フォード。 フォードとは (フォードとは) [単語記事]

「ザ・アメリカンSUV」の「フォード・エクスプローラー」が新型に

フォード

マスタング GT4は、2016年のSEMAショーで初公開されたフォードの市販レーシングカーだ。 マスタングの高性能バージョン「シェルビーGT350R-C」をベースに、左右ドアやルーフ、ボンネットなどをカーボンファイバー製に変更して軽量化。 レース用にチューニングされ、580馬力を発揮する5. 2リットルV8エンジンをフロントに搭載する。 2017年3月のレースで初勝利を飾り、その後もアマチュアドライバーの手に委ねられた多くのマシンが、世界のGT4レースで活躍を見せている。 新製品は、マスタング GT4の迫力あふれるパワフルなフォルムを実感たっぷりにモデル化した。 ボディはリヤバンパーを一体成形して剛性を確保。 ロールケージを張り巡らし、バケットタイプのドライバーズシートのみを残したスパルタンな室内も再現している。 ステアリングコラム上のMotec製モニターは画面をスライドマークで表現したほか、助手席側のエアジャッキ用コンプレッサーやタンク、電装系部品もパーツ化。 部品点数を抑えた前後のサスペンションもリアルな仕上がりとなっている。 専用品となるリヤのロワコントロールアームも再現。 ドアミラー、ルームミラーはメッキ部品。 車体裏から見えるエンジン下部とギヤケースは別部品構成で立体感あふれる仕上がりとなっている。 価格は4400円。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の

タミヤ、「フォード・マスタング GT4」1/24スケール組立キット発売へ

フォード

1919年の肖像画 生誕 1863-07-30 死没 1947-04-07 (83歳没) 国籍 職業 、 純資産 1881億ドル 2008年2月号より 宗教 配偶者 クララ・ジェーン・ブライアント 子供 親 ウィリアム・フォード、メアリ・フォード 署名 ヘンリー・フォード(Henry Ford、 - )は、の企業家、会社の創設者であり、工業製品の製造におけるによる技術開発の後援者である。 フォードは自動車を発明したわけではないが、アメリカの多くの中流の人々が購入できる初の自動車を開発・生産した。 が自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はとなる。 は、世界で累計1,500万台以上も生産され、産業と交通に革命をもたらした。 フォード・モーターの社主として、世界有数の富豪となり、有名人となった。 安価な製品を大量生産しつつ労働者の高賃金を維持する「」の創造者である。 フォードはまた、消費者優先主義が平和の鍵だというグローバルなビジョンを持っていた。 体系的なコスト削減を強力に推進し、多くの技術革新やビジネス上の革新をもたらした。 例えば、北米全土および世界の主要都市にシステムによる販売店網を確立した。 遺産のほとんどをに遺したが、遺族がその組織を恒久的に運営できるよう手配した。 第一次世界大戦のころにはを主張したことで知られていると同時に『 ()』という書籍を出版するなど者としても知られている。 生い立ち [ ] 1863年7月30日、のグリーンフィールドで生まれる。 農場を経営する父ウィリアム・フォード () 1826—1905 はアイルランドの生まれで、元々は西イングランドの家系である。 母メアリ・リトゴット・フォード 1839—1876 はミシガン州生まれでからの移民の末っ子だったが、幼いころ両親を亡くしたためオハーンという隣人の養子となっていた。 6人兄弟の長男で、弟妹にはマーガレット・フォード 1867—1938 、ジェーン・フォード c. 1868—1945 、ウィリアム・フォード 1871—1917 、ロバート・フォード 1873—1934 がいる。 十代になると父から懐中時計を与えられた。 15歳のころには友人や近所の人たちの時計を何度も分解・組み立てし、時計修理がうまいという評判を得ている。 1876年に母が亡くなり、ショックを受ける。 父は農場を継いでもらいたかったが、フォードは農作業を軽蔑していた。 後に「私は農場には何の愛情も持っていなかった。 私が愛していたのは農場にいる母だった」と記している。 機械工時代 [ ] 25歳のヘンリー・フォード 1888 1879年に家を離れ、近くの都市の James F. に見習いとして就職し、その後 に移った。 1882年、ディアボーンに戻って農場の仕事をしていたが、そこでウェスティングハウス製の可搬型の操作に熟達するようになった。 その経験から後にで蒸気機関の修理工として雇われた。 そのころデトロイトの で簿記を学んでいる。 20歳ころには日曜日に4マイル(約6. 4キロ)離れたの教会に通っていた。 、クララ・アラ・ブライアント 1866—1950 と結婚。 そのころは農場と製材所経営で生計を立てていた。 子は1人だけで 1893—1943 と名付けた。 フォード初の自作4輪自動車 "Ford Quadricycle" には ()の技術者となり、1893年にはチーフ・エンジニアに昇進した。 これによって、フォードはの個人的な実験に、十分な時間と金銭を費やすことが出来るようになった。 幾多の実験の末、に と名付けた自作4輪自動車の製作に成功。 には試運転を行った。 様々な試運転の後、この四輪車の改良を検討した。 同年、パーティ会場で尊敬するに初めて会い自分の自動車への夢を熱く語り、エジソンはフォードを励ました。 、2台目の自動車を完成させた。 創業 [ ] 、エジソン照明会社を辞め、デトロイトの製材王ウィリアム・H・マーフィーの資金援助を得て ()を創業。 副社長兼チーフ・エンジニアに就任。 しかし生産した自動車は期待したより低品質で高価格で、同社は1901年1月に解散した。 ()の助けを得てフォードが設計・製作した26馬力の自動車で1901年10月、レースに出場しよい結果を残した。 この成功を見たマーフィーらデトロイト自動車会社の出資者らが1901年11月30日、 () を創業し、フォードはチーフ・エンジニアに就任した。 1902年、マーフィーはコンサルタントとしてをつれてきた。 その結果としてフォードは自身の名を冠したこの会社を去った。 フォードが去るとマーフィーは同社を自動車会社と社名変更している。 かつて自転車レーサーだったトム・クーパー ()とチームを組み、80馬力以上のレースカー "999" を製作し、1902年10月レースで ()が運転して優勝した。 その結果、古い知人でデトロイトの石炭販売業者 ()が支援を申し出た。 )を創業。 フォードは安価な自動車の設計を行い、工場を借りて、 ()と ()の機械工場に16万ドル分の部品を発注した。 フォード・モーター [ ] 左端からフォードとエジソン、、(1921年) しかし、フォード&マルコムソンの自動車の販売は鈍く、ドッジ兄弟が最初の出荷分への支払いを要求した際に危機が訪れた。 その際マルコムソンは新たな出資者を集め、ドッジ兄弟には新会社の株式の一部を渡すことで納得させた。 最初の出資者はフォードとマルコムソンとドッジ兄弟のほかに、マルコムソンの叔父 、マルコムソンの秘書 、マルコムソンと関わりが深い2人の法律家 John W. Anderson と がいた。 新しく設計した車の性能を見せるため、フォードはの氷上1マイルを走らせ、39. 4秒の記録を出し、自動車速度の世界新記録(91. 37 mph=147. バーニー・オールドフィールドはこの結果に納得し、国中でその自動車を運転して周り、アメリカ全土にフォードの名を広めた。 フォードはまた、初期のも後援している。 T型フォード [ ] フォードの組み立てライン(1913年) は10月1日に発表された。 ハンドル()が左にあり、間もなく他社もそれに倣った。 エンジンとは全体がで覆われている。 エンジンは4気筒が一塊で鋳造されている。 には2つの半楕円形バネを使っている。 運転は非常に単純で、修理も容易かつ安価に済む。 1908年の発売当時、富裕層相手の手作りの自動車が3,000ドルから4,000ドル、同クラスの他メーカーの自動車でも1000ドル近い価格であったのに対し、T型フォードは825ドルの低価格であった。 その後も年々価格が下がっていき、1920年代にはアメリカ人ドライバーなら誰でもT型フォードの運転方法を学んだことがあるという状況になっていた。 フォードは新製品についての記事や広告をデトロイトのあらゆる新聞に掲載させる大々的広告展開を行った。 また販売店網を確立し、北米のほとんどの都市に販売店を設けた。 各販売店は独立採算の方式であり、フォードの宣伝だけでなく、の象徴ともなった。 新米ドライバーを助けるモータークラブが各地にできた。 フォードは業務用に自動車を使おうと考える農夫にも積極的に売り込んだ。 常にさらなる効率化とコスト削減に努め、1913年にはによるを導入し、生産能力が大幅に強化された。 一般にフォードがその方式のアイデアを考案したとされているが、当時の資料によればその方式を考案し発展させたのは 、、 ()、 ()という従業員だった。 ライン生産方式を採用することで、販売価格を低く抑えながらも販売数量を拡大することができ、企業利益を確保するという考え方を実現できた。 この方式は他の工業生産にも応用され、20世紀のを可能にした。 1914年には販売台数が25万台を越えた。 1916年には最も安価なモデルが360ドルという価格になり、販売台数は47万2千台に達した。 1918年までに、アメリカで保有される自動車の半分はT型フォードとなっていた。 車体の色は黒ばかりだったが、フォードは自伝に「黒にしておけば、お客様が好きな色に塗り替えることができる」と記している。 ライン生産方式を採用する以前、黒の塗料が最も乾きが早いので黒にしたという事情もある。 実際、赤など他の色のT型フォードも販売されていた。 T型フォードは1927年まで生産され続けた。 最終的な総販売台数は15,007,034台で、1908年の登場から19年間で樹立した記録である。 この記録は45年間破られなかった。 1918年、大統領は選挙にてミシガン州でから立候補するようフォードに依頼した。 中だったが、フォードは平和主義を唱え、提案されていたを強く支持した。 結果、元で共和党から立候補したに敗れた。 1918年12月、ヘンリー・フォードはフォード・モーターの社長職を息子エドセル・フォードに譲った。 しかし最終決定権は保持し続け、しばしば息子の決定を覆した。 そして Henry Ford and Son という新会社を設立し、フォード・モーターの重要な従業員を引き抜いた。 これはフォード・モーターの他の株主を恐れさせ、株価が下がる前に株を売らせ、自身がその株を買い取ってフォード・モーターを完全に制御できるようにする企みだった。 この策略はうまくいき、ヘンリーとエドセルが株式を占有して、フォード一族が会社の所有権を確保することになった。 1920年代半ばには、ライバルとなったやが新しいデザインや多彩なカラーを導入したため、同じデザインで黒一色しかなかったT型フォードの売り上げは落ち込み始めた。 息子の助言にも関わらず、フォードはT型フォードのデザインを変更することには強く反対した。 この時代には、T型フォードはいわば時代遅れとなっており、新しいデザインの車が求められたのである。 また、他社がによる自動車購入プランを提供したのに対し、フォード社はクレジット販売をしなかった。 エドセルは、クレジットの導入を勧めたが、ヘンリーはこれにも反対した。 これは、そのような仕組みは経済に悪影響を与えるとの考えからであった。 A型フォードとその後 [ ] フォードとエジソンとファイアストーン(1929年2月11日、フロリダ州) エドセルは、新しいモデルの投入が必要であることを父に説得しつづけた。 ヘンリーは、1926年になってようやくそれを了承する。 こうして、1927年12月にA型フォードが登場し1931年まで販売された(T型以前に初期のからB、C…、R、S、そしてT型まで試作車も含め連続したモデル名を使用していた。 T型の次がU型でなくA型となったのは、長期に好評でフォード社をフォード社たらしめたT型の後は心機一転、仕切りなおしでA型から、となったからである。 