もう一度 江ノ島。 はじめての江ノ島観光 おすすめ名所10選 [鎌倉・江ノ島の観光・旅行] All About

江ノ島神社のご利益はすごい|縁結びと縁切りのパワースポット

もう一度 江ノ島

「湘南江の島」駅のルーフテラスからは、富士山がどーんと大きく見えます! さて、江ノ島は?というと、ビルの影に隠れて、お尻がちょこっとだけ見えます。 ぜひ、探してみてください。 「えのすい」こと「新江ノ島水族館」は、3Dプロジェクションマッピングを投影したショーを実施するなど、様々なプログラムやイベントを行い、子供だけではなく、大人も楽しめるレジャースポットとして話題を集めています。 ドルフェリア~どんなときもそばにいるから~(写真提供:新江ノ島水族館) 一度チケットを購入すれば、その日のうちなら何度でも出入りできるので、昼間、生物観察やショーを見て、江ノ島・鎌倉観光や食事を楽しんだ後、夜、また戻ってきて夜の水族館を楽しむなんていうプランもおすすめです。 聖徳太子がお生まれになったのが敏達天皇3 西暦574 年ですから、かなり古い歴史があることになります。 妙音弁財天 写真提供:藤沢市観光協会 俗に「裸弁財天」ともいわれる「妙音弁財天」は、一糸まとわぬ姿で岩の上に座り、楽器の琵琶を抱いています。 弁財天は、もともとはインドのサラスヴァティー川という川の神様で、美しい河川の流れの音から発展して、音楽・芸能の神様になったという歴史があるので、琵琶を持っているのですね。 高さ41メートルの展望フロアまでは、エレベーターまたは螺旋階段で登ります。 展望フロアからは、西に富士山・丹沢連峰、南に伊豆大島・伊豆半島など360度の大パノラマを楽しむことができます。 龍恋の鐘 昔、悪行を重ねていた五つの頭を持つ龍が、天女 弁天様 に恋をし、改心の末に結ばれたという江ノ島に伝わる『』のラブストーリーにちなむ場所。 ここで鐘を鳴らした二人は決して別れないといわれています。 周囲のフェンスの、おびただしい数の南京錠は、けっして別れない はずれない ことを誓い合った愛の証です。 稚児ヶ淵の夕日 写真提供:藤沢市観光協会 また、「稚児ヶ淵」は「かながわの景勝50選」にも選ばれている絶景スポット。 秋から冬にかけての晴れた日は、左手に伊豆大島、正面に伊豆半島の山々、右手に富士山を一望できます。 特に日の出と日没の景観は見事です。 波の浸食によってできた海蝕 かいしょく 洞窟で、第一岩屋 奥行約152メートル と第二岩屋 奥行約56メートル から成ります。 遊覧船 べんてん丸 写真提供:藤沢市観光協会 短い船旅ですが、海風に吹かれながら、普段はなかなか目にすることができない海上からの江ノ島の姿や、天気のいい日には富士山も眺めることができます。 