イチャイチャ タクティクス。 NARUTOの超意外な伏線「イチャイチャシリーズ」を考察してみた

いちゃいちゃってどんなこと?男女が考える「いちゃいちゃな行為」

イチャイチャ タクティクス

Contents• 自来也が残した暗号とは? 自来也といえば五代目火影、綱手を木の葉に呼び戻し、暁に本格的に狙われそうなナルトを一人でも戦えるよう指導するなど、木の葉隠れの里にはほとんどいないものの、物語の重要な場面では必ず駆けつけるカッコいいキャラクターです。 そんな自来也が死の間際に残した暗号が上記の画像なのですが、そもそも大蛇丸と互角に戦える程の腕を持つ自来也が死の間際に追い込んだ相手とは誰なのか? それは暁のリーダーであり、自来也の弟子でもあるペインです。 ペインは六人で構成されており、自来也はそのペインの秘密を他の人にばれないように木の葉の伝えようと暗号にして、火影邸に転送しました。 自来也が残した暗号の意味とは? 上記の画像の女性は木の葉の暗号解説部門に所属するシホです。 暗号解読のプロにこのような発言をさせるほど、自来也の暗号は難解なもので、五代目火影、綱手は自来也と最も縁の強いナルトを呼び寄せ、ヒントを得ようとします。 すると、最初の文字がカタカナのタではなく、数字の9だと判明、ナルトと自来也の関係が深い数字として出たのがカカシの愛読書、イチャイチャシリーズ最新作、イチャイチャタクティクスというちょっぴりHな小説でした。 そう、暗号とはこのお子様や女性にはあまりお見せできない本のページ数を表したもので、 指定されたページの最初の文字を組み合わせる事で一文が完成するとてもシンプルかつ自来也らしい暗号だったのです。 暗号解読には偶然、イチャイチャタクティクスを持ち合わせていたカカシが朗読する事でその内容がわかったものの、その中身は『ほんものはいない』というよくわからないものでした。 しかし、ペインが木の葉を襲い、ナルトがペインと実際戦った事で六体のペインには本体がいない、つまり、本体の長門は別のどこかにいる事に気づき、結果的にナルトは木の葉の英雄という名声を手に入れ、その後、第四次忍界大戦に向けて木の葉が一つにまとまっていきました。 自来也が死んだ後、穢土転生しないのは何故か? 自来也はペインに殺されてしまいましたが、何故かカブトの穢土転生では復活しませんでした。 歴代五影や暁、人柱力など強力な忍はほとんど復活させられたのに、何故か自来也だけ復活しないわけですが、それは穢土転生の仕組みにあります。 カブトが使う穢土転生は生贄(大量のゼツ)と復活させる忍の遺伝子情報、つまり血液や体液などが必要なのです。 しかし、自来也は雨隠れで戦闘を行い、死亡時、深い水の中に沈んでいきました。 また、この自来也の戦闘自体は多くのものが知りますが、戦闘した詳細な場所を知るものはほとんどいません。 つまり、カブトは自来也が亡くなった場所を探り当て、海底に沈む遺体を見つけないと穢土転生できなかったのです。 時間的にもあまり余裕がなく、その生死すら未確認の人間の遺伝子情報を探す余裕がなかった為、カブトは自来也の穢土転生を諦めたので、自来也は復活しなかったのです。 まとめ ナルトの師匠にしてカッコいい忍の代表格である自来也ですが、その死には未だ謎が多く残されており、先程説明した穢土転生されていないのは実は生きているからであり、BORUTOでは敵として現れるのではないかと言われています。 しかし、自来也の人生観やナルト本編での活躍ぶりからその可能性は低く、残念ながら自来也の活躍を見る機会は今後あまりないものと思われます。

