レ ミゼラブル。 トレエン斎藤&ジャンポケ斉藤 『レ・ミゼラブル』オーディション秘話から ミュージカル愛までを語る

レ・ミゼラブル (2012年の映画)

レ ミゼラブル

フランスの文豪ビクトル・の長編小説 1862年刊 、及び、これを基にしたミュージカル、映画作品。 19世紀前半のフランスを舞台に、パンを盗んだ罪で19年間服役した男、ジャン・バルジャンが、苦難に見舞われながらも人として正しく生きようとする姿を描く。 ミュージカル作品は1985年のイギリス・での初演以来、世界43カ国で上演されて大ヒットし、2012年にトム・フーパー監督、ヒュー・ジャックマン主演で映画化された。 日本では同年12月より公開され、13年2月3日時点で興行収入が国内で公開されたミュージカル映画では歴代最高の約42億円を記録している。 2013-2-7 出典 知恵蔵miniについて の解説 フランスの作家ビクトル・ユゴーの長編小説。 作品の壮大な構想は20代から練られたといわれるが、1848年の二月革命で中断、60年に再開して2年後、ブリュッセルとパリから同時に刊行された。 ユゴーの人道主義的思想の集大成といえるもので5部・10巻からなる。 一切れのパンを盗んで逮捕されたジャン・バルジャンJean Valjeanは何度も脱走を計って19年間入獄、社会への憎悪を抱いて出獄する。 一夜の宿を借りた司教館から銀器を盗むが、ミリエル司教の慈愛に触れて回心し、以後は愛と献身の生活を送ることになる。 数年後、マドレーヌと名を変えた彼は工場経営に成功し、慈善を施して人望を得、市長にまでなるが、彼を前科者と見抜いた刑事ジャベールに執拗 しつよう につけ狙 ねら われる。 そのころ、まったくの別人が彼の身代りに逮捕されたことを知って、地位と財産を捨て名のり出たことから、ジャンはまた振り出しに戻るがふたたび脱獄。 不幸な娼婦 しょうふ ファンティーヌの遺児コゼットCosetteを探し出し、かねてからの約束を守って引き取り、ジャベール刑事の目を逃れながら、りっぱに成長させる。 コゼットと共和主義者マリウスの愛を知ったジャンは、市街戦で負傷したマリウスを背負ってパリの巨大な下水道をさまよい、王党派の追跡を逃げ切る。 彼はこのときジャベールの命も救ったが、法の非情な番人だったこの刑事は人間愛との板挟みに悩んで自殺。 コゼットはマリウスMariusと結婚する。 ジャンの前科を知らされたマリウスは一時妻を養父から遠ざけるが、やがてその献身の生涯を知り、駆けつけて不明を詫 わ びる。 ひとり死の床にあったジャンはいまや愛する者たちにみとられて幸福な最期を迎える。 題名の示すとおり社会の悲惨な犠牲者たちを主人公とし、大革命から王政復古へと激動のフランス社会を描き、本筋とはあまり関係ない歴史的考察や挿話(ワーテルローの戦いなど)を混じえながら壮大な叙事詩的小説世界を構築した。 人物は巨大で典型化しているが、それだけに作者の意図は明瞭 めいりょう に伝わる。 各国語に翻訳されて大衆文学の傑作として愛読され、ユゴーの名を世界的に著名にした。 日本では、1902年(明治35)黒岩涙香 るいこう が『噫無情 ああむじょう 』として『萬朝報 よろずちょうほう 』に翻案・連載した。 [佐藤実枝] 『『レ・ミゼラブル』(豊島与志雄訳・7冊・岩波文庫/辻昶訳・6冊・講談社文庫/石川湧訳・8冊・角川文庫)』 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

