ロイ 立ち回り。 ロイでvipに行く方法

フォートナイト

ロイ 立ち回り

『ファイアーエムブレム 封印の剣 つるぎ 』の主人公。 リキア同盟に属するフェレの領主だったエリウッドの息子。 作中での年齢は15歳です。 心優しく優秀な親と師匠に恵まれたこともあり、剣術だけでなく学問や軍略にも優れ、温厚で思いやりのある性格をしています。 貴族という立場ではありますが誰に対しても謙虚。 それでいて強い信念と正義感を持つため、人望やカリスマ性はバツグンです! スマブラでの「イィーヤッ!!」「トリャアアアア!」というセリフから勘違いしている方が多いかもしれませんが、 本来はマルスと同じかそれ以上に王子様しているキャラです。 おそらく、熱血キャラは同時に参戦したマルスとの差別化のためでしょう。 なお、DXの発売日の方が『封印の剣』より早かったため、ロイの初登場作品はスマブラDX。 ロイの評価 ロイは剣士キャラということで攻撃範囲や判定の強さが優秀で、それに加えてかなりのスピードを持つキャラです。 剣の先端が強いマルス、どの部分でも安定した威力を持つルキナと違い、剣の根元の部分に威力が集中しています。 また、前作と比べてリーチが強化されており、それにともなって強力な根本判定も広がっています! 総合的な強さの評価は Aランク。 Sランクという意見も多く、強キャラと言われています。 動きがシャープなのはいいのですが、そのぶん落下が速く、復帰距離も短めなので、練習しないとあっさり負けてしまうことも。 オススメの立ち回り 現在調査中です ロイ対策 現在調査中です まとめ 現在調査中です Sponsored Link.

次の

【スマブラSP】ロイの性能・立ち回り【スマブラスペシャル】

ロイ 立ち回り

ルフレ 技コマンド スマブラSP「ルフレ」の技コマンドのデータです。 溜めるほど高位の魔法に変化し3段階強化される。 溜めなしだと威力は低いが速く飛ぶ「サンダー」、1段目はサンダーより威力が高く遠くまで飛ぶが少し遅い「エルサンダー」、2段目は地形に当たると電流が広がる「ギガサンダー」、最大まで溜めると高速で飛び敵を貫通するレーザーを放つ「トロン」を発射する。 サンダーの最大使用回数は20回で、上位の魔法ほど魔導書を消耗する。 エルサンダーは3回分、ギガサンダーは5回分、トロンは8回分の消耗。 着弾すると火柱で焼き尽くす。 最大使用回数は6回。 1つ目のエルウインドの攻撃にのみメテオ効果。 魔導書の耐久は20回で、風の刃1つにつき1消費。 闇の力で生命力を奪い取る。 奪い取った生命力で蓄積ダメージを回復出来る。 最大使用回数は4。 デメリット• 機動力が低い• サンダーソードと魔導書には回数制限があり使い切ってしまうと決定力が大きく下がる ルフレの立ち回り ルフレは遠距離では魔導書、近接戦闘ではサンダーソードがありどちらも高い決定力がありますが、使用回数に限りがあるのが特徴です。 そのため残り使用回数の管理がとても重要でどのタイミングで使用していくかの判断が必要になります。 特に上必殺技「エルウインド」は使い切ってしまうと復帰力が大きく落ちてしまうので注意です。 移動速度が非常に遅く、空中での移動も速くないためサンダーソードがあっても近接戦闘はそこまで得意ではありません。 足が遅いので立ち回りを有利に運びづらいですが、基本的には魔導書の飛び道具を使って遠距離戦で戦いましょう。 横必殺技「ギガファイアー」は火柱による拘束が強力なので牽制に使って行きましょう。 崖上がりを封じるセットプレイにも使えます。

