ホークス 本名。 【ヒロアカ】ホークスは裏切り者のスパイ?本名・個性やかっこいい名シーンも紹介

シャープ・ホークス

ホークス 本名

活動期間 2020年4月5日 - ジャンル 登録者数 約1. 88万人 総再生回数 約114万回 チャンネル登録者数、総再生回数は 000000002020-07-10-0000 2020年7月10日時点。 斉藤 和巳(さいとう かずみ、 - )は、出身のの元()、。 現在は、。 プロ野球選手時代はに所属していた。 からまでのは「 カズミ」。 に、日本プロ野球史上7人目のを達成した。 史上初の複数回受賞者 2回。 最優秀投手賞3回。 右肩腱板(けんばん)損傷によりを最後に一軍登板がなく、からは支配下選手登録を外れ同球団のリハビリ担当を務めながら現役復帰を目指すも、7月に復帰を断念することを表明。 同月31日付で退団した。 からは福岡を拠点にや本数契約として()の野球解説者との専属評論家として活動。 経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 1977年に京都府京都市で誕生。 兄の影響で 小学1年生時に祥豊ファイターズに入団し、4年生時には捕手として試合に出場。 中学校に入学するとボーイズリーグの京都スターズに入団。 強肩捕手として活躍し、3年生になると投手としても注目を集めるようになった。 に進学し、2年秋からエースを務めた。 3年生の夏にエースで4番打者として出場を目指すも府大会ベスト8に終わる。 甲子園出場経験のない無名高校の選手ながらも、同じく甲子園出場経験のない・とともに高校好投手ビッグ3として一部スカウトから注目されていた。 高校生当時から190cmを超える長身と潜在能力の高さを買われ、で福岡ダイエーホークスからドラフト1位指名を受け、同球団に入団。 チームに斉藤姓の投手が3人になることから(、)、「 カズミ」が登録名となった(同時に斉藤貢も登録名を「 ミツグ」に改めている)。 のちに、2018年4月22日にで配信された「東京六大学野球」の解説にて、ドラフトで指名が無ければ高校で野球を辞めるつもりだったことを明かしている。 進路について、大学から声がかかっていたものの高校卒業とともに野球を辞める方向で話してたところ「プロのスカウトから会いたい」と言われ斉藤自身は「人違いでもしているのではないか」としか思っていなかったと語っている。 プロ入り後 [ ] のシーズン終盤に中継ぎで一軍初登板を果たす。 も一軍に登板するが1試合のみに終わり、ルーズショルダー持ちであったことから9月には右肩を手術する。 手術後には野球を辞める考えもよぎっていたが、同時期に斉藤と同じく肩を手術し、隣の病室に入院していたがリハビリに励む姿を見て、自身の考えの甘さを痛感し一念発起する。 また、この頃には野手転向も勧められたというが固辞している。 には登録名を本名の「斉藤和巳」とした。 6月24日の12回戦()でプロ初勝利。 この試合では、前述のとおり同時期に肩の手術を受けた小久保が先制本塁打を放ち、共にヒーローインタビューを受けた。 さらにこの試合では史上7人目となる「1イニング4奪三振」も記録。 この年は5勝を挙げ、そのうち4勝は後半戦で挙げたが、日本シリーズでの先発登板はなかった。 この年のパ・リーグは32年ぶりの該当者なしだったが、新人王対象選手の中で最も票が入ったのは斉藤だった。 のシーズンもエース候補に上がったが、原因不明の右肩痛が再発して離脱。 結局この年は勝利を挙げられなかった。 8月10日の戦で2年ぶりの勝利を挙げ、シーズン4勝を挙げた。 はこの年の斉藤を「打たれても粘る、大人のピッチングをできるようになった」と評価した。 前年勝ち頭だったがFA移籍し、残った主な先発投手も不安定な成績だった為キャンプから先発投手を大々的に再編 前年10試合以上先発登板した投手はこの年斉藤以外5試合以下の先発登板で終わっている。 熾烈な先発ローテーション争いに勝ち3月28日のロッテ戦で初の開幕投手を務め、勝利投手となる。 その後はいずれもプロ野球新記録(当時)となる先発登板16連勝および登板試合15連勝(勝敗の付かない試合を挟まない連勝)を記録するなど、パ・リーグでは1985年の以来となる20勝(3敗)を記録。 ・・・・などのタイトルを総なめにし、チームのリーグ優勝、日本一に貢献した。 この年は、同じく20勝を挙げた阪神のと共に、史上初となる両リーグで沢村賞投手同時選出となった。 また、両リーグから20勝投手が出たのは1982年の・以来だった。 また投球回・自責点はともにと全く同じで、こちらも史上初の最優秀防御率同時受賞となった。 この年、優勝争い最大のライバルとしていたから6勝を挙げたほか、松坂との投げ合いでは3戦全勝とエース対決の強さも見せた。 とのでは第1戦と第5戦に先発。 いずれもを記録したが、第1戦は勝敗が付かず(チームは勝利)、第5戦は敗戦投手となった。 は3月27日の二年連続開幕投手に指名され勝利投手となった。 