ご 理解 ご 了承 の ほど お願い いたし ます。 間違う人も多い「何卒」の正しい意味・使い方・例文

「ご理解ください」と「ご了承」「ご容赦」の正しい使い分けと例文集

ご 理解 ご 了承 の ほど お願い いたし ます

相手に理解を求める趣旨の言い方 日本語の「ご了承ください」という言い回しを字面通りに捉えれば、「どうか事情を受け入れてくださいませ」というお願いの趣旨と解釈できます。 お願いの趣旨なら相手に「ご理解ください」と伝える表現が無難に使えます。 丁寧かつ控えめなニュアンスの出せる表現を選びましょう。 We kindly ask for your understanding. We kindly ask for your understanding. は相手に理解を求める意味合いの表現です。 素直に訳せば「何とぞご理解くださいませ」という風になるでしょう。 ask for は「求める」「要求する」という意味の句動詞 です。 kindly は副詞で、この一語があると「どうか~願います」という懇切なニュアンスがいっそう加わります。 We kindly ask for your understanding. 何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます I hope you will understand this. I hope you will understand this. は「ご理解くださるよう願います」という意味合いの表現です。 this 部分は指示代名詞でなく our situation(我々の状況)のように表現したり、あるいは具体的な事柄を明示的に述べたりもできます。 I hope you will understand ~. は日本語の「ご了承ください」のような畏まった場面でばかり用いるとは限らず、I hope you will understand my feelings. (察して欲しいんだけど)というような言い方にも用いられます。 Please kindly note that you need another ticket for the entrance. ご入場の際には別のチケットが必要になりますので、了承ください Please forgive ~. または Please excuse ~. forgive や excuse は「許す」「多めに見る」といった意味合いの動詞です。 どちらも「 ご容赦ください」と述べる場面で使えます。 forgive は軽微でない罪や過失を「赦す」というニュアンス、罪を憎んで人を恨まず的なニュアンスのある語です。 excuse は、そこまで重大ではない失敗やポカを「勘弁する」というようなニュアンスが中心です。 相手の理解に対して感謝を示す言い方 文脈によっては、「理解を求める」よりも「理解を示してくれることに対して感謝する」という見方から捉え直した方が、より英語的にしっくり来る表現が見つかります。 Thank you for your understanding. ビジネスメールや顧客への連絡・通知といった場面で「ご了承いただけますようお願い申し上げます」というように言い添える場合、英語では Thank you for your understanding. (ご理解のほど感謝申し上げます)というように感謝を表明する言い方が一般的です。 了承してくれることが想定されるというような状況で、文末などに添えるように用いられます。 ビジネス関連のメールなどにおいて一般的に使われている表現です。 There may be a slight delay of the shipping due to the weather. Thank you for your understanding. 天候によって配送に多少の遅れが生じる場合もございます、ご了承くださいませ もちろん、相手は必ずや理解を示してくれるという前提がないと、この(先んじて感謝する)表現は適切には響きません。 相手は納得してくれるかもしれないし、納得してくれないかもしれない、可能性は五分五分、・・・・・・というような場合は、真摯に理解を請う表現を選びましょう。 I appreciate your understanding. 感謝の表現としては、thank you の代わりに I appreciate you と述べる言い方もできます。 thank you よりも丁寧・懇切なニュアンスで感謝を表明できます。 thank you は前置詞 for を続ける形を取りますが、appreciate の場合は目的語を続ける形を取ります。 I would appreciate ~. と仮定法による婉曲的な表現を加味すると、「もしご理解いただけるなら・・・・・・」というへりくだったニュアンスをさらに色濃く表現できます。 I would appreciate your understanding in this matter. 本件につきましてご理解いただけますと幸いです Thank you for your patience. 相手に多少の不便を強いてしまうような事柄についても、その不便が避けがたい(と相手も承知している)ような代物なら、感謝を述べる言い方で「ご了承ください」に換えられます。 たとえば、待ち時間が長い(長く待たせてしまう)ような場面で「ご不便をおかけしますが、なにとぞご了承ください」というような場合、patience (辛抱)の語を使って Thank you for your patience. と表現できます。 あるいは、「ご協力ありがとうございます」という趣旨で Thank you for your cooperation. と表現する言い方もアリでしょう。 Thank you in advance. Thank you in advance. も「ご了承ください」の意味で使えるフレーズといえるでしょう。 基本的にはビジネスメールにおいて、日本語のメールの結びの「よろしくお願いします」に相当する言い回しとして紹介されるフレーズです。

