甘い イチゴ の 育て 方。 甘いイチゴの育て方こんばんは、私は今までに何回かイチゴを育てて...

おいしくて甘い苺の育て方!甘くなる5つポイントをチェック!

甘い イチゴ の 育て 方

もくじ• いちごの栽培スケジュール いちごは春植えと秋植えと1年で2回植えつけが出来ますが、 初心者には秋植えがおすすめです。 秋植えの方が収穫までの期間が短く、その分病気や害虫の被害が軽減できます。 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 <収 穫> <定 植> 植えつけ 定植 は9月下旬から10月いっぱい、5月初旬から6月まで収穫できます。 春植えの場合は5月頃に植えつけをして収穫は秋植えと同じ時期になりますから、栽培期間が1年と長期化してしまいますね。 いちご栽培の手順 大まかなスケジュールを確認したら、いちご栽培の手順をご紹介しましょう。 土作りとプランター準備• 植えつけ• 水やり• 摘葉 てきよう とランナー摘み• 摘花 てきか と摘蕾 てきらい• 人口受粉• 収穫 工程としては8つになります。 いちごは地面に近い低い位置に実をつけるため、病気などにも目を光らせる必要があります。 水やり時や摘葉・摘花の際によく観察して栽培しましょう。 露地栽培とプランターで違いはある? 家の庭にある程度の余裕があれば、露地栽培にするかプランターを使うか迷ってしまいますね。 結論から言えば 初心者ならプランターを使った方が育てやすいでしょう。 違いは 栽培環境の整えやすさ。 露地栽培なら効率よくたくさんの収穫が期待できますが、量を求めるほど管理が大変になります。 また害虫に限らず鳥や猫などが悪さをする可能性もありますね。 さらに天候の影響も避けきれません。 その点プランターなら必要な時に移動が出来ますから、手軽に安心して育てられますよ。 土と肥料で栽培準備 家庭菜園でいちごを育てる場合は苗を購入して植えつけをします。 その際準備するものは栄養たっぷりの土ですね。 いちご向けの土とはどんなものが良いのでしょうか? 簡単なのは市販の培養土です。 野菜用でも問題ありませんが、いちご専用の土というのもありますよ。 これなら初心者でも迷うことはありませんね。 自分で作る場合は水はけの良い土 赤玉土など に腐葉土も混ぜ、 土7:肥料 熔リン・発酵油かすなど 3にして使いましょう。 さらに露地やハウス栽培、プランターで栽培する際の植えつけ前準備を詳しくご紹介していきます。 露地栽培やハウスで育てる 露地栽培をする場合は植えつけの 2週間以上前から土の準備をする必要があります。 いちごは 根に直接肥料が当たると傷みやすいので、自分で作る場合はあらかじめ土とよく馴染ませておきましょう。 表面は山なりではなく平らに整えておきましょう。 凹みは水溜まりの元となり害虫を呼び寄せてしまいます。 いちごはハウスで作られるものも多いですね。 家庭菜園でハウスを作るのは難しいですが、ビニールで覆うトンネル栽培ならそれ程苦にならないでしょう。 露地栽培よりも収穫したいちごの甘さも増しますよ。 いちごの苗の選び方 いちごの苗は10月頃、植えつけの時期になると比較的簡単に手に入ります。 ホームセンターや生花店の店頭にも並びますね。 つい手軽なところで購入してしまいがちですが、実は 苗選びで収穫するいちごに大きな差が生まれます。 まずは品種です。 品種によっていちごの特長が違いますから、育ててみたいいちごをここで見極めてみましょう。 【初心者向け】プランターでも簡単に育つ品種• 宝交早生 ほうこうわせ• あかねっ娘 どちらも病気に強くプランターでも栽培しやすい品種です。 市場に出回ることはほとんどなく、いちご狩りなどで見かける品種になります。 宝交早生は甘味と酸味のバランス良く、あかねっ娘は甘味が強く桃のような香りが人気です。 これ以外にもカレンベリー・章姫・ビーナスハートといった品種は初心者でも育てやすいですから、苗を購入する時に探してみてください。 クラウンの大きさを見る 育てやすい品種選びと同様に重要なポイントとなるのが、 葉の付け根にあるクラウンの大きさです。 根と茎の中間部分にギザギザとした部位がありますが、大きいものほど丈夫で新しい芽が育ちます。 結果たくさんの実がなりますよ。 葉はついている 数より色を見ましょう。 