ワタル 珈琲。 【まとめ】このカフェのパンランチ…充実感ハンパなし! ワンランク上の一皿・10選

コーヒー生豆|SPECIALTY COFFEE WATARU

ワタル 珈琲

今日のお昼は、 パン系が食べたい気分だなァ。 さぁ、さっそくチェックしてみて。 毎日どれかが食べたくなるはず。 もくじ 1. これは見出しです。 14g (ワンフォージー) /徳島市東新町 素朴なパンを香り立つコーヒーとともに [パンプレート] ドリンク+450円(税抜) 終日オーダー可能なパンプレートは、サラダ、ニンジンのラペ、きのこのポタージュとともに、その日あるパンの中から4種類ほどが一度に味わえるぜいたくな内容になっています。 コーヒーは毎日焙煎したてが、コーヒー豆の専門店『アアルトコーヒー』から届きます。 パンプレートはドリンクのオーダーが必要なので、ここでしか飲めない中深煎りの[14g ブレンド]をオススメしたい! 『14g 』は、コーヒー豆の専門店『アアルトコーヒー』が手がける、カフェとセレクトショップが融合した店で、オーガニックレーズン酵母を使った自家製パンはイートインもテイクアウトも可能です。 食パンやカレーパンをはじめ、日替わりで数種類があり、なかでも[コルヴァプースティ]というスパイスが効いたシナモンロールや、じゃがいもを使った素朴な[ポムドテール]は、ほかではなかなか味わえない同店の看板パンです。 また3月からキッシュプレートの提供も開始したほか、14時からはドーナツもショーケースに並び、おやつタイムにぴったり。 Cafe Rosso (カフェロッソ) /徳島市新内町 サンドイッチ好きを魅了するプレート [マスターご自慢のツナサンドウィッチ]750円 サラダがたっぷり盛られたサンドイッチプレートは3メニューあります。 そのひとつであるシーチキンを使った写真のサンドイッチは、オープンした20年前から変わらぬ味で多くのファンを持つ逸品。 味付けは塩こしょうとマヨネーズでシンプルに、レタス、トマト、玉ネギなど野菜のシャキッとした食感もおいしさを加速させます! サンドイッチはドリンクとセットで要オーダー。 奥さんの明実さんは現在がんの闘病中で、「マスターが一人で営業中はお時間をいただくこともあります」とのこと。 sumiyoshi4丁目COFFEE STAND!! (スミヨシヨンチョウメコーヒースタンド) /徳島市住吉 厳選した食材がパンを引き立てる [Toast 岩塩オリーブオイル]ドリンク+500円 『sumiyoshi4丁目COFFEE STAND!! 』は、自家焙煎コーヒーを提供するカフェ。 ピンク色が美しいヒマラヤ産岩塩を使用しており、初めてなら「パンとこんなに合うのか!」と驚くはず。 じわ~っと染み込んだオリーブオイルはフルーティーで、食パンとも岩塩とも、もちろんコーヒーとも相性抜群。 食べるのがもったいないほど美しくカットされたフルーツにもテンションが上がります。 昼までに売り切れることが多いので早めに訪れて。 sumiyoshi4丁目COFFEE STAND!! なし これは見出しです。 水分量や発酵時間など試行錯誤を重ね、5年をかけて誕生した渾身の食パンです。 そのままいただくこともできますが、アレンジメニューも豊富で、11時から15時まで登場する週替わりのオープントーストもそのひとつ。 写真のツナと夏野菜のような食事系に[cotton]、フルーツサンドなど甘い系には[soyeux]と、具材と相性の良いパンを使用。 『やまなみカフェ』時代の自家製カレーやハンバーグのオープンサンドも予定中。 NOVOLD COFFEE ROASTERS (ノボルド コーヒーロースターズ) /徳島市東沖洲 ベーシックなピザとコーヒーにほっこり [ピザトースト] ドリンク+480円 [ピザトースト]の具材はシンプルで、ホエー豚の角切りベーコンとフライドオニオン。 まろやかなチーズをたっぷりのせて焼き上げた逸品です。 絹のようになめらかな舌触りのトーストは、徳島市昭和町『モンパン』の食パンを使用。 焼き目はカリッ・サクッとした食感で楽しく、口溶け時に小麦の風味を感じます。 一緒にオーダーする自家焙煎コーヒーはエスプレッソやカプチーノなど豊富にそろっているなか、このメニューにはぜひブレンドをチョイスしてみて。 