いさ 進一。 いさ 進一

検察庁法改正案について~いさ進一議員のブログ : ブログ : あきる野市議会議員 増﨑としひろのホームページ

いさ 進一

ご挨拶 「政は正なり」。 「信なくば立たず」。 はるか昔から、政治の要諦は「正しい」ことを行うことであり、また「信頼」を得ずして政治はありません。 日本は今、世界のどの国も経験したことの無い急激な「少子高齢化」をはじめ、たくさんの課題に直面しています。 昔のような右肩上がりの時代であれば、政治は利益を再配分するだけでよかったかもしれません。 しかし、たくさんの課題を皆で乗り越えなければならない今ほど、いにしえの言葉に重みのある時はありません。 良いことばかりを言う「ポピュリズム」の政治ではなく、責任を持って語り、実行し、「信頼」を勝ち得ていく。 「正しい」政治で、皆さん一人一人が抱える悩みを解決できるように、後押しをする。 いさ進一は、派手な政治ではなく、誠実で正しい、信頼できる政治を行って参ります。 衆議院議員 伊佐 進一.

次の

伊佐進一

いさ 進一

卒業後、科学技術庁(当時)に入庁。 惑星探査機「はやぶさ」の予算折衝など、科学技術政策に携わる。 その後、在中国大使館に一等書記官として赴任。 科学技術の分野での、日中協力を推進。 帰国後、文部科学省課長補佐、同省副大臣秘書官等歴任。 党青年局次長、同国際局次長。 党青年局次長、同国際局次長。 東京大学工学部で航空宇宙工学専攻。 科学技術庁(当時)入庁後、政府派遣で米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。 在中国大使館一等書記官を経て文部科学省副大臣秘書官など歴任。 大阪府守口市在住。 宇宙開発や医療などイノベーション(刷新)の力で経済を再生し、「モノづくり大国・日本」の復活に尽力します。 その経験を生かし日本の外交・国際貢献をリードします。 子どもが笑い、年を重ねるごとに幸せを感じる「笑子幸齢化」社会の実現をめざします。 エンジン故障など多くの困難に直面する中、財務省を説得して予算を確保。 機能を回復した「はやぶさ」は小惑星の微粒子を初めて持ち帰り、隕石の起源が明らかに。 2007年に在中国大使館一等書記官として赴任し、地球温暖化対策の共同研究で日中間の合意を取り付けた。 中国国家が定める中国語検定の最上級も取得。 帰国後、新しい日中協力の在り方を提案した「『科学技術大国』中国の真実」(講談社現代新書)を発刊。 各界から注目されている。 子どもが笑い、人々が年を重ねるごとに幸せを感じる〝笑子幸齢化〟社会をめざす。 そのカギを握るのは青年の力。 年金、医療を支える青年が元気で夢を抱ける社会の構築に全力。

次の

検察庁法改正案について~いさ進一議員のブログ : ブログ : あきる野市議会議員 増﨑としひろのホームページ

いさ 進一

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 検察庁法改正案はクロかシロか いさ進一 活動の記録はてなブックマーク - 検察庁法改正案はクロかシロか いさ進一 活動の記録 プレビュー 検察庁法改正案はクロかシロか いさ進一 活動の記録 が、上やで大きく取り上げられてい。 「にするを、定年... 続きを表示 が、上やで大きく取り上げられてい。 「にするを、度をゆがめてまでにしようとしている。 」「のだ。 」 これに対し、私の方にも「は、一体どう考えているのか」とのお問い合わせも頂いており。 党をするにありませんが、の一員として感じていることをまとめてみました。 私の正直なは、事のはともかく、何か危ないことをしようとしているという「」だでしているということ、でもこうなった原因はにも少なずあるということです。 そのについて、はそぎ落として、できるだけに書きたいと思い。 1.で何をしようとして まず、今回ので何をしようとして。 それは、の「定年の延長」です。 でも、定年が65歳まで、あるいは70歳ま• ブックマークしたユーザー•

次の