ヴィクトル リヒト。 【炎炎ノ消防隊】組織図・相関図まとめ!特殊消防隊ごとの紹介も!

#ヴィクトル・リヒト #炎炎ノ消防隊 一匙の

ヴィクトル リヒト

大久保篤原作のTVアニメ『炎炎ノ消防隊』に登場する、ジョーカーと繋がっている天才研究員「ヴィクトル・リヒト」を演じるキャストが阪口大助(『銀魂』志村新八役、『もやしもん』沢木惣右衛門直保役)であることが明らかになった。 また、それにあわせてキャストコメントも到着している。 〇 ヴィクトル・リヒト 【CV. 阪口大助】 灰島研究所の天才研究員。 専攻は人体発火を研究する発火応用科学。 ジョーカーと繋がっているようだが、その目的は謎に包まれている。 【阪口大助コメント】 Q. ヴィクトル・リヒトというキャラクターについての印象をお聞かせください 飄々としていて、掴み所がなさそうで、ありそうで、やっぱりなさそうな天才科学者ですですっ。 第8にとって異質な彼の活躍が僕も楽しみっス! Q. 炎の恐怖に立ち向かう特殊消防隊は、現象の謎を解明し、人類を救うことが使命。

次の

炎炎ノ消防隊・第8特殊消防隊キャラまとめ!強さや能力・正体について考察

ヴィクトル リヒト

特殊消防隊のことや関係性が少し分かったところで、主要なキャラについておさらいしていきましょう。 面倒見がよく本当にいい上司。 一般消防官から特殊消防官になった無能力者の消防官だが、自らの肉体や体力、配備された装備品で消火、救済活動を行う強者だ。 そのため超努力家である。 正義感が強く、人想い。 部下に慕われる最高の大隊長。 焔人を鎮める役割をもつ。 普段は穏やかで優しく、女の子らしいが、時に大胆な行動をとることもあり周囲を驚かせることも。 プリンセス火華とは同じ修道院出身で義姉さんと呼んでいる。 第8の冷静沈着でクールキャラだ。 ヴァルカンが入隊するまで機関員もしていたり、料理が得意であるという器用な一面もある。 手厳しく、第8をキリッと引き締める存在。 第二世代の能力者だが、体術にも優れている。 強くてかっこいいところもあるが、戦闘中のことをモンスターに例えるとめちゃくちゃ怒ったり、恋話が好きなところがあったりと、とても乙女な隊員だ。 特殊消防官になった時から第8に所属しています。 なので第8のみんなとはもちろん家族のような関係性です! 第5の大隊長プリンセス火華に惚れられていたり、第1の環古達に恋されるようなシーンがあったり、みんなに慕われている素敵な主人公です。 敵の灰焔騎士団の象日下部とは実の兄弟。 象と生き別れた事件について第1の大隊長、レオナルド・バーンズが知っているのではないかとにらんでおり、探っています。 中二病を患っており、自分のことを騎士だと言い張る森羅のライバル的な存在だ。 戦闘能力が高く強いが、メンタルと頭がめちゃくちゃ弱い。 強気な女の子だが体質で「ラッキースケベられ」されてしまいがち。 烈火星宮に騙され事件に巻き込まれてしまい、第8で研修している。 灰島重工で発火応用化学研究所の主任を務めていた。 科学捜査の拡充を図る皇国の方針に便乗し入隊。 「現場で自由に立ち入り調査ができる」ようになることが目的。 研究や研究対象に目がない。 灰焔騎士団襲撃を受けた際に第8に助けられたことで、第8に入隊。 新装備を次々に開発し、戦力向上に貢献している。 フィーラーという名前も持つ。 ジョヴァンニに教え込まれ、痛い目に合わないために、ヴァルカンのところへスパイとして潜り込んでいた。 