ドラゴンクエストユアストーリー 酷評。 【ドラゴンクエスト ユアストーリー】の感想 40代が観賞したら高評価でした

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーのあらすじやネタバレに関して徹底解説!

ドラゴンクエストユアストーリー 酷評

やつはこう語る。 ウイルスの制作者はゲームなど「虚無だ」と考えており、だからこそこういうVR世界を破壊するのだと。 ビアンカやゲレゲレや息子たちはただのデータとなり、消え去ってゆく。 さて、なぜこのようなラストシーンが観客の怒りを買うのだろうか。 第一に、本作はドラクエ5の映画化ではなかったからである。 ドラクエ5の映画化作品であれば改変はあれど原作に忠実であったほうが無難だ。 そ もそも、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』はなぜ最後にそんな無茶苦茶なメタフィクション構造を持ち出したのだろうか? その理由はとてもシンプルで、ゲームを遊ぶゲーマーを肯定したかったのだ。 そして、これこそ『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が嫌われる第二の理由だ。 確かに、「ゲームは時間の無駄」だとか「遊んだところで何も残らない」と言われることがある。 しかし、仮にそうだとしてもドラクエ5をはじめとするゲームで冒険した時間は大事なものである……というのが制作陣の語るメッセージだ。 いわばラスボスのウイルスは「ゲームを否定する世間」で、主人公は「ゲーマーたち」。 それを戦わせて、ゲーマーを勝たせる。 構造的にはゲーマーを褒め称える作品になっている。 だが、それこそゲーマーにとって禁忌であった。 なぜなら、ゲーマーは別に制作陣からの称賛や愛を求めていなかった。 それどころか、むしろこういう愛は唾棄すべきものだと考える人も多いからだ。 そもそもたいていのゲーマーは、ゲームがほとんど時間を潰すものでしかないことはわかっている。 だが、楽しいから遊ぶのだ。 そんなことはきちんと理解しており、「ゲームが無駄かどうか」なんて議論自体もすでに過去のものとなっている。 世間的にもゲームは受け入れられており、子供のおもちゃだったのは今や昔の話だ。 たとえばファミリーコンピュータが発売されたのは1983年。 つまり40代くらいならば一度はゲームの熱気に当てられ、それが立派な思い出になっているわけだ。 電車やバスに乗ればお年を召した方がスマホでゲームを遊んでいたって別にそこまでおかしくないだろう。 もしくはゲームはeスポーツとなりそれでプロとして活躍する人もいるし、有名タイトルは20周年だの30周年だのを迎えているわけだ。 もはや「ゲームは無駄」だの「ゲーム体験は虚無」だのと言う人は減り続けており、全世代がゲームを楽しんだことのある人になるのも時間の問題、という状況なのである。 ゲーミフィケーション、ボケ防止、シリアスゲーム……。 社会で役に立っているゲームの要素も、例を挙げればたくさん出てくるだろう。 しかし、制作陣のゲーム観はファミリーコンピュータやスーパーファミコンくらい、つまり昭和か平成初期の価値観で止まっていると思われる。 そして元号が令和に変わってようやく制作陣も「あれ? もしかしてゲーマーってそんなに悪くないんじゃね?」と気づき、この映画を作ったのではないか。 そしてゲーマーに向けて『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』というラブレターをしたためた。 だがそれはゲーマーにとって、熟成させたゴミをプレゼントされるようなものだった。 そのゴミは、30年くらい前であれば適切だったかもしれない愛なのだが。 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』はドラクエ5の映画化の機会を損失させ、時代遅れの語る価値もないテーマをぶつけ、一方的な愛を投げつける。 たとえるならば自信を失っていない人たちに「君たちは自分を肯定していいんだよ!」と言うような、失礼ともいえる行為である。 しかも、これは悪意ではないところが最悪だ。 受け入れられないストレートな愛ほど厄介なものはない。 かつてスーパーファミコンでドラクエ5を楽しんでおり、いまもゲーマーと自称しても間違いないであろう私は、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を見て興奮し、腕が震えた。 なぜかって? 制作陣がゲームに対し無理解であるということを作品に込め、あまつさえそれを日本中の劇場で公開するというおぞましいことをしでかしたのだから! こんな愚かな行為、そう滅多に見れるようなものではない。 ゲームは時間の無駄、ゲームはしょせん子供の遊び……、そんなふうに思い込んでいる人がゼロだとはまだ言い切れないだろう。 なんだかんだいっても、ゲームというのは比較すれば若い文化なのである。 かつてドラクエ5を遊び楽しんだが、それを周りにあまり話せなかった。 ゲームは好きだが周囲の人たちはゲームに対して冷たい態度をとっている。 そんなことを感じている人たちにとって、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は刺さる可能性がある。 制作陣の愛を正面から受け止められれば、この映画で涙を流すことも可能であろう。 とはいえ、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』がゲーマーを怒らせる作品であることも間違いない。 そもそも「ゲームキャラは作り物に過ぎない」というメタ構造はゲームでも手垢のついた手法で、よほどうまくやらなければ汚点となる。 それをなんら工夫なくストレートにやってしまうとは、ゲーマーに対する多少の理解はあってもゲームに対する理解はなく、無意識のうちに見下していることが透けて見えるのだ。 本作の制作陣からゲーマーに送られたラブコールはとても愛情深く、同時に極めて不愉快で愚かに感じられる。 もはやこの作品そのものが「制作陣とゲーマーのすれ違いラブストーリー」なのである。 渡邉卓也()はフリーランスのゲームライター。 好きな作戦は「みんながんばれ」。

