左 下腹 痛い 女。 女性の自慰行為と下腹部痛について。

【図解】女性の左下腹部の痛みがある時に原因として考えられる病気は?

左 下腹 痛い 女

腸炎 男女に関係なく、腸炎が原因でおこる場合があります。 腸炎と言っても急性腸炎と慢性腸炎では症状が大きく違います。 慢性腸炎の場合 チクチクした痛みやちょっとした違和感などの鈍い症状が出るため、気のせいのようにも感じて不安ばかりが大きくなります。 他の病気が原因であったり、ストレスや不摂生が原因で引き起こす場合もあります。 過敏性腸炎の場合 明らかな腸異常がないものの下腹部の違和感やチクチク感を感じることが多いようです。 原因はわかっていませんが、左側に感じることが多いと言われています。 下痢や便秘をともない、下痢型・便秘型・混合型・交代型などがあります。 潰瘍性大腸炎の場合 血便や粘血便などを生じることもあるので、排便の状態をよく観察しておきましょう。 長期間持続すると大腸がんになるリスクも上がると言われていますので、痛みが弱くても早めの受診をオススメします。 大腸憩室症の場合 自然回復することもありますが、酷くなると激しい腹痛や血便をともなうことになり、止血手術を行う場合もあります。 鈍くても自覚症状があるのであれば早めに受診する方が安心です。 腸炎はストレスや生活習慣の乱れなどから発症することが多い病気です。 これを機に、自分に合った生活リズムを見直してみるといいですね。 突発性S字結腸穿孔 なかなか聞きなれない病名ですが、 S字結腸という部位で炎症が起き、悪化して穴があいてしまう病気です。 S字結腸は大腸の中の直腸に通じる部位であり、ちょうど左下腹部のあたりになります。 S字結腸では便がたまりやすく大腸菌などが多く存在します。 この状態で穴があいてしまうとさまざまな菌が血中に流出して、感染症を引き起こすこともあるのです。 発症することは比較的稀ですが、突発的な激しい痛みが生じるのが特徴です 婦人科系の病気 子宮筋腫 初潮を迎えて閉経するまでの女性であれば誰でも起こりうる病気です。 腹痛や腰痛・便秘・下腹部の圧迫感などの症状がありますが、比較的鈍い痛みのことも多いです。 女性ホルモンの影響を受けやすく普段から色々な症状を感じている方にはわかりにくいでしょう。 不妊や流産などの出産に悪影響をおよぼすことの多い病気ですので早期発見につながるような準備が必要です。 子宮頚がん 初期段階では自覚症状が薄いのですが、自覚症状が出る頃には進行がんとなっていることもあります。 そういう方は特に婦人科定期健診を受けるようにしておくと早期発見につながり安心です。 更年期障害 女性ホルモンの減少により40代・50代で起こりやすい身体的・精神的な不調を総称して更年期障害と呼びます。 体のほてり• めまい• 体がだるくなる などさまざまな症状があらわれるのが特徴的です。 「なんだか最近なにもやる気が起きない」など精神的な不調を感じることが多いです。 更年期障害は女性の方なら誰にでも起こり得る不調なので、深く悩まずに適切に対処していくことが大切です。 便秘 特に女性の方で便秘に悩まされている方は多いと思います。 この便秘が影響して左下腹部にいたみが生じる場合があるのです。 実は、便が一番たまりやすい部分が左下腹部あたりのS状結腸という部分になります。 なのでこの部分に便がたまってしまい、悪化していくと痛みが出てくるのです。 便秘はお腹の張りや肌トラブルの原因にもなりますので、積極的に改善していきましょう。 水分や野菜などに多く含まれる食物繊維を良く摂取することで便秘改善につながります。 急性胃炎 急性胃炎は胃の粘膜がさまざまな原因でえぐれて、炎症を起こしてしまう病気です。 胃痛と聞くと、みぞおちのあたりの痛みを想像する方も多いと思いますが、下腹部のあたりに痛みが生じる場合もあります。 また、胃炎の場合は痛みだけでなく食欲がなくなったり、吐き気・嘔吐が生じることも多いです。 特に空腹時に吐き気は生じやすくなります。 こちらの記事も併せてご覧ください。 参考: 前立腺炎 前立腺炎は男性特有の病気で排尿時などに下腹部に痛みが生じることが多いです。 また前立腺炎といってもさまざまな種類に分類分けされており、発症原因も多く存在します。 ほかにも、尿が白く濁るなどの異常がみられる場合がありますのでこのような症状があらわれた前立腺炎を疑ってみましょう。 参考: まとめ 大きく2つの原因に分けて説明してきました。 下腹部は、色々な器官が存在し影響しあっています。 我慢できる痛みや違和感を体のサインと受け止め、そのサインを見逃さず早期解決する為にも、生活習慣の改善や定期健診など、自分でできることはしっかりしておきましょう。 小さなサインに気づいて不安な日々を過ごして来られた方、診察と共に今の生活習慣の見直しを行ってみませんか? 不安が少し小さくなるかもしれません。 また、右側の下腹部が痛くなった場合は今回とは全然違う病気が原因となります。

次の

下腹部の痛み。女性がなる原因は?何科に行けば良い?