濃いグリーンが良いですね。 白っぽく変色している葉はすでに病気の可能性がありますから、苗選びでは避けましょう。 いちごの栽培方法 土とプランター、それに苗を購入したら栽培スタートです。 栽培の手順に沿って詳しくご紹介しましょう。 植えつけ いちごの植えつけは深すぎると生育が遅れてしまいます。 クラウンが少し隠れる程度を目安に浅植えしましょう。 親株とつながっていた名残のランナーを内側にして植えれば、外側に実がつき収穫しやすくなりますよ。 ランナーが確認できなければ花や蕾がついている方を外側にします。 ランナーとは? ランナーは別名葡萄茎とも呼ばれるツル状の茎です。 親株から地面に這うように伸び、先端にある芽から根を張り繁殖します。 水やり 植えつけ後はたっぷりと水やりをしますが、その後は 土の表面が乾いた時に水をあげます。 毎日あげる必要はありません。 むしろ頻繁に水やりをすると根腐れしてしまいますから注意しましょう。 水やりの際に 葉に土が跳ねると病気の元となります。 根元にゆっくりとかけるように心掛けましょう。 もしあれば乾燥予防も兼ねて株元にもみ殻やわらを敷いておくと安心です。 摘葉とランナー摘み 3月頃になると新葉が出始めます。 冬の間に枯れてしまった葉は摘み取りましょう。 子株を作るランナーも次々と伸びてきますが、実に栄養が集中するように収穫前は全て摘み取ります。 摘花と摘蕾 花は実になりますから摘んではいけないように思いますが、収穫期より前に咲いた花や蕾は茎を強く太くするために摘み取ります。 寒い時期に咲かせた花は最終的に黒ずんで実を付けることはありません。 追肥 いちごの追肥は 2月下旬頃から花の咲き始めまでに施します。 傷んだ葉やランナーを摘んで株元を清潔にしてから、化成肥料を株元から少し離れた場所にパラパラと蒔きます。 この時、土と軽く混ぜるようにしましょう。 実をつきやすくするためにはリンを多く含むものを与えるのがおすすめですが、初心者向けにいちご専用の肥料も販売されています。 人口受粉 3月から4月頃には花が咲き始めます。 自然の中では虫達が受粉をしてくれますが、プランター栽培では期待できません。 自分達で受粉作業をしましょう。 人口受粉のタイミングは 花が大きく開いている時です。 自宅にある筆や綿棒、耳かきの羽毛部分などを使うと作業がしやすいですよ。 美味しくて形の良い実になるように、優しく花芯を撫でるようにします。 収穫 受粉後40日程度で収穫が出来るまでに育ちます。 赤い実は空から見ても目立ち、鳥などに狙われやすいですから注意しましょう。 雨あがりはナメクジが食べてしまうことも。 ヘタの近くをハサミで切って収穫します。 甘いイチゴの育て方 いちごを甘くするには 栽培前の苗選びと栽培中の管理がポイントになります。 甘い品種を選ぶ• 日当たりの良い場所で栽培する• 水をあげ過ぎない 品種によっては酸味が強いものもありますから、購入前にしっかりチェックしましょう。 花が咲き、実がたくさん付くほど嬉しいものですが、いちごの糖分は葉で作られ実に送られます。 実が多いほど糖分も分散されてしまいますから、観賞目的でないなら摘花は大切です。 養分は土と太陽光から作られますから、日当たりはしっかり確保したいですね。 水は基本「乾いたらたっぷり」ですが、冬場は少し控えめにすると糖度が上がります。 ただし 乾燥には弱いので水やりのタイミングを逃さないようにしましょう。 せっかく育てたのに春になっても花が咲かないといったケースもあります。 これは肥料のやり過ぎが原因です。 多すぎる栄養は逆効果ですから適量を守りましょう。 寒い冬の間は害虫も姿を見せませんが、暖かくなり花が咲き始める頃にはどこからともなく寄ってきます。 発生しやすいのはアブラムシ。 見つけたら早めに対処しないと実が成長しません。 防虫剤などを利用しましょう。 長雨に注意 いちごの苗は雨にも注意が必要です。 ちょうど実がつく頃に長雨に当たると「灰色カビ病」といった病気のリスクが高まります。 プランター栽培なら雨の当たらない場所に移動させ、露地栽培ならトンネル掛けをして雨を避けましょう。 長雨に限らず急な豪雨にも注意が必要です。 ランナーを使って来年の苗を作ろう いちごの収穫時期になるとランナーが長く伸び子株が出来始めます。 子株の中でも太くて大きいものを取っておけば 来年の苗として活用できますよ。 