次の

なぜ『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は賛否両論の問題作なのか?それはゲーマーに対するふかい愛があるからだ

ドラゴンクエストユアストーリー 酷評

こんばんは、元公務員のアヤト()です。 そんなドラクエ5がこの度、映画化されましたよね。 その名も「」! 酷評されているという話題を見かけたのですが、 「きっと原作ぶち壊しなんだろうな」と思いつつ、観に行ってみました。 実際に見てみた感想は、 確かに酷評されるのはよくわかったし、ツッコミどころ満載すぎて笑えてしまうくらい。 でも、少し時間を置いてみると、 そもそもこれはドラクエ5ではないんだっていうのを理解して、何となくそういうことか、とストンと落ちました。 いい意味でも悪い意味でも、話題になると原作は実際どうなのか気になってしまうものです。 そこで今回の記事では、ドラゴンクエストユアストーリーを観て感じたツッコミどころや、冷静になってみて感じたことをお話します。 もう一度言いますが、ネタバレも含みますので、注意して読み進めてくださいね。 ドラゴンクエストユアストーリーのツッコミどころ ドラゴンクエストユアストーリーを観て感じたツッコミどころは以下の3つです。 予告編を見ているかのような駆け出し感で、感情移入できない• 主人公(リュカ)がとにかく情けない• ドラクエVの世界なのにBGMに違和感 もっと色々ありますが、特に気になったところを挙げました。 予告編を見ているかのような駆け足感で、感情移入できない 序盤は特にぶわーーーっと話がどんどん進んで、「これは予告編か・・?」と思ってしまうくらい、駆け足感がすごかった。 原作のボリュームたっぷりなストーリーの都合上なので仕方ないのですが、 展開が早すぎて感情移入する間もなく、パパスとのお別れシーンが来てしまいました。 このシーンは泣けるだろうと思ったのに、 全く泣けずにサクッとそのシーンは終わり、どんどん話が展開していきます。 原作を知っているので駆け足でもストーリーは理解できたけど、知らない人は理解できないかもしれないなあとも思いました。 話のテンポがついていけずに疲れそうな感じ。 主人公(リュカ)がとにかく情けない リュカの情けないところ• 弱すぎる(後半は謎にジャミとゴンズをワンパンで倒してたけど)• 勇敢さが無い• 結婚選択シーンの優柔不断さ 【弱すぎる】 「勇者じゃなくても主人公なんだから強さは残して〜!」という感じ。 あっけなくやられてしまうシーンが多くて、「情けない・・・orz!」と思ってしまいました。 個人的に「え?」と思ったのは、パパスは焼け死んでいるのに、 主人公はパパスよりも黒焦げになっても死なないし、むしろ薬草で呆気なく治るというギャグ展開。 でもよくよく考えると主人公は、 現実世界のごく普通の青年がドラクエVのVR版で主人公になりきっていた、というオチなんですよね。 だから主人公が 妙に現実的だなあと感じたのは、現実世界の青年だったからと言われると、無理もないのかなという印象も受けました。 フローラは主人公がビアンカのことが好きという気持ちに気付き、老婆に化けてビアンカの好意に気がつくようにさせたとはいえ、それにしても悲しい。 個人的にはフローラがめっちゃ可愛かったので、ぜひフローラと結婚してほしかった。 (少数派だろうけど、原作は毎回フローラと結婚) ドラクエVの世界なのにBGMに違和感 一番のツッコミどころは、 ドラクエVの世界なのにV以外の曲もガンガン流れるし、音楽が入るタイミングが唐突?