吉野家 子供 メニュー。 中国の吉野家(牛丼のメニューや価格など)

【吉野家編】週5で牛丼食べてる俺がコスパ抜群のメニューをおすすめ

吉野家 子供 メニュー

テイクアウト限定ファミリーセット 吉野家で「テイクアウト限定ファミリーセット」が販売されます。 持ち帰りのみ購入でき、通常価格よりも格安の値段です。 4月23日~5月31日の期間限定。 吉野家では4月中旬現在、テイクアウトの販売数の割合が6割を超えます。 そこで牛丼並盛とサラダ・お新香、みそ汁から構成される、テイクアウト限定ファミリーセットが売り出されます。 家族の人数に合わせて「3人前」と「4人前」が用意されています。 まず3人前の内訳は牛丼並盛3食、生野菜サラダ2食、お新香1食、みそ汁3食です。 次に4人前の内訳は牛丼並盛4食、生野菜サラダ2食、お新香2食、みそ汁4食となります。 3人前は通常価格に比べ123円引きの1,350円(税別、以下同じ)。 4人前は通常価格から164円引きとなる1,800円です。 一部店舗では価格が異なるのでご注意を。 なお、それぞれ牛丼のサイズ変更ができますが、セットのサイドメニューは数量を変更したり、ほかのサイドメニューへ切り替えたりはできません。 また以前からあるサイドメニューなしの「牛皿ファミリーパック」も引き続き販売中で、こちらは牛皿並盛が3皿入った3人前が 748円、4皿入った4人前が948円。

次の

【そば処 吉野家】 牛丼と蕎麦のセットメニューがおすすめ!

吉野家 子供 メニュー

より引用吉野家などの牛丼屋に一人で入ることに抵抗がある人がたまにいますね。 恥ずかしがる必要はありません。 牛丼屋の客のほとんどがお一人様です。 牛丼屋ごとの頼み方さえ知っていれば恥をかくこともありません。 吉野家やすき家で慣れてしまった方に気をつけてほしいのが、松屋の注文の仕方。 僕自身も相当な吉野家愛好家なので、吉野家のシステムで身体が慣れてしまっていました。 そんなある日、松屋に行ったんですよ。 あそこのシステムって食券じゃないですか。 食券も買わず、無言でカウンターに座っていたら、すごい恥ずかしい思いをしました。 なか卯も食券方式なので、絶対カウンター直行しないように。 これさえ頭に叩き込んでおけば、もう怖いものなしです。 存分に牛丼屋を利用しましょう。 吉野家で初心者は何を頼むのか より引用吉野家のベーシックな部分を学んだら、今度はコスパも一緒に考えてみましょう。 吉野家愛好家の僕のいうコスパが高いとは、「低価格で高い満足を得られる」ということ。 吉野家のメニューは割とどれも値段がお安いです。 基本的にどのメニューもコスパが高いと言えそうです。 その中でも優秀なのがやはり牛丼。 牛丼並盛りで380円…なんとも安い…。 紅生姜をはじめにパクパク食べて、牛丼をチビチビ食べれば、割と並でもお腹いっぱいになります。 そしてこく旨カレーもかなり安く、350円!まあ、カレーは大量に作れて手間もかからないので、安くてもあまり感動はないですね。 僕的に一番のおすすめは牛皿並盛り330円ですね。 これをテイクアウトして、家でごはんを二合炊いて食べる。 これがコスパ最強です。 並盛りを半分に分けて一合ずつにかければ、牛丼二杯分以上のボリューム!チビチビ食べる必要もありません。 仕事で疲れた身体でも、さすがにごはんくらいは炊ける…。 ということで、牛皿並のテイクアウトが僕的コスパ王に決定いたしました。 ちなみにテイクアウトでは、ひとつテイクアウトにつき紅生姜パックが3パックまで付けてもらえます。 遠慮せず3パックねだってみましょう。 アイキャッチ画像:より引用•

次の

中国の吉野家(牛丼のメニューや価格など)

吉野家 子供 メニュー

ねぎ玉牛丼• 牛皿ファミリーパック• 並盛328円 税抜き• 大盛418円 税抜き チキンスパイシーカレー• 並盛514円 税抜き• 大盛604円 税抜き 牛スパイシーカレー• 並盛514円 税抜き• 大盛604円 税抜き チーズスパイシーカレー• 並盛430円 税抜き• 大盛520円 税抜き 半熟玉子スパイシーカレー• 並盛403円 税抜き• 大盛493円 税抜き カルビスパイシーカレー• 並盛560円 税抜き• 並盛662円 税抜き• 並盛505円 税抜き• 並盛616円 税抜き• 大盛706円 税抜き ミニ牛丼セット• 334円 税抜き サラシア牛丼• 139円 税抜き とん汁• 186円 税抜き しじみ汁• 158円 税抜き あさり汁• 158円 税抜き みそ汁• 65円 税抜き 生野菜みそ汁セット• 139円 税抜き お新香みそ汁セット• 139 税抜き キムチみそ汁セット• 139円 税抜き 生野菜サラダ• 102円 税抜き ごぼうサラダ• 130円 税抜き ポテトサラダ• 130円 税抜き.

次の