しかし、ヴァルカンと共に生きる過程で、ヴァルカンに好意を持っていたと思われる。 スパイであったため、ヴァルカンを裏切らなければいけないシーンがあったが、リサを家族だと信じるヴァルカンに結局助けられ、その後第8特殊消防隊に入隊することになった。 12年前に森羅と象をおそった火災の際に消火活動に参加していたため、森羅とショウに何が起こったのかを知っている。 クールで不思議なしゃべり方だが、仲間想いな性格。 烈火星宮の事件をきっかけに第8に協力的になった。 戦闘を好まない平和的で優しい性格。 烈火星宮の事件後の灰焔騎士団の攻撃からカリムを守って右腕を失ってしまう。 熱く頼もしい男だと思われていたが、実は伝導者メンバーの1人だった。 シンラたちに焔人を作る蟲を使用していたことを暴かれ、第1特殊消防隊の仲間だったカリム・フラムに倒される。 現役を引退していたが、烈火星宮の件で中隊長が減ったため現役復帰した。 炎が苦手なのになぜ消防官になったかというと、「消防官に囲まれていればいつでも鎮火してもらえるから」と言うビビりだ。 【炎炎ノ消防隊】組織図・相関図のキャラ解説!〈第3特殊消防隊〉 Dr. 見るからに怪しいマスクで顔を覆っており、人間なのか、何者なのかは定かではない。 第3特殊消防隊の大隊長でありながら、悪い人々と繋がっている、明らかな悪党。 一般消防官から特殊消防官になって活躍した第一人者であり、人望が厚い。 焔人によって修道院が火事になってから炎が悪魔という考えを持つようになり、焔人の研究をしている。 森羅のことが大好きで、第8にも協力している。 モテるために消防官になった。 森羅達との研修などで時々作中に出てくる。 能力でケガを治すことができる。 戦闘が多そうな今後の救世主となりそうな人物だ。 とてもおっとりした性格。 喧嘩っ早いが人情にあつい。 灰焔騎士団の仕業により浅草をめちゃくちゃにされそうになったことや、敵の仕業により第8部隊と仲たがいしそうになるも、その事件のおかげで以前より第8に協力的になり、森羅やアーサーの特訓に付き合ったりしてくれた。 焔人との戦闘の後遺症で能力を使って満足に戦えないが、自分を捨ててでも人を守りたいという優しい性格。 2人は息がぴったり合うだけでなく、片方が別人に入れ替わるとすぐに気がつくほど深い絆で繋がっているようだ。 【炎炎ノ消防隊】組織図・相関図のキャラ解説!〈その他〉 ユウ ヴァルカンの弟子で、一緒にヴァルカンの工房に住んでいる少年。 事件の鍵を少しずつ森羅に提供する謎めいた存在。 ラフルス三世〈東京皇国 皇王〉 特殊消防隊大隊長を招集し伝道者一派を反逆者として討伐することを命じた存在。 しかし、伝道者やアドラバーストについて隠している秘密があるのではないかと思う不審な行動が見られる。 シンラが死んだと思っていた実の弟だが、シンラが兄弟だという事実の記憶は失っていた。 時間を操ることができる凄腕者だが、兄のシンラと対戦した時は、事実上敗北している。 どこか心を失くしたような印象の持ち主である。 まとめ 本当にみんな熱くていいキャラが多くて最高…! 大久保篤先生の描くキャラって不思議で面白い個性的なキャラが多いので、ぜひ他のキャラもチェックしてみてください! 敵キャラ熱くなる能力のキャラが多くてたぎりますよ!! 結構裏切りやスパイなどの展開が多くこんがらがってしまうようなキャラ構成で敵だったキャラが味方になったりとややこしいところもありますが、わかると今後の展開や戦いがワクワクしてきますよね! この記事で整理できれば嬉しいです。