しかし開幕勝利以降は不安定な投球が目立ち序盤には2軍落ちも経験したものの、8月27日の西武戦でホークスでは以来の2年連続二桁勝利を達成した。 その後は4試合に登板したものの勝ち星を挙げることができず、勝利数は前年の2分の1となる10勝(7敗)に終わった。 更に1試合に9失点した試合が三度もあったことなどもあり、到達投手としてはリーグ最下位の防御率6. 26を記録した。 のキャンプ中に既に開幕投手に指名されていたものの、開幕直前に右肩痛で離脱。 4月27日の対戦でシーズン初登板し、勝利。 その後も破竹の勢いで勝ち星を重ね、8月24日のロッテ戦で自身2度目の14連勝を達成、プロ野球史上初となる「14連勝以上を複数回達成した投手」となった。 8月31日のロッテ戦ではのに並ぶプロ野球タイ記録となる開幕15連勝を記録。 キャリアで15連勝以上を二度記録したのは日本プロ野球初だった。 8月は5勝0敗で、8月度を受賞。 しかし9月7日の戦では5回3分の1を投げ8失点を喫し敗戦投手となり、連勝はストップし、2点台前半を誇っていた防御率も2点台後半に転落。 その後は1勝(0敗)を挙げ、シーズン通算では16勝1敗で2度目の最高勝率を獲得。 防御率も2. 92と2点台でシーズンを終えた。 プレーオフでは第2ステージの第2戦に先発し、5回まで無失点に抑え、毎回の7奪三振を記録したが、6回に3点を失い、黒星がついた。 最終戦にはブルペン待機した が出番はなく、チームも逆転負けを喫し、優勝を逃した。 12月24日、ホークスの投手としては初の複数年となる、3年7億5000万円+出来高で契約更改した。 、選手会長に就任。 同年からが禁止となり 、キャンプで克服に取り組んだが、結局キャンプの最後までしっくりいかなかった。 3月26日のロッテ戦で3度目の開幕投手を務め、8回2失点で勝利投手となった。 5月23日の試合後には王から「優勝する気はあるのか!選手会で意見をまとめてこい!」と 檄 ( げき )を飛ばされた。 5月26日の戦で完封勝利を挙げ、交流戦で対戦した他リーグの全6球団から勝利した最初の投手となった。 6月8日の戦では、に投手内野安打を許しただけの、自身初となる無四球1安打完封勝利を挙げた。 また、この試合では脇谷を牽制でアウトとしたため、打者27人で終了させるを達成。 王貞治に「ピッチングの神様が乗り移ったようだった」と言わしめた。 交流戦開幕前までは7試合で3勝2敗(防御率2. 29)と勝ち星が伸びなかったが、交流戦開幕後からオールスターまでは10試合8勝2敗(防御率1. 73)、オールスター後は9試合で7連勝、3完封を含む7勝1敗(防御率1. 37)と、終盤になるにつれ調子を上げた。 4先発で4勝、2完封を記録した8月には月間MVPを受賞。 同月に記録した2試合連続2桁奪三振での完封勝利は球団史上初だった。 レギュラーシーズン最終成績は18勝5敗、防御率1. 75、205奪三振、勝率. 783を記録し勝利数・防御率・・勝率の投手四冠を達成。 完封数もリーグトップで、1981年の以来、2リーグ分立後4人目となる を達成した。 プレーオフでは10月7日の西武・第1ステージ第1戦、10月12日の日本ハム・第2ステージ第2戦に先発。 右肩に不安を抱える斉藤の中4日登板は2000年以来のことだったが、チームはそれぞれ松坂、に完封負けを喫した。 08)という内容ながら、いずれも0-1で完投敗戦に終わり、サヨナラ負けを喫した日本ハム戦ではマウンドに片膝をつき涙を流した。 この試合は2010年に実施された「現役監督・選手・コーチが選ぶ最高の試合Best9」の3位に、同「名場面・名勝負Best10」の5位にランクインした。 10月23日、パ・リーグ史上初となる2度目の沢村賞を受賞。 しかし同月24日に病院でメディカルチェックを受け「右肩の炎症」と診断され、楽しみにしていたというの出場を辞退。 参加予定だった宮崎秋季キャンプも不参加が決定した。 3月24日のオリックス戦で、昨年に続き2年連続4度目の開幕投手を務めるも勝敗は付かず、チームは敗れた。 4月26日、右肩の筋疲労で二軍落ちとなった。 7月に復帰するも、10日以上の間隔を空けて登板した。 監督の王は「本来の投球は来年からでいい。 ただ存在感やリーダーとしての役割があるので一軍にいてもらいたい」と語っている。 中10日以上、7回もしくは100球という限定登板ながら、オールスター明けは5勝1敗とチームを救い 、時にはベンチに入り盛り上げ役にも徹した。 10月8日の第1戦に先発したが、4回5失点で敗戦投手となった。 第2戦は勝利するも第3戦で敗れチームは第1ステージで敗退した。 翌年以降は故障の影響で登板できなかったためCS初戦の先発が現役最後のマウンドとなった。 後に斉藤はこの2007年について、何十球投げたらもう感覚がなく、登板後は歩いて腕を振っているだけで亜脱臼という状態だったことなどを明かしている。 1月に右肩関節唇修復手術を行う。 