スイート キャロライン ラグビー。 坂本九 スイート・キャロライン 歌詞&動画視聴

世界中に響け! 『WORLD IN UNION(ワールド・イン・ユニオン)』

スイート キャロライン ラグビー

775,824アクセス• ワールドカップです!大会の盛り上がりは、ホスト国の活躍が重要なのですが、ジャパンが優勝候補のアイルランドに快勝し、大会は更に熱く盛り上がってきました。 「4年に一度じゃない。 一生に一度だ。 」という大会の惹句。 まさにその通りだと思いますが、今回の日本代表の活躍に加え、日本人のホスピタリティが海外から高く評価されているとも聞くので、二度目もあるかも!と思い始めています。 この日は、オーストラリア-ウェールズ観戦で、東京スタジアムへ。 前日のジャパンの快勝もあり、気持ち良く高揚しファンゾーンそしてスタジアムに向かいました。 先日のニュージーランド対南アフリカに次ぐ、予選リーグ屈指の好カード。 会場は赤と黄色に染まる最高の雰囲気の中、最後まで勝敗の分からない僅差の好ゲーム。 素晴らしい試合でした。 今大会、会場での観戦は 観戦済みの試合を含め 、以下の14試合を予定しています。 イチオシ オーストラリア ワラビーズ 対ウェールズ レッドドラゴンズ 先週のニュージーランド対南アフリカに続く、予選リーグ屈指の好カードで、5週間後の決勝戦がこのカードとなっても何の不思議もありません オーストラリアは、過去8回の大会で優勝2回、準優勝2回、上位進出の常連 ウェ-ルズは、ワールドカップで決勝進出は無く最高位が3位ですが、2011年の準決勝 8-9でフランスに惜敗 、2015年の準々決勝 19-23で南アフリカに惜敗 と強固なディフェンスが印象に残っています 直近の六か国対抗を全勝優勝し、今大会は優勝候補の一角です 北半球の雄と南半球の雄のガチンコ勝負、日本に居ながらにしてこんな素晴らしい対決を観られるのは、本当にワールドカップ様様です•