左 下腹 痛い 女

一つ一つ見ていきましょう。 月経困難症 いわゆる 生理痛ですね。 月経時に 下腹部の痛みや 腰の痛みが生じます。 多くの女性が経験しますがその程度は人により様々で重い感じがする人から腰がガクガクとして痛みがあり立つのも困難な場合も。 痛みが強い場合は、鎮痛剤で対処する人が多いです。 子宮内膜症 女性の腰痛を伴う下腹部の痛みで 子宮内膜症であることは少なくありません。 子宮内膜症とは本来子宮内腔にあるはずの子宮内膜の組織が、それ以外の子宮周辺の場所にできてしまう病気です。 多い場所としては、• 骨盤 です。 子宮内膜は子宮の内側を覆っている組織で受精卵が着床するところ、言わば卵子のベットです。 妊娠していなければ剥がれ落ちて毎月体外に排出されますが別の場所にできてしまった子宮内膜も同じように働きます。 月経とともに剥離や出血をしますが体の外に出すことができないので体内にそれらが 癒着(ゆちゃく)してしまいます。 悪化すると月経時以外でも 下腹部痛や 腰痛を起こすのです。 また卵巣に癒着してできたチョコレート嚢胞でも同じような自覚症状が現れます。 子宮筋腫 子宮筋腫は女性に多い良性腫瘍です。 30歳以上の女性の、なんと20%から30%にみられると推測されているほど身近なものです。 主に子宮筋層内の平滑筋から発生し初めは点のようなコブ状ですが数十センチまで大きくなることもあります。 そのため月経時に筋腫の茎部でのねじれによって 下腹部の痛みや 膨満感、 腰痛などが見られます。 経血が増えたりレバー状だったりするので確認してみましょう。 また、筋腫が大きくなると骨盤内で神経を圧迫することで月経時以外でも 腰痛となって症状が現れます。 その他、膀胱や尿管を圧迫すると排尿障害や水腎症を起こしたり、貧血症状がでたりします。 排卵痛 卵巣から卵子が出て行くことを排卵といいます。 その卵巣から出る際に痛みが起こることがあり、これを排卵痛といいます。 通常は、最終月経開始日から半月後に排卵となります。 主な症状は、 下腹部痛や 腰痛、 出血(少量かつ一過性であることが多い)などです。 卵巣出血 卵巣出血は卵巣の中で出血を起こしてしまうことを言います。 最も多いのは 黄体出血と呼ばれるものです。 とくに 右の卵巣で多いとされます。 下腹部の痛みで発症しますが、ときに卵巣の外に出血が及んでしまうことがあります。 こうなると腹腔内出血といって大量出血を起こしてショックとなるリスクがあります。 骨盤内感染症 この病気は、子宮・卵管・卵巣、あるいはその周辺の組織に起こる 感染症を言います。 これに属する主なものは• 子宮頚管炎• 子宮内膜炎• 卵管炎• 骨盤腹膜炎 などです。 淋菌やクラミジアなどが原因となります。 中でも骨盤腹膜炎は子宮や卵巣の炎症が腹膜にまで及んだ状態です。 急性の場合は 強い腹痛や 高熱、 悪寒などが自覚症状として現れるのですが亜急性だったり慢性化していると 鈍い痛みとなり、熱も高熱でないことがあります。 