精密採点ai。 【ラウンドワン】カラオケ|LIVEDAM Aiのご案内

精密採点 Ai について

精密採点ai

Ai とは何か そもそも、精密採点 Ai における人工知能とはいかなるものであろうか。 LIVE DAM Ai のマルチメディア処理を担うミドルウェアを開発したによれば、その製品 CRI NeuroMeister シーアールアイ・ニューロ・マイスター は、歌唱評価や Ai 感性メーターという採点項目に関係しているとされる。 製品名から推測するに、人工ニューラルネットワークを採用していると思われる。 Ai 感性メーター, より 各評価項目について 精密採点 Ai において、高得点を取るためにはいくつかの点を抑えておく必要がある。 音程正確率 音程正確率は百分率 パーセンテージ で評価され、採点において最も大きな比重を占める。 音程正確率がどう判定されたかは、歌唱画面において音程バーが塗りつぶされる色や、ページが切り替わる際に表示されるエフェクトからおおよそを見て取ることができる。 音程正確率を上げるためには、まず原曲をよく聞き正確な音程を覚えることが重要である。 また、音程バーを垂直方向になぞるように滑らかに歌唱すれば、高い音程正確率を得る事が可能である。 表現力 表現力は、100 点満点の点数で評価される。 表現力には、抑揚、ビブラートを除く表現技法、裏表現技法が影響する。 抑揚 抑揚は、100 点満点の点数で評価され、表現力において最も大きな比重を占める。 過去の精密採点シリーズでは、画面右上に表示されている歌唱区間 大区間 の 1 区間あたり、更にその区間を 4 分割したもの 小区間 の 1 区間 において音量を上げ、その他の区間は音量を抑える事で抑揚を上げる事ができた。 精密採点 Ai では、音量を上げる箇所と抑える箇所の両方を、最低でも小区間 1 区間ずつ確保することによって抑揚を上げる事ができる。 表現技法 表現技法とは、歌唱画面や結果画面で位置や回数が確認ができる歌唱技法のことである。 しゃくり、こぶし、フォール、ビブラートの 4 種が存在する。 ただし、ビブラートは表現力には関係せず、独立した評価が行われる。 裏表現技法 裏表現技法とは、歌唱画面や結果画面で位置や回数が確認できない歌唱技法のことである。 アクセント、ハンマリング・オン、エッジボイス、ヒーカップの 4 種が存在する。 これは、Ai 感性ボーナスにのみ関係していると思われる。 Ai- は、急激な音量の変化を検知して加算される。 そのため、過去の精密採点シリーズのような抑揚の付け方では Ai 感性で高い点数を取ることは難しい。 その一方で、この点に注意すれば Ai- の値を低く保つことはもとより、0 にすることはさほど難しくない。 ロングトーン ロングトーンは、10 点満点の点数で一定以上の長さの音程バーにおいて、正確な音程を安定して保てていることを評価する。 これは簡単ではないので、最低限のロングトーンのみを歌唱し、他の長い音程バーにおいては短く歌唱するか、表現技法を被せてロングトーンとしての判定を無効にすると良い。 安定性 安定性は、10 点満点の点数で音程バーにおいて音程を安定して保てていることを評価する。 これは簡単でないので、音程バー同士の間を細かく区切って発音するか、表現技法を被せて判定部分を短くすると良い。 リズム リズムは、タメまたは走りそれぞれ 5 段階と正確の計 6 段階で評価され、レーダーチャートには 100 点満点の点数で表される。 タメよりも走りのほうが多く減点される。 リズムを保つのが苦手な場合、体の一部を動かして一定のリズムを刻むと良い。 ビブラート ビブラートは、10 点満点の点数で波形を正弦波に近い形状に保てていることを評価すると思われる。 従来、複数のビブラートにおいて波長やビブラートタイプを揃えなければならないとされていたが、それは誤りである。 また、過去の精密採点シリーズで有効であった間奏などにおけるビブラートは無効である。 なお、合計の長さが 1 秒に満たない場合、0 点になる。 過去の精密採点シリーズとの比較• Ai 感性メーター及び Ai 感性の追加• 精密採点 DX-G におけるボーナスの廃止と Ai 感性ボーナスの追加• 表現力グラフの廃止と Ai 感性メーターグラフの追加• 裏表現技法の追加• 分析レポートの種類の増加 未だ採点アルゴリズムについて解明されていない部分もあり、一般に高得点を取るのが難しくなったとされる。 特に、過去の精密採点シリーズに慣れていた人は、音程と Ai 感性ボーナスとの兼ね合いの考慮、裏表現技法の習得に手を焼くことがあるようである。

