電気代 節約 基本料金。 電気料金の【基本料金】は何A(アンペア)が最適?計算方法紹介

電気代の基本料金を安くするにはアンペア数の見直しが一番!!

電気代 節約 基本料金

アンペア数を下げることで電気代の基本料金が節約できます。 「アンペア」、聞いたことはあるけれど何のことかよくわからないという方へ、まずはアンペアについてご説明します。 アンペアとは電力の単位です。 各家庭には画像のようなアンペアブレーカーが設置されていて、電力会社との間で「アンペア制」という電力需給契約がなされています。 使う電力数(アンペア)に応じた基本料金が決められています。 自分の家の契約アンペアがわからない時は、 分電盤(画像の緑色部分)の色を見てみましょう。 アンペア数値は 分電盤の色で区別されています。 アンペアブレーカーの色と契約アンペア数 アンペアブレーカーの色と契約アンペア数は以下のように設定されています。 赤色 10アンペア 桃色 15アンペア 黄色 20アンペア 緑色 30アンペア 灰色 40アンペア 茶色 50アンペア 紫色 60アンペア 東京電力の契約アンペア数ごとの基本料金 アンペア数ごとに基本料金が決まっています。 基本料金は各電力会社により異なります。 例えば東京電力の場合は以下のように設定されています。 10アンペア 280円80銭 15アンペア 421円20銭 20アンペア 561円60銭 30アンペア 842円40銭 40アンペア 1,123円20銭 50アンペア 1,404円00銭 60アンペア 1,684円80銭 2014年9月時点での料金です アンペア数を下げて、電気料金の基本料金を安くするには? 次に、アンペア数を下げて電気料金の基本料金を安く節約していくためのポイントをご紹介します。 アンペア数というのは、ご家庭で一度に使うことができる電力の最大量です。 電力会社と契約しているアンペア数が大きければ、多くの電力を同時に使ってもブレーカーが落ちないようになり、その分基本料金は高くなる、と考えてください。 それでは契約のアンペア数を下げて、基本料金を安くするためにはどうすればいいのでしょうか?それは、 『大きな電力を一度に使わない工夫をする』ということです。 アンペア数を下げるためには、一度に大きな電力を使わないようにすれば良いのです。 では一体、どんな家電が大きな電力を使うのでしょうか?下記の表を参照してみましょう 上記の表を見ると、毎日使用する家電の中でもそれひとつで10アンペアを超える電力量の家電があります。 例えば朝の、朝食づくり、洗濯、掃除という主婦の日課をみても、朝だけで大きな電力を使っていることがわかります。 そこで、 「一度に大きな電力を使わないようにする」ために、この時間を上手に分散させてみましょう。 時間を分散してアンペアを下げよう! 炊飯の時間をずらしてみよう! 炊飯と調理を同時に行うとそれだけでも使用する電力量は大きくなってしまいます。 そのため、炊飯器のタイマーを使い、炊飯の時間をずらしてみましょう。 ドライヤーと他の家電使用時間はかぶらないように気を付けよう! 実は結構電力を使うのがドライヤーです。 ドライヤーを使う時は他の家電と使用時間がかぶらないよう工夫してみましょう。 家事の時間帯を分散しよう! 出来る範囲で、洗濯・掃除・炊飯・料理、などの時間を一日の中で分散させてみましょう 上記のように、 大きな電力を一度に使わないよう工夫をすれば、アンペア数を下げることが可能です。 例えば50アンペアの契約をして、電子レンジと炊飯器と洗濯乾燥機を同時に使っているお宅の場合、洗濯乾燥機を料理とは別の時間帯に使うようにすることで、電力の最大使用量を13アンペアぶん下げることができれば、契約を40アンペアに変更できる可能性があります。 このみなおしで、東京電力管内であれば ひと月あたり281円、年間で3,372円の節約になるのです。 アンペア制を導入している電力会社一覧 現在、アンペア制の料金制度を導入している電力会社は以下の電力会社となっています。 上記の電力会社の管轄地域であれば、アンペア数を下げることで電気代がおトクに節約できます。 、 、 、 の4つの電力会社はアンペア制が導入されておらず、違う料金体系となっています。 アンペアを下げて電気代を節約してみましょう 例えば東京電力管轄内の家庭が、50アンペアから40アンペアに電力量を下げると基本料金は月に 281円安くなり、年間で 3,372円もおトクになります。 アンペアを変更する際は、各電力会社に問い合わせると無料で交換をしてもらえます。 アンペアは年間契約のため、使用量が多い夏または冬などの季節を考慮して契約しましょう。 これから先、電気料金の値上げが行われることを考えると、今後さらにアンペアを下げることで節約できる料金は大きくなるでしょう。 この機会に、アンペアを下げて電気代をおトクに節約しちゃいましょう! エネチェンジプラン診断で電気代を比較! 電気代が気になるなら、アンペアチェックと合わせて、電気料金プランを見直すことも大事です。 でも、多くの電力会社の様々なプランから選ぶのは大変ですよね。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

