スマホ で 賃貸。 賃貸住宅でのインターネットは有線とWi

【スマイティ】賃貸マンション・アパートの賃貸住宅情報

スマホ で 賃貸

スマートフォン(スマホ)は今や、携帯電話としての機能よりも、インターネットやSNS、ゲーム、写真撮影などに利用している人が多いと思います。 ほかにもモバイル定期券やICカードを利用した支払い、さらには家電製品のリモコンとして使っている人もいるでしょう。 なかでも近年注目されている機能が「スマートロック」です。 スマートロックはスマホを家の鍵代わりに利用する方法で、米国ではホームセンターなどで簡単に購入できるほど普及が進んでいます。 今回は、スマートロックの基礎知識や特徴についてご紹介します。 <賃貸でもOK!スマートロックとは?> AndroidやiPhoneなどのスマホを家の鍵として利用することをスマートロックといいます。 後付けで設置することができ、工具を用意したりドアを交換したりする必要もありません。 今まで使っていた鍵を利用するため、賃貸マンションやアパートでも簡単に取り付けることができます。 Bluetoothは独自の通信規格のため、Wi-Fiに比べて格段にセキュリティ性能が高いのが特徴です。 また、これまでの鍵も併用できるため、二重に施錠が出来れば安心です。 サムターンと呼ばれる鍵本体のつまみの上から、スマートロックユニットをかぶせます。 鍵やドアを交換する必要がないので、工事も不要です。 貼り付けるだけなので賃貸物件でも取り付けることができます。 ただし、退去時には取り外さなくてはならないので、注意しましょう。 <スマートロックのメリット> スマートロックに取り替えると、どんなメリットがあるのでしょうか?防犯面や利便性について見ていきましょう。 また、スマホで操作ができるため、鍵の締め忘れに気付いたときに外出先からでもロックできますし、解錠後に一定時間が経過したら自動で鍵をかけるオートロック機能もあります。 入退出の履歴も時間単位で記録できるため、防犯対策に大きなメリットを発揮します。 荷物を両手に抱えていても鍵を簡単に開けることができます。 スペアキーを作る必要がないため、誰とでもすぐに鍵を共有できるようになります。 鍵は時間単位で有効期限を設定でき、例えば友人が来る時間に合わせて鍵をシェアしておけば、外出していても友人を待たせることがありません。 ハウスキーパーや訪問介護サービスにも利用できます。 指定の時間や期間が過ぎれば鍵は失効するため、セキュリティも安心です。 <こんなときはどうする?スマートロックの疑問点> 便利なスマートロックですが、本体の電池が切れてしまった時やスマホの機種変更をした時はどうすれば良いのでしょうか。 また、鍵となるスマホ側もバッテリー切れの可能性があります。 その際は、これまでと同じように鍵を使って解錠することができるため、鍵を持ち歩くことをオススメします。 メーカーによっては、アプリで電池の残量を確認できるものや、残量が少なくなるとメールや電話で通知してくれるサービスもあります。 そのため、機種変更や修理中で代替機を使用している場合でも、アプリを再ダウンロードすることで、これまで通りスマートロックを使うことができます。 <スマートロックは新しい鍵の形> スマートロックは、スマホで鍵を開閉できる新しいセキュリティの仕組みです。 価格も数万円から発売されているものも多くあり、住宅だけでなくホテルやオフィス、不動産業界の物件管理など、これからの幅広い普及が期待されています。 家族の安全を守るために、根本的な鍵の信頼性から新しいセキュリティを検討してみてはいかがでしょうか。