濃すぎず軽すぎない一杯は、ピザトーストの味わいを何倍にもおいしくしてくれるはずです。 珈琲茶屋 あうん亭 /徳島市雑貨町 1皿で2種類の味が楽しいプレート [うたしプレート] 850円 『あうん亭』の[うたしプレート]には、黒ゴマパンのサンドイッチと玉ネギスコーン、グリーンサラダとウインナー、季節のフルーツがのっています。 大人気陶芸作家・藤本羊子さんが焼く手作りのパンを使用しており、パストラミとレタス、マヨネーズのシンプル具材が黒ゴマパンを引き立たせます。 スライス玉ネギがたっぷり入ったスコーンは、店内で焼きあげる『あうん亭』の完全オリジナル。 小さめで食べきりやすいサイズです。 プラス150円で注文できるコーヒーセットはクッキー2枚付き。 大谷焼きのカップに注がれたコーヒーは、すっきりとした苦味で食後にちょうどいい! 店の前にあるBMWのバイクが存在感を放ちます。 「この店の看板娘なんです」と語る店主の神埼さんは大のバイク好き。 オープンして11年目の『あうん亭』にはバイク好きの人や常連が集います。 店内は木のテーブルとカウンター合わせて20席が並び、ゆったりとしていて心が落ち着きます。 大きな窓から入る光と木のぬくもりが暖かいですね。 食パン2枚にスライスハムとホワイトソース、サンドしたうえで表面にホワイトソースとチーズをまぶして焼き上げた一品です。 自家製のホワイトソースは、なんと注文ごとにイチから作るという手のかけよう。 「なので、少々時間をいただきます、とお伝えしています」とのことですが、新鮮なホワイトソースととろけるチーズのおいしいハーモニーを味わってしまったら、むしろ多少待ってでも必ず食べたいと思うはず! 15時半までオーダーできるので、小腹が減る15時くらいに食べる人も多いそう。 ドリンクはコーヒー・ティー・ジンジャエールなど8種類からセレクト可能。 プラス100円以上でラテやモカも注文できます。 『Spoon cafe』は今年、店内を増設したかわいいカフェ。 それに伴い、よりスイーツに力を入れるようになり、ショーケースの中はいつもおいしそうなケーキで満たされている。 cafe nero屋 (ネロヤ) /三好郡東みよし町 ええとこどり食感恐れ入ります [ベーグルサンドセット( 鳴門金時のポテサラとエビ)]1,000円 「ベーグルは手に取った瞬間にすべてがわかる」という名言はありませんが、『cafe nero屋』の美しい跳ね返りは、食べずともおいしいやつだと即時に理解できます。 玄人好みの弾力系でもなく、パンのような柔らか系でもない、ベーグルの長所を残しながらも万人に愛される中間の食感。 まさにええとこどり! ランチではプレーンタイプに具材を挟んで楽しませてくれて、小麦の香りもしっかりと残してくれる調理も絶妙です。 かなりローカルな立地ではありますが、専門店の底力というか、バランス力。 ついついテイクアウトしちゃう一皿。 もうひとつは写真の日替わりサンドで、取材時はサーモンアボカドクリームチーズがお目見え。 パンは毎朝店で焼き上げる自家製。 フォカッチャと玄米食パンから選ぶことができます。 サーモンとアボカド、クリームチーズの組み合わせは、言わずと知れた黄金トリオ。 とろけるようなおいしさと玄米食パンのこうばしさが絶妙にマッチし、思わず「次に登場するのはいつですか!? 」ってオーナーに尋ねてしまいました(時々出るって!)。 ワタル珈琲 /美馬市脇町 野郎歓喜のメジャー級サンドウィッチ [ハンバーグサンド]900円 カフェ飯好き男子たちの心を掴んで離さなかったベトナムサンド『バインミー』の冬眠にはちょっぴり落ち込んでしまいましたが、さすがは店主。 とんでもない、メジャー級強打者を用意してくれていました。 確かに[ハンバーグサンド]とは聞いていましたが、これほどまでに肉厚な品が登場するとは…。 脇町の名店『グレンドール』による抜群の食感を持つ食パンが、肉を美味にするための脇役に徹しています。 加えて、肉のうま味を持ち上げるためにデミグラースソースはほのかに。 はちみつ漬けのレモンは肉の力強さを中和するための重要な役割を担うなど、すべての具材と味付けが王様(ハンバーグ)のために仕事をするという、完璧なチームワークで構成されているのです。 かなりのガッツリ系ではありますが、これは野郎どもだけで共有するのはもったいない…。 113• 116•