次の

「ご承知おきください」の意味と使い方3つ|敬語・類語

ご 理解 ご 了承 の ほど お願い いたし ます

「ご承知おきください」は、後から事前の説明がなかったと言われたら困る場面で、頻繁に使われている言葉です。 「ご承知おきください」はよく使われている言葉ではありますが、正しい敬語ではありません。 今回は、「ご承知おきください」の正しい使い方や意味・類語などについて詳しくご紹介します。 日常の会話で「ご承知おきください」を使う際の参考にしてください。 「ご承知おきください」の意味 「ご承知おきください」は、「知っておいてほしい・分かっていてほしい」という意味で使われます。 「ご承知おきください」の「承知」という言葉は、「了解」の謙譲語です。 了解はすべて分かったうえでの承諾で、「承知」は相手の言っている部分だけを理解したことを表す言葉です。 「ご承知おきください」はよく使われている言葉ですが、「承知」は謙譲語ですので、目上の方に対して使うべき言葉ではありません。 「ご承知おきください」の類語 「ご承知おきください」の類語をご紹介します。 「ご承知おきください」は、「お含みおきください」や「ご理解ください」などが類語にあたります。 「承知」という言葉の類語は「了解」「了承」です。 「承知」は全貌が分からないが相手の言っていることは理解した。 という意味で、「了解」は全貌を理解したうえで相手の言う事を理解した。 という意味になります。 「了承」はこれから行うことに対して許可するという意味です。 「ご承知おきください」の使い方3つ 使い方1は「ご承知おきお願いします」です。 「ご承知おきお願いします」は、「事前に何かしらのことを分かっていてほしい」という意味で使われます。 「台風が近づいている。 危険だと判断したら電車の運行をとりやめる。 このことを分かったうえで出かけてほしい」というような場合などに、慣用句的な表現として使われます。 例文 「ご承知おきお願いします」という言い回しを使った例文をご紹介します。 例えば、「台風のために電車の運行をとりやめることがございます。 あらかじめご承知おきの上でご利用をお願いいたします。 」という形で使うことができます。 他にも、「3か月間は解約できません。 ご承知おきのうえご契約をお願いいたします。 」という文でも「ご承知おきお願いします」を使うことができます。 「ご承知おきのほど」は、「ご承知おきお願いいたします」が使われる場面で使われている言い回しです。 「ご承知おき」も「ご承知おきのほど」も意味は同じです。 「ご承知おき」に「ほど」を付けることによって、表現を柔らかくしています。 例文 「ご承知おきのほど」という言い回しを使った例文をご紹介します。 「ご承知おきのほどよろしくお願いいたします。 」というような形で、「ご承知おきのほど」を使うことができます。 「ご承知おきお願いいたします」が使われている場面で、「ご承知おきのほどよろしくお願いいたします。 」という表現が使われる場合があります。 「ご承知おきください」は正しい敬語ではないので、別の言葉に言い換えることが必要です。 「ご承知おきください」は「お含みおきください」に言い換えることができます。 「お含みおきください」を使うことで、正しい敬語表現になります。 「お含みおきください」というと「覚えていてほしい」というようなニュアンスとなります。 例文 「ご承知おきください」の代わりに使うことができる、正しい敬語表現を例文でご紹介します。 例えば、「3か月間解約できません。 ご容赦ください」「こちらの契約は3か月間解約できません。 お含みおきください」というような形の文にすることができます。 「ご承知おきください」は敬語表現として正しくないので、「ご容赦ください」や「お含みおきください」を使い、「ご承知おきください」を言い換えましょう。 敬語を使うことが苦手な方におすすめの本はこちら 敬語を使うことが苦手な方におすすめする本は、敬語「そのまま使える」ハンドブックです。 敬語「そのまま使える」ハンドブックは、日常の会話の中でよく使われる基本中の基本の敬語の言い回しを、豊富な例文で紹介しています。 例文で紹介されているので、本で紹介されている例文をそのまま覚えたり、そのまま使うだけで、正しい敬語を話すことができます。 新社会人の方や、敬語を学びなおしたいという方はぜひ読んでみてください。 「ご承知おきください」と「ご了承ください」の使い分け方法をご紹介します。 「ご承知おきください」は知っておいてほしい事柄に使われるので意味が少しずれますが、「ご承知おきください」を使うよりも「ご了承ください」を使う方が丁寧です。 「ご承知おきをお願いします」は「ご了承をお願いします」と違い、「貴方には分からないだろうがこの部分だけは理解しておいてほしい」というニュアンスになるため、失礼になってしまいます。 例文 「ご了承ください」を使った言い換えの例文をご紹介します。 例えば、「3か月間は解約できません。 ご了承ください。 」という形の文にすることができます。 「ご承知おきください」を使うよりも丁寧な表現になります。 「ご承知おきください」を正しく使おう.

次の

ご了承頂けますよう、ご理解のほど、ご容赦頂けますか?

ご 理解 ご 了承 の ほど お願い いたし ます

まずは何かをお願いする時や理解してもらうために使う敬語の「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方の前に役割を知りましょう。 何かをお願いする時は前もって理解をしてもらう必要があります。 そうしないと一方的に感じてしまうためです。 そのため「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という事で相手に「こんな理由なんで納得してください。 お願いします」と言っているわけです。 この言葉が無いと相手は失礼だと感じたり納得できないと怒り出してしまうでしょう。 しかしこの言葉を使う事で相手に分かってくださいとお願いをするので相手は「仕方ないなぁ」と理解してくれるわけです。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は相手にあらかじめ承認を求める言葉といえます。 しかし相手が目上や取引先の方である場合はもう少し言い方を変えた方が良いかもしれません。 例えば「ご理解」の前に「何卒(なにとぞ)」を付ける事でさらに丁寧な言い回しになります。 また目上の方にお願いするので「ご理解のほどよろしくお願いいたします」を「ご了承のほどお願いいたします」に変えると良いかもしれません。 以上の事からこのように変えてみました。 「何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします」この言い方なら、先ほどの「ご理解のほどよろしくお願いいたします」よりは丁寧な印象を受けます。 目上や取引先に使う場合はこうした言い方を少し変えてみるだけで相手の受ける印象がぐっと変わるはずです。 ぜひ活用してみましょう。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」を使う時は目上の人や取引先に使う場合は言い方を変えて「何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします」に変えてみたり、クッション言葉を活用する事で印象ががらりと変わりますので、例にあげたクッション言葉をいくつか覚えておくと良いでしょう。 最後に例文をしっかり見て自分なりにアレンジしていくと良いかもしれません。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」だけでは印象が一方的に聞こえてしまいますが、クッション言葉や言葉を変えて言う事で印象を良くしていくことができますのでビジネスに活かしていきましょう。 ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の