蚊 に 刺され た よう な 湿疹。 蚊に刺されたらコレをすると痒くならずにすぐ治る…たったこれだけで…

無視してはいけない5つの虫さされ……場合によっては病院で診てもらいましょう

蚊 に 刺され た よう な 湿疹

A ベストアンサー お役にたてるか分かりませんが、何もしないで自然に消失し、他の場所に出来ては消えるような状況でしたら、蕁麻疹が考えられると思います。 蕁麻疹にも色々原因がありますので、一概に何か悪いものを食べたと言う事でもないと思います。 風邪のあとなども蕁麻疹が出やすいですし、冷たい風邪にあたったり寒い所にいると起こる蕁麻疹もあります。 もちろん、食べ物やその他の原因でも起きます。 夜間ですが、余りにも全身に広がって痒みがひどい時や、他の症状(発熱など)があるようでしたら、救急外来へ受診されるのが良いかと思います。 次第にひいてくるようでしたら、様子をみて明日にでも皮膚科を受診されてみてはいかがでしょうか。 お大事になさって下さい。。。 Q 蕁麻疹が発症し始めてからもう5ヶ月ぐらいになるけど全く治らない。 地元の皮膚科で貰った飲み薬【アレロック5mg】と【ニコルダ錠250mg】を飲んで、あと塗り薬【アンテベート軟膏】を塗ったりしている間は蕁麻疹は出ないけど、飲み薬と塗り薬を大体2日ぐらい止めるとまた蕁麻疹が一気に発症するのだ。 蕁麻疹の出方が半端ではなく、頭から身体全体と足にかけて凄い出方なのだ。 以前に地元の内科医院で内科的に診察をして貰ったけど全く問題が無かった。 原因は何だろう?。 凄い心配。 何が原因しているのか全く分からない?。 蕁麻疹が全く出なくなる方法ないかな?。 一度病院を変えるべきか迷っているのだ。 考えられるとしたら、私生活の方か普段の食事関係か生活状況しか考えられないけど・・・・・。 全国の皆様のご意見をお聞かせ下さい。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになります。 いままで体に入ってもストレスとはならずなんともなかったものにまで反応してしまうのです。 体内に入ってストレスになるものは食べ物(異種蛋白)だけではありません。 人間関係のストレスもあります。 何かが体にストレスとなったとき体はそれを体内に溜め込むことを拒否して体外へ排泄しようとします。 人によってはあまりにそのストレスが強い場合、吐き気や下痢となってしまいますし、そこまで至らなくても皮膚から排泄しようとします。 これが湿疹や蕁麻疹です。 これらはリンパ球の反応ですのでリンパ球が多いほど敏感に反応して症状は強くなります。 痒みや腫れなど辛い症状が続きますが、全て体にとって毒となるものを必死に排泄してる姿です。 これを対症療法の薬で抑えることは出すべきべきものを出さないようにしてるわけですからなかなか治らずどんどん治癒は遅れていきます。 症状の引き金になるものは食べ物や精神的なもの、温度、環境など色々なストレスがありますが、根本原因はリンパ球過剰体質です。 適正なリンパ球ですと少々のストレスでも一々反応することはないでしょう。 直ぐには体質を改善することは出来ませんが、過剰なリンパ球を減らすことが治療になります。 そのためにはさきほど書きましたが、その逆をすれば良いわけです。 例えば運動不足であれば屋外で日に当たったり、運動する機会を増やしたり過食気味であれば減らしたり、心身を鍛えることが必要でしょう。 そうすることで多過ぎるリンパ球は減らせます。 急にやるとストレスになりますので、少しずつすることが必要です。 リンパ球の数は多いほど免疫力が高いわけですが、過剰になるとその免疫力が仇となってアレルギーや一過性のアレルギー反応をおこしやすくなってしまうのです。 しかし、毒を出す反応ですので、それ自体は体の防衛反応です。 それを止めるのではなく血流をよくしてどんどん出すスタンスでいてください。 質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。 蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。 まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。 こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになり... Q 同じ症状の方、どうなさっているか、しのぎ方を知りたいです。 親譲りの気管支ぜんそく気味な体質ではあります(でも常時服薬するとかではない)。 朝なんかも起きると必ず咳。 実は、上のようになると必ず1日数回、 そうでなくても、夏冬の時期・冷暖房などによる室内外の温度差や乾燥などでも 『突然、肺の上のあたり~喉にむかってむず痒くなり、数秒で苦しいほどの咳が出ます。 痒くてチカチカイガイガが猛烈に来た感じで、それが止まるまで顔が真っ赤になるほど咳が止まらず、息を吸う間もないほど激しくなります。 涙・鼻たれ、グジャグジャ。 』 会議中や、バスの中などでこれに出くわすと、精神的にも参ります。 必死で息を少しだけ吸って真っ赤になってガマン。 水飲んだりのど飴もダメで、時間がある時は、とにかく治まるまで5-10分咳をし続け、疲れ果てたころやっと治まる。 こんな方いらっしゃらないですか?ただの咳というより、喉が奥から急激に痒くなる感じでやってくるような方。 キタキタ・・・・とわかるんです2秒くらいで。 一時的にどうされていますか?意外と早くその場でしずめられる妙案ご存知ないですか? 同じ症状の方、どうなさっているか、しのぎ方を知りたいです。 親譲りの気管支ぜんそく気味な体質ではあります(でも常時服薬するとかではない)。 朝なんかも起きると必ず咳。 実は、上のようになると必ず1日数回、 そうでなくても、夏冬の時期・冷暖房などによる室内外の温度差や乾燥などでも 『突然、肺の上のあたり~喉にむかってむず痒くなり、数秒で苦... 呼吸器をやられる風邪だったようですが、 胸のあたりからイガイガチカチカし始め、一旦咳が出始めると止まらない という状態に、私もここ数週間悩まされてました^^; その時は、とにかく部屋を加湿し 気管支を乾燥させないように、市販の吸入器でひたすら湯気を吸っていました。 ただ気管支が弱い(?)方で、質問者様のように仕事先や出先で咳が止まらなくなる時は 一時的な対処だけでは気管支の炎症を引き起こし長引かせてしまう場合も。 ここはやはり今一度、呼吸器内科などで相談されるのがいいかと。 喘息気味が本格的な喘息になる前に、中長期的な治療も考慮されたほうがいいと思います。 お大事になさってくださいね.

