ここには誰もいないここには誰もいない。 誰も興味がない結婚報告「ここまでうらやましい感情が生まれない結婚も珍しい」微妙な空気流れる

国家も逝く 誰にも愛されない国家がここにある「電通とパソナが日本の内臓を食べている」 赤かぶ

ここには誰もいないここには誰もいない

恐怖を煽って、市民の関心が新型コロナ感染に向いている間に、これ幸いとばかり、やりたい放題を行う。 アベノマスクや給付金10万円が、市民のもとに届いていないことは、黙殺して、己が皮算用だけ行う。 危険性は、他のウイルス感染より、大きくない。 innerhalb eines Vierteljahres weltweit nicht mehr als 250. おまけ スウェーデンの新型コロナウイルス対策の責任者が、集団免疫策の失敗を認めたと言うのは、フェイクニュースだ。 : : [95] 電通、パソナ、日本国がどうぞ思いっきり食べて下さいと言ってるのだから、文句を言っても始まらない。 誰が食べさせている、日本政府なのだが、裏で取り仕切っているのが安倍と竹中。 以前は小泉竹中。 どちらにも竹中が役目をはたしている、竹中さんすごい人ですね。 その上、大学教授とか、しかも慶応、東洋と渡り歩かれているようだ。 おかしいなと若い学生が気付いたみたいだが、一時のニュースだけ。 竹中さん安泰、その学生さんどうなったことか。 いや慶応の学生など竹中さんの教えを請い竹中さんに賛同した学生さん多いこと多いこと、影響力ありますね、ただ慶応の学生さんは竹中さんが行ったことに全く疑問を持たれず、もちろん抗議された人は一人もいません。 慶応大学もすばらしい大学です。 付け加えておきますが東大卒の財務省の官僚さんたちも竹中さんを師と仰ぎ尊敬されておられるようです。 コロナの前財務省の地位の高い方の講演会を聞きましたが、竹中さんと仕事をしたことを自慢されておりました。 日本の中心にあり、日本を引っ張るお役目の方たちが売国奴竹中さんをすうはいしているのだから、日本が壊れるのも当たり前、日本が成長しないのも当たり前です。 竹中は日本の癌ではないですか。 竹中に日本がどんだけ食い荒らされた事か、あろうことかそれが20年も続いているのだ。 一日でも早く豚箱にお連れしなければならない。 : : [177] 電通に触る、これは日本のタブーであると。 がな、タブーを解決しないと、日本の植民地政策は無くなりませんぞ! 在日朝鮮人(清和会のメンバーに多い)を介して、アメリカは日本政治を間接にコントロールしてきたのです。 かっては、出てこないニュースなんですがね、今は、出て来ます出て来ます。 東南アジアの植民地は、華僑がその役をしていますね。 西欧の帝国主義の支配の仕方は、よく似ておりますね〜 分割統治を行ったりしてね。 安倍も、華僑の役をやらされている訳で、そうえらそうな態度をするでないぞ! 馬鹿・アホと言われております、、これが安倍晋三の真実でしょう。 アメリカ金融資本家・ロックフェラー家の丁稚なんですかね〜ハッハッハッハ。 ロックフェラーの中国を、犯してくる日本に戦争を仕掛けたのは、ロックフェラーですから。 間違いないでしょう。 金融システム崩壊の時、世界金融資本家・ロックフェラーは、元気有りませんね。 どうなりますか? 再生するでしょうか? 17. : : [7].

