炭 カナ 生理。 鬼滅の刃がついに最終話だなんて・・・泣:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

【鬼滅の刃】炭カナっぽい話を原作・公式から紹介!2人の関係は?

炭 カナ 生理

蝶の誘惑 今日は、封じ込められるだろうか、欲望を。 今日は、勝るだろうか、理性の方が。 長男だから、平気なんだ。 いつだって、なんだって乗り越えてきた。 足音よりも先に迫り来る甘い匂いに気づいた炭治郎は、拳を握って襖の向こうの待ち人を見遣った。 戸が開く音と同時に、カナヲの笑みだけが瞳に映る。 頷く炭治郎は、穏やかな視線を向けた。 中に、どうぞ。 その合図を貰ったカナヲは、そろりと部屋に入って、音を立て無いようにゆっくりと襖を閉めた。 窓側に背を預けた炭治郎に近づいて、隣に腰を下ろしたカナヲの声はいつも以上に甘かった。 「炭治郎、会いたかった」 「俺も……」 「嬉しい。 夜になると炭治郎に会いたい気持ちが強くなる。 どうしてだろ?」 「人恋しくなるからじゃないかな」 どきりと心音が高鳴るが、普段通りに答えた。 「そう。 人……炭治郎が恋しくなるからなのね」 しっとりした声音で紡ぐ様は、知らぬ人のようだった。 男心を擽る表情と言葉に唇を噛み締めた。 カナヲは随分と変わってしまった。 口角を吊り上げるその表情は、人形のように感情を持ち合わせていない笑みではなかった。 目元には温もりが乗り、言葉以上に気持ちを伝えてくる。 カナヲそのものを表すような繊細で柔らかな匂いには、無機質めいたものは混じっていなかった。 時に、女性らしく艶めかしさも孕んでいた。 感情を表すようになった。 心の声を隠さなくなった。 炭治郎は素直にそれが嬉しかったが、悩ましくもあった。 無邪気にぶつけてくる言葉には、目眩のしそうなものも含まれていたからだ。 いや、ほとんどがその類のものだった。 だから、彼女が来る少し前に平静を保てるように念じるのだ。 長男だから、と。 白地の浴衣に映えるのは薄紫の蝶の柄。 小ぶりで遠慮がちに添えられた所が、カナヲらしかった。 とてもよく似合っているが、普段と少しばかり違う所があった。 珍しく大きめに開いた胸元に視線が移ると炭治郎は、目を逸らした。 少しの肌の露出に動揺するなんて、修行が足りないと宇髄あたりに叱られそうだ。 「炭治郎、どうして目を逸らしたの?」 すかさず問いかけるが、その声音に揶揄はなかった。 何故、胸元を見て、激しく顔を背けたのかを知りたかった。 一寸、口を噤んでいたが、純粋なカナヲの視線に耐えきれずに炭治郎はぽつりと答える。 「カナヲの肌を見ていたら、胸が苦しくなったからだよ」 「どうして苦しいの?」 カナヲには恋する男子の動揺や困惑などはさっぱり分からなかった。 嫌な所があるのならば、一刻も早く改めないといけない。 そういう気持ちがあったので、眉を寄せて再度問いかけた。 「触れたくなるからだよ」 真っ直ぐ過ぎる視線に嘘はつけない。 そもそも心を偽るのは嫌だ。 力を込めたので、声がいつもより低かったかもしれない。 カナヲは吃驚して目を見開いた。 炭治郎は、自分の低い声に驚いたものと思っていたが、そういう訳ではなかった。 炭治郎になら、どんなに触れられても不快になる事なんてないのに。 どうして、遠慮するのだろうと。 不思議で仕方がなかった。 声音が一段低くなったと同時に、表情が変わった事にも驚いた。 優しいままだが、知らない面を見せられた。 深入りしては駄目だと言いたげな、独特の表情。 けれど、初めて見るその顔が嬉しかった。 困ったように眉を下げていた炭治郎に、彼が拒むその先を知りたいとカナヲは手を伸ばした。 炭治郎の厚みのある手に指を絡めて、頬に招く。 闘いによって傷ついた指先が愛しくて仕方なかった。 乾いた傷が癒えるように撫でた後、胸元に触れさせた。 「苦しくなるくらいなら触って。 炭治郎なら嫌じゃないの。 暖かくて大きな手、好き」 「駄目なんだ。 もっと苦しくなる」 「どうして?」 「どうしても」 分からないと、眉を寄せた。 「炭治郎が苦しいのは、いや」 肌を見せなければ、苦しまない。 