次の

非対面型の「スマホで完結する賃貸サービスを利用したい」方が70%超|イタンジ株式会社のプレスリリース

スマホ で 賃貸

圧倒的スピード感で引っ越せる。 「 なんでもスマートフォンでできる時代」とよく言われますが、実際のところまだまだですよね。 たとえば 不動産の契約だと、書類の作成や役所での手続きなど印鑑を求められる機会は多いですし、スマホサイトからフォームで問い合わせしたら担当者から電話がかかってきて「お店に来てください」と言われることも少なくありません。 でも、日々スマホだけでできることが増えているのも事実。 その1ページに新たに刻まれたのが、賃貸契約。 スマホで物件探しから、契約、支払いまで完結できるサービスとして話題となりつつある「」は、そのスピード感と手軽さが 「住む」という概念を覆しかねないレベルでした。 数日がかりの不動産契約が、最短15分で完了 Photo: ギズモード・ジャパン でのお部屋探しから契約までのステップを、実際に順を追って見てみましょう。 アプリでもWebサイトでも手順は同じですよ。 手順1. 住みたい街から物件を選ぶ Screenshot: ギズモード・ジャパン Phone Image: Shutterstock 通常の賃貸情報サイト同様に、住みたいエリアから物件を探していきます。 この東神田のお部屋がシンプル&クリーンで好印象。 あまり住んだことのないエリアということも含めて気に入ったので「この部屋を借りる」をタップしてみます。 気づきました? もう 「この部屋を借りる」という段階なんですよ。 ここまではよくある賃貸情報サイトと同じ流れに見えますが、普通は「問い合せする」止まりですよね? が大きく違うのは、この段階で 「借りる」というアクションを起こせること。 サイトで良い部屋を見つけたのに、不動産屋さんに行ってみると「もう借りられちゃいました」と言われる脱力パターン、ありますよね。 「本当に出てたの?この物件!」と怒りたくなる、あんな嫌な経験をする心配はありません。 手順2. 入居期間を選ぶ Screenshot: ギズモード・ジャパン Phone Image: Shutterstock ここから先は、不動産屋さんで行なう手続きの領域に入ってきます。 いつから入居して、いつに退去するのかを決めましょう。 では最短31日から契約可能です。 東神田の様子を見るためにも、マンスリーマンション感覚の31日で申し込んでみようと思います。 手順3. 本人確認 Screenshot: ギズモード・ジャパン Phone Image: Shutterstock 住みたい部屋と、住みたい期間を決めたら、あとは本人確認。 Screenshot: ギズモード・ジャパン Phone Image: Shutterstock 名前とメールアドレス、携帯番号を送信してSMS認証を行ったら、 身分証明証をスマホで撮影してアップロードします。 免許証なら1点だけでOKです。 Screenshot: ギズモード・ジャパン Phone Image: Shutterstock 最終確認を行い、申し込み完了です。 普通はここで保証人や保証会社が必要になったりするものですが、OYO LIFEはそんな手続きいりません。 本当にあらゆる不動産会社がこうなってくれないものでしょうか。 さて、あとは側の審査を待つだけ。 完了次第、支払いリンクがメールで送信されてきます。 審査も最短なら即日完了するとのことで、不動産屋さんでの契約時における大家さんや保証会社の審査ほど待たされる心配はありません。 手順4. クレジットカード決済 審査が完了したら、メールで支払いリンクが送られてくるので クレジットカードで決済を行います。 クレジットカードはVISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナースと幅広く対応していますが、毎月の家賃の支払いでクレジットカードのポイントを貯められるのはかなりうれしいところ。 使っているカードにもよりますが、実質的に数%値引きされているようなものですからね。 手順5. 登録完了 支払い完了後、契約締結の案内が届きます。 オンライン契約書の同意ボタンを押すと正式に登録完了です。 ここまで 最短で約15分。 はやい。 もし不動産屋さんで物件を借りたことがあるなら、そのときの流れを思い出してください... 