最初に伸びたランナーから出来た子株は親株の影響が大きく、病気などを引き継いでいる可能性があります。 活用するなら 2番目以降に出来た子株にしましょう。 親株とつなげたまま土を入れたポットに子株を乗せておくとそこに根を張ります。 収穫を終えた親株は処分します。 子苗は直射日光が苦手です。 葉焼けをしないように日除けを意識しましょう。 また乾燥しやすいためこまめに土の状態を見て水やりをします。 いちごの栽培・育て方のまとめ いちごの栽培は難しいと思われがちですが、ポイントを押さえて育てれば初心者でも問題なく実が収穫できます。 専用の土や肥料も市販されていますから心強いですね。 育てやすい苗を選び、 摘葉・摘花で実に栄養を集中させましょう。 水のあげ過ぎはいちごの味にも影響しますが、苗が蒸れて病気にかかりやすくなります。 水やりは「土が乾いたらたっぷり」を徹底しましょう。 もう少しで収穫という頃に虫に食べられないように観察も大事ですね。 いちごはデザートだけでなくジャムすれば長期保存もできます。 収穫後のお楽しみが待ち遠しいですね。

次の

【初心者】甘いいちごの栽培・育て方のコツ(肥料・雨・ランナーの切り方)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

甘い イチゴ の 育て 方

タグ 100均 アイデア アガベ アガベ・アテナータ アスパラガス アテナータ アデニウム アラビカム アルテシマ アレンジ アロエ アンスリウム インテリア インリア ウンベラータ オーガスタ おしゃれ おすすめ オベスム オリーブルッカ ガーベラ ガジュマル カバー カビ カポック かわいい グッズ コツ コンシンネ サボテン サンスベリア サンスベリアスタッキー シマネトリコ ストック ストレリチア セローム タイミング デリシオーサ ドラセナ トリミング ナギ ナス ハーブ パキラ パリー ひまわり フィカス フィカス・ウンベラータ フェニックス プミラ プランター ブルースター プレゼント ベンジャミン ポイント ポトス ポニーテール ポポラス ホヤ メダカ メリット モンステラ やり方 ユーカリ ユッカ リメイク レイアウト ロストラータ 一番花 不夜城 乾燥 予防 作り方 使い方 便利 保存方法 冬 冷蔵庫 処分 切り戻し 初心者 判断方法 別れ・旅立ち 剪定 原因 収穫 土 地植え 増やし方 変色 多年草 多肉植物 天日干し 失敗 失敗しないコツ 室内 害虫対策 害虫策 家庭菜園 対処 対処法 対処法・対策 対策 尊敬 幸福の木 庭 恋愛 感謝 手作り 手入れ方法 手順 挿し木 掃除 支柱 支柱の立て方 新芽 方法 方法・手順 日光 時期 本物 枯れる 枯れる原因 栄養素 株分け 根腐れ 栽培 栽培方法 植え方 植え替え 植木 植物 業者 気根 水やり 水槽 水温 水耕栽培 水草 水草トリートメント 水草の役割 注意点 温度 準備するもの 特徴 玉ねぎ 理由 環境 生ゴミ 畑 留守 目安 種 種まき 種類 種類や特徴 稲 穴がない 米 繁殖 置き場所 肥料 育て方 育て植え方 花 花を咲かすコツ 花壇 花束 花柄摘み 花粉 茄子 落ち葉 落とし方 葉 葉が茶色 葉っぱ 葉挿し 薬剤 虫 観葉植物 迷惑 追肥 造花 道具 違い 選び方 金鯱 鉢 鉢植え 長持ち 風水 飾り方 黄色 目次• 家庭菜園のいちごを甘くする方法は甘い品種を育てる 家庭菜園でいちごを育てて、収穫してみても、「味があまり甘くない」と困っていませんか? いちごは甘くなる品種を選べば、家庭菜園でも甘いいちごを収穫することができます。 例えばですが、• 紅ほっぺ• あまおう• とよのか 上記の品種が甘くなる代表的な品種として取り上げられています。 違った種類のいちごを育てているのなら、上記に変えてみてはいかがでしょうか。 また、章姫、アイベリーもお勧めです。 今あなたが育てているいちごがあまり甘い実をつけない品種かもしれないので、品種を変えてみるのも、良い解決法だと思います。 家庭菜園のいちごを甘くしたい。 甘くする方法はいちごの肥料 今自宅で育てているいちごをどうにかして甘くする方法があります。 そこで利用できるのが、肥料になります。 いちごを家庭菜園で育てている方は、いちごに適したものを選んで育てているでしょうか。 