ヤフー ニュース コメント ランキング。 ヤフーニュースでランキング上位3位にコメントを載せるためには

ヤフーニュースのコメントでID全表示 「危ない投稿」した過去がバレる恐れ: J

ヤフー ニュース コメント ランキング

IDをクリックすると、この投稿者の過去のコメント内容が一覧で見られるが、やはりIDは一部隠されている。 ヤフーの2012年1月19日の発表によると、2012年2月中に実施される変更で、まずニュースのコメント欄は、IDは現状の「伏せ字」のままだが、そこにユーザー登録時に設定する「表示名」が合わせて画面上に出される。 さらに過去のコメント一覧に飛ぶと、今度はIDが丸ごとすべて表示される仕様に変わるという。 変更の理由についてヤフーは、「責任をもってコメントを投稿していただくため」と説明する。 コメントする際の一般的な留意事項として、「ほかのお客様が不愉快にならないように心がけていただき」「個人を傷つけたり、不愉快な思いをさせてはいけません」と、マナーを守った行動を繰り返し求めている。 個人に対する中傷や、宣伝目的のコメントは遠慮してほしいと強調しているのだ。 原則として、「自由な意見交換の場をあらかじめ制限するようや趣旨や意図で特定のジャンルや記事単位でのコメント機能の設定を制限することはありません」と宣言しており、記述内容の自由度が高い。 半面、各記事のコメント欄には建設的な意見や議論だけでなく、個人や特定の団体への攻撃もみられる。 投稿者のプロフィルがつかめる可能性 IDや「表示名」が明示されるようになれば、コメントを書き込んだ人物のプロフィルがヤフー上で特定できる可能性がある。 プロフィルには本名や性別、生年月日をはじめ個人情報が含まれる。 もちろん登録者本人が必要最小限のデータしか入力せず、情報を「非公開設定」してしまえば細部までは分からない。 そもそも「ニセデータ」を入れるケースも考えられる。 ただし、これまではIDが伏せられてコメント投稿者の横顔が全く分からなかったことを考えると、どんな人物が何を発言したのか少しは手掛かりができる。 ヤフーの他のサービスを使っていれば、その人物の「行動履歴」もつかめるようになるかもしれない。 完全匿名による「なんでもあり」のコメントを予防しよう、とのねらいのようだ。 ツイッターを見ると、今回の変更に対しては好意的なようだ。 IDが全表示されることで「悪質なコメントが減ればいい」と望む声や、「自分のコメントに責任を持ってもらわないと」と、ヤフーの考え方に同調する意見もあった。 ポータルサイトでは、ヤフー以外にも「ライブドアニュース」がコメント欄を設けているが、こちらはユーザーのIDやアイコン画像が表示される仕組みになっている。 (追記:下記の「関連記事」に続報があります。

次の

ヤフーニュースのオーサーコメント正直、専門家,有識者と言いながら、専...

ヤフー ニュース コメント ランキング

Yahoo! ニュースコメント欄とは、がするの一つ。 通称は「ヤフコメ」。 概要 上で開されている記事に対し、「 」への登録をしたのみが可になるで、広義のに分類される。 かつてされていた「」、後継の「」とはされることも多く、利用者層や、その全体的な論調もほぼ同一である。 一方で性が更に上がったほか、トを後の筍のように乱立しての実質的なをする、などの行為はになった。 特有の機としては「私もそう思う」「私はそう思わない」がある。 これは寄せられたに対して支持・非支持の意思表明を行うもので、ごとの支持、非支持の累計が数値として見ることができるようになる機である。 標準では「私もそう思う」から「私はそう思わない」を引いた数が多い順に表示される。 最大のでされるに付随した機であるが、全体的な潮としては、いずれも的なや、的な発言、あるいは単なる罵詈が野放しになってしまっている。 Yahoo! ニュースコメント欄ではに対して返信ができるが、前述の潮返信のが間での言い争いや喧に発展することも多く、その抑制策として返信を書き件数が件に制限されている。 というの牧歌的なに反し、の負の面が濃縮され、の低いを追加したとも言われるとして荒んだ場所であるのが現状である。 事件 、の路上で台自営業に暴行を加え、さらにを盗んだとして暴行および窃盗の罪で台のがされた。 発端は同年にの大会で毅の試合をめぐり の欄で言い争いになったことで現場で会うことになり、上記の事件に発展したとみられる。 欄の言い争いが原因によって事件相当にまで発展した例であるが、は後も対策を講じていない。 関連項目• 関連リンク•

次の

ヤフーニュースの違反コメント検知数が2.2倍向上、AIを活用で

ヤフー ニュース コメント ランキング

Yahoo!ニュースのコメント欄()へのコメント 「Yahoo!ニュース」の各記事に読者がコメントを付けられるコメント機能について、ヤフーが9月2日、で現状を説明した。 同機能はユーザーによる議論などを目的に運営されているが、差別的なコメントも投稿されているのが現状。 同社は「『ヤフコメはひどい』と指摘されることもある」と問題があることを認め、新たな対策を実施していくという。 コメント機能は2007年にスタートし、現在の投稿数は1日当たり約14万件。 投稿者は男性が80%以上で、30〜50歳の男性が50%以上。 特に40代が突出して高い傾向があるという。 エンターテインメントやスポーツ関連の記事にコメントが付きやすく、スポーツ選手の活躍が報じられた際には、選手をたたえるコメントなどで投稿数が急増することが多いという。 コメントガイドラインより 対策として同社は、を設け、根拠のない批判や全否定的なコメント、犯行予告や人権侵害に当たるコメントなどを規制。 24時間365日体制でパトロールを行い、悪質ユーザーのアカウント停止措置や、ガイドライン違反を自動検知して不適切コメントを削除するなどの対応にあたってきたという。 ただ、膨大な投稿がある中、「他者への敬意を欠いた極端なレッテル張りや、差別意識を助長するような投稿などに十分対応し切れていない」と認識。 今後はヘイトスピーチ対策を強化するとしており、偏見に基づく人種差別や、極端で乱暴な言動によるレッテル張り、根拠のない誹謗中傷などに対して、さらに厳しい基準を設けて対策するとしている。 また、外部有識者(研究機関)による投稿内容の調査・分析なども実施するという。 関連記事• ニールセンのニュースアプリ調査で3位と伝えられた「Yahoo!ニュース」だが、同調査の数字には「Yahoo!JAPAN」アプリとWebブラウザからの利用者数が含まれていないとヤフーが説明している。 ハフィントンポスト日本版がステマ記事撲滅に向けた「ハフポストブログ調査・管理チーム」を設立。 第1弾として過去記事6本を削除したという。 専門家などが「Yahoo!ニュース」に直接記事を執筆する「Yahoo!ニュース個人」で、書き手支援を強化。 報酬を1. 7倍に増やすほか、「Yahoo!ニュース」の各記事のコメント欄に書き手専用のコメント枠を設ける。 Yahoo!ニュースに個人の書き手が寄稿する「Yahoo!ニュース 個人」がスタート。 PVに応じて広告収益をシェアするなど、「個人の活動を支援する場を作る」としている。 関連リンク•

次の