この年はリハビリに専念してシーズンを全休、9月に帰国してチームを裏から支え、翌年の開幕投手を狙うと宣言した。 前年に沢村賞を獲得し、この年も球界トップクラスの成績を残したは契約更改で「来年はソフトバンクの斉藤さんが戻ってくるので(楽しみ)。 」と発言していたが 、斉藤の右肩の回復は思わしくなかった。 は全休。 2月には右肩腱板修復手術を受け 、2010年も実戦登板なしに終わった。 3月17日には写真週刊誌『』でのとの交際が報じられた。 斉藤は同誌の取材に対し「彼女は大事な人です」と交際を認めたが、故障でシーズンを全休している選手が週刊誌に交際報道されるという事態を重く見られ、球団から厳重注意処分を受けた。 リハビリ担当コーチ時代 [ ] にを解かれ、1月1日付で「三軍リハビリ担当コーチ」としてコーチ契約を結ぶこととなった。 日本野球機構の登録上は扱いとなるが 、本人は引き続き現役復帰を目指したリハビリを続け、球団も復帰が可能となった時点で選手契約を再締結する方針を示し、背番号も当面「66」のまま変更されなかった。 にはとの再婚を発表。 にはを務めるなど、順調な回復を見せていたが、2013年7月29日に記者会見を開き、「肩を手術することを決断した際には、ただ一軍で投げるだけでなく戦力になるつもりでいた。 しかし、2013年7月になって一軍の戦力になるイメージができなくなった」として現役への復帰を断念し、7月31日付で球団を退団。 同年9月28日にヤフオクドームにて引退セレモニーが行われ、セレモニアルピッチではを一緒に受賞したに対して投球した。 2015年3月18日、2度目の妻だったスザンヌと離婚。 2016年の資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日により学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となる。 長身ながら投球フォームは重心が低いため角度はないが、バランスの良い下半身主体のフォームで打者の距離感を惑わした。 は最高のフォークを投げる投手として斉藤の名を挙げている。 通算79勝23敗、通算勝率. 775を誇り、「負けないピッチャー」 、「負けないエース」 と称された。 2005年に新設された交流戦では、通算12試合の登板で10勝1敗、防御率1. 89と強い一方で、ポストシーズンは通算10試合の登板で0勝6敗と結果を残せなかった。 事あるごとに「自分のことはどうでもいい。 チームが勝てばそれでいい」旨の台詞を発し、また、ヒーローインタビューでは「チームの勝利を優先して投げている」が口癖だった勝利至上主義者。 試合展開に合わせたゲームプランで試合を支配していた。 2006年に最優秀バッテリー賞を受賞したとのバッテリー結成は斉藤本人が決めたわけではなく、成績がいいためにバッテリーが成立したと明かしている。 評価 [ ] は著書で「ホークスの斉藤和巳という投手は非常に高い能力を持ちながら、故障や制球難でなかなか一軍に上がれないでいる。 こういう場合は殻を破らせるよう、トレードをするなどして環境を変えてあげたほうがいいと思う」と著し 、沢村賞を獲得する活躍を見せた後も「斉藤こそが球界で最も優秀な投手。 斉藤和巳がいる限り、日本球界はなんとか保つ」と高く評している。 現役時代斉藤とチームメイトだったは「和巳が投げるというだけで、チームには安心感があった」「成績はもちろんだけど、和巳は普段の練習から一生懸命やっている姿がとても印象的だった」などと語っている。 は「良いピッチャーは多いけど、一球にかける思いの強さで群を抜いている。 後ろで守っていてそれを実感した」と語っている。 も「来日してから目を見開かされるような選手を見たわけじゃないが、斉藤は例外」と語り 、2007年にの「ベースボール国際化時代の主役候補10人」にも選ばれるなど、国外からも高い評価を得ていた。 は「和巳さんは大きいけど、コントロールもよかったし、フィールディングも牽制球もうまかった。 それに、本当に黙々と練習してました。 絶対に手を抜くことはなかった。 おそらく、肩に不安があったから『いまできることは全部やろう』と思ってたんじゃないでしょうか。 練習中も、鬼気迫る表情でした。 こんなふうに練習しないと、あれだけのピッチャーにはなれないのかと思ったものです。 」「もしかしたら、僕のほうが天才型かもしれませんね。 和巳さんは努力型、それも、不器用な努力型だと思います。 投げるボールや活躍ぶりはモンスター級でしたけど」と述べている。 は特に印象に残っている投手について斉藤を挙げている。 「マウンド上に立っている斉藤は背後に何かが見える感じ」「彼がどのような気持ちで投げていたか分からないですけど、すごく伝わるものがありました。 あんなにマウンド上で大きく、近く感じた投手はいません」「味方が点を取らなくても、自分が点を取られない。 0対0の試合展開でも、最終的に1対0で勝つ。 特に沢村賞を獲得したシーズンは凄かったですね」などと語っている。 