岡江久美子 タバコ。 岡江久美子は喫煙者だった!?ヘビースモーカーだったとの噂!真相は?

「自称・息子に喫煙捏造」岡江久美子さんを冒とくするネットの闇(FRIDAY)

岡江久美子 タバコ

新型コロナウイルスによって亡くなった岡江久美子さん 女優・岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。 63歳だった。 彼女が新型コロナに感染していることは伝えられておらず、一報が流れるや、芸能界に激震が走った。 所属事務所によると、岡江さんは3日に発熱し、自宅で安静にしていたが、6日朝に容態が急変。 入院後に新型コロナウイルスに感染していることがわかった。 岡江さんは昨年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ばまで放射線治療を受けていたという。 免疫力が低下していたことで重症化した可能性がある。 先月末に亡くなった志村けんさんしかり、新型コロナが恐ろしいのは病状が急速に悪化することだ。 医療関係者の話。 「志村さんは肺の状態が悪かった。 岡江さんの場合はがん治療を行っていたことで、免疫低下者に分類されるのだろうが、それでも発熱から容態急変までが余りに早すぎる。 『発熱時点でPCR検査をしていれば…』『すぐにアビガンを投与していれば……』という話も聞かれるが、それらはすべて結果論。 遺骨を抱いた大和田の「久美子は今帰ってまいりました。 こんな形の帰宅は、本当に残念で悔しくて悲しいです」という言葉に涙した人も多いだろう。 最愛の人を天国に送り出す瞬間にも立ち会えない。 これが新型コロナウイルスの最も残酷なところだ。 一方、ネット上では岡江さんをめぐる不謹慎すぎる行為も目についた。 ユーチューブでは「岡江さんの息子」を名乗る人物が次々と動画を投稿。 20~30代くらいと思われる男性が「母について話します」「今まで母をありがとう御座いました」「凄く悲しいです」などと述べ、ツイッターでは「岡江久美子の息子」がトレンドに入った。 岡江さんに息子はおらず、投稿者の目的は再生回数稼ぎだ。 ネット上では「鬼畜の所業」「恥を知れ」など批判の声が殺到したが、炎上すればするほど投稿者の思うツボ。 徹底無視するほかない。 岡江さんの喫煙歴を捏造した者もいた。 何者かがSNS上で「岡江さんは喫煙者」「チェーンスモーカーだった」という情報を流し、拡散。 ネット上では岡江さんの喫煙歴に関する記事や検証ブログが散見される事態となっている。 志村さんの場合は長年の喫煙歴が災いし、肺炎の進行が早まった感は否めないが、岡江さんはそもそも愛煙家ではない。 タレントの山田邦子は23日に更新したブログで以下のようにつづっている。 「岡江さん、銀座のクラブにもゴルフ場にも、行ってなかったって。 タバコも吸ってなかったって。 煙を吸わないように気をつけてたって。 がん治療がんばってたって。 遺骨になるまで会えないって。 遺骨になっても、ご家族も濃厚感染者なのでしばらくはダメだって。 悲しい」 健康にひと一倍気を遣っていたのが、岡江さんなのだ。 勝手に「喫煙者」のレッテルを貼られ、重症化との因果関係を証明する材料に使われてはたまったものではない。 一連の不謹慎行為について、ワイドショー関係者は次のように語る。 「緊急事態宣言で不要不急の外出を控え、巣ごもりする人が増えたことも大きい。 時間ができ、暇つぶしや小遣い稼ぎを目的に動画配信する人が続出している。 SNSではデマやフェイクニュースが垂れ流し状態。 これもコロナの弊害の1つなのかもしれない」 タレントのモト冬樹は岡江さんをめぐる悪質なデマについてブログで「亡くなったばかりの人に対しての冒涜以外なにものでもない」と批判。 俳優の中野英雄もツイッターで「最悪中の最悪。 俺はこれも、コロナ犯罪だと思う。 非道な奴(やつ)には非道の極刑を」と怒りをあらわにした。 写真:時事.