ミュージカル『レ・ミゼラブル』2021年全国ツアー公演 上演決定!オールキャストオーディション開催

レ ミゼラブル

映画レ・ミゼラブル(2012年)のネタバレあらすじ:囚人24601号 フランスのどこか、巨大な船を囚人たちが力を合わせて引いていました。 ここは囚人の監獄であり、船を引き終わると、ある警部が一人の囚人の番号を叫びます。 その囚人の番号は24601で、警部のジャベールは、彼に仮釈放の紙を渡します。 仮釈放された囚人のジャン・ジャルバンは、釈放されたことでうれしくなりますが、人々は冷たい視線を送ります。 どこにも行けない彼は、教会に入ると、司教から暖かい食事と寝る場所を提供されます。 彼は感謝もせず、無我夢中で食べたあと、食器を盗んでしまいます。 翌朝、教会の人に捕まってしまったバルジャンに、司教は暖かい心で彼を許します。 その司教の態度に感動したバルジャンはその後、猛勉強の末、過去を清算してモントルイユの市長になります。 そこでは多くの人が貧しさでごった返していました。 その街に、かつてバルジャンが囚人時代にお世話になったジャベールが訪れます。 そしてバルジャンと面会した彼は、素晴らしい市長であると認識します。 しかしある時、通行人の馬車を持ち上げたバルジャンの姿を見たジャベールは、囚人時代に丸太を持ち上げたバルジャンの姿を思い出し、少し疑います。 映画レ・ミゼラブル(2012年)のネタバレあらすじ:娘のため 工場で働くファンティーヌは、皆から隠し子がいることを噂されて、クビになってしまいます。 そしてお金がなくなったため、自分の娘のために髪の毛、歯、さらには自分の体まで売って、身も心もずたずたになっていきます。 バルジャンは貧民街を歩いていたときに偶然ファンティーヌを見つけ、ジャベールに逮捕されそうになっている彼女を助け、病院に連れていきます。 ジャベールは、バルジャンを疑ったことを謝罪し、すでに私の疑った囚人は裁判にかけられているところだと話し、その場をあとにします。 それを聞いたバルジャンは、良心をただし、自分が囚人24601であると告白します。 そして病院へ走ると、ファンティーヌの最期を看取り、彼女の娘を保護することを約束します。 その場に現れたジャベールは、市長がバルジャンだったことに驚きながらも彼を逮捕しようとします。 そしてバルジャンは川に身を投げて逃亡していきます。 安い酒屋で働かされているファンティーヌの娘コゼットは、過度なる養父母の虐待に耐えながらも必死に毎日を生きていました。 そして水汲みへ行ったとき、偶然バルジャンがコゼットを見つけます。 すぐさま彼は酒屋の主人にお金を払うと、コゼットを連れていきます。 そして夜、ジャベールに見つかったバルジャンは、すぐさま修道院へと逃げ込み、ジャベールをまきます。 映画レ・ミゼラブル(2012年)のネタバレあらすじ:決意 バルジャンを捕まえることができなかったジャベールは、必ず捕まえると決意を固めます。 時は過ぎて1832年、学生たちは自由を求めて王制打倒の組織を作ります。 そんな学生の一人、マリウスは、街でとても美しい女性を目にします。 その女性は、ある男の人と一緒にいました。 そこにジャベールが現れ、バルジャンはすぐさま姿を消します。 マリウスはコゼットを探し当て、夜な夜な会いにいきます。 その姿を一人悲しく見ていたのが、密かにマリウスに恋をしていた酒屋の娘、エポニーヌでした。 彼女はマリウスを愛することはできないと悟ります。 革命の足音が近づくなか、マリウスは兵士との戦いに身を投じていきます。 そのマリウスのグループに、一人身分を隠して入る人がいました。 その人はジャベールでした。 侵入したジャベールは、逆に内部の子供に正体を見破られ、拘束されてしまいます。 マリウスはコゼットへの手紙を書いて送ります。 その手紙を読んだバルジャンは、二人の真実の愛を知り、決意を固めてマリウスに会いにいきます。 そしてジャベールと会うと、彼を許します。 そして兵士の総攻撃が始まり、多くの若き革命戦士が死亡していきます。 マリウスも銃弾に倒れ、バルジャンは下水道を伝いながら彼を担ぎ、逃亡します。 映画レ・ミゼラブル(2012年)の結末 ジャベールはバルジャンの崇高な精神に負けて、自らダムに身を投げてしまいます。 バルジャンはマリウスを匿い、彼が回復するとコゼットに会わせます。 バルジャンは二人の幸せを願うとともに、マリウスに、自分の過去を伝えます。 コゼットに伝えることができない彼は、その場を去ります。 そしてマリウスとコゼットは結婚式を挙げ、その場にいた酒屋の主人がバルジャンの居場所を知っているというので、すぐさまバルジャンのところへコゼットとともに行きます。 そしてバルジャンは修道院で彼らと再会を果たします。 再びコゼットと会えたバルジャンは涙し、コゼットに自分の過去を書いた手紙を渡します。 そして彼は静かに息を引き取り、ファンティーヌに迎えられ、天国へと旅立ちました。 コゼットとマリウスはバルジャンの言葉を固く守る誓いを立てます。 以上、映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと結末でした。

