ウーバーイーツ バイト代。 UberEats(ウーバーイーツ)を車(軽貨物)で配達!メリットやデメリットを理解すれば稼げる!

大学生がUber Eats(ウーバーイーツ)を掛け持ちする稼ぎ方&注意点

ウーバーイーツ バイト代

ウーバーイーツのバイトの実態を解説【自由でストレスなし・想像してたよりは稼げます】 ウーバーイーツの仕事は正確にはバイトではなく個人事業主としての契約です。 ウーバーイーツのバイトの仕事内容 ウーバーイーツとは新時代の料理のデリバリーサービスです。 ネットで注文するとレストラン・配達する人がマッチングされ効率良く料理が届けられるシステムです。 スマホの普及によって可能になったと言える革新的なサービスで、2014年のアメリカでの開始後に世界各国に広まってニュースでもよく取り上げられています。 ウーバーイーツとは何かについてはこちらの記事で簡単に説明しています。 ウーバーイーツの仕事の流れ 仕事の内容はこのようにスマホで通知を受け、レストランで料理を受け取り、注文者へお渡しする作業です。 1回の配達は20-40分くらいが多く、自転車または原付バイクで配達可能です。 より詳細な配達の仕組みの図解はこちらの記事に載せています。 ウーバーイーツのバイトができる都市 現在は東京・大阪・横浜・川崎・京都・神戸・福岡・名古屋・千葉・埼玉をはじめ全国に拡大中です。 2016年に日本に上陸してから一気にここまで増えています。 ウーバーイーツのバイトのメリット 配達する時間・場所を自分で自由に調整できる シフトが自由とかいうレベルではなくガチで自由です。 学校生活や仕事などを優先して都合がいい時間にオンラインにすればいいだけです。 遅刻や早退という概念は存在しません。 週単位で報酬を手に入れられる 働いたら次の週にすぐに銀行口座に振り込まれます。 急な出費や予定に合わせて働くのが可能です。 給料の振り込まれ方や仕組みはこちらで詳しく解説しています。 人間関係で悩むことが少ない 配達中は一人で自転車で走っている時間がほとんどです。 上司がいるわけでもないので対人的なストレスはほぼないです。 注文する人も心に余裕のある方が多くクレームも少ないと感じます。 適度な運動になり痩せる 自転車で走るので健康にいいです。 僕は14kg痩せました。 好きな自転車(原付バイク)を使える 自分のこだわりのロードバイクやレンタサイクルなど好きに選べます。 電動自転車なら漕いでてても疲れないです。 東京・大阪・神戸などで使えるdocomoバイクシェアなら定額使い放題プランが使えて、街中にポートが多く便利です。 ウーバーイーツのバイトのデメリット デメリットも正直に書いていきます。 報酬が保証されているわけではない 時給制のように必ずいくら儲かると保証されているわけではないです。 とは言っても、どれくらい稼げるかはわりとすぐにわかってくるので収入の予測は立ちやすいです。 僕は安定して毎週目標額を稼げています。 天候に左右されやすい 大雨・大雪・台風だと配達が困難です。 ただ、週間天気予報をアプリで見て予定調整すれば最大限回避するのは可能です。 例えば東京の気候ならそんなに大雨が続くこともないので週4日勤務をキープするのは簡単だと思います。 天気予報アプリウェザーニュースタッチの使い方をこちらの記事で解説しています。 雨の日の服装など対策をこちらの記事で総まとめしています。 交通事故が心配 自転車やバイクに乗っている以上、交通事故には注意が必要です。 ただ僕はまだ一度も危ない目に遭ったことはないです。 配達中の事故に関しては対人賠償・対物賠償保険(上限 1 億円)の他、2019年10月より傷害補償制度も追加されました。 事前申し込みや、追加料金の支払いは必要なく、配達リクエストを受けた時点から配達が完了するまでの間に生じた事故に対して適用されます。 配達前後の自転車保険の対策についてこちらで解説しています。 交通費は支給されない 場所が決まっているわけではないので、移動する場合の交通費は自己負担です。 ただ、配達エリアが広がった今ではそこまで電車で長く移動する必要はないと思います。 自宅から直接、自転車に乗ってくる人も多いですね。 学校や会社の定期券圏内で配達するのもありだと思います。 特殊スキルが身につくわけではない 配達は誰でも簡単にできる仕事なので特殊スキルにはなりにくいと思います。 他の多くのバイトもそういう一面ありますよね。 