風の強い日などは欠航するので、運航状況は、当日、下記へお問い合わせください 運航状況の問い合わせ先 藤沢市観光センター:0466-22-4141 龍口寺 江ノ島の弁天様の夫にあたる五頭龍が横たわってできたという龍口山の麓に建つ龍口寺 りゅうこうじ。 日蓮聖人の「龍ノ口の法難」の物語や神奈川県下で唯一の五重塔などで知られるお寺です。 江ノ島-茅ヶ崎間の海辺のサイクリングコース サイクリングコースの詳細は、下記の記事をご覧ください。 江ノ島を効率よく観光するモデルコース 最後に、ご紹介した江ノ島の観光名所10選を効率よくまわるルートを地図を見ながらご案内しましょう。 今回は地図の下の方にある湘南モノレールの「湘南江の島」駅からスタートし、まずは「新江ノ島水族館 えのすい 」へ行きましょう。 その後、「江ノ島弁天橋」を歩いて、江ノ島に渡ります。 島に渡ってすぐ、青銅の鳥居をくぐると、土産物屋や老舗の旅館などが軒を連ねる「仲見世通り」です。 青銅の鳥居の右手には、江ノ島の天然温泉を利用したスパ施設「」があります。 「仲見世通り」の突き当たりからは、長い上りの石段が「シーキャンドル」などのある山頂まで続きます。 ここで力を発揮するのが、「」という全長106メートルの屋外型エスカレーター。 頂上まで石段を上っていくと約20分かかるところ、エスカーならわずか4分でアクセス。 エスカーは3区画にわかれているので、全区画を利用することもできますし、区画ごとに利用することも可能です。 江島神社辺津宮、中津宮のお参りも忘れずに! さて、頂上に着いたら、「サムエル・コッキング苑」と「シーキャンドル」へ。 展望台からの海の絶景を楽しみましょう。 次は、江島神社奥津宮を目指して江ノ島の西の方へ進み、奥津宮の南側の小道を2分ほど行くと、「龍恋の鐘」があります。 江ノ島名物「江ノ島丼」。 特製の出汁で煮た刻んだサザエの身を卵で綴じたアツアツのどんぶり 奥津宮周辺は、磯料理のお店が何軒かありますので、お昼を食べるのに最適。 お昼を食べ終えたら、江ノ島の西の端にある「稚児ヶ淵」と「江の島岩屋」を観光。 そして、帰りにおすすめなのが、「稚児ヶ淵」に船着き場のあるミニ遊覧船の「べんてん丸」。 海上からの江ノ島の景色を楽しみながら、「江ノ島弁天橋」まで戻ることができます。 短い船旅を終えたら、あとは龍口寺をお参りするもよし、サイクリングを楽しむのもよしです。 このパスを購入すると、エスカーと、江ノ島島内の人気スポットが、一日何回でも出入り自由になります。 モノレールの一日乗車券と「えのすい」の入場券のセットが割引価格で購入できます。 【関連記事】.

