ヒロアカ 1a。 アニメ「ヒロアカ」1

1年A組にはイケメンがもう1人いる

ヒロアカ 1a

自分以外に興味が無さそうである。 何故かカメラ目線が多い。 第四の壁を認識しているのか。 強力だが1秒以上連続で使用するとお腹を壊す。 作中では苦しそうにお腹を押さえながら、顔だけキラキラさせている姿が描かれたりする。 なんか怖い。 個性に関して、「他 の人と違う」ことがあるらしい。 常にベルトを身に着けており、そのベルトからレーザーを射出しているが…彼にはまだ明かされていない背景がありそうだ。 作者から見ても「よくわからないキャラ」だそうで…好きなものは「己」。 知ってた。 頭に2本の角のようなものがある。 何故か、出久が爆豪の攻撃を避けたことを何度も褒めていた。 性格については、テンション高めの元気な子、といった印象であり、蛙吹とは逆に良く感情を表に出す。 USJにてヴィラン襲撃の際、オールマイトの登場に安心して泣いてしまったこともある。 勉強は苦手だが、 身体能力は1-A女子でトップとされ、クラス全体でも上位に入るほど。 "個性"により溶解液 を手から放出できる。 強弱の調整が可能。 体力テスト(50m走)のときに足から溶解液を出しているような描写あり。 スケートのように滑って速く走れる? その気になればエグい威力の攻撃も可能だが、下手をすると自分の服が溶けるので注意が必要。 薄い本のネタ提供ですか 好きなものは「ダンス」、「納豆」、「オクラ」。 「 可愛い」と一定の層に好評だとか。 常にケロッとした顔をして、落ち着いており慌てない。 なお自身のことは「梅雨ちゃん」と呼んでほしいらしい。 蛙っぽいことはだいたいできる!とのこと。 具体的には、水中での高機動力、超跳躍力、壁に張り付ける、とても強靭な舌を最大20メートルほど伸ばして操れる、胃袋を外に出して洗える、弱毒性の粘液を分泌できる。 保護色で周りの景色に同化できる。 現在判明しているのは以上である。 カメレオンっぽさが多く混ざってる気がするけどキニシナイ。 好きなものは「雨」、「ゼリー」。 また、 蛙だから…なのかは不明だが、寒がり。 クラス委員長を務める。 初登場時は「やる気がないなら帰りたまえ!」みたいなことを言う怖い感じの人だったのだが、最近いろいろとおかしい。 100%オレンジジュースをガソリン・原動力としており、炭酸系を飲むとエンストを起こしてしまうらしい。 また、無理矢理トルクを上げて短時間だけ超加速する奥の手「レシプロバースト」を雄英体育祭にて初披露した。 攻撃手段は加速からのキックなど。 メガネなのに実は かなりマッチョである。 兄が「インゲニウム」という名前の人気プロヒーローであり、兄に憧れヒーローを志す。 あることから、兄と同様のヒーローネームを名乗ることを決心する。 ちなみにインゲニウムとは「エンジン(engine)」の語源になったラテン語(ingenium )である。 好きなものは「勉強」、「ビーフシチュー」。 爆豪曰く「丸顔」。 おっとりとした性格の天然少女。 時に口が悪いが、それも彼女の裏表のない性格のため…らしい。 キャパは大体3トン程度。 自身も浮かせることができるが、質量に関係なく負担が大きいため滅多に使わない。 "個性を伸ばす"訓練によりキャパが増強。 自身を浮かせてもある程度は平気になった。 彼女の名前は、作者である堀越先生曰く「自分、天才かも」と思ったほどの会心の出来とのこと。 語感的な意味で。 好きなものは「星空」、「和食」。 実家が建設業を営んでいるが経営は思わしくない。 実家を助けるため、ヒーローになることを志す。 西日本出身なのか、素になると方言が出るようだ。 第3の手の如く強靭な尻尾を自由自在に動かせる。 それだけなのだが、この尻尾はかなり強く太く大きい。 別にエロい意味じゃない 初登場時はもっと細かったのだが、なんかどんどん太くなっている気がする。 尻尾を使って高所をぴょんぴょんと飛び移る姿は、まさしく猿のよう…なはず。 