もてなし くろき。 秋葉原『饗くろ喜』意識高い系の限定ラーメンが美味しい件の是非

【口コミ】秋葉原「饗 くろ㐂」の特製塩そばを食べに行ってきました

もてなし くろき

6月平日の夜開店 17:30前にお店の前に到着。 浅草橋駅西口から徒歩で向かいました、途中で「まぜはる」さんの近くを通過。 既に4名の方が並ばれていました。 そのまま並ぼうと思ったのですが、5人目から列の位置が少しずれるため注意が必要です。 店員さんからの指示で事前に食券を購入。 特性塩そば(1,350円)を購入。 人生で食べるラーメンで一番高価なため、若干緊張が…。 チャーシューはいつも後に残しておくのですが、あまりにも光輝いて見えたため、すぐに食べてしまいました。 口の中でとろけるような感覚に感動を覚えました。 そんなに大きくもないので、大切に大切に味わいました…! ネギも他のラーメンに比べて、イキイキ&シャキッとしていて、ネギ好きの方はハマるのではないかなと。 麺はそば感が強くて自分の好みではありませんでした。 ただ全体的に味わったことのない美味で、大満足です。 店内の雰囲気やBGM、店員さんの気配りなど、ラーメン店なのにプチ贅沢をした気持ちになれました。 これって結構すごいことですよね。 庶民の私からすると、ラーメンとして高いことは高いですが(笑)たまの贅沢なので良しとします! 意外と入店の敷居も高くないです。 また必ず行きたいです。 ごちそうさまでした!.

次の

やっぱミシュランの店はすげぇや…秋葉原・くろ㐂(くろき)の『特製塩そば』が1250円でも納得の美味しさ!!

もてなし くろき

2011年の開業以来、様々な形で味を向上させてきた『饗 くろ喜』。 これまでは「塩」「味噌」の二枚看板だったが、2018年6月のリニューアルで「塩」「醤油」がメインに。 もちろん味も全面的に見直された。 「特製塩そば」は、様々な地鶏を段階的に煮出して旨みを広げたスープに、国産小麦を使って力強い細麺。 2種類の鶏チャーシューに鶏団子が乗り、チャーシューの上の黒い粒胡椒を途中で噛むことでアクセントに。 「特製醤油そば」のスープは煮干・昆布・鯖節を煮出し、アサリ出汁をブレンド。 豚脂がスープを覆う。 仕上げに鶏醤を加えていて奥行きを感じさせる。 自家製麺は「塩そば」に使うものとは違いを出している。 2種類のチャーシュー・大根煮・焦がし玉葱・小松菜が乗る。 また、今回のリニューアルでご主人がイチオシしているのが「名物焼売」。 アツアツで肉の旨味が閉じ込められた焼売は、ラーメンともお酒とも相性抜群。

次の

『総武線浅草橋駅西口から徒歩数分、ラーメンを食べて贅沢な気持ちになりました。』by oneiric_lilac : 饗 くろ喜 (もてなし くろき/饗 くろ㐂)

もてなし くろき

2007年に東京版が発売され、今やすっかりグルメガイドの定番となった「ミシュランガイド」。 掲載されたお店が長蛇の列になることも珍しくなく、ミシュランの認めた味は外さないと言っていい。 そして星がつかずとも、高コスパな食事を評価するビブグルマンも同様にレベルが高い。 今回はビブグルマンを獲得した都内のラーメン店「饗 くろ㐂 (もてなし くろき)」に行ってみたのでご紹介したい。 果たしてミシュランが認めたお味はいかに! ・「特性塩そば(税込1250円)」 秋葉原駅から徒歩7分ほどのところにある「饗 くろ㐂」に筆者が到着したのは、土曜日の19:45頃。 店前には2人の先客が並んでいた。 店員さんから食券を購入するよう案内を受け、入店してメニューを見ると、 メインとなるラーメンは「塩そば」と「あさり味噌そば」の2種類となっていた。 それはさておき、筆者が注文したのは『特製塩そば(1250円)』である。 なお、細麺か平麺を選べるとのことで細麺をチョイス。 しかし、近ごろラーメンが値上がりしているとはいえ、1250円とはなかなかのお値段だ。 ・バリエーション豊かなトッピング さて、どんな一杯が出てくるのだろうか。 外で待つこと10分ほどでカウンターに着席。 やがて塩そばが運ばれてくると…… おおっ! いろいろ入ってる!! 透き通ったスープに浮かぶのは、ネギ、小松菜、メンマ、ドライトマト、味玉、低温調理のチャーシュー、オリーブとトマトペースト付きの鶏肉、ワンタンなどなど。 バリエーション豊かなトッピングと美しい色合いが印象的だ。 ・スープは鶏の旨味たっぷり はじめにスープをいただくと…… ほわぁ、美味しい! 鶏の旨味をたっぷり感じさせながらも、臭みのない洗練された口当たり。 塩加減も絶妙で、 化学調味料不使用ながら味にメリハリが感じられた。 続いて麺。 細くて茶色がかっており、箸で持ち上げると和食の蕎麦を彷彿(ほうふつ)とさせる雰囲気。 ズズッとすすれば…… これまた美味しい!! コシがあるモチモチの細麺は噛むほどに小麦の風味が感じられ、スープと同じく素材の良さが活きていて、たいへんよい。 ・全てがウマい さらに、トッピングの仕上がりにも抜かりなし。 味玉は火の通りが程よく、チャーシューはしっとり、ワンタンも舌触りが超なめらかで食べやすい。 そしてあまり見ないドライトマトやオリーブも意外とスープにマッチしていて、店主のテクニシャンぶりがうかがえた。 その後、飽きずに食べられてスープも全飲み。 また、美味しいだけでなく満腹感も得られて 1250円という価格にも納得して店を出た。 ちなみに、同店では『あさり味噌そば』も濃厚で人気とのウワサだ。 ぜひまた来店してそちらも味わってみたい。

次の