次の

【カラオケ】DAMに最新機種「LiveDAM Ai」が登場!精密採点Aiって!?|こげぱんらいふ

精密採点ai

読了時間: 約 4分 こんにちは、鈴木俊吾 です。 私はカラオケが趣味。 ただ、新型コロナウィルスの影響があり、しばらく営業自粛していたカラオケ店。 私は営業再開するのを今か今かと待っていました。 そして! 最近になって、馴染みのカラオケ店「まねきねこ」が営業を再開したようだという情報を耳にしました! しかも、カラオケ機種が最新のものになっているではありませんか!? 基本的に、私はJOYSOUND派ですが…。 LIVEDAM Aiの精密採点が気になって仕方なかった私。 そこで! 今回のカラオケでは、LIVEDAM Aiを選択してみることに。 そして、その精密採点Aiに挑戦してみました。 一体どの程度の点数が出たと思いますか? ぜひ予想しながら読み進めていってくださいね。 Contents• カラオケ店「まねきねこ」にて いつもなら、基本的には朝うたを利用して、お安くカラオケをエンジョイするのですが…。 今日は、午後になってからカラオケしたい気分になりましたので…。 午後からのフリータイムとなりました。 来客数的には、車で数台程度。 まだそれほど人の入りは多くないようですね。 やはり、新型コロナウィルスの影響が残っているようです。 店に入ると、入口近くにアルコール消毒液が置いてありました。 そこで、私は手を消毒したあとに受付へ。 午後からの場合、基本的にはフリータイムを選択するのが無難。 平日昼間のフリータイムの料金は880円(税抜き)となっていますが…。 一人カラオケ(ヒトカラ)の場合、残念なことにヒトカラ代として別途200円(税抜き)を徴収されます。 うん、まあこれは仕方ないのでしょうかね…。 まねきねこには、会員ランクというものがあります。 このランクが高いほど、料金の割引率が上がっていきます。 私の会員ランクはシルバーランク。 でも、どうせならもっと上の方の会員ランクを目指したいところ。 カラオケ機種は、JOYSOUNDとDAMがありますが…。 JOYSOUNDではJOYSOUND MAXGO、DAMではLIVEDAM Aiという最新のものが導入されています。 普段の私であればJOYSOUNDを選ぶところ。 ただ、テレビ番組のカラオケバトルでも採用されている、LIVEDAM Aiの精密採点でどれくらいの点数が取れるのかを試してみたい! そんなわけで、今回はDAMの方を選択してみました。 LIVEDAM Aiによる精密採点Aiの特徴 LIVEDAM Aiの精密採点Aiでは、従来のような細かい採点基準に加えて…。 なんとAIによる感性採点も導入されています。 これによって、人が聴いたときに感じる感覚のような、感性による評価分も加味されます。 実際には、従来の精密採点の結果をもとにして…。 そこから、AI感性によるボーナス点を加えるという形になっているようです。 私の場合、従来のDAMの精密採点DXでは、どんなに良くても93点くらいが最高でしたね。 果たして、今回のLIVEDAM Aiの精密採点Aiではどうなるのでしょうか? ワクワクドキドキしながら採点に挑戦してみましたよ! LIVEDAM Aiの精密採点Aiに挑戦してみた さて、そんなわけでLIVEDAM Aiの精密採点Aiを初体験。 とりあえず、私の場合。 まず最初の曲は大体、夏川りみさんの「涙そうそう」と決めています。 自分なりに心を込めて歌ってみたのですが…。 その結果は…93. 982点! AI感性によるボーナス点が入る分、点数が伸びやすいのですかね? 初めてにしては、なかなか良い点が出ましたよ。 ただ、現実はそんなに甘くは無いようです。 最初の方は点数が良い感じでしたが…。 後半になってくると徐々に点数が伸びなくなってきました。 結局のところ、今日の最高点は最初に歌った、夏川りみさんの「涙そうそう」の93. 982点でしたね。 別の曲では、fripSideさんの「only my railgun」が93. 248点、supercellさんの「君の知らない物語」が93. 289点と良かったくらい。 その他の曲については、点数の伸びとしてはイマイチ。 実は途中から、こぶしの練習をしてみようかと思って、こぶしを意識的に曲に入れる練習をしていたのですよね。 その結果、こぶしのカウントはされるのですが…。 代わりに音程正確率が落ちるという結果になりました。 基本となる音程正確率が落ちてしまっては、点数が出るわけがありませんよ…。 そのため、こぶしで加点を狙っても点数は90点前後で打ち止め。 なんだか悲しいですね…。 私の場合、音程と表現力に特に課題があるようです。 音程バーを眺めていると、正確に歌っているつもりでも…。 どうしてもちょくちょくと赤いバーの部分が出てしまいますね。 区間ごとに出るキラキラも虹色がほとんど出ませんし…。 また、抑揚の評価も低め。 自分では音量に差をつけて歌っているはずなのですが…。 機械的には抑揚が無いと判断されているようです。 うーん、これはどうしたものか。 Ai感性の評価も、そこまで高くは無いようです。 大体60〜70点くらいだったですね。 これを伸ばすにはどうしたら良いのでしょうかね? もっと歌に気持ちが乗るように練習するしか無いのでしょうか…。 ひとこと 今日は、人生初のLIVEDAM Aiで精密採点Aiに挑戦してみました。 その結果、最高点は93. 982点を取ることができましたよ。 自分の中では、なかなか良い点が取れたのではないかと思っています。 ただ、できればさらに高い点数を出したくなるのですよね。 自分の課題である、音程と表現力に磨きをかけていって、近いうちに95点を超えられるようになりたいところ。 そして、もし精密採点Aiで90点台後半を安定して取れるようになってきたら…。 機会があれば、カラオケバトルに出場してみたいですね!.