そうでなければ、実さえもならない事があるので、どんなに一生懸命育てていたとしても、甘いいちごを食べることはできないと思います。 いちごを家庭菜園で楽しむ際は、「どの肥料でもいいや」となるのではなく、いちご専用の肥料を用法を守って栽培することが必要になってきます。 また、甘さにこだわるのであれば、リン酸成分の多い肥料を使用するのも手です。 今使用しているものから、いちご専用のもの、また、リン酸成分の多い肥料を使用していちごの甘さを比べてみてはいかがでしょうか。 肥料を変えるだけで、あなたの問題が解決されると思います。 いちごを甘くする方法。 家庭菜園の場合の水やり方法 家庭菜園でいちごを栽培していて、「甘さ」に問題があるのなら、もしかしたら、水やりの方法が間違っているのかもしれません。 いちごの花が咲く時期と、実が大きくなる時期の肥料や水やりを怠ると、甘さが不十分なものが出来上がる可能性が出てきます。 普段はそれほどいちごの水やりに気をつけなくても、花が咲いてきた、実がなりだした、そんなサインをいちごからもらったら、その時期はいつも以上に栄養が必要になってきます。 その時期は、肥料や水やりを怠らずに、いつも以上に念入りにするといちごの甘さも変わってくると思います。 「もしかしたら、私の水やりの量、少し足りなかったかも」と思われている方は、水やりの量を一度振り返って、適切な量を与えてみて下さい。 水やりの量であなたのいちごの甘さが変わる可能性があります。 家庭菜園のいちごを甘くする方法。 日当たりも重要 家庭菜園でいちごを育てている方には、日光の量もいちごの甘さに関係する要素になってきます。 日光の量についても気にしなくてはいけないの?そんな風に思われるかもしれませんね。 いちごも日光から栄養を吸収していきます。 ですので、日陰で育つと、どうしてもいちごならではの甘さが控えめになってしまいます。 元気で甘いいちごを家庭菜園で楽しみたいと思うのであれば、十分に日光に当ててあげましょう。 向きとしては、南向きが良い方角になります。 その方角に育てて、日光を十分にあてて、甘いいちごを育てましょう。 いちごを甘くしたいならハウス栽培がおすすめ 手作りで作った甘いいちごを楽しみたいのであれば、家庭菜園の中でも、ハウス栽培をお勧めします。 実はいちごはハウス栽培の方がよく育ちます。 でも、ハウス栽培となると、なんだか本格的すぎて、あまりやる気は出ない方もいると思います。 そんな方はビニールで簡単に家を作って、その中でいちごを育てるというのも簡単にハウス栽培をすることができる方法になります。 ハウス栽培になると、温度調節が可能なので、いちごも温かい中で成長することができます。 温かい中で育つと、あなたが気にしている「甘さ」の面でも良いものが育つので、ハウス栽培にしただけの効果を期待することができます。 美味しいいちごを食べたいのなら、ある程度の努力は惜しまないと結果は得られないという所でしょうか。 ハウス栽培にも挑戦してみてはいかがでしょうか。 家庭菜園のいちごに実がつかないなら人工授粉 家庭菜園でいちごを育てている方、一生懸命育てているにもかかわらず、中々実がならなくて、もがいていませんか? 大丈夫です。 いちごを栽培するにあたって、人工授粉を利用すれば、あなたの問題は解決していきますよ。 毎日毎日ちゃんと育てているのに、いちごの実がならないと、悲しい気持ちになりますよね。 自然受粉は中々難しく、成果を見るのが難しいかもしれません。 でも、人工授粉ならより実をつけることができると思います。 花粉をおしべにつけてあげれば良いだけです。 その際は柔らかい綿棒などで雄しべにつけてあげれば問題ありません。 中々実をみることができないのは、そういったプロセスが欠けているからなのかもしれません。 人工授粉もそんなに難しいプロセスではないので、その方法を用いてみましょう。 家庭菜園でいちごを育てていて、甘さが気になる方に、いくつかの解決法を掲げてみましたが、参考になるものはありましたか?品種、肥料、水やりなど改善できる点もいくつかあると思います。 日光の量も甘さに関係してくるので、少し気をつけて栽培してみたらいかがでしょうか。 改善できる点をしっかり改善して、是非甘いいちごを育てて下さいね。

次の

イチゴの育て方−おいしい!