『』実施の「球界200人が選ぶ歴代投手ランキング」では2位に選出されている。 人物 [ ] 自身の登板について「点を許さないのがエース。 味方が点を取ってくれるまでいかに粘れるかで、ナインに信頼される。 そうでなくてはエースじゃない。 点を取れないのだったら、取ってくれるまで我慢を続けて0点に抑えればいい」という持論を持つ。 斉藤の元チームメイトであるは斉藤について「頼りになるいい先輩」と語っている。 背番号を入団以来 66のまま変更しなかったのは、当時の夫人(2006年に離婚)と共に自身を支えてくれた彼女の祖父の葬儀で背番号66のユニフォームを着せたことがあり、「背番号を変えたら天国から見ているじいちゃんが俺だと分からなくなる」ためだという。 斉藤とホークスでチームメイトだったは後にに在籍中の2015年に同球団で空き番号となった66を自ら希望。 「『66』にはカズミさんのイメージしかないですけど、格好よかったし、たくましかった。 僕の中では『』と変わらないくらい価値のある番号」と語っている。 元のを尊敬している。 黒田は時代に斉藤からを教えてもらっていたという。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 0. 2 2 0 1 0 1 1 0 0 2 2 27. 00 4. 50 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 3. 2 6 0 3 0 1 1 0 0 3 3 7. 36 2. 45 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1. 0 1 0 0 0 1 3 1 1 2 2 18. 00 1. 00 22 16 0 0 0 5 2 0 --. 714 399 89. 1 92 9 46 0 1 77 10 1 44 41 4. 13 1. 54 7 3 1 0 0 0 1 0 --. 000 104 22. 1 28 4 11 1 1 16 1 0 11 11 4. 43 1. 75 10 10 0 0 0 4 1 0 --. 800 282 70. 1 53 4 21 0 3 63 3 0 24 23 2. 94 1. 05 26 26 5 1 1 20 3 0 --. 870 801 194. 0 174 19 66 3 8 160 4 0 62 61 2. 83 1. 24 22 22 3 1 0 10 7 0 --. 588 612 138. 0 139 22 59 3 6 120 6 0 100 96 6. 26 1. 43 22 22 4 1 1 16 1 0 0. 941 636 157. 0 135 14 41 0 10 129 5 0 54 51 2. 92 1. 12 26 26 8 5 3 18 5 0 0. 783 790 201. 0 147 10 46 3 8 205 2 0 50 39 1. 75 0. 96 12 12 0 0 0 6 3 0 0. 667 297 72. 1 64 3 25 0 3 71 2 0 22 22 2. 74 1. 23 通算:11年 150 137 21 8 5 79 23 0 0. 775 3952 949. 2 841 85 319 10 43 846 34 2 374 351 3. 33 1. 各年度の 太字はリーグ最高• ダイエー(福岡ダイエーホークス)は、2005年にソフトバンク(福岡ソフトバンクホークス)に球団名を変更 タイトル [ ]• :2回 (2003年、2006年)• :2回 (2003年、2006年)• :1回 (2006年)• :2回 (2003年、2006年)• :2回 (2003年、2006年)• :3回 (2003年、2005年、2006年)• :2回 (2003年、捕手:、2006年、捕手:)• :3回 (2003年6月、2005年8月、2006年8月) 記録 [ ] 初記録• 初奪三振:同上、4回裏にから• 初先発・初勝利:2000年6月24日、対12回戦()、7回無失点• 初完投勝利:2003年4月4日、対1回戦()、9回2失点• 初完封勝利:2003年8月13日、対千葉ロッテマリーンズ19回戦(福岡ドーム) 打撃記録• 初安打・初打点:2006年5月19日、対1回戦()、6回表にから中前2点適時打 その他の記録• シーズン防御率6. 26:2004年(1シーズン制でのプロ野球ワースト記録)• 出場:2回 (2003年、2006年) 背番号 [ ]• 66 (1996年 - 2013年) 登録名 [ ]• カズミ (1996年 - 1999年)• 斉藤 和巳(さいとう かずみ) (2000年 - 2013年) 出演 [ ] CM [ ]• 「」(ホワイト・バット編・ホワイト・身長編)(2007年1月 - )• ・・・ホワイトと共演。 