次の

岡江久美子は喫煙者だった!?ヘビースモーカーだったとの噂!真相は?

岡江久美子 タバコ

すぐに読める目次• 岡江久美子はチェーンスモーカーだった!? 4月23日新型コロナウイルス感染で死去した岡江久美子さん。 岡江久美子さんは、 2019年に乳がんを患い、手術と抗がん剤治療を受けていました。 その影響で免疫力が低下し、コロナが重篤化したのではないかと報道されていました。 しかし、 岡江久美子さんはたばこを吸っていたという噂で話題になっています。 岡江久美子さん、煙草吸う人だったんだ…。 しかもヘビースモーカーより酷いチェーンスモーカー。 イメージと違うなぁ… — 牛乳紅茶 dapumpgyuunyuu 岡江久美子さんがたばこを吸っていたなんて想像できませんよね。 でもチェーンスモーカーってなんでしょう? 調べてみると、 チェーンスモーカーとは 次々と立て続けにタバコを吸う人を指す語。 連続してタバコに火をつける人のこと。 吸いさしのタバコの火を次のタバコにつけることから、絶え間なくタバコを吸う人というふうに言うらしいのです。 志村けんさんはヘビースモーカーで有名でしたが、それより酷い状態がチェーンスモーカーということになります。 昭和時代、 岡江久美子さんが10代〜20代の頃は、「たばこはかっこいい」とされていた時代。 電車のホームはもちろん、 電車内でもたばこが吸えた時代でした。 教室でもたばこを吸う教師がいたほどです。 このような時代背景を生きてきた岡江久美子さんにとって、たばこを手にすることは簡単だったのではないでしょうか? 岡江久美子さんは乳がんだったことも、コロナに感染していたことも、報道されていませんでした。 ましてやたばこを吸っていたなんて全く報道されていません。 岡江久美子さんの女優としてのイメージを守る為なのでしょうか? そんな清純派の岡江久美子さんです。 大和田獏さんと結婚直後にヘアヌードになっています。 伝説のヌード画像はこちら! イメージというところでいえば、岡江久美子さんのヘアヌードもイメージ違っちゃいますよね。 当時ヘア解禁前だったので、岡江久美子さんのヘアヌードが画期的でした。 相当話題になったでしょうね。 共演していた薬丸さんとの不仲説も噂されましたが、母親の介護で忙しくなったという理由からでした。 これは2019年にインタビューをうける岡江久美子さん。 お変わりなく綺麗ですよね。 90歳近いお母様の介護は大変な苦労だったと思います。 また2013年にひとり娘の 大和田美帆さんが「多嚢胞性卵巣症候群」という診断を受け、担当医に『妊娠しづらい体』だと宣告されていました。 2014年には一般男性と結婚し、女の子を出産、里帰りしていました。 出産後の長女大和田美帆さんと孫のお世話、それに母親の介護で当時は大変だったでしょうね。 いつからたばこを吸っていたのか2020年4月25日現在公表されていません。 『岡江久美子さんがコロナ肺炎により亡くなったのは、乳がんの放射線治療による免疫低下が原因とは考えにくい』 こんな意見が多く聞かれるけど、コロナって女性の致死率低い上に63歳ってそれほど高齢でもない。 じゃあ一体なぜ? 免疫力低下以外に考えられないんだけどね、素人だから。 — つきーな sunifshikasan 岡江久美子さんがコロナで亡くなったのは、 乳がんの放射線治療による免疫低下が原因とは考えにくいとの意見も多いですね。 岡江久美子さんがたばこを吸っていたことが事実であれば、チェーンスモーカーだったということに納得してしまいますね。 岡江久美子さんがチェーンスモーカーだったいう噂が話題になっていますが、事実かどうかはわかりませんでした。 岡江久美子のご冥福をお祈り申し上げます。