甘い イチゴ の 育て 方

露地栽培• 鉢植え促成栽培• 露地栽培とはイチゴ栽培における もっとも基本的な栽培方法で、 9月中旬から11月に出回る一季なり性品種の苗を植え、寒さに当てて冬を越させ5月~6月に収穫する方法です。 一季なり性品種のイチゴというのは短日・低温条件といって基本的に寒さに当たることによって花芽が作られます。 花が咲かないと実はなりませんからイチゴを寒さに当てる行為というのはごく自然な行為なんですね。 ですが、実は9月中旬~11月には6月~9月まで収穫できる 四季なり性品種も同時に販売されています。 四季なり性品種は寒さに当たらなくても花芽を付ける性質があります。 初心者には難しいのですが 家庭菜園中・上級者であれば可能です。 そのため イチゴに寒さを感じさせなければ成長し続けられるということです。 夏採り栽培 四季なりイチゴのみ 夏採り栽培とは 四季なり性品種を使った栽培方法で、四季なり性品種のイチゴというのは一季なり性イチゴと違って短日・低温条件に関係なく花芽をつけます。 要するに寒さに関係なく成長し実を付けることができる品種群ということです。 夏採り栽培をするには 3月~4月に出回る四季なり性品種の苗を植え、6月~9月まで長期間収穫する流れになります。 栽培期間が長くなればなるほど病害虫に合う確率も高くなるからです。 ただし、「桃薫」「白雪小町」等々の秋しか出回らない珍しい品種もあります。 スポンサーリンク プランター栽培可能なイチゴの品種一覧 繰り返しますがイチゴの種類には大きく分けて 「一季なり」 と「四季なり」の2つの種類があります。 ただし9月下旬~11月も苗が出回り栽培、収穫できる 私たちがスーパーで見るイチゴの多くは 一季なり性品種で特徴は実が大きく甘みが強いこと。 もう一方の四季なりはワイルドストロベリーとの交配で生まれた系統のため夏の暑さや病気に強く次々に実を付け、家庭菜園でも失敗が少ないといえます。 しかし、現在は一季なり性品種のイチゴもホームセンター等で販売されており初心者でも簡単に育てることができます。 品種名 種別 甘み 酸味 大きさ 特徴 難易度 宝交早生 一季成り 中 多 中 果肉柔らかく甘酸っぱい 簡単 女峰 中 中 中 程よい酸味があり甘酸っぱい・小粒でよく実が成る 簡単 さちのか 多 少 中 酸味があり実は固め 中 とよのか 多 少 中 大実で酸味少ない 中 とちおとめ 多 中 大 甘みが強く果汁多い・甘みと酸味のバランス良し 中 章姫 多 少 大 細長い実で酸味が少なく甘くてジューシー 中 もういっこ 多 少 大 酸味と甘さのバランスがいい・すっきりした甘さ 中 レッドパール 多 中 中 果肉も赤い濃厚な味 中 アイベリー 多 少 大 酸味がほどんどない大実 中 カレンベリー 中 中 中 甘味と酸味が程よく病気に強い・初心者向き 中 まんぷく 中 中 大 極大実・果肉柔らかくジューシー 中 紅ほっぺ 多 少 大 大玉品種の中では育てやすい 中 ふさの香 多 少 大 桃に似た特有の香りで酸味が少ない 中 密香 多 少 中 濃厚な甘さと香り・サントリー品種 中 白蜜香 多 少 中 蜜香の白品種・濃厚な甘さ 中 桃薫 多 少 中 ココナッツのような独特の香り 中 ローズベリー・レッド 四季なり 中 中 中 赤花の鑑賞用・食用を兼ねたサントリーの品種 簡単 夏姫 多 少 中 夏の暑さに強く甘み香り歯ごたえ良し 簡単 桃娘 中 中 中 肉厚で花色が淡ピンク 簡単 紅茜 中 中 中 細長く花色濃ピンク 簡単 純ベリー2 中 中 中 果肉が赤く甘み酸味バランス良し 簡単 ドルチェベリー 中 少 中 春秋2回収穫可・サントリーが甘味を追及した品種 簡単 めちゃウマ!いちご 中 中 中 甘味と酸味があり耐病性耐暑性あり 簡単 めちゃデカッ!いちご 中 中 大 大実で色鮮やか・育てやすい 簡単 エンジェルエイト 小 多 中 甘酸っぱい白イチゴ 簡単 初心者向けの品種苗を選ぶ はじめてイチゴ栽培にチャレンジするなら上記表の難易度「簡単」な品種を選ぶと良いでしょう。 