ソフトバンクモバイル「」「」 (2007年3月17日 - )• 川﨑宗則・的場直樹と共演。 「FDHカード」 テレビ番組 [ ]• (2014年 - ) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『2015プロ野球オール写真選手名鑑』、2015年、88頁。 2011年4月24日. 2016年11月19日閲覧。 大池和幸 2013年8月1日. nikkansports. com. 2015年3月5日閲覧。 Sponichi Annex. 2013年9月28日. 2015年3月5日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2013年8月2日. 2016年11月19日閲覧。 VICTORYアスリート名鑑. VICTORY. 2018年11月8日閲覧。 『 特別付録』、、2006年10月、 10頁。 AbemaTIMES. 2018年4月23日. 2018年6月3日閲覧。 『月刊ホークス 特別付録』、ソフトバンククリエイティブ、2006年10月、 5頁。 BASEBALL KING 2015年11月26日. 2017年8月29日閲覧。 2003年10月18日. 2016年4月6日閲覧。 日本野球機構 2003年10月24日. 2016年4月6日閲覧。 , p. , p. , pp. 16 - 17• , p. 逆襲の予感 HAWKS 2006』、2006年、29頁。 『月刊ホークス』、ソフトバンククリエイティブ、2006年6月、 10頁。 中村泰三 2006年5月27日. nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. の2009年11月19日時点におけるアーカイブ。 2016年4月5日閲覧。 『月刊ホークス』、ソフトバンククリエイティブ、2006年11月、 11頁。 日刊スポーツ新聞社. 2006年11月28日時点のよりアーカイブ。 2016年4月5日閲覧。 , p. nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. 2006年10月24日. の2009年11月17日時点におけるアーカイブ。 2016年4月5日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. 2006年10月26日. の2006年11月7日時点におけるアーカイブ。 2016年4月5日閲覧。 『月刊ホークス』、ソフトバンククリエイティブ、2007年9月、 20頁。 , p. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2010年3月18日. の2010年3月22日時点におけるアーカイブ。 2016年11月19日閲覧。 YOMIURI ONLINE. 読売新聞社. 2010年11月5日. の2010年11月8日時点におけるアーカイブ。 2016年11月19日閲覧。 日本野球機構. 2016年11月19日閲覧。 MSN産経ニュース. 産経デジタル. 2011年12月2日. の2011年12月2日時点におけるアーカイブ。 2011年12月2日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. 2013年7月29日. 2013年7月29日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. 2013年11月15日. 2016年11月19日閲覧。 日刊スポーツ 2017年2月8日. 2017年2月8日閲覧。 田尻耕太郎 2013年8月10日. スポーツナビ. 2013年8月13日時点のよりアーカイブ。 2015年3月5日閲覧。 『メジャーvs日本 野球 最強のピッチングフォーム』西東社、2007年、70-71頁。 、西尾典文、泉直樹『プロ野球スカウティングレポート2007』〈アスペクトムック〉、2007年、90 - 91頁。 Scouting book. 2014年8月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年3月5日閲覧。 小関順二、西尾典文、泉直樹『プロ野球スカウティングレポート2008』アスペクト〈アスペクトムック〉、2008年、335頁。 『野球小僧 世界野球選手名鑑2007』白夜書房、2007年、41頁。。 「オレが驚いた魔球たち 日本プロ野球編」『』、、2008年7月、 55頁、 雑誌15515-07。 qoonin Sports. 2016年11月19日閲覧。 斉藤和巳 2009年10月4日. 斉藤和巳オフィシャルブログ「ROUTE 66」. 2016年11月19日閲覧。 『コーチング 言葉と信念の魔術』、2001年、45頁。 田尻耕太郎 2013年9月7日. 週刊ベースボールONLINE. ベースボール・マガジン社. 