初期のA型からT型の間には豪華すぎて販売不振だったK型や、シンプルさが受けたN型、その発展型S型などがある)。 エンジンやシャーシなど技術的設計はヘンリーが指揮し、息子には外観の設計を任せた。 エドセルはまた、父の反対を押し切ってスライド型シフトのトランスミッションをなんとか採用した。 A型フォードは1927年12月に登場し、1931年まで総計で400万台以上が生産された。 その後はに倣って毎年モデルチェンジするようになった。 クレジット販売へのフォードの反対は1930年代まで続いたが、結局 という子会社を創設し、同社は主要な自動車向けクレジット会社となった。 フォードは会計士を信じておらず、世界有数の巨額の財産をも受けずに蓄えていた。 労働哲学 [ ] 日給5ドル [ ] 誌、1935年1月14日 T型フォード生産の最盛期には、賃金は1日あたり6ドルとなった。 また、さらに投資により、社の利益を共有する計画なども提供された。 フォードは ()の先駆者で、転職率が高く毎年多数の労働者を新たに雇用しなければならない状況を改善するためもあり、労働者の待遇改善に努めた。 最良の労働者を雇い続けることも効率向上の手段である。 1914年、日給5ドルを提示し、従来の賃金のほぼ2倍として世界を驚かせた。 オハイオ州クリーブランドの新聞は、この発表について「この不況下の暗雲を突き抜けて目をくらませるようなロケットを放った」と評した。 新たな労働者を雇う必要がなくなり、デトロイトで最上の機械工が集まったため、生産性が向上し、職業訓練コストが低減した。 日給5ドルを発表したのは1914年1月5日のことで、熟練労働者の最低日給を2. 34ドルから5ドルに引き上げるというものだった。 また資料によって詳細は異なるが、1週間の労働時間も減らした。 1922年の自伝によれば、週に6日間、1日8時間で48時間と記されており 、1926年には週5日間の40時間労働となっている。 デトロイトはアメリカの中でも高賃金の都市だったが、フォードの賃上げのせいで競争相手は賃上げするか熟練労働者を失うかという状況に追い込まれた。 さらに給料が増えた労働者は自分達が作っている自動車を購入できるようになり、経済的にもよい波及効果をもたらした。 フォードはこの方針を賃上げというよりも利益分配だと説明した。 フォードに日給5ドルを進言し納得させたのは当時のデトロイト市長 とも言われている。 利益分配の対象は6カ月以上勤続した素行に問題のない労働者に限られた。 深酒やギャンブルなどの癖がある者は対象外とされ、素行調査のために50人の調査者とサポートスタッフを雇った。 大部分の労働者は利益分配の資格を得ることができた。 フォードが従業員の私生活にまで踏み込んだことには批判もあったため、間もなく調査の手を緩めることにした。 1922年の回想録では、このことについて過去形で記し、「産業界に温情主義の入り込む余地はない。 従業員の私生活をのぞき込むことに依存した福祉は時代遅れである。 人は相談と助け、しばしば特別な助けを必要とするが、全ては良識に則って行われるべきである。 しかし従業員の待遇改善は外部での社会事業よりも産業を強固にし組織を強化する最良の手段である。 我々は原則を変更せずに支払い方法を変更した」と記している。 労働組合 [ ] 一方でフォードはには強硬に反対した。 フォードは1922年の回想録で組合についても記している。 彼は、組合の何人かのリーダーの影響が強すぎ、彼らが表向きはよい動機で動いていたとしても、最終的に害を及ぼすことになると考えていた。 組合の多くは雇用創出のために生産性を制限させようとしたが、フォードから見れば生産性向上はあらゆる経済的繁栄に必須の条件だったので、彼は組合を自滅的だと考えていた。 彼は生産性向上によって一定の職が失われたとしても、生産性向上によって景気が刺激され、新たな雇用が生まれると信じていた。 フォードはまた、組合のリーダーは社会や経済の危機を恒久的に扇動することで自らの影響力を維持しようとする倒錯的な動機を持っていると信じていた。 一方で賢い管理者は自らの利益を増大させるという動機で労働者を正しく遇すると信じていた(しかし、フォードは多くの管理職がその事実を理解していないことも認めている)。 フォードは、良い管理職が左右(社会主義者と不良管理職)からの攻撃をかわし続ければ、最終的に不良管理職も組合も活動できない社会経済体制が作られるだろうと信じていた。 組合結成を防ぐため、フォードは元でボクサーでもあった ()を総務部門のトップに据えた。 組合結成の動きをつぶすため、ベネットは様々な威嚇戦略を実施した。 特に有名な事件として、1937年5月26日、ベネットのボディガードらが ()を含むの主要メンバーに暴行を加えた。 そのとき現場には警察署長カール・ブルックスもいたが、彼はベネットの総務部門出身であり、暴行を止めようとしなかった。 この事件は と呼ばれている。 1930年代末から1940年代初めにかけて、エドセル(当時の社長)は、暴力や仕事の放棄や行き詰まりを永遠に続けるわけにはいかないと考え、組合とののようなものが必要だと考え始めていた。 しかし父ヘンリーはそのような妥協を拒んだ。 その後も結成されようとしている組合との交渉役をベネットに任せている。 ソレンセンの回想録によれば 、ヘンリー・フォードがベネットを交渉役にしたのは、合意を形成しないためだったことが明らかである。 フォード・モーターはデトロイトの自動車メーカーの中で最後まで UAW を認めなかった。 1941年4月、UAWがフォードの工場で座り込みストライキを行った。 ソレンセンの回想録によれば、取り乱したヘンリー・フォードは組合と妥協するぐらいなら会社をつぶすとまで言ったが、妻クララは家業をつぶすなら離婚すると言った。 彼女は息子や孫に会社を引き継がせたいと考えていた。 ヘンリーは妻の最後通牒に従った。 一夜でフォード・モーターはUAWの契約条件に最も抵抗する会社から最も好意的な会社へと変貌した。 1941年6月、契約書に署名が行われた。 ただし、フォード・モーターにおける組合の完全な結成は、フォードが引退したまで行われなかった。 フォード航空機会社 [ ] スペインの郵便航空会社が使用した Ford 4-AT-F EC-RRA 他の自動車会社と同様、フォードも中に航空機製造に乗り出し、エンジンを生産した。 戦後は自動車製造に戻ったが、1925年フォードは を買収した。 フォードの最も成功した航空機は で、波型の金属板を使ったことから「ブリキのガチョウ tin goose 」と呼ばれた。 アルミニウムの耐腐食性との強度を兼ね備えた ()という新合金を採用している。 の とよく似ており、フォードの技術者がフォッカーの機体をこっそり計測して真似をしたとも言われた。 トライモータは1926年6月11日に初飛行し、旅客定員12名の旅客機として使われたが、乗り心地はよくなかった。 向けにいくつかの派生型も生産している。 はフォードが航空機産業を変革したとしている。 で売り上げが低迷したため1933年に航空機製造から撤退するまでに199機のトライモータを生産した。 なお、第二次世界大戦中は爆撃機を大量生産したことがある。 戦争と平和 [ ] 第一次世界大戦 [ ] フォードは戦争を大いなる浪費と捉え、戦争反対の立場だった。 戦争に資金提供していると思った人には非常に批判的になり、そのような行為を止めさせようとした。 1915年、平和主義者 ()と親交を深め、第一次世界大戦が勃発したヨーロッパに を送り出す資金を提供することになった。 フォードは170人の平和主義者と共にその船に乗船した。 Samuel S. Marquis 牧師もこれに加わっている。 Marquis は1913年から1921年までフォード・モーターの社会貢献部門を任されている。 フォードはウィルソン大統領にもこの計画について話しているが、政府からの援助はなかった。 彼らは中立国のスウェーデンとオランダに寄港し、平和活動家らと会談している。 フォードは多くの嘲笑の対象となったため、スウェーデンに到着するや否や船を下りた。 フォードのイギリスの工場はトラックや航空機エンジンのほかに、食糧増産のためにトラクターを生産した。 1917年、アメリカが参戦すると、フォード・モーターは航空機や対戦艇用のエンジンを生産するなど軍需も請け負っている。 1918年、大統領に請われ、ミシガン州の上院議員選挙に出馬。 ウィルソンの提唱するを支持する立場で選挙を戦ったが、大差で敗れた。 第二次世界大戦 [ ] フォードはアメリカの第二次世界大戦参戦に反対しており 、国際的事業が戦争の進展を阻み繁栄を生み出せると信じていた。 フォードは、「戦争とは、欲張った資本家が人類を殺戮することで利益を得ようとする行為」だと主張。 1939年には、ドイツ海軍の潜水艦がアメリカの商船を雷撃したのも、アメリカ参戦によって利益を得ようとする資本家の陰謀だとさえ主張した。 フォードが資本家と呼んでいるのはユダヤ人のことであり、第一次世界大戦もユダヤ人が戦争を助長したと告発している。 第二次世界大戦の準備段階から1939年の参戦において、フォードは交戦国と取引したくないと述べている。 大恐慌時代を経験した他の実業家と同様、フォードはルーズベルト政権を完全には信頼せず、ルーズベルトがアメリカを戦争に向かわせたと思っていた。 しかしフォードは、軍需品も含めてドイツと取引し続けた。 1940年、フランス人を100から200人徴発して ()で働かせ、1929年の第31条に違反。 そのころアメリカは参戦前でドイツとの外交関係を絶つ前であり、フォード-ヴェルケはフォード・モーター本社の監督下にあった。 戦争の進展と共に労働力としてさらに捕虜を使うようになっていたが、ドイツ当局が捕虜の徴発を要求したわけではない。 は同社の航空機エンジン(やで使用)をアメリカで生産してくれるメーカーを捜し、最初に合意に達したのがフォードだったが契約は取り消された。 アメリカが1941年後半に参戦を決めると、フォードもそれに従った。 しかし、フォードの参戦支援は問題が多かった。 アメリカ参戦が決まると、フォードは近郊のウィローランにて新工場建設を命じた。 1941年春に着工し、1942年10月に爆撃機の1機目が完成している。 その工場は世界最大の組み立てライン(33万平方メートル)を有していた。 1944のピーク時には月産650機のB-24を生産していた。 ウィローラン工場では総計9千機(総数の半分)のB-24を生産した。 1930年代末から度々心臓発作に襲われるようになり、フォードは名目だけの経営者になっていた。 実際の決定は彼の名で他者が行っていた。 1943年、エドセル・フォードの早すぎる死の後はヘンリー・フォードが社長に復帰したが、彼の精神力は衰えていた。 実際の会社経営は ()を中心とした上級管理職や主要な技師らが行った。 フォードは除け者にされていると感じ、ソレンセンが評価されていることに嫉妬を覚え、1944年にソレンセンを解雇した。 フォードの不調による同社の衰退に対し、アメリカ政府は若手管理職の造反なども含めた対策を検討したことがある。 幸い、終戦を迎えた時点でフォード・モーターは倒産することなく存続した。 エドセルの未亡人はヘンリー・フォードの追放を画策し、息子 ()が社長に就任し、全権を掌握した。 反ユダヤ主義 [ ] 「」を参照 1918年、フォードの側近で秘書のアーネスト・G・リーボルドがフォードのために週刊紙 ()を購入した。 同紙は8年前の創刊で、1920年から1927年までリーボルドが編集長を務めた。 フォードはこの新聞の定期購読をアメリカ全土のフォード車販売店に義務づけ、ユダヤに関する記事を多数掲載した。 フォードの反ユダヤ主義には反発も強まり、ユダヤ系市民の間でフォード車の不買運動が発生した。 ()は「移民排斥的、反労働者的、反アルコール飲料的、的」と論評した。 フォードはディアボーン・インディペンデント紙に掲載された記事を集めて、1920年から1922年にかけて全四巻の『The International Jew(国際ユダヤ人)』 Dearborn Publishing Co. を刊行し、ドイツをはじめ16か国語で翻訳された。 