次の

TVアニメ『炎炎ノ消防隊』、天才研究員ヴィクトル・リヒト役に阪口大助! | AKIBA'S GATE

ヴィクトル リヒト

スポンサーリンク 【炎炎ノ消防隊】リヒトが作った「中華半島のレポート」とは? リヒトは、中華半島の調査により分かった事実や考察を含めたレポートを灰島に提出していました。 その中身というのは、• 中華半島にある発電機の原動力がアドラバーストを持つ人間であること• 皇国の天照も人間が原動力なのではないかという考察• 灰島が行う慈善事業の一環である「児童の発火能力開発」に対する問題提起 といった思い切った内容のものでした。 これを読んだおなじく 灰島に属する第5の火華大隊長は、リヒトの身を案じる言葉を投げかけます。 リヒトは灰島の忠実な職員だと思っていた火華は、彼に真の目的はなにか、と問うのでした。 そして、このレポートを読んだ灰島社長は彼を呼び出します。 リヒトの任務はあくまで第8のスパイであることを忠告したあと、シンラを灰島に連れてくることを命令。 リヒトが退室すると、 灰島社長は彼の暗殺を部下に命じます。 度が過ぎる探求心が危険であると判断されてしまったのです。 スポンサーリンク 第8特殊消防隊 リヒトは科学捜査の拡充を図る皇国の方針に便乗して科学捜査官として第8に入隊しました。 特殊消防官という肩書きを手に入れることで「現場で自由に立入調査できる」ようになり、より深い研究データをとることが目的でした。 灰島にスパイとして送り込まれたことを隠していますが、第8の面々にはある程度勘付かれており、後にスパイであることを告白した際もほとんど驚かれませんでした。 リヒトは 真実に近づくためシンラを囮にして灰島に潜入捜査をすることを第8に提案します。 灰島を調査するために第8を利用しようと考えていたリヒトでしたが、シンラを始め第8メンバーの『仲間のために命を懸ける』信頼と結束力に次第に感化されていきます。 スポンサーリンク 灰島重工 リヒトは大学に飛び級入学・首席卒業後、灰島重工で発火応用科学研究所の主任を務めていました。 灰島にいたのは真実を研究できるから、と話すリヒト。 灰島に忠誠を誓っているというわけではなく、灰島が自分を利用するように彼も灰島を利用しているようです。 桜備に第8と灰島どちらの味方なのかと問われた際には「どっちも」であり、真実に近づける方、だと答えていたリヒト。 リヒトの目的は 『正解を知ること』であり、そのために正しい知識を得ようとしています。 そのためには第8と灰島のどちらにも味方しうるつもりでいる、と本人は話します。 しかし、桜備が白装束に捕まった際には、第8のメンバーと共に救出に行く意思を見せていました。 利用するために属した第8に特別な仲間意識が生じていることがうかがえます。 スポンサーリンク 【炎炎ノ消防隊】リヒトの正体はジョーカーの仲間!?二人の関係を考察 リヒトとジョーカーは以前から接点があり、入隊後も調査現場などで会話を交わしている姿が見られます。 リヒトとジョーカーの繋がり… それはともに手を組み、第8と同じく人体発火の謎に迫っているという間柄でした。 ただし第8が表で世界と戦っているのとは逆で、彼らは裏で戦っているアウトローな存在。 リヒトは 第8をヒーローとしたうえで自分たちを「ダークヒーロー」だと称します。 第7の大隊長、新門紅丸とともに聖陽教に殴り込み捜査を行ったジョーカーでしたが、決定的な真実に近づくことは出来ませんでした。 次に聖陽教と灰島のつながりを怪しんだリヒトは、 わざと上層部を挑発するレポートを作成、第8とシンラの善意を利用してまでも灰島の捜査を行い真実に近づこうとしたのです。 リヒトが「 ジョーカーだけに体をはらせるわけにはいかない」と考えていたことから、 ジョーカーのことは第8や灰島に対するものとは全く違う結束や絆を感じていることが分かります。 スポンサーリンク 【炎炎ノ消防隊】リヒトが予想する「炎の大災害」が世界にもたらした悲劇…東京もまもなく壊滅か? 「炎の大災害」とは、 約250年前に突如発生した原因不明の世界的大災害。 世界各地が炎に包まれ、それによっていくつもの大陸が消滅しました。 生き残った人類は東京皇国など、残された数少ない生活可能な土地に集まって暮らすようになったのです。 そしてこの災害を境に人体発火現象が起きるようになり、人々の生活を脅かしています。 伝道者たちはこの大災害を再び引き起こすことを企てています。 手始めに伝道者が地下 ネザー で行おうとしていたのは、地上の東京皇国を破壊するという計画でした。 地下へ伝道者の調査のために訪れていた特殊消防隊は、その燃料として利用されてしまいます。 伝道者リツの能力によって、焰ビト化した消防官を利用し東京皇国が壊滅するほどの爆発を起こすつもりだったのです。 その計画に気づいたリヒトは、マキや兄のタキギの能力を駆使して爆発を未然に防ぎ東京の安全を守ることに貢献しました。 スポンサーリンク 【炎炎ノ消防隊】リヒトのようなキャラはかっこいい?ファンの反応は? 飄々としていてつかみどころのないリヒトは、なにを考えているのか分からないところが多いですが、一度分析を始めるとその天才的な頭脳で瞬時に正解を導き出します。 その分析力でシンラをはじめとした第8のメンバーの能力強化にも一役買っていますし、無能力者であっても第8の大事な戦闘力であることは間違いありません。 ファンの反応でも、• みるからにマッドサイエンティスト• リヒト、怪しすぎて逆に怪しいのホント好き• 今まで見かけたマッドサイエンティスト系キャラの中でも、かなり若い部類に入るリヒト など、リヒトの怪しい雰囲気や科学者っぷりにはまる人が多いようです。 あくまで リヒトの求めているのは『正解』であり、それを得られる可能性の近い方に味方する、誰の味方でも敵でもない、とリヒト本人ははっきり述べています。 ということは、正解のためなら敵である伝道者の側につく可能性も…? そんな謎を秘めたキャラクター性が、かっこよく見えるのでしょう。

次の