次の

縁結び効果も?愛が深まる江ノ島のデートスポット3選

もう一度 江ノ島

江ノ島エスカー 一区 朱の鳥居~辺津宮まで 二区 辺津宮~中津宮広場まで 三区 中津宮広場から中津宮まで 料金 全区間の料金 大人:360円 小人:180円 一区のみ料金 大人:200円 小人:100円 二区・三区の料金 大人:180円 小人:90円 三区の料金 大人:100円 小人:50円 エスカーは登りのみ。 下りは徒歩になります。 8mで、南には大島、西には富士山、東に三浦半島という絶景を楽しめます。 青銅の鳥居 江ノ島弁天橋を渡ると、まずは青銅の鳥居が登場します。 江ノ島神社のご利益のひとつに「悪縁切り」があります。 カップルやご夫婦で参拝されるとき、縁切りが気になる方は鳥居を別々にくぐってくださいね。 ご利益は厄払い|蟇石(がまいし) 朱の鳥居をくぐる前にいきなりパワースポットが登場します。 エスカー乗り場の隣ひとつの奇岩があります。 これは蟇石(がまいし)と言います。 その昔、江ノ島で修行をしていた慈悲上人と呼ばれた良真が、邪魔をする悪いガマを法力念力で石に化したと言われる伝説の石。 良真は江ノ島神社の辺津宮を創建された方です。 縁切りを叶えてくれた 龍が住む池|無熱地 無熱地は龍が住んでいて、どんな日照りのときでも水が枯れた事がないという伝説の池です。 見逃してしまいがちですが、厄除けのパワースポットです。 朱の鳥居と瑞心門(ずいしんもん) 賑やかな弁財天仲見世通りを抜けると、朱の鳥居が見えてきます。 弁財天のシンボルでもある琵琶の形も見えてきました。 朱の鳥居をくぐると瑞心門があります。 瑞心門の内側では、唐獅子が参拝者に厄災がふりかからないようにと祈願してくれます。 ご祭神を守る役も果たしています。 瑞心門をくぐってすぐにご鎮座されているのは「弁財天童子石像」 江ノ島神社のご鎮座1450年を記念して、奉献されました。 ご利益は商売繁盛|福石(ふくいし) 瑞心門をくぐり、参道の階段を登る途中にあるのが 商売繁盛のパワースポット福石です。 福石は盲目の鍼灸師、杉山検校(けんぎょう)ゆかりの石です。 江戸時代、杉山検校は鍼の技術向上祈願のため、江ノ島にこもって21日間、断食をなさいました。 そして、いよいよ迎えた祈願最終日。 この福岩につまづいて気絶してしまいます。 失った意識の中で、杉山剣校の元に弁財天様がいらっしゃいました。 慌てて「お祈りをしなくては!」と手を合わせたのですが… お祈りしようとすると、身体がチクチクしてとっても痛いのです。 そこで、意識を取り戻した剣校。 手を見てみたら、不思議な事に松の葉が入った竹の筒がありました。 これでピンときた剣校。 「管針術」という技法をあみ出し、最高位の関東総検校になられたのです。 福石の後方には杉山検校のお墓もあり、今でも鍼灸師の方に厚く信仰されています。 また、大出世を遂げた杉山検校にあやかり、ビジネスマンからも商売繁盛のパワースポットとして崇拝されています。 ご利益は旅の安全|辺津宮(へつのみや) 江ノ島神社のご本殿である辺津宮。 こちらには、宗像三女神のお一人田寸津比賣命さまが祀られています。 航海、水の神様でいらっしゃいます。 ご利益は金運アップ|銭洗い弁財天の白龍王黄金浄水 辺津宮ご社殿の向かい側には、銭洗い白龍王がご鎮座されています。 不浄の念を洗い流すことで金運がアップするのです。 さ、、さい銭箱が遠いっ! お賽銭箱が池の中、 白龍さまの前にあるのでお賽銭は投げ入れするしかありません。 弁財天のお使いである白龍王さまは、雲、雨、嵐を引き起こす偉大なものの象徴として古来から厚く信仰されています。 今でも巳の年、巳の日には参拝者で賑わいます。 以前は、江ノ島岩屋洞窟に祀られていたものをこの白龍池に移されたものです。 霊水で金銭を洗う事で、福徳財宝、金運向上のご利益があるとされています。 水源には純金の小判が秘められています。 この黄金の水は ・健康によい ・運が開ける ・声が良くなる ・美しくなる という神秘の霊水。 是非ご利益を頂いてくださいね。 日本三大弁財天様に会いに奉安殿へ 江ノ島神社といえば、、滋賀の法厳寺・と並んで日本三大弁財天のひとつ。 重要文化財でもある弁財天様が祀られている奉安殿に参拝です。 