一人暮らしの電気代を節約するならアンペアをまず見直そう

電気代 節約 基本料金

電気の基本料金を無くす方法!電気代を節約するおすすめ方法 在宅勤務が増えて家で過ごす時間が長くなったり、家でペットを飼っていたりすると、温度調節などの為にエアコンや電気を24時間稼働している状況の方も多いと思います。 特に5月以降は真夏日も始めるようになり、今までより余計に電気代がかかるようになりました。 そこで、電気料金を節約する方法をお探しの方も多いと思います。 電気料金の自由化になって以来、従来の電力会社よりも安い電力を買うことが可能になりましたので、 電力会社を変更して電気代を節約する方法をご紹介したいと思います。 ここでは、太陽光パネルを自宅に取り付ける作業をしないで、太陽光・風力・水力などの自然エネルギーからの電力を利用して、毎月の電気代の節約に繋がる方法を説明します。 電気代の基本料金を払いたくない!電力会社変更で電気代を節約! ここでご紹介する方法は、電力会社を変更して電気代を節約する方法です。 今お使いの電力会社に「基本料金」を請求されている方はいませんか? 実はその基本料金は払わずに、自分が使った分の「使用量に応じた料金」だけの電力を支払うことが出来る電力会社があるのです。 従来の電力会社は基本料金があるため、どんなに電気の節約生活をしてもなかなか電気代が下がらなかったのが現実でした。 しかし、公共料金の自由化によって、今までの電力会社にこだわる必要はなくなったのです。 では、どこの電機会社に変更したらよいか分からない方も多いと思いますが、ここでは今話題の『Looopでんき』についてご紹介したいと思います。 「Looopでんき」とは、どんな電力会社? (画像引用:Looopでんき公式サイト) ここでご紹介する電力会社『Looopでんき』は、平成ノブシコブシの吉村さんがアンバサダーになっている会社ですので、ご存じの方も多いかもしれませんね! Looop電気は、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生した電力会社です。 太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギーを利用し、このやさしいエネルギーをこれからの発電のスタンダードにしたいと考えている電力会社です。 こちらには、Looopでんきのサービス内容をまとめてみました。 上記で説明したようにLooopでんきを利用すると、多くの利点があることに気が付いていただけたと思います。 電力会社を変更することにとって、 ほぼほぼの方の電気料金が安くなるうえに、加入、解除が0円設定なのでリスクがまったくありません。 ですから、 とりあえず試してみるということが出来る消費者にやさしい電力会社です。 また、下記の図を見て頂くと分かると思いますが、基本料金がゼロになるだけで、 年間に16,000円の節約ができるようになります。 5年で8万円の節約に繋がります。 (画像引用:Looopでんき公式サイト) そして、今までにLooopでんきに変更した方の口コミを見ても、どのサイトにもいいことしか書いてありません。 ツイッターなどの口コミの確認をしてみても、Looop電気だけは誰もが良いことしか書いておらず、 誰もが勧めている会社です。 まずLooop電気の「ウェブから申し込み」を通して今までの「電気使用料のお知らせ(検針票)」を記入して送信するだけで、後にオペレータから連絡があります。 電話で話す必要もありませんし、最初からクレジットカード情報を登録する必要もありません。 是非一度、今の電気代が節約できるかどうか確認してみてはいかがですか? Looopでんきの支払い方法を通して、もっと節約できる! Looop電気の支払い方法は クレジットカードのみですが、これは 朗報です。 年会費も入会費も無料なので誰でも申請することが出来ます。 そしてクレジットカード決済をするだけで公共料金の節約に繋がるのです! また、サンリオのマイメロディー好きの方は、こちらの年会費無料のクレジットカードに決済手段に変えるだで 0. 5%の還元があり、さらにポイントも貯めることも出来、サンリオのオリジナルグッツがもらえます。 電気代を安くする為にリスクの無い方法で、電気料金を節約するおすすめ方法のまとめ ここでは、電気代を安くする為に、リスクの無い方法で電気料金を節約する方法をご紹介しました。 在宅勤務などで家で過ごすことが多くなった方、ペットを飼育している方、また電気を24時間稼働させている方は、電気料金を少しでも安くしたいですよね。 従来の電力会社から『Looopでんき』に切り替えることにより、基本料金がゼロ円になり使った分だけの電気料金の支払いが可能になりました。 加入手数料無料などのメリットもあります。 多くの方が毎月の電気料金が安くなったことを実感できている『Looopでんき』は太陽光・風力・水力などの自然エネルギーを使って発電しているため、環境にやさしい電気を使うことができます。 加入手数料も無料ですが、解約手数料も一切無料です。 是非一度、『Looopでんき』を試してみてくださいね。

