シート 削除 ショートカット。 シート間を移動してシート名を変更するショートカット

エクセルで削除されたワークシートを復元する方法

シート 削除 ショートカット

Windows10では、スタート画面に表示されるアプリ(アプリケーション/プログラム)を右クリックしても、デスクトップにショートカットを作成する項目が、メニューにありません。 でも、 Windows10においても、 デスクトップに アプリのショートカットを 作成することはできます。 しかも、意外とカンタンかも? 以下では、 デスクトップにアプリのショートカットを作成する方法と、 必要ないショートカットを削除する方法について、 画像付きで紹介します。 Windows10を快適に使いこなすためにも、サクサクっと読んでみてください。 デスクトップにショートカットを作成するには? デスクトップの左下にある ウィンドウのマークをクリックするか、キーボードにある Windowsキーを押してください。 スタート画面が表示されたら、アプリの一覧から、デスクトップに ショートカットを作成したいアプリを選びます。 ここでは、例として「Microsoft Edge」を選ぶことにします。 ショートカットを作成したいアプリをクリックしたら、指を放さずそのまま デスクトップ上に移動します。 ドラッグすると、はじめはカーソルの近くに 禁止マークが出ますが、デスクトップ上に移動していくうちに、 リンクマークに切り替わります。 リンクマークに切り替わったら、適当な場所で指を放します。 あとは、デスクトップ上の好きな場所に ドラッグして、見た目を整えましょう。 デスクトップのショートカットを削除するには? デスクトップ上にあるアプリのショートカットを削除する方法を、 2つ紹介します。 どちらもカンタンなので、やりやすい方法で削除してください。 「右クリック」して「削除」する方法• 「ごみ箱」に移動する方法 「右クリック」して「削除」する方法 削除したいショートカットを 右クリックし、メニューが出たら 「削除」をクリックします。 「ごみ箱」に移動する方法 削除したいショートカットを 「ごみ箱」に クリックしたまま移動します。 仕上げに、ごみ箱を空にしよう 上で紹介した2つの方法は、デスクトップ上のショートカットを 削除した後、ショートカットのアイコンが ごみ箱に残ります。 ショートカットを 完全に削除する場合は、ごみ箱を 右クリックし、 「ごみ箱を空にする」をクリックしましょう。 確認画面が表示されたら、 「はい」をクリックします。 ショートカットを削除するときは、ここに注意! ショートカットを削除してもアプリは残る? デスクトップ上にある 「アプリのショートカット」を削除しても、 アプリそのものは削除されません。 ショートカットをごみ箱に移動し、 ごみ箱を空にしても、やはり アプリそのものは削除されません。 アプリのショートカットは、言ってみれば、 「呼び出しボタン」のようなものだからです。 もし アプリ(アプリケーション/プログラム)そのものを、 パソコン本体から削除(アンインストール)したい場合は、こちらの記事を参考にしてくださいね。 デスクトップ上のアプリやファイル、フォルダを削除すると? ファイルや フォルダ、 アプリそのものが デスクトップに保存されている場合は、アイコンを削除すると、 データやプログラムそのものが削除されてしまう可能性があります。 データの容量がそれほど大きくない場合、 ごみ箱に移動していることもありますが…。 データの容量が大きい場合、ごみ箱に移動することなく 直接削除されることもありますので、注意しましょう。 アプリ本体かショートカットか、見分けるポイントは? アイコンの左下に 矢印マークがついているものは、アプリやファイル、フォルダの ショートカットです。 アイコンの左下に 矢印マークがないものは、 アプリやファイル、フォルダそのものです。 アプリやファイル、フォルダそのものを間違って削除しないためにも、デスクトップ上のアイコンを削除するときは、 矢印マークを確認する癖をつけましょう。 そんなことを言いつつ、私も5年に1回くらい、やらかすんですけどね…。 ショートカットを活用して、快適に使おう 今回は デスクトップにショートカットを作成・削除する方法を紹介しましたが、Windows10では他にもさまざまな場所に ショートカットを作成することができます。 Windows10で ショートカットを作成できる場所は、 主に3つです。 おはようございます。 情報をありがとうございます。 PCの使用については。 個人の我流でどの使い方が正しいのかはいまだにわかりませんが、何とか文書作成、表計算、写真の編集加工時間はかかりますが、何とかできています。 このところ内部者 上司 によるフアィル内の削除が多く困惑しています。 自己防衛として作成した作表、作文、作図字等の情報は外部記憶媒体に避難さしている状況です。 ショートカットには、丸印の中にチェックがあるようで、侵入者の自分のデスクトップ画面には同じものが映し出されて操作している様子。 リモート操作、 共有ホルダーから、メールから、ネットから侵入して人を困らしている。 退治する方法が分らず、相手がなすがまま占拠されているのか許しがたい。 こんな悪事の数々を続けていて、人を困らして、自分が、家族が、孫が幸せに 暮らせる道理がない。 因果応報は一部一厘狂わず悪事を続ける者に必ず来る事を私は多く体験してきたので十分に理解している。 これからは、人々に喜んでもらえる事しかしない。 それが、この世に生まれてきた一つの目的だからそして人格を高め、心を高め魂を磨くためにどんな苦難にも正しい心が乗り越えさせてくれる事を私は知っている。 、天は何時も見てござる。 余計なことを申しましてごめんなさい。 変なおじさんです。