奉安殿は、辺津宮の左側にあります。 ご利益は芸能・音楽|妙王弁財天(裸弁財天) 裸弁財天とも言われる「妙音天さま」。 とても美しいお姿をされた神様として信仰されています。 ご利益は芸能、音楽。 また、水や海の神様として生命や商売にもご利益があるのです。 ご利益は勝負運|八臂弁財天(はっぴべんざいてん) 8本の手に武器をお持ちになった、強そうな弁財天さまです。 漫画のキン肉マンのキャラクター「アシュラマン」のモデルになったと言われている神様です。 ご利益は勝負運アップです。 源頼朝が奥州征伐の成功祈願のためにお造りになりました。 重要文化財に指定されています。 一文字願立ての巳さま 奉安殿の前には「一文字願立ての巳さま」がいらっしゃいます。 弁天様のお使いである白い巳様に一文字を託し、願いを届けて頂くものです。 例えば、 恋愛成就なら「恋」 財宝福徳なら「財」 心願成就なら「心」。 そして、奉安殿で弁天様にお供えして祈願します。 初穂料:500円 奉安殿 8:00~16:30 拝観料 大人:200円 中高生:100円 小人:50円 ご利益は心願成就|打ち出の小槌 辺津宮のご本殿の前には、心願成就の打ち出の小槌があります。 この打ち出の小槌を3回撫でながら叶えたい事を唱えましょう。 打ち出の小槌にちなんだ小槌守りも人気です。 ご利益は災難除け|八坂神社 奉安殿の隣には、末社の八坂神社がご鎮座されています。 元々は江ノ島の対岸、腰越(こしごえ)というところに祀られていました。 それが大波で流され、御窟前(おんいわや)の海の中に沈んでしまいました。 その御神体を漁師が拾い、江ノ島に祀ったのです。 また八坂神社は湘南の夏祭りでも知られています。 毎年7月の例祭・神幸祭は、神輿の海中渡御、天王囃子などとても賑やか。 江の島あげてのお祭りです。 ご祭神は 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと) 八岐大蛇を倒した日本のヒーローです。 厄除け、縁結び、学問上達などご利益の多き神様です。 ご利益は縁結び|むすびの樹 八坂神社の前にあるむすびの樹は、縁結びの祈願をするには絶好の場所なのです。 根っこのつながった二本のいちょうの木。 絵馬がたくさん結ばれていて、ご利益の高さを感じられます。 江島神社の縁むすび絵馬は、相手の名前を書いてむすびの樹にくくると恋愛が成就するのです。 むすびの木の前には、絵馬を書くテーブルも準備されています。 良縁を呼ぶ・あなたの魅力を引き出す 人気 ご利益は女子力アップ|中津宮 宗像三女神のお一人、市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)が祀られています。 天女の羽衣が「中津宮」の文字の上にありますね。 女子力アップのパワースポット。 絵馬を奉納するところも天女の羽衣です。 「もっときれいになる」というご利益があります。 また、芸能上達のご利益もあり、「芸能人専用の絵馬」があるのだとか。 50人の芸能人の絵馬が中津宮に奉納されているそうです。 (非公開) 境内には、歌舞伎の中村座奉納の石灯篭、尾上菊之助が植樹したというしだれ梅があります。 尾上菊五郎さんと尾上菊之助さんの手形。 「弁天娘女男白波」の上演記念だそうです。 お金が集まる気と運を作ってくれる 山ふたつ 中津宮を過ぎるとエスカーはありません! ひたすら徒歩。 お土産屋さんやレストランが並ぶ御岩屋道通りを歩いていると「山ふたつ」が出てきます。 江ノ島をちょうど2分する境目となっている場所。 絶景が見られます。 ご利益は縁結び・強い絆|龍恋の鐘 江ノ島神社にまつわる話に、とてもロマンチックな龍と天女の恋のお話があります。 その昔、相模湾を荒らしていた五頭龍がいました。 その龍を江島に舞い降りた天女が改心させるのです。 龍は美しい天女に恋をしてしまい、天女と龍は結婚します。 龍恋の鐘は、恋人と二人で鳴らす鐘です。 鐘をならしたあと、南京錠に二人の名前を書きます。 その錠を金網につけ、鍵をかけます。 すると愛は永遠になると言われています。 ただし! 鍵は江ノ島神社では販売していません。 鍵をかけたい方は、持参してくださいね。 