトなど)、カナディアンカヌーなどをクラブの人が指導してくれますので、一から始めたいと言う方にはお勧めです。 4月頃募集しますので時期が来ましたらお知らせします。 初めてこのブログをご覧いただいた方が、飯田市や、南信州のことを検索エンジンでご覧いただくためには、私が作っているドブログのブログでブログ内検索していただきますと、私が書いたことであれば細かく検索していただけます。 右サイドバーからぜひどうぞ。

次の

ボート転覆、25歳女性死亡 長野・天竜川、レース中

天 竜川 ホワイト ウォーター フェスティバル

5 ダッキーを使った久々の川下りで瀬を下る楽しさを再確認しました。 瀬を漕げば海のロックガーデンでのボートコントロールの練習になるかも。 このところ海ばかりで、川はラフティング大会に出るぐらいだったが、 同じ会社の後輩O君からの誘いで、どこかの川を下ることになった。 長良川や気田川、北山川なども候補に出たが、最近行ったことがあり 平日の日帰りで、あまり危なくない川といえば天竜川がBEST候補になった。 市田駅近くの明神橋下流、天竜川右岸よりスタート(13:55) 車からフネと道具を降ろし、私がセットアップしている間に相棒のO君が下流の 時又まで車を回送しに行ってくれた。 今日は車1台なので、帰りは飯田線で 戻ってくるのだが、フルドライにリバーソックスという、すごい格好で 電車に乗って帰ってきた(さすがにPFDとヘルメットは置いていったが)。 電車の時刻を計算に入れての回送だったが1時間半以上はかかった。 O君お疲れ様でした。 カナディアンは保管場所の問題で手が出せないのが理由だが、 リバーカヤックは楽しそうなのは分かっているが、なかなか手が出せないでいた。 その理由としては、他のフネに比べてスキルが必要で、年に数回しか出動できない 私ではそこまで上達できないだろう、ということと沈したときの恐怖感が大きいからだ。 沈だったらシーカヤックでも同じだろうと思われるかもしれないが、 海は足も着かないところなので逆さになっても安心だが、川で沈して ロールも出来ないような中途半端な水深で、川を横になったままひきずられたり、 川底の岩で顔面でも打ったらどうしよう、などといらぬ心配をしてしまう。 これがリバーカヤックを本格的にやってみたいが、なかなか手が出せない理由なのだ(笑)。 久しぶりのストリームインに少々緊張(13:58) よく考えたらダッキーに乗るのはほぼ5年ぶり。 体をゆすってもまったく揺れないフネというのは逆に少し違和感があった。 川の中に点在する岩を時々避けながら下っていくが、所々で岩を避けきれずぶつかってしまう。 海と違って川ではフネのバウの向きと、川の中を実際に進む方向が異なるのは当たり前で 常にドリフトアングルを考えて操船する必要があるのだが、、、、 ウーム、こりゃ少しリハビリが必要なようだ。 スタンディングウェーブの中を楽しみながら漕ぎ下る(14:11) 実はO君と川を下るのは今回が初めてと言うこともあって、 危ない場所が比較的少ない天竜川を選んだのだが、何の危なげもなく スイスイ漕ぎ下っていく。 ああ、やっぱり軽く動くフネは楽しそうだな〜。 弁天橋で休憩後、再スタート(14:51) 半分ほど下った弁天橋左岸に上陸して途中休憩。 水を見ていると、 夏に来たときと違って川の石にコケが多く、川の水も汚れている感じだった。 天竜川はスタートの諏訪湖の水が汚くて、下流に行くほど両側の山から 流れ込む清流でだんだん綺麗になると聞いたことがあるが、、、、 やはり梅雨の後でないと水がきれいにならないのかな〜?。 鷲流峡出口の天竜橋下でスポットプレイ、ロールも軽く披露してくれた(15:22) 鷲流峡も5年ぐらい前からは昔のような激しい瀬もなくなり、ダッキーでは沈するような 場所も無くなっが、最後のS字の瀬から天竜橋下までは結構楽しめた。 同じ波でもフネが小さいぶん、ダッキーはラフトより迫力があるし、真剣勝負だ。 こういう場所で漕いでいるから、海に行ったときもロックガーデンで 大きく海面が上下していても冷静に対応できるのかなーと思う。 時又港の対岸に上陸してゴール(15:27) 片づけを終えると同時に雨が降り出した。 帰りに温泉のに行ったがこの日は月曜日で休館、、、残念。 久しぶりのダッキーでしたが瀬の楽しさ、痛快さを再確認しました。 4月に潮岬を漕いだときに、ロックガーデン内の波や流れが結構激しい場所でも慌てることなく漕げたのは、ひごろから岩に流れがぶつかるところを、見たり漕いだりしていたからかなーと思いました。 また、リバーカヤックは楽しそうで、「中古艇なら安いしシーカヤックの練習にもなりますよ」と後輩O君はシーカヤック誌の特集のようなこともささやき掛けてきます。 ウーム、、、、検討中です(笑)。 <今回以外の天竜川の記録> ・ 昨年に続き、「天竜川ホワイトウォーターフェスティバル」に参加してきました。 今回は ラダーマンを任され、フリップも無く順調に漕げましたが、体力不足は否めず順位は真ん中辺りでした。 ・ 今回は4回目の出場でしたが、2日目のスタート直後にレースでは初の痛恨のフリップ(転覆)。 順位的にはイマイチでしたが料理コンテストで入賞。 ラフティングチームに参加して「天竜川ホワイトウォーターフェスティバル」に参加してきました。 いくらダウンリバーとはいえ、20kmものコースはくたびれました(笑)。 それにしても、チームテイケイの早いことといったら、、、、世界レベルの漕ぎを見せていただきました。 2005.春に購入したAIR-トムキャトですが....10月にようやく進水式を行うことが出来ました。 ある夏の暑い日、ウッドノート主催のツアーで、またまた天竜川を下りました。 「水が少ない」、と安心していたのが完全に裏目。 一日に2撃沈を喫し、娘とともに鵞流峡(がりゅうきょう)を流される羽目になってしまいました。 しかも、昼のお楽しみの弁当までもが....無念。 毎週末の雨にたたられ、4月の大井川以降ずっとカヌーはお預け。 そこで、5月に初の自艇を手に入れたM君と、林道関係のhpでお世話になっているノタさんを誘い天竜川へ行くことに。 しかし、この週末も天気が....もつのか〜? 今回もカヌーショップ(ウッドノート)主催のツアーで「天竜舟下り」で有名な、長野県飯田市付近から天竜川を下りました。 ラフティングの練習で何回か下っていて、ハイビックスでも2回目の天竜川下りでしたが、慢心が油断を生んだのか?、途中にある鵞流峡の真ん中で私だけがあえなく撃沈。 冷たい秋の川を流されたあげく、鼻からも天竜川の水を飲むことに。

次の