で、切り替わりも早くて聴いていて疲れた。 すごく細かいのですが、ビアンカとフローラの結婚選択シーンの前夜にビアンカと会話するシーンがあります。 そこで流れた曲 「愛の旋律」、そのシーンで流れる貴重な一曲(後からでも聴けるけど)で、 ビアンカの曲というイメージが強かったんです。 でも、その音楽をフローラと話すシーンで使われていたのが、「えええええ?!」でした。 無理してドラクエの曲使わなくても、劇場版用にオリジナル曲を作ればよかったのになあと思いました。 ドラゴンクエストユアストーリーで感じたこと ドラゴンクエストユアストーリーを観た直後は「ひどい映画だったなあ」が正直な感想で、もはやギャグ過ぎて笑ってました。 でも、よくよく考えてみたら色んな気付きがあったんですよね。 新規参入者獲得という観点では、アリだとは思う 原作の実写化や今回のような3DCGアニメ映画化のターゲットは、原作ファンはもちろん、 新規参入者も狙っているだろうから、 これはこれでアリかなと思いました。 個人的な解釈としては、内容的に新規参入者向けなのかな?とも取れるような感じ。 あえて原作ぶち壊しにして話題を呼び、新規参入者が 「原作はどうなのかな、どれどれ・・・」っていう流れを作ろうとしたのかなあとも捉えました。 原作ファンだけど、かと言ってストーリーを原作そのままにしても面白みがないと思うし、それなら原作やった方が楽しいですよね。 どう頑張ってもストーリーのボリューム的に再現は難しいので、 原作から逸れるのは致し方ないことです。 ただ、 原作ファンへの最低限の配慮が足りなかったから、ここまでこき下ろされることになったのかもしれません。 なんていったって、超名作だからね・・・。 「 ドラゴンクエストV」ではなく、あくまでベースにしたものだった。 だから現実世界の青年が楽しんでいたVRのゲームの世界だった、という設定でも仕方ないのかなと私は納得。 原作目線で見なければ、ぶっ飛び展開でも「まあ、こんなもんだよね」と思えますよ。 ともあれ、ユアストーリー観たらドラクエVやりたくなったよ、私は 映画を観ていろいろ不満とか感じはしたけど、やっぱり懐かしいなと感じたので、ふつうにドラクエVやりたくなりました。 ということでドラクエVを再プレイしようかなと思い、掘り出してきたのがこちら。 まとめ• 主人公がとにかく情けないのが気になって仕方がなかった• ストーリーの駆け足感がすごくて疲れた• 原作への最低限の配慮として、せめて音楽は5以外の曲は使ってほしくなかった• ドラゴンクエスト5をベースにしたものという意味では、アリだと思う• それでも懐かしく感じたので、原作をやりたくなった 以上、私がドラゴンクエストユアストーリーを観て感じた感想まとめです。 最初は本当に「酷評されるのはわかるわ、ひどすぎ」だったけど、冷静になって考えてみると、ドラクエVではないと思えば、アリといえばアリという結論に至りました。 どんな形であれ、この映画の機会にドラクエVを再プレイする人、新しくプレイする人はいるでしょう。 再プレイする人は 「やっぱり原作は神ゲーだ・・・」と改めて実感し、新規参入者は 「こんな名作があったとは・・・」と思うかもしれませんね。 酷評が目立つユアストーリーですが、なんやかんやで 原作ファンにも新規参入者にもきっかけを与えてくれるものだと思いました。 では、私はドラクエV再プレイしますね。 それではっ.

