ハナミズキ の 剪定 時期。 ハナミズキの剪定方法と時期は?夏と冬で仕方が違う?

ハナミズキ 育て方の基本(整枝・剪定の基本)

ハナミズキ の 剪定 時期

苗木の大きさよりも2割ほど大きな穴を掘り、底に腐葉土や緩効性の化学肥料を入れて土と混ぜます。 もう一度掘り起こし、そこに苗木を置き、土をかぶせます。 若木のうちは枝も細く、強い風が吹くと折れてしまうため、支柱を添えてあげましょう。 ハナミズキの植え付け時期は落葉後の休眠期に入る11~3月です。 また、移植をする場合も同期間が適しています。 ただし、極度に寒くなる1~2月よりは、11月や3月の少しあたたかい時期の方が最適です。 ハナミズキの土作り、肥料、水やりの方法と注意点 土作り 水はけや水持ちがよい土が適しているので、水はけが悪い場合はもみ殻くん炭や牛糞・豚糞堆肥を混ぜて耕してあげましょう。 鉢植えで育てているうちはまだ根から水分をうまくとれないので、夏場の朝涼しいうちに一日一度水やりをします。 水やり 植え付け直後にたっぷりと水を与えます。 乾燥には比較的強いので、その後は基本的に水やり不要で、真夏で土が乾いたら水をあげましょう。 あまり水やりの心配をする必要がないのは楽ちんですね。 肥料 肥料は窒素、リン酸、カリが必要になるので、12月~2月頃に、粒状堆肥や、油かすと骨粉を等量混ぜたものなどの肥料を株に穴を数か所掘って与えます。 肥料が不足すると花付きも悪くなり、紅葉もあまりきれいではなくなってしまうので、ハナミズキを長く愛でられるように、忘れないでくださいね。 接ぎ木や挿し木、種で増やすことができます。 秋に赤く熟した実を採り、果肉を取り除いてきれいに洗います。 種は乾燥すると発芽しないため、その後すぐにまくか、乾かないように気をつけながら冷蔵庫で保存し、3月頃に水はけのよい土にまきましょう。 種まきの場合は花が咲く大きさになるまでに6~7年かかるといわれます。 挿し木で増やす場合、6月頃に新しく出た枝を10センチほどに切って腐葉土に挿し、半日陰で管理して、一日一回水やりをしましょう。 難易度が高い方法です。 接ぎ木で増やす場合、これは3月頃に台木となるハナミズキに接ぎ木をしてやり、根付くまでしっかりと全体を腐葉土や土で覆いましょう。 これで乾燥を防ぐことができます。 ハナミズキの栽培で注意したい病気や害虫は? 風通しが悪いところでは、うどんこ病に注意してください。 うどんこ病は梅雨明け後から発生しやすく、新芽や葉が白く粉をまぶしたようになってしまいます。 放っておいても育ちますが、落葉が早くなることがあります。 対策としては、初夏から夏までに定期的に薬剤をまいてあげることです。 また、4月~7月頃はコウモリガの幼虫が発生しやすく、6月、8月下旬~9月上旬頃はアメリカシロヒトリが発生しやすくなります。 幼虫が小さなうちにオルトランやスミチオンを散布して駆除をすれば大丈夫です。 早期発見できるように、毎日観察してあげることが大切です。

次の

ハナミズキの剪定方法と時期は?夏と冬で仕方が違う?