次の

いちゃいちゃってどんなこと?男女が考える「いちゃいちゃな行為」

イチャイチャ タクティクス

人気アニメ「NARUTO」は、主人公ナルトとその仲間たちとの友情や裏切りなどを描いた忍者バトルアクションです。 個性豊かなたくさんのキャラクターが登場し、戦いだけではない物語も描かれています。 特に作品の中でも異色を放つものとして「イチャイチャシリーズ」という本の設定があります。 この「イチャイチャシリーズ」とはなんなのか、ご紹介したいと思います。 カカシの愛読書でもある。 ベストセラーとなっており、映画化もされたほどの人気シリーズ。 恐らく小説ではないかと思われます。 作者本人の実体験に基づいて書かれているそうですが、ナルトから「工口仙人」と呼ばれ、綱手から「インテリ工口助」とあだ名をつけられるくらいなので、 自身の体験を本当に書いているのか、はたまた妄想で書いているのかは不明となっています。 ナルト曰く「あまり面白くない」そうですが、ベストセラーになるくらいなので、出来はかなり良いのではないかと思われます。 ナルトの師匠になる自来也は、伝説の三忍と言われるものすごい実力者で、四代目火影であるミナトも育てており、 相当凄い人物であるにもかかわらず、「工口小説」を執筆しているというギャップが、キャラを際立たせていると言って良いと思いますが、 そこにわざわざ小説のタイトルや最新作まで設定する必要があるのか?少し疑問に思ってしまうのです。 しかし、これが思わぬ伏線であった事が判明します。 それは自来也の最期に関わる重大な場面で登場します。 自来也は、六人のペインとの死闘の末、ペインの謎を解く情報をダイイングメッセージとして遺すのですが、 その暗号化されたダイイングメッセージを解く鍵が、著書「イチャイチャタクティクス」の中にあったのです。 暗号化されたダイイングメッセージ 「タ,31,8,106,7,207,15」 これは「イチャイチャタクティクス」の各ページを表していたのです。 そして各ページの1文目の頭文字を繋ぐと、ひとつの言葉になりました。 31P 本当に愛してる? 8P 物々交換と同じだ 106P 葉が邪魔だな・・・ 7P 意外に大きいのね 207P 無理そんなの・・・ 15P 椅子がギシギシと 「本物はいない」となります。 それにしても、この一文を朗読させられたカカシ先生は、涙が出るほど哀れでした。 この暗号が何を意味するのかについては、別の話になってしまいますが、何の意味も無いと思われていた「イチャイチャシリーズ」という工口本に、こんな使い方をする伏線があると誰が思ったでしょうか? そしてすべてのページの文章を覚えている自来也がすごい!!と思わされてしまいました。 作品の中に巧みに隠された伏線・・・それを読み解くのは面白いですね。

次の

自来也が残した暗号の意味は?死んだのに穢土転生(えどてんせい)って復活しなかったの?

イチャイチャ タクティクス

人気アニメ「NARUTO」は、主人公ナルトとその仲間たちとの友情や裏切りなどを描いた忍者バトルアクションです。 個性豊かなたくさんのキャラクターが登場し、戦いだけではない物語も描かれています。 特に作品の中でも異色を放つものとして「イチャイチャシリーズ」という本の設定があります。 この「イチャイチャシリーズ」とはなんなのか、ご紹介したいと思います。 カカシの愛読書でもある。 ベストセラーとなっており、映画化もされたほどの人気シリーズ。 恐らく小説ではないかと思われます。 作者本人の実体験に基づいて書かれているそうですが、ナルトから「工口仙人」と呼ばれ、綱手から「インテリ工口助」とあだ名をつけられるくらいなので、 自身の体験を本当に書いているのか、はたまた妄想で書いているのかは不明となっています。 ナルト曰く「あまり面白くない」そうですが、ベストセラーになるくらいなので、出来はかなり良いのではないかと思われます。 ナルトの師匠になる自来也は、伝説の三忍と言われるものすごい実力者で、四代目火影であるミナトも育てており、 相当凄い人物であるにもかかわらず、「工口小説」を執筆しているというギャップが、キャラを際立たせていると言って良いと思いますが、 そこにわざわざ小説のタイトルや最新作まで設定する必要があるのか?少し疑問に思ってしまうのです。 しかし、これが思わぬ伏線であった事が判明します。 それは自来也の最期に関わる重大な場面で登場します。 自来也は、六人のペインとの死闘の末、ペインの謎を解く情報をダイイングメッセージとして遺すのですが、 その暗号化されたダイイングメッセージを解く鍵が、著書「イチャイチャタクティクス」の中にあったのです。 暗号化されたダイイングメッセージ 「タ,31,8,106,7,207,15」 これは「イチャイチャタクティクス」の各ページを表していたのです。 そして各ページの1文目の頭文字を繋ぐと、ひとつの言葉になりました。 31P 本当に愛してる? 8P 物々交換と同じだ 106P 葉が邪魔だな・・・ 7P 意外に大きいのね 207P 無理そんなの・・・ 15P 椅子がギシギシと 「本物はいない」となります。 それにしても、この一文を朗読させられたカカシ先生は、涙が出るほど哀れでした。 この暗号が何を意味するのかについては、別の話になってしまいますが、何の意味も無いと思われていた「イチャイチャシリーズ」という工口本に、こんな使い方をする伏線があると誰が思ったでしょうか? そしてすべてのページの文章を覚えている自来也がすごい!!と思わされてしまいました。 作品の中に巧みに隠された伏線・・・それを読み解くのは面白いですね。

次の