カナヲは、楽になってもらいたい一心で、炭治郎の胸に飛び込んだ。 後先を考える余裕が無かった。 指先の温もりが引いたかと思ったが、カナヲに強く抱きしめられることによって熱は各々に拡がっていく。 「カナヲ」 黙ったままだとしてはいけないことをしてしまいそうなので、声を出すことによって理性を繋いだ。 頑張れ、炭治郎。 「苦しそうな顔してる」 まだどこか苦しそうに見えた。 どうすれば炭治郎の苦しみが消えるのか、カナヲなりに一生懸命考えた。 力加減が足りなかったかもしれない。 ぎゅうっと力を込めて抱きついた。 こんなものでは駄目なのだろうと、眉を下げて見上げた。 「まだ苦しい?どうしたら楽になるんだろう」 カナヲの声を遠くで聞いた。 近くで聞こえたのは、ぶちんと理性が千切れる音だった。 カナヲってこんなに華奢だったのか。 こんなにも柔らかったのか。 声も、匂いも、紛れも無い女の人だった。 ずっと前から知っていたけど。 己の腕に抱き寄せて、額に唇を寄せた。 そして鼻先へ唇を落とす。 次は---。 「炭治郎」 か細い声に我に返ったものの、力を緩めるだけで、抱きしめたままだった。 「嫌だった?」 「嫌じゃない。 ぎゅうってされるの嬉しい。 ……口づけはどきどきする」 胸板に擦り寄るカナヲは、額に手を置いて数秒前の触れ合いを懐かしむ。 炭治郎の返答がないのでそろりと見上げると寂しそうに笑っていた。 「ごめん」 「どうして謝るの?」 「ごめん」 先ずは、飛び散った理性を手繰り寄せて。 炭治郎は兎に角謝った。 純粋に触れ合うカナヲとは違い、昂りに急かされるままに抱きしめたことを。 熱に浮かされて、唇を柔らかい肌に這わせてしまったことを。 嫁入り前の女の子になんてことをしてしまったのだと、誠心誠意を込めて詫びた。 恋心を抱いているとはいえ、同意を得ぬままにしてはいけないことだ。 雄の部分に牛耳られた己を恥じた。 「ごめんは、いらない」 カナヲの唇が触れたのは、一瞬の事だった。 あざの部分だろう。 炭治郎は、言いようのない悦びに支配されていることを知った。 「ねえ、炭治郎も口づけにはどきどきした?」 「そうだね」 苦しみは薄れていないようだ。 ならば、甘い高鳴りで覆ってしまえばいいのではないか。 返答に安堵したカナヲは、そう考えた。 「じゃあ、もう一回する」 カナヲが口づけに選んだ場所は頬だった。 同じように、鼻先にも。 二人とも、煩いくらいに心音が鳴っていた。 「……、炭治郎は、もうしてくれないの?」 カナヲの吐息がかかる。 唇が触れ合いそうな距離感。 この状態で、理性を飼い慣らす事は、矢張り無理だった。 炭治郎の指先は、カナヲの色づく唇をなぞっていた。 触れ合いたい気持ちの方が大きい。 もういいんじゃないか、一月も、心の声を無視し続けてきたんだ。 これ以上封じ込めようとすると凄まじい反動に後悔することになる。 「どこにしたらいい?」 暗がりが強くて、カナヲの表情を上手く捉えることが出来なかった。 自分はどんな顔で彼女を見ているのだろう。 彼女の目にはどう映っているのだろう。 いつもの炭治郎なのか、それとも、炭治郎自身も知らない誰かなのか。 それは分からなかった。 「唇に欲しい」 カナヲは、炭治郎に選択を委ねなかった。 自らの意思で求めた。 見当のつかない行為をしようとしているが、本能はこの先の行方を知っていた。 指先は僅かに震えていて、伴う緊張にカナヲの声は揺らいでいた。 『炭治郎の好きなところにして』 そう言うと思っていた。 予想外の発言に、手放したなけなしの理性の代わりに、欲情が顔を覗かせる。 炭治郎はいよいよ駄目になりそうだった。 カナヲに全神経を集中させているからだろう。 酔ってしまいそうな程、匂いが強くなっていく。 肌に染み込んでくるのを感じた。 長男だけど、今宵は頑張れそうになかった。 着物に止まっているはずの蝶が、月明かりによってきらきらと輝き、二人が動くと共に舞っていた。 「もっとして。 炭治郎がいい」 炭治郎は、肌を重ねながら、この先も誘われるのは自分だけであることを願った。

次の

#1 蝶の誘惑(炭カナ)