次の

「自称・息子に喫煙捏造」岡江久美子さんを冒とくするネットの闇(FRIDAY)

岡江久美子 タバコ

新型コロナウイルスによって亡くなった岡江久美子さん 女優・岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。 63歳だった。 彼女が新型コロナに感染していることは伝えられておらず、一報が流れるや、芸能界に激震が走った。 所属事務所によると、岡江さんは3日に発熱し、自宅で安静にしていたが、6日朝に容態が急変。 入院後に新型コロナウイルスに感染していることがわかった。 岡江さんは昨年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ばまで放射線治療を受けていたという。 免疫力が低下していたことで重症化した可能性がある。 先月末に亡くなった志村けんさんしかり、新型コロナが恐ろしいのは病状が急速に悪化することだ。 医療関係者の話。 「志村さんは肺の状態が悪かった。 岡江さんの場合はがん治療を行っていたことで、免疫低下者に分類されるのだろうが、それでも発熱から容態急変までが余りに早すぎる。 『発熱時点でPCR検査をしていれば…』『すぐにアビガンを投与していれば……』という話も聞かれるが、それらはすべて結果論。 遺骨を抱いた大和田の「久美子は今帰ってまいりました。 こんな形の帰宅は、本当に残念で悔しくて悲しいです」という言葉に涙した人も多いだろう。 最愛の人を天国に送り出す瞬間にも立ち会えない。 これが新型コロナウイルスの最も残酷なところだ。 一方、ネット上では岡江さんをめぐる不謹慎すぎる行為も目についた。 ユーチューブでは「岡江さんの息子」を名乗る人物が次々と動画を投稿。 20~30代くらいと思われる男性が「母について話します」「今まで母をありがとう御座いました」「凄く悲しいです」などと述べ、ツイッターでは「岡江久美子の息子」がトレンドに入った。 岡江さんに息子はおらず、投稿者の目的は再生回数稼ぎだ。 ネット上では「鬼畜の所業」「恥を知れ」など批判の声が殺到したが、炎上すればするほど投稿者の思うツボ。 徹底無視するほかない。 岡江さんの喫煙歴を捏造した者もいた。 何者かがSNS上で「岡江さんは喫煙者」「チェーンスモーカーだった」という情報を流し、拡散。 ネット上では岡江さんの喫煙歴に関する記事や検証ブログが散見される事態となっている。 志村さんの場合は長年の喫煙歴が災いし、肺炎の進行が早まった感は否めないが、岡江さんはそもそも愛煙家ではない。 タレントの山田邦子は23日に更新したブログで以下のようにつづっている。 「岡江さん、銀座のクラブにもゴルフ場にも、行ってなかったって。 タバコも吸ってなかったって。 煙を吸わないように気をつけてたって。 がん治療がんばってたって。 遺骨になるまで会えないって。 遺骨になっても、ご家族も濃厚感染者なのでしばらくはダメだって。 悲しい」 健康にひと一倍気を遣っていたのが、岡江さんなのだ。 勝手に「喫煙者」のレッテルを貼られ、重症化との因果関係を証明する材料に使われてはたまったものではない。 一連の不謹慎行為について、ワイドショー関係者は次のように語る。 「緊急事態宣言で不要不急の外出を控え、巣ごもりする人が増えたことも大きい。 時間ができ、暇つぶしや小遣い稼ぎを目的に動画配信する人が続出している。 SNSではデマやフェイクニュースが垂れ流し状態。 これもコロナの弊害の1つなのかもしれない」 タレントのモト冬樹は岡江さんをめぐる悪質なデマについてブログで「亡くなったばかりの人に対しての冒涜以外なにものでもない」と批判。 俳優の中野英雄もツイッターで「最悪中の最悪。 俺はこれも、コロナ犯罪だと思う。 非道な奴(やつ)には非道の極刑を」と怒りをあらわにした。 写真:時事.

次の