描写が少ないから分からない 何かと 全裸女子葉隠との絡みが多いことから、一部では「尾白爆発しろ」と連日唱えられている。 好きなものは「武術」。 マジメか。 お茶子を食事に誘った事もあるが、たぶん成功していない。 爆豪曰く「アホ面」。 なお単行本4巻で、自らの試合前にB組の塩崎をナンパする描写が加筆された。 金髪頭に黒い電気マークがついている。 配色は完全にピカチュウ。 耳につけているのは特製電子交換無線で、通信ができるようだが、USJ襲撃事件の際は敵の個性によるジャミングのため使えなかった。 帯電状態で敵に触れて高圧電流を流すほか、周囲への放電も可能で攻撃力が非常に高い個性だが、指向性を持たせるなど緻密なコントロールはできない。 またW数が許容量をオーバーすると脳がショートし、一時的に著しくアホになってしまうデメリットがある 読者からは「アホ鳴」とか呼ばれたりする うぇ~~~い 日常でも割とアホっぽい部分が目立つのはご愛敬。 お察しの通り勉強は苦手。 好きなものは「流行っているもの」、「ハンバーガー」。 爆豪いわく「クソ髪」。 ひどい。 本人は地味な個性だと気にしており、B組の鉄哲と個性がダダ被りしたことに涙を流していた。 右目に切り傷のようなものがついている。 これは彼が3歳のとき就寝中に目が覚め、目を擦った際に初めて個性が発動し、 硬化した手で傷つけてしまったもの。 好きなものは「硬派なもの」、「肉」。 実は3話にちょびっと登場しているので探してみよう。 個性把握テスト8位 【ヒーローネーム(仮):アニマ】 "そうさ心はいつでも Plus Ultraさ!" CV:なし(セリフなし) 2月1日生まれ 身長186cm 出身地:岩手県 笛史亜中学校卒業 でかい。 そのくせ気が弱そう。 すごく無口。 「生き物ボイス」という、動物(虫を含む)に命令して操ることができる"個性"を持つ。 命令するときだけ超喋る。 一度に複数を操ることができる。 また、 虫を相手に「地中を掘り進んで敵を襲う」といった、ある程度複雑な命令も可能。 虫の大量地獄となった絵面はかなりエグい。 好きなものは「自然」。 かわいい。 でも虫は大嫌い(怖いらしい)。 ぶっちゃけ、見た感じはキン肉マンそのものである。 趣味はお菓子作り。 うまい。 砂糖を使ったドーピングである。 体内の糖分を消費してパワーを強化することができる。 糖分10グラムにつき3分間パワーが5倍になるが、使い過ぎると糖分不足で脳機能が低下し、眠くなったり動きが鈍ってしまう。 消費量を増やした場合にパワーが上がるのか、または持続時間が長くなるのかは不明。 好きなものは「ケーキ」。 やはり甘いもの好きらしい。 タコのようなというか、公式にタコと言われている。 ちなみに手足を合わせてちょうど8本ある。 背が高く、口数の少なさも相まってか、頼りがいのある雰囲気を持つ。 実際USJ襲撃事件の際も地味だが良い活躍をしている。 複製されたものは力や感度が数倍になる?(USJで耳を複製し、散り散りになったクラスメイトたちが「施設内に全員いる」ことを瞬時に把握していた等の描写から) コスチュームでない制服姿の時でも、常に目から下にはマスクらしきものをつけており、全貌は不明。 もしかしたらマスクではなく体の一部かもしれない。 口はどこだ? 好きなものは「タコ焼き」、「イカスミパスタ」。 一人称は「ウチ」。 ベース弾けそう。 全体的に発育がよろしい1-Aの中では希少な(?)貧乳である。 なお、服が破れた八百万の胸を見て「発育の暴力…」と呟いたのは彼女だった。 色気が足りないことをちょっと気にしてる? また、1-A女子の中で最も乙女っぽい反応をすることがしばしばある。 そういうときの耳郎は非常にかわいい。 微細な音をキャッチしたりもできる。 コスチュームのスピーカーにプラグを挿せば、岩をも砕く音波砲のような攻撃をすることもできる。 また、プラグは伸縮可能で、自在に操ることができる。 上鳴とは、何かと絡んだり近くで描写されることが多い。 耳郎の性格上、上鳴をイジる形で絡ませやすいのかもしれない。 好きなものは「ロック」。 