炭 カナ 生理

それはワニ先生にしか分かりません。 質問者さんが炭治郎とカナヲにくっ付いて欲しくない!と思うのと同じように、炭治郎とカナヲには幸せになってほしい、と思う人も同じくらい存在します。 それはお互いの感性とか趣味の違いなので、質問者さんが「嫌い」と思うことが悪いわけではないですが、反面、『幸せになって』という願望を込めていろいろ想像している人たちが悪いわけでもありません。 それに関しては、質問者さんの側で徹底して『見ない』『見ても忘れる』『いちいち傷つかない』ように自衛をするしかないです。 あなたの萌えは誰かの萎え、あなたの萎えは誰かの萌え、これは鉄則です。 少しだけ原作の話をすれば、アニメ最終回の後で炭治郎とカナヲに何か『明らかに恋仲であると分かるような』進展が、と言ったことはありません。 ただ、炭治郎とコインの裏表のやりとりをして以降、カナヲは明らかに明るく、少しずつでも自分の意思をちゃんと表現できる子へ変わっていますので、何かしらの影響はあったんだろうな、何だかんだ交流はあるんだろうな、というのは分かります。 それを『恋心ゆえ』と解釈するか、そうでないかは自由です。 原作は今最終決戦真っ最中で、カナヲにしろ炭治郎にしろ恋愛沙汰どころではないです。 みんな満身創痍。

次の

TanKana(Tanjiro) Manga/「最近は露出の多い炭カナが流行ってるようでして 」

炭 カナ 生理

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】なぜ炭カナが人気? カナヲは何においても 自らの意思で決めたりすることはありませんでした。 物事を決定するときはコイントスで決めていたのです。 誰かと話をするかどうかも、カナヲ自身で決めることはありませんでした。 それで他の人と話をしたりすることもありませんでした。 炭治郎とも、炭治郎が挨拶をしても、話しかけても、褒めても返事をせずにただ微笑むだけです。 そしてコインを取り出しコイントスをして炭治郎と話すかどうかを決めるのです。 なぜ自分で話すかどうか決めないのかと炭治郎が聞いても、カナヲは 全てどうでもいいことだから自分では決められないと話すのです。 それがカナヲの価値観でした。 炭治郎は、 この世にどうでもいいなんて言うことは一つもない、たぶんカナヲは心の声が小さいのではないかと言いました。 そう言ってからコインを貸してくれないかお願いします。 驚いているカナヲを気にせず、投げて決めようと告げます。 カナヲがこれから自分の心の声を聴くことと言ってコインをキャッチしました。 カナヲの手を取って炭治郎は励ましました。 そのコインを握りしめてから、 少しずつカナヲはかわいらしい人に変わっていきます。 主人公・炭治郎に出会ったことによって成長できるヒロインという事で、炭カナが人気なのだと思います。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】カナヲを上回る炭治郎の成長 現在、炭治郎の能力は 鬼殺隊の中で、評価はとても高いです。 身体的強化・周りとの共鳴効果をもたらす痣の発現は世代唯一である事から今後何か特別な待遇を受けるのは間違いないなさそうです。 また、 日の呼吸(全呼吸の原点)を使いこなすことにより鬼の滅殺は大幅に上がりそうです。 鬼殺隊の若手達がなかなか育たない中で、炭治郎たちが上弦の鬼を倒した時に蛇柱・伊黒が驚くシーンもあります。 機能回復訓練として、蝶屋敷の人々と炭治郎は訓練を重ねます。 懸命に修行をするうちに、 全集中の呼吸を覚え、自分よりもずいぶん強かったカナヲとの勝負で勝てるようになります。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】カナヲは炭治郎に会って変わった? カナヲは何においても自らの意思で決めたりすることはありませんでした。 物事を決定するときは コイントスで決めていたのです。 誰かと話をするかどうかも、カナヲ自身で決めることはありませんでした。 それで他の人と話をしたりすることもありませんでした。 しかし炭治郎と出会って、炭治郎から、この世にどうでもいいなんて言うことは一つもない、たぶんカナヲは心の声が小さいのではないかと言われます。 そう言ってからコインを貸してくれないかお願いします。 驚いているカナヲを気にせず、投げて決めようと告げます。 カナヲがこれから自分の心の声を聴くことと言ってコインをキャッチしました。 カナヲの手を取って炭治郎は励まされ、その頃からカナヲは少しずつ変わってきたのです。 昏睡状態の炭治郎が目覚めた時、みんなが集まって騒ぎ出すと、カナヲは一生懸命静かにしてと注意をするまでになりました。 自分の意思を主張することができるようになったのです。

次の