次の

ドラゴンクエスト・ユアストーリーの評価は面白いけど

ドラゴンクエストユアストーリー 酷評

もくじ• 評価:15点 Twitterで話題騒然、暴動寸前のこの夏最大のディザスター映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』観てきました。 あまり観る気なかったのですが、先日映画仲間から猛烈に 「あれはヤバイっすよ」とおすすめされ、職場の後輩から「先輩の感想お待ちしてます」と期待されてしまったのでこれは逃げちゃダメだと挑んできました。 ブンブンは『ドラゴンクエスト』シリーズで遊んだことありません。 せいぜい『いただきストリート』でスライムをフルボッコにしたぐらいしか接点がありません。 それでも、この映画がラブレスな映画であることがわかりました。 これはライムスター宇多丸が叩くようになり、映画ファン共通敵、サンドバッグとして山崎貴を叩きに叩いた結果生まれてしまった悪魔の映画です。 魔王、いや勇者である山崎貴が魔物をイオナズンで焼き殺すある種の復讐とでも言えよう。 ここに、ブンブンのネタバレ酷評を書いていく。 とにかく地獄絵図がそこにはありました。 『ラゴンクエスト ユア・ストーリー』あらすじ 1986年の第1作発売以来、シリーズを重ねて国民的RPGとして人気を誇る「ドラゴンクエスト」の5作目で、92年に発売された「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」を原案に3DCGアニメ映画化。 総監督に山崎貴、監督に八木竜一、花房真と「STAND BY ME ドラえもん」を手がけたスタッフが結集し、オリジナルゲームの生みの親である堀井雄二が監修、同じく「ドラクエ」テーマ曲などで知られる作曲家すぎやまこういちが音楽を担当した。 声優は佐藤健、有村架純、波瑠、坂口健太郎、山田孝之ら豪華俳優陣が務めた。 少年リュカはゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母マーサを取り戻すため、父パパスと旅を続けていた。 しかし、道中での魔物たちとの激闘により、パパスはリュカの目の前で非業の死を遂げてしまう。 それから10年後、故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」と書かれた父の日記を発見。 パパスの遺志を受け継ぎ、冒険へと旅立つ。 次々と立ちはだかる試練の数々、ビアンカとフローラをめぐる究極の選択など、リュカの壮大な冒険が描かれる。 彼はライムスター宇多丸が毎回のように彼の作品を叩いていたことで、それに追随するように映画ファンがサンドバッグとして彼の作品を貶していった。 しかし彼はインタビューの中で自分の映画の戦略について疑問を呈していた。 有名なところで言えば、『』や『STAND BY ME ドラえもん』の副題に英語を入れるところに関しては下記のように発言している。 「頭に英語が付いたタイトルは、僕ではなく、ほとんどがプロデューサーの阿部(秀司)さんのアイデア。 その結果、作品が若い層にも届いたんです。 なるほどすごい戦略だなと思いました。 世間ではそこに反感を覚える人もいるみたいですけど、まあその気持ちは僕も分からなくもないです(笑)。 そもそも泣くか、泣かないかは観客が決めることでしょう。 それを最初から『泣けますよ』と言い切るのはなかなか思い切った戦略です…。 しかし史上最強のコピーでもあります。 そして、今年の彼はその間で生まれた憤怒や葛藤、モヤモヤを2つのベクトルで爆発させてしまった。 『アルキメデスの大戦』では菅田将暉演じる天才数学者の運命に自分を重ね合わせ、天才的才能でもって国を支えるポジションにまで登りつめたはいいものの、どんなに頑張っても最終的には組織に飲まれてしまう哀しさを描いた。 あれは、東京五輪や消費税増税、7pay問題と今の日本が抱える組織的汚職を象徴させ、「これぞ日本だ」という映画ではあるのだが、その原点は山崎貴本人の生き様にあったのだ。 だがら妙に熱量が高い作品でした。 