次の

LIVE DAM Ai(ライブダム アイ)の採点で高得点を取るには、新たな指標「Ai感性」の攻略が必要だった!

精密採点ai

読了時間: 約 4分 こんにちは、鈴木俊吾 です。 私はカラオケが趣味。 ただ、新型コロナウィルスの影響があり、しばらく営業自粛していたカラオケ店。 私は営業再開するのを今か今かと待っていました。 そして! 最近になって、馴染みのカラオケ店「まねきねこ」が営業を再開したようだという情報を耳にしました! しかも、カラオケ機種が最新のものになっているではありませんか!? 基本的に、私はJOYSOUND派ですが…。 LIVEDAM Aiの精密採点が気になって仕方なかった私。 そこで! 今回のカラオケでは、LIVEDAM Aiを選択してみることに。 そして、その精密採点Aiに挑戦してみました。 一体どの程度の点数が出たと思いますか? ぜひ予想しながら読み進めていってくださいね。 Contents• カラオケ店「まねきねこ」にて いつもなら、基本的には朝うたを利用して、お安くカラオケをエンジョイするのですが…。 今日は、午後になってからカラオケしたい気分になりましたので…。 午後からのフリータイムとなりました。 来客数的には、車で数台程度。 まだそれほど人の入りは多くないようですね。 やはり、新型コロナウィルスの影響が残っているようです。 店に入ると、入口近くにアルコール消毒液が置いてありました。 そこで、私は手を消毒したあとに受付へ。 午後からの場合、基本的にはフリータイムを選択するのが無難。 平日昼間のフリータイムの料金は880円(税抜き)となっていますが…。 一人カラオケ(ヒトカラ)の場合、残念なことにヒトカラ代として別途200円(税抜き)を徴収されます。 うん、まあこれは仕方ないのでしょうかね…。 まねきねこには、会員ランクというものがあります。 このランクが高いほど、料金の割引率が上がっていきます。 私の会員ランクはシルバーランク。 でも、どうせならもっと上の方の会員ランクを目指したいところ。 カラオケ機種は、JOYSOUNDとDAMがありますが…。 JOYSOUNDではJOYSOUND MAXGO、DAMではLIVEDAM Aiという最新のものが導入されています。 普段の私であればJOYSOUNDを選ぶところ。 ただ、テレビ番組のカラオケバトルでも採用されている、LIVEDAM Aiの精密採点でどれくらいの点数が取れるのかを試してみたい! そんなわけで、今回はDAMの方を選択してみました。 LIVEDAM Aiによる精密採点Aiの特徴 LIVEDAM Aiの精密採点Aiでは、従来のような細かい採点基準に加えて…。 なんとAIによる感性採点も導入されています。 これによって、人が聴いたときに感じる感覚のような、感性による評価分も加味されます。 実際には、従来の精密採点の結果をもとにして…。 そこから、AI感性によるボーナス点を加えるという形になっているようです。 