次の

シートの挿入をするためのショートカット キーと [新しいシート] ボタン|クリエアナブキのちょこテク

シート 削除 ショートカット

みなさんはGoogleスプレッドシート(以下スプレッドシート)を使っていますか? 普段はExcelで作業するという方も、他の人との共有を中心に、スプレッドシートを使う機会は増えてきたように思います。 そんなスプレッドシートですが、Excelとは異なるため、ショートカットや特性の違いから困惑する人も多いかもしれません。 ということで今回は、基本的な事項から、覚えると便利なショートカットまで紹介していきたいと思います。 Googleスプレッドシートとは 簡単に言うと、「クラウド型の表計算ソフト」です。 複数人でリアルタイムに作業を更新することができ、オフラインでも作業可能、かつ無料という優れたWebアプリケーションです。 スプレッドシートは個人でも利用できますが、「Google Apps for Work」というビジネス版も提供しています。 導入企業数は500万社にのぼるほどです。 スプレッドシートでできること スプレッドシートでできることを紹介していきます。 表計算 ほぼExcelと同じように表計算することができます。 ただ、Excelほど複雑な計算をすることは難しいのが現状です。 複数人でリアルタイムで同時に作業 1つのファイルに複数人がアクセスすることができ、編集もリアルタイムで同時にできます。 間違えて保存した際にも、編集の履歴が残っているので、元の状態に簡単に戻すことができます。 また、誰がどのような変更を加えたかが把握できるので、管理がしやすいです。 オンラインでもオフラインでも スプレッドシートの良さは、いつでも好きなときに編集が行えるという点です。 また、オフライン設定を適用していれば、インターネット環境がなくても編集作業を行うことができます。 オフライン作業後は、次回インターネットにつなげたときに作業後の状態を反映してくれます。 スプレッドシートとExcelのメリット・デメリット スプレッドシートについて、なんとなくご理解いただけたでしょうか?では次に、Excelとの違いをメリット・デメリットを挙げながら解説していきましょう。 スプレッドシートのメリット・デメリット メリット• ・複数人でリアルタイムに同時に作業可能• ・オンラインでもオフラインでも作業可能• ・気軽に共有できる デメリット• ・データが重くなったときに動きが遅くなる• ・ショートカットキーなどがExcelと異なるため慣れてる人はやりづらい• ・反応速度がExcelに比べて少し遅い Excelのメリット・デメリット メリット• ・ショートカットキーや機能が豊富• ・大きいデータの処理速度がスプレッドシートと比較して早い• ・本やインターネットなどに使い方の記事が豊富 デメリット• ・データ保存がスプレッドシートに比べて不安定• ・インストールが必要• ・気軽に共有できない ざっとこんなところでしょうか。 日々の数字管理など、共有のしやすさを重視したいものはスプレッドシートで管理したほうが良さそうですね。 逆に、大量のデータの計算を行いたい場合はExcelのほうが向いているでしょう。 基本的な機能紹介 ここからは、実際にスプレッドシートを利用する上で利用率の高い機能、グラフとピポットテーブルの作り方を図解していきます。 スプレッドシートもExcel同様に数字をグラフィックで見せたり、2つ以上の指標を掛け合わせてデータ集計を行うことができます。 グラフ機能について スプレッドシートでは入力したデータを元にグラフの作成が可能です。 簡単にグラフの作り方について説明します。 ・グラフを作成する• グラフにラベルを付けるには、ヘッダー行(行見出し)やヘッダー列(列見出し)を追加します。 ・グラフの種類を変更する• 変更するグラフをダブルクリックします。 グラフを編集するには、[カスタマイズ] をクリックします。 的確なグラフをささっと素早く作ることができれば、周りからの評価も上がりそうですね! ピボットテーブルについて ピボットテーブルとは、「複数の条件でデータの集計を自動的に行なってくれる機能」です。 「クロス集計」とも呼ばれ、2つ以上の条件についてデータの集計を行う集計方法であり、代表的な機能とも言われています。 具体的にピボットテーブルは、列(横軸)・行(縦軸)・値を自由に組み込んでデータを下記のように表示、計測、分析することができます。 【基本編】押さえておきたいショートカット集 ここでは押さえておきたいショートカットをいくつかご紹介します。 ショートカットを覚えてスプレッドシートを手早く使いこなせるようにしましょう。 目指せショートカットマスター! 【応用編】厳選!有用なショートカットはこれだ! ここからは応用編です。 まずは先ほどの基本編を押さえましょう。 その上で、以降のショートカットを覚えていきましょう。 特に列や行の削除類は、通常はマウスでメニューを開かないとできない操作です。 ショートカットを知っているとキーボードだけで操作できるので、作業時間がかなり短縮したなと実感しています。 ですが、一気に覚えようとすると大変です。 「この操作、ショートカットで出来るかな?」と思ったときに探してみることが大切です。 疑問に思って調べて使ってみて覚える、というサイクルを回し続けてみましょう。 覚えるほど作業を効率化できている感覚になるので楽しくなると思います。 まとめ ここまでスプレッドシートの基本的なことからショートカットまで紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? スプレッドシートすごい!面白い!もっと知りたい!と思ってもらえたら幸いです。 ぜひご自身でも便利な方法を探してもらってゴリゴリ効率的に作業していきましょう。

