面の皮が厚い 意味。 「厚顔無恥」の意味や由来とは?使い方の例文と類語・反対語も解説

物の厚みを表す意味としての「厚い」と「分厚い」の違いについて

面の皮が厚い 意味

スポンサーリンク 「厚かましい」の意味と使い方は? 最初に 「厚かましい」の詳しい意味を見ていきましょう。 「厚かましい」は 「厚い」という形容詞に 「かましい」という接尾語が連なった構成の言葉と考えられます。 転じて 程度が著しい、また態度に遠慮がないといった意味でも使われます。 「かましい」はその物事や状態に似ていることを示し、 「~のきらいがある」「~の傾向がみられる」という意味合いがあります。 ただ語源としては、「面の皮が厚い」の「厚皮(あつかわ)」が「あつかわしい」となり、「あつかましい」に転じたとの説もあります。 「厚かましい」は、 自分の行動が規範に照らしてみっともないのではないか、などと恥じ入る気持ちがないさまを表しますね。 また、こんな行動をとれば相手に迷惑になるかもしれない、といった心遣いがまったくなく、 自分勝手で無遠慮な様子を表します。 状況を分けて意義づければ、ある人の態度や様子が次のような場合に使われます。 また、その作法や礼儀が行き届いていないとき。 さらには、悪いと分かってある事をおこなっておきながら、何食わぬ顔で平然としている状態。 あるいはその人の身分や立場に合っていない、分をわきまえない状態です。 類語の形容詞としては 「図々(ずうずう)しい」、「ふてぶてしい」、「馴れ馴れしい」、「臆面もない」、「虫がいい」、「盗人たけだけしい」「図太い(ずぶとい)」「面の皮が厚い」などがあります。 形容動詞では 「厚顔な」「無遠慮な」「無神経な」「我が物顔な」などが挙げられます。 スポンサーリンク 「厚かましい」の例文としては次のようなものが挙げられます。 彼は何て厚かましい男だ。 厚かましいお願いで恐縮です。 お言葉に甘え、厚かましく頂戴します。 借金を返さずにまた金をくれとは、厚かましいにもほどがある。 たくさん契約を取ろうと思えば、多少厚かましいくらいじゃないとできないよ。 「図々しい」との違いや言い換え方は? 最後に 「厚かましい」と 「図々しい」との違いや言い換え方について見ていきましょう。 「図々しい」も「厚かましい」と意味合いは似ています。 他人に対しての横柄な、また恥知らずな態度や行動について使われる言葉です。 ちなみに「図々しい」は計画やたくらみを示す「図」という漢語から派生したという説があります。 また「図太い」から転じた形容表現との見方もあり、「図々」は当て字ではないか、との指摘もあります。 「図々しい」は「厚かましい」よりもややくだけた表現になります。 あらたまった場面では 「厚かましい」の方が使用には適切だといえるでしょう。 例えば人にものを頼む際に、謙遜する意味から、自分の無遠慮でぶしつけな態度をおわびしながら丁重に依頼する表現があります。 こうした場合は 「図々しいお願いですが、聞いていただけないでしょうか」よりも 「厚かましいお願いですが~」の方が丁寧な、よりへりくだった印象を与えます。 また「厚かましい」は自分自身の恥知らずさや無遠慮な態度を指すのに対し、「図々しい」は他人の都合や気持ちを顧みず、身勝手に振る舞う行動そのものを表すと言うこともできます。 この場合「図々しい」は、 「列に図々しく割り込む」「許可なく他人の席に図々しく座る」「どうぞと言われてもいないのに、家に図々しく上がり込む」といった用法となります。 一方で「厚かましい」は、丁寧な文脈に適していることから「失礼」と置き換えられる場合があります。 例えば「厚かましいお願いですが、これをお借りできませんか」は「失礼なお願いですが~」とも言えます。 また「彼は一見礼儀正しそうだが、実は厚かましい」も、後段を「実は失礼な男だ」と言い換えてもさほど意味上の違和感はありません。 まとめ どうでしたでしょうか? 「厚かましい」の 意味と使い方、そして「図々しい」との違いや言い換え方について詳しくご紹介しました。 似たような言葉でも使う場面や相手によっては表現方法を変えて相手に伝えないと失礼に当たる場合もありますから、本当に言葉というのは奥が深いなと思いますね。 「厚かましい」という表現方法について正しい認識で使えるよう参考にしてみてください。