「サイトで気になる物件を探して不動産屋さんに連絡し、内見日を予約。 そこから内見して(場合によっては数件)、不動産に連絡し、ハンコを持参して書類を複数交わして申し込みを行い、審査を待つ」。 とにかくやることだらけで、少なくみても数日〜1週間はかかってしまいます。 これまでに大変な思いをしたという人も少なくないはず。 これらの手続きのために仕事を休まないといけなかったりして、忙しい時期には引越しなんてとてもじゃないけどできません。 でも、なら、自宅でも、職場でも、カフェでも、旅行先でも、思い立った場所で、スマホ1台あれば最短15分で申し込み完了。 これは革命的です。 裏を返せば「どうしていままでの不動産屋さんにはこれがでなかったの?」と言いたくなるレベル。 鍵はファミリーマートやTSUTAYA BOOK APARTMENTに設置されている「KEY STATION」、あるいは物件に設置されたキーボックスから受け取れるのですが、これも便利。 新居と不動産屋さんが遠いパターン、意外とあるあるですから。 あとは入居日の10時以降に物件へ行くだけで、入居完了です。 家具つき物件なら、手荷物だけで引っ越せる Photo: OYO LIFE のもうひとつの特徴は、シンプルな料金形態。 保証料鍵交換費用など、耳にするだけで憂鬱になってしまうような費用。 それらすべてがかかりません。 「引っ越すだけで何十万円もかかるなんて!」というあの怒りに似た気持ちを味合わなくて済むのはうれしい限り。 そして引越しに伴う面倒な手続きのひとつが、電気、ガス、水道、ネットなどインフラの新規契約ですが、これも不要です。 なぜならば、 月額賃料に水道光熱費とネット代が含まれているから。 要するに、電気もガスもネットも使い放題ということ。 プロバイダに連絡したり、回線工事したりしなくても、引越し当日からネットが使える。 これはギズ的にも高ポイント。 そして入居と同じくらい大事なのが、退去の手軽さ。 また、退去時の立ち合いなどはありません。 これは 「気軽にあちこち引っ越したい」という夢を叶えてくれるサービスですね。 もちろん、家具や家電なし物件も選べますよ。 Photo: OYO LIFE さらにそんな気持ちをサポートしてくれるのが、に豊富に用意された 家具付き物件。 ホテルのように、生活に必要な家具がお部屋にセットアップされている物件を選べば、 スーツケース1つで引越しを繰り返すことも夢じゃありません。 Photo: OYO LIFE ちなみにの「OYO LIFE PASSPORT」アプリには「Wi-Fiの調子がおかしい」とか「エアコンが動かない」といった、よくあるお部屋のトラブルをすぐに問い合わせできる機能が搭載されており、 24時間サポート対応できるようになっています。 Screenshot: ギズモード・ジャパン Phone Image: Shutterstock この辺もスマホでできるというのは、さすが新世代のサービスといった印象。 Photo : OYO LIFE そして、暮らしをもっと便利にしたいという方には「 OYO PASSPORT」というメンバーシップサービスも用意されています。 これは家事代行の「ベアーズ」、収納の「サマリーポケット」、カーシェアの「EveryGo」など、いろんなシェアリング・サブスクリプションサービスを経由で初月無料あるいはスペシャルプライスで利用できるというもの。 現在「OYO PASSPORT」では100以上のサブスクリプションサービスが利用可能となっています。 ここまで活用すれば、コンシェルジュがいるような、ちょっとしたホテル暮らしな気分を味わえそうですね。 圧倒的なスピードとシンプルさは「住む」という概念を変えるかも Photo: OYO LIFE 圧倒的スピード感で契約でき、水道光熱費やネットの契約も不要。 さらには家具付き物件も用意されているという。 ただの引っ越しに使うのもいいかもしれませんが、せっかくだから「数カ月集中の短期プロジェクトのために部屋を借りる」「気になっている街に1カ月だけお試しで住んでみる」など、 普通の不動産ではできない使い方をしてみるのもいいかもしれません。 ギズとしては「最新ガジェットが大量に置かれた秘密基地」みたいな物件があればぜひ試してみたいんですけど、どうでしょう? Source:.