次の

Excelのシート名変更のショートカットキー(Windows)|Office Hack

シート 削除 ショートカット

新しいシートの挿入 新しいシートを挿入するとき、マウス操作の場合は下図のように、シート挿入したいところのシートを選択し、右クリックのメニューから、挿入を選ぶという手順になりますよね。 こんな手間は一切不要です。 Shiftキーを押しながら、F11を押してください。 Shift+F11です。 これだけで新しいシートが作られます。 Ctrl+F11でも新しいシートは作られますが、シート名がMacroになっていたり、列幅が少し長かったりするので、Shift+F11が無難です。 シートの選択 別のシートを選択するとき、マウス操作の場合はどうするでしょう。 そう、あの下の方の細い部分にわざわざマウスカーソル合わせてクリックしますよね。 しかしショートカットキーを覚えれば、そんな細かい操作は不要です。 Ctrlを押しながらPageDownを押すと1つ右のシートへ、Ctrlを押しながらPageUpを押すと1つ左のシートへ移動できます。 Ctrl+PageDown、Ctrl+PageUpです。 ただし1シートずつの移動なので、現在地から遠くのシートを選ぶ場合はマウスの方が早いです。 (10シート右にあるシートに移動したいなど) とにかくこの3つ ここまでに書いた3つのショートカットキー• Shift+F11• Ctrl+PageDown• Ctrl+PageUp これがシート操作のショートカットキーの主役といえます。 意識して使い慣れてくると、もうマウスに戻れないほどの中毒性がありますので、ぜひ使ってみてください。 ちなみに、挿入のショートカットキーはあるものの、その逆にあたる、シートの削除はショートカットキーがありません。 今後エクセルのバージョンアップなどで、リボンメニューの構成を変えられてしまったら覚えなおしですし。

次の