私の場合、従来のDAMの精密採点DXでは、どんなに良くても93点くらいが最高でしたね。 果たして、今回のLIVEDAM Aiの精密採点Aiではどうなるのでしょうか? ワクワクドキドキしながら採点に挑戦してみましたよ! LIVEDAM Aiの精密採点Aiに挑戦してみた さて、そんなわけでLIVEDAM Aiの精密採点Aiを初体験。 とりあえず、私の場合。 まず最初の曲は大体、夏川りみさんの「涙そうそう」と決めています。 自分なりに心を込めて歌ってみたのですが…。 その結果は…93. 982点! AI感性によるボーナス点が入る分、点数が伸びやすいのですかね? 初めてにしては、なかなか良い点が出ましたよ。 ただ、現実はそんなに甘くは無いようです。 最初の方は点数が良い感じでしたが…。 後半になってくると徐々に点数が伸びなくなってきました。 結局のところ、今日の最高点は最初に歌った、夏川りみさんの「涙そうそう」の93. 982点でしたね。 別の曲では、fripSideさんの「only my railgun」が93. 248点、supercellさんの「君の知らない物語」が93. 289点と良かったくらい。 その他の曲については、点数の伸びとしてはイマイチ。 実は途中から、こぶしの練習をしてみようかと思って、こぶしを意識的に曲に入れる練習をしていたのですよね。 その結果、こぶしのカウントはされるのですが…。 代わりに音程正確率が落ちるという結果になりました。 基本となる音程正確率が落ちてしまっては、点数が出るわけがありませんよ…。 そのため、こぶしで加点を狙っても点数は90点前後で打ち止め。 なんだか悲しいですね…。 私の場合、音程と表現力に特に課題があるようです。 音程バーを眺めていると、正確に歌っているつもりでも…。 どうしてもちょくちょくと赤いバーの部分が出てしまいますね。 区間ごとに出るキラキラも虹色がほとんど出ませんし…。 また、抑揚の評価も低め。 自分では音量に差をつけて歌っているはずなのですが…。 機械的には抑揚が無いと判断されているようです。 うーん、これはどうしたものか。 Ai感性の評価も、そこまで高くは無いようです。 大体60〜70点くらいだったですね。 これを伸ばすにはどうしたら良いのでしょうかね? もっと歌に気持ちが乗るように練習するしか無いのでしょうか…。 ひとこと 今日は、人生初のLIVEDAM Aiで精密採点Aiに挑戦してみました。 その結果、最高点は93. 982点を取ることができましたよ。 自分の中では、なかなか良い点が取れたのではないかと思っています。 ただ、できればさらに高い点数を出したくなるのですよね。 自分の課題である、音程と表現力に磨きをかけていって、近いうちに95点を超えられるようになりたいところ。 そして、もし精密採点Aiで90点台後半を安定して取れるようになってきたら…。 機会があれば、カラオケバトルに出場してみたいですね!.

次の