出久が学級委員に選ばれたことに憤慨する爆豪に対して「おめーが選ばれるよりはわかる」と辛辣なお言葉も。 初登場から顔がどんどん変わっている気がするのは気のせいです。 爆豪いわく「しょうゆ顔」 コスチュームのマスクが戦隊ヒーローもののような形で、一部のファンに人気が高い。 強度はかなりのもので、敵の拘束にも便利。 射出したテープを巻きとりながら移動したり、切り離してトラップにすることもできる。 マーベルの蜘蛛の人に似た使い方ができそう。 好きなものは「オレンジ」、「大豆等の体に良さそうな食べ物」。 割と健康志向のようだ。 顔から下の体は普通の人間と同じ。 初登場以降目つきがどんどん鋭くなっており、目力が上昇。 騒ぐクラスメイトに「騒々しい…」と独りごちてみたり、何かとダークな雰囲気を醸し出す。 モンスターには意思があり会話が可能である。 アイヨ! 攻撃・移動・防御などかなりの応用が利く個性。 物理防御だけでなく、氷結も爆破も電撃も防ぐ。 おそらく炎熱も平気か。 影は闇が深いほどに攻撃力を増すが、制御が難しくなる。 逆に強い光のもとではかなり弱体化し、大人しくなってしまう。 (上鳴の電撃や爆豪の爆破を防いだ際、光に当てられて涙を流すような描写がある。 ちょっとかわいいが夜の暴走した黒影は…) 雄英体育祭の騎馬戦で大活躍。 中二病カッコいいセリフ回しや表情、また能力自体の万能さ・強さもあり、その株を爆上げした。 ちなみにダークシャドウはその見た目から、一部読者に「黒チョコボ」と呼ばれているとか。 好きなものは「うす暗いところ」、「リンゴ」。 強くてイケメン、クールでクレバーという、属性で言えば隙のない完璧超人である。 初期は非常に近寄りがたい雰囲気であったが、あることがきっかけで徐々に柔化。 クラスメイトとの会話で微笑みを見せることも。 右半身(氷)の能力は、一瞬にしてビル全体を丸ごと凍らせる程度なら余裕。 対して左半身(炎)はその氷を短時間で溶かし、本気を出せば一瞬で消滅させることもできるほど。 ただし作り出せる氷には限度があるようだ(炎は不明)。 トップクラスのヒーローである、フレイムヒーロー「エンデヴァー」の息子。 その父親の能力を受け継いだと思われる左半身の能力を、ある理由から「戦闘においては絶対に使わない」と言っていた。 好きなものは「冷たいお蕎麦」。 そのため顔は一切わからないが、見ての通り(?)ノリの良い明るい娘。 戦闘訓練でペアだった尾白とよく絡んでいる描写あり。 USJ襲撃事件で孤独に闘い辛くも無事だった尾白を「強かったんだね」とイジったりもした。 尾白爆発しろ "個性"は「透明化」。 それ以外、個性の詳細は描写が無いため、「体が見えない」以外に能力があるのか無いのか不明。 いわゆる「異形型」(解除不能)なのか「発動型」(解除可能)なのかも不明。 謎が多い人物である。 そして透明人間である彼女のコスチュームは、なんと全裸。 コミックス2巻のオマケページではその全てを惜しげもなく披露した。 きっと心の目で見れば見えてくるはずだ。 好きなものは「キャラメル」、「ドッキリ番組」。 愛称はかっちゃん。 出久の幼馴染みでもある。 雄英高校のクラスメイトから「戦闘センスの塊」「才能マン」と評されるほどの 天賦の才能を持っている。 その自身の才能に自惚れていたことから、"無個性"で 昔から 何もできなかった出久を蔑視していた。 また非常に短気。 人間としての器は爆発的にみみっちい。 しかし雄英高校に入学してから、彼の心にも成長が見られる。 これにより空中を移動したり、姿勢を制御するなどの使い方もできる。 これといった弱点もなく、かなり強力な個性。 また、戦闘服についている籠手の機能により、強力な爆発を(ノーリスクで)前面に向けて放射することが可能。 竜撃砲かな? 体への反動が大きいが、無理をすれば同程度の大規模爆破を素手で撃つこともできる。 好きなものは「登山」、「辛い食べ物」。 愛称(?)はデク。 気弱な性格だが、いざというときは困難に立ち向かえる勇気を持つ。 