次の

電気代、200v、3相と100V、電灯の電気料金、基本料金、比較

電気代 節約 基本料金

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら 電気料金におけるアンペアってどんなもの? アンペアという単語を耳にしたことはあっても、何の単位なのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。 アンペアとは、簡単にまとめると「電気の単位」で電流の流れる量を表しています。 電力会社とのあいだで結ばれた電力需要契約に基づき、各家庭にあるアンペアブレーカーには、契約アンペア数が記載されています。 そして、その契約したアンペア数により、基本料金が変わるという仕組みになっているのです。 契約したアンペアの値が大きいほど、一度に流すことができる電流の値も比例して大きくなります。 契約アンペア別!基本料金と色分けをチェック 契約しているアンペアの値により、電気料金が異なります。 たとえば、東京電力を例に挙げてみると、1人暮らしや家電の同時使用があまりない一般的な家庭では、20A~40Aの契約が主流です。 なお、50A以上の契約は、消費するアンペア数が高い家電の同時使用が多かったり大家族だったりする場合に多く見られます。 オール電化の家庭では50A・60A、また80A相当の8kVA・100A相当の10kVAといった契約が主流です。 具体的にアンペアごとの基本料金を見てみると、20Aの場合の基本料金は約561円なのに対し、50Aの場合は約1,404円と倍以上の差があります。 このように、契約しているアンペアにより基本料金が大きく異なるため、自分の生活スタイルに合うアンペアを契約するのが、電気料金を節約するうえで重要になるのです。 なお、アンペアブレーカーの色および契約アンペアは、基本的に以下の通りに設定されています。 東京電力の場合は10アンペアは赤色、15アンペアは桃色、20アンペアは黄色です。 30アンペアは緑色、40アンペアは灰色、それから50アンペアは茶色、60アンペアは紫色となります。 契約アンペアや基本料金は、毎月の検針票やブレーカーの数値などで簡単にチェックできます。 契約しているアンペアがわからないという場合は、確認してみると良いでしょう。 1人暮らしの場合のアンペア数はどれくらい? 1人暮らしの場合、大家族などに比べると一度に使用する電気量は一定なケースが多いと言えます。 使用する電気量が一定の場合、基本料金の見直しをすると、効率的に電気料金の節約につなげることが可能です。 なお、基本料金を見直すには消費電力を計算し、自分に適している契約アンペアを確認するのが重要です。 この計算をすることで、最低限必要なアンペア数を割り出せるのです。 たとえば、電子レンジ1500Wを100Vの電圧で使用した場合は15Aという計算になります。 子どもが巣立って1人暮らしになった場合でも、アンペア数が高いままの契約になっているかもしれません。 同居している家族の人数に変動があったり、ライフスタイルに変化があったりした場合は、アンペア数を見直してみるのがおすすめです。 