次の

スイート・キャロライン

スイート キャロライン ラグビー

「 スイート・キャロライン」( Sweet Caroline)は、のの、作曲および演奏の楽曲。 1969年9月16日に『 Sweet Caroline Good Times Never Seemed So Good 』のタイトルでシングルとして発表された。 が編曲し 、にあるアメリカン・サウンド・スタジオでレコーディングを行なった。 『』誌の全米シングルヒットチャートで最高4位を記録し 、最終的に100万枚を売り上げてプラチナ認定された。 同年秋、複数のテレビ番組で披露された。 1971年にはイギリスで最高8位を記録した。 2007年のインタビューでようやくニール・ダイヤモンドは、この曲は教徒初の合衆国大統領とその妻のあいだに生まれた長女でリリース当時11歳であった後のを歌ったものであるとあかした [ ]。 同年、50歳を迎えたキャロラインの眼前で、ニールはこの曲を歌って、キャロラインの誕生日を祝った。 2011年12月21日、の『』でのインタビューにおいてダイアモンドはまだ少女だったキャロラインが両親と共に乗馬しているシーンを『』誌の表紙からインスピレーションを得て、5年間かけて作品にまとめたと語った。 しかし2014年のインタビューにおいて、キャロラインについて歌ったのではなく、題名に取り入れただけだと語った。 当初ダイアモンドは曲に妻のマーシャの名を付けるつもりであったが、3音節の方が語呂が良いためキャロラインの名を選んだ。 そのためキャロラインという名の特定の人物からではないという説もある。 この曲は長年愛され続け、2014年11月現在アメリカ国内で200万回以上ダウンロードされた。 3タイプの曲 [ ] オリジナルの45回転版はダイアモンドのLPアルバム『 』収録のステレオ版に比べて大規模オーケストラとを多用している。 もう1つの版はダイアモンドの『 』である。 この版はオーケストラを抑え、バック・ヴォーカルを大きめにし、より長くフェードアウトしている。 またライヴ版はLP『 』に収録されている。 スポーツでの使用 [ ] 遅くとも1997年にはのの本拠地で流されるようになり 、2002年から毎試合で8回表が終わった後に同曲が流されている。 2010年度の開幕試合でダイアモンド自身がフェンウェイ・パークで歌唱した。 2013年4月16日、翌日、長年レッドソックスのライバルとされているはホームゲームで黙祷の後この曲が流すことを発表した。 4月20日土曜日、フェンウェイ・パークで行われたレッドソックス対戦でダイアモンドが登場して大勢の観客と共に歌唱した。 ボストンでのテロ事件後、全米で行われた様々なスポーツ・イベントにて犠牲者とその関係者と心を共にする目的でこの曲が流された。 4月21日日曜日、ので行われたハンブルク・マラソンのスタート直前の黙祷の後にこの曲が流された。 6月1日土曜日、ので行われたストックホルム・マラソンでもスタート直前にこの曲が流された。 同年4月25日、でもこの曲が流された。 ダイアモンドは事件後の曲の売り上げの全利益を犠牲者を支援するワン・ファンド・ボストンに寄付することを発表した。 ダイアモンドは曲の売り上げについて、前週2,800枚だったのが事件後6倍以上の19,000枚となったと語った。 長年でものホームゲームでこの曲を歌うのが伝統となっている。 替え歌を『 Pitt-centric 』と呼び、歌詞の「So good」の部分を「Go Pitt」、「Ba ba ba」の部分を「Let's Go Pitt」に変えている。 カバー [ ] 、、、ら数多くの著名アーティストからカバーされている [ ]。 特にシナトラについては、ニール・ダイヤモンド自身が、最も好きなカバーの一つだと述べている [ ]。 とつながりのあるとされるシナトラは、イタリア系カトリック教徒としていわれなき差別を受けてきた経験から、アイルランド系ではあるものの同じカトリックで、なおかつに肯定的なキャロラインの父親の政策を全面的に支持し、彼の大統領選を資金面で支えた [ ]。 さらにシナトラ一家のがキャロラインの父の義弟となり、ケネディの広報・応援に携わるようになっていたこともあって、シナトラも多くの著名芸能人のケネディ支持を取りつけるべく努めた [ ]。 いわばこれはキャロラインの身内の大スターによるカバーであるともいえる。 またフリオ・イグレシアスのカバーのタイトルはSweet Carolineのスペイン語訳DULCE CAROLINAである。 変わったところではクラシックのオケ、によるカバーも存在する [ ] [ ]。 またわが国ではケネディやシナトラと同様カトリックの信仰をもつがアルバム『』(1972年)のなかの8曲目で、この曲のカバーを歌っていて [ ]、このアルバムは2位を獲得している。 さらにが1976年の武道館ライブにおいてこの曲のカバーを歌っている。 また比較的最近ではベルギーの歌手が2011年に出したカバーがフラマン語週間top50チャートで1位を獲得している [ ]。 