この世界では珍しく先天的に個性を持っていないため、中学のクラスメイトに「無個性」と馬鹿にされていた。 ある事件をきっかけに最強のヒーローであるオールマイトと出会い、その人生が大きく動き出すことになる。 自他共に認めるヒーローオタクで、凄いと思ったヒーローの情報を常に持ち歩いているノートにメモしている。 好きなものは「カツ丼」。 初期の頃のナードっぷりを思うと最近はカッコよすぎて、「デクさん」と呼ぶ読者もいるとか。 女子の胸や尻をガン見したりアレやコレや…な描写に事欠かない。 コマの中に彼を見つけたら、とりあえず視線の先を追ってみると面白いかもしれない。 後に「もぎもぎ」と名が付けられた。 頭から生えており、取り外して投げるなどして使う。 ひとつ取り外したら即座に新しいのが生えてくる。 ちなみに自分の体に当たるとボヨンボヨンと跳ねる。 地味だが実のところかなり強力で、一度くっついたら容易には剥がせず、また体調にもよるが丸一日程度は吸着力が落ちない。 水に濡れても吸着力には関係ないようだ。 なお球体を一度に大量に取り外すと出血してしまう。 個性は強力なのに彼自身が超ヘタレ野郎なのが悔やまれる。 単行本のオマケで判明した私服がオシャレでなんか腹立つ。 好きなものは「女性」。 知ってた。 なんだかお嬢様っぽい。 ガチのお嬢様でした。 家がクソでかい。 冷静で真面目で賢い、クールビューティーキャラ。 だが公式でエロい人扱いされてしまった。 おっぱい丸出しだったし仕方ない。 USJ襲撃事件まではヘソが隠れていたコスチュームが、何故か今はヘソが見える露出っぷり。 大きいものは創るのに時間がかかるらしい。 複雑な形状のものを作り出すことも可能で、チアリーディングの服やマトリョーシカといったカワイイものから、大砲、投石器、閃光弾、という物騒なものまで何でもOK。 私服がかわいい。 好きなものは「読書」(図鑑とか好き)。 作者のtwitterイラストが原因で、読者からメシマズ疑惑をかけられている。 個性把握テスト1位.

次の

【ヒロアカ】貴方は1Aに馴染めるのか!?検定☆(女主)

ヒロアカ 1a

自分以外に興味が無さそうである。 何故かカメラ目線が多い。 第四の壁を認識しているのか。 強力だが1秒以上連続で使用するとお腹を壊す。 作中では苦しそうにお腹を押さえながら、顔だけキラキラさせている姿が描かれたりする。 なんか怖い。 個性に関して、「他 の人と違う」ことがあるらしい。 常にベルトを身に着けており、そのベルトからレーザーを射出しているが…彼にはまだ明かされていない背景がありそうだ。 作者から見ても「よくわからないキャラ」だそうで…好きなものは「己」。 知ってた。 頭に2本の角のようなものがある。 何故か、出久が爆豪の攻撃を避けたことを何度も褒めていた。 性格については、テンション高めの元気な子、といった印象であり、蛙吹とは逆に良く感情を表に出す。 USJにてヴィラン襲撃の際、オールマイトの登場に安心して泣いてしまったこともある。 勉強は苦手だが、 身体能力は1-A女子でトップとされ、クラス全体でも上位に入るほど。 "個性"により溶解液 を手から放出できる。 強弱の調整が可能。 体力テスト(50m走)のときに足から溶解液を出しているような描写あり。 スケートのように滑って速く走れる? その気になればエグい威力の攻撃も可能だが、下手をすると自分の服が溶けるので注意が必要。 薄い本のネタ提供ですか 好きなものは「ダンス」、「納豆」、「オクラ」。 「 可愛い」と一定の層に好評だとか。 常にケロッとした顔をして、落ち着いており慌てない。 なお自身のことは「梅雨ちゃん」と呼んでほしいらしい。 蛙っぽいことはだいたいできる!とのこと。 具体的には、水中での高機動力、超跳躍力、壁に張り付ける、とても強靭な舌を最大20メートルほど伸ばして操れる、胃袋を外に出して洗える、弱毒性の粘液を分泌できる。 保護色で周りの景色に同化できる。 現在判明しているのは以上である。 カメレオンっぽさが多く混ざってる気がするけどキニシナイ。 