Volume 1: The International Jew: The World's Foremost Problem 1920• Volume 2: Jewish Activities in the United States 1921• Volume 3: Jewish Influence in American Life 1921• Volume 4: Aspects of Jewish Power in the United States 1922 フォードがユダヤ人を敵視するようになったのは、末にフォードが各国に戦争を中止するために「平和巡航船」を巡航させた時であった。 この企画の中心人物はハンガリー出身のユダヤ人フェミニスト・のロージカ・シュヴィンメル で、ジャーナリストのハーマン・バーンスタインも同乗した。 しかし、6年後のにフォードは、船には「非常に尊大なユダヤ人」が2名 シュヴィンメルとバーンスタインのこと 乗っており、そのユダヤ人たちは、ユダヤ人が握っている金と権力、そして報道を支配している実態について語り、ユダヤ人だけが世界大戦を止めさせることができると述べたことに嫌気がさしたが、こうして戦争と革命の原因を見抜いたと述べた。 1920年代のアメリカでははユダヤ人が起こし、またアメリカが第一次世界大戦に参戦させられたのもユダヤ人だとするが隆盛していた。 ディアボーン・インディペンデント編集者には、の影響を受けた宗派ブリティッシュ・イズリアライツ に属するカナダの記者ウィリアム・キャメロンがいた。 キャメロンはユダヤ人はの一つにすぎず、イスラエルの民を代表するものではないし、ユダ族は聖書時代から常に不和の種を撒いてきたと論じた。 のフォード名義の記事で「ユダヤ人は2000年間平和な生活を送ることができなかったし、今日でも衝突で引っ掻き回す運命にあるが、(アングロサクソン人のこと)に「反セム主義」と告発できるとは誰も考えない」と述べるなど、アングロ・イスラエリズムの影響が見出される。 フォードは1920年5月22日付けの同新聞で「ファンがアメリカ野球についての問題を知りたいなら、それは3語で表せる。 "too much Jews"(ユダヤ人が多すぎる)だ」と発言した。 アメリカでの反ユダヤ主義の隆盛に対して12月、は冊子「議定書、ボルシェヴィズム、ユダヤ人」を発行し、反論した。 、ユダヤ教、カトリック、プロテスタント三宗派連合で少数民族とユダヤ人への迫害を断罪する共同声明を発表した。 この三宗派共同声明では、ユダヤ人のなかには革命運動で際立った役割を果たしていることは認めるし、ユダヤ人は他の民について言えるように、善人も悪人もいるが、スラム、炭鉱、家畜処理場でユダヤ人が憎しみを減ずるものでなかったことについてはアメリカ人は恥をもつことになるだろうと述べられた。 のら歴代大統領ほか著名人の共同声明は、フォードらの反ユダヤ主義は反アメリカ的で反キリスト教的であると非難した。 『アメリカ』誌はフォードに抗議するユダヤ人について、ユダヤ人の素早さは称賛すべきであると報道した。 1921年2月、 紙でフォードは「私が唯一言えることは、その内容が実際に起きてきた出来事と一致しているということだけである」と述べている。 その間、フォードは彼の70万部を発行する新聞を通して「極右的傾向と宗教的先入観を持った著名なスポークスマン」として活動しはじめた。 に「ディアボーン・インディペンデント」紙は、ロンドンとニューヨークに代理政府を置いている「オール・ジュダーン All Judaan 」はドイツへの復讐に成功したあと、イギリスを手中に収め、ロシアもユダヤ人に敗北してしまうだろうと述べて、寛容なアメリカはユダヤ人にとってなのだと述べた。 また、フォードはニューヨークのユダヤ人はロシア最後の皇帝に代わる人物を任命したとも述べた。 この記事に対してルイス・マーシャル弁護士は抗議したが、フォードはマーシャル弁護士の精神的均衡こそ疑わしいと反論した。 フォードのユダヤ人批判に対して、はここでフォードと揉めると大火事になってしまうと考え、抗議を断念した。 さらに同紙は『』の紹介を始め、1921年8月には『シオン賢者の議定書』のアメリカ版が出版され、経済界有力者や国会議員の手に入った。 同じころロンドンで誌でそれが偽書であるとの報道がなされた。 1921年末、フォードは、を誘発したのはユダヤ人であり、を暗殺したのもユダヤ人であると述べた。 作家はフォードを訪ねた後、フォードは慈善家であり発明者であり芸術家であるが、「このような人間がユダヤ人問題の存在に気づいたというのなら、それは現実にユダヤ人問題が存在するということの証拠である。 それは断じて反ユダヤ的な偏見のなせる業ではない」と評した。 「ディアボーン・インディペンデント」裁判 [ ] しかし、には「ディアボーン・インディペンデント」に掲載される反ユダヤ記事の間隔が開き始め、またサンフランシスコの弁護士でユダヤ系農場の協同組合を組織したアーロン・サピロ(Aaron Sapiro)からで訴えられた。 ADL はフォードは新聞記事でユダヤ人に対するや暴力を明確に非難している一方で 、集団暴力事件を起こしているとしてユダヤ人を非難している。 ADLは著名人を集め、フォードのメッセージに公然と反対し、デトロイトの新聞で反対意見を掲載し続けた。 実はフォードは新聞記事を書いたことはなく、単にフォードの名前を記事の署名として使うことを許していただけだったという。 実際、彼がほとんど何も書いていないという証拠も法廷に提出された。 友人や仕事の関係者はディアボーン・インディペンデント紙の内容についてフォードに忠告したが、フォードは見出しを読んだだけで中身を読んでいなかったという証言もある。 フォードの名で記事を書いた編集者ウィリアム・キャメロンは裁判で、フォードは論説と無関係であり、フォードと内容について議論したこともないし、内容を承認してもらうためにフォードのところに出向いたこともないと証言した。 しかし、裁判ではフォードがインディペンデント紙の内容を出版前に知っていたとする証拠も提出された。 ディアボーン・インディペンデント紙の元従業員 James M. Miller がフォードからサピロのことを暴き立ててやるつもりだと聞かされたと宣誓証言したことで、この不合理な証言の信憑性は徐々に蝕まれていった。 また、キャメロンがフォードの指示なしで出版し続けたというのは関係者には想像できないことだった。 ユダヤ人とキリスト教自由主義者らによるフォード車不買運動もインパクトがあり、フォード車の販売が急落した。 客にインディペンデント紙を渡していた販売店は、廃刊になる前には配られた同紙を買い占めて廃棄せざるを得なくなっていた。 フォードは1927年夏に同紙を廃刊し、ADLの にそれまでの見解を取り消し謝罪する旨の公開書簡を送り 、これまで反ユダヤ主義出版物を廃棄した。 フォードの謝罪は歓迎された。 1927年7月にフォードが受け取った数百通の手紙のうち、5分の4はユダヤ人からで、彼らはほぼ例外なくフォードを賞賛していた。 『国際ユダヤ人』については著作権が複雑化していたが、フォードが訴訟を起こし、1942年に出版停止となった。 他方、フォード・モーターは黒人を積極的に雇用し、また女性や身体障害者もいち早く雇用している。 ユダヤ人労働者や供給業者から告発されたことはなかった。 また、フォードと親しかった有名なユダヤ人としてデトロイトの裁判官ハリー・ケイダンがいる。 ビジネス上はユダヤ人の優秀さも買っており、フォードの工場はのに設計させている。 なお、フォード以後も、飛行家やカトリック司祭は1930年代に反ユダヤ主義発言を主張した。 フォードは、、ヒトラーと同じくであり、強い酒、コーヒー、紅茶、タバコをとしたが、こうした「異物拒否」の強迫がユダヤ人に差し向けられたとポリアコフは見ている。 ナチス・ドイツおよびフォルクスワーゲンとの関わり [ ] テオドル・フリッチュ(Theodor Fritsch) フォードの『国際ユダヤ人』はドイツおよび(通称)に大きな影響を与えた。 、フォードの『国際ユダヤ人』ドイツ語版が反ユダヤ主義の活動家で出版者のテオドル・フリッチュ(Theodor Fritsch)によって刊行された。 ドイツ語版では注釈がおびただしくあり、フォードが「ユダヤ人には悪玉も善玉もいる」と書いた箇所については「これは恐るべき幻想であり、全ユダヤ人が一体となって人類を蔑んでいるのである」とフォードを批判した注釈もあった。 ベルリナー・ターゲブラット紙や紙は1922年12月に、フォードはを財政支援していると報道した。 1923年頃、フォードが大統領選挙に立候補するという噂が流れ、「」紙はヒトラーの取材を行い、彼のコメントを掲載した。 「私はすぐにでも員を率いて彼の選挙運動を支援したいと思う。 (中略)彼、ハインリヒ(ヘンリーのドイツ式)・フォードこそは米国におけるファシズム運動育成の指導者である」。 この報道は、再びユダヤ系グループの反発を招き、大きな非難を受けた。 1923年には、は自宅の居間にフォードの写真を掲げ、来訪者に『国際ユダヤ人』をプレゼントしたという。 ヒトラーの著書『』で唯一言及されているアメリカ人がフォードだった。 ヒトラーは「フォードは(ユダヤ人たちの)憤激に対抗し、1億2000万人の国家の支配者たちから完全な独立を維持している偉大な男」と記している。 また、『国際ユダヤ人』からの引用と思われる部分も存在する。 1931年、 紙の記者への談話として、ヒトラーはフォードの「インスピレーション」を評価すると述べ、机の横にフォードの等身大の肖像を置いていると述べた。 ヒトラーはフォードを尊敬しており、「彼の理論をドイツで実践するためベストを尽くしたい」と述べ、T型フォードをモデルとしてを作らせた。 1924年、は書簡でフォードを「我々の最も貴重で重要で機知に富んだ闘争者」と評している。 1924年2月1日、作曲家の息子とその妻の紹介でヒトラーの代理人 ()がフォードの家を訪問し、ナチ党への援助を依頼したが、フォードは断わったとされる。 1927年にそれまでの反ユダヤ発言を撤回し謝罪したフォードはドイツ語版『国際ユダヤ人』の回収を出版者フリッチュに依頼したが、フリッチュは損害賠償を要求したため、回収を断念した。 後にナチスの機関誌『』はフォードが謝罪したことについて、ユダヤ人銀行家が英雄的な老兵をねじ伏せたと評した。 1月、 Detroit Jewish Chronicle 紙に「『国際ユダヤ人』として知られる本のドイツでの出版とは全く無関係」とのフォードの言が掲載された。 ナチス・ドイツからフォードに贈られた 第二次世界大戦勃発前の1938年7月、にてドイツ領事がフォードの75歳の誕生日にを贈った。 ナチス・ドイツが外国人に与える最高位の勲章である。 当時、すでにドイツによるユダヤ人迫害の情報はアメリカにも伝わっていたが、フォードは「勲章を捨てるつもりも返すつもりもない」と言明した。 の海外担当副社長 James D. Mooney にも同様の勲章が贈られた。 で、の軍政長官として65,000人のユダヤ人をポーランドに追放したのリーダーは次のように証言した。 私や同僚が読んで影響を受けた反ユダヤ主義の本は…ヘンリー・フォードの『国際ユダヤ人』だった。 私はそれを読み、反ユダヤ主義者になった。 私や友人たちにとってヘンリー・フォードは成功の象徴であり進歩的社会政策の代表だったので、その本に大きな影響を受けた。 他方、中のフォードの側近は、フォードが80歳のころの映画を鑑賞し、その中の残虐行為に恐れおののいていたと述べている。 フォードのナチス財政支援についてポリアコフは考えられない事態であり、ヒトラー、、などのナチス党員がフォードの著作を好んだとしても、それは一方通行の好感であったとしている。 しかし、、ヒトラーの代理人リューデッケをフォードに紹介したヴィニフレートは、1924年の面会の数年後にフォードはヒトラーへの資金提供を手伝ったと証言した。 ただし、フォード・モーターはナチスへの寄与を否定しており、証拠書類も見つかっていない。 国際的事業展開 [ ] フォードの経営哲学は、アメリカ合衆国の経済的自立を目指したものだった。 フォード・モーターのリバールージュ工場は、鉄鋼から生産するを実現した世界最大の工場となった。 フォードは海外との貿易に依存することなく一から自動車を生産することだった。 彼は国際貿易と国際協力が世界平和をもたらすと信じ、そのモデルとしてT型フォードの生産ラインを作り上げた。 