バジリスク 絆2 朧ボイス。 バジリスク絆2

【バジリスク絆2】BCテンパイボイス

バジリスク 絆2 朧ボイス

モードは全16種類のテーブルによって管理され、BCスルー時に滞在テーブルに応じて次回モードへ移行する。 テーブル移行抽選は、有利区間移行時(サブ液晶のゲーム数がリセットされるタイミング)で行われる。 「?」で隠されている箇所のモードは、ユニメモミッション85%以上でフル開放される。 フル開放後はテーブル滞在履歴が全て丸分かりとなり、設定狙いの強力な武器となるので是非活用してみよう。 BT終了画面のセリフ(ボイス) BT終了画面でサブ液晶にタッチすると、次回テーブルを示唆するセリフ(ボイス)が発生する。 セリフとともに 絆ランプが点灯した場合はテーブル15or16確定するので即やめ厳禁だ。 画像引用元: ・奇数設定よりも偶数設定のほうがモード昇格しやすい ハズレ時のモード昇格(設定6のみ) 設定6のみハズレでもモード昇格抽選を行っているため、他設定よりもBT間でハマりづらい。 【裏ストックについて 】 チャンス目成立時にはモード昇格だけでなく、裏ストック抽選も行っている。 高設定ほど裏ストックを獲得しやすく、下記演出でもある程度見抜くことができる。 ・通常時の小役成立時、LEDランプが紫に発光(裏ストック獲得濃厚) ・BT1セット目のストック示唆(BGM変化など) また 天井到達時に裏ストックを所持していた場合は、BT当選が確定する。 ステージチェンジ 画像引用元: 下記パターンのはすべて モードC以上濃厚となる。

次の

バジリスク絆2

バジリスク 絆2 朧ボイス

テーブル一覧 コチラがテーブルの一覧になります。 見ての通りほとんどのテーブルで6スルーが天井となっています。 なので スルー狙いは3スルーからいけます。 モードCの価値は下がってる? テーブルを見て、前作よりモードB,Cが多いなと感じるかと思います。 一応覚えておきましょう。 ミニキャラ演出 通常時のミニキャラが出てくる演出で陽炎と天膳がモード示唆をしてくれます。 画像のように 妖艶な陽炎or高笑い 大笑い 天膳で、オーラを纏っているとモードDの可能性大となります。 忍び玉演出 液晶リール左側にある忍び玉に表示される文字でモード示唆を行っています。 前作を受け継いでいますね。 高確ステージ移行の矛盾 高確示唆のステージは「佐屋路」と「七里の渡し」の2種類あります。 佐屋路…甲賀のキャラ 七里の渡し…伊賀のキャラ がいます。 以上、テーブル一覧とモード示唆でした。 モードC以上濃厚の演出が出たらBC当選まで打ちましょう。 その際、モードCでBT非当選の可能性もあるので朧BCで示唆を見ておくといいと思います。

次の

バジリスク絆2【設定示唆 判別 シナリオ 終了画面 朧 赤い月 ボイス】解析

バジリスク 絆2 朧ボイス

この記事に書かれている内容は…• blog. fc2. html 通常時にバジリスクチャンスが成立した際、図柄のテンパイ時にボイスが発生します。 朧には「お見事です」「嬉しき予感がいたします」の2種類があり、後者選択でチャンス。 朧ボイスは青系BC時に発生しますが、 赤系BC成立時に朧ボイスが発生するなどの矛盾が発生すれば、AT当選確定となります。 また稀に図柄テンパイ時に天膳ボイスが発生することもあり、これもAT当選確定となります。 絆高確に突入することで特定役でのBC当選期待度が上昇し、ATのロング継続につながります。 またBC当選=ATストックのチャンスでもあります。 どの絆高確が出現するかはその後の展開次第となっており、内容に期待することとなります。 blogspot. html バジリスク絆のATでは絆高確という概念が存在します。 絆高確は特定条件を満たすことで突入しますが、特定のセット数継続でもチャンスとなります。 ・第8話 血煙無情 ・第13話 胡蝶乱舞 ・第19話 猛女姦謀 8・13・19セット目まで継続すれれば、何かしらの絆高確が確定。 さらに以下のセットでは突入のチャンスとなります。 ・第2話 胎動弐場 ・第16話 懐抱淡画 ・第24話 来世邂逅以降 以上のタイミングでは リプレイ成立時の朧ボイス発生率が高くなっており、変化すれば争忍の刻での期待度が大きく上昇します。 目に見えるストックを獲得している際は変化しやすい状態になっています。 しかしストックなしで迎えた争忍の刻で発生すれば、その瞬間に気が楽になるでしょう。 争忍の刻の対戦組み合わせで継続に期待ができないパターンが出現しても、朧ボイス発生で安心の瞬間となります。 まとめ A T中は至る場面で朧ボイスが発生しますが、いずれも特典の内容は濃くなっています。 追想の刻では絆高確、争忍の刻では継続が確定することから、その後の展開に気合が入ることは間違いありません。 また、良い状況に気を許すのではなく、しっかりと活かしていくことが重要であるため、朧ボイス発生=そこからが勝負となります。

次の