またで2009-2015年に放送され、でも2013年度に一部放映されたテレビドラマにおいて、 が2009年、第1シーズン第8エピソードにて [ ]この曲のカバーを歌い、全米シングルチャート34位となった [ ]。 1969年、 - フランス語カバー『 Caroline 』• 1969年、 - アルバム『 』収録• 1970年、• 1971年、 - アルバム『 Life 』収録• 1972年、 - アルバム『 』収録• 1972年、 - アルバム『 』収録スペイン語カバー『 Dulce Carolina 』• 1973年、 - オーストリアのテレビ番組でライヴ• 1974年、 - アルバム『 』収録ビッグバンド・カバー。 ニール・ダイアモンドはこのカバーが気に入っていると語った。 1977年、 - アルバム『 』収録• 1986年、 - ビルボードのカントリー・チャートで第77位。 彼の作品でチャート入りしたシングルはこれが最後。 1997年7月29日、 - アルバム『 』収録パンクロック・カバー• 2001年11月、 版がアイリッシュ・シングル・チャートで第1位を獲得• 2006年7月7-8日、 - フェンウェイ・パークでのコンサートで演奏し、アルバム『 Live Trax Vol. 6: Fenway Park 』に収録• 2008年4月29日、 - 『』最終5名のエピソードで演奏し、のちにレコーディング。 2009年、 - のテレビ番組『』で演奏• 2009年、 - アルバム『 Tribute 』に収録• 2009年、 キース・ロックハート指揮 - ライヴ・アルバム『 The Red Sox Album 』に収録。 同年の、ハッチシェルにてダイアモンドと共に演奏。 関連記事 [ ]• Chilton, Martin. 2015年9月19日閲覧。 Caulfield, Keith. 2016年6月12日閲覧。 Calello, Charles. 2015年6月13日閲覧。 Billboard. 2007年11月20日閲覧。 [ ] 及び なお、これ以前(少なくとも 1997年以降)からボストン・レッドソックスで歌われているのが不思議ではある。 なぜならボストンはキャロラインの祖父ジョセフ・P・ケネディの生誕の地であり、近郊にジョン・F・ケネディ生誕の家もあり、ケネディ家と同じ、カトリック教徒の多い土地であるからである• Glaister, Dan 2007年11月21日. London. 2015年6月13日閲覧。 Beggy, Carol; Shanahan, Mark 2007年11月21日. 2008年3月15日閲覧。 Cohen, Sandy 2007年11月20日. Associated Press• , Life, 2 neat magazines , , "7-Sep-1962, Caroline Kennedy on her pony". Appel, Rich 2014年11月26日. 2014年11月26日閲覧。 2015年6月13日閲覧。 Browne, Ian 2013年4月17日. MLB. com. 2016年4月20日閲覧。 Vosk, Stephanie 2005年5月29日. The Boston Globe. New York Yankees 2013年4月16日. 2013年4月16日閲覧。 TheLocal 2013年4月20日. 2013年4月22日閲覧。 The New York Times 2013年4月25日. 2013年4月25日閲覧。 The Hollywood Reporter 2013年4月25日. 2013年4月25日閲覧。 Old. post-gazette. com. 2014年10月17日閲覧。 [ ]• [ ]• 及び なおこれらのウィキペディア情報によると、シナトラはキャロラインの父親にを紹介した人物であり(ローフォードが紹介したとの説もある)、またキャロラインの父親並びに叔父の暗殺に黒幕として関わったとの噂もあるとされている。 仮にそれらの噂が事実であるとすれば、いわば不倫相手を紹介し、その後仲違いした旧友の愛娘を歌った曲を、シナトラは平然とカバーしていたことになる。 なお、大統領の父も時代にマフィアと組んで酒の密輸で稼いでた可能性があると に記されている [ ]• [ ]• の試合終了時の曲はシナトラ歌う「」である。 オリジナルのの音源が敗戦時、シナトラの音源が勝利時に流れたが、今はすべてシナトラのものであるという。 の歌は球場で、レッド・ソックスの歌は球場の外で、シナトラは歌っていることにもなる• [ ]及び [ ]• [ ]• [ ]公式ビデオクリップは以下のもの - YouTube• [ ]• [ ]• YouTube. 2014年10月17日閲覧。 Retrieved January 29, 2016. 2014年11月26日閲覧。 2014年10月16日. 2014年10月17日閲覧。 2014年11月26日閲覧。 Last. 2014年10月17日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