1911年、イギリスとカナダに組み立て工場を建設し、間もなく両国でも最大の自動車メーカーとなった。 1912年、のと共同でイタリアに組立工場を建設。 1920年代にはの勧めもあってドイツにも進出した。 1920年代にはオーストラリア、インド、フランスにも工場を建設し、1929年には世界中に販売店網ができている。 また、1920年代にフォードは、のにて、フォードランディア Fordlandia と呼ばれるゴム・プランテーションを展開すべく、広大な土地を買い付けた。 これは、フォード社の車にゴムタイヤを安定供給するために、ゴム園のほか、その工場や、労働者・家族のためのアメリカ風の街を、アマゾンの奥地に設けたものであった。 しかし、現地従業員にアメリカ風の食事が受け入れられず暴動が発生したり、素人による植生を全く無視したの植付けなどにより 南米葉枯病 というゴムの木を枯らす重大な病気が蔓延して失敗し、パラ州内でプランテーションを移転させるも、移転先でも同じ病気のために失敗した。 結局1945年に、フォード社はブラジルでの土地をブラジル政府に売却し、ゴム栽培から撤退した。 ブラジルでは、この病気のために現在もゴムの供給を天然のパラゴムノキに依存している。 さらに1929年には、から、ゴーリキー(現在の)に工場を建設しないかと持ちかけられた。 アメリカから技術者らを派遣して立ち上げを支援し 、その中には後の組合のリーダー ()もいた。 フォード・モーターはアメリカが外交関係を持つどんな国でも事業を行う方針だった。 自動車販売(と時には現地での組み立て)を行う支社を各国に創設している。 ドイツでのヘンリー・フォード(1930年9月) 1932年、フォード・モーターは全世界の自動車生産の3分の1を占めていた。 ヨーロッパ、特にドイツでは「ある者は恐れ、ある者は心酔し、全ての人々を魅惑する」と評された。 ドイツではがアメリカの基本的理念を代表しているように受け取られた。 フォードが示した生産規模・生産速度・標準・哲学はドイツ人にとってアメリカ文化の代表例だった。 フォーディズムは信奉者からも批判者からもアメリカ資本主義発展の典型とされ、自動車産業がアメリカの経済や社会を理解する鍵とされた。 あるドイツ人は「自動車はアメリカ人の生活を根底から変えており、今では自動車のない生活は想像できない。 フォード氏が救世主義を説きはじめる以前、どんな生活だったのかを思い出すことさえ難しい」と記している。 多くのドイツ人にとってフォードは成功したアメリカ主義の本質を具現した者だった。 My Life and Work でフォードは、貪欲さや人種差別や近視眼的行為が排除されれば、経済と技術の発展によって植民地主義やに基づく貿易がなくなる日が訪れ、全人類が真の恩恵を受けるようになると予測している。 この考え方は漠然としているが、理想主義的である。 レース [ ] Ford 999 とフォード(右)とバーニー・オールドフィールド(1902年) 1901年から1913年までフォードは自動車レースへの関心を持ち続け、レースカーを製作しドライバーとして参戦していたが、後には専門のドライバーに運転させた。 1909年、アメリカ横断レースにを改造した車で参戦し1位でゴールした(後に失格とされた)。 1911年には Frank Kulick の運転で1マイル 1. 6km のスピード記録を更新。 1913年、改造したT型フォードでに参戦しようとしたが、車体重量が1,000ポンド 450kg 足りず断念した。 スポーツとしてのルールの不備を指摘し、その後レースに参加することはなかった。 My Life and Work でフォードは、レースについて否定的な論調で書いている。 彼が1890年代から1910年代にかけてレースに参戦したのは、単に自動車の価値を証明するためだったとしている。 しかしフォードはその考え方を改めた。 そしてその後もレースに参戦していたら、フォード・モーターの自動車が勝っていただろうとしている。 同著でフォードは、交通、生産効率、値ごろ感、信頼性、燃費、経済発展、オートメーションなどの理想を語っているが、単にある地点からある地点へ素早く移動するという考え方にはほとんど言及していない。 それにも関わらず、フォードはレースに参戦していた時代に自動車レースに大きな影響を与え、1996年にアメリカのモータースポーツ殿堂 入りを果たしている。 発明家 [ ] フォードはでもあり、アメリカで161の特許を取得している。 フォードはおよびに関心を持っていた。 の採用に熱心で、金属材料の研究開発にも熱心だった。 また、にも関心があり、特にからを製造することに熱心だった。 そのためにとも親交を結んだ。 ダイズから生産したプラスチックは1930年代のフォード車で使われた。 最終的に1942年、 というほぼ全体をプラスチックで作った自動車の特許を取得。 さらに、ガソリンではなくアルコール()を燃料としていた。 しかし、その設計が広く受け入れられることはなかった。 当時まだ実験段階だった や にも関心を持ち、木綿の潜在的用途にも関心を持っていた。 "Kingsford" の商標名で販売されたの開発にも貢献している。 義理の兄弟E・G・キングスフォードがフォードの工場から出た木材の廃棄物から成形木炭を作ったのである。 とは友人であり、またヘンリーが技術者としてスタートしたのがエジソンの経営する研究所だったため、エジソンは上司的存在でもあった。 16年も年は違ったが、ヘンリーが独立し、フォード・モータースを立ち上げた後もエジソンとは生涯に渡り親交を続け、エジソンが実用的なアルカリ乾電池を作るとすぐさまT型に採用、エジソンの研究所が火事で焼けた際には無利子で資金援助を行った。 1929年には白熱電灯発明50周年の記念祭をヘンリーが主催し、電球発明時のメンローパークの研究所を建物からすべて再現した。 82歳のエジソンはそれに驚き、感動しながら電球発明を再演したという。 ヘンリー自身は後にエジソンを「発明家としては優秀だったが、経営者としては最悪だった」と評価している。 晩年 [ ] 1943年5月、フォード・モーター社長を務めていた息子エドセルが癌で亡くなった。 年老いて病気がちだったヘンリー・フォードは社長に復帰。 そのころフォードは心臓の血管に問題を抱えており、精神的にも一貫性がなく、疑い深くなっており、そのような職務には不適当な状態だった。 管理職の多くは彼を社長に迎えることを歓迎しなかった。 しかしそれまでの20年間、公的には何の役職にも就いていなかったにも関わらず、彼は同社を事実上経営していた。 取締役会や経営陣がフォードに反抗したことはなく、社長に復帰した時点でもそれは変わらなかった。 取締役会はフォードを社長に選び 、終戦まで社長を務めた。 その間に同社は衰退しはじめ、1カ月で1000万ドル以上の損失を出した。 大統領の政権は軍需生産を維持するために同社を国有化することも検討したが 、実際には行われなかった。 フォードの墓 1945年9月、健康状態の悪化を理由にフォードは孫の ()に社長の座を譲り引退した。 ヘンリー・フォード2世は、1947年に保守派を一掃するためベネットを解雇している。 1947年、83歳でディアボーンにてで死去。 グリーンフィールド・ビレッジで行われた通夜には1時間に5,000人の弔問客が訪れた。 葬儀はデトロイトの教会 で執り行われ、デトロイトの墓地に埋葬された。 栄誉 [ ]• フォードは1967年、エジソンは1969年に、それぞれ入りをしている。 1965年から1978年にが発行した著名なアメリカ人を題材にしたのシリーズで、フォードも切手になっている。 1928年、 ()の ()を受賞• 1938年、政府から「」を受章 逸話 [ ]• 「奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする事業は衰える」• 「ほかの要因はさておき、我々の売上は、ある程度賃金に依存しているのだ。 より高い賃金を出せば、その金はどこかで使われ、ほかの分野の商店主や卸売り業者や製造業者、それに労働者の繁栄につながり、 それがまた我々の売上に反映される。 全国規模の高賃金は全国規模の繁栄をもたらす」• 会員だった。 フォードの牧師サミュエル S. マルキスによれば、フォードはを信じていた。 1914年、タバコの危険性が多くの研究者や著名人によって証明されたとする本 "The Case Against the Little White Slaver" を若者向けに出版した。 リッチモンド・ヒルに別荘を持っていた。 その地元への貢献として礼拝堂や学校を建設し、多くの地元民を雇用した。 フォードはアメリカ文化に関心を持っていた。 1920年代、マサチューセッツ州サドベリーを歴史テーマパークにする事業を開始。 マサチューセッツ州スターリングにあった童謡「」に縁のある学校の校舎を移築し、歴史ある を買い取った。 この計画は完成しなかった。 同様の試みとしてフォードは、にを含むグリーンフィールド・ビレッジを作り、歴史的建築物の収集を行った。 博物館には主に実用的なテクノロジーに関するものを収集している。 1929年、Edison Institute として開館し、展示は変更されているが今も運営されている。 関連作品 [ ] 最初に製作した自動車に乗ったヘンリー・フォード夫妻• ドキュメンタリー映画 2010年)原作は受賞作家• の『』 1932 にて、社会はフォード主義となっており、西暦に代わって「フォード紀元」AFが採用されている。 の 1937 は、フォードを題材にしたフィクションである。 作曲家は、ヘンリー・フォードを称えるを1938年に作曲している。 歴史小説にもしばしば登場しており、の『ラグタイム』 1975 、の『舞踏会へ向かう三人の農夫』 1985 などがある。 1986年に出版された伝記 Ford: The Men and the Machine は1987年に映画化されており、やが出演している。 の 2005 は、が大統領になりフォードがになる設定である。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 、アメリカ・ユダヤ会議(American Jewish Congress)、、アメリカ・ラビ中央協議会(Central Conference of American Rabbis)と連名、American Jewish Committee,The "Protocols," Bolshevism and the Jews:An Address to Their Fellow-Citizens by American Jewish Organizations, December 1, 1920. 12月4日にはプロテスタントは兄弟であるユダヤ人への攻撃を遺憾に思い、ユダヤ人の市民精神を信頼すると表明した。 出典 [ ]• 2008年10月24日, at the. ; Edward A. Guest "Henry Ford Talks About His Mother," American Magazine, July, 1923, 11—15, 116—120. , p. Evans, Harold "They Made America" Little, Brown and Company. New York• Associated Press. 1950年9月29日. "Friday, Sept. 29 Associated Press Mrs. Clara Bryant Ford, 84 year-old widow of Henry Ford, died at 2 A. today in Henry Ford Hospital. A family spokesman said her death was the result of an acute coronary occlusion. Motor Company President, the Only Son of Its Founder, Had Long Been Ill. Associated Press. 