山崎貴本人の苦悩を語った『アルキメデスの大戦』に対して、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は今まで散々暴言を吐いてきた映画ファンに対して、資金力と名声でもって高品質に作られた世界観の中で焼き殺すイオナズンでありました。 我々からしたら山崎貴は魔王に見えたことでしょう。 だが、彼からしたら僕たちは魔物だったのだ。 彼は勇者として、徹底的に魔物を焼き殺してみせたのです。 彼は恐らく広告会社や映画会社から 「ノスタルジー系やりましょうよ。 ドラクエ懐いですねー。 じゃあ納期来年ってことでお願いしますわ。 」と言われ幻滅したのでしょう。 彼は本当はゲームの映画化なんてやりたくないし、ドラクエなんて無茶だ ひょっとするとまともに愛もってRPGゲームなんかやってないのでは? と思っているのだろう。 でも仕事だから一応やる。 ほれバトルシーンだよ。 モンスター倒すとゴールドやアイテム貰えるんだろう? とりまスライム仲間にすりゃいいだろ? 結婚シーン入れておきます。 フローラ派? ビアンカ派? そんなのどうでもいいわ、両方に告る展開にして保険をかけておこう。 といった感じで全てが事務処理で終わり、到底2時間で終わらないゲームプレイは冒険のダイジェスト映像でzip圧縮されている。 『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』をやったことないブンブンですら、違和感を抱く。 ポンッ、ポンッ、と『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の重要イベントだけが乱雑に並べられ、叙事詩、あるいはパソコンなんてない世界の一期一会と再会のカタルシスが皆無となっているのだ。 ドラクエといえば、モンスターが仲間になるのだが、これもスライムとヒョウのモンスターに留まっている。 スライムに関しては、魔王の労働施設からずっとリュカの側をついてくるのだが、彼と遭遇するまで異常に時間がかかっているし、船に乗ってまで彼に会いにいっているのだが、それに関する説明がないので、ただのストーカーにしか見えないのだ。 保険をかけてフローラとビアンカに告白するという脚本になっているのですが、これが鬼畜すぎてドン引きするものとなっている。 フローラにリュカは結婚を申し込み有頂天になる。 フローラはビアンカこそリュカのパートナーにふさわしいと考え始め、老婆に変装し彼をビアンカに告るよう仕向ける。 そしてリュカはフローラとの結婚を取り下げ、ビアンカに告白するのだが。 それをビアンカがすんなり受け入れるとはあまりにも都合がよくないだろうか? ビアンカがブチギレて出て行き、リュカが一人でダンジョンに挑み自問自答し、成長し再び告白してOKとかならまだ分かるのですが、ビアンカが単にリュカの都合のいい女のように軽く扱われているのには流石に腹が経ちました。 そしてこの作品を観て感じるのは、山崎貴がRPGゲームというものを分かっていないというところです。 RPGゲームの醍醐味は連携プレイと心理戦である。 初心者は、戦闘を早く終わらせようと「こうげき」or「こうげきまほう」一辺倒でモンスターに立ち向かう。 しかしながら、中級者になってくると、回復係、強化魔法係と各キャラクターのポジションを明確に分け、連携プレイを覚えてくるものです。 これは『ドラゴンクエスト』を遊んだことないブンブンでも『ポケモン』や『MOTHER』で学びました。 何か一つRPGゲームを愛したことがあれば、そういった連携プレイを魅せてくれるはずなのですが、ここでは戦略が皆無だ。 常に「こうげき」or「こうげきまほう」しか使わない。 また、敵の大抵がワンパンチで倒れる仕様だ。 一撃必殺のチート取り入れたプレイを魅せられている程つまらないものはない。 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』はまるでYoutuberのつまらないゲーム実況を観ているような虚無が漂っていました。 