好きなものは「雨」、「ゼリー」。 また、 蛙だから…なのかは不明だが、寒がり。 クラス委員長を務める。 初登場時は「やる気がないなら帰りたまえ!」みたいなことを言う怖い感じの人だったのだが、最近いろいろとおかしい。 100%オレンジジュースをガソリン・原動力としており、炭酸系を飲むとエンストを起こしてしまうらしい。 また、無理矢理トルクを上げて短時間だけ超加速する奥の手「レシプロバースト」を雄英体育祭にて初披露した。 攻撃手段は加速からのキックなど。 メガネなのに実は かなりマッチョである。 兄が「インゲニウム」という名前の人気プロヒーローであり、兄に憧れヒーローを志す。 あることから、兄と同様のヒーローネームを名乗ることを決心する。 ちなみにインゲニウムとは「エンジン(engine)」の語源になったラテン語(ingenium )である。 好きなものは「勉強」、「ビーフシチュー」。 爆豪曰く「丸顔」。 おっとりとした性格の天然少女。 時に口が悪いが、それも彼女の裏表のない性格のため…らしい。 キャパは大体3トン程度。 自身も浮かせることができるが、質量に関係なく負担が大きいため滅多に使わない。 "個性を伸ばす"訓練によりキャパが増強。 自身を浮かせてもある程度は平気になった。 彼女の名前は、作者である堀越先生曰く「自分、天才かも」と思ったほどの会心の出来とのこと。 語感的な意味で。 好きなものは「星空」、「和食」。 実家が建設業を営んでいるが経営は思わしくない。 実家を助けるため、ヒーローになることを志す。 西日本出身なのか、素になると方言が出るようだ。 第3の手の如く強靭な尻尾を自由自在に動かせる。 それだけなのだが、この尻尾はかなり強く太く大きい。 別にエロい意味じゃない 初登場時はもっと細かったのだが、なんかどんどん太くなっている気がする。 尻尾を使って高所をぴょんぴょんと飛び移る姿は、まさしく猿のよう…なはず。 描写が少ないから分からない 何かと 全裸女子葉隠との絡みが多いことから、一部では「尾白爆発しろ」と連日唱えられている。 好きなものは「武術」。 マジメか。 お茶子を食事に誘った事もあるが、たぶん成功していない。 爆豪曰く「アホ面」。 なお単行本4巻で、自らの試合前にB組の塩崎をナンパする描写が加筆された。 金髪頭に黒い電気マークがついている。 配色は完全にピカチュウ。 耳につけているのは特製電子交換無線で、通信ができるようだが、USJ襲撃事件の際は敵の個性によるジャミングのため使えなかった。 帯電状態で敵に触れて高圧電流を流すほか、周囲への放電も可能で攻撃力が非常に高い個性だが、指向性を持たせるなど緻密なコントロールはできない。 またW数が許容量をオーバーすると脳がショートし、一時的に著しくアホになってしまうデメリットがある 読者からは「アホ鳴」とか呼ばれたりする うぇ~~~い 日常でも割とアホっぽい部分が目立つのはご愛敬。 お察しの通り勉強は苦手。 好きなものは「流行っているもの」、「ハンバーガー」。 爆豪いわく「クソ髪」。 ひどい。 本人は地味な個性だと気にしており、B組の鉄哲と個性がダダ被りしたことに涙を流していた。 右目に切り傷のようなものがついている。 これは彼が3歳のとき就寝中に目が覚め、目を擦った際に初めて個性が発動し、 硬化した手で傷つけてしまったもの。 好きなものは「硬派なもの」、「肉」。 実は3話にちょびっと登場しているので探してみよう。 個性把握テスト8位 【ヒーローネーム(仮):アニマ】 "そうさ心はいつでも Plus Ultraさ!" CV:なし(セリフなし) 2月1日生まれ 身長186cm 出身地:岩手県 笛史亜中学校卒業 でかい。 そのくせ気が弱そう。 すごく無口。 「生き物ボイス」という、動物(虫を含む)に命令して操ることができる"個性"を持つ。 命令するときだけ超喋る。 一度に複数を操ることができる。 また、 虫を相手に「地中を掘り進んで敵を襲う」といった、ある程度複雑な命令も可能。 虫の大量地獄となった絵面はかなりエグい。 