次の

コーヒー事業

ワタル 珈琲

小さな看板の道案内でカフェを探して かつて徳島で栄華を誇った藍商人たちの名残を今に残す。 通りを散策していると、その一角に大正時代に建てられたオシャレな洋館を発見しました。 横にあるメニュー表にも気になる品名がちらほら……。 さっそく行ってみたいと思います! 通りから見えたモダンな洋館がカフェなのかなと思っていましたが、こちらは『のどけやゲストハウス』のオーナー、柴田義帆さんが代表理事を務める『一般社団法人ハンモサーフィン』が運営するコワーキングスペース。 現在は『U. S Udatsu Networkers Studio 』と名づけられ、さまざまな用途に活用されているそうです。 さらに歩みを進め、突き当りの足下に置かれた小さな黒板の矢印の方角へ目を向けると……。 プロパンガスのボンベの横に、またまた小さな黒板を発見。 こちらの隠れ家のような木造一軒家が、どうやら目当ての『ワタル珈琲』のようです。 この様子では純和風の古民家カフェなのでしょうか。 昔ながらの引き戸の向こう側は、いったいどんな空間になっているのか……。 いろいろと想像が膨らみます。 店主自身も『ワタル珈琲』の商品の一つ 引き戸を開けると、そこは小さな三和土(たたき)でした。 靴を脱いで店内へ入ります。 大きなカウンターの向こう側から「いらっしゃいませ」と声をかけてくれたのが、以前は和菓子職人だったという異色の経歴を持つ店主の大北 亘さん。 純和風の古民家カフェという予想に反して、とても良い雰囲気の店内は手づくりのぬくもりにあふれています。 ここの内装は大北さん自らDIYでリノベーションされたとのこと。 通りから奥まった一軒家でひっそりと営業しているため、場所がわからない人も出てくるそう。 でも、大北さんは「それでいいんです」ときっぱり。 「わざわざお店を探し出して、ここまで来てくれるのが嬉しいじゃないですか」とコーヒーを淹れながら話します。 「せっかく見つけてくれたわけですから、お店にいる間は精一杯楽しんでいってもらいたい。 その意味では、僕自身も商品の一つなんですよ」。 大北さんが目指すのは、主と客というよりも、店を介した友人同士のような関係なのかもしれません。 最初に注文したのは『ワタル珈琲』で「バイン・ミー」と一、二を争う人気の「サバサンド」。 トルコはイスタンブールの名物として有名なサンドウィッチです。 ギュッとレモンを搾ってから一口食べてみて、その美味しさにびっくり! 大北さんに味の秘訣を聞くと「塩分濃度45パーセントの塩水に13分間。 それから一夜干しにした鯖をオリーブオイルでソテーするのが一番です」と教えてくれました。 絶品の呼び声が高い「酒粕チーズケーキ」 バイン・ミーやサバサンドなど、ちょっと変わったメニューを取り入れた理由を尋ねたところ「普通のカフェでは、なかなか人は来てくれませんから」と笑う大北さん。 スウィーツでもその路線は健在です。 こちらの一番人気は徳島のタウン誌にも取り上げられた「酒粕のチーズケーキ」。 いったい、どんな味わいなのでしょう。 ……またまた驚きました。 酒粕の芳醇な香りが濃厚なチーズと合わさって見事なバランス! 上にかけられた紅茶の葉「ラクサパンナ」も、発酵つながりで見事なアクセントになっています。 練乳と三温糖を加えたふわふわの生クリームも優しい甘さ。 これは大人の女性が笑顔を見せる上品なチーズケーキです。 酒粕の風味だけを残してアルコール分だけを飛ばす絶妙な火入れのおかげで、子供が食べても大丈夫。 車の運転にも支障はありません。 もちろん、丁寧に淹れられたコーヒーとの相性も抜群です。 移転準備が整うまでは、別館『うだつゲストハウスのどけや』の1階で営業していたという『ワタル珈琲』。 2018年2月にこの場所でスタートしましたが、まだまだ店は始まったばかりです。 「あまり忙しくなりすぎると、僕自身がつまらなくなる。 そうすると、店の売りが一つなくなってしまうんですよ」と笑う大北さん。 今は無水カレーのグレードアップやクラシックなプリンも開発中だとか。 楽しい時間にすっかり長居してしまい、お店を出たのは夜の帳が降りる頃でした。 行灯風のライトが照らす『うだつの町並み』も風情があります。 徳島県西部を旅するときは、隠れ家のような『ワタル珈琲』にぜひ! きっと、大北さんの美味しいフードやスウィーツと面白いトークに夢中になるはずです。 ワタル珈琲 住所/徳島県美馬市脇町大字脇町87 電話/080-6286-8101 営業時間/11:00~18:00(L. 17:00) 定休日/木曜日、ほか不定休 瀬戸内Finderフォトライター 重藤貴志.

次の

【まとめ】このカフェのパンランチ…充実感ハンパなし! ワンランク上の一皿・10選

ワタル 珈琲

うだつとは? うだつは、日本家屋の屋根に取り付けられる小柱、防火壁、装飾。 本来は梲と書き、室町以降は卯建・宇立などの字が当てられた。 うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。 これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の慣用句「うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。 出典:Wikipedia うだつのある町並みとして有名で今回観光した徳島県美馬市脇町南町。 他には徳島県つるぎ町貞光、岐阜県美濃市美濃町などもうだつのある町並みの保存に努めているそうです。 うだつのある町並み探索 場所はこちら。 うだつの町並みは吉野川と並走して通る徳島県県道12号線沿いにあります。 徳島自動車道「脇町インター」から車ですぐ近くにあります。 それでは画像を中心にうだつの町並みを紹介します。 昔にタイムスリップしたかのような町並み。

次の