ただ、ウーバーイーツは時間が自由なので勉強時間が確保しやすいです。 資格の勉強やプログラミングなどのスキル取得を目指している人には最適だと思います。 就活やインターンなどと組み合わせてやるのも最適です。 コミュニケーションが少ない 他人とのコミュニーケションはほぼないので、ぶっちゃけ少し寂しい一面はあります。 バイト先での出会いを求めている人には物足りないかもしれません。 でも、多くのバイトって良い人と巡り合うかは「運任せ」だったりしませんか。 僕が飲食店でバイトしてた時も気の合う人がいなかったり、嫌な奴がいたりして大変でした。 それよりも時間を確保して趣味の合う人と会った方が楽しいんじゃないかなって思います。 あとはウーバーイーツでは配達パートナーを集めて定期的にパーティーが行われています。 すごく綺麗な会場で大人数で立食パーティーしながら情報交換できて楽しかったです。 パーティーの様子はこちらの記事で写真入りで解説しています。 ウーバーイーツのバイトは想像してたよりは稼げます どれくらい稼げるのかも説明していきます。 ウーバーイーツの報酬は配達1回ごとに距離などによって決定します。 具体的な数字はこちらで説明しています。 時給換算で儲けを増やすためには効率的に配達をすることが大事になってきます。 さらに収入をアップさせるには経費の節約が大切です。 2018年以降に一気にチェーン店が増加したのもあり、想像よりは稼げると思います。 業界全体のテイクアウト率の増加や、外食への消費税率の変更などでさらに稼げるチャンスは増えていきそうです。 こちらの記事に詳しく書きました。 ウーバーイーツのバイトは女性にもおすすめです ウーバーイーツの配達は老若男女、誰でも可能です。 体力がなくても平気です 電動自転車のレンタサイクルを使えば、漕ぐ力はほとんど必要ないです。 仕事量も自分で調整できるので疲れたと思ったらやめればOKです。 実際に女性が配達するとどんな感じになるか漫画に描いて説明しています。 ダイエットに最適です 自転車を漕いで配達してるだけでも痩せます。 僕は自転車だけで最初の1ヶ月で5kg減って、その後は糖質制限もして合計14kg減りました。 僕の体重の記録と共に詳しく解説しています。 あと、ウーバーイーツはアメリカ発祥の会社なので、規約外の理不尽な性別・人種・国籍などによる差別は許されない空気感があります。 ウーバーイーツは他のバイトと比べても特別です 他のデリバリーバイトと比べてもオンリーワンです 似たようなデリバリーのバイトの中で比べてもウーバーイーツは特別だと思います。 参加店舗が多いから注文が多い、配達する人を多く確保しているから自由度が高いなどのオンリーワンの特徴があると思います。 デリバリーの仕事の比較は詳しくはこちらの記事にまとめました。 別のバイトと掛け持ちしても大丈夫です ウーバーイーツの仕事は好きな時間にやればいいだけので掛け持ちするのもありです。 今やっているバイトを続けながらウーバーイーツを少し試してみるとかも全然できます。 気に入ったら時間の比率を変えていけばいいです。 ウーバーイーツのバイトの評判はどうなの? ウーバーイーツが有名になってから、至る所で評判を聞きますよね。 テレビでもよく放映されているので目にしやすいと思います。 配達をしているのは大学生、フリーランス、会社員…など立場や年齢が様々です。 人それぞれで生活スタイルや目的が違うので評価も変わってくるのかなと思います。 最終的には迷ったら実際に自分で試してみるのが一番わかりやすいんじゃないかなと思います。 僕の立場からの評判をこちらの記事に書きました。 参考にこのブログでは僕の実体験を元に漫画を描いています。 ウーバーイーツのバイトを始める方法【まずはwebで申し込み】 ウーバーイーツのバイトに登録する ウーバーイーツの配達を登録してやってみようかなと思った方はまずはこちら。 web登録の際に必要な書類・メルアドの用意の仕方などはこちらの記事で解説しています。 ウーバーイーツのバイトの用意をする web申し込みの後は都市ごとのパートナーセンターにバッグを受け取りに行きます。 登録の前後の流れや、用意するもの・自転車の準備などをまとめてこちらの記事で詳細に解説しています。 実際の配達の手順やコツはどんな感じかはこちらで詳細に紹介しています。 というわけで今回は以上です。 最新テクノロジーによってバイトも新しい便利な働き方ができる時代になってきたって感じですね。 関連記事 関連記事 -,.