子宮がん・卵巣がん 子宮がんには子宮の奥(子宮体部と呼ばれます)にできる 「子宮体がん」と入口(子宮頚部と呼ばれます)にできる 「子宮頸がん」があります。 「卵巣がん」は卵巣にできるがんです。 初期症状としては不正出血が一般的ですがどれも下腹部に位置しているため進行すると 下腹部の痛みや 腰の痛みが出てきます。 スポンサーリンク 一つ一つ見ていきましょう。 虫垂は下腹部右寄りにあるためそのあたりが痛みます。 ただし虫垂炎は痛みが移動することでも有名であり、初期症状は心窩部痛(胃のあたりの痛み)が起こることがありますので注意が必要です。 同時に 腰の痛みを伴うことが少なくありません。 憩室炎 大腸に憩室と呼ばれるくぼみができることがあります。 そこに感染を起こすのが憩室炎です。 憩室炎が起こった部位に 痛みを伴います。 この憩室は結腸のどの部位にも生じえます。 そのため、下腹部痛として生じることも腰痛として生じることもあります。 とくに、上行結腸と下行結腸は後腹膜に固定されていますので、これらの部位に起こった憩室炎の場合、 背部痛や腰痛として症状が出ることがあります。 スポンサーリンク 大腸炎 大腸の粘膜に感染が起こった状態です。 この場合は、感染性大腸炎ともいいます。 憩室炎よりも通常広範囲に起こります。 下腹部痛や腰痛といった症状が起こることがあります。 虚血性腸炎 感染以外でも大腸炎は起こることがあり、動脈硬化などが原因となり、大腸への血流が十分ではなくなり、虚血を起こすことがあります。 これを虚血性腸炎といいます。 この虚血性腸炎はとくに左側の大腸である 下行結腸〜S状結腸に多いとされます。 この場合は、 下腹部痛の他、 血便、下痢を伴うことがあります。 潰瘍性大腸炎 同じ大腸炎という名前ではありますが、慢性的な炎症性疾患に分類されるのがこの潰瘍性大腸炎です。 潰瘍性大腸炎は大腸内に炎症やただれができ、血の混じった下痢が特徴です。 病変部位としては上の図のように直腸から上行へ連続して病変が見られるのが特徴です。 大腸のある 下腹部が痛み 腰痛を起こすことがあります。 悪化する前に 腰が痛むというケースもみられます。 クローン病 潰瘍性大腸炎と同じように慢性的な炎症性疾患に分類されるのがこのクローン病です。 半数以上に 腹痛や下痢などが見られ、 血便を伴うこともあります。 病変部位は、先ほどの潰瘍性大腸炎と異なり、非連続性に小腸や大腸に起こり、skip lesion スキップする病変 と呼ばれます。 スポンサーリンク 尿管結石・水腎症 腎臓でつくられた結石が尿管におりてきた場合 尿管結石となります。 その尿管結石によって尿が流れる尿路が塞がってしまうと、より上流の尿管や腎盂はうっ滞し水腎症を起こします。 尿管結石が起こった側の、腰背部痛〜腹痛の原因となります。 尿管結石による痛みはとくに朝方に多いとされます。 膀胱炎・腎盂腎炎 免疫が弱ってるなどで 膀胱に細菌が繁殖すると 膀胱炎になります。 頻尿や排尿の際の痛み、尿が白濁したりします。 膀胱炎が進行すると 下腹部痛や 腰痛がでます。 そのままにしておくと 腎盂腎炎になるので早めの治療が必要です。