好きなものは「自然」。 かわいい。 でも虫は大嫌い(怖いらしい)。 ぶっちゃけ、見た感じはキン肉マンそのものである。 趣味はお菓子作り。 うまい。 砂糖を使ったドーピングである。 体内の糖分を消費してパワーを強化することができる。 糖分10グラムにつき3分間パワーが5倍になるが、使い過ぎると糖分不足で脳機能が低下し、眠くなったり動きが鈍ってしまう。 消費量を増やした場合にパワーが上がるのか、または持続時間が長くなるのかは不明。 好きなものは「ケーキ」。 やはり甘いもの好きらしい。 タコのようなというか、公式にタコと言われている。 ちなみに手足を合わせてちょうど8本ある。 背が高く、口数の少なさも相まってか、頼りがいのある雰囲気を持つ。 実際USJ襲撃事件の際も地味だが良い活躍をしている。 複製されたものは力や感度が数倍になる?(USJで耳を複製し、散り散りになったクラスメイトたちが「施設内に全員いる」ことを瞬時に把握していた等の描写から) コスチュームでない制服姿の時でも、常に目から下にはマスクらしきものをつけており、全貌は不明。 もしかしたらマスクではなく体の一部かもしれない。 口はどこだ? 好きなものは「タコ焼き」、「イカスミパスタ」。 一人称は「ウチ」。 ベース弾けそう。 全体的に発育がよろしい1-Aの中では希少な(?)貧乳である。 なお、服が破れた八百万の胸を見て「発育の暴力…」と呟いたのは彼女だった。 色気が足りないことをちょっと気にしてる? また、1-A女子の中で最も乙女っぽい反応をすることがしばしばある。 そういうときの耳郎は非常にかわいい。 微細な音をキャッチしたりもできる。 コスチュームのスピーカーにプラグを挿せば、岩をも砕く音波砲のような攻撃をすることもできる。 また、プラグは伸縮可能で、自在に操ることができる。 上鳴とは、何かと絡んだり近くで描写されることが多い。 耳郎の性格上、上鳴をイジる形で絡ませやすいのかもしれない。 好きなものは「ロック」。 出久が学級委員に選ばれたことに憤慨する爆豪に対して「おめーが選ばれるよりはわかる」と辛辣なお言葉も。 初登場から顔がどんどん変わっている気がするのは気のせいです。 爆豪いわく「しょうゆ顔」 コスチュームのマスクが戦隊ヒーローもののような形で、一部のファンに人気が高い。 強度はかなりのもので、敵の拘束にも便利。 射出したテープを巻きとりながら移動したり、切り離してトラップにすることもできる。 マーベルの蜘蛛の人に似た使い方ができそう。 好きなものは「オレンジ」、「大豆等の体に良さそうな食べ物」。 割と健康志向のようだ。 顔から下の体は普通の人間と同じ。 初登場以降目つきがどんどん鋭くなっており、目力が上昇。 騒ぐクラスメイトに「騒々しい…」と独りごちてみたり、何かとダークな雰囲気を醸し出す。 モンスターには意思があり会話が可能である。 アイヨ! 攻撃・移動・防御などかなりの応用が利く個性。 物理防御だけでなく、氷結も爆破も電撃も防ぐ。 おそらく炎熱も平気か。 影は闇が深いほどに攻撃力を増すが、制御が難しくなる。 逆に強い光のもとではかなり弱体化し、大人しくなってしまう。 (上鳴の電撃や爆豪の爆破を防いだ際、光に当てられて涙を流すような描写がある。 ちょっとかわいいが夜の暴走した黒影は…) 雄英体育祭の騎馬戦で大活躍。 中二病カッコいいセリフ回しや表情、また能力自体の万能さ・強さもあり、その株を爆上げした。 ちなみにダークシャドウはその見た目から、一部読者に「黒チョコボ」と呼ばれているとか。 好きなものは「うす暗いところ」、「リンゴ」。 強くてイケメン、クールでクレバーという、属性で言えば隙のない完璧超人である。 初期は非常に近寄りがたい雰囲気であったが、あることがきっかけで徐々に柔化。 クラスメイトとの会話で微笑みを見せることも。 右半身(氷)の能力は、一瞬にしてビル全体を丸ごと凍らせる程度なら余裕。 対して左半身(炎)はその氷を短時間で溶かし、本気を出せば一瞬で消滅させることもできるほど。 