ただ、正しい育て方を実践すればどの品種でも実を成らすことは可能ですのであまり難しく考えなくても大丈夫です。 甘み強い品種が良いのか?それとも昔ながらの少し酸味の効いた品種が良いのか?お好みで選んでください。 [一季なり]宝交早生(ほうこうわせ) タキイ種苗から出ている50年以上の歴史をもつ露地栽培用の定番品種 カレンベリー 私がここ数年で甘くて美味しいと感じている品種がカレンベリーです。 正直なところ先にご紹介した宝交早生は、昔ながらの酸味のあるベタな味です。 好みの問題なので決して悪くはないのですが、家庭菜園レベルでもデパートで販売されてるような 甘いイチゴの味がするのが「カレンベリー」です。 ホームセンターでも販売されている品種なのでぜひお勧めしたいです。 [四季なり]四季なりいちご 夏姫 病気に強く自然に実がなりやすいため育てやすい。 私たちがスーパーや八百屋さんで買ういちごはハウス栽培で作られているものがほとんどです。 家庭菜園でも、もちろん「とよのか」や「章姫」などメジャーな品種苗も栽培できるのですが、 もしあなたが初めていちごを育てるのなら、 家庭菜園向けの品種苗を選んだ方が成功率は上がります。 基本的にホームセンター等で販売されているイチゴであればどの品種を購入しても簡単に育てることができます。 家庭菜園向きの品種苗は実が多く収穫できたり病気に強いといった利点があります。 用意するもの• 培養土 肥料配合済み• 鉢底石 排水システムがあれば不要• プラスチックの長方形プランター 一般的に苗を3個くらい植えるのであれば長方形のプランターかハーベリーポットがおすすめです。 素焼きでできたストロベリーポットもあるのですが、初心者には少し難しいので避けます。 植える間隔は15~20㎝程度なのでプランターの長さに合わせて調整します。 ハーベリーポット ハーベリーポットもおすすめです。 上写真のような長方形プランターに植える場合は、イチゴの実がなる前に敷きわらを敷かなければならないのですが、 ハーベリーポットであれば重ねられ、イチゴの実が土に付かず清潔です。 ストロベリーポット ストロベリーポットは素焼きでできたイチゴ栽培専用に作られた鉢なのですが、 値段が3000円以上と高いの、土を入れると重く動かせない、苗がたくさん植えられない、イチゴ苗の大きさに対し土が大量に必要なので加湿になり易く初心者には管理が難しいです。 収穫目的より見て楽しむ目的の方が強いです。 スポンサーリンク イチゴ栽培に適した土の選び方 堆肥や化成肥料なたね油かすなど自分のオリジナルでブレンドしても良いのですが、初心者なら 市販の培養土で十分です。 また 「イチゴの培養土」という専用の 土も販売されているのでそれらを選んで頂いても良いですね。 気を付けなければならないのは安い土です。 ホームセンターなどにいくと培養土も何種類も販売されていますが中には肥料が配合されていない土もあるので 最初は 肥料が配合されている 培養土を購入しましょう。 鉢底に敷く軽石は必要か? イチゴを育てる場合、鉢底石 軽石 を敷くべきかどうかについてはプランター次第です。 現在ホームセンター等で販売されているプランターの多くは鉢底が底上げされてネット状になっていたり通気性良い構造に作られています。 野菜の種類によっては深鉢で育てる必要があり、培養土の下に水はけをよくするために鉢底石を敷くのですが、イチゴの場合は水はけが良い構造のプランターを用意すれば必要ないでしょう。 例えば以下写真のように鉢の横に スリットと呼ばれるタテに切れているすき間があるようなものは、水が出やすいので鉢底石 軽石 を敷く必要はありません。 人によって鉢底石 軽石 は必ず入れるべきだという意見もあり、確かにあった方が水はけは良いのですが排水性を考えられた鉢を使うのであれば無くても栽培できるというのが私の考えです。 一方、以下写真のような水の抜ける場所が鉢の中心1か所で小さい場合は鉢底石 軽石 を入れた方が安心です。 1㎝~2㎝ほど鉢底に敷き詰めます。 