次の

ウーバーイーツ、バイトの時給はどのくらい稼げる?

ウーバーイーツ バイト代

UberEats(ウーバーイーツ)を車(軽貨物)で配達! UberEats(ウーバーイーツ)といえば自転車やバイクがメインで稼働しているイメージですよね。 実は軽貨物ドライバー達の間でもUberEats(ウーバーイーツ)が流行っています。 軽貨物にもマッチングアプリが色々と出ているので、ウーバーイーツにも抵抗がなくなってきたのだと思います。 さすがに軽貨物をやっていて専業でウーバーイーツをやる人はいませんが、副業としてやる人は増えています。 一般の人からするとウーバーイーツを車でやるのは小回りが利かなくて向いてないと思われがち。 軽貨物ドライバーとして普段から活躍している人からしたら、大したことではありません。 軽貨物車を持っているけど、ウーバーイーツに登録してない方は一度試してみてはいかがでしょうか。 僕の軽貨物ドライバーの仲間でウーバーイーツを利用して10万以上も売上があがった人もいましたよ。 UberEats(ウーバーイーツ)車(軽貨物)で配達するメリット8選! 車で配達するのは向いてないと思われているUberEats(ウーバーイーツ)ですが、実はメリットがたくさんあります。 僕が挙げれるメリットだけでも8個見つかったのでまとめたいと思います。 さらに天候が悪い日はデリバリーが頼まれやすいので車で配達していれば案件が取りやすいことも。 天候に左右されない点は車のメリットとして第一にあがるポイントですね。 大口の注文は車で配達している人に集まりやすい傾向もあるようで、単価も高めです。 1日に何件かは大口案件はあるので車で配達していれば、単価が高めで大容量の案件が回ってきます。 単価も高めなので車だからこそ取れる案件ですね。 車なら長距離でも疲れないので意外とおいしい案件でしょう。 車であれば高速道路や自動車専用道路を走行して最短でお届けすることもできます。 車であれば配達物がぐちゃぐちゃになるのは避けれます。 配達員としては綺麗に配達物は届けたいものです。 車なら充電の心配は一切ありません。 シガーソケット充電器を買えば解決です。 車のナビなら正確で安全に案内してくれるので安心です。 ギガも減らないので意外とポイントが高い点だと思います。 僕も軽貨物車でUberEats(ウーバーイーツ)を配達した方が楽ですね。 慣れれば車の方が疲れにくいでしょう。 UberEats(ウーバーイーツ)車(軽貨物)で配達するデメリット5選! 車でUberEats(ウーバーイーツ)は向いてないと言われるのは、それなりに理由があります。 どのようなデメリットがあるのか5つ挙げてみました。 最近は少しでも路駐をすると駐禁を切られていることがあります。 駐禁を取られたら1日の稼ぎがほぼなくなる可能性があります。 UberEats(ウーバーイーツ)を頼むランチの時間などは混んでる場合が多いですからね。 届ける先も時間にシビアなので、ランチの時間は車での配達は避けた方がいいかもしれません。 多少歩いて配達することになるでしょう。 地域に慣れていれば余裕ですが、慣れるまでは少し戸惑うかもしれませんね。 車だと収益の考え方が少し変わるので難しい部分もあります。 一般の人からすると黒ナンバーの所得は少し面倒に感じる部分もあると思います。 決して黒ナンバーではない車で配達はしないようにしましょう! UberEats(ウーバーイーツ)車で配達も稼げる! 僕の感想としては軽貨物ドライバーとして元々やっていて副業としてUberEats(ウーバーイーツ)なら稼げます。 毎月の売上を5~10万ぐらいはUberEats(ウーバーイーツ)で稼ぐことができるはず。 実際に軽配送の仲間たちは案件の合間でUberEats(ウーバーイーツ)をこなしています。 車でUberEats(ウーバーイーツ)に登録してみようかなと思っている方は一度登録してみてください!.

次の

Uber Eats (ウーバーイーツ)はバイトより稼げる?配達パートナー評判まとめ

ウーバーイーツ バイト代

雪による弊害がほぼない この理由から今後稼働されるエリアになるのではないかと思っています。 大都市でいまだにUber Eats(ウーバーイーツ)が稼働していないのは、 札幌、新潟、金沢など! 雪が盛んにふり、路面の凍結の恐れがある地域です。 バイクや自転車で配達する配達パートナーにとって死活問題です。 山口県に関しては、そこまで雪による障壁はほぼないかと思います。 ただ、問題が一点。 山口市の人口が20万人弱だということです。 稼働エリアになった広島市の人口が120万人弱であることを考えるとちょっと押しが弱いです。 熊本市などは70万人を超えているので、熊本市が先に稼働エリアになりそうな気がしなくもないです。 スポンサーリンク Uber Eats(ウーバーイーツ)山口県!そもそもUber Eats(ウーバーイーツ)ってなに?仕組みは? 大雑把に言うと、 飲食店などのデリバリーサービスです! マックやケンタッキー、吉野家などの商品が自宅で注文することができます。 なんと、東京ではコンビニからの配達がはじまっていたりとサービスの幅の広がりがはじまっています。 東京、埼玉、千葉、大阪、福岡、名古屋、神戸、横浜、京都などではすでに開始されており、街を歩いているとふつーにウーバーイーツ配達員を見かける程度には普及しています。 Uber Eats(ウーバーイーツ)山口県エリアってどうなってるの? Uber Eats(ウーバーイーツ)が山口県ではじまっていないため、エリア情報はありません。 参考までに広島市のエリアを載せます。 参照:Uber Eats ブログ こうやってみるとかなり広域にカバーされているのがわかります。 遠距離からの注文ができるのではないでしょうか。 山口県のUber Eats(ウーバーイーツ)でどの店舗で注文できるの? どこが加盟するという確定情報はありません。 基本的に一般的にどこでも見るチェーン店は全国各地で加盟しています。

次の