次の

山崎育三郎、城田優...おうちでミュージカル楽曲熱唱 総勢36人のレ・ミゼラブル「民衆の歌」動画: J

レ ミゼラブル

映画レ・ミゼラブル(2012年)のネタバレあらすじ:囚人24601号 フランスのどこか、巨大な船を囚人たちが力を合わせて引いていました。 ここは囚人の監獄であり、船を引き終わると、ある警部が一人の囚人の番号を叫びます。 その囚人の番号は24601で、警部のジャベールは、彼に仮釈放の紙を渡します。 仮釈放された囚人のジャン・ジャルバンは、釈放されたことでうれしくなりますが、人々は冷たい視線を送ります。 どこにも行けない彼は、教会に入ると、司教から暖かい食事と寝る場所を提供されます。 彼は感謝もせず、無我夢中で食べたあと、食器を盗んでしまいます。 翌朝、教会の人に捕まってしまったバルジャンに、司教は暖かい心で彼を許します。 その司教の態度に感動したバルジャンはその後、猛勉強の末、過去を清算してモントルイユの市長になります。 そこでは多くの人が貧しさでごった返していました。 その街に、かつてバルジャンが囚人時代にお世話になったジャベールが訪れます。 そしてバルジャンと面会した彼は、素晴らしい市長であると認識します。 しかしある時、通行人の馬車を持ち上げたバルジャンの姿を見たジャベールは、囚人時代に丸太を持ち上げたバルジャンの姿を思い出し、少し疑います。 映画レ・ミゼラブル(2012年)のネタバレあらすじ:娘のため 工場で働くファンティーヌは、皆から隠し子がいることを噂されて、クビになってしまいます。 そしてお金がなくなったため、自分の娘のために髪の毛、歯、さらには自分の体まで売って、身も心もずたずたになっていきます。 バルジャンは貧民街を歩いていたときに偶然ファンティーヌを見つけ、ジャベールに逮捕されそうになっている彼女を助け、病院に連れていきます。 ジャベールは、バルジャンを疑ったことを謝罪し、すでに私の疑った囚人は裁判にかけられているところだと話し、その場をあとにします。 それを聞いたバルジャンは、良心をただし、自分が囚人24601であると告白します。 そして病院へ走ると、ファンティーヌの最期を看取り、彼女の娘を保護することを約束します。 その場に現れたジャベールは、市長がバルジャンだったことに驚きながらも彼を逮捕しようとします。 そしてバルジャンは川に身を投げて逃亡していきます。 安い酒屋で働かされているファンティーヌの娘コゼットは、過度なる養父母の虐待に耐えながらも必死に毎日を生きていました。 そして水汲みへ行ったとき、偶然バルジャンがコゼットを見つけます。 すぐさま彼は酒屋の主人にお金を払うと、コゼットを連れていきます。 そして夜、ジャベールに見つかったバルジャンは、すぐさま修道院へと逃げ込み、ジャベールをまきます。 映画レ・ミゼラブル(2012年)のネタバレあらすじ:決意 バルジャンを捕まえることができなかったジャベールは、必ず捕まえると決意を固めます。 時は過ぎて1832年、学生たちは自由を求めて王制打倒の組織を作ります。 そんな学生の一人、マリウスは、街でとても美しい女性を目にします。 その女性は、ある男の人と一緒にいました。 そこにジャベールが現れ、バルジャンはすぐさま姿を消します。 マリウスはコゼットを探し当て、夜な夜な会いにいきます。 その姿を一人悲しく見ていたのが、密かにマリウスに恋をしていた酒屋の娘、エポニーヌでした。 彼女はマリウスを愛することはできないと悟ります。 革命の足音が近づくなか、マリウスは兵士との戦いに身を投じていきます。 そのマリウスのグループに、一人身分を隠して入る人がいました。 その人はジャベールでした。 侵入したジャベールは、逆に内部の子供に正体を見破られ、拘束されてしまいます。 マリウスはコゼットへの手紙を書いて送ります。 その手紙を読んだバルジャンは、二人の真実の愛を知り、決意を固めてマリウスに会いにいきます。 そしてジャベールと会うと、彼を許します。 そして兵士の総攻撃が始まり、多くの若き革命戦士が死亡していきます。 マリウスも銃弾に倒れ、バルジャンは下水道を伝いながら彼を担ぎ、逃亡します。 映画レ・ミゼラブル(2012年)の結末 ジャベールはバルジャンの崇高な精神に負けて、自らダムに身を投げてしまいます。 バルジャンはマリウスを匿い、彼が回復するとコゼットに会わせます。 バルジャンは二人の幸せを願うとともに、マリウスに、自分の過去を伝えます。 コゼットに伝えることができない彼は、その場を去ります。 そしてマリウスとコゼットは結婚式を挙げ、その場にいた酒屋の主人がバルジャンの居場所を知っているというので、すぐさまバルジャンのところへコゼットとともに行きます。 そしてバルジャンは修道院で彼らと再会を果たします。 再びコゼットと会えたバルジャンは涙し、コゼットに自分の過去を書いた手紙を渡します。 そして彼は静かに息を引き取り、ファンティーヌに迎えられ、天国へと旅立ちました。 コゼットとマリウスはバルジャンの言葉を固く守る誓いを立てます。 以上、映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと結末でした。

次の