次の

虫さされチェック

蚊 に 刺され た よう な 湿疹

蚊が人間を刺す理由 蚊は、樹液や花の蜜を吸って生活しています。 しかし、産卵期のメスは、産卵のためにたんぱく質が必要なので、哺乳類や鳥類などを刺します。 蚊の口は見た目は1つですが、皮膚を切り裂くナイフ、麻酔成分である唾液を流し込む管、血液を吸う管など6種類の高性能な機能が備わっており、この口を使って人間から吸血しているのです。 その時、麻酔成分である唾液や血液の凝固を抑制する液を注入しているのですが、これが痒みの原因であると同時に、デング熱などの病気を媒介する原因にもなっています。 したがって、現在の日本では、痒みを予防するだけではなく、病気予防のためにも、蚊に刺されてはいけません。  蚊に刺されやすい人の特徴と血液型 蚊は近くにいる吸いやすい人の血液を吸っているイメージがありますが、実際は、選り好みをしているようです。 それは、次のような蚊に刺されやすい人の特徴から分かります。 O型の血液型の人• 体温が高い人• 汗臭い人• 体臭が強い人• お酒を飲んで二酸化炭素を多く輩出している人• 色黒の人• 黒系統の服を着ている人• 妊婦 蚊は、目が悪いので、臭いや体温を頼りに人間を狙ってきます。 ちなみに、血液型がO型だと蚊に刺されやすいのは間違いありませんが、今のところ科学的に実証されておらず、理由は分かりません。 蚊に刺されやすい血液型順は、 O型、B型、AB型、A型という順序になっています。

次の

全身に蚊に刺されたような湿疹ができる

蚊 に 刺され た よう な 湿疹

蚊に刺されやすい人とそうでない人がいます。 その違いと、蚊に刺されないようにする対策をまとめました。 雨水のたまったバケツを放置すると蚊の発生地に 蚊取り線香などのイメージから、蚊といえば夏と思われがちですが、近年は秋まで活発に活動しているそう。 というのも、蚊が最も盛んに活動するのは、25〜30度と言われています。 いまどきは温暖化で秋になっても暑さがおさまらず、蚊がいつまでも活動しているので、要注意です。 蚊は、刺されるとかゆくなるだけではなく、感染症を媒介する危険な虫。 デング熱やジカ熱なども、蚊の媒介によるものです。 予防するためにも、蚊の発生源をなくす対策を。 まず、蚊の幼虫(ボウフラ)は、水の中に生息しています。 そのため、家のまわりに雨水の溜まった古いバケツ、空き瓶、植木鉢などがあったら、中の水を捨てて乾燥させましょう。 側溝や家の雨どいのつまり部分に生息している場合もあるのでチェックを。 また、体温が高い人、黒い服を着ている人、運動後や飲酒後・入浴後の人が蚊に刺されやすいとされています。 外出の際は、黒い服を避けるなどの対策をして。 そして、アウトドアなど明らかに蚊が生息する地域に行くときは、長袖長ズボンを着用し、虫除けスプレーも使って対策をとりましょう。 また、昨今では、下記の方法が蚊の対策に効果があると話題になっています。 常在菌とは、人の皮膚に存在する菌で、体を外の菌から守るという役割もありますが、これが蚊を呼んでいる場合もあるということ。 そのため、足をアルコールのついたティッシュでふきとり、菌を減らすことで蚊に刺さされる回数を減らすことできるのだそう。 持続期間は不明ですが、足をアルコールで消毒するほか、石鹸で足と足の指の間をよく洗うことも効果があるそう。 部屋に飲み残しのビールや炭酸水などを置いておけば、そちらに蚊が反応して、蚊に刺されにくくなります。 ただし、屋外では蚊を寄せ付けてしまうので、室内に蚊がいる場合の対策として取り入れて下さい。 これは、ハーブのミントを乾燥させて抽出した植物オイルのこと。 これを無水エタノール10m、精製水90ml、ハッカ油20~30滴と混ぜれば、虫除けスプレーに。 なお、プラスチックを溶かすことがあるので、ポリエチレン製(PE)のボトルか、ガラスボトルでスプレーを作りましょう。 また、ハッカ油が混ざりにくい場合は、先に無水エタノールとハッカ油を混ぜてから、水を入れるとよく混ざります。 体に吹きかける時は、刺激が強いので目や口、鼻などの粘膜に入らないように注意して使ってください。 またハッカ油は、猫が苦手な成分なので、ペットに猫を買っている人は使用を避けて。 4キロメートルとかなり遅い速度で飛んでいます。 扇風機を人に向けてつけると、蚊が扇風機の強い風に負けて、人に近づくことができなくなるため、蚊に刺されるのを防げます。 また、風により人の存在を感知する毛状感覚子という器官の働きを混乱させることができるため有効です。 蚊に刺されやすいタイプの人は、扇風機の風が当たりやすいところを選びましょう。

次の