スイート・キャロライン

スイート キャロライン ラグビー

1、始まる前のスタジアムで、世界の誰もが歌える歌を流して大合唱 熊谷のロシア、サモア戦ではニールダイヤモンドのでした。 ここまでは過去のW杯と変わりません。 横浜のアイルランド、スコットランド戦では、アイルランドの応援歌が流されました。 これにはアイルランド関係者は大興奮です。 同じく横浜ではジョンデンバーのカントリーロードが流れて大合唱になりました。 「ハッピー」もよくかかります。 誰でも知ってますね。 これは前回、前々回でもよく聞きました その他その国にちなんだ曲が選ばれているようです 熊谷のジョージア、ウルグアイ戦では、日本の「明日があるさ」は流れ子供達も大合唱になりました。 ただし、ジョージア終了後、主催者側が、良かれと思ってロシア民謡を会場に流してしまい、ジョージアチームから抗議が出され、ワールドラグビーが正式に謝罪するなどの騒動もありました。 2、両チーム入場には和太鼓演奏 迫力ある和太鼓演奏です。 入場を盛り上げるには最適です。 その前の拍子木の音もスタジアムによく響きます。 拍子木の音も今度よく聞いてください。 3、キックオフの時、 歌舞伎の「イヨーーっ」の掛け声 これもなかなか良いアイデアです。 最初はレフリーとのタイミングが合わないこともありました。 だんだんタイミングはあってきました。 4、80分のホーンの音がドラの音 最初はドラの音とは思えずビックリしましたが、ドラの音と分かれば今は慣れてきました。 ドラの音は日本的というよりアジア的で良いです。 5、ハーフタイムなどの「太鼓CAM」 この太鼓CAMはどこでも大人気です。 「エアー太鼓」を叩くふりをして派手に踊れば、スタジアムの大画面に映し出されます。 6、ハーフタイムの「歌舞伎の見栄を切るポーズCAM」 「いよー」の掛け声とともに、観客が歌舞伎の見栄を切るポーズをしてもらうのをスタジアム大画面に映し出すアトラクションです。 このところあまり使われていないようです。 まだ浸透していないだけでしょうか? 7、ハーフタイムに、西城秀樹のYMCA これも大人気です ビレッジピープルのオリジナルでなく、西城秀樹のおなじみバージョン。 日本語の選曲がGOODです。 これも、老若男女、国籍、人種を超えて歌い踊れます。 8、空いた時間に「三三七拍子」 突然なんの前触れもなく始まります。 外国からの観客も一緒になって手拍子をしています。 それはそれで楽しいのですが、何度も続き、なかなか終わらないのはいかがなものでしょう。 通常なら3回くらいで手締めとしたいところでしょうけど。 (10月3日追記 花園からきっちり3回で終わるようになりました) 9、空いた時間にフレディーの「レーオ」 映画「ボヘミアンラプソディ」でもおなじみ、クイーンのフレディマーキュリーと観客とのやりとりの部分です。 これも大合唱になります。 10、ビールの売り子出現 花園のPNCの釜石でビールが行き届かないことがあってから、すぐさま花園のトンガ戦でテストを実施して、採用が決まったそうです。 世界では珍しいスタジアムのピールの売り子は特に海外からの方に大人気です。 缶ビールをカップに注ぐだけなのですが、すぐにビールがくり切れてしまいます。 その他素晴らしい点 会場の音響がとても素晴らしい。 音質も素晴らしいが、音楽演奏の際なども全く変なディレイがない。 音楽も細かな音までしっかり聞き取れます。 さらにアナウンスの声質も素敵です。 これだけの会場でどこでも変わらずにこの音を出すなんて、驚異的技術でなないかと思われます。 改善点を期待したい点 1、国歌、ラグビーアンセムが生演奏でないこと。 海外でのテストマッチでは生演奏と、有名な歌手が国歌を歌うのが当たり前なのに今回はそれがなく残念。 2、国歌、ラグビーアンセムの際の国旗の位置と並ぶ方向の問題、どっちがメインスタンドなのでしょうか? 3、国歌、ラグビーアンセムの歌詞カードを配るなどの配慮はどうでしょうか、熊谷のファンゾーンでは毎回両チームのアンセムの歌詞カード(国旗とカタカナ表記あり)を配ってくれていて非常にいい試みだと思います。 4、レフリーマイクの声を会場に流せないか(もしくはラグビーラジオの貸し出しなど) 5、交代選手のアナウンスの時、日本語では番号だけ、その後の英語で名前を呼ぶ。 日本語でもきちんと交代選手の名前を呼んでもらえないだろうか 6、どの会場でもWAVEが起きますが、もっとゲームに集中しませんでしょうか。 ラグビーという現象は仮定された勇気交流伝統の蒼き証明です。 ラグビーには人と人をつなげる力があると思います。 ラグビーの周辺に起こる様々な事や関連する物も含め広く、ラグビー現象として捉え発信して行きます。 日本のラグビーにはコアなファンが多くその他の普通の人には敷居が高くなってしまいがちです。 その敷居を少しでも下げられればと思います。 具体的には音楽やグルメ、ファッション、グッズ、イベントなどから、人、組織、歴史、逸話などまで、広くラグビー現象なるものとして知っていただきたいと多います。 また少しラグビーに触れた方やお久しぶりの方には、このサイトでもっとラグビーという現象の魅力が深まるはずです。 そしてさらに新しい人との繋がりが広がっていければと思います、 アクセス.

次の