ちなみに一番最初に紹介したスリットの入った鉢以外にも、以下写真のような底上げ構造の鉢も鉢底石 軽石 を入れる必要はありません。 良いイチゴ苗の選び方 イチゴの苗がホームセンター等で流通する時期は 秋 9月中旬~10月下旬 と春 3月~4月 の2回です。 秋に出回る苗のほとんどは冬を越して春に収穫する一季なりの品種です。 一方春に出回る苗には一季なりと四季なりの両方があります。 「女峰」「ふさのか」等々たくさんの品種が販売されていますが、これらの品種に関しては自分が育ててみたい品種を選ぶと良いでしょう。 ホームセンターに行くとこのように沢山の苗が販売されているためどれが良い苗なのか迷うと思います。 その場合は以下の条件に近い苗を選ぶと良いです。 反対にこんな苗は選んではいけません。 葉が黄色く他にも斑点が出ているなど健康的な苗ではありません。 良い健康なイチゴ苗の特徴• 3枚の小葉の形が揃っている• 葉の緑が濃く病気になっていない、葉がきれい。 株元のクラウンが太い• 葉が間延びしていない• 根がしっかり張っている また、 春先に出回る苗の場合は 必ず花が咲いている苗を選ぶ のがコツです。 一般的に秋に出回る苗の栽培方法は、春の5~6月以降に収穫する方法なので、花が咲いている苗を買う必要はありません。 ただし、12月までに実をならせる鉢植え促成栽培という特殊な育て方をする場合は秋に花が咲いている苗を選ぶと良いです。 実が付いている苗ならさらにラッキーです。 イチゴは寒さに当たって花芽が付くため花が咲いている=寒さに当たって実を付ける準備が出来ている証拠です。 花が咲いていれば必ず実はつきます。 9~10月に出回っている苗でも花が咲いていれば実は付きます。 もしどんな苗を選んで良いかわからない場合はお店の人に選んでもらうのも手です。 スポンサーリンク イチゴの植え付けの流れ 苗1個の場合 鉢の上から3㎝くらいのところまで培養土を入れます。 鉢の上から3㎝くらいあける理由は水やりをしたときに土があふれないためです。 専門用語でウォータースペース 水しろ と言います。 次に苗をポットごと置き、植える位置を決めます。 決まったらポットを逆さまにして苗を取り出し、置きます。 土に手もしくはスコップで穴を掘ります。 苗の根元の高さと鉢土の高さが同じ位置になるよう穴の深さを調整します。 植えたら周りの土を被せます。 そして苗の根元を軽くギュッと押し植え付けて植え付け完了です。 そのときに苗の根元にある クラウンと呼ばれる場所に 土が被らないようにしましょう。 さて、植え付けが終わったら、ジョーロで水をたっぷりと与えます。 鉢底から水が出るまであげましょう。 以上で最初の作業は終了です。 あとは成長にしたがい水やり、肥料やり、人工授粉などをして実が付いたら収穫の流れに成ります。 水やりのタイミング 基本は鉢土が乾いたらたっぷりです。 あまり水やりが多くても良くないのですが、特に冬場に土をカラカラに何日も乾燥させ過ぎると、その後の成長がいちじるしく悪くなります。 イチゴの水やりのタイミングについて、よく何日ペースであげればいいですか?という質問を頂きますが、育てている環境 地域、天気、気温、置き場所、土質など によって乾き方が変わるため3日に1回などと決めることはできません。 ただ、 毎日じゃぶじゃぶ水やりを続けたら確実に枯れます。 野菜も花も土が乾くと水を求めて根が伸びます。 そうやって成長し大きな株になって実を付けるため、常に土が水に浸かっている状態だと通気性も悪くなりますし、根が窒息状態になっているので腐り「根腐れ」という現象が起こります。 ですので、 土が乾きイチゴの葉が少し、しんなりとしてきたら鉢底からたっぷりと出るまで水をあげましょう。 肥料を与えるタイミング イチゴを含む野菜栽培の肥料の種類には大きく分けて2つあります。 元肥 もとごえ ・・・植え付けるときに土に混ぜる ただし肥料配合済み培養土使用なら与える必要なし• 追肥 ついひ)・・・生育途中に追加で与える肥料 元肥ですが、初心者の場合「花と野菜の培養土」などのような最初から肥料が配合されたものを使用するため別途購入する必要はありません。 