次の

“ハンコなし”で賃貸契約

スマホ で 賃貸

「住みたい街ランキング」「街の住みここちランキング」など、さまざまな調査で取り上げられる人気の街。 例えば、池袋、川崎、中野、高円寺、広尾、市ヶ谷、横浜、恵比寿、吉祥寺、鎌倉…。 調査方法は違えど、確かにどの街も魅力がありそうだ。 しかし、例えば東京23区内から23区内、しかも同じ路線での引越しだったとしても、気軽にはできないと考える人が多いはずだ。 「あの街に住んでみたい」と思っても、引越しをするためには一般的に敷金や礼金、仲介手数料などの初期費用が必要なほか、家財の運搬費用、そして不動産会社での面倒な手続きなどが必要になる。 また、仮に引越しても、もしかしたら「前の街の方が住みやすかった」などと後悔することがあるかもしれない。 そんな中、面倒な手続きをカット。 物件探しから契約までスマホでOK、敷金・礼金・仲介手数料は不要で、家電や家具を備えた部屋を用意し、ホテルにチェックインするかのように住みたい場所に住むことができる不動産賃貸サービス「OYO LIFE」が登場。 運営会社を取材した。 憧れの街に「試住」。 気に入ったらそのまま暮らせるというメリットも OYO LIFEのホームページ。 写真を見ただけでも部屋の清潔感が伝わってくる ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社と、世界6位の規模を誇るインドのホテル運営会社OYOが合弁で設立した新会社OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPANが2019年3月に開始した不動産賃貸サービスが「OYO LIFE」。 OYO LIFEを利用する場合、パソコンやスマホから入居したい物件を選んで必要事項を入力。 ホテルにチェックインするように最短で翌日から入居できる。 保証人は不要で、電気や水道などの契約もOYO LIFEが行い、部屋にはテレビや電子レンジ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、ベッド、デスクなど生活するのに困らない家電や家具のほかポケットWi-Fiも備わる。 支払いはクレジットカードなので、大げさではなく、着替えさえあれば気軽に引越しができるだろう。 「仮に月々の賃料が10万円だとしても、初期費用や光熱費、インターネット回線の契約などを含めると実質12~13万円ぐらい必要になるでしょう。 OYO LIFEでは賃料が10万円だとしたらそのまま10万円で住むことができます。 どちらが入居者にやさしいでしょうか」と話すのはOYO LIFE CEOの勝瀬博則さん。 ただ、OYO LIFEを利用しスマホなどの手続きで気軽に入居できるのは31日~90日の間。 30日以下は旅館業法に抵触する可能性があること、また91日を超えると定期建物賃貸借契約書が必要となるため、書面での契約を行うことになる。 ただ、その場合も2ヶ月ほど入居し、「この部屋、この街に住み続けたい」と思えたら書面での手続きをすればよいだけのこと。 契約や引越しの手間やリスクが低いので、気になる街に「試住」ができるメリットがあるといえるだろう。 「サブリース」の形態をとることで手続きを簡便化。 入居者だけでなくオーナーにも好評 このような簡便な手続きで入居を可能としたのは、OYO LIFEが「仲介」ではなく「サブリース」の形態をとっているから。 仲介の場合は契約成立時には書面によるやり取りが必要だが、OYO LIFEが部屋をサブリース契約で借り、その部屋を転貸することで従来の手間がかかる契約を省いている。 「現在都内近郊に2,000室ほどの部屋を確保しており、約7割を個人のオーナー様から、残りの約3割を法人様から借り上げています。 サブリースのため家賃収入が保証され、様々なリスクを回避できることはもちろん、一般的な管理会社のような部屋の外の管理だけでなく部屋の中まで管理するため、部屋をできるだけ丁寧に使って欲しいと願うオーナー様からとても喜ばれています」 OYO LIFEによるサブリースは、コスト削減にも効果的だ。 「オーナー様が個人で部屋をメンテナンスするよりも、OYO LIFEでまとめてメンテナンスや保険の契約を行った方が、スケールメリットによりコストを抑えることができます。 整備され、保険にも加入したレンタカーを借りるのと同じように、入居者も安心して暮らすことができます」 2019年6月には、法人向けサービス「OYO LIFE Biz」がスタート。 これはOYO LIFEが貸し出す賃貸住宅を社宅やマンスリー賃貸として提供するサービスで、法人会員などの年会費のほか敷金・礼金・仲介手数料なども不要なため、初期費用を抑えることができる。 さらに、企業専用コンシェルジュが物件探しから入居に関わる手続きを一元管理することで、従来かかっていた転居に伴う様々な手間も削減できるという。 OYO LIFE CEOの勝瀬博則さん。 「試着や試食、試乗はあっても、試住は一般的でなく、憧れの街に試しに住むにも高額な初期費用や煩雑な手続き、面倒な引越しが必要となるなどリスクを伴います。 その点OYO LIFEなら試しに1ヶ月住み、気に入ったらそのままずっと住むといった使い方も可能です。 特に独身の時は様々な場所で暮らしてみるのもいいかもしれません。 ぜひ便利に活用していただきたいですね」 「OYO のミッションは、『世界の全ての人にクオリティリビングスペースを提供する』です。 クオリティリビングスペースには、1)便利な立地、2)快適な住体験、3)リーズナブルな価格の3つが必要と考えています。 この3つの条件は時代を超え、世代を超え、国や文化を超えて、居住者が必ず求めるものです。 そしてホテルでも賃貸住宅でも同じです。 OYOが展開するホテル事業で培ったITと事業ノウハウを注ぎ込み、便利な立地で、快適な住体験を、リーズナブルな価格で多くの方にご提供したいと思います」と勝瀬さん。 今後の課題は、規模の拡大と認知度アップ、入居者の満足度の上昇と話す。 賃貸物件を企業や個人の賃貸オーナーからサブリースしているOYO LIFEにはそれ相応のコストが発生するため、入居者獲得や顧客満足度のアップは現状のシステムを守るために必須といえる。 「例えば、春は桜を楽しむために中目黒に、夏はマリンスポーツを楽しむために茅ヶ崎に、秋は明治神宮外苑など紅葉のきれいな公園の近くに、寒い冬はオフィスのすぐ近くに…など、好きな場所に気軽に住み替えて暮らしていただきたいというのが私たちの願い。 煩雑な手続きや高額な初期費用から解放され、家電や家具も揃っている部屋が用意されているのです。 転居の手間とリスクを下げることができ、憧れの場所に『試住』できるのがOYO LIFEの特長です。 ぜひご利用ください」 ホテルのように気軽に住めるOYO LIFEの賃貸住宅。 今後広く認知され、日本の賃貸住宅市場を席捲するのか。 人口減少や物件の飽和状態が懸念され、あまり景気のよい話を聞かない賃貸市場に活気をもたらすのか、今後の動きに注目したい。

次の