衝撃のラストと『天気の子』の意外な共通点 そんな退屈地獄なイバラ道を2時間耐えたブンブンは最後の最後に、山崎貴渾身のイオナズンに精神が大爆発しました。 ラスボス・ミルドラースを倒したかと思ったら、急に画面がフリーズし始め、異次元から棒人間的魔物が現れる。 そしてこの世界はプログラミングに過ぎないと語り始め、この映画の構造が明かされるのだ。 これは『ドラゴンクエスト』のVRの世界で、この旅はプレイヤーの没入感が生み出した世界に過ぎないということが明かされていくのだ。 これが副題の《ユア・ストーリー》の正体だったのだ。 棒人間魔物が語る「永遠に思えた時間は、現実世界では2時間しか経っていないんだぜ」という言葉は、この映画に没入してきた観客を逆撫でするものであり、逆撫でした上で貴方の物語なんだと言われてもドメスティック・バイオレンスだ。 暴力ふっておきながら、あなたの物語だよ。 ハッピーエンドでしょと言われても精神的苦痛は癒えることはない。 だが、これは『天気の子』と同じ手法でもある。 『天気の子』も、『君の名は。 』で散々気持ち悪いと叩いてきた映画ファンに対して、納期さえ守ればなんでもできる名声と権力でもって意地悪な街・東京を沈没させてから帆高と陽菜が結ばれてハッピーエンドという自己中心の極みをもってくる厭らしさがありました。 本作も、形式上魔王を倒し、世界は平和になりましたというオチがつくものの、その前に観客の心を粉砕するディープインパクトを与える仕組みとなっている。 映画ファンに対する憎悪は、山崎貴の方が上手なので災害レベルは桁違いのものとなっている。 災害起こすなら脚本を… そんな映画ファン、ドラクエファン悶絶のクライマックスですが、折角やるならそこの脚本をしっかり練って欲しかった。 棒人間魔物は、ドラクエの世界に没入する勇者を現実に引き戻そうとするウイルスという設定だが、そもそもそれってスマホゲーム中毒になってしまった人を更生させるためのウイルスのようなもんだ。 むしろ善玉なのではないでしょうか。 ドラクエの世界に熱中し過ぎて現実に戻れなくなった人を救う救世主のように見えてしまうのです。 そこにとってつけたように相棒のスライム通称・スラりんが現れ、急に山寺宏一ボイスで語り始める。 「俺はYouの側でずっと見守っていたんだぜ。 このアンチウイルスソフトをぶちこむのだ」というのだ。 ほうほう、『』の執事描写やラストのあれを意識したんだね…ってちょっと何いっているのかわからないんだよ。 とってつけた感があまりにも強くて、蹴りをつけるのが勇者の劔でもなんでもないアンチウイルスソフトなんてあんまりです。 そうだよ。 ゲームは所詮0と1の電気信号だし、結末なんか製作者によって決められている。 虚構に過ぎないさ。 でも、その虚構がいいんじゃないか。 現実とは違った世界の住人になれる、現実は変われなくてもゲームの中なら変われる。 それがいいんじゃないか。 じゃあ百歩譲って、あのエンディングを肯定するにしても、全てがとってつけたようで中途半端に見える。 なんだったら、リュカが走って現実世界に戻り、退屈で陰鬱とした現実世界を勇者として駆け抜けていく 『幕末太陽傳』の幻のラスト的な展開をもっていった方がまだ《Your Story》に魂揺さぶられるものを感じたのですが、結局仮想世界にしがみつくことを選んだ。 山崎貴はゲーム好きなの? 嫌いなの? そもそもこのテーマについて考える気ないでしょと思ってしまうのだ。 山崎貴はドラクエ愛すらすっ飛ばしてゲームに対してもラブレスな態度で決着をつけてしまったのです。 ドラクエに思い入れのないブンブンですら精神が灰になるまで燃えて燃えて燃え尽きる思いをし、目の前が真っ暗になりました。 これだったら苦手監督の福田雄一の『勇者ヨシヒコ』シリーズを観ていた方が良かったし、アフリカ・マリで作られた実写版ドラクエ的映画『ひかり』を観たかった。 ここ数年で最大威力のテロに発狂したブンブンでした。 そして山崎貴監督にお願いです。 『MOTHER』を映画化しようなんて考えないでください。 広告代理店や映画会社からお願いされても断ってください。

次の