奥津宮にある珍しいもの 奥津宮に向かう道のりには、いくつか珍しいものがあります。 まずは、源頼朝が寄進した鳥居です。 その横にある手水舎。 亀の口からお水。 手水舎の柱の足元には またまた、亀。 なんと耳のある亀です。 鳥居をくぐって進んでいくと… 亀石が出てきます。 弁財天様を信仰し、写経をしたものを収めた場所の上に置く石を探したところ、亀の形をした石が見つかり、江ノ島に奉納されたものだそうです。 その近くには力石。 その昔、男たちが力自慢のために持ち上げて見せたという石です。 浦島太郎で有名|奥津宮 宗像三女神の長女、多紀理比賣命 ( たぎりひめのみこと )が祀られています。 海をお守りになる女神様です。 拝殿の天井には「八方睨みの亀」と呼ばれる、どこから見ても見ている人を睨んでいるように見える亀が描かれています。 亀といえば、浦島太郎をのせて竜宮城まで連れて行った生き物。 奥津宮の灯篭には右側には龍宮の乙姫、左側には亀にのった浦島太郎が書かれています。 ここまで参拝すると、宗像三女神全てにお会いしたことになります。 宗像三女神は、広島ののご祭神としても知られています。 ご利益は子宝・安産|龍宮(わだつのみや) 龍神を祀った龍宮です。 こちらの龍宮は、江ノ島神社発祥の地である岩屋洞窟の真上に位置しています。 源頼朝の妻、北条政子は子孫繁栄を祈願するために江ノ島で、この岩屋に参拝なさいました。 ご祈願を終えた夜、不思議な事に北条政子のもとに弁財天さまが現れます。 そして「北条時政の願いをかなえる」と約束してくださいました。 弁財天さまはそのまま大蛇になり、海に消えてしまったそうです。 「太平記」には北条時政が子孫繁栄を祈願。 その時大蛇が現れて3つのうろこを落としたとかかれています。 北条時政はそれを喜び、北条家の家紋にしたのです。 「足利治乱記」には、毎晩海に光るものがあり、60mほどの白龍が江ノ島の石穴に入る様子が見られたとあります。 謡曲「江ノ島」には、天女が龍神の姿になって悪事災難を払い、招福を祈る声が聞こえたとあります。 このように、龍にまつわる伝説が多々あるのが江ノ島神社です。 岩屋洞窟 龍宮に参拝したあとは御岩屋道を進みます。 ここからは急な階段が続きます。 稚児ヶ淵(ちごがふち)までやってきました。 すごい絶景が広がります。 ただ、海風が強いので念のため防寒をするのがベスト。 天気の良い日には、稚児ヶ淵と江ノ島弁天橋をつなぐ「べんてん丸」という船が出ています。 私たちが行った日はべんてん丸運休。 稚児ヶ淵から更に進んで岩屋洞窟へ向かいます。 私たちが参拝した日は、2017年の台風被害のため通行止め。 岩屋には行けませんでした。 2018年4月28日よりめでたく復活したそうです! 江ノ島神社の岩屋は、源頼朝が戦勝祈願をされたり日蓮上人、弘法大師空海が 修行をしたとも言われる場所です。 岩屋洞窟MAP 岩屋洞窟 ひんやり — ぬし yasagure7 入口でろうそくを貸してくれますので、それを頼りに洞窟の中を進みます。 第一岩屋は、富士山の風穴に通じているとも言われる不思議な場所。 第二岩屋には、龍神が祀ってあります。 龍神は拍手をすると光ります。 雷太鼓というものがあり、叶えたい事を願いながら太鼓を優しく2回たたきます。 2回とも龍神が光れば願いが叶います。 岩屋は悪縁切りのスポットでもある 岩屋は「悪縁を断ち切る」縁切りのスポットでもあります。 「たくさんのしがらみや遠ざけたい人間関係がある」 「断ち切りたい悪癖がある」 「パートナーの悪癖に悩まされている」 という方もぜひ参拝してくださいね。 参拝時間 3月~7月 9:00~17:00 8月 9:00~18:00 9月~10月 9:00~17:00 11月~2月 9:00~16:00 5月~9月の間 土日祝日 9:00~18:00 入洞料 大人:500円 小人:200円 江ノ島神社までのアクセス 神奈川県藤沢市江の島2-3-8 小田急線 片瀬江ノ島駅より 徒歩15分 江の島電鉄 江の島駅より 徒歩15分 奥津宮、龍宮、岩屋の方まで 参拝したあと 「稚児ヶ淵」(ちごがふち)から 遊覧船「べんてん丸」に乗って 弁天橋まで戻って頂くのが 一番便利です。 べんてん丸の乗車料金 片道 大人400円 小人200円.