2014年11月10日閲覧。 『』 2013年9月16日号• 週刊ベースボールONLINE. ベースボール・マガジン社 2014年3月17日. 2014年11月10日閲覧。 『』、ベースボール・マガジン社、2014年11月17日、 41 - 46頁。 2006年10月26日. Numbew Web. 2016年11月20日閲覧。 『月刊ホークス』、ソフトバンククリエイティブ、2007年3月、 46頁。 斉藤章平 2015年2月21日. デイリースポーツonline. 2015年2月25日閲覧。 gooテレビ番組. 2015年3月9日閲覧。 参考文献 [ ]• 『ベースボールマガジン』冬季号、、2005年1月1日、 雑誌07915-1。 『応援ありがとう! 2005福岡ソフトバンクホークス激闘の軌跡』〈SoftBank Mook〉、2005年。 『2006福岡ソフトバンクホークス激闘の軌跡』ソフトバンククリエイティブ〈SoftBank Mook〉、2006年。 『福岡ソフトバンクホークス激闘の軌跡2007』ソフトバンククリエイティブ〈SoftBank Mook〉、2007年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報 、• - 公式ブログ(2009年5月 - )•

次の

ホークス (ほーくす)とは【ピクシブ百科事典】

ホークス 本名

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕 今回は、グループサウンズのシャープ・ホークスを掘り下げて行きます。 プロフィール• グループ名 シャープ・ホークス• 活動年1963年~1969年• カテゴリー バンド メンバー• 野沢裕二 ヴォーカル リーダー• 鈴木忠男 ヴォーカル• 安岡力也 ヴォーカル• 小山真佐夫 ヴォーカル• ジミー・レノン:ヴォーカル 現在。 メンバーは何してる?「遠い渚」「ついておいで」の誕生秘話は? シャープホークスは現在は解散しており、メンバーはそれぞれの道へと進んでいます。 メンバーの現在を掘り下げて行くと、ボーカルの安岡力也はバンド解散後、俳優に転身し数々の映画に出演。 バラエティー界にも進出し、フジテレビの伝説のお笑い番組『俺たちひょうきん族』では、タケちゃんの敵役ホタテマンに扮してレコードをリリースするなど、活躍しました。 晩年は若い頃のやんちゃな出来事をネタにトーク番組に出演していました。 しかし、2012年に心不全のため死去しました。 交友関係も内田裕也さんやジョー山中さん等武闘派の人達との繋がりが強く、見た目通りの怖い人そんなイメージしかありませんでした。 シャープホークス結成前は渋谷のチーマーだったと本人が言うほどで、よく喧嘩をしていたようです。 またシャープホークスは、デビュー当時安岡力也さんをリーダーとする4人のボーカルグループでしたが、メンバーチェンジを繰り返し、最終的には安岡力也とシャープホークスというグループ名に落ち着きました。 因みにグループ名が変更になっても、メンバーとして残っていたのは安岡力也さん一人だけでした。 また息子さんの安岡力斗さんも、芸能の仕事がしたいという事で芸能界デビューしました。 また、安岡力也さんがC型肝炎を患った際、肝臓を差し出したというエピソードもあります。 スポンサーリンク 肝臓は移植しても後から再生出来る臓器ですから、比較的移植は行われます。 治る事に掛けて行いましたが、上手く行きませんでした。 今のコンプライアンスが煩い芸能界ではあの感じの芸能人は出てこないそう断言できます。 続いては他のシャープホークスについて掘り下げて行きます。 もう一人のボーカルジミー・レノンさんについてです。 本名は塩井治美さんでシャープホークス解散後はモデルとして活動しており、社長としてモデル事務所も作りその後実業家として活躍しており現在も日本とロスを往復しています。 また、サイドビジネスの広告ページみたいな物を発見しました。 怪しい事もしている可能性も否定出来ません。 インターネット上に良くある儲かる話、転落からのサイドビジネスで成功みたいな事が書いてあるホームページです。 (URL:) 芸能人はやはり一度チャンスを逃すと復活は大変なんだと感じました。 続いてはドラムの野沢裕二さんはソロシンガーに転身しており、横浜市保土ケ谷でライブハウスも経営しています。 ギターの鈴木忠男さんは解散後、2005年まで六本木でクラブを経営していましたがその後諸事情により閉鎖、しかし再びサミーズハウスを2013年にオープンさせて再び経営者として活躍しています。 小山真佐夫さんは今でも芸能人として活躍しており、岩手でラジオ番組を持っているようです。 また同時に歌手としての活動も行っています。 東京に住んでいましたが2000年代に入ると東京から盛岡に移住して活動しています。 続いてはシャープホークスの楽曲「遠い渚」「ついておいで」について書いていきます。 まずは遠い渚についてです。 