1943年5月26日. "Edsel Ford, 49-year-old president of the Ford Motor Company, died this morning at his home at Grosse Pointe Shores following an illness of six weeks. 2010年6月15日, at the. Bryan, 2012年8月29日, at the. , Henry Ford Heritage Association, retrieved August 20, 2012. , pp. 54—63• , pp. 387—415• , pp. 41—59• , pp. 243—248• , pp. 409-436• , p. 223• , pp. 459-478• , pp. 508-40• から計算すると2008年時点の111. 10ドルに相当する。 , p. , pp. 528-541• , pp. 178—194• , p. 126• Samuel Crowther , World's Work, October 1926 pp. 613—616• , pp. 193—194• , pp. 126-130• , pp. 69—70• , p. 130• , pp. 253-266• Harris, J: Henry Ford, pages 91—92. Moffa Press, 1984. , p. 311• , p. 261• , pp. 266—272. Henry Ford, Biography March 25, 1999. , pp. 225—249• , pp. 55—85• Banham, Russ. 2002 The Ford Century. Tehabi Books. , p. , p. 505• , p. 508• Nolan, Jenny. 2012年12月4日, at The Detroit News, 28 January 1997. Retrieved: 7 August 2010. , p. 503• , pp. 522-525• 324—333• Yates, p. , pp. 522-527• 321-335. Rosika Schwimmer• ニューヨーク・タイムズ1921年12月5日• British Israelites• 332-333. Henry Ford,Will Jewish Zionism Bring Armageddon? ,The Dearborn Independent,29 May 1921. 、『ユダヤのシオニズムはをもたらすか』• 538 101. Zeitlin, Alan 2010年11月15日. The New York Blueprint. 2010年12月12日閲覧。 Horn, Jordana 2010年11月10日. 2010年12月13日閲覧。 Stephen A. Reiss 1988. 2010年12月13日閲覧。 Lawrence Baldassaro, Dick Johnson 2002. SIU Press. 2010年12月13日閲覧。 Michael Alexander 2003. 2010年12月13日閲覧。 Jonathan D. Sarna 2005. Yale University Press. 2010年12月13日閲覧。 The Death of American Antisemitism. , p. America,7 May 1921,Jews,Flivers and Catholics. Glock, Charles Y. and Quinley, Harold E. 1983. Anti-Semitism in America. Transaction Publishers. , p. 168. 『国際ユダヤ人』第4巻、80章• Ford, Henry 2003. The International Jew: The World's Foremost Problem. Kessinger Publishing. , p. , pp. x, 376—387; , pp. 135—159• , pp. 140—156; , pp. 220—221• , p. フォード家の親友スタンリー・ラディマン夫人は「キャメロン氏がフォード氏の承認なしで何か書いて出版したということはなかったと思う」と述べた。 Barkun, Michael 1996. Religion and the Racist Right: The Origins of the Christian Identity Movement. UNC Press. , p. 146—154• Segal, Recasting the Machine Age: Henry Ford's Village Industries 2008 p 46• Berliner Tageblatt,1922年12月10日。 1922年12月20日。 Mein Kampf, p. 639• , p. 181• Washington Post: pp. A01. 1998年11月30日. 2008年3月5日閲覧。 Steven Watts による。 , p. Pfal-Traughber, Armin 1993. , pp. 50-54• Farber, David R. 2002. Sloan Rules: Alfred P. Sloan and the Triumph of General Motors. University of Chicago Press, , p. 228. Baldur von Schirach before the International Military Tribunal at Nuremburg. May 23, 1946• Lacey, Robert 1987. Ford: Des Hommes et des Machines, Libre Expression editor, , p. 140. Berliner Tageblatt,1922年12月10日。 1922年12月20日。 , pp. 185—189• , pp. 185—189• , pp. 236—240• , pp. 193—216• , pp. 673-683• , p. , p. , pp. 242-244• , p. , pp. 18, 65-77• 281• , pp. 275-276• , pp. 100,266,271—272,310—314• , pp. 325—326• He had Retired in 1945. Henry Ford Is Dead. Founder of Vast Automotive Empire and Leader in Mass Production. Associated Press. April 8, 1947, Tuesday. "Henry Ford, noted automotive pioneer, died at 11:40 tonight at the age of 83. He had retired a little more than a year and a half ago from active direction of the great industrial empire he founded in 1903. Don Lochbeiler 1997年7月22日. The Detroit News Michigan History detnews. com. の2012年7月15日時点におけるアーカイブ。 2010年10月29日閲覧。 フリーメイソン出版の著名会員の短い伝記集には、ヘンリー・フォードの名もある。 , p. Marquis, Samuel S. Henry Ford: An Interpretation. Wayne State University Press. 参考文献 [ ] 本人および関係者の回想録• Ford, Henry; Crowther, Samuel 1922 , , Garden City, New York, USA: Garden City Publishing Company, Inc ,. Various republications, including. Original is public domain in U. Ford, Henry; Crowther, Samuel 1926. Today and Tomorrow. Co-edition, 1926, London, William Heinemann. Various republications, including. Ford, Henry; Crowther, Samuel 1930. Moving Forward. Co-edition, 1931, London, William Heinemann. Ford, Henry; Crowther, Samuel 1930. Edison as I Know Him. New York: Cosmopolitan Book Corporation. Apparent co-edition, 1930, as My Friend Mr. Edison , London, Ernest Benn. Republished as Edison as I Knew Him by American Thought and Action, San Diego, 1966, OCLC 3456201. Republished as Edison as I Know Him by Kessinger Publishing, LLC, 2007,. Bennett, Harry; with Marcus, Paul 1951. We Never Called Him Henry. New York: Fawcett Publications. Sorensen, Charles E. ; with Williamson, Samuel T. 1956 , My Forty Years with Ford, New York, New York, USA: Norton,. Various republications, including. 伝記 [ ]• Bak, Richard 2003 , Henry and Edsel: The Creation of the Ford Empire, Wiley,• Brinkley, Douglas G. Wheels for the World: Henry Ford, His Company, and a Century of Progress 2003• Halberstam, David. "Citizen Ford" American Heritage 1986 37 6 : 49—64. interpretive essay• Jardim, Anne. The First Henry Ford: A Study in Personality and Business Leadership Massachusetts Inst. of Technology Press 1970. Lacey, Robert. Ford: The Men and the Machine Little, Brown, 1986. popular biography• Lewis, David I. 1976. The Public Image of Henry Ford: An American Folk Hero and His Company. Wayne State University Press. Nevins, Allan; Hill 1954. Ford: The Times, The Man, The Company. New York: Charles Scribners' Sons• Nevins, Allan; Hill, Frank Ernest 1957. Ford: Expansion and Challenge, 1915—1933. New York: Charles Scribners' Sons• Nevins, Allan; Frank Ernest Hill 1962. Ford: Decline and Rebirth, 1933—1962. New York: Charles Scribners' Sons• Nye, David E. Henry Ford: "Ignorant Idealist. " Kennikat, 1979. Watts, Steven 2006 , , Random House , 専門的研究 [ ]• レオン・ポリアコフ『反ユダヤ主義の歴史 第4巻 自殺に向かうヨーロッパ』菅野賢治・合田正人監訳、小幡谷友二・高橋博美・宮崎海子訳、筑摩書房、2006年7月。 [原著1977年]• Batchelor, Ray. Henry Ford: Mass Production, Modernism and Design Manchester U. Press, 1994. Bonin, Huber et al. Ford, 1902—2003: The European History 2 vol Paris 2003. "Fording the Atlantic: Ford and Fordism in Europe" in Business History Volume 47, Jan 1, 2005 pp 122—127• Brinkley, Douglas. "Prime Mover". American Heritage 2003 54 3 : 44—53. on Model T• Bryan, Ford R. Henry's Lieutenants, 1993;• Bryan, Ford R. Beyond the Model T: The Other Ventures of Henry Ford Wayne State Press 1990. Dempsey, Mary A. "Fordlandia," Michigan History 1994 78 4 : 24—33. Ford's rubber plantation in Brazil• Denslow, William R. 2004 [1957]. 10,000 Famous Freemasons. Part. One, Volume 1, from A to J Paperback republication ed. Kessinger Publishing. Foreword by Harry S. Truman. Grandin, Greg. Fordlandia: The Rise and Fall of Henry Ford's Forgotten Jungle City. London, Icon, 2010. Hounshell, David A. 1984 , From the American System to Mass Production, 1800-1932: The Development of Manufacturing Technology in the United States, Baltimore, Maryland: Johns Hopkins University Press, ,• Jacobson, D. "The Political Economy of Industrial Location: the Ford Motor Company at Cork 1912—26. " Irish Economic and Social History 1977 4: 36—55. Ford and Irish politics• Kraft, Barbara S. The Peace Ship: Henry Ford's Pacifist Adventure in the First World War Macmillan, 1978• Levinson, William A. Henry Ford's Lean Vision: Enduring Principles from the First Ford Motor Plant, 2002;• Lewis, David L. "Ford and Kahn" Michigan History 1980 64 5 : 17—28. Ford commissioned architect Albert Kahn to design factories• Lewis, David L. "Henry Ford and His Magic Beanstalk". Michigan History 1995 79 3 : 10—17. Ford's interest in soybeans and plastics• Lewis, David L. 24—30 Why Ford hired large numbers of black workers• McIntyre, Stephen L. "The Failure of Fordism: Reform of the Automobile Repair Industry, 1913—1940: Technology and Culture 2000 41 2 : 269—299. repair shops rejected flat rates• Meyer, Stephen. The Five Dollar Day: Labor Management and Social Control in the Ford Motor Company, 1908—1921 1981• Nolan, Mary 1994 , Visions of Modernity: American Business and the Modernization of Germany• Daniel M. Raff and Lawrence H. Summers October 1987. Journal of Labor Economics 5 4 : S57—S86. Pietrykowski, Bruce. 1995. Economic Geography 71 4 : 383—401. Roediger, David, ed "Americanism and Fordism—American Style: Kate Richards O'hare's 'Has Henry Ford Made Good? '" Labor History 1988 29 2 : 241—252. Socialist praise for Ford in 1916• Segal, Howard P. "'Little Plants in the Country': Henry Ford's Village Industries and the Beginning of Decentralized Technology in Modern America" Prospects 1988 13: 181—223. Ford created 19 rural workplaces as pastoral retreats• Tedlow, Richard S. "The Struggle for Dominance in the Automobile Market: the Early Years of Ford and General Motors" Business and Economic History 1988 17: 49—62. Ford stressed low price based on efficient factories but GM did better in oligopolistic competition by including investment in manufacturing, marketing, and management. Thomas, Robert Paul. "The Automobile Industry and its Tycoon" Explorations in Entrepreneurial History 1969 6 2 : 139—157. argues Ford did NOT have much influence on US industry,• Ford brought hundreds of Mexicans in for training as managers• Wilkins, Mira; Hill, Frank Ernest 1964 , American Business Abroad: Ford on Six Continents, Wayne State University Press• 6, No. 4, 517—555 1992 , stress on Ford's flexibility and commitment to continuous improvements 関連文献 [ ]• Baldwin, Neil 2001 , Henry Ford and the Jews: The Mass Production of Hate, PublicAffairs,• Foust, James C. 1997. American Journalism 14 3—4 : 411—424. Higham, Charles, Trading With The Enemy The Nazi—American Money Plot 1933—1949 ; Delacorte Press 1983• Kandel, Alan D. "Ford and Israel" Michigan Jewish History 1999 39: 13—17. covers business and philanthropy• , 1980;• Lewis, David L. 1984. Michigan Jewish History 24 1 : 3—10. Reich, Simon 1999 "The Ford Motor Company and the Third Reich" Dimensions, 13 2 :15—17• Ribuffo, Leo P. 1980. American Jewish History 69 4 : 437—477. Sapiro, Aaron L. 1982. Western States Jewish Historical Quarterly 15 1 : 79—84. Silverstein, K. 2000. The Nation 270 3 : 11—16. Wallace, Max 2003 , The American Axis: Henry Ford, Charles Lindbergh and the Rise of the Third Reich, New York: St. Woeste, Victoria Saker. 2004. Journal of American History 91 3 : 877—905. 関連項目 [ ]• (生涯の親友であった) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 by Jonathan R. Logsdon, Hanover Historical Review 1999• "Henry Ford and The Jews" by Neil Baldwin•

次の

ヘンリー・フォード

フォード