次の

「面の皮が厚い」とは?意味や使い方をご紹介

面の皮が厚い 意味

「厚顔無恥」の意味とは? 「厚顔無恥」の意味は「あつかましいこと」 「厚顔無恥」は「こうがんむち」と読み、簡単に言うと「厚かましいこと(様)」という意味の四字熟語です。 「厚顔」とは、面の皮が厚いという意味で、「恥知らずで図々しい」という意味があります。 一方「無恥」は、「恥が無い」という文字通り、「恥を知らない」「恥ずべきことを恥だと思わない」という意味です。 「厚顔無恥」とは、同じような意味のことばを重ねることで、「恥知らずで厚かましい様」を強調した表現となっています。 「厚顔無知」と書くのは誤字 「厚顔無恥」という四字熟語で多い誤字が「厚顔無知」という誤りです。 「むち」という読みから「無知」を連想しがちですが、正しくは「厚顔無恥」です。 「無知」は「知識がない」という意味ですが、「こうがんむち」という四字熟語では「恥知らず」という意味の「無恥」を使います。 意味とセットで覚えておきましょう。 「厚顔」は中国の詩集『詩経』に由来する言葉 「厚顔無恥」で使われている「厚顔」は、中国に語源を持つ単語です。 中国最古の詩集である『詩経』にその由来があり、「巧みな言葉を用いて外面よくふるまい、内面の醜さを隠す」という一節で「厚顔」という表現が使われたのがはじまりとされています。 その後、日本でも内面の醜さ・内面の恥という意味で定着したそうです。 「厚顔無恥」の使い方と例文 「厚顔無恥な政治家」「厚顔無恥な女」と使える 「厚顔無恥」は人を形容する言葉として使うことができます。 たとえば、我を押し通そうとする様や、こちらに迷惑をかけても平気でいるような人は「厚顔無恥な人」といえるでしょう。 「厚顔無恥な人」だけでなく、次のように様々な人を指して使える表現です。 自分の都合ばかり主張して、なんとも厚顔無恥な政治家だ• あれほど批判しておいて頼みごとをしてくるとは、厚顔無恥な女としか言いようがない 「厚顔無恥も甚だしい」という表現も 「厚顔無恥な人」というだけでなく、「厚顔無恥だ」「厚顔無恥も甚だしい」という使い方もよく見られます。 たとえば、• プライベートなことをあれこれと問うのは厚顔無恥だ• 飲食店に食品を持ち込み、さらに許可なく食べるとは厚顔無恥も甚だしい 「甚だしい」とは、程度が激しいこと・普通の状態をはるかに超えていることを表す表現です。 そのため、「厚顔無恥も甚だしい」は、やや強いニュアンスになります。 他にも、非難の意味を込めて「厚顔無恥にも程がある」ということもできます。 「厚顔無恥になりたい」という人が増えている? 「厚顔無恥」は「恥知らずで図々しい」という意味ですが、最近では「厚顔無恥になりたい」「厚顔無恥な方がいい」という意見もあります。 どうやら、「世間体や周囲の目に気を使っていては、本当にやりたいことができない」「いっそ図々しい方が得だ」「厚かましい方が気楽だ」といったニュアンスで使用されているようです。 確かに、人の目を気にせず自分のなりたいものを追い求めるのは素敵なことではありますが、本来「厚顔無恥」はネガティブなニュアンスを伴う言葉です。 そのため、「厚顔無恥になりたい」という表現よりも、「素直に生きる」「人の目を気にせず自分らしくありたい」といった表現を使った方が、より真意が伝わるのではないでしょうか。 「厚顔無恥」の類語・反対語 「傍若無人」「勝手気儘」は自由な様子を表す類語 「厚顔無恥」と似た意味の四字熟語には、「傍若無人」「勝手気儘」が挙げられます。 「傍若無人(ぼうじゃくぶじん)」とは、「人の目を気にせず、自分のやりたいようにすること」という意味で、「勝手気儘(かってきまま)」にも同じような意味があります。 「厚顔無恥」と似た意味の表現ですが、「厚顔無恥」には図々しさ・厚かましさという「迷惑」なニュアンスを含むのがポイントです。 言い換え可能な類語は「図々しい」「厚かましい」「恥知らず」 その意味としても紹介しましたが、「厚顔無恥」は、「図々しい」「厚かましい」「恥知らず」などといった言葉に置き換えることができます。 他にも、「分別がない」「道理をわきまえていない」なども似た意味の言葉です。 また、少し難しい表現では、以下のような類語もあります。 鉄面皮(てつめんぴ):恥知らずで厚かましく、面の皮がまるで鉄のようである様• 不遜(ふそん):へりくだる気持ちがないこと、思いあがった態度 反対語は「遠慮会釈」「平身低頭」 「厚顔無恥」の反対語・対義語は「遠慮会釈」や「平身低頭」が当てはまります。 「遠慮会釈」とはつつましく控えめにして、相手を思いやることを意味する四字熟語で、図々しさを表す「厚顔無恥」とは反対の意味です。 「平身低頭」も、ひれふして頭を下げることですので反対語と言えます。 「厚顔無恥」の英語表現 「恥知らず」という意味の「shameless」をよく使う 英語で「厚顔無恥」という場合は、「恥知らず」という意味の単語をよく使います。 たとえば、「shameless」や「impudent」などです。 「He is such a shameless(彼は厚顔無恥だ)」や「an impudent person(厚かましい人だ)」といった使い方をします。 そのまま英訳すると「thick-skinned」 「厚顔無恥」をそのまま英訳すると「thick-skinned」となります。 「thick-skinned」を使うのであれば、「He is thick-skinned(彼は面の皮が厚い/厚かましい)」などとすることができます。 まとめ 「厚顔無恥」とは、「面の皮が厚い」という言葉を使った、「恥知らず」「厚かましい」という意味の四字熟語です。 最近では、「人目を気にせず自由気まま」という好意的なとらえ方をして、「厚顔無恥」ということもあるようですが、本来は否定的・批判的なニュアンスで使われます。 誤解を招くことがありますので、ポジティブな意味合いで使いたい場合は言い換えたほうが無難です。