作詞は橋本淳、作曲はすぎやまこういち1966年12月リリースしました。 当時のセールスデータなどはわかりませんが、売れたのかも知れません。 グループサウンズらしい楽曲のように思えました。 続いては『ついておいで』この曲はデビューシングルに当ります。 本人達に於いては念願のレコードデビューした作品でした。 先ほど紹介した遠い渚をリリースしたところまでは良かったのですが、その後メンバーチェンジを繰り返し活動状況はあまり良くなかったと思われます。 まとめ シャープホークスは、安岡力也さんの事がクローズアップされますがメンバーを調べてみるとそれぞれに活動をされているようですね。 もうオリジナルメンバーでの復活はあり得ないのですが、歌い継いでいって欲しいグループの1つではあります。

次の

ヒロアカホークスの本名は?誕生日年齢や身長体重や出身地高校などのプロフィールを紹介!|ワンピースネタバレ漫画考察

ホークス 本名

経歴 [ ] アマチュア時代 [ ] の55巡目でに指名されるが、契約せずに進学。 在学中の5月11日、対戦でを達成した。 アストロズ・ドジャース時代 [ ] 同年の11巡目でに指名され、に契約した。 までは1A、からは2Aで過ごした後に、のでに指名され、移籍した。 は初の昇格を果たし、35(19試合)で6勝9敗、5. 16という成績を残した。 オフにGMのポール・デポデスタ、監督のが解任され首脳陣が一新されたはメジャーに昇格できず、3Aでも9勝11敗、防御率5. 60と不振だった。 はシーズン前半を3Aで過ごしたが、7月にメジャーに昇格。 18試合に登板して0勝2敗、防御率4. 18だった。 シーズン終了後、が緊急補強リストの筆頭候補に上げ、ドジャースからソフトバンクへ契約が譲渡された。 ソフトバンク時代 [ ] はキャンプ中の故障で出遅れるも、の対戦で中継ぎとして初登板を果たすと、三者連続で切り抜けた。 その後、・と共にリリーフ陣の一角として活躍するが、やがて打ち込まれる試合が増えていき、一度は二軍に降格。 後半戦から先発に配置転換されると、安定した投球でによって離脱した・の穴を埋める救世主的存在に成長した。 しかし、徐々に対戦相手に研究されたことで打ち込まれたり、好投してもの援護が無く勝ち星が伸び悩んだ。 は開幕からに入り、杉内と並んで左右の両輪として活躍。 の対西武戦で10勝目を挙げた。 この年はリーグ優勝を果たした戦に強く、6試合の登板で4勝を挙げた。 の対戦()で右脚を痛め、21日に登録抹消された。 の対西武戦で勝利を挙げたが、に再び抹消された。 の・ファイナルステージ第3戦(対戦)で好投して勝利を挙げたが、同年オフに球団から大幅減俸を提示され、残留交渉が難航したことにより保留選手名簿から外れ 、に選手として公示された。 その後も交渉が続けられた結果、ホールトンが減俸を受け入れて残留することが決まった。 に再契約。 は開幕から安定した投球を見せ、の対戦()でシーズン初勝利。 の対日本ハム戦では自身初の勝利を挙げたほか、の対ソフトバンク戦の連勝を6で止めた。 の対楽天戦で2年ぶりとなる10勝目を挙げた。 の対西武戦(ヤフードーム)で15勝目を記録。 最終的に19勝を挙げ、と並びのタイトルを獲得した。 この年に行われたファイナルステージ(対西武)は、ホールトンが先発登板する前に3連勝(1勝のアドバンテージを含む4勝0敗)したことにより登板機会がなかった。 、第4戦に先発し、5回を投げて勝利投手となった。 シーズンオフには(2010年オフと同様に)残留交渉が難航し保留選手名簿から外れ自由契約となった。 同年、と2年総額500万ドルでの契約合意が発表された。 背番号はソフトバンク時代と同じ 54。 巨人時代 [ ] の戦で、のの以来、自身初&この年12球団初のでソロを放った。 シーズン序盤は勝ち負けを交互に繰り返す等不安定であったが、交流戦を境に調子を取り戻し、7月8日の阪神戦()から9月8日のヤクルト戦()まで6連勝を記録。 最終的には12勝8敗・防御率2. 45と、セ・リーグでも十分な結果を残した。 また、交流戦優勝決定戦となった6月16日の対楽天戦()でも勝利投手となった。 ナイトゲームでは6勝7敗、防御率3. 54とやや打ち込まれたものの、デーゲームには滅法強く6勝1敗、防御率0. 84と抜群の相性を誇った。 も開幕ローテーション入り。 4月5日の戦()で移籍後初完投勝利を挙げるも、前年同様序盤は調子が上がらず勝ち負けを繰り返す登板が続く。 そのため中盤に一度2軍に降格し、2軍で調整する日々が続いた。 1軍復帰後は8月下旬から10月上旬にかけて5連勝し、最終的には9勝4敗と3年連続の2桁勝利は逃したものの、リーグ優勝に貢献。 しかし、その後読売ジャイアンツは11月30日退団を発表した。 起亜時代 [ ] 、韓国プロ野球・と契約。 同年の起亜の開幕投手も務め5勝をあげたが、内容が徐々に悪化したため7月24日ウェーバー公示され退団した。 その後、現役を引退した。 