要注意!使用時に消費するアンペア数が高い家電とは? 契約アンペアの変更を検討する際に、注意したいのが「消費するアンペア数が高い家電」です。 家電の種類によって、使用時に消費するアンペア数は大きく異なります。 たとえば、電子レンジなら15A、ドライヤーなら12Aというように、熱を発生させる家電は消費するアンペア数が高い傾向にあります。 さらに、エアコンの場合は通常5. 9Aほどですが、立ち上がり時には20Aほど消費するといわれているため、注意が必要です。 契約しているアンペア数によっては、これらの家電を同時に使用すると、ブレーカーが落ちてしまうおそれがあります。 「またブレーカーが落ちてしまった」という事態を招かないためにも、消費するアンペア数が高い家電は、できる限り同時使用を避けるのが大切です。 ブレーカーを落とさないコツとしては、以下の3つが挙げられます。 1つ目は「炊飯タイマーを活用する」という方法です。 調理と炊飯を同時に行うと、使用する電力量が大きくなります。 炊飯器のタイマー機能を活用して調理と炊飯の時間をずらすと、一度に使用する電力量を抑えられるのです。 2つ目は「ドライヤーの使用時間を考慮する」ことが挙げられます。 ドライヤーは大きな電力を使うため、ほかの家電と使用時間がかぶらないように工夫すると良いでしょう。 また、ドライヤーを使うときはアイロンを同時に使わないように、家族で声をかけあうのも良い方法です。 3つ目は「家事をする時間帯を分散させる」ことです。 洗濯や掃除などの家事を同じ時間帯に行うと、使う家電の数によっては大きな電力を消費する原因につながります。 そのため、掃除機と洗濯機の使用時間が被らないようにするなどの工夫をすると良いでしょう。 電気料金を節約しようとして安易に契約アンペア数を下げると、家電を同時使用するときに、ブレーカーが落ちてしまうリスクが高まります。 消費電力の高い複数の家電を同時使用することが多い家庭かどうかも考慮したうえで、契約アンペア数を見直すのが重要です。 契約アンペア数を見直してかしこく電気料金を節約しよう! 契約アンペア数により電気料金は異なります。 電気料金を節約するには、日頃から心がけている節電に加えて、契約アンペア数の見直しをしてみるのも一案です。 ただし、関西電力・中国電力、さらに四国電力・沖縄電力はアンペアごとの基本料金設定ではなく、最低料金制でアンペアの見直しはできない場合があります。 最低料金制の電力会社では最低料金や1kWhの電気料金(電力量料金)の安い電気料金プランに切り替えることで電気代を安く抑えるコツとなります。 アンペア数によって一度に使用できる電力量が変わってくるため、節約のためにアンペア数を減らした事によってたびたびブレーカーが落ちてしまうような状況になってしまうと不便です。 また、ブレーカーが落ちたタイミングで「家中の電気が落ちてしまう」といった事を繰り返していると家電の故障の原因にもつながりかねません。 ライフスタイルに合ったアンペア数に変更を検討したり、一度、などで電気代の比較を行ってみるのもいいでしょう。

次の