次の

【スマブラSP】ロイの強い立ち回りやコンボ!クロムとの違いなどをまとめてみた

ロイ 立ち回り

今までssb4kouryaku. comをご利用頂きありがとうございました。 この度、スマブラSPが出るにあたり、 サイトの移転を致しますのでご連絡をさせて頂きます。 引き続きよろしくお願いいたします。 【まず読みたい記事はこれ!】 スポンサーリンク 技一覧 弱~各種強攻撃 弱1 スラッシュ(3~5%) 弱2 コンビネーションスラッシュ(4~6%) 【解説】 剣を前に振り上げながら2発攻撃をする。 剣士というだけあってリーチは通常キャラより長め。 主に牽制として相手のダッシュを抑制する形で置いておこう。 弱1段ヒット後は、択になるが横スマに繋げてもいい。 横強 ハードエッジ(9~12%) 【解説】 前に一歩乗り出して剣を横に振って攻撃。 弱よりもほんの少しリーチは長め。 先端に当てるとそこそこ飛んでいく。 これもまた牽制として間合いを測ったり、振り向き横強として出していこう。 上強 アンチエアスラッシュ(5~9%) 【解説】 剣を上空へ向かって振り切って攻撃。 上だけでなく地上前側の敵にもそこそこのリーチの長さを誇る。 対空性能がいいので、着地狩りとして振っていきたい。 下強 ロースラスト(7~10%) 【解説】 剣を足元から斜め下への敵に攻撃するように突き刺す。 牽制としては強いため、相手のダッシュに対して置いておいたり、 崖際の敵に対して振っていこう。 主力メイン技の一つ。 DA~各種スマッシュ攻撃 DA レイドチョップ(9~12%) 【解説】 前方へ踏み込みながら剣を振りぬく。 ダッシュが速いため、主に着地狩りとして機能するだろう。 回避や攻撃着地をしてきた相手に対して的確に当てていきたい。 横スマ ドラゴンキラー(13~18%~1.4倍) 【解説】 横に向かって相手を鋭く斬りつけながらの攻撃。 先端に当たった時の威力はとても恐ろしく、崖際であればキャラによっては30%近くでもバーストしてしまう。 もちろん根元に当たった場合でも威力はガクンと落ちるが飛ばすことは可能。 主に崖に追い詰めた時の置き技としてや、透かし着地から狙っていきたい。 主力バースト技の一つ。 上スマ ジャスティスソード(剣:13%、衝撃:3%~1.4倍) 【解説】 剣を上に突き上げながら攻撃する技。 着地狩りとして使えるだけでなく、地上でも衝撃を当ててから剣に繋げる事が出来るので、 相手のガンダッシュを読んで合わせる形で当てていけたらグッド。 主力バースト技の一つ。 下スマ ワールウインド(前:8~12%、後:12~17%~1.4倍) 【解説】 前後の足元に向かって相手を斬りつける。 前側よりも後ろの方が強いので崖などでは後ろ側を当てていきたい。 後隙は結構長いため、バースト%になり焦って回避が多くなってくる相手に対して使っていく感じで。 前側が低く、後側が高め。 ダッシュや回避読みとして置いてもいいし、差し込みとして使ってもいい。 主にSJから。 着地際に1段目のみを当てて、その後は弱などに繋げていってもいい。 主力メイン技の一つ。 空前 フラッグカット(7~10%) 【解説】 飛びかかりながら相手を斬りつけて攻撃をする。 主に差し込みや置きとして使っていこう。 相手のジャンプを読みで 大ジャンプなどを使って壁を作ってプレッシャーをかけていきたい。 主力メイン技の一つ。 空後 アッパースイング(9~12%) 【解説】 後方へ振り返りながら剣を振りぬいて攻撃をする。 攻撃後は向きが変わっているということを忘れないようにしよう。 ふっとばしは空前よりも強いため、場外に追い出した後の追撃としてはこちらを当てたい。 空上 ルナスラッシュ(9~12%) 【解説】 上空へ向けて弧を描くかのように攻撃をする。 主に上空へ打ち上げた時の追撃としてつかっていこう。 