フォードはの工程、および工業における大規模マネジメント()を取り入れたことでの産業史・経営史に特筆される。 特に、組み立て工程にを導入しを実現したことは有名である。 大量の自動車を早く生産できる高効率の工場設備、士気を高める高給料の工員、一台当たりの生産の革新的な低減を組み合わせたフォード生産方式は「」の名で世界的に知られるようになった。 フォードの型のトレードマークはに導入された。 に生産開始されたT型の後継車「A型」がオーバル型のバッジの中にフォードという書き文字を入れた最初の車種である。 「フォード」という文字はフォード社最初の主任技師C・ハロルド・ウィリスの書いたものとされる。 彼はに自分の名刺に書いたフォードという文字をもとに、この書き文字を導入した。 フォード・モーターは『』と名付けた車から製造販売をおこない1908年のS型に至った。 S型に続きから製造販売された『 』は時代の自動車製造スタイルおよびそれに付随する全米規模でのアフターサービス体制を形作った最初の車となり、現代の自動車産業の原点としての意味で名車といわれている。 フォード開業当時のモデルはデトロイト市内のマック・アベニューにある貸工場で生産され、部品を自動車へ組み上げる作業を1台当たり2・3人の工員が数日かけて行っていたが、フォードではそれまでばらつきのあった部品をマイクロゲージを基準としたによって均質化し、を確保することに成功していた。 フォード・モデルTは初めての自社工場であるを利用し、フル生産開始のには1年間で1万8千台もの台数を生産した。 廉価なT型への需要が急増すると、フォードはさらに大型のハイを建設し、の稼働時には年7万台の生産を可能とした。 フォード社はシステムや大量生産に必要な技術・管理方式を開発し、には世界初の式組み立てラインを導入した。 部品の簡素化・内製化、流れ作業による工員の間での化により、たとえば車体1台の組み立て時間は12時間半からわずか2時間40分に短縮され、年生産台数は25万台を超え、までに100万台を突破した。 しかし生産技術革新は、工員にとっては、同じ動作だけの単調な労働を長時間強いられる極めて過酷なもので、人員の異動やも多く、未熟練工員の雇用や訓練コスト高に結びついた。 ただでさえアメリカのが不足する中、フォードは労働力確保を迫られ、には1日当たりのを2倍の5ドル(2006年の価値では103ドルに相当する)へと引き上げ、を1日9時間から・週5日労働へと短縮する宣言を発し、結果応募者が退職者を上回り続けることになった。 合衆国政府がや週40時間労働の基準を決める以前にこれを達成したことになる。 一方でヘンリー・フォードはの結成には反対し続けた。 労働力不足と賃金上昇で1台当たりのは上がったが、フォードは販売価格に転嫁せず、生産コストを矢継ぎ早に削減することでコスト上昇分を吸収した。 またフォードのに忠実な販売店システムを導入した。 ヘンリー・フォードは、従業員が自社の車を買えるように賃金を引き上げたが、こうした厚遇は当時のの金融機関などから批判を浴びている。 しかしフォードは成功を収め、末にはアメリカの自動車生産の半分を担い、には全米の自動車の半分がフォード・モデルTとなった。 T型以前のモデルでは黒以外の多様なバラエティがあったが、T型はペンキの乾きが早く済むという理由で黒1色しかなかった。 にはヘンリー・フォードはの休戦を模索するために平和使節としてヨーロッパへ渡っている。 これは彼への人気を高めたが、一方でフォード・モデルTはのとなって戦争を支えた。 フォードの転機 [ ] フォード社はフォード・モデルTだけを製造し続けまで20年近くを一モデルの改良との改良、に費やす。 当時金持ちのおもちゃといわれたをによって大幅に値下げし、車は的なとなった。 この成功によって150社程もあった米国自動車会社の中からフォード社は市場の5割を占める大会社となった。 にヘンリーの息子が社長を引き継いだが、社の実権は創業者ヘンリーが握り続けた。 社の経営はヘンリーの個人経営同然であった。 彼は安価に大量にT型を供給し続けることしか念頭にない節もあり、より上級の車を求める顧客の需要を無視し、生産性のさらなる向上でT型の価格を下げ続けた。 この隙をついてとがを伸ばし、アメリカ内外の競合企業がT型より新鮮なと優れたの自動車で顧客の需要を奪った。 もともと多様な自動車会社が合併して生まれたGMは、から超までのあらゆる価格帯の自動車を販売しており、さらに矢継ぎ早ので常に最新型を供給して以前のモデルを時代遅れのものとし、T型しか買えない層よりも裕福な層をつかんだ。 またGMほか競合企業はによるにより、所得の低い層でもで高い自動車を買える仕組みを築いた。 フォードA型(1928年) 社長のエドセルは早くからT型のを考えており、それは社内や販売店の意向も同様だった。 しかし、ヘンリー・フォードはこれを一顧だにせず、オートローンについても、顧客が借金を抱える販売手法は長い目で見て消費者と国家経済を疲弊・荒廃させるとして強く抵抗した。 これら固執は後に失政ともいわれた。 しかしT型の性能・デザイン面でのは明らかだった。 12月にはついに、1500万台を販売したT型の生産を中止し、心機一転、モデル名を振り出しに戻し再びA型と名乗る車を導入した。 一方、にはを買収し、フォードは高級車市場へ参入している。 またには大衆車フォードと高級車リンカーンの中間にあたるブランドを立ち上げ、ようやくへも参入した。 後半からにかけての時には、フォード社の高い月給は労働者を多数集めたものの、工場の労働と規則は厳しいものだった。 また大恐慌における自動車需要の収縮でフォードの他社との競争は激化した。 なおこの頃製造にも乗り出し、「トライモーター」などのを世に送り出した。 海外進出 [ ] フォード・モデル68(1936年) GMとの競争は、早くから海外への進出も目を向けることにも繋がった。 が、がと古くからが行われ、1967年に 以下、欧州フォード が設立されそれ以降はモデルの一元化が推進され、からを通して完全に一元化された。 欧州フォード車はフォード車であってもそのものであり、マッスルな北米部門に対し、質実剛健な欧州部門という方向性となっていた。 また進出も早くから行われ、2月には、世界の1つであり、自動車市場の成長が期待されていたの緑町に、日本の「日本フォード」が組み立て工場(日本フォード子安工場)を置いた。 アメリカで生産されていたモデルを主に生産、販売し、当時の主なターゲットはタクシーなどの営業車市場であったが、その後富裕層を中心とした自家用車市場にも食い込んでいった。 その後GMもこれにつづき日本進出し、この1925年から頃の時期に、フォードとGM、、そして国産のやオオタが一般オーナーに広く普及したことにより、自動車販売網や、オーナーズクラブなどの日本の自家用車の基礎がつくられている。 にはのにを開設し、1970年代以降独自モデルの生産を続けている。 にはの共同事業としてにNNAZ(ニジニ・ノヴゴロド自動車工場、現在の)を開設した。 第二次世界大戦 [ ] フォードのウィローラン工場で大量生産されるB-24爆撃機 はデトロイトを「民主主義の兵器廠」と呼んだ。 フォード・モーターもこれに深く貢献しており、第一次世界大戦およびでは重要な役割を果たした。 ヘンリー・フォードは「戦争は時間の無駄」と言ったと伝えられ、戦争から利益を上げることを嫌悪した。 しかしフォードは多くの自動車を軍に納めたほか、の政権下のにおけるフォード工場のに協力しドイツから勲章を得た。 一方でフォードは第二次世界大戦勃発後の生産増強に際し天才的な才能を発揮し、・生産の効率を飛躍的に高めた。 の製造のために1941年4月に近郊で着工したウィローラン工場は面積33万平方メートルで、当時世界最大のを持つ工場であった。 B-24製造にあたって、飛行機会社では1日1機の製造が精いっぱいだったが、ウィローラン工場では24時間体制で1時間1機のB-24を生産した。 ウィローラン工場建設のストレスで社長エドセル・フォードは春に胃がんで死去し、再び父ヘンリー・フォード1世が経営者となった。 ウィローラン工場は1943年8月生産開始し、大量の爆撃機を送り出した。 またフォードは他社とともにや()の生産にもあたっている。 なお、中は多くの男性労働力が戦場へと駆り出された他、新型車の開発、発売がストップしたのみならず、鉄やガソリンの調達さえ困難になり、アメリカ国内でガソリンの販売規制が行われたことから乗用車の販売が激減した。 第二次世界大戦後 [ ] エドセル(1958年) ヘンリー・フォードは最年長の孫であるをフォードの社長に据え、世を去った。 ヘンリー二世はからまで社長を務め、1960年からまで会長・CEOを務めた。 に、を経てで統計学を用いてを立案・分析したがフォードに入社し、経営計画および財務分析を担当する重役となる。 マクナマラはヘンリー二世の支持を得て、創業者と大戦特需を失い危機に陥ったフォードを立て直し、トップレベルの経営担当重役を歴任しにはフォード家以外から初めての社長となった。 しかし社長就任から5週間もたたないうちにに請われ入りしに就任した。 アメリカ経済が戦禍から立ち直りつつあったに、フォードは戦後初の本格的な新型車「カスタム」を世に出し、その斬新なデザインによりヒットさせた。 その後も幅広いバリエーションを持つフェアレーンや、名車と称えられるをヒットさせ、併せて第二次世界大戦前から展開していたヨーロッパ市場においても、イギリス・フォードのアングリアやゼファーなどのヒットによりその位置を盤石なものとした。 エドセルの失敗 [ ] には、フォードとマーキュリーの間のレインジを担当する、斬新なフロントグリルを特徴とする中級車ブランド「」を、大々的なキャンペーンとともに発売した。 しかし、亡き社長の名を取って「エドセル」と名付けられた新ブランドは、折からのとの失敗、そしてデザインが受け入れられなかったために、その後追加モデルの投入を行ったにもかかわらず自動車業界史上記録的な大失敗に終わり、11月に生産中止となり姿を消す。 アイアコッカ時代 [ ] フォード・プローブ(1993年) エドセルの大失敗で打撃を受けたフォードは、行き過ぎた大型化の反動から中型車や小型車へのシフトが始まった流れをうまくつかむことに成功し、に発表したのをヒットさせた。 さらににはファルコンをベースに、第二次世界大戦後に生まれたをはじめとする幅広い層をターゲットにしたを出し、いずれも大成功をおさめた。 にはフォード・ヨーロッパが設立された。 マクナマラの部下の一人で、マスタングなど大成功した自動車の開発やリンカーン・ブランドおよびマーキュリー・ブランドの立て直しにあたったは1月に社長となった。 以降、フォードはビッグ3のライバルのほか、の影響を受けて急速に伸びたのとの競争でを失ったが、アイアコッカは後に安全性をめぐり訴訟へ発展した()などを発売し、には史上最高の売上と22億ドルの利益を達成した。 しかし経営方針をめぐって会長のヘンリー二世と衝突し続けたアイアコッカは、ついに同年に解雇された。 アイアコッカは間もなくライバルのの社長に就任し、同社を再建することになる。 1980年代 [ ] アイアコッカの後は、がに会長になり、にドン・ピーターセンが継いだ。 なお1979年には日本の自動車メーカーのマツダと資本提携し、傘下に置きつつ共同で小型車の開発や生産を行った。 もとの競争が続いたものの、に発売された小型化されたマスタングや、1983年に発売されたテンポやサンダーバードがヒットした。 さらにヨーロッパにおいても、フィエスタやシエラがヒットした。 また、日本車やドイツ車を徹底的に研究し、テンポやサンダーバードと同じく空力を意識したエクステリアをまとい、に発売された中型車のトーラスが大ヒットし、久々にフォードブランドのモデルがアメリカのベストセラーの座を得るという快挙を成し遂げた。 1990年代 [ ] にはの盛況とガソリン安で、やなど収益性の高い多くの車が売れ安定した経営を続けていた。 経営状態の好調を受けて、に経営不振に陥っていたイギリスのやを買収し傘下に収めた。 後にのも買収する。 これらのヨーロッパの高級車ブランドは「(プレミア・オートモーティブ・グループ)」の名のもとにまとめられることとなる。 なおにはハロルド・ポーリングが、にはアレックス・トロットマンが、にはジャック・ナッソーが会長兼CEOになった。 ナッソーの攻撃的な経営は関係企業や社内の不興を買い、に解任された。 2000年代 [ ] クラウンビクトリア(2007年) には久しぶりにフォード家のが会長兼になっている。 にはフォード再建を期待されてがよりフォード入りし社長となった。 しかしナッソー時代の技術停滞と他業種参入、当時の業界再編に対抗するための買収路線のマイナスな影響はに入っても打開できず、さらに2001年9月の以降の高騰によるガソリンの値上げなどの影響で、アメリカ国内市場における主力商品のフルサイズやが燃費の悪さから敬遠される傾向にあり、同様の戦略をとっていたGMと共に経営不振に陥っている。 には、グループのが、のなどで構成される投資家グループに8億4800万ドルで売却されたことが発表された。 これによりアストンマーティンはフォード・グループから離脱。 ただしフォードモーターは引き続き7700万ドルの資本は持ち続ける。 