次の

【下腹部痛.com】左・右・男性・女性の下腹部の痛みの原因と病気

左 下腹 痛い 女

左脇腹が何だか痛い、少し様子を見てみたけれど、痛みが改善しない。 チクチクしたり、鈍痛がする。 そんな時何が原因なのか心配になりますよね。 内臓や筋肉の状態は、身体の外からでは見えない為、不安も増幅されると思います。 一口に脇腹の痛みといっても、左と右で原因が違う場合がありますし、女性と男性でも症状が異なる時があるのです。 そこで今日は左脇腹の痛みで考えられる原因をお伝えします。 病院で検査や適切な処置を受けることはもちろん大切で必要なことですが、受ける前又は受けながら、自分の身体の状態を一緒に知っていくことは身体のケアに深く繋がると思います。 意外と知られていない原因もありますので、一緒にみていきましょう。 左脇腹の痛みの主な原因 1. 筋肉痛 一番多いのが、筋肉の疲れ、筋肉痛です。 普段使わない筋肉を使った時、チクチクとした痛みが出ることがあります。 この場合は内臓系の病気ではありませんので、しばらく安静にする、休養を取ることで改善していきますが、左脇腹だけに痛みが出ているということは、それだけ普段から身体のバランスが左に傾き、左脇腹に負担がかかっている可能性があります。 利き手、利き腕、利き足があるように、私たちはどうしても使いやすいほうで身体を動かしがちです。 ある程度は仕方のないことなのですが、片方に負荷がかかり過ぎると、どんどん悪化する可能性があります。 ですので、やはりバランスがいい方が身体の負担も少なくなります。 長時間のデスクワークや同じ姿勢が続いた時は、ストレッチを左右交互に行い、適度に筋肉をほぐし、血行をよくしておきましょう。 そのような痛みがあっても、高いヒールを履く女性の方もいらっしゃいますが、ますます悪化しますし、大きなケガや転倒を招くことがありますので、履きやすい靴を選ぶようにしましょう。 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合も左みぞおちに痛みが出ると言われています。 胃潰瘍はストレスが原因で発症する場合が多く、胃に穴があくケースもある病気です。 食事中や食後に痛みが出ることが多いのが特徴です。 ストレスなどで自律神経が乱れると、内臓を調整する働きが悪くなり、胃酸が過剰に分泌され、胃を溶かしてしまうのです。 また胃の中の細菌であるピロリ菌によって、胃潰瘍になる場合もあります。 この場合は、消化器官を守るための粘膜がピロリ菌によって弱まる為、胃潰瘍が出来て痛みが出るのです。 ピロリ菌が消化器官に感染すると、消化器官を守るための粘膜が弱まってしまいます。 これによって、潰瘍ができてしまうのです。 黒いコールタールのような便が出ると、胃潰瘍の可能性が高いと言われていますので、便の状態を確認してみましょう。 十二指腸潰瘍は胃潰瘍と同様ピロリ菌が原因で起こることが、ほとんどで症状も胃潰瘍によく似ています。 食事中や食後に痛みが出やすい胃潰瘍に対し、十二指腸潰瘍は空腹時になりやすいと言われています。 胃潰瘍も十二指腸潰瘍もストレスが原因の場合が多い病気です。 悪化する前に日頃からストレスケアを心がけましょう。 肋間神経痛 肋骨にある「肋間神経」が痛むことで、左脇腹に激しい痛みが発生します。 神経で痛みが発生するため、長く続く痛みではなく、一瞬ピリッとした痛みが走るのが特徴です。 身体を曲げた時やくしゃみ、咳をした際、肋骨が動いてしまう時に痛みが発生します。 はっきりとした原因は不明ですが、多くのストレス、睡眠不足、神経の冷え、ウイルスの感染、疲労の蓄積などで神経が過敏になり痛みを発症すると言われています。 安静にしていても改善しない場合は、病院で受診しましょう。 急性膵炎(きゅうせいすいえん) お腹の左側には膵臓(すいぞう)という臓器があります。 膵臓は食べ物の消化を助ける酵素を分泌している臓器ですが、分泌がうまくいかず膵臓を溶かし、炎症を起こしてしまうことがあります。 それが急性膵炎です。 急性膵炎になる原因の多くは過度の飲酒で、アルコールを毎日過剰に摂取している人に多くみられます。 左脇腹の痛みに加え、お腹の上部や背中側も痛くなることがあり、下痢や吐き気を伴うこともあります。 また、症状としては左脇腹の痛みとともにお腹の上の方や背中側も痛くなることがあります。 放っておくと怖い病気ですので、このような症状が出た場合は出来るだけ早く病院に行き、適切な処置を受けるようにしましょう。 またその間は炎症を起こしている膵臓を休める必要があります。 飲酒だけでなく、食べ物や喫煙、ストレスなど身体に負担のかからないよう配慮しましょう。 膵臓がん(すいぞうがん) 女性と男性で違う原因や症状 これまでは男女とも発生する症状をお伝えしてきましたが、性別で分かれる原因、症状の場合もあります。 尿路結石 尿路結石とは尿の通り道に胆石が出来ることで痛みを発症します。 痛みの箇所も脇腹だけでなく、背中や腰、下腹部までに及び、痛みの程度も非常に強いのが特徴です。 また血尿や吐き気なども併発します。 こちらは30~60代の男性に多い病気で、年々増加傾向にあります。 主な要因としては、水分不足、ストレス、食事の偏り、尿路の細菌感染などがあげられます。 特に脂肪分が多い食事ばかりを摂取していると尿路に胆石が詰まり、尿路結石になりやすくなります。 また水分が慢性的に不足すると結石が結晶化しやすくなるので、水分を適量取るようにしましょう。 排尿を増やすことで結石が詰まるのを防ぐことが出来ます。 その際は結石ができやすいと言われるコーヒーやジュースではなく、水またはお茶を飲むようにして下さい。 尿路結石になると、泌尿器科での治療になります。 軽症の場合は、尿の回数を増やして結石を流す、いわゆる「自然排石」という治療方法になりますが、悪化している場合は自然に流すことができにくい為、手術が必要になります。 重くなる前に早めに受診して下さいね。 婦人科系の病気 こちらは女性のみの病気になります。 子宮や卵巣の病気が原因で左脇腹から少し下にかけて痛みが現れます。 月経の異常がある場合は特に注意が必要です。 違和感を感じたら、早めに受診しましょう。 また女性に多い便秘が原因の場合もあるようです。 便秘も冷えと同様、万病の元です。 慢性的にならないよう、食べ物や生活習慣に気を配りましょう。

次の