次の

厚顔無恥の正しい意味と使い方!厚顔無恥な人との4個の付き合い方

面の皮が厚い 意味

この記事は、約 4分 35秒で読むことができます。 デパ地下の試食コーナーでは、夕方になると常連のお客様が試食をしに来て、2~3周して帰るそうですよ。 店員さんは邪魔にもできず、「さっさと食べて帰ってねー」という態度の様です。 2~3周するとお腹が満たされるでしょうし、近隣のデパートへ行けば更に試食が出来て1食分は浮きますもんね。 でも、このような「鉄面皮」の人は少ないでしょう。 時間がないと出来ないことですから。 更に「鉄面皮」な人は人に媚びるようです。 その媚び方が尋常ではないことが「鉄面皮」の語源にもなっているのです。 この記事では「鉄面皮」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。 大昔の中国に王光遠(おうこうえん)という学問も才能もあり、当時の官吏登用のための資格試験である科挙の進士科(しんじか)を合格した者がいました。 この王光遠という男は出世の為ならば恥をも捨て、どんなツテを使っても出世しよう、どんな恥をかいてもいいというくらいの者だったのです。 有力者の元へ行き、門前払いをされても何度も訪れたそうで、仕舞に酒に酔った相手に鞭(むち)で打たれようとも怒ることはせず、ご機嫌取りをしました。 周りの人に「あんなことされて恥ずかしく思わないのか?」と聞かれ、王光遠は「この人に取り入ればいいことがあるかもしれない」と言ったそうです。 そこからみんな「光遠顔厚きこと、十重の鉄甲のごとし」と言うようになり、「光遠の厚かましさは何重もの鉄の甲のように分厚い」という意味で、厚かましい人、面の皮が厚い人を「鉄面皮」と呼ぶようになったのです。 「鉄面皮」の英語表現と類義語 「鉄面皮」の英語の表現 次に「鉄面皮」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。 impudence(鉄面皮) 【例文】• This is such ashamed with the impudence(あんなに鉄面皮ではこちらが恥ずかしい)• She has become the impudence how long(彼女はいつから鉄面皮になってしまったのだ) 「impudence」は「図々しさ」「厚かましさ」という意味があります。 他にも「brazen(厚かましい)」や「barefaced(恥知らず)」でも「鉄面皮」を表すことができます。 「鉄面皮」の類義語 「鉄面皮」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。 野面皮(のめんぴ)• 厚顔(こうがん) 「野面皮」とは「ずうずうしい」「あつかましい」という意味があります。 「鉄面皮」と同じように使われます。 「厚顔」は「厚かましく、恥知らず」ということです。 「厚顔無恥」という四字熟語があります。 「鉄面皮」の使い方 最後に「鉄面皮」の使い方を例文でご紹介します。 【例文】• 「鉄面皮でなければできない仕事も、世の中にはたくさんあるよ」• 「彼女の鉄面皮は、きっと親譲りだろう」• 「鉄面皮と呼ばれている先輩とは、あまり行動を一緒にしたくはない」• 「彼が鉄面皮と呼ばれる理由がやっとわかった」• 「あの人の鉄面皮は、誰にも真似が出来ないくらい最強に厚かましい」 非常に厚かましいこと、人を「鉄面皮」と呼びます。 「鉄面皮と(呼ばれる)」「鉄面皮な(人)」などと使われることが多いですね。

次の