ただし作り出せる氷には限度があるようだ(炎は不明)。 トップクラスのヒーローである、フレイムヒーロー「エンデヴァー」の息子。 その父親の能力を受け継いだと思われる左半身の能力を、ある理由から「戦闘においては絶対に使わない」と言っていた。 好きなものは「冷たいお蕎麦」。 そのため顔は一切わからないが、見ての通り(?)ノリの良い明るい娘。 戦闘訓練でペアだった尾白とよく絡んでいる描写あり。 USJ襲撃事件で孤独に闘い辛くも無事だった尾白を「強かったんだね」とイジったりもした。 尾白爆発しろ "個性"は「透明化」。 それ以外、個性の詳細は描写が無いため、「体が見えない」以外に能力があるのか無いのか不明。 いわゆる「異形型」(解除不能)なのか「発動型」(解除可能)なのかも不明。 謎が多い人物である。 そして透明人間である彼女のコスチュームは、なんと全裸。 コミックス2巻のオマケページではその全てを惜しげもなく披露した。 きっと心の目で見れば見えてくるはずだ。 好きなものは「キャラメル」、「ドッキリ番組」。 愛称はかっちゃん。 出久の幼馴染みでもある。 雄英高校のクラスメイトから「戦闘センスの塊」「才能マン」と評されるほどの 天賦の才能を持っている。 その自身の才能に自惚れていたことから、"無個性"で 昔から 何もできなかった出久を蔑視していた。 また非常に短気。 人間としての器は爆発的にみみっちい。 しかし雄英高校に入学してから、彼の心にも成長が見られる。 これにより空中を移動したり、姿勢を制御するなどの使い方もできる。 これといった弱点もなく、かなり強力な個性。 また、戦闘服についている籠手の機能により、強力な爆発を(ノーリスクで)前面に向けて放射することが可能。 竜撃砲かな? 体への反動が大きいが、無理をすれば同程度の大規模爆破を素手で撃つこともできる。 好きなものは「登山」、「辛い食べ物」。 愛称(?)はデク。 気弱な性格だが、いざというときは困難に立ち向かえる勇気を持つ。 この世界では珍しく先天的に個性を持っていないため、中学のクラスメイトに「無個性」と馬鹿にされていた。 ある事件をきっかけに最強のヒーローであるオールマイトと出会い、その人生が大きく動き出すことになる。 自他共に認めるヒーローオタクで、凄いと思ったヒーローの情報を常に持ち歩いているノートにメモしている。 好きなものは「カツ丼」。 初期の頃のナードっぷりを思うと最近はカッコよすぎて、「デクさん」と呼ぶ読者もいるとか。 女子の胸や尻をガン見したりアレやコレや…な描写に事欠かない。 コマの中に彼を見つけたら、とりあえず視線の先を追ってみると面白いかもしれない。 後に「もぎもぎ」と名が付けられた。 頭から生えており、取り外して投げるなどして使う。 ひとつ取り外したら即座に新しいのが生えてくる。 ちなみに自分の体に当たるとボヨンボヨンと跳ねる。 地味だが実のところかなり強力で、一度くっついたら容易には剥がせず、また体調にもよるが丸一日程度は吸着力が落ちない。 水に濡れても吸着力には関係ないようだ。 なお球体を一度に大量に取り外すと出血してしまう。 個性は強力なのに彼自身が超ヘタレ野郎なのが悔やまれる。 単行本のオマケで判明した私服がオシャレでなんか腹立つ。 好きなものは「女性」。 知ってた。 なんだかお嬢様っぽい。 ガチのお嬢様でした。 家がクソでかい。 冷静で真面目で賢い、クールビューティーキャラ。 だが公式でエロい人扱いされてしまった。 おっぱい丸出しだったし仕方ない。 USJ襲撃事件まではヘソが隠れていたコスチュームが、何故か今はヘソが見える露出っぷり。 大きいものは創るのに時間がかかるらしい。 複雑な形状のものを作り出すことも可能で、チアリーディングの服やマトリョーシカといったカワイイものから、大砲、投石器、閃光弾、という物騒なものまで何でもOK。 私服がかわいい。 好きなものは「読書」(図鑑とか好き)。 作者のtwitterイラストが原因で、読者からメシマズ疑惑をかけられている。 個性把握テスト1位.