そして3月26日付でPAGグループのとが、のへ23億ドルで売却されたことが発表され、フォード・グループより離脱した。 売却項目にはとの商標も含まれている。 さらに、2007年以降のアメリカ初の以後ますます深刻化する業績悪化を受け、にフォード・モーターは、長年を保有し傘下に置いていたの株式33. さらに3月には、PAGグループに属していたを売却することで、のとの間で最終合意し 、同年8月に売却を完了した。 これによりPAGグループは消滅した。 One Ford戦略 [ ] 大苦境に陥ったフォードを再生させるべく、CEOのアラン・ムラーリーは新経営戦略「 One Ford」を策定した。 これまでは各地域で独自に商品開発・生産を行ってきたが世界的に体制を一本化し、重要なセグメントに対してモデルを絞り込み「Quality 品質 」「Green 環境性能 」「Smart 洗練度 」「Safety 安全性 」の4項目を世界トップレベルに向上させて、世界中に流通可能な本格的グローバルプロダクトを開発・販売するという戦略である。 現在 [ ] フォード・F-150(2016年) 同時多発テロ以降の原油価格高騰と世界金融危機を受けて、北米自動車業界では低燃費車を求める消費者の意向を受け、車のダウンサイジングが進んだ。 フォードも例外なく2010年には北米でのBセグメントのの販売開始、欧州フォードとの車種統合、ビッグ3では唯一の化、車の象徴とされたの生産終了、のFFベース化、の小排気量過給エンジン「エコブースト」の採用など合理化を進めている。 また、1990年代後半からブランドの差別化に失敗し販売不振に陥っていた「マーキュリー」ブランドを、2010年に廃止した。 しかしピックアップトラックのF-150はアメリカ国内のベストセラーの座を守り続け、にはGM、クライスラーと同様、業績が好転した。 さらにには、進出から100年以上の歴史を持つものの、マツダとの提携も終わり、販売台数が低迷していた日本市場から撤退するなど選択と集中を進めている。 2017年3月には、3Dプリンターによる自動車の部品の製造テストを開始すると発表。 将来的にはニッチだった車両の製造実現や、大量生産出来なかったグレードアップ・オプションの製造などを目指すとしている。 3Dプリンターで製造された部品はこれまでの金属製部品の半分の重量で燃費性能の向上にも貢献できるとしている。 アメリカの自動車工場では、少量生産のモデルでは工場建設や設備導入の投資分をカバーできない状況になっているため、フォードは生産台数が5万台に満たないモデルを中国からの輸入することでラインナップの維持を検討したが、中国とのが激化したことにより2018年度中に白紙化された。 フォードグループの世界展開 [ ] グローバル企業であるフォード社は本拠地アメリカの他にも全世界に生産工場や研究開発施設を持っている。 北米 [ ] 欧州 [ ] 東南アジア・大洋州 [ ] 西南アジア [ ] 南米 [ ] 2007年1月ブラジルの自動車メーカーを買収。 アフリカ [ ] 研究開発 [ ] フォードはフォード研究・改革センター( )を4カ所、、() 、・、に開設している。 日本でのビジネス [ ] 第二次世界大戦前 [ ] 日本への輸出は、が終結した(38年)に開始された。 その後のかつ世界のひとつとなり、当時の最大のとなり、さらに後にやの需要が急増した日本を重視したフォードは、(大正14年)に「日本フォード」を設立した。 その後のにアジア初のフォードの製造工場を開設し、のを開始した。 (2年)には二代目A型フォード()の生産を開始し、またローン販売も開始した。 フォードは乗用車やトラックを年間1万台生産し、、、を始め、大阪に工場を置いたをしのぐ国内最大の自動車メーカーとなった。 また子安工場製のフォード車は日本の友好国であるなどにも輸出された。 しかし、日米間の関係が悪化しつつあった(昭和11年)に、日本政府は自国の自動車産業の保護育成を目的とする「」を制定した。 第二次世界大戦後 [ ] 中の(昭和16年)12月から(昭和20年)8月の期間、工場設備は日本政府に接収されたが、戦後の軍の管理を経て(昭和33年)までにフォードに返還された。 また、現在の地区では、の計画が発表される以前、「フォードが工場を作るらしい」という触れ込みで土地の売買が盛んに行われていた。 マツダとの提携 [ ] フォード・テルスター (昭和54年)には日本の中堅自動車メーカーであると資本提携し、マツダのの24. マツダにはや、またアメリカ向け小型車の開発と生産を委託したほか、「オートラマ」の名で全国にディーラーネットワークを展開し、「」や「」、「」など、マツダの工場で生産されたフォードの各モデルや、「マスタング」などのアメリカからの輸入モデルを販売するなど、日本でのフォードビジネスを共同で展開していた。 しかしに入り、や販売多チャンネル化の失敗などによりマツダの経営状態が悪化したため、(8年)にフォードはマツダへの出資比率を33. その後マツダの経営再建は進んだものの、後半に経営危機に陥ったフォードは、資金調達のためにマツダへの出資比率を(平成20年)より段階的に引き下げ、(平成27年)までに所有する全てのマツダ株式を売却した。 これにより、30年以上続いたマツダとの資本提携は解消された。 撤退 [ ] 第二次世界大戦後の日本でのフォードビジネスは「フォード自動車(日本)」、そしてマツダとの提携下で展開した「オートラマ」を経て、その後「フォード・ジャパン・リミテッド」がフォード車の輸入・販売を行っていたが、2016年(平成28年)を以って日本市場から撤退すると発表した。 この理由として本家フォード車の不振と前年のマツダ株の完全売却に併せて、「収益改善への合理的な道筋が見えないこと」「日本市場の閉鎖性」を挙げている。 要因として、• 以降のマツダ車の廃止• 1990年代後半の輸入車ブームに乗って低価格路線に切り替え販売台数の大幅増に成功したが、輸入車にプレミアム性を求める日本市場においてブランド価値が毀損し、中古車市場でが下落した。 半ば以降、導入車種や広告宣伝活動などの見直し、全国のディーラーの削減といった収支改善を狙った事業縮小策や、短期間で変わる車種及びブランドマーケティング戦略が裏目に出た。 やなどのと比較して、右ハンドル車の著しい不足や日本市場に合わせた小型車種の不足。 日本でのや若い世代のによる市場の縮小により販売増が困難になった。 が挙げられる。 日本市場の撤退に伴い、直営販売子会社の「フォード・ジャパン・ディーラーリミテッド」のみならず日本統括法人の「フォード・ジャパン・リミテッド(フォード・ジャパン)」は完全閉鎖となり、全国の販売会社は契約が解除されて正規ディーラー網は消滅し、これにより、1世紀以上(正確に111年)続いてきた、日本におけるフォードによる事業の歴史に幕を下ろした。 詳細は「」および「」を参照 現在 [ ] 2018年現在、正規輸入車に対するアフターサービスは、グループの「ピーシーアイ」が全国の部品供給・リコール対応およびアフターサービスの保証業務を行っている。 新車販売については、フォード本社は日本撤退以降日本市場についてはノータッチとなっており、日本法人の復活や日本の別会社との総輸入代理契約を交わすなどのアクションを行っておらず、全国の輸入車ディーラー有志が並行輸入で新車販売を行い、日本でのフォードファンの基盤を守り続けてきた。 今現在では、グループの「エフエルシー」(旧フォードライフ中部)が下記の車種を直接並行輸入し、日本の保安基準に適合するよう改良した状態で国内新規登録するシステムを整える事で日本でも新車のフォード車を購入する事が出来るようになった。 (エステート)• (コンバーチブル)• フォード・フォーカス• また同社が展開する三重県と岐阜県の元フォードジャパン正規ディーラー3店舗でアフターサービスも行える体制を整えている。 トラクターの生産 [ ] からフォードの子会社であるヘンリー・フォード・アンド・サン・カンパニー(Henry Ford and Son Company)が フォードソントラクター(Fordson Tractor)の製造を開始した。 にこの会社はフォード・モーターに再統合されたが、に発売開始された フォードソンF型(Model F)はフォード・モデルT同様に流れ作業により大量生産され、その価格と扱いやすさから爆発的な人気を博した。 フォードソン・トラクターのアメリカでの生産はで終了しているが、その後もイギリスおよびアイルランドでの製造が継続された。 なお、からの間に、フォードのトラクターは全てフォードソン名義からフォード名義に変更されている。 に、フォードは農機メーカーの(Sperry-New Holland)から一部部門を買収し、からフォード・ニューホランド(Ford New Holland)名義でのトラクターの生産を開始する。 しかし、、フォードはまでにフォード名義の製品の生産を停止するという契約のもと、トラクター部門をに売却した。 フィアット傘下のニューホランド(New Holland)はこの契約通り、にはフォード名義のトラクターの生産を終了した。 フォード・スーパーデューティー フォードブランド [ ]• リンカーンブランド [ ]• 旧来車種一覧 [ ] フォードブランド [ ]• マーキュリーブランド [ ]• - の姉妹車。 - の姉妹車。 リンカーンブランド [ ]• 著名なエンジンチューナー [ ]• 脚注 [ ] []• ただし業務提携は継続しており、非公式ではあるが、ジャガー・ランドローバー・ボルボにエコブーストエンジンを供給している。 - ロイター電• 『』 2017年3月7日• フォードのセダンには、ほかに、、がある。 CNN 2018年4月26日. 2018年4月29日閲覧。 NewSphere 2018年9月13日. 2018年12月2日閲覧。 2014年5月2日. 2014年5月5日閲覧。 初代 左ハンドル圏向け 及び2代目 北米向け• のフォードブランド版• アメリカ製とは別の車体)• フラットロック所在の、マツダとフォードの合弁工場 現在は合弁解消。 フォード単独 で生産された。 のバッジエンジニアリング• フォルクスワーゲン・サンタナワゴンのフォード・ブランド版。 のキャビンを使用したキャブオーバー型。 関連項目 [ ] が多すぎます。 関連の深い項目だけに絞ってください。 必要ならばとして独立させることも検討してください。 ( 2019年3月)• :1960年フォード家以外の初の社長、1961年-1968年アメリカ国防長官、1968年-1981年世界銀行総裁• :1970年フォード社社長、1978-92クライスラー社社長• :1958年に設計したコンセプトカー(原子力車)• :1980年代にと共同で展開したフォード車販売網。 第二次世界大戦後の日本でのフォードブランドの認知度向上に大きく貢献した• :日本でフォード車の輸入・販売を行う子会社。 オートラマから業務を引き継いだ• :プレミアム・オートモーティブ・グループの日本法人• :日本国内におけるフォード販売店の老舗• :近鉄グループから近鉄モータースの経営権を買収した輸入車販売会社• :経営破綻したクインランド・カーズを買収した輸入車販売会社• :サービス第一主義を掲げたフォードが戦前の日本にサービスの概念を広めた• :元系列会社のコンシューマー・ファイナンス会社• :一時期フォード傘下となり、トラクターを生産していた• :フォードのトラクター部門を買収した• :2016年をめどに自国自動車生産撤退を発表した。 現地生産の撤退はのから始まり、、に続くものでライバル関係にあったも撤退を発表。 また、にはも撤退を発表したことにより結果的にオーストラリアからは自動車生産が消滅する。 これはニュージーランド同様である。 :におけるフォード・グループの拠点。 台湾国内及び一部国外向けに自動車の生産・販売を行う。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 フォード・モーターに関連する および があります。 (英語)• 100• 101• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年5月12日入替銘柄• 中国鉄道建築総公司• 太平洋建設集団• 100. 出典:,.

次の