次の

ロマンスをもう一度

もう一度 江ノ島

「湘南江の島」駅のルーフテラスからは、富士山がどーんと大きく見えます! さて、江ノ島は?というと、ビルの影に隠れて、お尻がちょこっとだけ見えます。 ぜひ、探してみてください。 「えのすい」こと「新江ノ島水族館」は、3Dプロジェクションマッピングを投影したショーを実施するなど、様々なプログラムやイベントを行い、子供だけではなく、大人も楽しめるレジャースポットとして話題を集めています。 ドルフェリア~どんなときもそばにいるから~(写真提供:新江ノ島水族館) 一度チケットを購入すれば、その日のうちなら何度でも出入りできるので、昼間、生物観察やショーを見て、江ノ島・鎌倉観光や食事を楽しんだ後、夜、また戻ってきて夜の水族館を楽しむなんていうプランもおすすめです。 聖徳太子がお生まれになったのが敏達天皇3 西暦574 年ですから、かなり古い歴史があることになります。 妙音弁財天 写真提供:藤沢市観光協会 俗に「裸弁財天」ともいわれる「妙音弁財天」は、一糸まとわぬ姿で岩の上に座り、楽器の琵琶を抱いています。 弁財天は、もともとはインドのサラスヴァティー川という川の神様で、美しい河川の流れの音から発展して、音楽・芸能の神様になったという歴史があるので、琵琶を持っているのですね。 高さ41メートルの展望フロアまでは、エレベーターまたは螺旋階段で登ります。 展望フロアからは、西に富士山・丹沢連峰、南に伊豆大島・伊豆半島など360度の大パノラマを楽しむことができます。 龍恋の鐘 昔、悪行を重ねていた五つの頭を持つ龍が、天女 弁天様 に恋をし、改心の末に結ばれたという江ノ島に伝わる『』のラブストーリーにちなむ場所。 ここで鐘を鳴らした二人は決して別れないといわれています。 周囲のフェンスの、おびただしい数の南京錠は、けっして別れない はずれない ことを誓い合った愛の証です。 稚児ヶ淵の夕日 写真提供:藤沢市観光協会 また、「稚児ヶ淵」は「かながわの景勝50選」にも選ばれている絶景スポット。 秋から冬にかけての晴れた日は、左手に伊豆大島、正面に伊豆半島の山々、右手に富士山を一望できます。 特に日の出と日没の景観は見事です。 波の浸食によってできた海蝕 かいしょく 洞窟で、第一岩屋 奥行約152メートル と第二岩屋 奥行約56メートル から成ります。 遊覧船 べんてん丸 写真提供:藤沢市観光協会 短い船旅ですが、海風に吹かれながら、普段はなかなか目にすることができない海上からの江ノ島の姿や、天気のいい日には富士山も眺めることができます。 風の強い日などは欠航するので、運航状況は、当日、下記へお問い合わせください 運航状況の問い合わせ先 藤沢市観光センター:0466-22-4141 龍口寺 江ノ島の弁天様の夫にあたる五頭龍が横たわってできたという龍口山の麓に建つ龍口寺 りゅうこうじ。 日蓮聖人の「龍ノ口の法難」の物語や神奈川県下で唯一の五重塔などで知られるお寺です。 江ノ島-茅ヶ崎間の海辺のサイクリングコース サイクリングコースの詳細は、下記の記事をご覧ください。 江ノ島を効率よく観光するモデルコース 最後に、ご紹介した江ノ島の観光名所10選を効率よくまわるルートを地図を見ながらご案内しましょう。 今回は地図の下の方にある湘南モノレールの「湘南江の島」駅からスタートし、まずは「新江ノ島水族館 えのすい 」へ行きましょう。 その後、「江ノ島弁天橋」を歩いて、江ノ島に渡ります。 島に渡ってすぐ、青銅の鳥居をくぐると、土産物屋や老舗の旅館などが軒を連ねる「仲見世通り」です。 青銅の鳥居の右手には、江ノ島の天然温泉を利用したスパ施設「」があります。 「仲見世通り」の突き当たりからは、長い上りの石段が「シーキャンドル」などのある山頂まで続きます。 ここで力を発揮するのが、「」という全長106メートルの屋外型エスカレーター。 頂上まで石段を上っていくと約20分かかるところ、エスカーならわずか4分でアクセス。 エスカーは3区画にわかれているので、全区画を利用することもできますし、区画ごとに利用することも可能です。 江島神社辺津宮、中津宮のお参りも忘れずに! さて、頂上に着いたら、「サムエル・コッキング苑」と「シーキャンドル」へ。 展望台からの海の絶景を楽しみましょう。 次は、江島神社奥津宮を目指して江ノ島の西の方へ進み、奥津宮の南側の小道を2分ほど行くと、「龍恋の鐘」があります。 江ノ島名物「江ノ島丼」。 特製の出汁で煮た刻んだサザエの身を卵で綴じたアツアツのどんぶり 奥津宮周辺は、磯料理のお店が何軒かありますので、お昼を食べるのに最適。 お昼を食べ終えたら、江ノ島の西の端にある「稚児ヶ淵」と「江の島岩屋」を観光。 そして、帰りにおすすめなのが、「稚児ヶ淵」に船着き場のあるミニ遊覧船の「べんてん丸」。 海上からの江ノ島の景色を楽しみながら、「江ノ島弁天橋」まで戻ることができます。 短い船旅を終えたら、あとは龍口寺をお参りするもよし、サイクリングを楽しむのもよしです。 このパスを購入すると、エスカーと、江ノ島島内の人気スポットが、一日何回でも出入り自由になります。 モノレールの一日乗車券と「えのすい」の入場券のセットが割引価格で購入できます。 【関連記事】.

次の