次の

雄英高校

ヒロアカ 1a

1年A組でいちばんかっこいいのは? 1-Aにはかなり魅力的な男子生徒がひしめいていますよね? 全員・・・いや例外もあるか?にして比べてみるのって意外と難しいですね。 最初は少し暴力的すぎないかな? とも思っていたんですが自分の中ではいろいろな葛藤があって、その表現方法が分からなかったり、助け合うという気持ちが理解できなかったからでしょうね。 仲間を庇いながらの戦闘スタイルも身に付けた爆豪君は今よりももっと心と一緒に成長していくと思います。 氷と炎を統べるってカッコイイですよね。 むやみやたらに力をひけらかすような事もなく、心にしこりがありながらも葛藤していく姿は感動すら覚えます。 過去に抱えたものがあるようですが、そんな影があるところがまた魅かれるポイントでもあります。 今までさけてきた炎の力を受け入れて、強さはさらなる高みへと変わっていくのでしょうね。 なりたいヒーローを目指して! ヒロアカかっこいい3位:青山優雅 今日夕方5:30から!! 『僕のヒーローアカデミア』4期第17話 通算80話 「ホッコれ仮免講習」読売テレビ日本テレビ系全国29局ネットで放送! ヒーローとしてというより人として好きなんですよね。 人の気持ちを思いやる心や気持ちって一番大事なところだと思うんですよね。 励まし方は個性的すぎて驚きますがその奇行含めて青山君なので、青山君の活躍の場所をもっと作って欲しいと感じました。 いろんな意味では活躍してるんですが、ヒーローとしても活躍も見てみたいです。 首に巻いているのは本人曰くチョーカーですけどどうみても包帯ですよね? そんなところもまた素敵な魅力だし、口数は少ないとしても共を思いやる心は闇ではなく、強い正義だと思います。 もっと周りに頼ったりもっと明るい性格でもいいのではないのかな? と思ってしまうんですよね。 しかしさすがはオールマイトから引き継いだ個性!強力ですよね。 うまく使いこなせるようになったら最強に強くなると思います。 心も強いし憧れだったヒーローになれるのですから、どんどん活躍していって欲しいと思います。 もちろん爆豪君との絡みも期待しています。 ヒロアカかっこいい6位:上鳴電気 授業中の上鳴電気めっちゃ可愛くて叫んでしまった。 — ゆきしろ 雑念 yksr1003 うえーいでおなじみの上鳴君ですが、ジャンプ最新刊でも見せ場を作っていましたよね! お調子者でチャラっぽくみえるけど、ギターの練習の耳郎のためだったり、自分がして嬉しいよりもされて嬉しい事を優先させるのって簡単じゃないですよね? ビジュアルもかっこいいと思います。 クラスのムードメーカーだったりもしますが、さすがヒーローやる時はやる!その姿勢が頼もしく魅力的だと思います。 兄の意思を受け継いだ飯田君は兄の先を行くヒーローになれると信じています。 クラスのまとめ役としても活躍していますし、一秒でも早く助ける声の元に急ぐのはやはり兄弟だからこそ? 飯田君の本当にヒーローをして向き合う姿が感動したので7位です。 見た目は真面目すぎるので少し・・・。 ペットのうさぎも可愛いし、彼の見たとのギャップもいいですよね。 サポート役としてかなり期待大です。 家族に角がはえているのに口田君にはまだ生えていまえんよね? もしかしていつはえてくるかわからない展開ですかね。 本人は地味な個性だと気にしており、B組の鉄哲と個性がダダ被りしたことに涙を流していた事もありましたが、インターン中ではかなりカッコイイ姿を見せてくれたと思っています。 男らしい事にこだわりをもっているようですが、十分男らしいと思います。 好きなものが肉と言われてもなんとなく納得してしなうのはなぜでしょうね。 ヒロアカかっこいい10位:尾白猿夫 尾白猿夫です。 さるおじゃないよ。 色んな人とお喋りしたいから、一般でも、他作でも好きに来てね。 反応してくれれば、俺から迎えに行くよ。 いうなれば努力の人という言い方をするべきでしょうか。 何故か毎回不運に見舞われる、と意外にも属性てんこ盛りな尾白君・・・ 実力はあると思うのですが、なかなか戦闘などのシーンは見られないので、陰の立役者といった感じでしょうか? ヒロアカかっこいい11位:障子目蔵 原画です。 『僕のヒーローアカデミア 』先週放送話「ブチ込む鉄拳!!! 」の終盤から、障子目蔵とデクのシーン。 暴走した黒影 ダークシャドウ に取り込まれた常闇踏陰を救えるか!? コスチュームをつけていない時も口元を隠しているにはタコだから!? 口数が少なくて、なんだか頼れる感じを醸し出していますよね。 仲間への思いは誰よりも熱く、自己犠牲をいとわない性格です。 諜報や索敵においてはかなり頼りがいがあります。 ヒロアカかっこいい12位:瀬呂範太 公式投下の瀬呂範太イケメンすぎなのでは????? — こっちにはいませんの人 accountkaeruyo するどい突っ込みで笑いを誘うにぎやかし役で「初期ろき」などのあだ名付けも得意としています。 体内の糖分が切れたらいけないので、時間限定がつくもののそのパワーはかなりのものですよね。 シュガーマンのシュガータイムに是非お呼ばれしてみたいところです。 しかし見かけ?によらずに頭脳はタイプなんですよね。 ヒーローを志した原動力がなんとなく・・・。 しかしエロに対する執着心とそれを隠そうともしない度胸には感服します。

次の