中%で地上で着地しながら空上を当てることにより、再度空上を当てることが可能。 空下 ハーフムーン(11~14%) 【解説】 空上とは真逆に、下に向けて剣を振りぬく技。 真下部分で剣先を当てればメテオとなる。 相手を場外に飛ばした後のジャンプや復帰に上手く合わせていきたい。 掴み~各種投げ 掴み(掴み打撃2%) 【解説】 剣のリーチや判定を恐れてガードを貼ってる相手を掴みたい。 ただ投げのダメージは強くないため、無理して掴みに行く必要性は少ない。 前投げ ロールオーバー(4%) 【解説】 相手を崖外に出したい場合はこの技を。 後投げ レッグフッカー(4%) 【解説】 崖を背負っている場合はこちら。 上投げ キャスティング(4%) 【解説】 相手を打ち上げて火力を稼ぎたい時に。 吹っ飛びも強いため、高%で掴んだら上に投げよう。 下投げ グラブドロップ(5%) 【解説】 展開を重視したい場合はこの技。 投げた後は回避を待つなどの読み合いを仕掛けよう。 各種必殺技 NB シールドブレイク(8~24%) 【解説】 相手のシールドを大きく削る事が出来るため、ガードが多い相手に狙っていきたい。 主にSJから空中技を打つ振りをしてこの技を打ち、プレッシャーをかけてみよう。 シールドを割った後は横スマ先端やNB先端を当て早期バーストを狙おう。 横B マーベラスコンビネーション(3~22%) 【解説】 ボタンを押した回数により技の回数が増え、その際スティックを倒すことにより技の種類も変わる。 基本的に最終段以外は飛ばすことが出来ないため、ヒット確認出来たら出し切ってしまおう。 吹っ飛びもそこそこ強いため、崖際で上手く当てられるようにしていきたい。 主力メイン技の一つ。 上B ドルフィンスラッシュ(6~11%) 【解説】 上空へ向かって勢いよく上昇する。 発生が速いため、コンボに対して割り込んだり確認が出来る人はガーキャンから狙っていこう。 ただし、技を外した後はしりもち落下となり大きな隙を晒すことになるので気をつけよう。 下B カウンター(相手の技依存) 【解説】 相手の技を受けた後1.2倍にして跳ね返す。 強い技を受ける程威力も高くなるため、相手の大技を読んで当てていきたい。 ただし、噛み合わないと強烈な一撃を貰う恐れがあるので注意して使おう。 【長所・短所】 長所 ・剣を使ったリーチを活かした立ち回りが得意。 ・リーチが長い上剣先程強いというシナジーに合っている。 ・横スマ・NB先端は驚異的な吹っ飛びを誇る。 ・歩き速度が速いため、間合い調整をしやすい。 短所 ・ステップが遅い上に長いため、そこに攻撃を当たられるとどうしようもない。 ・先端に当てられないと相手をなかなかバースト出来ない事も多い。 ・後隙が長い技が多いため、近距離でごまかしてくる相手に掻き回されがち。 ・コンボが圧倒的に少なく火力不足になりやすい。 下投げ後、相手の回避を待ってから打ってもよし。 ダメージに余裕がある時や、台があるステージのみ狙いたい。 立ち回り マルスはこれといったコンボがなくダメージを与えるのは難しく感じるだろう。 だが、先端特に横スマを当てることが出来た際の吹っ飛びには十分な期待をしていい。 間合い管理を上手く調節しつつ先端を当てるチャンスを常に伺っていこう。 テレビCMでも話題になっている「えんきん」の販売元、株式会社ファンケルから目の疲労感に特化したアイケアサプリメントの「スマホえんきん」が新発売!• 毎日ガッツリゲームやスマホを使っている• 何だか目がしょぼしょぼする• 目が乾燥していて瞬きの回数が以前よりも増えた• 目の疲れから画面を見られずなかなか勝負に勝てない• いつまでも健康な目でありたい• 疲れた目をきちんと労わりたい そんな方にスマホえんきんがおすすめです。 スマブラで疲れ切った目はきちんとケアをする事が大切。

次の