次の

誰も興味がない結婚報告「ここまでうらやましい感情が生まれない結婚も珍しい」微妙な空気流れる

ここには誰もいないここには誰もいない

スピリチュアル系のお話、特に悟り系と言われる話題でよく出る「今ここ」という話。 少々誤解がある人もいるようなので、改めて整理しておきたい。 たまに、こういうことを言うがいる。 過去のことを、あれこれ思い出して、不安になったりいやな気分になったり。 その状況を、「今を感じる」という理想の在り方と比較して良くない、という価値判断がある。 もっと大ざっぱには、「思考している(囚われている)状態」を、「今ここじゃない」とか言ったりする。 これは今挙げたような悪い例にだけ使うものでもないらしく、例えば「素敵な過去の思い出に 浸 ( ひた )り、いい気分になる」とか「将来に希望的観測を抱き、その甘美な想像の世界に遊ぶ」とか、そういういいことであっても「今ここじゃないから」という理由でダメだという厳しめの方もいる。 どうも、多くの人の認識として「今ここから離れることが可能」という前提があるようだ。 もっとひどいと、「油断すると今ここから簡単に離れてしまう」なんて恐怖信仰も。 ここで、今日の重要ポイント。 それがネガティブな方向だろうがポジティブな方向だろうが、同価値、アンド無害。 安心したまえ! あなたは何をしたって「今ここ」から逃げられない。 だから、次のように認識を変えるだけである。 今ここにおいて、未来というものを考え心配したり期待したりしている。 なんぼ過去のことを思考しようが、幻想でしかない未来の事を思おうが—— 何を、どうしたって何の問題もない。 「今ここ」でいる以外に何もできない。 できないのに、そのことで「失敗できる」と思っているので。 宇宙の王がそう決めているので、例え幻想ではあってもそういう失敗が現実にあるかのような体験をすることになる。 それは、本来「罪」というものはないのに、歴史上「ある」と思い続けてきたし、それが人類全体のメジャーな発想になったので、あたかも「ある」ような世界になってしまった、現在のこの世界の状況に似ている。 あ、これ意識できてなかった! あ、今ここじゃなかった!とか。 あんた、どんだけ「最善から外れる能力」があるねん! 器用なやっちゃ~ お釈迦様の手のひらの上の孫悟空のように、我々は「最善」から逃れることはできない。 「ただそうであるだけ」から逃れることはできない。 だから、もっと気楽に行こうよ。 何をしたって同じなんだから。 これが良くて、これが悪いなんてないんだから。 全部価値が同じなら、あなたはあえて何をする? ということが問われているだけ。 だから、思考したかったら、したらいいんです。 いつの間にか思考してしまっていたのなら、「しまった!今を感じてなかったぁ!」なんて反省しなくてもよろしい。 それだって、結果起こったのなら最善です。 以下のことを、筆者が保証します。 自然にしていたなら、それは無意識下で「したい」のであり、自然な流れです。 是非、その自分をその思考をヨシヨシしてやってください。 間違っても、「しまった!」なんて自分の選択を腐さないでください。 それは言わば、産んだ子どもに「こんな子生まなきゃよかった!」と言ってるようなもの。 宇宙の王としてあなたが選択した瞬間瞬間の行動を、すべて温かい目で見守ってあげましょう。 あなたは、何をしても「今」にしかいれないのです。 あなたは、間違いようがないのです。

次の

誰も今ここから逃げられない

ここには誰もいないここには誰もいない

スピリチュアル系のお話、特に悟り系と言われる話題でよく出る「今ここ」という話。 少々誤解がある人もいるようなので、改めて整理しておきたい。 たまに、こういうことを言うがいる。 過去のことを、あれこれ思い出して、不安になったりいやな気分になったり。 その状況を、「今を感じる」という理想の在り方と比較して良くない、という価値判断がある。 もっと大ざっぱには、「思考している(囚われている)状態」を、「今ここじゃない」とか言ったりする。 これは今挙げたような悪い例にだけ使うものでもないらしく、例えば「素敵な過去の思い出に 浸 ( ひた )り、いい気分になる」とか「将来に希望的観測を抱き、その甘美な想像の世界に遊ぶ」とか、そういういいことであっても「今ここじゃないから」という理由でダメだという厳しめの方もいる。 どうも、多くの人の認識として「今ここから離れることが可能」という前提があるようだ。 もっとひどいと、「油断すると今ここから簡単に離れてしまう」なんて恐怖信仰も。 ここで、今日の重要ポイント。 それがネガティブな方向だろうがポジティブな方向だろうが、同価値、アンド無害。 安心したまえ! あなたは何をしたって「今ここ」から逃げられない。 だから、次のように認識を変えるだけである。 今ここにおいて、未来というものを考え心配したり期待したりしている。 なんぼ過去のことを思考しようが、幻想でしかない未来の事を思おうが—— 何を、どうしたって何の問題もない。 「今ここ」でいる以外に何もできない。 できないのに、そのことで「失敗できる」と思っているので。 宇宙の王がそう決めているので、例え幻想ではあってもそういう失敗が現実にあるかのような体験をすることになる。 それは、本来「罪」というものはないのに、歴史上「ある」と思い続けてきたし、それが人類全体のメジャーな発想になったので、あたかも「ある」ような世界になってしまった、現在のこの世界の状況に似ている。 あ、これ意識できてなかった! あ、今ここじゃなかった!とか。 あんた、どんだけ「最善から外れる能力」があるねん! 器用なやっちゃ~ お釈迦様の手のひらの上の孫悟空のように、我々は「最善」から逃れることはできない。 「ただそうであるだけ」から逃れることはできない。 だから、もっと気楽に行こうよ。 何をしたって同じなんだから。 これが良くて、これが悪いなんてないんだから。 全部価値が同じなら、あなたはあえて何をする? ということが問われているだけ。 だから、思考したかったら、したらいいんです。 いつの間にか思考してしまっていたのなら、「しまった!今を感じてなかったぁ!」なんて反省しなくてもよろしい。 それだって、結果起こったのなら最善です。 以下のことを、筆者が保証します。 自然にしていたなら、それは無意識下で「したい」のであり、自然な流れです。 是非、その自分をその思考をヨシヨシしてやってください。 間違っても、「しまった!」なんて自分の選択を腐さないでください。 それは言わば、産んだ子どもに「こんな子生まなきゃよかった!」と言ってるようなもの。 宇宙の王としてあなたが選択した瞬間瞬間の行動を、すべて温かい目で見守ってあげましょう。 あなたは、何をしても「今」にしかいれないのです。 あなたは、間違いようがないのです。

次の