畑や露地栽培などプランター以外の場所で育てる場合は必ず必要になりますが。 追肥 ついひ には固形タイプと液体タイプがあり、どちらを選んでも構いません。 固形タイプであれば2月下旬と3月下旬~4月上旬の2回与えればOKです。 分量は10g~20g程度ですが、肥料のパッケージに裏に必ず分量が記載されているのでそちらに従ってください。 液体タイプの場合も2月下旬以降、春に花が咲き始めるくらい2週間に1回ペースで与えます。 こちらもボトルの裏に適切な希釈倍率 水でうすめて使うときの割合 が記載されています。 病害虫対策 ミニトマトやナスなど他のメジャーな野菜同様に、イチゴもアブラムシやハダニなどの害虫被害、うどんこ病などの病気にかかることがありまあす。 病害虫対策として風通しの良い場所に置き、カビなどが生えないようにしたり、葉っぱにも散水することで過乾燥によるハダニなどを防ぐなども必要なのですが、それでも防ぎきれないことがあります。 ではどうすればいいのか?というと 天然由来成分の殺虫殺菌剤を定期的に散布することで、未然に防ぐあるいは被害の拡大を抑えることが可能です。 住友化学園芸から販売されている「アーリーセーフ」などヤシ油の粘着性を利用して病害虫を防ぐタイプのものであれば、安心です。 細かい使い方に関しては各商品に記載されているのでそちらを参考にしてください。 スポンサーリンク 開花 イチゴの花は房状になってたくさん咲きます。 イチゴの人工授粉の仕方と摘花 てきか ・摘果 てきか 作業 イチゴの花が咲いても蜂などの虫、風などで受粉が行われなければ実はつきません。 イチゴの実の大きさは同じ品種であれば受精したタネの数で決まります。 人工授粉はやるべき作業なので動画を参考にして実践することをお勧めします。 ちゃんと受粉されないと小さくて形や色の悪い実がなるため、スーパーで売られているようなイチゴらしい形の実を収穫するには正しい 人工授粉のやり方をマスターする必要があります。 ぜひ動画を参考にして コツをつかんで下さい。 さらに動画では1つの実に 養分を集中させ、甘い実を作るために 摘花 てきか と摘果 てきか 作業について解説しています。 これらの作業をしないと養分が分散されてしまいイチゴの実が小さくなったり味が悪いなどイチゴ栽培に失敗します。 収穫 緑色の蕾が膨らんで白い果実に成長します。 そしてだんだんと赤く色付いてきます。 きれいな真っ赤な実になったらヘタの部分を株から切り離して収穫して下さい。 ネットで鳥よけをしよう 赤い実は鳥の大好物!鳥さんもわかるのか、食べごろのイチゴが朝になったら無くなっていたなんてことが良くあります。 せっかくの実が食べられない様に、実が付き始めたら防虫ネットや防鳥ネットを鉢にかけておくと良いでしょう。 A: Q:イチゴが赤いけど酸っぱいです。 甘いイチゴを作るコツはありますか? A: Q:イチゴの実が成りません!なぜでしょうか? A: Q:イチゴの実が小さき!大きくならない理由はなんですか? A: Q:イチゴの実が白くて赤くならないのはなぜですか? A: イチゴの月別!栽培方法 イチゴのプランター栽培のコツ• 初心者向けの品種を選ぶ• 苗を3月に購入して栽培スタート• 正しい大きさのプランターとプランターの大きさにあった苗の数を植える• 肥料分の配合された新しい培養土もしくはイチゴ専用土を使う• しっかり寒さに当てる(露地栽培の場合)• 四季なり品種であれば夏まで栽培することができます。 初心者がイチゴ栽培で苦労するのは、秋から冬にかけての育て方。 気温が下がってくる秋にしっかり寒さにあてて冬の休眠期を乗り越えないと、花も咲かず実もならない結果になります。 そのため、すでに生産者さんが秋冬の寒さに当てて育てた春先に流通する花芽の付いた苗を購入して栽培スタートすれば、実はなります。 ですが、秋冬の管理がちゃんとできれば実を成らせることは難しくないので人工授粉の動画や月別の育て方も参考にして美味しいイチゴをたくさん収穫してもらえると嬉しいです。 スポンサーリンク カテゴリー• 189•

次の