引退後 [ ] 12月28日、NPBのが、ホールトンを駐米スカウトとして採用すると発表した。 1月1日付で着任し、アメリカ西海岸を中心に担当する。 人物 [ ] 非常に手のひらが大きく、30cmを超える。 来日以降、の使い方に戸惑っていると語っている。 の手記で「福岡もホークスも大好きだ」と語っている。 小さい頃からのの大ファンで、学生時代はの清掃員のアルバイトをしていたことがある。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 球 団 35 19 0 0 0 6 9 0 0. 400 578 129. 0 145 21 52 3 8 90 2 0 79 74 5. 16 1. 53 18 0 0 0 0 0 2 0 2. 000 113 28. 0 28 5 7 0 0 21 0 0 14 13 4. 18 1. 25 28 11 0 0 0 4 7 6 0. 364 366 84. 1 82 10 31 2 3 86 0 0 44 40 4. 27 1. 34 25 25 3 0 1 11 8 0 0. 579 680 171. 0 137 22 43 0 6 138 2 0 58 55 2. 89 1. 05 16 16 0 0 0 8 6 0 0. 571 349 79. 0 97 11 25 0 1 69 1 0 52 50 5. 70 1. 54 26 26 3 2 2 19 6 0 0. 760 680 172. 1 132 8 36 0 7 121 2 0 43 42 2. 19 0. 97 25 25 0 0 0 12 8 0 0. 600 630 158. 0 116 11 44 1 8 132 0 0 46 43 2. 45 1. 01 18 18 1 0 1 9 4 0 0. 692 426 103. 2 85 14 32 0 5 67 5 0 45 43 3. 73 1. 13 17 17 0 0 0 5 8 0 0. 385 417 93. 2 96 10 48 0 3 58 4 0 54 50 4. 80 1. 54 :2年 53 19 0 0 0 6 11 0 2. 353 691 157. 0 173 26 59 3 8 111 2 0 93 87 4. 99 1. 48 :6年 138 121 7 2 4 63 39 6 0. 618 3131 768. 1 649 76 211 3 30 613 10 0 288 273 3. 11 1. 12 :1年 17 17 0 0 0 5 8 0 0. 385 417 93. 2 96 10 48 0 3 58 4 0 54 50 4. 80 1. 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ] NPB• :1回 (2011年) 記録 [ ] NPB投手記録• 初登板:2008年4月11日、対4回戦()、8回表に3番手で救援登板、1回無失点• 初奪三振:同上、8回表にから空振り三振• 初セーブ:2008年4月12日、対埼玉西武ライオンズ5回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、8回表に4番手で救援登板・完了、2回無失点• 初勝利:2008年4月29日、対埼玉西武ライオンズ7回戦()、11回裏に5番手で救援登板・完了、2回無失点• 初先発勝利:2008年7月26日、対14回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、7回1失点• 初完投勝利:2009年6月8日、対4回戦()、9回1失点• 初完封勝利:2011年4月27日、対2回戦()、5奪三振1四球 NPB打撃記録• 初安打・初打点:2012年4月26日、対3回戦()、3回裏にから左前適時打• 初本塁打:2012年8月11日、対13回戦()、2回裏にから左越ソロ 背番号 [ ]• 27 (2005年)• 54 (2007年、2009年 - 2013年)• 00 (2008年)• 58 (2014年) 脚注 [ ]• - スポーツ報知 2010年11月29日• - 読売新聞 2010年12月3日• 福岡ソフトバンクホークス 2010年1月14日. 2011年12月22日閲覧。 日刊スポーツ 2011年11月30日. 2011年12月22日閲覧。 共同通信 2011年12月16日. 2011年12月22日閲覧。 2014年1月3日スポニチ• 日刊スポーツ. 2015年12月28日. 2015年12月28日閲覧。 - 西日本スポーツ 2008年2月21日• - nikkansports. com 2008年2月28日• - 2011年10月4日• ,スポーツ報知,2012年10月23日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報 、、、、、•

次の