ハナミズキ の 剪定 時期

苗木の大きさよりも2割ほど大きな穴を掘り、底に腐葉土や緩効性の化学肥料を入れて土と混ぜます。 もう一度掘り起こし、そこに苗木を置き、土をかぶせます。 若木のうちは枝も細く、強い風が吹くと折れてしまうため、支柱を添えてあげましょう。 ハナミズキの植え付け時期は落葉後の休眠期に入る11~3月です。 また、移植をする場合も同期間が適しています。 ただし、極度に寒くなる1~2月よりは、11月や3月の少しあたたかい時期の方が最適です。 ハナミズキの土作り、肥料、水やりの方法と注意点 土作り 水はけや水持ちがよい土が適しているので、水はけが悪い場合はもみ殻くん炭や牛糞・豚糞堆肥を混ぜて耕してあげましょう。 鉢植えで育てているうちはまだ根から水分をうまくとれないので、夏場の朝涼しいうちに一日一度水やりをします。 水やり 植え付け直後にたっぷりと水を与えます。 乾燥には比較的強いので、その後は基本的に水やり不要で、真夏で土が乾いたら水をあげましょう。 あまり水やりの心配をする必要がないのは楽ちんですね。 肥料 肥料は窒素、リン酸、カリが必要になるので、12月~2月頃に、粒状堆肥や、油かすと骨粉を等量混ぜたものなどの肥料を株に穴を数か所掘って与えます。 肥料が不足すると花付きも悪くなり、紅葉もあまりきれいではなくなってしまうので、ハナミズキを長く愛でられるように、忘れないでくださいね。 接ぎ木や挿し木、種で増やすことができます。 秋に赤く熟した実を採り、果肉を取り除いてきれいに洗います。 種は乾燥すると発芽しないため、その後すぐにまくか、乾かないように気をつけながら冷蔵庫で保存し、3月頃に水はけのよい土にまきましょう。 種まきの場合は花が咲く大きさになるまでに6~7年かかるといわれます。 挿し木で増やす場合、6月頃に新しく出た枝を10センチほどに切って腐葉土に挿し、半日陰で管理して、一日一回水やりをしましょう。 難易度が高い方法です。 接ぎ木で増やす場合、これは3月頃に台木となるハナミズキに接ぎ木をしてやり、根付くまでしっかりと全体を腐葉土や土で覆いましょう。 これで乾燥を防ぐことができます。 ハナミズキの栽培で注意したい病気や害虫は? 風通しが悪いところでは、うどんこ病に注意してください。 うどんこ病は梅雨明け後から発生しやすく、新芽や葉が白く粉をまぶしたようになってしまいます。 放っておいても育ちますが、落葉が早くなることがあります。 対策としては、初夏から夏までに定期的に薬剤をまいてあげることです。 また、4月~7月頃はコウモリガの幼虫が発生しやすく、6月、8月下旬~9月上旬頃はアメリカシロヒトリが発生しやすくなります。 幼虫が小さなうちにオルトランやスミチオンを散布して駆除をすれば大丈夫です。 早期発見できるように、毎日観察してあげることが大切です。

次の

ハナミズキの剪定は寒い時期が適切!庭木を病気・害虫から守る方法|生活110番ニュース

ハナミズキ の 剪定 時期

またハナミズキは、別名アメリカヤマボウシと呼ばれるほど日本産のヤマボウシによく似た樹木です。 春になると総苞片 そうほうへん と呼ばれる色づいた葉が大きくなり、この葉を多く付けた中央に小さく咲いているものがハナミズキの花になります。 前述の通りハナミズキはヤマボウシによく似た樹木ですが、比較してみるとハナミズキは総苞片の先がくぼんでいて、ヤマボウシはとがった形をしているのが特長です。 このポイントが見分けるコツでもあります。 秋になると葉は紅葉し、つやつやとした真っ赤な実で核果と呼ばれる性質の実をつけるところも特長です。 残念ながら人間が食べることができませんので、そのおいしそうな見た目には注意が必要です。 広いお庭であれば問題ないですが、そうでない場合は育てる場所に合わせた剪定が必要になります。 育てる場所ですが、ハナミズキは日当たりの良いところを好みます。 日陰でも育ちますが、紅葉したり実を付けたい場合は日当たりの良い場所で育てるのが好ましいです。 ただ、西日には強くないため、西日の当たらない半日陰の場所で育てるのが良いです。 なお、風通しが悪いとうどんこ病という病気にかかりやすい傾向にあります。 しっかりと剪定を行い、予防をしておきましょう。 高さが決まったら、希望の高さに近い箇所で枝分かれしている部分の枝元で主幹を切り落とします。 枝を切り落とす際は、枝と垂直の角度で切り落とすのがベストです。 切り口の面積が狭いほど木へのダメージも最小限に済みますよ。 枝の途中から切り落としてしまうと新芽が出てこなくなってしまうため、枝元から切り落としましょう。 コツとしては、枝の先が丸く膨らんでいる花芽を避けながら剪定を行うと良いです。 花芽が付いていない枝は切り落としてもOKです。 冬は休眠期で葉が落ち、生長が落ち着いているため、剪定により枯れてしまうといったリスクが少なくて済みます。 花芽の箇所が分かりやすく膨らんでいるため、花芽を切り落として次の開花時期に花が咲かないといった失敗も避けることができますよ。 また、基本的には夏場の選定は、木へのダメージが大きいため好ましくありません。 込み合った枝や伸びすぎている枝、風通しを良くするため等必要最低限の剪定のみにしておきましょう。 剪定をしすぎてしまうと枯れてしまう可能性もあるので注意が必要です。 初心者の方は、無理をせず冬場に剪定を行いましょう! 2019年6月7日 執筆者:造園技能士.

次の